コスメ キッチン 二子 玉川。 寅福 玉川高島屋S.C店(二子玉川・用賀/日本料理)

Cosme Kitchin 15th Anniversary|コスメキッチンジャーナル vol.22 Summer Edition|Cosme Kitchen Webstore

コスメ キッチン 二子 玉川

大地に息づくあらゆる生物が調和し、今なお美しいハーモニーを奏でている日本の聖なる土地。 そんな自然の恵みあふれる日本の5つの聖地のエネルギーを込めた、 コスメキッチン15周年スペシャルプロダクト 【Blessings of Gaia~空・風・火・水・地~】。 このスペシャルプロダクトの為に集結したのは、 世界的フラワーエッセンスプロデューサー タンマヤ氏、日本におけるフラワーエッセンス第一人者 玉井氏、 ヒロ杉山氏を中心とするクリエイティブユニット エンライトメント、奈良在住のアーティスト 三嶋氏。 錚々たるメンバーの手によって、 コスメキッチン15周年スペシャルプロダクト「日本の聖地のエッセンススプレー」が完成しました。 あらゆる生命の調和と、絶えず注がれている自然の恵みのもとに生かされているという事、 自然への感謝と共に、私たち一人ひとりが「選択」をしていくことが 美しい地球を育み、次世代へのバトンとなり 未来へつながっていきます。 日本の原風景ともいえる聖なるパワーあふれるに対応した5つのスポット 生命、宇宙、地球上の万物すべてのものは、五大元素により成り立っているといわれています。 五元素に対応した5つの聖地のエネルギーを込めたエッセンススプレーがまるでその地にたたずんでいるようなこころの静寂さと、自然の中で、大地につつまれているような安心感をもたらしてくれます。 自分自身の調和からはじまる、あらゆる生命と地球の美しいハーモニー 自然や地球とのつながりを感じることで、自分自身とつながり安心感に包まれた時、あなたはあなた本来の美しい調和のとれたハーモニーを奏でます。 あなたの調和は、水面にひろがる波紋のように、あらゆる生命・地球全体の調和へとつながっています。 Himalayan Flower Enhancers タンマヤ オーストラリア生まれ。 真実を探し求め、20年間世界中を旅して周る。 覚醒した神秘家オショーのスピリチュアル・コミュニティーに住み、瞑想文化、伝統的精神世界、心理療法を学ぶ。 以降も、何人かの神秘家、シャーマン、賢者と時間を共にする。 1990年人生最大の転機に直面、ヒマラヤの大自然の中で隠遁生活に入る。 リトリート中、花々が彼に話しかけ、彼らが持つ癒しのエネルギーを「この困難な時代を生きる世界中の人々に届けてほしい」とエッセンスの作り方を教える。 以降、フラワーエッセンスのリサーチやワーク、癒しの手法に自分を捧げ続けている。 ネイチャーワールド株式会社 代表取締役 玉井 宏 日本にフラワーエッセンスを広めた第一人者。 世界中のフラワーエッセンス約2,800種類を取扱う日本最大級の輸入発売元。 1997年にフラワーエッセンスと出会い、エッセンスで多くの人が変化していくのを見るにつれ、次第にその魅力に惹かれていく。 以来、エッセンスの普及活動に専念しアラスカやカナダ・オーストラリアのトレーニングに参加したり、エッセンスプロデューサーの来日ワークショップの開催に数多く携わる。 エンライトメント Enlightenment 1997年、ヒロ杉山が中心となり結成。 ヒロ杉山、タナカノブコ、峯山裕太郎、加藤崇亮、吉田真由、角田麻有からなるクリエイティブユニット。 ファインアートの世界で国内外の展覧会で作品を発表する一方、フリーペーパーやアートブックの出版、展覧会のキュレーションなども行い、グラフィックデザイン、広告など幅広いジャンルで独創的な作品を発表しつづけている。 さらにPV制作やVJなどの映像分野での評価も非常に高く、平面だけではなく立体作品から空間演出も手掛け、幅広い創作活動を展開している。 三嶋 章義 Akiyoshi Mishima 1978年大阪生まれ。 奈良在住。 グラフィックデザインを学び、平面、空間、映像のアートディレクション、ファッションブランドFUGAHUMの立ち上げ、フジロックフェスティバルなど様々な現場でのVJなど、ジャンルの垣根がない制作活動をおこなう。 2006年以降、現代美術家として国内外で作品を発表。 NANZUKA(東京)、Nagel Draxler(ベルリン、ケルン)所属。 多様化した現在で感じづらくなっているモノゴトに目を向け、感じ伝えられた感覚を考察し、人類に残すべき選択肢を増やすことを制作活動の目的とする。 仙酔島 ~軽やかに生まれ変わる・輝く未来の可能性~ 神々が休息に訪れるほどに美しいといわれる仙酔島。 早朝5:55になると、日本各地から龍神が集うとされる「閃きの門」のある彦根浜でつくられたエッセンス。 動きを司るの地であり、身も心も軽く、高揚感に包まれる。 島全体のエネルギーがとても軽やかで自由、無限の可能性を感じる。 夕暮れ時にはエメラルドグリーンとピンク色のエネルギーにあふれる美しい島。 地底深く地球のコアと繋がっている偉大なエネルギーは、自然への畏敬の念と感謝と共に暮らしてきた日本人の精神・自然信仰の象徴でもある。 太陽のエネルギー、血液・体温、生命力や情熱、変容する力そのもの。 知性やインスピレーションの源でもある。 古くから「水の神」が祀られる「聖なる場所」として、多くの人がいざなわれた最高に清らかなエメラルドグリーンに輝く水が流れる地。 その豊かな自然あふれる特別な場所にて、作られた聖なるエッセンス。 「所得」「健康と寿命」「社会支援」「自由」「信頼」「寛容さ」により、ランク付けされたもので、北欧諸国が上位を占めるのは毎年のこと。 社会保障がずば抜けていることも大きいが、注目してほしいのが「寛容さ」……幸せになる上で何より重要なものだと思うから。 実はこういう調査も各種あって、世界3大幸福度調査と言われるものは、それぞれ全く違うランキングを出している。 別の調査による1位は、ご存知「幸せの国ブータン」。 また別の調査ではフィジーが1位である。 一方フィジーには、「ケレケレ」という精神的な文化があり、これは"物でも事でも誰かと分け合う、共有し合う"というもの。 そして言うまでもなく北欧には「ヒュッゲ」がある。 いずれも「寛容さ」を問うものなのだ。 寛容さ、あるいは寛大さ……広い心で、人の言動を受け入れること。 他者の罪や欠点などをきびしく責めないこと……簡単なことでは無い。 とりわけ"人を許す"って、難しい。 怒りを抑えたり、不平不満を持たないって、本当の意味で心が広くなければできないこと。 不平不満を"言わない"のではなく、不平不満を"持たない"こと、そういう心を持てたら、どんなに幸せだろう。 人は寛容にさえなれば、あらゆることを幸せに感じることができるのだ。 言い換えればそれは、"いい人になること"。 そう、幸せになるために1番重要なのは、この"いい人になること"なのかもしれない。 でも私たちはともすると、このとても大切なことを忘れがち。 幸せを求めるばかりで、自分を変えようとしない。 そこに幸せの落とし穴があるのではないかと思う。 自分自身が"いい人"になると、不思議にいろんなことが心地よく思えてくる。 不平不満はもちろん、不愉快なことも減って、きっと悩みや苦しみ、悲しみさえもが消えていくのだろう。 人を妬んだり、恨んだり、嫌ったりすることもなくなり、極端な話、嫌いだった人をもどこかで好きになれそうな気がしてくる。 こんなに簡単に、人生を好転させる方法って他にあるだろうか? そして、大切なのはここ。 そういう風に"いい人"になることも含めてが、ヒュッゲなのだということ。 "いい人"になりたくない人はいない。 でも方法がわからない人はたくさんいる。 だからこそ、ヒュッゲ。 当たり前の日常にも満足感を持ち、今持っているものを大切にし、ささいなことにも喜びを感じる心をクセにしていく……ヒュッゲこそがそのまま"いい"人を作るもっとも簡単なテクニック。 だからすぐに気づくだろう。 "いい人"になると、たちまち幸せになれるって。

次の

寅福 玉川高島屋S.C店(二子玉川・用賀/日本料理)

コスメ キッチン 二子 玉川

大地に息づくあらゆる生物が調和し、今なお美しいハーモニーを奏でている日本の聖なる土地。 そんな自然の恵みあふれる日本の5つの聖地のエネルギーを込めた、 コスメキッチン15周年スペシャルプロダクト 【Blessings of Gaia~空・風・火・水・地~】。 このスペシャルプロダクトの為に集結したのは、 世界的フラワーエッセンスプロデューサー タンマヤ氏、日本におけるフラワーエッセンス第一人者 玉井氏、 ヒロ杉山氏を中心とするクリエイティブユニット エンライトメント、奈良在住のアーティスト 三嶋氏。 錚々たるメンバーの手によって、 コスメキッチン15周年スペシャルプロダクト「日本の聖地のエッセンススプレー」が完成しました。 あらゆる生命の調和と、絶えず注がれている自然の恵みのもとに生かされているという事、 自然への感謝と共に、私たち一人ひとりが「選択」をしていくことが 美しい地球を育み、次世代へのバトンとなり 未来へつながっていきます。 日本の原風景ともいえる聖なるパワーあふれるに対応した5つのスポット 生命、宇宙、地球上の万物すべてのものは、五大元素により成り立っているといわれています。 五元素に対応した5つの聖地のエネルギーを込めたエッセンススプレーがまるでその地にたたずんでいるようなこころの静寂さと、自然の中で、大地につつまれているような安心感をもたらしてくれます。 自分自身の調和からはじまる、あらゆる生命と地球の美しいハーモニー 自然や地球とのつながりを感じることで、自分自身とつながり安心感に包まれた時、あなたはあなた本来の美しい調和のとれたハーモニーを奏でます。 あなたの調和は、水面にひろがる波紋のように、あらゆる生命・地球全体の調和へとつながっています。 Himalayan Flower Enhancers タンマヤ オーストラリア生まれ。 真実を探し求め、20年間世界中を旅して周る。 覚醒した神秘家オショーのスピリチュアル・コミュニティーに住み、瞑想文化、伝統的精神世界、心理療法を学ぶ。 以降も、何人かの神秘家、シャーマン、賢者と時間を共にする。 1990年人生最大の転機に直面、ヒマラヤの大自然の中で隠遁生活に入る。 リトリート中、花々が彼に話しかけ、彼らが持つ癒しのエネルギーを「この困難な時代を生きる世界中の人々に届けてほしい」とエッセンスの作り方を教える。 以降、フラワーエッセンスのリサーチやワーク、癒しの手法に自分を捧げ続けている。 ネイチャーワールド株式会社 代表取締役 玉井 宏 日本にフラワーエッセンスを広めた第一人者。 世界中のフラワーエッセンス約2,800種類を取扱う日本最大級の輸入発売元。 1997年にフラワーエッセンスと出会い、エッセンスで多くの人が変化していくのを見るにつれ、次第にその魅力に惹かれていく。 以来、エッセンスの普及活動に専念しアラスカやカナダ・オーストラリアのトレーニングに参加したり、エッセンスプロデューサーの来日ワークショップの開催に数多く携わる。 エンライトメント Enlightenment 1997年、ヒロ杉山が中心となり結成。 ヒロ杉山、タナカノブコ、峯山裕太郎、加藤崇亮、吉田真由、角田麻有からなるクリエイティブユニット。 ファインアートの世界で国内外の展覧会で作品を発表する一方、フリーペーパーやアートブックの出版、展覧会のキュレーションなども行い、グラフィックデザイン、広告など幅広いジャンルで独創的な作品を発表しつづけている。 さらにPV制作やVJなどの映像分野での評価も非常に高く、平面だけではなく立体作品から空間演出も手掛け、幅広い創作活動を展開している。 三嶋 章義 Akiyoshi Mishima 1978年大阪生まれ。 奈良在住。 グラフィックデザインを学び、平面、空間、映像のアートディレクション、ファッションブランドFUGAHUMの立ち上げ、フジロックフェスティバルなど様々な現場でのVJなど、ジャンルの垣根がない制作活動をおこなう。 2006年以降、現代美術家として国内外で作品を発表。 NANZUKA(東京)、Nagel Draxler(ベルリン、ケルン)所属。 多様化した現在で感じづらくなっているモノゴトに目を向け、感じ伝えられた感覚を考察し、人類に残すべき選択肢を増やすことを制作活動の目的とする。 仙酔島 ~軽やかに生まれ変わる・輝く未来の可能性~ 神々が休息に訪れるほどに美しいといわれる仙酔島。 早朝5:55になると、日本各地から龍神が集うとされる「閃きの門」のある彦根浜でつくられたエッセンス。 動きを司るの地であり、身も心も軽く、高揚感に包まれる。 島全体のエネルギーがとても軽やかで自由、無限の可能性を感じる。 夕暮れ時にはエメラルドグリーンとピンク色のエネルギーにあふれる美しい島。 地底深く地球のコアと繋がっている偉大なエネルギーは、自然への畏敬の念と感謝と共に暮らしてきた日本人の精神・自然信仰の象徴でもある。 太陽のエネルギー、血液・体温、生命力や情熱、変容する力そのもの。 知性やインスピレーションの源でもある。 古くから「水の神」が祀られる「聖なる場所」として、多くの人がいざなわれた最高に清らかなエメラルドグリーンに輝く水が流れる地。 その豊かな自然あふれる特別な場所にて、作られた聖なるエッセンス。 「所得」「健康と寿命」「社会支援」「自由」「信頼」「寛容さ」により、ランク付けされたもので、北欧諸国が上位を占めるのは毎年のこと。 社会保障がずば抜けていることも大きいが、注目してほしいのが「寛容さ」……幸せになる上で何より重要なものだと思うから。 実はこういう調査も各種あって、世界3大幸福度調査と言われるものは、それぞれ全く違うランキングを出している。 別の調査による1位は、ご存知「幸せの国ブータン」。 また別の調査ではフィジーが1位である。 一方フィジーには、「ケレケレ」という精神的な文化があり、これは"物でも事でも誰かと分け合う、共有し合う"というもの。 そして言うまでもなく北欧には「ヒュッゲ」がある。 いずれも「寛容さ」を問うものなのだ。 寛容さ、あるいは寛大さ……広い心で、人の言動を受け入れること。 他者の罪や欠点などをきびしく責めないこと……簡単なことでは無い。 とりわけ"人を許す"って、難しい。 怒りを抑えたり、不平不満を持たないって、本当の意味で心が広くなければできないこと。 不平不満を"言わない"のではなく、不平不満を"持たない"こと、そういう心を持てたら、どんなに幸せだろう。 人は寛容にさえなれば、あらゆることを幸せに感じることができるのだ。 言い換えればそれは、"いい人になること"。 そう、幸せになるために1番重要なのは、この"いい人になること"なのかもしれない。 でも私たちはともすると、このとても大切なことを忘れがち。 幸せを求めるばかりで、自分を変えようとしない。 そこに幸せの落とし穴があるのではないかと思う。 自分自身が"いい人"になると、不思議にいろんなことが心地よく思えてくる。 不平不満はもちろん、不愉快なことも減って、きっと悩みや苦しみ、悲しみさえもが消えていくのだろう。 人を妬んだり、恨んだり、嫌ったりすることもなくなり、極端な話、嫌いだった人をもどこかで好きになれそうな気がしてくる。 こんなに簡単に、人生を好転させる方法って他にあるだろうか? そして、大切なのはここ。 そういう風に"いい人"になることも含めてが、ヒュッゲなのだということ。 "いい人"になりたくない人はいない。 でも方法がわからない人はたくさんいる。 だからこそ、ヒュッゲ。 当たり前の日常にも満足感を持ち、今持っているものを大切にし、ささいなことにも喜びを感じる心をクセにしていく……ヒュッゲこそがそのまま"いい"人を作るもっとも簡単なテクニック。 だからすぐに気づくだろう。 "いい人"になると、たちまち幸せになれるって。

次の

Cosme Kitchen 玉川高島屋S・C

コスメ キッチン 二子 玉川

dummy• あなたならどっち?• バッグ・ポーチ 110円 (税込) CosmeKitchen オリジナルエコバッグ• 化粧下地 3,520円 (税込) 陶器肌に整えるメイクベース。 アイカラー 2,420円 (税込) 生命力を放つ花びらのようにしっとりとまばゆく発色するデュオアイカラー。 パック・フェイスマスク 495円 (税込) 微細な海泥の心地よいツブツブ感が毛穴やキメに溜まった汚れや古い角質を吸着してツルツルに。 スタイリング 2,178円 (税込) 肌、ネイル、リップまでケアできるオーガニックヘアワックス• パック・フェイスマスク 3,960円 (税込) 微細な海泥の心地よいツブツブ感が毛穴やキメに溜まった汚れや古い角質を吸着してツルツルに。 化粧下地 3,190円 (税込) 色を楽しむ、カラーメイクベース。 アウトバストリートメント 2,640円 (税込) オーガニック植物成分をを配合した髪の美容液。 サラッと軽く、ベタつかないテクスチャー。 バッグ・ポーチ 220円 (税込) CosmeKitchen オリジナルエコバッグ.

次の