説明 不足 で すみません 英語。 説明不足でごめんなさい。は英語でどう言うの?

大変申し訳ございませんを英語で言うと? 勘違いを謝る

説明 不足 で すみません 英語

「説明不足でごめんなさい」は英語で下記のように言えます。 I am sorry for my lack of explanation. 「説明不足でごめんなさい。 」 ・lack of explanation は、「説明不足」という意味です。 ・I'm sorry for my lack of explanation. Please let me explain it again. 「説明不足でごめんなさい。 もう一回説明させてください」 I am sorry my explanation was not clear enough. 「私の説明が十分に明確でなくすみません。 」 ・説明が明確でなかったことに対して、謝っている表現です。 I apologize for my lack of explanation. 「説明不足でごめんなさい。 」 ・sorry よりapologizeを使う方がよりフォーマルな表現になり ビジネスメールで使われます。 My apologies. I should have explained to you more clearly. 「申し訳ありません。 もっと明確に説明すべきでした。 」 ・My apologies. は「申し訳ありません」「お詫び申し上げます」という意味で、 後ろに名詞をつける場合は、My apologies for the late reply. 「返信が遅くなり申し訳ありません」のように使います。 It seems that my explanation was unclear. Let me clarify it. 「私の説明が不明確だったようです。 はっきりと説明させてください」 ・it seems that--- は、「---のようです」という意味です。 ・clarify は、「明らかにする、はっきりと説明する」という意味です。 ご参考になれば幸いです。

次の

大変申し訳ございませんを英語で言うと? 勘違いを謝る

説明 不足 で すみません 英語

たとえば 「買い物に行くために外出する」 「画面がよく見えるように立ち上がる」 は、英語でどのように表現すればよいのでしょうか? 今回は「するために」という英語表現について、簡単にお伝えします。 to ~ : ~するために to の後には動詞の原形が入ります。 I went out to go shopping. ショッピングに行くために外出しました It takes time to understand this issue. 赤ちゃんを起こさないように話そう The girl had made up her face to look older. 彼女は大人びて見えるように化粧をしていた for ~ing : ~するために to ~ との違いは、 for はその方向に向かっているのに対し、 to は特定地点に到達していることです。 for は抽象的で to は具体的です。 I am sorry for not replying sooner. すぐに返信できなくてごめんなさい I am sorry for not explaining sufficiently. 説明不足ですみません She stood up for seeing the screen better. 彼女は画面をもっとよく見るために立ち上がった We need to improve our products for meeting new demands. 我々は新しい要求にこたえるために製品を改良する必要があります the purpose of … : … の目的 What is the main purpose of this meeting? この打ち合わせの主題は何ですか? I will briefly describe the purpose of each file. 各ファイルの目的を簡単に説明します The purpose of this research is to meet their needs. この調査の目的は彼らのニーズを満たすことにあります The purpose of constructing this stone monument is unclear. この石碑の設立の目的はわかっていない so as to ~ : ~するために I need money so as to live. 生活するためにお金が必要です We run so as to catch the train. 私たちは電車に間に合うように走った I got up early so as not to be late. 遅れないように早く起きた It is important you keep practicing so as to compete to the best of your ability. 能力を最高にするためにも練習し続けることが重要です in order to ~ : ~するために so as to ~ と同じ使い方をします。 I got it cheap in order to sell it. それを売るために安く仕入れた It is formed in order to be eaten in one bite. 一口サイズに形作られています。 They worked hard in order not to fail their value. 彼らは評価が下がらないように働いた I run away quickly in order to avoid becoming embarrassed. 私は恥ずかしい思いをしないようにすぐに逃げました so that … : … するために so that … 構文は 「… するために」以外にも使われます。 詳しくは別記事の で紹介しています。 もしよろしければそちらもあわせてご確認ください。 母に心配かけないように、私は頑張ります Please describe it to me so that I can get your point. 私がわかるように説明してください I will improve my skill so that I can write an Python program. Pythonプログラムをかけるようになるために、スキルを磨きます Throw away the rubbish in the trashcan so that we can have a better view. より良い景観のために、ゴミをゴミ箱に捨てよう また、例文の発音を確認したい方は以下のページを参考にしてください。 記事数は900以上あり、毎日更新しています。 当サイトは、以下の3項目を目指すためのものです。 ・海外に住むことができる ・海外の企業に就職できる ・仕事で使える英語を身につけることができる 私は帰国子女でもエリートでもありません。 どちらかというと怠け者です。 才能がなくても怠け癖があっても、簡単にサッと読むことのできるように工夫しています。 サイト内の情報はすべて無料で利用できます。 このサイトを英会話で必要な音読練習に使っていただけたらうれしいです。 2年間海外でPCの先生をし、最高の日々を過ごす。 日本に帰国後、海外IT企業に就職。 現地で英語・英会話サイト運営を開始。 現在はライターとして、主にIT、海外旅行、英語サイトで記事を執筆しています。

次の

「説明不足」に関連した英語例文の一覧と使い方

説明 不足 で すみません 英語

「言葉足らず」の類語には「説明が至らず」という言葉があります。 この言葉は「言葉足らず」と同じような意味合いで使われますが、説明が上手ではないというニュアンスが非常に強い言葉であると言えます。 「説明が至らずすみません」「言葉足らずで申し訳ありません」という使い方をします。 説明が上手ではないというニュアンスを強調したい場合には「言葉足らず」という言葉ではなく「説明が至らず申し訳ありません」というような言い回しで謝罪をすると丁寧さが伝わるだけではなく、次の説明は伝わりやすい表現に変えてくれるという期待感を相手の持たせることができるでしょう。 「言葉足らず」と「説明が至らず」の両方を使いこなせることでビジネス感をより強く出すことができますので、何か説明が足りなかったり、説明が相手に伝わっていないと感じた時には進んで使うようにしましょう。 ミスを挽回するきっかけになるシチュエーションと雰囲気を作り上げることができるでしょう。 この言葉は簡単に説明すると「忘れていた」ということを非常に丁寧に表します。 ビジネスにおいて「すみません、忘れてました」というよりも「申し訳ありません、失念しておりました」という表現が使えると相手方の印象が大きく変わってくることでしょう。 「失念」という言葉は何かを忘れていた、何かやることに抜けがあった際に使われる言葉であり、「言葉足らず」という表現は言葉に抜けがある場合や説明が不十分な場合に使われますので、2つの言葉は何かビジネスにおいて物事に対して不十分である場合に使われる類語表現として並べて比較することができるでしょう。 この本はタイトルの通り、説明をできる限り短くまとめて、要点を相手に分かりやすく伝える技術が非常にロジカルに説明されています。 そのため、どうすれば自分の想いが相手に対して端的に伝わるのかが手短に分かる一冊と言えるでしょう。 もしも説明においてプレゼンテーションのようなものではなく、営業のように出来る限り相手に分かりやすく想像させてやる気を掻き立てるような話し方を望むのであれば、他の本ではなくこの本を是非選んでほしいです。 タイトルの「1分で話せ」が実践できていることに驚くことでしょう。 人前で何かを説明する時には緊張をして中々自分が思っているように説明ができないシチュエーションも少なくありません。 そのため、何かを話す際には説明の方法だけではなく緊張を抑えることも意識しなければなりません。 その点この本は非常に実践的な、説明力を向上させることができるポイントを押さえることが可能な一冊だと言えるでしょう。 あまりスピーチやプレゼン、説明の経験がない場合はまずこの本から入ると無理なく説明力を上げることができるでしょう。 若いビジネスパーソンが初めて手に取る実用書としてもおすすめの一冊です! ビジネスにおいて「言葉足らず」という言葉を使いこなそう ビジネスにおいて言葉足らずという言葉が使いこなせるようになると、ビジネスパーソンとして適切な言葉遣いができると認められる可能性が上がります。 「言い方が下手くそですいません」と言う人と「言葉足らずで大変申し訳ありません」と言える人では他の話をしても説得力が大きく変わってくることでしょう。 ビジネスではビジネス感のある表現の仕方が大切になってきます。 たとえ堅苦しいのが嫌いであっても、堅苦し過ぎて失礼になることはありません。 「堅苦しくしないでちょっとは肩の力抜きなよ」と言われるくらいがちょうどいいのです。 ここで紹介したことを実践して、ビジネスの場での印象を上げてもらえたらうれしいです!•

次の