日本 選手権 水球。 日本選手権大会

水球日本代表メンバー|世界ユース選手権|日本代表|公益財団法人日本水泳連盟 公式ホームページ

日本 選手権 水球

序盤から攻守ともに一歩も譲らない攻防が続き、互いの意地がぶつかり合う。 2012年以来、6年ぶりの王座奪還を狙うブルボンWPC柏崎はケガのため1年ぶりの大会復帰となったキャプテン、志水祐介の先制点で勢いに乗ると、守備でも地域で守るゾーンディフェンスで日本代表の主力を擁するkingfisher74に容易もシュートチャンスを与えず。 Kingfisher74はエースの足立聖弥が思ったようなプレーをさせてもらえなかったが、伏兵の高田充の3連続ゴール等で食い下がり、第3ピリオド以降は勝ち越せば追いつく展開が続く。 しかしブルボンWPC柏崎は終盤、今季、ワールドリーグ・スーパーファイナル、ジャカルタ・アジア大会で得点王に輝いた18歳の稲葉悠介が勝負強さを発揮。 6対7で迎えた第3ピリオド残り3分7秒に1対1から同点シュートを決めると、8対8で迎えた第4ピリオド残り2分32秒に勝ち越し、さらに残り1分48秒にダメ押しとなる得点を決める。 その後もKingfisher74の攻撃を堅い守備で守り、10対8で勝利を収め、6年ぶり2度目の日本一に輝いた。 ゲーム最初のシュートでしっかり先制点を決めた志水。 「まだ万全ではないですが、柏崎市民の応援が力になって勝つことができました。 ポイントゲッターの稲葉朱里を中心に山本実乃里、野呂美咲季らが1対1の強さを見せ、バランスよく加点。 日体クラブも羽角萌香のミドルシュートなどで食らい付いていったが、秀明大の地力が勝り、13対8で制し、2連覇を飾った。

次の

水球日本代表PoseidonJapanスペシャル日本選手権2014

日本 選手権 水球

概要 [ ] 大会は・・・、の5部門からなるが、日程・会場は同時ではなく、それぞれ部門別に行われている。 競泳競技には、第81回大会()より JAPAN SWIM(ジャパンスイム)という呼称が取り入れられている。 アーティスティックスイミング競技は、 JAPAN SYNCHRO CHAMPIONSHIP OPEN(ジャパンオープン)も兼ねており、海外招待選手も交えて実施されている。 2011年よりそれまでの日本短水路選手権水泳競技大会も日本選手権水泳競技大会競泳競技 25m (現在の正式名称は日本選手権 25m 水泳競技大会)と改められ、6部門となった。 以降は競泳競技(50m)について記述。 他の部門はそれぞれ、、、、、を参照。 この大会において、やなどの代表選手を選考する。 五輪開催年では、五輪種目のみ行われ、一部種目を除いて準決勝が行われる。 競泳競技では、決勝レースにおいて日本水泳連盟の定める派遣標準記録を突破し、かつ上位2位以内に入った選手が自動的に代表権を獲得する。 ホスト放送局はであるが、世界水泳選手権との関係でとも協力する。 全種目優勝者は、レース直後にNHKのスポーツによるを受ける。 地上波ではで決勝レースを生中継されるが、などの状況によってはBS1のリレー放送もある。 歴史 [ ] 元々はに開催された全国水泳大会をの選考会を兼ねて開催されたもので、主催者はだった。 になってからの第1回大会は当時の大日本水上競技連盟時代の10月に全日本選手権水上競技大会として開催された。 以降、戦時の中止をはさんで、2014年で第90回目を迎えた。 会場として使用される東京辰巳国際水泳場 会場については、戦前は で開催されていた。 以降は大型のプールが必要となることから、主に首都圏のプール( 、、現在の主会場、、)が会場となっている。 首都圏外での競泳日本選手権の開催はの以来、14年ぶりのことであり、かつ、では初の開催であった。 第87回(2011年)は東京辰巳国際水泳場で開催される予定であったがにより会場が損傷したため中止。 代替としてToBiOで国際大会代表選手選考会兼震災チャリティー大会が開催された。 第87回は欠番として、2012年は第88回大会とする。 2020年(令和2年)3月13日、日本水泳連盟は、の感染を受け、東京五輪代表選考会を兼ねた第96回日本選手権を4月2日から6日間とし、無観客で実施することを発表した。 また、200m以下の全種目は準決勝を省略し、予選と決勝のみに変更した。 しかし、3月25日、日本水泳連盟は、小池百合子・東京都知事の会見により、新型コロナウイルスの爆発的拡大が目前に迫る状況下、やむなく中止の判断に至った。 派遣標準記録 [ ] この項は主に競泳部門に関することであり、他の部門については国際大会における成績が出場資格付与に大きく関わっている。 水泳に限らず、各競技においては、参加者が多くなりすぎることを防ぐため、成績によって大会に参加できる人数に制限を加えている。 競泳日本選手権においても、日本水泳連盟が指定した大会において一定の成績を収めた選手だけに、出場資格を与えている。 これとは別に、 FINA の定めに基づき、日本水泳連盟は国際大会における日本代表選手を選考するための独自基準を設けている。 その基準はFINA規定よりもさらに厳しく、日本選手権時点における世界ランキングを基に決められたものであり、レベルは非常に高い。 カテゴリと設定タイムの目安は以下の通り。 派遣標準記録S…国際大会3位以内(表彰台)• 派遣標準記録I…国際大会8位以内(決勝進出)• 派遣標準記録II…国際大会16位以内(準決勝進出) 国際大会の代表権は派遣標準記録IIを突破し、かつ決勝で2位以内に入った選手に自動的に与えられ、リレー選手の選考を除いてはこれ以外の方法では一切選考されない。 このため、日本記録を樹立しても代表に選考されない場合がある。 リレー選手の選考に関しては、自由形リレーの場合は自由形(400mリレーの場合は100m、800mリレーの場合は200m)の決勝上位4名の合計タイムがリレー派遣標準記録IIを突破した場合、メドレーリレーは各種目(・・・)100mの優勝者の合計タイムが派遣標準記録IIを突破した場合に代表権が与えられる。 リレー派遣標準Iは国際大会6位以内、リレー派遣標準IIは12位以内を参考に設定されている。 派遣標準記録を突破した1位の選手が3名以上または2位が2名以上となった場合は、により代表を決定する。 リレー選考に関しても、同着・同タイムなどが生じた場合はスイムオフを行う。 派遣標準記録が明確に定められるきっかけとなったのは、のの代表選考会である。 女子200m自由形の優勝者と男子100m背泳ぎで勝ったが代表から落選。 これを不服とした千葉が(CAS)に仲裁を申し立て、その結果、CASは日本水泳連盟に対し「選考基準が曖昧だった」として訴訟費用の一部負担を申し渡した(千葉は最終的には代表には選ばれなかった )。 この裁定により、それまでの「日本選手権で2番以内に入れば代表は内定」という暗黙のルールが見直され、記録が重視されるようになった。 ジャーナリストのは、選考会で2位ながらオリンピックで金メダルを獲得したは、もし当時、派遣標準記録が定められていたら代表に選ばれなかっただろうと指摘。 中高校生は数か月で飛躍的に記録を伸ばす可能性がある為、派遣標準記録を重視する姿勢はそういった可能性の芽を摘んでしまっているという考えを示している。 また、のように派遣標準記録の設定がレベルを高める種目もある一方で、男子自由形のように派遣標準記録が日本記録を上回っている場合も少なくなく、最初から「諦めモード」になってしまい、なかなか強化が進まない種目も存在している。 マラソンの選考と比較すると「競泳の選考は分かりやすくていい」という論調があるが、生島は競泳全体の強化という視点から見れば、完璧なシステムには思えないと述べており、もっと柔軟な対応をしてもいいのではないかと語っている。 実施競技 [ ]• 自由形(50m・100m・200m・400m・800m・1500m)• 平泳ぎ(50m・100m・200m)• 背泳ぎ(50m・100m・200m)• バタフライ(50m・100m・200m)• 個人メドレー(200m・400m) 歴代開催地 [ ] 全日本體育協会主催時代 [ ] 回 年度 会場 備考 1 1914 大森海岸 2 1915 芝浦運河 3 1916 赤羽・日本製麻会社溜池 4 1918 鳴尾運動場 5 1920 生麦三笠湾池 6 1921 生麦三笠湾池 7 1922 調布・金子プール 8 1923 芝公園プール 9 1924 芝公園プール 日本水泳連盟主催時代 [ ] 回 年度 会場 備考 1 1925 芝・玉川プール 兼 2 1926 プール 3 1927 玉川プール 4 1928 京都二商プール 5 1929 玉川プール 6 1930 明治神宮水泳場 アメリカ参加 7 1931 兼第6回明治神宮水上競技大会 8 1932 9 1933 10 1934 アメリカ参加 11 1935 兼 12 1936 13 1937 アメリカ参加 14 1938 甲子園プール 15 1939 明治神宮水泳場 16 1940 17 1941 中止 18 1942 明治神宮水泳場 19 1943 (中止) 20 1944 21 1945 22 1946 宝塚プール 兼 23 1947 明治神宮水泳場 24 1948 とが1500メートル自由形で世界新記録(未公認) 25 1949 東伏見・明治神宮水泳場 26 1950 明治神宮水泳場 27 1951 大阪 28 1952 明治神宮水泳場 29 1953 アメリカ・オーストラリア・フィリピン参加 30 1954 アメリカ参加 31 1955 32 1956 33 1957 34 1958 オーストラリア参加 35 1959 36 1960 37 1961 アメリカ・ブラジル・アルゼンチン参加 38 1962 大阪 39 1963 明治神宮水泳場 40 1964 41 1965 代々木オリンピックプール 42 1966 43 1967 明治神宮水泳場 44 1968 代々木オリンピックプール 45 1969 46 1970 47 1971 大阪 48 1972 代々木オリンピックプール 49 1973 愛知・瑞穂 50 1974 代々木オリンピックプール 51 1975 大阪 アメリカ参加 52 1976 代々木オリンピックプール 53 1977 54 1978 55 1979 大阪 56 1980 代々木オリンピックプール 57 1981 58 1982 59 1983 60 1984 61 1985 62 1986 63 1987 64 1988 65 1989 66 1990 屋内プール 67 1991 SC 68 1992 69 1993 70 1994 71 1995 72 1996 東京辰巳国際水泳場 73 1997 74 1998 75 1999 76 2000 77 2001 78 2002 東京辰巳国際水泳場 79 2003 80 2004 81 2005 横浜国際プール 82 2006 東京辰巳国際水泳場 83 2007 84 2008 東京辰巳国際水泳場 85 2009 86 2010 東京辰巳国際水泳場 87 2011 古橋廣之進記念浜松市総合水泳場 日本選手権としては中止。 ただし国際大会代表選手選考会兼震災チャリティー大会として開催。 88 2012 東京辰巳国際水泳場 89 2013 90 2014 東京辰巳国際水泳場 91 2015 92 2016 93 2017 94 2018 東京辰巳国際水泳場 95 2019 96 2020 感染拡大の影響で中止 脚注 [ ].

次の

日本学生選手権水泳競技大会 水球競技 男子決勝 日本体育大学VS. 専修大学【ハイライト】

日本 選手権 水球

概要 [ ] 開催頻度は基本的に年1回。 優勝した選手や団体は「 日本選手権者」または「 日本チャンピオン」と呼ばれる。 やなどの国際大会の代表選考会を兼ねることがある。 開催する会場は、競技によって固定されている場合やいくつかの地域に分かれて行う場合、持ち回りとなる場合などが存在する。 とは違い、国内の有力選手あるいはチーム(クラブチーム・実業団・学校など)で争う。 参加資格は原則として国内の選手(日本国籍保持者または競技によっては国内を拠点とする外国籍選手)・チームのみであるが、一部競技では海外の選手・チームを招待する場合もある。 高校の日本選手権大会は多くが(高校総体・インターハイ)に組み込まれており選手権大会を兼ねているが、一部競技はそれとは別に選手権大会が開催されている。 日本選手権大会一覧 [ ] D1カー [ ]• GTカー [ ]• (現在は発足に伴い発展的解消) アーチェリー [ ]• 全日本フィールドアーチェリー選手権大会 アーティスティックスイミング [ ]• (ジャパンオープン) アームレスリング [ ]• (主催)• オールジャパンカップアームレスリング選手権大会(オールジャパンアームレスリング連盟主催) 合気道 [ ]• (全日本学生合気道競技大会実行委員会主催、主管)• 全日本学生合気道演武大会(主催) アイスホッケー [ ]• インラインホッケー全日本選手権大会 アクロバット [ ]• アメリカンフットボール [ ]• アメリカンフットボール日本選手権()• 全日本大学アメリカンフットボール選手権()• アメリカンフットボール日本社会人選手権(ジャパンエックスボウル)• 全国高校アメリカンフットボール選手権() アルペンスキー [ ]• エアロビック [ ]• オープンウォータースイミング [ ]• カーリング [ ]• カヌー [ ]• 日本カヌーフリースタイル選手権大会• 日本ドラゴンカヌー選手権大会• 日本カヌーポロ選手権大会 カバディ [ ] 詳細は「」を参照• 全日本カバディ選手権大会 空手道 [ ]• (主催)• (、極真諸派など、会派・団体ごと)• (主催)• (主催) 記憶力 [ ]• キックボクシング [ ]• 全日本新空手道選手権(主催)• 日本アマチュアキックボクシング選手権(主催)• J-NETWORKアマチュア全日本選手権大会(主催)• 全日本グローブ空手選手権大会(全日本グローブ空手道連盟主催) 弓道 [ ]• 競泳 [ ]• (JAPAN SWIM) 主催:• (JAPAN SWIM 25m ) 主催:日本水泳連盟• (JAPAN MASTERS) 主催:・日本水泳連盟• (JAPAN MASTERS) 主催:日本マスターズ水泳協会、主管:各会場別水泳連盟又は関係団体• 主催:日本水泳連盟• 主催:日本水泳連盟・日本水泳連盟学生委員会• 主催:・日本水泳連盟• 主催:・日本水泳連盟• (春25m・夏50m) 主催:日本水泳連盟、協力: 競艇 [ ]• 近代五種競技 [ ]• クリケット [ ] 詳細は「」を参照• 日本プロダーツ選手権大会• 日本ダーツ選手権大会 ソフトダーツ [ ]• 日本ソフトダーツ選手権大会 体操競技 [ ]• 躰道 [ ]• 卓球 [ ]• ダンス [ ]• チアリーディング [ ]• (JAPAN CUP) チェス [ ]• 綱引き [ ]• 釣り [ ]• 全日本バスプロ選手権• 日本チヌかかり釣選手権大会 テコンドー [ ]• (、日本国際テコンドー協会など)• 全日本フルコンタクトテコンドー選手権大会(主催) テニス [ ] 硬式テニス [ ]• 全日本ベテランテニス選手権• ソフトテニス [ ]• 全日本インドアソフトテニス選手権• 全日本シングルスソフトテニス選手権• 全日本社会人ソフトテニス選手権• 全日本実業団ソフトテニス選手権大会• 全日本クラブソフトテニス選手権• 全日本シニアソフトテニス選手権• 全日本レディースソフトテニス• 全日本ジュニアソフトテニス選手権大会• 全日本小学生ソフトテニス選手権 バウンドテニス [ ]• 全日本バウンドテニス選手権大会 車いすテニス [ ]• ドッジボール [ ]• 飛込競技 [ ]• トライアスロン [ ]• 日本スプリント・トライアスロン選手権• 日本ロングディスタンストライアスロン選手権• 日本ウルトラロングディスタンストライアスロン選手権 トランポリン [ ]• なぎなた [ ]• 日本拳法 [ ] 詳細は「」を参照• フレスコボールジャパンオープン ペタンク [ ]• 日本ペタンク選手権大会• ペタンクジャパンオープン• 全国シニアペタンク大会• ジュニアペタンク選手権大会 ボート [ ]• ボウリング [ ]• ボクシング [ ]• ボディビル [ ]• ジャパン・オープン・ボディビル選手権(主催)• 日本クラス別ボディビル選手権(日本ボディビル連盟主催)• 男子日本ボディビル選手権(日本ボディビル連盟主催)• 女子日本ボディビル選手権(日本ボディビル連盟主催)• JPC The Contest(日本フィジーク委員会主催) ボブスレー [ ]• ムエタイ [ ].

次の