大阪 市議会 議員 再 選挙。 大阪市議会議員選挙

大阪市議会議員再選挙(中央区選挙区)

大阪 市議会 議員 再 選挙

大阪市議会中央区選挙区の再選挙で当選を決め、気勢を上げる大阪維新の会の塩中一成氏(左から2人目)ら(22日、大阪市中央区) 大阪維新の会所属だった大阪市議の当選無効に伴う市議会中央区選挙区の再選挙が22日、投開票され、大阪維新の会新人の元国会議員秘書、塩中一成氏(48)が自民党と共産党の元市議2人を破り、初当選した。 大阪市を廃止し特別区を設置する「大阪都構想」の住民投票が11月にも実施される見込みで、可決を目指す維新が強さを見せた。 ただ、新型コロナウイルスの感染拡大などで投票率は25. 22日夜、当選を決めた塩中氏は「新型コロナウイルスの影響で屋内の演説会ができず、政策や思いを伝えにくかった」と選挙戦を振り返りつつ「都構想の実現に向けて全力で取り組んでいきたい」と意気込んだ。 陣営幹部は「住民投票の前哨戦という思いで戦ってきた。 この流れを11月につなげたい」と話した。 塩中氏は選挙戦で「二重行政を解消するため都構想の実現は不可欠」と強調。 19年4月の大阪府知事・市長のダブル選などで維新が大勝した勢いにも乗り、支持を拡大した。 自民の元市議、権世幸蔵氏(62)は新型コロナウイルス対策の強化を訴えたほか「大阪市を政令指定都市として発展させたい」と都構想反対を主張した。 市議団幹部は「今回は敗れたが、住民投票に向けて気を引き締めて頑張りたい」と話した。 共産の元市議、小川陽太氏(42)も都構想反対やカジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致反対など維新政策の批判を展開したが、及ばなかった。 小川氏は「当初の予想より維新との差を詰められた。 11月の住民投票で党派を超えて反対を訴え、必ず勝ち抜く」と前を向いた。 ダブル選の結果などを受けて都構想賛成に転じた公明党は候補者を擁立せず、自主投票で臨んだ。 再選挙は、元維新市議が19年4月の市議選で車上運動員(うぐいす嬢)の手配を依頼し不正に報酬を支払ったとして、公職選挙法違反(買収)の罪に問われ2月に有罪が確定、当選無効になったのがきっかけ。 市議会の定数は83議席で、維新は塩中氏の当選で40議席を確保。 自民19、公明18などで、都構想賛成の維新と公明で過半数を占める。 自粛続きの選挙戦 都構想巡る日程、影響も 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、大規模施設の休業やイベントの中止・延期が相次ぐ中、各陣営は握手や屋内演説会を自粛する異例の選挙戦となった。 投票率は25. 新型コロナの影響は「大阪都構想」の住民投票に向けた日程にも影響を与える可能性がある。 補選や再選挙は有権者が関心を持ちにくく、2018年8月の鶴見区補選は17. 今回は都構想の住民投票の前哨戦と位置づけられた一方、新型コロナウイルスの感染拡大で各陣営は握手などを自粛。 大阪府の吉村洋文知事が3連休中の大阪・兵庫の往来の自粛を呼びかけるなど"厳戒態勢"のなか、投票所に足を運ぶのをためらう有権者が多かったとみられる。 大阪府・市は6月までに「大阪都構想」の制度設計を議論する法定協議会(法定協)で制度案をまとめる考えで、市民から意見を聴く「出前協議会」を4月に開き、その報告を踏まえて次回の法定協を4月中に開催する方向で調整していた。 だが大阪維新の会代表の松井一郎大阪市長は出前協議会について「今の状況を見ていると直近の実施は厳しい」と言及。 延期や規模の縮小などを検討すべきだとの認識を示し、近く開催方法を決める。 維新は住民向けの説明会を4月から活発化する予定だったが延期するという。 「こういう事態だから仕方がない。 ネットでの情報発信やチラシの準備を粛々と進めていく」(維新府議) 11月に実施を見込む住民投票に向けたスケジュールについて、松井氏は「今の時点で時期を後ろに倒していくということは考えていない」と強調している。

次の

再選挙

大阪 市議会 議員 再 選挙

大阪市中央区役所前では再選挙を知らせる看板を掲げている(13日、大阪市中央区) 大阪維新の会所属だった大阪市議の当選無効に伴う市議会中央区選挙区の再選挙が13日、告示された。 大阪維新の会新人の元国会議員秘書、塩中一成氏(48)、自民党の元市議、権世幸蔵氏(62)、共産党の元市議、小川陽太氏(42)の3人が届け出た。 22日投開票で、定数3のうち1議席を争う。 大阪市を廃止して特別区を設置する「大阪都構想」を巡り、11月にも実施される住民投票を視野に、都構想の是非を巡る各党の論戦も注目だ。 維新の塩中氏は午前9時、中央区瓦屋町の事務所前の出陣式に姿を見せ、「不祥事による再選挙でおわびを申し上げる」と謝罪した。 その上で「都構想の住民投票に向けて制度理解を深められるよう、一人一人に語りかけたい」と意気込んだ。 自民党の権世氏は午前9時、市議団幹部らと同区糸屋町の事務所前で出陣式を開催。 権世氏は「新型コロナウイルスが危惧される中で選挙をすることは心苦しい」としつつ、「政令指定都市としての強みを生かし、大阪市を発展させる」と訴えた。 共産党の小川氏は午前9時すぎ、中央区空堀商店街近くで第一声を上げた。 小川氏は「大阪市を廃止すれば市民を守る政令市の権限と財源がなくなる」と都構想反対を強調。 「何としても勝ちたい」と拳を上げ、集まった約100人の聴衆に呼びかけた。

次の

再選挙も維新勝利 投票率は低迷、大阪市議会・中央区 :日本経済新聞

大阪 市議会 議員 再 選挙

再選挙の発生原因 [ ] 総説 [ ] 日本の選挙では、繰上補充で候補者が補充することができずに、に達する候補者がなく、または不足した場合、立候補者が定員に満たない場合等の事由により当選人がなく、あるいは当選人の数が定員に満たない場合、当選人が死亡した場合、当選人が当選を定められた後当選を失った場合 、選挙無効や当選無効の判決、裁決、決定が確定する結果当選人がいなくなったり定員に満たなくなった場合、総括責任者等の選挙違反でいわゆる連座制により当選が無効となった場合、当選人が選挙違反をして当選人の当選が無効となった場合に行う。 ただし、比例代表選出議員、比例代表選出議員、地方議会の議員の場合にあっては、選挙無効の判決、裁決、決定が確定した場合を除いて、このことによって欠ける定員がの事由が発生する事由と同じ定員不足に至った場合に限る。 参議院比例代表選出議員の場合において、任期を異にする参議院比例代表選出議員の選挙が行われる場合や、地方議会においてはその選挙区で同じ地方公共団体の他の選挙が行われる場合は、当選人の不足数にかかわらず再選挙を実施する。 ただし、任期満了6月前 の場合は再選挙を実施しない。 再選挙の発生原因は、選挙の対象となる公職によって異なっている。 衆議院小選挙区選出議員・参議院選挙区選出議員・地方公共団体の長 公職選挙法109条• 衆議院比例代表選出議員・参議院比例代表選出議員・地方公共団体の議会の議員 公職選挙法110条 日本以外の国では、再選挙の代わりに上位候補による制を導入している場合もある。 再選挙の期日 [ ] 国政選挙において、当選人がないことや定員に満たなかった場合、あるいは選挙無効訴訟の結果選挙無効となった場合は原則としてその事由が発生した日から40日以内に、その他の場合は統一補欠選挙と同日に実施することとなる。 地方選挙の場合は、原則としてその事由が発生した場合は50日以内に実施する(公職選挙法34条 )。 なお、再選挙を実施する場合であっても、選挙無効訴訟等が係属中の期間は実施しない。 再選挙の実例 [ ] に達する候補者がなく、または不足した場合にも再選挙が行われることになるが、再選挙の立候補資格は通常の選挙と変わらず、元の選挙の候補者はもちろん、新たに立候補することもできる。 そのため、形の上では永遠に再選挙が繰り返される危険性があり、これを避けるため法定得票の基準は外国に比べ緩くなっていると言われている。 国政選挙• 史上最多の候補者が乱立したで、2議席分(東京2区と福井全県区の最下位当選枠各1名分)が法定得票に達せず、再選挙となった(この時、東京2区では・福井全県区ではがそれぞれ当選)。 「奄美群島復帰に伴う暫定措置法に基く選挙」(旧・)で再選挙になっている(が当選)。 その他、選挙無効の判決が確定した場合も再選挙を行うことになっており、現憲法下においては一部無効による再選挙の実例がある。 ののうちにおいて選挙事務の大部分を首長部局に一任し選挙管理委員会が選任する立会人による立ち会いが行われなかったこと等を理由として一部選挙無効となり1950年10月に再選挙が行われた事例やのにおいて、の投票所で候補者の所属する党派名を誤記したことにより、同年10月に佐野市で再選挙が行われた事例がある。 最近の再選挙の施行例としては、学歴詐称で選挙違反として議員の当選が無効となったことを理由として、9月11日に行われた参議院における事例が存在する。 なお、選挙違反や連座制の適用に関しては、判決が確定する前に議員が自発的に辞任することがあり、補欠選挙として行われることがある。 地方首長選挙• 施行以降では、法定得票に達する候補者がなく再選挙となった例は、4月の選、2月の選、4月13日の、4月22日の選、1月29日の選、2017年11月26日のの6例がある。 広陵町長選挙(1992年2月2日投票)には7人が立候補し、法定得票に達せず当選人なし。 選挙後14日以内の期間 にが提起されたため 再選挙は50日以内に実施できず、翌8月8日に再選挙(立候補者3人)が行われて当選人が決まる まで町長不在が続いた(町長職務代行者が置かれた)。 当選人死亡で再選挙となった例としては、4月26日の選がある(再選を果たした候補が投票日の翌日に死亡)。 選挙無効判決で再選挙になった例としては、6月29日の選がある()。 地方議会議員選挙• 4月の議員選挙選挙区で定数1に対して6人立候補、5月投票の再選挙(5人立候補)でも法定得票数に達せず、6月の再々選挙で当選人が決まった。 再々選挙での立候補者は3人。 2007年4月の議会議員選挙で、定数24に対して23人しか法定得票に到達せず、残り1議席に限り再選挙を実施した。 4月の選挙区で、の被害の復旧の優先を理由に市のが選挙事務を行わず、投開票ができなかったため、当選者がおらず再選挙となった。 11月の選挙で、定数12に対し立候補者が9人しかおらず 、残り3議席を対象とした再選挙が2019年1月に行われた(3人立候補し無投票で当選)。 脚注 [ ]• 比例代表選挙で当選人が当選が定められた後に所属政党等を他の届出政党等に異動して失格したり、その他就職禁止の職に就任して所定の期日までその職を辞さなかったり、地方公共団体において請負等の関係にあって所定の期日までその関係を解消しない場合• 地方議会の場合議員定数の欠員が3分の1超の場合を除く• - 法庫 houko. com• - 選挙コンサル• - 総務省• 東京新聞. 2017年11月30日. 2017年11月30日閲覧。 (産経新聞、2018年11月27日) 関連項目 [ ]•

次の