クロノ ダイバー パーペチュア。 遊戯王 クロノダイバー・パーペチュア

クロノダイバー(遊戯王OCG)

クロノ ダイバー パーペチュア

クィーンメモ 彼女は、幼少期の頃に未来から来た組織に狙われていたところに助けられました。 数年後、再び同じ組織に狙われますがに救出された後、彼女自身も「クロノダイバー」として仲間に加わりました。 《クロノダイバー・パーペチュア》が登場しているカード 《クロノダイバー・パーペチュア》に関連する余談 出典: 海外でも考察されていますが、「クロノダイバー」のモチーフは海外で世界最長のSFドラマとして有名な『ドクター・フー』をモチーフ(元ネタ)にしていると思われます。 『ドクター・フー』に登場する「ドクター」は旅をしており、すべてのドクターはコンパニオン(仲間)として人間またはロボットとともに行動しています。 「ドクター」の歴代コンパニオンの中には様々な女性コンパニオンが存在しますが、その中でも《クロノダイバー・パーペチュア》は「11代目ドクター」のコンパニオンであった「エイミー・ポンド」をモチーフにしていると思われます。 劇中で「エイミー・ポンド」の家の庭に「ターディス(ドクターのタイムマシン)」が墜落し、その時「11代目ドクター」と初めて出会います。 その後、ドクターは5分だけその場を離れましたが、「エイミー・ポンド」のところへ戻ると12年後の世界でした。 のイラストで年齢の違う《クロノダイバー・パーペチュア》が登場しているのは、このエピソードをモチーフにしているようにも感じますね。 そして「ドクター」は劇中、消滅してしまった宇宙を元に戻すためにビッグバンを起こすのですが、宇宙が復元された際、現実が書き換えられ「エイミー・ポンド」は「ドクター」の記憶を失ってしまいます。 それにより「ドクター」の存在が消滅してしまったのですが、最終的には「エイミー・ポンド」の記憶が戻ったことで「ドクター」は復活することができました。 このエピソードは効果にも反映されており、一度墓地へ行ってしまった(記憶から消えてしまった)を効果を発動することで(記憶を取り戻すことで)復活させたと捉えることもできます。 カードの特徴 このカードは2019年9月14日発売のパック『 EXTRA PACK エクストラパック 2019』にて新規収録されたカードです。 自分・相手スタンバイフェイズに「クロノダイバー」モンスターを蘇生させることができ、エクシーズモンスターのX素材を補充することができるのが特徴です。

次の

【クロノダイバー デッキ】大会優勝デッキレシピ,カード効果7枚まとめ

クロノ ダイバー パーペチュア

自分の墓地から、 「クロノダイバー」カード3種類(モンスター・魔法・罠)をそれぞれ1枚ずつ選んで、 対象のモンスターの下に重ねてX素材とする。 クロノダイバー用の速攻魔法です。 クロノダイバー・パーペチュアの大人バージョンとも言うべき女性です。 ポーズがパーペチュアと同じですし後ろに家族との写真があり 彼女はパーペチュアの未来の姿なのでしょう。 恐らく彼女は時を操る装置を開発した天才科学者であり それ故に過去の自分が命を狙われていたのかもしれません。 未来で装置を開発されたら困る組織がいるのでしょうね。 自分の墓地から、 「クロノダイバー」カード3種類(モンスター・魔法・罠)をそれぞれ1枚ずつ選んで、 対象のモンスターの下に重ねてX素材とする。 発動には墓地に3種類のクロノダイバーカードとさらにこのカードが揃っている必要がありますが クロノダイバー・パーペチュアやクロノダイバー・フライバックで 間接的に墓地に送る事も出来るので発動条件を満たすのはそこまで難しくはないでしょう。 こちらの効果は自分ターンにしか使えない点にも注意です。 リダンに3種類のオーバーレイユニットをまとめて装着できるのもそうですが デッキからでなく墓地から素材を装着できるというのもポイントです。 クロノダイバーの魔法罠は少なく特に罠カードはフライバック1枚しかありません。 その為パーペチュアなどでデッキからフライバックをリダンに装備させていると あっという間にデッキから罠カードが無くなってしまいます。 リダンの効果は罠カードを消費して発動してのものが本命なのもあり 墓地からフライバックをリダンに装着できるこのカードは デッキの継戦能力という意味においてかなり重要です。 またクロノダイバー待望の2種類目の魔法カードであるというのもポイントです。 今までクロノダイバーの魔法カードはクロノダイバー・ハック1枚だけであり やはりパーペチュアやフライバックなどで調子にのってデッキから装備させていると デッキからなくしまうケースがありました。 このカードの登場で魔法カード6枚体制にできるので そういう意味でもデッキの継戦能力の向上に貢献してくれる存在です。

次の

《クロノダイバー・パーペチュア》

クロノ ダイバー パーペチュア

1 :自分・相手のスタンバイフェイズにこのカードのX素材を1つ取り除き、「クロノダイバー・パーペチュア」以外の自分の墓地の「クロノダイバー」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。 2 :このカード以外の自分フィールドのXモンスター1体を対象として発動できる。 デッキから「クロノダイバー」カード1枚を選び、対象のモンスターの下に重ねてX素材とする。 この効果は相手ターンでも発動できる。 自分・相手のスタンバイフェイズに発動できる「クロノダイバー」モンスター蘇生効果! デッキから任意の「クロノダイバー」カードを素材として引っ張り出す効果も強力で、 《クロノダイバー・リダン》を徹底的にサポートする関係にあります。 《パーペチュア》《リダン》共に汎用ランク4ですし、少数精鋭でランク4デッキに出張する事もワンチャンあるかもしれません。 《クロノダイバー・リダン》を墓地から特殊召喚しよう! 「クロノダイバー」モンスターなら何でもOKですが、エクシーズモンスターである 《クロノダイバー・リダン》を蘇生するとお得がパネェです。 《クロノダイバー・リューズ》を特殊召喚すれば「クロノダイバー」カードサーチに繋がるので、そちらも積極的に狙っていくと良いと思います。 モンスターを引っ張る場合は、墓地効果を持つ 《ベゼルシップ》や 《レギュレーター》を引っ張りだすと後々リソースとして機能してくれます。 何気にXモンスターなら何でもOK!! 何気に「クロノダイバー」以外のエクシーズモンスターも対象にとる事が出来ます。 墓地蘇生して素材を持たないエクシーズモンスターは勿論、 《ゴーストリックの駄天使》の様な特殊なカードとのコンボを狙ってみるのも良いかもです…(かなり悠長ですが)。 ま、とりあえずは 《クロノダイバー・リダン》への素材供給がお仕事です。 パーペチュアの謎:何度も命を狙われている? 《クロノダイバー・ハック》,《クロノダイバー・フライバック》に描かれている2人の少女。 それぞれ年齢は異なりますが、服装・容姿等はかなり酷似しています。 《クロノダイバー・パーペチュア》は、「リューズ」と「リダン」に救われた少女と恐らく同一人物。 どういった経緯で「クロノダイバー」となったのかは不明ですが、そもそも何度も命を狙われているって事で元から只者ではないのでしょう。 「クロノダイバー」と敵対する組織の正体は不明ですが、何か重要な存在である事は間違いないと思います。 リューズとリダンの関係は? 「リューズ」と「リダン」の関係についても疑問があります。 そもそもこの二人って同時に映っているカードが無いんですよね…。 「リューズ」の方が少し年上に見えるので、もしかしたら先代クロノダイバーとか、お兄さんとか妄想したんですけど、これと言った確証はありません。 それぞれ「リューズ」は左手、「リダン」は右手にグローブを装備していますし、これが代々伝わる一子相伝のアイテムとかそういうパターンでも無さそうです。 まぁ、普通に怪盗仲間って所かなぁ…。 効果・イラスト・背景ストーリー、3拍子揃った魅力的なテーマです 動きも独特で面白く、イラストも背景ストーリーも良いって最高だな! てっきり新規カードはリンクで来るもんだと思い込んでいたので、エクシーズの新規は正直驚きました。 このカードを見て「クロノダイバー」に興味を持った人も多いのではないでしょうか? …9月14日の発売日が楽しみになってきましたね!.

次の