お腹 鳴る 止める。 お腹が鳴る原因 食後になぜ?止める方法は?防ぐ薬はある?

【お腹が鳴るのを止める食べ物】朝食におすすめ!!裏ワザ朝ごはんを紹介!

お腹 鳴る 止める

お腹が鳴ってしまうと 背筋を丸めがちですが、これは胃の働きを活発にさせてしまうので逆効果です。 お腹が鳴りそう!とういうときは、 しっかり背筋を伸ばし、姿勢を正すようにしてみてください。 背筋を伸ばし、空気をたくさん肺に送り込むことで、お腹の内圧が高まり、胃の活動を抑えることができるため、お腹の音が鳴りやんでくれますよ。 実際に私も試してみて、お腹が鳴りそうだな~という時も、胸を張って背筋を伸ばしてみると、普段よりもお腹が鳴る回数が少なかったように思います。 背中が丸まっている時にお腹が鳴ると、よく響く大きい音がしていたのですが、背筋を伸ばしていると、たとえお腹が鳴っても、「周りも気づかないんじゃないかな?」というような小さい音ですんでいたので、お腹が鳴って困っている方はぜひ試してみてくださいね。 食べ物を少し口に入れる お腹が鳴りそうなときに、 手の親指と人差し指の骨が交わる所より少し上のへこんでいる部分にある『合谷』というツボを刺激すると、お腹が鳴ってしまっても音が小さく抑えられたり、お腹が鳴るのを抑えてくれる、嬉しい効果があります。 合谷は万能なツボと呼ばれていて、お腹が鳴りそうなとき以外にも、風邪の症状がある時や、目が痛い時、肩こりやストレスにも効果があるようです。 お腹が鳴る時以外にも使えるので、覚えておきたいツボの1つですね。 合谷の場所やツボの押し方についてはこちらの動画でわかりやすく紹介されていますので参考になさってくださいね。 お腹がならないための予防法は? お腹が鳴る前に何か対策できることはないのかな?と思い、調べてみました。 ご飯をよく噛んで食べる SPONSORED LINK 何回も「グゥ~」となってしまうのはなぜ? お腹が鳴ってしまう原因、それは 次の食事に備え、胃や腸が食べ物を送り出す際に、強く収縮することが原因のようです。 この結果、静かなオフィスで鳴り響くようなお腹の音に繋がるのですね。 また、お腹の音を気にすると、 自律神経の働きから胃酸の分泌や、胃の動きが活発になるそうです。 「静かなオフィスでお腹が何度も鳴る」というのは、気にすることで自律神経の働が活発になり、余計に胃や腸の収縮が活発になるせいでもあったのですね。 いつもとお腹の音が違うときは? 「空腹時のお腹の音じゃない音がする…。 」と悩んでいる方、それは 過敏性腸症候群という病気かもしれません。 働き盛りの女性の間で現在増えている病気で、下痢や便秘、またはその両方を伴い、お腹がゴロゴロ鳴るという特徴があります。 いつもと違うお腹の音と共に、下痢や便秘などの症状がある場合はぜひ病院へ行って先生に相談してみてくださいね。 まとめ 今回お腹の音の対策について調べてから、お腹が鳴りそうな時は「背筋を伸ばす」ことでお腹の音を対策するようになりました。 手軽に、周りにいる人に気づかれることなくお腹の音の対策ができるのでおすすめですよ! お腹がぐぅーっと鳴ってしまうのは、胃が次の食事のウォーミングアップをしていることが原因だそうです。 つまり、通常のお腹の音は健康な証拠なんですね。 ただし、普段と違うお腹の音は病気の可能性もあります。 「身体の調子がおかしいな」と感じたら、必ず病院に行って相談してみてくださいね。 今回紹介した対策や予防策は簡単に実践できるものばかりですので、腹が鳴るのが恥ずかしい方はぜひ試してみてください。

次の

空腹時にお腹が鳴る原因と対処法!シーンとした場面もコワクない!

お腹 鳴る 止める

この記事の目次• お腹がなる原因とは?それは胃腸の中にある「空気」と「ガス」 そもそもお腹が空いた時に、なぜ「ぐぅー」「ぎゅるぎゅる」という音が出るのでしょうか? その理由の1つは空気です。 空腹になって体内の血糖値が下がると、胃の動きは活発になります。 いつでも食べ物が入ってきても良いように、胃に残っている物を十二指腸まで運ぶ運動を始めるのです。 筋肉でできた胃が伸縮運動を活発にすることで、胃の中に入っていた空気が圧縮されます。 その空気が狭い胃袋の出口から腸へと移動する際に出るのがあの音です。 空気は食べ物や飲み物と一緒に飲み込んだり、会話やあくびの際に飲み込む事で胃腸へと取り込まれます。 もう1つの原因はガス。 消化時やトイレを我慢する事で発生するガスが腸の壁を動かす事で、お腹の音がなります。 また、胃の中から空気やガスをなくす事ができるので、会議やテストの事前にしておくと安心です。 こぶしを作って、息を吐きながら軽くトントンしましょう。 ツボを押す。 体の動きも少なく目立たず対策が可能 実はお腹の音を止めるツボも存在します。 手にあるツボなので、こまめに押しても目立ちません。 ぜひ試してみて。 合谷 親指と人差し指の間の水かき部分にあるツボで、大腸の調子を整える働きがあります。 ここを強く押す事で、一時的に空腹が抑えられてお腹の音を防ぐ事が期待できます。 糖分を摂る。 血糖度を上げて胃腸の運動を抑える 空気やガスの移動を促してしまう胃腸の運動は、血糖値が下がると活発になると説明しました。 したがって血糖値を上げるために糖分を摂れば、胃腸の運動が治まります。 一気に血糖値を上げるためには、• チョコ がおすすめ。 さりげなく口に含む事ができる点も良いですね。 お腹の音を抑えたい時 朝食やランチには低GI値な食品を選んで 今すぐお腹が鳴りそう!そんな時には一気に血糖値を上げるために、飴やチョコがおすすめと説明しましたが、ここでは前もってお腹の音が鳴るのを防ぐために朝食やランチに選んでおくと良い食べ物を紹介します。 ポイントはずばり低GI値な食品。 低GI値な食品とは、飴やチョコなどの一気に血糖値を上げる食品とは反対に、体内でゆっくりと糖に変わる食品の事。 以下にGI値の低い食品と高めの食品を合わせて紹介しますので、ぜひ食事選びの際の参考にしてみてください。 低GI値なもの(主食)• おかゆ• 全粒粉のパン• 中華麺• パスタ• 春雨 GI値が高めのもの(主食)• 食パン• うどん• そうめん• コーンフレーク たんぱく質は全体的にGI値は低め。 とりわけ低めなのが牛乳、チーズ、ヨーグルトといった乳製品。 大豆も低い。 野菜・果物は大抵GI値は低め。 次に挙げるGI値が高めの食材以外は好きなものを選んでOKですが、特にさつまいも、レンコンといった根菜類は食物繊維も豊富でお腹に留まる時間も長いため、腹持ちが良くおすすめです GI値が高めの果物・野菜• じゃがいも• とうもろこし• かぼちゃ• パイナップル 間食でも低GI値のものを選ぶのが長時間の対策のコツ ついカロリーの高いクッキーやドーナツ、ケーキといったお菓子類や、カロリーメイトなどの小腹対策商品を選びがちかもしれませんが、 実はこれらはカロリーがある割には腹持ちがあまり良くないのです。 短い会議やテストの前には構いませんが、長時間に渡ってお腹の音対策をしっかりとしたいという時にはこれらよりも低GI値のものを選んで事前に食べるようにしましょう。 ヨーグルト等がおすすめですよ。 お腹がなりやすい人は必見。 生活習慣を見直そう! 自分はお腹の音が鳴りやすい。 そう思う事はありませんか?ただの気にしすぎな場合もありますが、実際にお腹がなりやすい体質の人も存在します。 お腹が鳴りやすい人は主に以下の特徴が見られます。 腹に空気やガスが溜まりやすい• 腸内環境が良くない• ストレスなどによって自立神経が乱れている これらは普段の生活習慣が影響して起こる場合が多いので、生活習慣を見直す事によって改善する事ができます。 早食いに気をつけて!空気をたくさん飲み込む原因に 早食いをすると、食べ物を一緒に空気をたくさん飲み込む原因になります。 食事の際にはゆっくり噛むように心がけましょう。 口を開きっぱなしにしない 空気をたくさん飲み込む原因に 普段口を開きっぱなしにしていると、口呼吸になる分空気もたくさん飲み込む事になります。 もうお分かりかもしれませんが、これは実は逆効果。 お腹の中でたくさんの空気が発生してしまいます。 辛い物やカフェインは控える!刺激物は胃の活動バランスを乱す 人によっては、辛い物やカフェインを多く摂取すると胃が荒れてしまいます。 そうなると、胃の活動バランスが乱れてお腹に空気やガスが溜まりやすくなってしまいます。 胃が弱い人以外はそこまで気にする必要はないですが、 とりわけ辛い物が好きで良く食べたり、コーヒーを良く飲む人も気をつけた方が良いかもしれません。 規則正しく3食食べる!不規則な食事は胃の活動バランスを乱す 規則正しく3食食べる事も大切です。 食事の時間が不規則になると、胃酸の分泌バランスがおかしくなり、胃の活動バランスが乱れてしまいます。 睡眠不足やストレスを解消する!自立神経の乱れでお腹が鳴りやすく 自立神経が乱れると、交感作用の働きによってお腹が鳴りやすくなります。 自律神経の乱れに繋がる睡眠不足やストレスはなるべく溜めないように心がける事が大切です。 関連記事 8. 適度な運動を心掛ける!運動不足は胃に空気が溜まりやすくなる 適度な運動をしていると、胃の活動バランスが保たれて空気やガスが溜まりにくい体質になります。 逆に運動不足だと空気やガスが溜まりやすい体質になってしまいます。 便秘にならないように心がける!腸内にガスが発生する原因に 便秘になってしまうと、腸内に残ったカスからガスが発生し、胃に逆流して入ってくる原因になってしまいます。 適度な運動や規則正しい食生活を心掛けて、腸内環境を健康に保つようにしましょう。 以上すべての事を実践するのは難しいと思います。 しかし、明確に思い当たるような事があればぜひ改善するように心がけてみて。 便秘が治ったらお腹が鳴らなくなった!というように、明らかな原因となっている場合も少なくありません。 音が鳴りすぎる!そんな場合は腸内環境を整える薬を飲む手も お腹の音を止める直接的な薬はありませんが、前述したように生活習慣の乱れによってお腹にガスが溜まりやすくなっている場合は、• ビオフェルミン• ガスピタン といった、腸内環境を整える薬を服用する事で改善する場合もあります。 ファッションも原因に?お腹がなりやすい服装とは お腹が鳴るのを防ぐために空腹対策はしても、服装に関して気をつける人は少ないのではないでしょうか。 ファッションで音を防ぐというのは難しいですが、音が鳴りやすくなってしまう服装を知り、それを避ける事によって対策が可能になります。 気をつけたいのはウエストやお腹周りを圧迫するもの。 着痩せ効果を狙って、ベルトやリボンできつめにウエストマークをする人も多いかもしれませんが、これだと胃腸の働きを制限してしまい、お腹が鳴りやすくなってしまいます。 また、ストッキングやタイツもストレッチ性が強いために案外お腹周りを締め付けている場合があります。 お腹が鳴るのが不安な日には避けた方が良いかもしれません。 実は最も効果が高い?「気にしない」という対策法 お腹の音に関して、このような経験はないでしょうか? 会議やテスト中、集中している時にはまったく気にならなかったのに、ふと集中が切れた瞬間にお腹の音が鳴りそうで冷や汗をかく。 お腹の音は交感神経が大きく影響している!緊張や焦りは禁物 つまり、気にすればするほどなりそうな気がしてくるのです。 集中していたりリラックスしている際には副交感神経が働いていますが、「鳴りそう!」と焦ったり緊張すると交感神経が働き始めます。 お腹が空いてるんだな、と単純に思う 約50%• 恥ずかしいだろうなーと優しい気持ちになる 約25%• 可愛い 23%• カッコ悪い 約1% 不快感やネガティブな感情を持つ場合はほとんどなく、それどころか可愛いと思う男性が全体の4分の1もいるのです。 音が鳴ってしまったらちょっとラッキー。 むしろそれくらいの心持ちでいる事が、お腹の音対策にとても効果的かもしれません。 お腹の音対策をしっかりする事でより女性らしく、健康な身体をめざそう! 少々のお腹の音は本来胃腸が正常に働いている証。 気にしないのが一番といっても、女性ならやはりそれでも気になってしまう人が多いですよね。 それならばやはり対策はしっかりしましょう。 といっても、お腹の音をならさないように頑張るというよりも、生活習慣を見直して腸内環境を整える事を目標にしてみて下さい。 早食いや口呼吸を治す事でより女性らしさが増したり、規則正しい生活リズムを身に付ける事で腸内環境だけでなく身体も健康になります。

次の

空腹時にお腹が鳴る原因と対処法!シーンとした場面もコワクない!

お腹 鳴る 止める

この記事の目次• お腹が鳴る原因 どういった状況のときにお腹がなるのかを知りましょう。 原因を知っておくことで、お腹が鳴るのを回避することができます。 空腹時はお腹が鳴ります。 これは胃腸の中が空っぽの状態になっている時、に胃腸が収縮運動を行うことで発生します。 「空腹期収縮運動」や「食後気収縮運動」と呼ばれており、胃腸に残った残ってしまった少量の食べカスを排出するための運動です。 胃腸の運動は意識的に行えるものではないので、いくら意識してもこの収縮運動は引き起こります。 食後6時間〜8時間の間にこの働きが活性化し、お腹から音が発生するケースが多くあります。 胃や腸の中が空っぽの状態だと空間が出来てしまうので音も鳴りやすくなります。 丁度消化運動が終了し胃の働きもまだ活発なタイミングに起こりやすい傾向がります。 またダイエットなどをおこなている場合は空腹の時間が長くなってしまいますのでその場合もお腹が鳴りやすくなります。 満腹の状態 意外に思う方もいるかと思いますが、満腹の状態でもお腹から音が発生する場合があります。 食べ物は、口から入ってきて胃で消化された後に、腸を経過して肛門から便として排出されます。 この過程において、腸に入る時にガスが発生します。 このガスが腸を動かすことで音が発生するのです。 つまり満腹時のお腹からする音は、腸が動く音だといえます。 またこの時に発生するガスはおならとして排外に排出されます。 におならについて詳しく書いてあるので、気になった人は読んでみてください。 早食いである あまり量を食べていなくても、早食いの人はお腹が鳴りやすい状態になってしまうので注意しましょう。 早食いをすると、食物と一緒に多くの空気を飲み込んでしまう傾向にあります。 空気がお腹に溜まると、上記のように腸を動かしてしまって、お腹から音が発生してしまうという現象が現れてきます。 ということは炭酸飲料などは、ガスを飲んでいるようなものなのでお腹から音が発生する可能性が高くなります。 お腹が鳴るのを避けたい場面であれば、炭酸飲料を飲むのは避けたほうが懸命だといえます。 食べたもの 満腹でもないし、空腹感がある訳でもないし、早食いでもないのに音がするという場合は食べたものが原因で音がしてしまうことがあります。 例えば熱すぎる食べ物や冷たすぎる食べ物、辛すぎる食べ物を食べた時にお腹から音がする原因になります。 これは胃腸に対しての刺激が強く負担になっているために、胃腸の働きが活発になってしまい音が発生するのです。 ストレス 直接的な原因とはいえませんが、ストレスが溜まっているとお腹がなりやすい状態になってしまいます。 ストレスが溜まることで自律神経が乱れてしまいます。 腸は自律神経の影響を受けやすく、バランスが崩れてしまうと腸が正常に働かなくなります。 そうなると食物を消化する際に、ガスを上手く排出できなくなりお腹から音がする原因になってしまうのです。 また緊張した時というのは、無意識に奥歯を噛み締めてしまう場合があります。 奥歯を噛みしめると胃腸に空気を飲み込みやすくなってしまい、お腹が鳴る原因となる事があります。 緊張やストレスが特に関係している胃腸の働きの問題には過敏性腸症候群の問題もあります。 これは現代病とも呼ばれていて原因が多岐にわたり判明しにくい事もあります。 特定の状況や緊張、ストレスなどが引き金になり腸の運動が活発になり音を出したりお腹が痛くなるなどの症状が引き起こります。 頻繁にこれらの症状が出てしまう場合は慢性化してしまい病気に繋がってしまう危険があるので注意しましょう。 ファッション 服装によっては、お腹が鳴りやすくなる場合があります。 想像するとお分かりになると思いますが、ベルトをきつく締めたりゴムウエストがきつい服装はお腹の辺りを圧迫してしまい、胃腸の働きを制限してしまう場合があります。 特に女性の場合は、ストッキングやウエストの絞られたワンピースなどを好んで着ている人は気をつけた方が良いでしょう。 休んでいる時 お腹の音は休んでいるときやじっとしている静かな時に良くなるイメージはありませんか?周囲が静かだから音を認識しやすいこともありますが、休んでいる時に胃腸の働きは活発になる事が関係しています。 これは、副交感神経が優位に働いているからです。 交感神経を活発に働かせている時は胃腸などの内臓の働きは弱くなります。 緊張状態になり、身体を動かすことに集中するからです。 基本的に消化や胃腸のぜん動運動などの働きは休んでいるタイミングに活発になります。 食べてすぐ横になると牛になると言いますが、寧ろ食べた後にしっかり休息することで消化は良くなり、早く食べ物が消化されるので胃の中に長期的に食物が残らずに便秘になりにくかったり、太りにくくなります。 なので休んでいるタイミングは胃腸の働きが活発になり音が鳴りやすくなります。 休んで副交感神経が働くタイミングは目を閉じたりすることで光の摂取量が少なくなることや、横になること、筋肉を休ませること、意識を落ち着かせること、呼吸を深くすることなどを行うことでスイッチが切り替わります。 このタイミングで食後気収縮運動が起きやすくなります。 病気の可能性 上記の原因がどれも当てはまらない上に、いつまでも鳴り続けるという場合は胃腸が炎症を起こしたり病気になっている可能性があります。 下記でおなかがなる症状のある病気を紹介しているので、心当たりのある方は一度読んでみましょう。 お腹の音の止める方法 では実際に音が出てはいけない場面になった場合、どのような対処法を取れば音を止めることが出来るのかその方法を紹介します。 自分に合う方法を探してみてピンチの時に使えるようにしておきましょう。 変なタイミングでお腹がなって周囲から注目を集めてしあわないようにしましょう。 背筋を伸ばす 人間の体は誰しも少しは丸まっているものです。 その状態ではお腹がなりやすくなってしまうので、背筋を伸ばすことでおなかが鳴るのを止めることができます。 丸まっていると、腹腔の面積が広くなってしまいます。 背筋を伸ばすことで腹腔を狭くし、その空気圧で胃腸が動くのを止めることが一時的にできるのです。 お腹が鳴る時は自分でわかると思うので、鳴りそうと感じたときに背筋を伸ばしてみましょう。 音を止めることができます。 お腹を膨らませる 腹式呼吸のようなやり方の対処法です。 お腹を膨らませるように空気を取り入れればお腹が鳴るのを事前に止めることができます。 これは胃に空気を取り込むことで、その空気圧により胃腸の働きを一時的に止めることができます。 お腹の音を気にする時は試してみましょう。 背中を叩く あまり大きな動きが取れない時はこの方法が良いと思われます。 胃の後ろくらいの位置の背中を叩くことで、胃に溜まった空気を腸に送る手助けをすることができます。 息を吸ってお腹を膨らました後に、背中を叩きながらゆっくり息を吐きましょう。 1日3食しっかり食べる 毎日、食事の回数が違うかったり、食べる時間がマチマチだとお腹が鳴りやすくなってしまうので、決まった時間に食べることを心がけましょう。 近年は朝ごはんを食べないという人も多くいます。 朝ごはんを食べないということは睡眠時間を考えると、ご飯を食べていない時間がとても長くなります。 朝ごはんを食べることで仕事や学校の最中にお腹が鳴る可能性をぐっと下げられるでしょう。 また朝ごはんは、パンよりもご飯の方が消化に時間がかかり腹持ちが良いので、お腹の音に悩んでいる方はご飯を食べるようにしましょう。 上記の原因にもありましたが、早食いはお腹の音の原因になってしまうので、ゆっくりよく噛んで食べることを意識してください。 あまり水分を取らない 食事の時にお茶や水をたくさん飲んでいる人は、少し減らすようにしましょう。 水分を摂りすぎることで、胃酸が薄くなって消化管の消化機能が弱くなってしまい、食べカスが残りやすくなってしまします。 食べカスが残るとガスが発生しやすくなりお腹の音が発生する原因になります。 少しづつ喉の乾きを取ることだけを意識して水を飲みましょう。 消化が終わってから水分を摂るようにすると、食べカスが残りにくくなります。 ゲップをする これは仕方なくといった方法ではありますが、ゲップをすることでお腹がなるのを減らすことができます。 上記のようにガスが原因でお腹が鳴っているので、ゲップをすることでお腹のガスを先に出しておくのです。 もちろんゲップも自分で故意にできない人もいると思うので、難しい方法かもしれませんが、故意にゲップを出せる人は仕事前などにトイレでゲップをしてガス抜きを行うと良いでしょう。 病気の可能性 普通に生活をしているのに、あまりにも頻繁にお腹が鳴ってしまったり、少し食べただけでも毎回音が発生する場合は病気という可能性もあるので、症状に心当たりのある方は病院へ行くようにしましょう。 過敏性腸症候群 特に胃腸に変化がないのにもかかわらずお腹あたりに不快感を感じて、下痢や便秘などが起きる病気です。 症状の現れ方がマチマチなのが特徴で、「下痢が頻繁に起きてしまう症状」・「便秘になってしまう症状」・「二つが交互に繰り返される症状」の3つに分類することができます。 主に食事の後に発生することが多いのですが、前兆を感じることがなく急に症状が発生してしまうために、いつ起こるか分からないという不安が原因で症状を引き起こす場合があります。 完治することが難しく、命の危険はありませんが、過敏性腸症候群とは長い付き合いになってしまいます。 まずは自分が過敏性腸症候群だということを認知することが大切なのです。 特に働き盛りの20〜30代の男女に多く発症することから社会的なストレスが大きな原因となっているのではないかと言われています。 過敏性腸症候群は腸の知覚過敏です。 何らかの刺激やストレスを受けるとそれに反応して腸の動きが活発になります。 どの様な状況で症状が出やすいのか、自分で分析してみて、医者に報告し治療を行っていきましょう。 過敏性腸症候群に関する詳しい記述はこちらで紹介しています。 ・ 胃炎 胃で起こる炎症を総称して胃炎と呼びます。 症状としては、腹部の痛み・吐き気・気持ち悪さなどがあり、お腹からゴロゴロ音がする場合が多くあります。 お酒の飲み過ぎなどにより胃が刺激を受けすぎた時に炎症を起こすことが原因になります。 症状によっては、治療方法も変わってきますので、あまりにも激しい痛みや気持ち悪さを感じる場合は病院へいきましょう。 胃炎に関する記事はこちらになります。 詳しくはこちらを参考にしてください。 ・ ・ ・ ・ 逆流性食道炎 胃酸や十二指腸液が逆流してしまって、食堂で炎症が起きてしまった状態です。 症状として、胸焼け・吐き気・喉のイガイガ・気持ち悪さなどがあり、お腹から音がするといった症状もあります。 この場合お腹からする音が大きくなるのが特徴です。 原因としては、過度なストレス・暴飲暴食・喫煙などがあります。 症状が軽ければ自己治癒でも治せますが、あまりにも痛みや吐き気を感じる時は診察してもらいましょう。 逆流性食道炎の記事はこちらになります。 詳しくはこちらの記事を参考にしてください。 ・ 呑気症 空気を無意識に多く吸い込んでしまうことで、お腹に空気が溜まってしまうという病気です。 空気嚥下症と言われる場合もあります。 症状としては、 ・お腹の張り ・ゲップやおならの多発 ・胸焼け ・痛み といった症状が現れることがあります。 さらに空気が多く溜まっているので、お腹が鳴ることが多くなってしまいます。 ストレスや早食いが原因となって発症することがあり、それらの原因を取り除くことで症状を改善することが出来ます。 呑気症が疑われる場合はこちらの記事も合わせて参考にしてみてください。 ・ ・ ・ まとめ お腹が鳴る原因• 空腹感で胃腸が収縮している• 満腹によりガスが発生している• 早食いで空気を取り込んでいる• 胃に負担をかけるものを食べている• ストレスにより自律神経が乱れている• 腹部を締め付ける服装をしている• 病気の可能性 お腹の音の止め方• 背筋を伸ばす• お腹を膨らませる• 背中を叩く• 1日3食バランス良く食べる• 食事中の水分を少なくする• ゲップをしてガス抜きをする お腹の音がでる症状の病気• 過敏性腸症候群• 逆流性食道炎 以上が今回の記事のまとめになります。 お腹が鳴るのは個人差があります。 基本的には鳴る人の方が多いと思われますが、仕事中や恋人とのデートの時は避けたいものですよね。 原因になるような行動を避けて、お腹がなるのをなるべく少なくしましょう! 関連記事として、 ・ ・ ・ ・ これらの記事も合わせてお読みください!.

次の