ケイドリ。 ドリ系とは (ドリケイとは) [単語記事]

岸和田ミッドナイト競輪in小倉 ケイドリームス杯争奪戦 投票キャンペーン

ケイドリ

注意事項 1. 本キャンペーンの参加は応募申込みが必要です。 ご応募いただいた場合、以下の注意事項に同意いただいたものとさせていただきます。 車券購入を条件とするキャンペーンは、対象期間中にKドリームスで指定の金額(欠場・レース不成立等の返還金は除く)以上、ご投票いただいた方を対象とします。 レース中止・順延の場合、対象日も順延となります。 レース中止・打切の場合、キャンペーンは開催日により調整となります。 なお開催自体が打切の場合、キャンペーンは変更・中止する場合があります。 厳正なる抽選の上、結果発表は付与・振込・賞品の発送をもって代えさせていただきます。 賞品が現金の場合、ご登録の払戻口座へお振込みいたします。 賞品の発送または現金振込の時点でKドリームス投票会員を退会された場合は、当選が無効となります。 お客様のご都合による賞品の返送(不在による配送業者からの返送を含む)および現金の振込不能の場合は、当選を辞退したものとみなします。 景品表示法に基づき、その他のキャンペーンと重複して当選できない場合がございます。 また、同法に基づき投票金額等の条件によっては、本キャンペーンの景品または当該他のキャンペーンの景品の全部または一部を提供することができない場合がございます。 また、賞品総額につきましてはご購入額の20倍まで、もしくは10万円までと制限させていただきます。 賞品の使用、利用方法等のご質問は、各発売元・メーカー、提供元等にお問い合わせください。 また賞品の不具合・不良品等による保証等は、発売元・メーカーの保証に従います。 賞品に関する品質・性能・不具合等は一切責任を負いかねます。 キャンペーンは予告なく変更・終了する場合があります。 賞品の配送のため、賞品提供元や配送会社に対して氏名、送付先、連絡先その他配送に必要な範囲内で会員情報を開示いたします。 マイページ上で郵送物の送付希望を「希望しない」と設定したお客様は、賞品(現金の当選通知書含む)、QUOカード、オリジナルグッズ等送付物の受け取りを辞退したものとみなします。 郵送物等の受け取りを希望する場合は、本キャンペーンの応募期限までにマイページから変更をお願いします。 楽天グループの役職員及び関係者は応募できません。 応募の前に、登録情報に誤りや住所変更忘れがないかご確認ください。 マイページ内の「登録情報確認・変更」より確認・変更ができます。 本キャンペーンは終了しました.

次の

ケイ・ドリーム

ケイドリ

分布 [ ] の北部から中部(と流域の熱帯地域)に分布する。 形態 [ ] 60-65cm。 尾が長く、後頭部に細長く目立つがあり、比較的大きなを持つ。 背中のは光沢のある暗緑褐色で、頸や肩羽に褐色がかった白色の縦斑がある。 喉から胸はで、腹部と初列風切はである。 に青いの裸出し、虹彩は赤色である。 雌雄同色であるが、繁殖期になると雄は雌に比べて、顔に青みを増す。 が太く短い。 脚は体長の割に短いが、脚の指は比較的長い。 本種の体の構造的な特徴として、のを常食としている特異な食性の為、(そのう、とも呼ばれる(さのう)とは全く別で、その一つ前の)が著しく発達していることがあげられる。 他種の鳥類においては、嗉嚢の役割は食物を一時的に貯めておくことだが、本種では嗉嚢において消化活動も行う。 本種では、嗉嚢は内臓の約3分の一を占めている(反面、砂嚢は退化している)。 この為、翼を動かすの付着点であるが圧迫され変形または退化しており、大きな翼を持つのにはかなり低い。 勢いをつけて、枝から枝へ滑空するのが精一杯である。 生まれたばかりの体重は僅か20g、黒いが疎らに生え、嘴やの形は既にツメバケイの特徴を備えている。 雛の翼には、片方の翼に二本ずつ爪がある。 ツメバケイという名は、この雛の爪にちなんだものであるが、孵化後2-3週間で爪は消失し成鳥には爪は存在しない。 生態 [ ] 熱帯雨林の川岸にある樹上に生息している。 飛翔力は弱く長距離や高所を飛ぶことはできない。 移動時は、長い足の指で枝や細い蔓をつかみ、翼を広げてバランスをとりながら、歩いて木々の間を移動する。 樹上性で地上には滅多に降りない。 繁殖期は番い若しくは数羽の集団で生活するが、非繁殖期には40羽程度の群れを形成する。 の樹木や類などの肉厚の葉を常食としている。 また、雛が孵った直後にはその卵の殻を食べる。 繁殖期は、食物が豊富になる雨季である。 10-15羽の集団で繁殖することが多い。 一夫一妻で、毎年同じ相手と番いを組むとされる。 川面や潟に張り出した樹の上に、小枝を粗雑に組んで類の巣に似た皿状の巣を雌雄共同で作る。 巣の直径は30-45cmほどで、一度作った巣は数年間修理しながら使い続ける。 1腹2-3個(稀に4-5個)の卵を産み、抱卵期間は約27日である。 雌雄で抱卵、育雛する。 雛は、親の口の中に頭を突っ込んで半消化した餌をもらって成長する。 雛は、親がから出ていくと、翼にある爪と嘴、脚の指を使って枝から枝へ移動する。 普通の鳥の雛なら親が餌を持ってくるのを巣の中で待つが、ツメバケイの雛は巣の外に出て活発に動き回る。 樹上に巣を構える鳥の中で、生まれて間もない雛がこれほどまでに活発に出歩くという習性はツメバケイ独特のもので、他の鳥には見られない。 のナキガオなどが、雛やを狙って巣を襲いにくると、親は初めのうちは羽を広げて巣を守ろうとするものの、さらに敵が近づいてくると雛を残し巣から逃げ出す。 置き去りにされた雛は巣から出て、木の下の川に飛び込んで、水草の間に身を隠して危険を避ける。 また、成鳥では泳ぐことはなくなるが、雛の時期には泳ぎも潜水も巧みである。 生後間もない雛でも、巧みに泳ぐことが出来る。 危険が去ると、雛はや嘴、脚の指を使って、元の樹上に登っていく。 泳いだり歩いたり、生まれて間もないにもかかわらず、ツメバケイの雛は他の鳥の雛に比べ、旺盛なを持っている。 ウシの糞に似た極めて強い体臭を持ち、興奮するとさらに強くなる。 これは外敵に対する防御の役割があるらしい。 人間との関係 [ ] 肉は臭くて食用にはされないが、原住民によって卵が食用として採取されており、また開発による生息環境の破壊によって、生息数は減少している。 分類 [ ] ツメバケイは雛の形態からの生き残りであるという説もあったが、現在ではこの形質はでの活動にして派生したであるとされ、従来の「の古い形態」説は否定されている。 分類にはさまざまな説がある。 当初は、成鳥の形態的な特徴からツメバケイ科をに入れる分類がなされた。 その後、・・・などが近縁とする説が提案されてきた。 また、卵白タンパク質比較分析ではを近縁とされるが、別の分析方法ではキジ目に近いという報告もある。 このように、ツメバケイの分類は目レベルから未だに確定していない。 そのため、として独立目として扱う場合も多い(この場合は1目1科1属1種となる)。 ここでは学説に中立的であるため、分類ボックスでは独立目ツメバケイ目としている。 近年の分析によると・・に近いという意外な研究結果が提出されている(Fain and Houde 2004)。 参考文献 [ ]• Fain, M. , and P. Houde. (2004). "Parallel radiations in the primary clades of birds. " Evolution 58: 2558-2573. 『動物たちの地球 21』、、、284-285頁。 マイケル・ウォルターズ著、山岸哲監修、『世界「鳥の卵」図鑑』、新樹社、、78頁 関連項目 [ ] ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

ツメバケイ

ケイドリ

分布 [ ] の北部から中部(と流域の熱帯地域)に分布する。 形態 [ ] 60-65cm。 尾が長く、後頭部に細長く目立つがあり、比較的大きなを持つ。 背中のは光沢のある暗緑褐色で、頸や肩羽に褐色がかった白色の縦斑がある。 喉から胸はで、腹部と初列風切はである。 に青いの裸出し、虹彩は赤色である。 雌雄同色であるが、繁殖期になると雄は雌に比べて、顔に青みを増す。 が太く短い。 脚は体長の割に短いが、脚の指は比較的長い。 本種の体の構造的な特徴として、のを常食としている特異な食性の為、(そのう、とも呼ばれる(さのう)とは全く別で、その一つ前の)が著しく発達していることがあげられる。 他種の鳥類においては、嗉嚢の役割は食物を一時的に貯めておくことだが、本種では嗉嚢において消化活動も行う。 本種では、嗉嚢は内臓の約3分の一を占めている(反面、砂嚢は退化している)。 この為、翼を動かすの付着点であるが圧迫され変形または退化しており、大きな翼を持つのにはかなり低い。 勢いをつけて、枝から枝へ滑空するのが精一杯である。 生まれたばかりの体重は僅か20g、黒いが疎らに生え、嘴やの形は既にツメバケイの特徴を備えている。 雛の翼には、片方の翼に二本ずつ爪がある。 ツメバケイという名は、この雛の爪にちなんだものであるが、孵化後2-3週間で爪は消失し成鳥には爪は存在しない。 生態 [ ] 熱帯雨林の川岸にある樹上に生息している。 飛翔力は弱く長距離や高所を飛ぶことはできない。 移動時は、長い足の指で枝や細い蔓をつかみ、翼を広げてバランスをとりながら、歩いて木々の間を移動する。 樹上性で地上には滅多に降りない。 繁殖期は番い若しくは数羽の集団で生活するが、非繁殖期には40羽程度の群れを形成する。 の樹木や類などの肉厚の葉を常食としている。 また、雛が孵った直後にはその卵の殻を食べる。 繁殖期は、食物が豊富になる雨季である。 10-15羽の集団で繁殖することが多い。 一夫一妻で、毎年同じ相手と番いを組むとされる。 川面や潟に張り出した樹の上に、小枝を粗雑に組んで類の巣に似た皿状の巣を雌雄共同で作る。 巣の直径は30-45cmほどで、一度作った巣は数年間修理しながら使い続ける。 1腹2-3個(稀に4-5個)の卵を産み、抱卵期間は約27日である。 雌雄で抱卵、育雛する。 雛は、親の口の中に頭を突っ込んで半消化した餌をもらって成長する。 雛は、親がから出ていくと、翼にある爪と嘴、脚の指を使って枝から枝へ移動する。 普通の鳥の雛なら親が餌を持ってくるのを巣の中で待つが、ツメバケイの雛は巣の外に出て活発に動き回る。 樹上に巣を構える鳥の中で、生まれて間もない雛がこれほどまでに活発に出歩くという習性はツメバケイ独特のもので、他の鳥には見られない。 のナキガオなどが、雛やを狙って巣を襲いにくると、親は初めのうちは羽を広げて巣を守ろうとするものの、さらに敵が近づいてくると雛を残し巣から逃げ出す。 置き去りにされた雛は巣から出て、木の下の川に飛び込んで、水草の間に身を隠して危険を避ける。 また、成鳥では泳ぐことはなくなるが、雛の時期には泳ぎも潜水も巧みである。 生後間もない雛でも、巧みに泳ぐことが出来る。 危険が去ると、雛はや嘴、脚の指を使って、元の樹上に登っていく。 泳いだり歩いたり、生まれて間もないにもかかわらず、ツメバケイの雛は他の鳥の雛に比べ、旺盛なを持っている。 ウシの糞に似た極めて強い体臭を持ち、興奮するとさらに強くなる。 これは外敵に対する防御の役割があるらしい。 人間との関係 [ ] 肉は臭くて食用にはされないが、原住民によって卵が食用として採取されており、また開発による生息環境の破壊によって、生息数は減少している。 分類 [ ] ツメバケイは雛の形態からの生き残りであるという説もあったが、現在ではこの形質はでの活動にして派生したであるとされ、従来の「の古い形態」説は否定されている。 分類にはさまざまな説がある。 当初は、成鳥の形態的な特徴からツメバケイ科をに入れる分類がなされた。 その後、・・・などが近縁とする説が提案されてきた。 また、卵白タンパク質比較分析ではを近縁とされるが、別の分析方法ではキジ目に近いという報告もある。 このように、ツメバケイの分類は目レベルから未だに確定していない。 そのため、として独立目として扱う場合も多い(この場合は1目1科1属1種となる)。 ここでは学説に中立的であるため、分類ボックスでは独立目ツメバケイ目としている。 近年の分析によると・・に近いという意外な研究結果が提出されている(Fain and Houde 2004)。 参考文献 [ ]• Fain, M. , and P. Houde. (2004). "Parallel radiations in the primary clades of birds. " Evolution 58: 2558-2573. 『動物たちの地球 21』、、、284-285頁。 マイケル・ウォルターズ著、山岸哲監修、『世界「鳥の卵」図鑑』、新樹社、、78頁 関連項目 [ ] ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の