タッチ パッド 使い方。 【HPノートパソコン】初心者必見!クリックボタンがないタッチパッドの使い方!超簡単~

Surface のタッチパッドの使い方: 世の中は不思議なことだらけ

タッチ パッド 使い方

劇的に進化したジェスチャー機能 「」では、主にノートPCや2in1デバイスに搭載されるタッチパッドを複数の指で操作することで、さまざまな機能を直感的に利用できる「タッチパッドジェスチャー」が大幅に強化された。 新たにサポートされたジェスチャー機能を使えば、Windows 10で追加された仮想デスクトップや、タスクバー上の検索ボックス、アクションセンターを簡単に呼び出すことができる。 ジェスチャー機能を利用するには、PCに「高精度タッチパッド」が搭載されている必要があり、全てのWindows PCが対応しているわけではない。 設定で「お使いのPCには高精度タッチパッドが用意されています」と表示されていれば、Windows 10のジェスチャー機能が利用可能だ 個人的に、このジェスチャー機能はWindows 10で1番の進化ポイントと感じている部分だ。 ぜひ活用していただきたい。 今回は「Surface Pro 3」で試した。 3本指でタップ タッチパッドを3本指でタップすると、Windows 10で新たに追加されたタスクバー上の検索ボックスが開き、Webやローカルファイルの検索、または音声アシスタント「Cortana」が使用できる(日本語版Cortanaは数カ月以内にWindows Insider Programで登場予定)。 また、設定の「マウスとタッチパッド」で、アクションセンターを開くように変更することも可能だ。 関連記事• Windows 10では新ブラウザ「Microsoft Edge」が既定のブラウザになる。 29日から始まったWindows 10の一般向けリリース。 でも、事前にアップグレード予約を行っていてもなかなか準備が始まらない! そんなわけでインストールメディアからアップグレードしてみた。 日本マイクロソフトは7月29日、「Windows 10」のクリーンインストールおよびアップグレードが行えるインストールメディアの作成が可能な「メディア作成ツール」の提供を開始した。 USBフラッシュメモリおよびDVDメディアのいずれかでWindows 10のインストールメディアを作成できる。 待ちに待った「Windows 10」無料アップグレードの提供開始。 しかし、7月29日からのアップグレード対象マシンの挙動は予想外のものだった。 7月29日の「Windows 10」提供開始を記念し、日本マイクロソフトがファンイベントを東京・恵比寿で開催した。 自分はどの手順でアップグレード? Windows 10の不安を解消。 関連リンク•

次の

ノートパソコンのタッチパッドの使い方を解説します!

タッチ パッド 使い方

一本指のジェスチャー• 選択 「タップして選択する」 マウスの左クリックと同じことができます。 タッチパッドボタンの左側をクリックしても良いですが、こちらの方が力もいらずスムーズにクリックできて簡単です。 有効にする 「ダブルタップして有効にする」 デスクトップのアイコンでこの操作をすると、アプリを実行できます。 エクスプローラではフォルダやファイルを選択できます。 ダブルクリックの感じですね。 ドラッグ 「ダブルタップして押さえ、ドラッグする」 ドラッグ操作ができます。 エクスプローラでは、複数のファイルやフォルダ選択状態にできます。 ウィンドウ上のバー部分をこれでドラッグすると、移動もできますよ。 二本指のジェスチャー• ポップアップメニューの表示 「タップしてポップアップメニューの表示」 マウスの右クリックメニュー(ポップアップメニュー)が表示されます。 これもタッチパッドボタンを右クリックしても良いんですが、若干押しにくいですので二本指でタップしてメニューを表示します。 この機能のおかげでタッチパッドボタンは使わなくて済みました!• スクロール 「水平または垂直にスワイプ」 二本指タップでスクロールができます。 他のノートパソコンでも「エッジ部分を上下でスクロール」は良くありますが、この機能の良いところは水平方向(左右)にもスクロールできるところ。 Excelなど、上下左右にスクロールしたい場合に重宝しますよ。 「スワイプと同じ方向にコンテンツを移動します」にチェックを入れておくと、スクロール方向を逆にできるので、感覚的に使いやすい方で。 手持ちのアプリでは、Irfanviewと秀丸で動作しました。 回転 「二本の指を時計回りまたは反時計回りに回転します」 画像ソフトなどで回転できます。 Windowsフォトビューアーでは作しました。 アプリに依存するようです。 三本指のジェスチャー• ページのナビゲート 「左または右にスワイプ」 アプリで「次や前」に進めることができます。 chromeでは進む・戻ると同じ操作ができました。 これもアプリに依存するようですね。 実行中のアプリケーションビューの表示とナビゲート 「上にスワイプ」 アプリケーションの切り替え画面が表示されます。 普通にアプリを切り替えるだけなら「alt+tabキー」でもできるので、あまり使いませんでした。 デスクトップの表示 「下にスワイプ」 いま開いているアプリのウィンドウをすべて閉じて、デスクトップを表示します。 もう一度同じ操作をすると、アプリの画面に戻ることができますよ。 これも「Windows+Dキー」で同じことができます。

次の

ノートパソコンのタッチパッドを使うには?使い方、無効化有効化など

タッチ パッド 使い方

以前、Windowsのノートパソコンでは必ずマウスを持ち歩いていたけれど、Chromebookはタッチパッドだけで使っている。 「ジェスチャ」の使い勝手が良く、マウス不要だ。 何か「僕にもできた」感があってうれしい。 タッチパッド一つでクリックも可能な機種の場合、タッチパッドの左を長押しすると左クリック、右を長押しすると右クリックということもあります。 また、タッチパッドの手前にクリック専用ボタンがついている機種もあります。 画面上でドラッグしたい場合は、ダブルタップで選択した後、タッチパッド上で指を滑らせて移動させることができます。 ノートパソコンのタッチパッドを有効化、無効化するには? わかった、これだ。 「マウスの接続時にタッチパッドをオフにしない」 これにチェックが入ってないと、マウスをつなぐとトラックポイントが無効になる。 ちなみにマウスをつないでない状態でチェックを外すと、トラックポイントは有効でタッチパッドが無効になる。 Windows8の場合、コントロールパネル内のハードウェアとサウンドを選択し、デバイスとプリンター下にあるマウスをクリックします。 こちらでマウス接続時のタッチパッド操作について設定可能です。 各メーカーごとの詳しい方法についてはこの記事の後半にあるメーカーリンクも参考にしてください。 ノートパソコンのタッチパッドが動かないときどうする? インストールは普通にできそうだ。 タッチパネルは使えるけど、タッチパッドは今のところ使えない… 普通は逆じゃない? — strv strv 古いノートパソコンで、長年タッチパッドを使用していない場合などは、タッチパッド自体が故障している可能性もありますが、有効化させても動かないという時は、ドライバーが古いのかもしれません。 タッチパッドのドライバーの更新は、スタートボタンを右クリックして表示させるデバイスマネージャーから行ないます。 「マウスとそのほかのポインティングデバイス」に表示されるタッチパッドを右クリックし、ドライバーの更新を行います。 ドライバーを更新してもタッチパッドが動かないときは、一度ドライバーをアンインストールして入れ直してみてください。 アンインストールは、先ほどのドライバーの更新と同じ手順で表示されます。 アンインストールして再起動すると、自動的にドライバーがインストールされます。 各メーカーのノートパソコンのタッチパッドに関する説明 Microsoft Microsoft社のSurfaceに付属しているタッチパッドに関する説明が書かれています。

次の