スイカ と メロン 生産 量。 メロンの都道府県別生産量(収穫量)/グラフ/地図/一覧表|統計データ・ランキング|家勉キッズ

メロンの都道府県別生産量(収穫量)/グラフ/地図/一覧表|統計データ・ランキング|家勉キッズ

スイカ と メロン 生産 量

スイカの原産地は熱帯アフリカのサバンナや砂漠地帯とされており、雨の少ない乾燥した地域で育ちます。 甘くてみずみずしい果実が特徴であるため果物と思われがちですが、分類的には野菜となります。 世界における日本のスイカ生産量はごくわずかですが、国内の生食用として流通しているスイカのほとんどは国産です。 都道府県別に見ると、生産量第一位は熊本県、次いで千葉県、山形県となっています。 一世帯当たりに人数が減ったこともあり、スーパーではカットされたスイカも多く販売されています。 スイカは主に生食されますが、果汁をゼリーやアイスといった加工品に利用することもあります。 また、スイカの皮はそのままでは固いのですが、外側の固い皮を剥いて、漬物や煮物、酢の物などの食材として活用することもできます。 スイカの果肉はほとんどが水分でビタミンなどはあまり含まれていませんが、カリウムが豊富に含まれています。 カリウムは体内の余分なナトリウムを体外に排泄する働きがあるので、高血圧の予防やむくみの解消、腎機能の改善効果が期待されています。 また、尿を作る成分の特殊アミノ酸であるシトルリンを含んでいるため、腎炎や膀胱炎、尿毒症などの改善にも役立ちます。 スイカには利尿作用のほか体の熱を冷ます作用もあり、日射病や暑気あたりにも有効です。 この熱を冷ます作用や利尿作用は、果肉よりも白い皮の方がすぐれています。 さらに皮には血管中のコレステロールを減らす働きがあり、動脈硬化の予防効果が期待できます。 スイカの果実の赤色はトマトにも含まれている赤色色素のリコピンです。 また、老化や生活習慣病の原因となる過酸化脂質の生成を防ぐグルタチオンも豊富に含まれています。 一緒に食べるとよい食材 期待できる効果 バナナ、パイナップル、なし 二日酔いの改善 キーウィフルーツ、柿、レモン、トマト 高血圧の予防、動脈硬化の予防 きゅうり、とうがん、あずき、ブドウ 腎臓病の予防 梅、メロン、レモン、ココナッツ 日射病、暑気当たりの改善 関連記事 食べ合わせ一覧.

次の

株式会社萩原農場

スイカ と メロン 生産 量

世のプロフェッショナルたちは、 その道のことを熟知している。 魚屋さんは魚のことを、プログラマーはプログラミングのことを、ばっちりマスターしているものだ。 そして八百屋さんも、野菜や果物について、当然よーーーく知っている。 メロンを購入した初老の男性が店員さんから「お父さん、 メロンは絶対にスイカと一緒に冷蔵庫入れちゃダメだよ! 絶対だからね!! 」と忠告を受けていた。 ……え? メロンとスイカって一緒に保存したらアカンの? ・聞いたことがない知識 お恥ずかしい話、これまでの約40年間、私(P. サンジュン)には「メロンとスイカを一緒に保存してはいけない」という知識が 全くなかった。 みかんやバナナなどを除いては、野菜にしろ果物にしろ、基本的には冷蔵庫の野菜室で保存している。 ……であるにもかかわらず、八百屋さんが「メロンとスイカを一緒に保存してはいけない」と語る理由は何なのか? その場で八百屋さんに尋ねてみることにした。 じゃあ相性の悪い野菜や果物って何なんですか? 「とにかくスイカ。 あとバナナ。 バナナなんかはさ、青いヤツを熟成させたいときは別にいいんだよ。 むしろ早く熟れるからエチレンガスも有効に使えるんだよね。 あとジャガイモね。 エチレンガスも使いようってことですね。 ちなみにメロン以外でエチレンガスが出てる果物ってあるんですか? 「リンゴ・桃・柿かな。 特にリンゴはエチレンガスの量が多いから、絶対に冷蔵庫で保存しちゃダメだよ。 だけど、桃なら桃自体の熟れるスピードが早くなるから、早く食べちゃった方がいいね。 食べ終わったらまたウチで買ってってよ(笑)」 ……以上である! つまり、果物や野菜の中にはエチレンガスを放出しているものがあり、 相性が悪いとすぐに傷んでしまうということであった。 おそらく、私にはその知識がなかったため「あれ、トマトが傷んじゃってる」くらいしか思っていなかったのだろう。 というわけで、エチレンガスが出ている野菜や果物は、単独で保存するか、ジップロックなどに入れて保存することを覚えておくといいハズだ。 特にスイカは傷みやすいぞ。 一生使える知識だから、この機会にぜひみんな覚えて帰ってくれよな! Report: Photo:RocketNews24.

次の

すいかの生産量の都道府県ランキング(平成30年)

スイカ と メロン 生産 量

00 - 0 1 北海道 24,700 15. 61 02位 2 2 青森県 10,400 6. 57 05位 5 3 岩手県 157 0. 10 38位 0 4 宮城県 100 0. 06 44位 0 5 秋田県 2,970 1. 88 09位 0 6 山形県 11,000 6. 95 04位 4 7 福島県 258 0. 16 32位 0 8 茨城県 41,600 26. 30 01位 1 9 栃木県 215 0. 14 33位 0 10 群馬県 137 0. 09 40位 0 11 埼玉県 180 0. 11 36位 0 12 千葉県 6,830 4. 32 08位 0 13 東京都 37 0. 02 45位 0 14 神奈川県 1,260 0. 80 15位 0 15 新潟県 1,990 1. 26 12位 0 16 富山県 210 0. 13 35位 0 17 石川県 433 0. 27 23位 0 18 福井県 945 0. 60 18位 0 19 山梨県 3 0. 00 47位 0 20 長野県 353 0. 22 26位 0 21 岐阜県 262 0. 17 31位 0 22 静岡県 8,240 5. 21 07位 0 23 愛知県 8,490 5. 37 06位 0 24 三重県 647 0. 41 20位 0 25 滋賀県 811 0. 51 19位 0 26 京都府 488 0. 31 22位 0 27 大阪府 17 0. 01 46位 0 28 兵庫県 543 0. 34 21位 0 29 奈良県 178 0. 11 37位 0 30 和歌山県 144 0. 09 39位 0 31 鳥取県 1,010 0. 64 17位 0 32 島根県 1,190 0. 75 16位 0 33 岡山県 215 0. 14 34位 0 34 広島県 327 0. 21 27位 0 35 山口県 324 0. 20 28位 0 36 徳島県 288 0. 18 30位 0 37 香川県 109 0. 07 42位 0 38 愛媛県 293 0. 19 29位 0 39 高知県 2,530 1. 60 10位 0 40 福岡県 364 0. 23 25位 0 41 佐賀県 102 0. 06 43位 0 42 長崎県 2,530 1. 60 11位 0 43 熊本県 21,600 13. 65 03位 3 44 大分県 407 0. 26 24位 0 45 宮崎県 1,790 1. 13 13位 0 46 鹿児島県 1,370 0. 87 14位 0 47 沖縄県 123 0. 凡例の割合(占有率)は、パーセント表示における小数第1位を四捨五入し表示しています。 表の番号 表の左列の番号は、都道府県コード順に当サイトで任意につけた番号です。 生産量(収穫量)が0の場合 生産量(収穫量)が0の都道府県は、生産されていない場合のほかに、単位に満たない場合、不詳の場合、公表されていない場合などが含まれます。 表の占有率 表の占有率は、パーセント表示における小数第3位を四捨五入し、小数点以下第2位まで表示しています。 表の順位 表の順位は生産量が多い順です。 生産量が同じ場合は、左列の番号順に順位をつけています。 都道府県の合計と全国値 生産量(収穫量)や占有率の47都道府県を合計した値は、四捨五入などの理由で全国の値と一致しない場合があります。

次の