サイフォン 使い方。 コーヒーサイフォンの使い方はフィルターの手入れが鍵!

【はじめの一歩】コーヒーサイフォンを購入する前に知っておきたい3つのこと。

サイフォン 使い方

INDEX• サイフォンとは? サイフォンは、 水の温度を調整することで生まれる気圧の変化を利用してコーヒーを抽出する器具です。 独特な見た目と淹れ方による視覚的な演出効果のほかに、コーヒーの味が安定しやすいという特長があります。 ドリップコーヒーに比べると少々手間はかかりますが、ドリップコーヒーとはまた違った味わいを楽しむことができますよ。 サイフォンの下準備 サイフォンは複数の独特な部品が必要になりますが、サイフォン本体を買ったときに付属しているものがほとんどです。 今一度サイフォンに必要なものを整理し、おいしいコーヒーを淹れる準備をしましょう。 準備するもの• サイフォン• 熱源 ヒーター・バーナーなど• 竹べら• 布フィルター• ろ過器• メジャースプーン• カップ• コーヒー豆 サイフォンの本体は、主に「ロート」と呼ばれる上部のガラス容器と「フラスコ」と呼ばれる下部のガラス容器、それからフラスコを支える「スタンド」によって構成されています。 フィルターはネル生地などでできた布のものと、紙のものがあります。 紙は使い捨てですが、布は洗って何回も再利用することができます。 1杯分の分量は、中細挽きなら10g、中挽きなら15gが目安に、お好みで調整してみてくださいね。 サイフォンの使い方・淹れ方 お湯を沸かす ロートとフラスコを取り外し、フラスコの方に人数分の水を入れます。 抽出する時にコーヒー豆が水を吸ってしまうので、入れる水は少し多めに見積もっておくといいですね。 このとき、 フラスコの底についた水滴はふき取るようにしてください。 水滴がついたまま加熱するとフラスコが割れる可能性があります。 フラスコをヒーターやバーナーなどの熱源にセットし、加熱を始めます。 ロートにフィルターと豆をセットする ろ過器に布フィルターをセットし、ロートに入れます。 ろ過器についているチェーンはロートの管の部分へ垂らし、先端部の留め金に固定します。 ろ過器がロートの真ん中からずれないよう、竹べらで押し込みしっかりと調整します。 次に人数分のコーヒー豆をロートに入れ、フラスコ内のお湯が沸騰するのを待ちます。 ロートをフラスコに差し込む フラスコのお湯が沸騰しているのを確認したら、フラスコにロートをチェーンごとゆっくりと差し込みます。 勢いよく入れるとお湯が飛び散るおそれがありますので、気をつけてくださいね。 フラスコとロートの間にすき間ができないよう、完全に密閉するのがポイントです。 お湯が上がってきたらかき混ぜる お湯がロートの方に上がってきたら、竹べらを使ってコーヒー豆にお湯がしっかりと触れるようにに数回かき混ぜます。 混ぜすぎるとコーヒー豆の渋みが出てしまうので注意してくださいね。 アルコールランプなど火加減の調節ができない熱源の場合は、 フラスコに炎が触れるか触れないかの位置に少しずらすことで火力をコントロールします。 火を消し、再度かき混ぜる 設定した時間が過ぎたら、火を消してもう一度竹べらでロート内を数回かき混ぜます。 ロート内のコーヒーがフラスコに落ちるのを見届け、完全に落ち切ったら完成です。 ロートを外してコーヒーをカップに注ぎ、熱いうちにいただきましょう。 このとき、 ロート内のコーヒーかすがドーム状に盛り上がり、表面に泡がついている状態ならうまく抽出できている目安です。 フィルターを洗浄、保存する 布フィルターを使用した場合は、ロートから取り外したらろ過器に付けたまま水道水でコーヒーかすを流し洗いした後、お湯で煮沸してコーヒーかすを完全に取り除きます。 水道水で洗う際は、揉み洗いは厳禁です。 コーヒーかすが繊維の間に入り込んで目詰まりを起こす可能性があります。 そして水の入った容器に入れ、水に浸した状態で冷凍庫などで保存します。 水の腐敗を防ぐために、毎日取り替えるようにしてくださいね。

次の

【トップバリスタが教える】サイフォンのおすすめ人気ランキング10選

サイフォン 使い方

サイフォン式コーヒーメーカーとは 実は、サイフォン式の正確な発祥はわかっていません。 しかし一般的には、1840年にイギリス人であるロバート・ネイピアによって作られたと言われています。 そして1840年代には、フランスやイギリス、ドイツなどで様々な改良が施されたサイフォン式が発明されていきます。 その中でも1841年にフランスのヴァシュー夫人が特許を取得したガラス風船型のサイフォンは、現代で私たちが使っているのとほとんど同じ形状のものでした。 今でこそメジャーであるペーパードリップが一般的になったのが1960年代と言われているので、コーヒーの抽出方法としては、ハンドドリップよりも歴史があります。 日本でのサイフォン式コーヒーメーカー 日本では1925年に「コーノ珈琲サイフォン」が国産初のサイフォン器具として販売されました。 1970年代の喫茶店ブームでは、多くの喫茶店がサイフォン式の器具を使用していたため、サイフォンでコーヒーを淹れる様子は、団塊の世代の方にとっては懐かしい光景の一つではないでしょうか。 比較的器具が高価なこともあり、一時期サイフォン式コーヒーメーカーを愛用する人は減少していましたが、最近ではその 演出効果抜群の淹れ方と、日本人に好まれやすい まろやかなコーヒーが入れられる特徴が相まって、再び国内でもサイフォン式コーヒーの人気が高まっています。 2003年には、日本一の技術を競い合う「ジャパン・バリスタ・チャンピオンシップ」に「サイフォン部門」が設置されました。 そして2007年には「ジャパンサイフォニスト チャンピオンシップ」として生まれ変わり、優勝者は国代表として世界選手権にも出場しています。 「ジャパン サイフォニスト チャンピオンシップ」について詳しくは サイフォンコーヒーは、加熱されたお湯の 蒸気圧の差を利用してコーヒーを抽出する方法です。 フラスコ内のお湯がアルコールランプの火によって加熱されると、 フラスコ内で水蒸気が膨張し、蒸気圧の力でお湯が上方のロートへと押し上げられます。 そこでロートに設置されたコーヒーの粉とお湯が混ざり、コーヒー液ができます。 アルコールランプを外すと今度はフラスコ内の水蒸気が冷えて収縮し、 フラスコ内が真空状態になります。 そこでロートへ引き上げられたコーヒー液はフラスコ内への引き戻されます。 この時に真ん中のネルフィルターでコーヒーの粉を濾過することで、コーヒーの抽出が完成します。 最近では、アルコールランプの代わりに、 光を楽しむ視覚的効果もあるハロゲン熱源 を使用したものなど、趣向を凝らした器具も多数販売されています。 ナピアー式とほぼ同時期に考案された抽出方法で、発明したルイス・ガベットの名をとって ガベットとも呼ばれます。 見た目はナピアー式とよく似ていて、フラスコとロートが左右に並べられています。 ナピアー式との違いは2つのパーツが天秤上でバランスを取っている点。 このため天秤式サイフォンと呼ばれます。 フラスコの下にはアルコールランプのキャップが取り付けられていて、ロート側にお湯がすべて移動すると天秤が傾き、アルコールランプの火を消します。 アルコールランプの火が消えると、温度が下がってフラスコ内が真空状態になり、コーヒーがフラスコへと戻ります。 サイフォン式コーヒーをおいしく入れる方法 サイフォン式は、コーヒー豆の挽き具合と量、そしてアルコールランプの火力と抽出時間をきちんと把握していれば、毎回同じ品質のコーヒーを入れることができます。 ただし、満足のいく品質のコーヒーが入れられるようになるまでは、何度も練習が必要になりますが、他のコーヒーメーカーと違い香り高いまろやかな味わいのコーヒーを楽しむことができるようになります。 サイフォン式コーヒーをおいしく入れる方法をご紹介します。 一杯分 お湯の量:160cc コーヒー:約15g 挽具合:中挽き.

次の

サイフォン

サイフォン 使い方

ペーパードリップの特徴・使い方 ペーパードリップはポピュラーな抽出方法です。 ドリッパーにペーパーフィルターをセットし、上からお湯を注いでサーバー内にコーヒーを抽出していきます。 ・正統派の味わい ・使い捨てなので、お手入れが簡単 ペーパードリップの特徴は、家庭で簡単に喫茶店風のコーヒーが淹れられること。 少しずつお湯を足しながら抽出していくので、コーヒーのほろ苦い香りも同時に楽しむことができます。 また使用したペーパーフィルターは、そのままごみ箱に捨てられるので衛生的です。 使い方 1人分の粉の目安は12g、140ccの水を使います。 ペーパードリップと相性のよい、キメの細やかな中細挽きがおすすめです。 ・フィルターの底と側面の縫い目部分を、外側と内側に折っておきます。 ・ドリッパーにペーパーフィルターを敷き、サーバーにセットします。 ・フィルターにコーヒー粉を入れます。 ・少量のお湯を上から注ぎ、20秒くらい蒸らします。 ・小さな「の」の字を描くイメージで、真上からお湯を注ぎます。 ・温めたカップに注ぎ、完成です。 丁寧に蒸らしをおこなうと、コーヒー豆に含まれるガスが放出され、お湯がなじみやすくなり、コクのあるコーヒーを淹れやすくなります。 ネルドリップ(布ドリップ)の特徴・使い方 18世紀のフランスで生まれたのが、ネルドリップです。 ネルフィルターという布製のフィルターを用いて抽出していきます。 ・マイルドな口当たり ・上級者におすすめ ネルドリップは肌ざわりのよいフランネル素材のフィルターに、お湯を入れて抽出していきます。 柔らかい繊維が雑味を受けとめてくれるので、舌あたりの良い滑らかなコーヒーが淹れられます。 使ったあとのネルは粉を取り煮沸する必要があるため、中級者から上級者におすすめの抽出方法です。 使い方 1人分のコーヒー粉の目安は、およそ13gです。 ゆっくり時間をかけて淹れるので、粒のあらい粗挽きタイプがおすすめです。 ・ネルにお湯をかけ、乾いたクロスで水気をふき取っておきます。 ネルのしわを伸ばし、専用のサーバーにセットします。 ・ネルに粉を入れ、少量のお湯を入れて20秒ほど蒸らします。 ・渦を描くように静かにお湯を入れ、抽出します。 ・温めたカップに入れて、できあがりです。 繊維に付いた糊がおち、ろ過しやすくなります。 ステンレスフィルター(金属フィルター)の特徴・使い方 ステンレスフィルターは、金属のフィルターを用いてドリップをおこないます。 ・キレのある味わい ・スピーディに抽出できる ・繰り返し使える 紙や布に比べて、コーヒーオイルがフィルターに残りにくいので、コーヒー本来の強い味わいを堪能できます。 ドリップにかかる時間が短いので、忙しい方にもおすすめです。 メッシュ状のフィルターは、洗えば何度でも使うことができ経済的です。 使い方 1人分の目安はおよそ13gです。 中挽きもしくは粗挽きのコーヒー粉を使っていきます。 ・サーバーにドリッパーを置き、ステンレスフィルターをセットします。 ・フィルターにコーヒー粉を入れ、お湯を入れて30秒くらい蒸らします。 ・「の」の字を描くイメージで、中央から外側にお湯を入れていきます。 ・コーヒーがサーバーに落ち切ったら、できあがりです。 網目が傷ついてしまう恐れがあるので、タワシの使用は控えておくのがおすすめです。 フレンチプレスの特徴・使い方 お洒落なカフェで、よく見かけるのがフレンチプレスです。 プランジャーポットと呼ばれ、日本では紅茶を淹れるための器具として親しまれています。 ・シャープな味わい ・ポットとして利用できる フレンチプレスはつまみを引き下げた圧力によって、旨味や香りを引き出していきます。 金属フィルターを通すので、鮮度のよいコーヒー豆の風味を丸ごと感じられます。 また抽出したあとは、蓋付きのポットとしてテーブルに置くこともできます。 抽出の道具とポットが一体になった、とてもシンプルな淹れ方です。 使い方 1人分の目安は12g、水は160ccです。 金属フィルターを通すため、粒の大きい粗挽きタイプがおすすめです。 ・フレンチプレスにお湯をはり、容器を温めておきます。 ・湯を捨てたフレンチプレスに、コーヒー粉を入れます。 ・再びお湯を入れ、柄の長いスプーンで軽くかき混ぜます。 ・蓋をしめて、約4分待ちます。 ・つまみを下げてコーヒーカップに注ぎ、できあがりです。 ザラつきが緩和されて、飲みやすい味わいになります。 エアロプレスの特徴・使い方 最短でコクのあるコーヒーと出会えるのがエアロプレス。 空気の圧力を利用しているので、短時間でしっかりしたボディのコーヒーを淹れられます。 ・キレのある味わい ・待たずに、すぐ飲める エアロプレスは海外で開発された、新しい抽出方法です。 難しい技術が必要ないので、いつでも安定した味わいを楽しめます。 抽出時間がとても短いので、慌ただしい朝にもおすすめです。 使い方 1人分の目安はおよそ12g、水は160ccです。 甘さと酸味のバランスが良い、中粗挽きがおすすめです。 ・エアロプレス一式を、お湯で温めておきます。 ・チャンパーとプランジャーを組み立てて、コーヒー粉を入れます。 ・ゆっくりお湯を注いでいき、粉と湯をなじませていきます。 ・パドルを入れて、手早く攪拌します。 ・フィルターを取り付け、蓋を閉めて1分おきます。 ・カップの上にプレスして、できあがりです。 押し切るように力強くプレスすると、最後の1滴まで美味しく飲めます。 サイフォンの特徴・使い方 自宅で喫茶店気分を味わえるのが、本格的なサイフォンです。 ・まろやかな口当たり ・「手作り」を楽しめる サイフォンは蒸気の力を利用して、コーヒーを抽出していきます。 時間をかけて抽出するので、マイルドな口当たりのコーヒーが楽しめます。 ビームヒーターやフラスコなど、特別な器具を用意する必要がありますが、コーヒーが出来上がる過程が目でも楽しめ、演出効果が高いので、とても人気があります。 使い方 1人分の目安はおよそ15g、水は160ccです。 扱いやすい中挽きがおすすめです。 ・フラスコにお湯を入れ、ビームヒーターにかけます。 ・温めたロートにフィルターをセットし、留め金をかけます。 ・ボールチェーンをお湯に沈めて、お湯が沸騰したらロートを差し込みます。 ) ・柄の長いスプーンでロート内を混ぜ、弱火にして40秒くらい待ちます。 ・ビームヒーターの火を消し、もう1度ロート内を混ぜたらできあがりです。 強火で1分以上抽出すると、苦みやエグみが出やすくなります。 火加減は弱火、抽出時間は1分以下に抑えてあげると、さっぱりした味わいのコーヒーになります。 ウォータードリップ(水出しコーヒー)の特徴・使い方 暖かい季節に試したいのが、ひんやり爽やかなウォータードリップです。 コールドブリューとも呼ばれ、時間をかけてゆっくり味を引き出していきます。 ・透明感のある、爽やかな味わい ・専門店のアイスコーヒーが作れる ウォータードリップは、水を1滴ずつ垂らしてコーヒーを淹れます。 静かにポタポタ滴が流れていくさまは、さながら専門店のようです。 ガラス製の器材をセットしておけば、あとは自動的に抽出をおこなってくれるので、どなたでも簡単にプロの味が楽しめます。 熱を加えていないので、癖の少ないさっぱりライトな味が特徴的です。 使い方 1人分の目安は、約10g、水は100cc用います。 イタリアンローストやフレンチローストなど、苦みのある深炒りの粉がよく合います。 ・使用する水は冷蔵庫で、よく冷やしておきます。 ・ウォータードリッパーのフィルターに、コーヒー粉を入れます。 ・少量の水で粉を湿らせ、マドラーで上下をかき混ぜます。 ・タンクに水を入れて、抽出を始めます。 ・グラスに氷を入れ、抽出したコーヒーを注いでできあがりです。 暑い場所を避けエアコンの効いた涼しい室内で作ると、水が生ぬるくならずキレのある味わいになります。 エスプレッソマシンの特徴・使い方 ボタンを押すだけで、イタリア気分を味わえるのがエスプレッソマシンです。 ・お店のような、上質な味わい ・お洒落なデザインが多い エスプレッソマシンにはコーヒー粉を入れるタイプ、専用のカプセルを入れるタイプ、大きく分けて2つの種類があります。 どちらもボタンやレバーを押すと、自動で抽出をおこなってくれるので簡単にカフェの味が楽しめます。 誰かに自慢したくなる、お洒落なデザインも魅力的です。 使い方 1人分の目安は、およそ10g。 アロマの香りが高い、極細挽きの粉を用いていきます。 ・コーヒーカップにお湯をはり、温めておきます。 ・フィルターに粉を入れて、タンピングをおこないます。 タンパーを持ち、ぎゅっと上から圧力を加えて粉を固めていきます。 ・ボタンを押して、軽く湯通ししておきます。 ・マシンの下にカップを置き、ボタンを押して抽出をおこないます。 ・濃厚なクレマのある、エスプレッソの完成です。 直火式エスプレッソの特徴・使い方 イタリアの家庭でよく見かけるのが、コンロにかける直火式エスプレッソです。 ・電気式よりも安い ・気軽にエスプレッソが楽しめる 直火式エスプレッソの特徴は、コスパの良さ。 高価な電気式に比べて値段が安く、初めての1台として気軽に購入できます。 水とコーヒー粉を入れれば、あとは煮出していくだけなので、飲みたい時に飲める良さがあります。 使い方 1人分の目安はおよそ8g、水の量は約50ccです。 極細挽きの粉を使っていきます。 ・本体の下部分を外し、水を注いでおきます。 ・スプーンを使い、バスケットに粉を入れます。 ・本体にはめてコンロの上に置き、火をつけ沸騰させます。 ・下部分の水がなくなり、カラカラと乾いた音がすればできあがりです。 ミトンを用意しておき、火傷に気を付けながらカップに入れてください。 イブリックの特徴・使い方 トルコなどの中近東エリアで、愛用されているのがイブリックです。 ・パンチの効いた味わい ・コーヒー占いもできる イブリックは銅や真鍮で作られた、小さなひしゃく型の鍋をつかって煮出して抽出します。 現地トルコでは、小さな鍋 ジャズベ を裏返し、底に付いた粉のシルエットを見て、コーヒー占いをおこないます。 酸味の効いた、濃厚な味わいが特徴です。 使い方 1人分の目安は7g、水は70ccです。 極細挽きの粉がよく合います。 ・イブリックに粉と水を入れ、弱火にかけます。 ・沸騰したら火からおろし、かき混ぜます。 ・3回ほど繰り返し、とろみが出たら完成です。 ・出来上がったコーヒーをカップに注ぎ、少しおいて、コーヒーの粉が沈んでから上澄みを飲みます。 パーコレーターの特徴・使い方 キャンプで大活躍する、直火ポットがパーコレーターです。 ・飲みごたえのある味わい ・登山やキャンプにおすすめ アウトドアで大活躍するパーコレーター。 直火で煮だしていくので、コーヒー本来の強い味わいが楽しめます。 使い方 1人分の目安は12g、水は160ccです。 粗挽き粉を使います。 ・ポットに水を入れ、沸騰させます。 ・コーヒー粉を入れたバスケットを、内側に入れます。 ・弱火で4分ほど煮出したら、できあがりです。 まとめ コーヒーの抽出道具それぞれの特性を知ると、さらにコーヒーの奥深い魅力に気づけるようになります。 お気に入りの抽出器具を見つけて、スペシャルな一杯に出会ってみてください。

次の