数珠 お葬式。 お葬式での数珠の使い方と宗派ごとの数珠の種類

お葬式に持って行く数珠とは?数珠の色・種類・値段や持ち方まで解説|終活ねっと

数珠 お葬式

この記事の目次• お通夜 葬儀 の焼香で数珠を持つのはなぜ?何か意味があるの? お焼香の数珠を持つのか持たないかというのは、 「こうしなければならない!」 というはっきりとしたルールはないようです。 お通夜やお葬式には数珠を持っていくべきだと思っている人もいるし… 初めからお通夜やお葬式に数珠は持っていかないという人も… 仏教徒以外の神道やキリスト教などを信じているので、数珠を使わないというはっきりした理由がある人も… なので、「数珠を持つのか持たないのか」というのは、人それぞれの考えでよいのかなと思います。 というのも、数珠はお通夜やお葬式で使う道具というだけではなく、数珠の持ち主の身を守る「お守り」のような意味もあるから。 本来は、1人1つ持つのが数珠で、たとえ身内であっても数珠の貸し借りはしません。 ところで正式な数珠には、玉が「 108個」あります。 この数字を、どこかで聞いたことはありませんか? そう、一年の終わりを締めくくる除夜の鐘! 決まって108回鳴らしますよね。 数珠は、108ある玉その1つ1つが除夜の鐘と同じように、人間の煩悩を引き受け、清めてくれるありがたい物です。 そのため、数珠を持っているだけでも厄除けになったり、数珠を持って拝むだけで仏の世界に通じて福を授かるとも言われています。 またお焼香をするときに、左手で数珠を持つ意味は、左手が「仏様の世界に通じる清浄な手である」とされているから。 左利きの人の数珠の持ち方は、少し勝手が悪いかもしれませんが、数珠を左手にかけて、右手でお焼香をしてくださいね。 お通夜やお葬式のお焼香は、故人との最後の別れを1対1 自分と故人 でできる唯一の場です。 お焼香で数珠を持つのは、煩悩を消し去り、仏の世界に旅立つ故人の心と、自分の心をつなぐためなのかもしれません。 なので、輪が一重で、ちょうど片手でも持ちやすい小さな数珠です。 お焼香で多くの参列者が持っている数珠は、この「 略式数珠」と呼ばれる数珠。 略式数珠は、数珠の玉が108個ないから「数珠としてのありがたさがない!?」というわけではありませんよ。 玉の数を少なくしていますが、数珠としての役割は十分にあり、どの宗派 日蓮宗以外 の葬儀でも使えます。 略式数珠は「女性用」と「男性用」の2つに分かれていますが、持ち方は基本的に同じです。 また葬儀場でのお通夜やお葬式でも、たとえ故人の自宅にお焼香をあげに行った場合も同じ持ち方をします。 それでは、略式数珠の正しい持ち方を紹介していきましょう。 初めに「お焼香をあげるとき」の略式数珠の持ち方です。 まず、 左手の親指以外の4本の指をしっかりとそろえて伸ばします。 そして、 その4本の指と親指の間に、数珠をかけます。 数珠を持った左手に軽く右手を添えて合掌しましょう。 次に、自分のお焼香の順番を待っていて、椅子などに「座っているとき」の数珠の持ち方です。 座っているときの数珠の持ち方は、左手首に数珠をかけるのが一般的です。 左手首に数珠をかけた状態で、ひざの上に両手を置き、静かにお焼香の順番を待ちましょう。 最後に「歩いているとき」や「立っているとき」の数珠の持ち方です。 例えば、• 自分のお焼香の順番が来て、椅子から立ち上がり、祭壇に向かって歩いているとき• 告別式などで故人をお見送りするために、他の参列者と一緒に立っているとき このような場合の数珠の持ち方は、 数珠の房 ふさ の部分を下にして、左手で持つのが一般的です。 数珠は、お焼香の時だけ使うものではなく、お通夜や葬儀、告別式など故人との別れを行う儀式の間中ずっと使うもの。 また「数珠を使わないとき」は、必ず鞄 バッグ やポケットの中にしまいましょう。 例えば、ちょっとお手洗いなど。 その場を離れるとき、数珠をそのまま椅子や机の上に置きっぱなし… なんてことは決してないように! そんな時のために、数珠を入れるための袋 数珠袋 があると便利ですよ。 また略式数珠よりも、数珠全体の長さが長いので、数珠を2重にして使います。 女性用の長さは8寸 約30㎝ 、男性用の長さが2尺 約60㎝ あります。 本式数珠は、宗派ごとに数珠の持つ意味や数珠の形が違っています。 また数珠の持ち方も、宗派ごとに少しずつ違います。 ここでは代表的な7つの宗派の「お焼香をあげるとき」の、数珠の持ち方を紹介していきます。 真言宗 数珠は、一重の状態で両手の中指に数珠をかけて、そのまま手を合わせます。 浄土宗 浄土宗の数珠は、2つの輪を交差させた独特の形をしています。 2つの輪をそろえて両手の親指にかけ、房を自分の手前に垂らします。 親指をそろえて、数珠を親指で押さえるようにして持ちます。 浄土真宗 2重にした数珠を両手にかけて、親指で軽く上から押さえ、残りの4本の指はきちんと閉じてそろえます。 合掌した手は、胸の前に持っていき、指全体が斜め45度くらいに上に向くようにします。 日蓮宗 日蓮宗の本式数珠は、房が全部で5本あり、2本の房と3本の房に分かれています。 数珠を8の字にねじり、2本の房がでている方を右手の中指にかけます。 さらに3本の房が出ている方を左手の中指にかけ、房は両方とも手の甲側に垂らして合掌します。 曹洞宗 輪を2重にして、親玉 一番大きな玉 が左手の人差し指の上になるようにかけます。 右手を左手に添えて、房は下に垂らして合掌します。 臨済宗 2重にした数珠を左手にかけ、右手を添えるように合わせ、房は下に垂らして合掌します。 天台宗 数珠の輪を一重の状態で、両手の人差し指と中指の間に挟み、そのまま手を合わせて合掌します。 本式数珠は、宗派ごとに違いがありますが、「自分の宗派のお通夜やお葬式にしか使えない」ということではありません。 宗派の違いがあっても、本式数珠を持ち、心から故人への冥福を祈る気持ちが大切です。 それよりも、昔から日本に伝わる数珠について、もう少し興味を持ってみることが大切なのかなと思います。 ちー婆 ばぁ は、数珠の意味や正しい持ち方を知って、自分の数珠を1つ持ちたいなと思いました。 また数珠は、お通夜やお葬式でしか使わない物だと思っていたのですが、自分だけのお守りとして常に持っていたいとも。 お通夜やお葬式で「マナー」であると昔から言われていることには、何にでも大切な意味があります。 自分の数珠を持っている人は、あらためてじっくりと数珠を眺めてみるのもいいかもしれません。 数珠が使われる意味をしっかりと理解して、お焼香をする。 そのことで、故人に対しての想いがより強まり、故人に届くのではないでしょうか。

次の

お葬式での数珠のマナー!宗派ごとの種類と使い方

数珠 お葬式

こんにちは。 北海道全域対応、札幌市の葬儀会社「北のお葬式」です。 葬式に参列する際に必要な数珠。 普段よく使うものではないので、いざという時に見つからない!ということもありますよね。 お葬式で数珠がない時はどうしたら良いのでしょうか。 今回はお葬式で数珠がない場合の対処法や、数珠にまつわるマナーについてご紹介します。 そもそも葬式で数珠をもつ意味とは? 数珠とは、仏教でお経を唱えた回数を数えるための仏具です。 本来数珠が必要なのはお経を唱える僧侶であって、お経を唱えるわけではない参列者は数珠が必要ありません。 しかし、数珠には魔除けや厄除けという意味のほかに、仏様に礼拝する際に失礼に当たらないよう持つという意味があります。 お葬式では故人に対して敬意を表す、供養を願うという意味ももつため、現在ではお葬式に参列する際に1人1つずつ数珠を持つのが基本マナーです。 また、宗派によって考えは異なりますが、人間の煩悩が108あるといわれるため、本来の数珠の数は108個とされています。 数珠の珠が煩悩を引き受けてくれるという意味もあるので、心をこめて手を合わせましょう。 葬式で数珠がないのはマナー違反?忘れた場合は? 葬式に参列する際には数珠を持っていくのがマナーですが、数珠を用意できなかった、忘れてしまったからといって重大なマナー違反とまでは言えません。 数珠を忘れてしまったとしても、故人の供養を願い、心を込めて手を合わせれば問題ありませんよ。 「数珠がないと格好がつかない」 「数珠を持って手を合わせたい」 そう考える方は、葬儀へ向かう途中にお店で購入することも可能です。 数珠は仏具店などの専門店のほか、ショッピングセンターやホームセンター、百円均一のお店などでも購入することができます。 とりあえずでも数珠を持っていきたい場合は、葬儀に参列する前にこれらのお店を探してみましょう。 「葬儀に参列してから周りの人に数珠を借りれば良いのでは?」「葬儀場で貸し出ししていないかな…」 そう思う方もいるかもしれませんが、数珠の貸し借りはNGです。 「念珠」とも呼ばれ魂を表す数珠は、1人1つが基本マナー。 持ち主の分身でもあるため、数珠がないからといって家族や友人で貸し借りをしてはいけません。 人の数珠を借りるなら、数珠なしで参列する方が良いといえます。 小さな子供は数珠を持っていなくても問題ありません。 落としたりなくしたり壊したりしては大変ですので、数珠をていねいに扱える年齢になってから持つようにしましょう。 また、当然ですが数珠は仏教の仏具のため、キリスト教や神道といった仏教以外の葬儀の際には不要です。 数珠を持っていないので購入したい!男女や宗派別にも選び方が異なる 数珠を持っていないのでこの機会に購入したい!という方は、まずご自分の宗派を確認しましょう。 宗派によって数珠の種類や持ち方が異なります。 ご自分の宗派がわからない方は家族や親戚の方に聞いてみましょう。 最近はどの宗派でも使うことができる「略式数珠」をお持ちの方が増えています。 略式数珠は宗派ごとの本式数珠に比べて珠の数が少なく、一連になっているタイプのものがほとんどです。 身内や地域の風習などを確認し、略式でも問題ないという場合は略式数珠を購入しても良いでしょう。 男性用と女性用で珠の大きさが異なることにも注意してくださいね。 きちんとした本式数珠を購入したいという場合は、仏具店など専門店での購入をおすすめします。 お店のスタッフに相談しながら適切な数珠を購入することができますよ。 不明点などありましましたら、私たち にもお気軽にお問い合わせくださいね。 まとめ 数珠とは唱えたお経の数を数えるための仏教の道具です。 本来はお経を唱える人のための仏具ですが、「魔除け」などの意味や、「故人に対して敬意を表す」「供養を願う」という意味ももつため、現在ではお葬式に数珠を持っていくのは基本のマナーとなっています。 葬式に数珠を用意できなかった、忘れてしまったといっても重大なマナー違反とまでは言えません。 専門店のほかショッピングセンターやホームセンターなどでも購入することができますので、数珠がない場合は葬儀の前にお店で購入しても良いでしょう。 葬儀で数珠がないからといって周りの人に借りるのはNGです。 貸し出しをしていたとしても、葬儀場で借りることもあまりおすすめできません。 人から数珠を借りるよりは、数珠なしで手を合わせる方が良いでしょう。 この機会に数珠を購入しようと考える場合は、まずはご自分の宗派を確認しましょう。 数珠は宗派によって種類や持ち方が異なります。 男性用・女性用でもサイズが違いますので購入する際は注意してくださいね。 近年はどの宗派でも使用できる略式数珠を持つ方が増えています。 家や地域の風習を確認し、問題なければ略式数珠を購入するのも良いでしょう。

次の

お葬式の数珠で女性の色や決まりはある?マナー違反の意味や使い方!

数珠 お葬式

数珠ってなんのために 必要なの? まずは、 数珠とは なんのためにあるのか? そこを知らなければ 選ぶ際に愛着も わきませんよね? 数珠はどういった 意味があるのか? 何で持たなきゃ いけないのか? 実は全部で 108個もあるのです! 最近では54個、 36個、27個と 108個無いものもあります のでご注意ください。 この108という数字は 人間の煩悩の数。 と言われています。 何故煩悩の数と、数珠の玉の数が 同じなのか? ぞれは… この108個の 玉には煩悩を司る神様が 宿っており、人間のありと あらゆる煩悩を 引き受けてくれるため! という役割を 果たしてくれるのですよ~。 それどころか、 そのことを知っているので 基本常備している。 という方もいらっしゃいます。 自分を守ってくれるものなので、 自分の物を用意しましょうね。 珠や房の色はマナーに関係あるの? 最近では数珠の色も カラフルな物も多いですね~ 房もボンボンのもの 梵天房 サラサラなもの 松房 などありますが どれが良いの? 珠も、ピンクや赤など お葬式にこれって良いの? というようなものも 多くありますが実際 どうなのでしょうか? 調べてみますと… 詳しくお話すると、 この記事では収まらない程 色んな説やルールはありますが… 数珠には宗派ごとに 決まった二重の数珠があります。 本式数珠といいます。 決まった宗派がある方は その宗派に添った 数珠を選ぶことをオススメします。 よく分からない。 そういった場合は 略式数珠という 一重の数珠で問題ありません。 略式数珠の場合は ルールはありません。 お次 はどういった、素材があるのか? とご説明しましたが 一つ、気をつけて 頂きたいのが! 数珠には男性用、女性用 の 使い分けです。 玉の数や意味は一緒 なのですが 数珠の大きさが大きい 小さいの違いがあります。 男性が女性用を使う 女性が男性用のを使う といったことは基本 駄目とされているので 注意して下さいね! それにしても… 最近の女性用の数珠は オシャレなものが多く その中でも人気で 可愛いのがピンクです。 どうせ持つなら好きな 色がいい! そういった方は 正直男性用のピンクの数珠は 私は見たことがありません。 調べてみましたが、 残念ながらあまり無いようですね…。 男性に多い色は 黒、茶が多く見受けられました。 しかし、どうしてもピンクが良い! というこだわりがある場合は、 大きめの石で 自分で作る もしくは オーダーメイドをする! なかなか壊れる物でもありません。 セットで素敵なものを探すのも オススメですよ! 葬式での数珠の値段はいくらくらいのがベスト? 数珠を買うとすれば、皆さんは いくらくらいを考えますか? 最近では100均でも 数珠が売っていますね~。 かと思えばウン十万円の数珠もあります。 その値段の違いって何?! と思ってしまいますが、やはり それは素材による違いですね。 国産か中国産か 大量生産か職人の手作りか? そういった違いから 差の出る値段ではありますが… 大体3~4千円が相場と言われています。 確かに100円で考えると、 少し高く感じるかもしれませんが お守り、いつも持つ。 と考えれば、 それくらいの お値段は妥当なのでは ないでしょうか? お値段によって 効果が違う。 ちゃんと数珠を用意しましょう。 葬式での数珠の使い方や持ち方を紹介! 折角ちゃんとした 数珠を手に入れたら 持ち方も綺麗にしたい! 移動するときは 房を下にして 左に持つように しましょう。 手を合わせる時は 姿勢を伸ばして下さい。 そういう時 多くの人が 『不吉だわ』 『何か起こるのでは…』 と、嫌なイメージを持ちます。 しかし、実は糸が切れる のは、 悪い縁が切れた。 仏様が悪い縁を切ってくれた。 と良い意味がある。 お気に入りの数珠でしたら また修理して、大事に 使ってあげてくださいね! 勿論 節目として新調するのも 問題ありません! 今まで有難う…。 数珠にこんなに意味があったとは 驚かれた方も居るのではないでしょうか? 実は数珠はお葬式だけでなく 法事や法要、お墓参りなど 多い方で1年のうちに 20回以上使う方も居ます。 糸さえ変えれば 一生使うことだって出来る。 アクセサリー感覚で 、 自分にあったお気に入りの 数珠を見つけてみては如何でしょうか? なぜこんなことが 起こってしまうかというと、 ・親の急死でとにかく処分したかった ・親の遺産で不動産売却の知識がなかった ・どうやって売るか?知らなかった ・個人で売買の交渉をする自信がない など、不動産売却の知識がないために 安く買い叩かれているのが現状です。 そんな時は、 『無料の不動産一括見積もり』オススメです。 ネットで申し込むだけで、 ・かんたん入力で家・土地の値段がわかる ・自分で見積もりを取る必要がない ・信頼できる業者しかいないから安心 ・査定経験がない女性や年配の方にも親切 ・『比較』するから高額査定が期待できる また下取り相場が見れるので、 『買い叩かれる心配がない』ですし、 価格交渉の引き合いに出す材料になります。

次の