積水 ハウス 外壁 塗装。 積水ハウス 外壁塗装/屋根塗装(お役立ちコラム)

積水ハウスで建てた家を安く外壁塗装する方法は? │ 外壁塗装パートナーズ

積水 ハウス 外壁 塗装

外壁と軒天です。 外壁の表面。 目地が見えます。 目地はあからさまに劣化し、収縮しているところも。 水切りです。 外壁です。 I様邸の敷地は広いため余裕を持った 足場が組めそうです。 工事開始 外壁シール工事 屋根の名かぬです。 屋根の中塗りです。 屋根にはタスペーサーを取付けています。 施工後の屋根です。 施工後の笠木の目地の様子です。 軒下でない為雨天での作業が少し心配でしたが、問題なく硬化していました。 外壁と出窓の取り合いの部分も綺麗に充填されています。 外壁下塗り マイルドSDサーフエポ 下塗りの様子です。 外壁の下塗りの様子です。 1階も丁寧に仕上げていきます。 下塗り後の外壁 外壁塗装中塗り・上塗り (N-60) 外壁の中塗りの様子です。 凹んだ目地の部分に塗り残しが出ないいように、1本1本の目地を確認しながら塗っていききます。 外壁上塗り後の様子です。 下塗り 左 と中塗り 右 の様子。 外壁が白系なので遠目から見ると3回塗りが分かり辛いですが、近くで比較すると差がはっきりとわかります。 軒天塗装 日本ペイント ケンエース(調合色) バルコニー軒裏の塗装です。 こちらは2階・軒天の塗装です。 軒天を塗装する為の養生をしています。 後から軒天を行うので注意しながら作業しています。 軒天の色を比較する為試し塗り。 色の濃さを細かく調節しています。 I様ご希望の色で塗装開始。 軒裏のボードも凹凸があるので、目地に塗り残しが無いように作業を進めます。 軒裏塗装は通常外壁より先に塗ります。 今回I様邸の軒裏は既存色が濃い色だったため、どの程度の濃さの色で塗ったら良いのかイメージが掴み辛く、 外壁を塗ってから、その色合いに合わせて軒裏の色を決めることになりました。 通常は軒裏(天井)は太陽の陰になるので、出来るだけ白く塗る事が多いものです。 しかし、周囲が広い場合や建物の外観デザインの独自性を考慮して軒裏をあえて濃い色で塗っている建物も増えて来ました。 塗り替え時には外壁や軒裏の色を選ばなければなりませんが、 濃い色を選ぶのはなかなか勇気が要るものですが、 薄い色を選んでしまい後悔してしまう場合も多いのです。 I様邸ではご主人様に仕事を中断して立ち会って頂き、相談をしながら色を作りました。 やはり、 実際に塗って確認しながら色を決めていけば後悔は無いものです。 普段「白い軒裏」に慣れている私達には最初の薄い色の軒裏でも違和感は無いようにも見えましたが、色の好みや見え方には個人差があります。 今回のように「塗ってみなければイメージが分からない時」もありますが、 お施主様にご協力頂ければこのような工夫も可能です。 雨樋塗装 日本ペイント 2液ファインウレタンU100 (調合色) 雨樋塗装の様子。 細かい部分のダメ込みをハケで先に行っています。 ローラーで表面を塗っているところ。 雨樋塗装を行いました。 I様邸の雨樋は角樋で、ヨコ樋は屋根と一体化したユニットになっています。 デザイン性がある為細かい凹凸を先にハケで塗装していき、ローラーで仕上げていきました。 施工後チェック 施工後の外観です。 玄関前の土間も、足場屋さんがきちんと掃除して綺麗になっています。 施工後のバルコニー内です。 グレーが日の光に反射して 以前以上に明るい雰囲気が出ています。 施工後の外壁です。 施工後のサイディング目地です。 凹凸の激しいレンガ調の目地もしっかり塗られており、 同様にライトも塗装されています。 笠木も綺麗に塗装され、光沢が美しいです。 基礎も塗装され、水切りも綺麗に塗られています。

次の

積水ハウスの外壁塗装|国分寺市I様邸

積水 ハウス 外壁 塗装

積水ハウスの外壁ボードにアートフレッシュを塗装 積水ハウスで建てたI様邸のお家の外壁は、積水オリジナルのボード材です。 一般的なサイディングボードとは厚みが違いますが「パネルを壁に貼る」工法と言う意味では同じ種類になります。 今回塗装をしたアートフレッシュという塗料はジョリパッド等のモルタル外壁に使うことが多く、通常はサイディングの外壁には使いません。 しかし、今回のI様邸の外壁は ジョリパッド風の下地をパネルにしてあったため、アートフレッシュも選ぶことができました。 隣の葉っぱで雨樋があふれるのが悩みでした。 世田谷区のI様邸は 築19年にして初めての塗装でした。 お隣の庭の樹木が大きく、落ち葉で雨樋が詰まってしまうのがお悩みとのことで、雨樋の詰まりをしっかりと直してほしいとお願いがありました。 足場の設置後に高圧洗浄を行うと、横樋で集めた雨水を縦樋に流す集水器に金属製のネットが取付けられていることに気が付きました。 落ち葉が一番多く流れる場所に落ち葉よけネットを取付けてあったものの、笹の葉のような細い葉や小枝がネットをすり抜けてたまってしまったようです。 落ち葉避けネットでたまるスピードは遅くなっていると思いますが、万能ではないことが分かります。 雨樋のつまりも高圧洗浄ですっきりと流れるようになりました。 施工前(外壁・屋根のチェック).

次の

積水ハウス・セキスイハイムの外壁塗装をお考えの方へ ハウスメーカー塗装専門店がポイントをお伝えいたします

積水 ハウス 外壁 塗装

積水ハウスの5つの塗装事例 積水ハウスに塗装を依頼した際、どのような仕上がりになるのかを把握するために、実際の塗装事例を参考にしましょう。 シリコン塗料外壁塗装工事:79万円• ふっ素塗料外壁塗装工事:100万円• 多彩模様塗料外壁塗装工事:138万円• アステックペイント塗料外壁塗装工事:226万円• 水性ペリアートUV塗料外壁塗装工事:344万円 基本的には75~100万円程度で塗装できる場合が多いですが、工事内容や住宅の状態次第では費用が高額になることもあります。 塗装に伴いベランダの放水シートを張り替えたり、玄関ドアなど別の部分のリフォームも行うなら、300万円程度の高額な費用がかかることは理解しておきましょう。 シリコン塗料外壁塗装工事:79万円 シリコン塗料を使用した外壁塗装工事の例では、落ち着いた色合いにすることで大人な印象を実現しています。 玄関ドアは塗装ができないタイプですが、「硬質塩ビタックシート」を用いることで、新築時同然の仕上がりとなっています。 下塗りと上塗りを念入りに行うことで丁寧な仕上がりになり、高品質なリフォームができるでしょう。 ふっ素塗料外壁塗装工事:100万円 ふっ素塗料を使用した塗装工事では、外壁と屋根の塗装を行い100万円のコストで抑えられています。 ふっ素塗料は色あせが少ない最上級の塗料であり、高品質で長持ちする点が魅力です。 屋根は遮熱性の高い塗料が使用されており、機能性が向上している点も特徴でしょう。 耐久性が高く、室温も抑えやすいつくりになっているため、機能性を向上するリフォームが実現できます。 多彩模様塗料外壁塗装工事:138万円 多彩模様の塗料を使用した例例では、塗装に加えて既設のシーリングボードのジョインを撤去し、打ち替え工法でリフォームを実施しています。 費用は138万円であり、サッシ周りのリフォームも行っているため、広範囲な工事といえます。 シーリングの劣化部分の補修も行い、外観全体をきれいな仕上がりになるでしょう。 アステックペイント塗料外壁塗装工事:226万円 アステックペイントの塗料を使用した外壁工事では、外壁のシーリングの工事やベランダの防水、屋根の塗装などを行っています。 費用は226万円とやや高額ですが、塗装から防水工事まで幅広く実施しているため、仕上がりの品質は高いでしょう。 見た目をきれいにするだけではなく、屋根は遮熱性の高い塗装も実施しており、機能性も向上しています。 水性ペリアートUV塗料外壁塗装工事:344万円 外壁の塗装やシーリングなどの工事を実施したリフォームでは、344万円の費用で実施しています。 外壁の下塗りに「水性ペリアートUV」を使用しており、塗料の密勅力を高めている点がポイントです。 耐久性が高められているだけではなく、膜の厚みや柔軟性の高さから、ひび割れの補修も可能です。 さらにひび割れがしづらいような仕上がりになっているため、長持ちするリフォームが実施できます。 積水ハウスに塗装を依頼する4つのメリット 塗装を積水ハウスに依頼すると、次の4つのメリットがあります。 純正だから安全・安心・快適• さまざまな評価検証に基づいた技術• 保証やアフターサービス体制の充実• オリジナル塗料が魅力的 これらのメリットを把握して、積水ハウスに依頼する魅力を知っていきましょう。 純正だから安全・安心・快適 積水ハウスの家のリフォームをしてもらうなら、リフォームも同グループが行うため純正のリフォームが可能です。 塗装の技術はもちろん、建物についての情報も正確に把握しているため、安全で安心なリフォームが行えます。 積水ハウスの住宅に合わせたリフォームができるため、工事後も快適に過ごしやすく、住みやすい環境を手に入れらます。 積水ハウスの住宅だからこそのメリットであるため、他の施工業者に依頼した場合には得られない魅力的なポイントであるといえます。 さまざまな評価検証に基づいた技術 リフォームの技術や施工に使用する部材などは、様々な評価検証に基づいたものです。 そのため、質が高く、工事の安心感は高いです。 台風や地震などの自然災害に強いのはもちろん、雨や風などにも強い耐候性の高さも魅力です。 暴露試験や温熱試験などの検証を実施しているため快適性は高く、工事に安心感を求めたい人におすすめです。 塗装やリフォームなどの工事では仕上がりに問題が出ることもあるため、評価検証がなされているのは魅力的なポイントといえます。 工事後の問題が少なく、高品質なリフォームの確実性が高い点は大きなメリットです。 保証やアフターサービス体制の充実 工事の質がよいだけではなく、保証やアフターサービスの体制が充実していることも魅力です。 住宅ごとに合ったメンテナンスを実施してくれるため、その家の施工状況に合わせたフォローが受けられるのは大きな特徴です。 保証期間ならお得にメンテナンスをしてくれるため、施工後に万が一の不具合が生じてもすぐに改善できます。 また、積水ハウスの住宅なら、新築から10年以内なら瑕疵担保責任の効力が持続するため、工事以前の不具合にも対処してもらいやすいです。 ただし、瑕疵担保責任が追及できるのは、構造上の問題や雨漏りなどの問題に限られます。 責任を追及できる範囲が限定されているため、この点には注意しなければなりません。 保証やアフターサービスの充実を求めるなら積水ハウスの住宅は積水ハウスにリフォームを依頼することがおすすめであり、メリットを最大限に受けることができます。 オリジナル塗料が魅力的 積水ハウスでは市場に出回っていないオリジナルの塗料を選択できるため、他社にはないデザインに仕上げたい人におすすめです。 有名なのは多彩色塗装のフレアストーンや、多色骨材塗装のグランスタイルなどがあげられます。 どちらも石材のような塗装が美しく、オリジナルのデザインで仕上げられるのが魅力です。 塗装の耐久性も高く、長持ちする点も優れています。 したがって耐久性とデザイン性を両立させたい人におすすめです。 塗料の選択次第で仕上がりが大きく違ってくるため、相性のよい塗料を選択することは仕上がりの満足度を高めるためにも重要なポイントといえます。 デメリットは「費用が高額になりやすいこと」 多数のメリットがある積水ハウスによるリフォームですが、費用が高額になりやすい点はデメリットといえます。 積水ハウスの純正リフォームは、通常の2~3割程度費用が高くなると考えておきましょう。 費用が高くなってしまう理由のひとつとして、リフォーム作業を下請けの業者に依頼し、仲介手数料と積水ハウス自体の利益の両方が発生することが挙げられます。 費用が高額になる分、技術力は高く工事の安心感はあるため、品質を重視したい人におすすめできます。 積水ハウスに塗装を依頼するかはアフターサービスで判断しよう 塗装を積水ハウスに依頼するには、アフターサービスが受けられるかどうかで判断することが大切です。 アフターサービスが受けられる期間内にリフォームをするなら、充実したサポートが受けられるため、安心感はさらに高まります。 アフターサービスの期間内なら不具合があっても無料でメンテナンスができるため、金銭的なメリットは高いでしょう。 無料期間が終了している場合は、有償でのアフターサービスも追加できますが、これは実際に見積もりを取り、費用対効果を考えて決めることが大切です。 実際に見積もりを取って有償でアフターサービスを追加しても費用負担が増えない場合は、積水ハウスでリフォームを依頼するとよいです。 積水ハウス以外の塗装業者に依頼する際の5つの注意点 積水ハウスで建てた家でも、積水ハウス以外の塗装業者に依頼することは可能です。 別の塗装業者に依頼する場合は、次の5つの注意点を把握しておかなければなりません。 ガスケットに気をつける• 費用の詳細な内訳や見積もりを確認する• 保証内容を確認しておく• 塗料の色選びは慎重に• 複数の業者を比較して選ぶべき これらの注意点を把握しておかないと、リフォームに失敗したり、損をしたりする可能性もあるため、必ず意識しておきましょう。 ガスケットに気をつける サイディングの目地を使用している住宅では、ガスケットと呼ばれるゴムを使用している場合があります。 これは一般的な住宅でも使用されていますが、積水ハウスではガスケットを埋め込み、外からは見えないようにしていることがあります。 ガスケットの性質を理解している業者なら問題ありませんが、これを理解していない業者だとトラブルが発生することも少なくありません。 ガスケットを埋め込んでいる住宅の場合は業者の選定に注意が必要です。 利用する業者は慎重に選定し、実績があり技術力が確かな業者を選ばなければなりません。 費用の詳細な内訳をチェックする リフォームを依頼する際には見積を依頼して費用の総額を確認しますが、このうち詳細な内訳までチェックしておかなければなりません。 費用の内訳は工事内容によって変わるだけではなく、どの業者に依頼するかによっても大きく違います。 もともとの工事の設定金額が違う場合だけではなく、使用する部材や仕入れ値によっても金額は変わるため、業者ごとの違いはチェックしておかなければなりません。 業者によっては後から追加工事が必要となり、費用が増大することもあるため注意が必要です。 内訳は詳細まで確認し、追加工事の有無は事前に聞いておきましょう。 実際の金額は工事内容や業者によって違いますが、塗装なら75~150万円程度が目安です。 この金額から大きく外れないことを前提に、費用の内訳は詳細まで確認しておきましょう。 保証内容を確認しておく 塗装などのリフォームも、工事後に保証が適用される場合が多いようです。 そのため、積水ハウス以外の業者に依頼する場合も保証内容を確認することが大切であり、できるだけ保証の範囲が広い業者を選ぶことが大切です。 積水ハウスに依頼した場合のメリットは保証の充実さであるため、これと同等あるいはそれ以上の補償内容があるかは確認しておかなければなりません。 施工後に必ずしも不具合が生じるとは限りませんが、万が一のことを考えて保証が充実している業者を選ぶようにしましょう。 塗料の色選びは慎重に行う 塗装では使用する塗料の選び方に注意が必要であり、色選びは慎重に行わなければなりません。 別の業者が用意している塗料だと、積水ハウスの住宅のイメージに合わないこともあります。 色の選び方次第で仕上がりの印象は大きく変わるため、自宅の状態を確認してどのような塗料にするかを決めましょう。 色を決める際には求めるイメージや機能性、玄関ドアや屋根との色の相性も考慮する必要があります。 外壁の塗装だけで色を考えてしまうと、全体のバランスが崩れてしまうため、仕上がりに不満が残ってしまうことも少なくありません。 重厚感を出したいのか、スタイリッシュに仕上げたいのか、断熱性などの付加機能を求めるのかなど細かいポイントを考慮した上で使用する塗料の色を決めましょう。 複数の業者を比較して選ぶ 施工業者を選ぶ際には、複数の業者を比較して選ぶことが大切です。 同じ工事内容でも業者によって金額が変動することは多いため、最低3社程度を目安にして、見積もりの金額は比較するようにしましょう。 比較する際には金額だけではなく、工事内容もチェックすることが大切です。 金額が安くても工事内容次第では費用に見合わないこともあります。 そのため、工事内容も確認して、適切な工事が実施されるかも確認しなければなりません。 複数社で比較する際には、一括見積もりサービスの利用がおすすめです。 効率的に見積もりの内容を比較できるため、利用先の選定をしやすいです。 アフターサービス期間であれば積水ハウスに塗装を依頼しよう! 今回は、住宅メーカーの積水ハウスに塗装を依頼した場合の費用相場、事例や注意などを紹介しました。 積水ハウスの住宅で外壁などの塗装リフォームを行う場合は、基本的には積水ハウスに依頼することをおすすめします。 施工業者とリフォーム業者を合わせることで、よりスムーズかつ安心して工事を任せられます。 アフターサービスの期間内なら依頼するメリットは大きいため、保証期間を確認して、依頼先の業者を決めましょう。 ファインドプロは、地域に密着した業者を紹介しています。 被害状況のヒアリングをもとに、外壁塗装や工事などの作業にかかる費用をお電話口にて概算でお知らせ。 工事・施工前の無料見積もりも行っているため、安心して屋根修理業者を選ぶことが可能です。 また、様々な外壁・塗装方法に対応しており、サイディングやモルタル壁に適した補修を行います。 塗装を行うことで、劣化を防ぐだけでなく、防水や耐震の効果もあります。 さらに本サイトでは、外壁塗装の種類や方法などの知識から、悪徳業者に捕まらないポイント、保険適用の手段も紹介しています。 火災保険や補助金を使用して、お得に業者に依頼しましょう。 外壁塗装業者の選び方•

次の