夫 再婚。 菊池桃子「大人の再婚は良いもの」夫への思いつづる

どうしたら夫の過去が気にならなくなりますか?彼は死別、私は離別で再

夫 再婚

死別後の再婚は、お互いが初婚の時と違ってご本人同士だけでなく、周囲の方々とのお付き合いも複雑になってきます。 特に話し合うのが気が引けてしまい悩んでしまうのがお墓の問題です。 配偶者と死別後に再婚したときに入るお墓はどうすればいいのでしょうか? 特に女性の場合、前妻が入っているお墓に自分も入るのか、それをご親戚やご家族が受け入れてくれるのか、再婚した配偶者はどう思っているのか、悩みは尽きません。 配偶者と死別した後に再婚したご夫婦それぞれの立場から、 どのお墓に入ることが一番安心出来るのかを考えて見ましょう。 夫と死別後に再婚した場合 夫に先立たれた妻が新しい夫と再婚した時、将来的にどのお墓に入るのが一番良いのでしょうか。 夫と死別後に再婚した場合の女性には、次のような選択が考えられます。 再婚した夫の実家のお墓に入る• 夫婦で独立したお墓に入る• 夫が婿入りの形で再婚した場合、妻の実家のお墓に入る 夫と死別した女性の再婚では、 再婚した夫のご実家のお墓に入ることが一般的です。 もし女性の方でなんとなく気が引けたり、ご夫婦間の話し合いで別にお墓を用意する方が良いと判断する場合には、ご夫婦で新しくお墓を用意する方もいらっしゃいます。 妻の実家のお墓に入ることはあまり一般的ではないのですが、夫が婿入りする形で再婚となった場合には妻側のお墓に入ることもあるようです。 妻と死別後に再婚した場合 妻と死別後に再婚した場合男性の入るお墓は夫の所有するお墓で問題ありません。 しかし、婿入りの形で結婚していた妻と死別した場合には、先妻のご両親やご親戚との兼ね合いも考えて行動しなければなりません。 妻に先き立たれた夫が再婚して新しい妻を迎え入れた時、後妻は夫の所有するお墓に入ることができるのでしょうか。 死別による再婚では、前妻が夫の実家のお墓でご供養されていることがほとんどです。 お盆やお彼岸などでご実家のお墓参りに出向いた時、墓誌に刻まれた先妻のお名前に複雑な思いを持たれる方も少なくありません。 その場合、将来的に 新しい妻はどのお墓に入ったら良いのか、状況を踏まえて詳しくご説明します。 夫の実家のお墓に入る お墓に入るということは、そのお墓の永代使用権を持つ承継者が許可を出しているということです。 再婚した夫の実家が本家の場合、お墓の承継者の許可が有り墓誌に3人分のお名前が刻めれば同じ 夫の実家のお墓に入ることが出来ます。 しかし、再婚した時の後妻の年齢によっては、先妻との間の子供やご親戚からの反対により夫の実家のお墓に入れないこともあります。 先妻が入っているお墓には一緒に入りたくない• 自分だけ入るお墓がないかも知れないと思うと辛い• 万が一夫が先立ってしまった時、自分が夫の実家のお墓に入るのが気まずい このような気持ちを抱えている後妻の人にとって、夫と共に入ることが出来るお墓があるというのは一つの心の支えでもあります。 一般的なお墓でなくても、例えば納骨堂や永代供養墓、樹木葬による夫婦墓といったように様々な選択肢があります。 夫婦で話し合って 生前予約をしておくことで不安な気持ちを落ち着かせられることができます。 お墓のことで思い悩まれるようでしたら、ご夫婦やご家族で話し合って新しいご供養方法を探されてみるのも良いでしょう。 再婚後、子供はどちらのお墓に入るのか• 再婚した夫の所有するお墓に入る• 死別した夫の実家のお墓に入る• 独立したお墓を持つ 再婚した夫や義実家との関係が良好な場合、後妻の連れ子である子供も受け入れて貰うことがほとんどです。 お互い連れ子がいる状態であったとしても、家族関係に問題がなく子供同士での問題もない場合には 夫の所有しているお墓に受け入れて貰うことが出来ます。 死別した夫の実家のお墓に入る場合に一番多いのは、元夫の実家のお墓をどなたも承継する者がいないため、死別した夫の実子となる子供が承継者となる例です。 少子高齢化による承継者不足が問題となっている現在、親の代を飛ばして孫をお墓の承継者とすることも少なくありません。 子供が独立したお墓を持つ場合に多いのは、お墓の承継者が再婚した夫の子供で遠慮があったり気持ち的な問題がある状態です。 残念ながら、再婚したご夫婦の仲が良くても子供が受け入れらるかどうかまでは分かりません。 再婚した夫に承継者となりえる先妻との子供がいる場合には、ご親戚や義実家の意見もあからさまに述べられることも多く、それだけでも心が重くなってしまうこともあります。 子供のお墓はこうしなければならない、というはっきりとした決まりはありませんが、子供本人の意思や周囲の方々との折り合いも考慮して話し合うようにしましょう。 妻と死別後、夫が再婚したとき 妻と死別した夫が再婚した場合には、初婚の時と同様子供も夫の所有するお墓に入ることになります。 ただし、次のようなことが考えらえる時には少し注意が必要です。 先妻との間の子供に女の子しかいない• 後妻の連れ子と実子の仲が悪い• 夫に万が一のことがあった時、実子を任せられる実家がない 再婚家庭が家族揃って円満であれば何も心配はないのですが、家族間で問題があるとお墓を含めた様々な事柄で争いが起こることもあります。 悲しいことですが、再婚した夫が亡くなったことで残された実子が再婚家庭で孤立して追い出されたという例も現実にあるのです。 一番良いのは、再婚家庭を築くとなった時に 最初から全てオープンにして話し合いをすることです。 時間をかけてご夫婦二人から始まった家族ではない分、きちんと言葉にして伝えあわなければいけない状況も多々あります。 口にしにくい問題ではありますが、家族間で意思の疎通を行うためにも早くから話し合いを進めておきましょう。 死別した元夫・妻のお墓はどうするのか• 元配偶者の実家が所有するお墓に入っている• 生前に所有していたお墓に入っている• ご遺骨を分骨し、自分のお墓と元配偶者の実家のお墓それぞれに入っている 一番多い例は、元配偶者のご実家が所有するお墓にご遺骨を納めている場合です。 このような場合には、法要を始めとした様々なご供養は全て 元配偶者のご実家が取り仕切って行われるのが一般的です。 ご実家でなくてもお墓を管理するご親戚の方にお任せして、ご自分から口出しするようなことは一切しない方が多いです。 生前に所有していたお墓に元配偶者が入っている場合、 男性と女性で少しご供養方法が変わってきます。 亡くなられた先妻のご遺骨が入っている場合には、男性はまず再婚することを元配偶者の実家に伝えた上で、ご遺骨を元配偶者のご実家・ご親戚に渡しご供養もお願いすることがあります。 女性の場合は元配偶者が亡くなった時点でお墓の承継者となっていますので、再婚することを元ご実家にお話した上で、お墓の永代使用権を元配偶者のご実家やご親戚にお渡しします。 元配偶者のご遺骨を分骨してそれぞれのお墓に納めている場合には、再婚を機にご遺骨を全て元配偶者のご実家に渡し、ご供養も全て元配偶者のご実家やご親戚にお任せするようにしています。 元配偶者のご実家やご親戚とのお付き合いの程度によって状況は異なりますが、全体的に見ると再婚を機に全て元配偶者側のご実家・親戚にお任せすることが一番多いようです。 子供がいるとき 子供がいるときにはまた状況が異なる場合があります。 元配偶者のお墓を承継している女性の場合、元配偶者のご実家にお墓を譲る以外にも、子供が大きくなるまで待って承継者とする方法を取る方もいらっしゃいます。 元配偶者のご実家やご親戚では管理出来ないといった状況では、残された妻がお墓の管理を放棄してしまうと 無縁墓となってしまう可能性もあります。 かといって、永代使用権を継がせるには管理費などを払う必要があり、未成年で働いていない子供にお墓を任せるのも難しい状況です。 元配偶者のご実家やご親戚を頼れない場合には、再婚する相手に事情を説明した上で子供が大きくなるまではご自分で管理し、子供が大きくなったら子供に元配偶者のお墓を管理して貰うよう事前に準備をしておきましょう。 死別後に再婚した時のお墓についてのまとめ• 夫と死別した女性が再婚した場合、再婚相手のご実家やご親戚との折り合いをつけながら話し合いをすることが大切である。 妻と死別した男性が再婚した場合、後妻となった再婚相手の心情を考慮して周囲との仲を取り持ったり個別のお墓を用意するなどの配慮も必要。 再婚相手に子供がいる場合には、承継者問題まで踏まえて早くから家族で話し合い意思の疎通を図っておく。 亡くなった元配偶者のお墓は基本的に元配偶者のご実家やご親戚に任せる。 元配偶者のお墓を誰にも任せられない場合には、子供に承継者となってもらえるよう取り計らう。 お墓の持ち主の許可があれば良い、という法律上のシンプルな決まりだけでは解決出来ないのが再婚によるお墓の問題です。 一人で思い悩む前に、新しい家族となったパートナーとしっかり話し合うことも必要なのだなあと改めて感じます。 「終活ねっと」では、今回の記事以外にも終活に関する様々な情報を多数ご紹介しております。 是非一度ご覧になってみて下さい。 最後までお付き合い頂きありがとうございました。 お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ... カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

夫の弟との再婚について

夫 再婚

あなたが前の夫が亡くなったときに、その配偶者であった以上、その後に再婚しても前の夫の遺産を相続する権利があります。 相続に関するご質問ありがとうございます。 ご質問の答えは上記のとおりです。 もう少し細かく説明いたします。 再婚しても、前の夫の遺産を相続できるということです。 配偶者の相続権には、「相続財産の維持、増大に寄与し、協力した者に対する精算」という意味合いも含まれています。 ですから、前の夫が亡くなった後に婚姻前の氏に戻ろうと、姻族関係終了届を出して前の夫の親族との関係が無くなろうと、また、あなたのように他の方と再婚しようと、そのようなことは配偶者の相続権には何の影響もありません。 亡くなった方の配偶者の相続権について 相続は、人が亡くなったのと同時に開始します。 相続開始時点で相続人が誰かを決めるわけです。 あなたの前の夫が亡くなった時、あなたはその配偶者だったわけですから、たとえその後に再婚していたとしても、あなたは前の夫の遺産を相続することができるというわけです。 世の中には夫が亡くなってから妻が実家に帰ったり、再婚したりすると、「亡くなった夫の家との縁は切れたのだから、亡くなった夫の遺産を相続する権利はない。 」と主張する方も多くいるようです。 そういう考え方は、昔の民法にあった「家」の制度に根っこがあるように思います。 感情論ということもあるかも知れません。 いずれにしましても、亡くなった方の配偶者の相続権について、あなたの前の夫の母が言っていることは正しくありません。 相続・遺言書・老後のそなえ(成年後見)について詳しく知りたい方へ こんなお悩みやお困りごとを解決します! Comments are closed.

次の

再婚夫が私の連れ子の娘に性的欲望を…?

夫 再婚

子連れ再婚で妻と子どもは夫の扶養に入れるか? まず、前提条件として、再婚相手(夫)は、勤務先で社会保険(健康保険・厚生年金など)に加入している必要があります。 なぜなら、個人事業主やフリーランスの方が加入している国民健康保険には 「扶養」という制度がないからです。 では、本題に入ります! 今回は、母子家庭の「妻と子ども」が、社会保険に加入している「夫(再婚相手)」の扶養に入るケースについて解説していきます。 この場合、 妻と子どもは、夫(再婚相手)の扶養に入ることができます! ただし、「妻」と「子」が、夫(再婚相手)の扶養に入るためには、それぞれ条件がありますので、まずは「妻」の扶養に入る条件から確認していきましょう。 妻が夫(再婚相手)の扶養に入る条件 再婚前に仕事をしていなかった方 再婚前に仕事をしていなかった方(収入がなかった方)で、再婚後も働く予定のない方は、特に条件はなく、夫(被保険者)の扶養に入ることができます。 再婚後も仕事をする方 再婚後も引き続きパートなどのお仕事をする方が、夫(被保険者)の扶養に入るためには、「再婚相手によって生計が維持されていること」と、次の「収入条件」をクリアする必要があります。 <夫と同居している場合> 年間収入130万円未満で、妻の収入が被保険者(夫)の半分未満であること <夫と別居している場合> 年間収入130万円未満で、妻の収入が被保険者(夫)からの仕送り額未満であること 再婚前は仕事をしていたが、再婚を機に仕事を辞めた方 再婚を機に仕事を辞めて扶養に入る方の条件については、こちらで詳しく解説していますので、よろしければ確認してみてください。 スポンサーリンク 子どもが夫(再婚相手)の扶養に入る条件 お子さんも再婚相手によって生計が維持されていれば扶養に入ることができますので、安心してください。 ただし、お子さんの場合は、 「養子縁組する」場合と 「養子縁組しない」場合で、次のように条件が変わってきます。 養子縁組する場合 「実子(じっし)」扱いとなりますので、 夫(再婚相手)と同居してない場合でも、夫(再婚相手)によって生計が維持されていれば扶養に入ることができます。 (例:学校等に通うため、別居していたとしても、再婚相手によって生計が維持されていれば、扶養に入ることができます。 ) 養子縁組しない場合 養子縁組しない場合でも「3親等内の親族」になりますので、夫(再婚相手)によって生計が維持されていれば、扶養に入ることができます。 ただし、養子縁組している場合と違い、 夫(再婚相手)と同居していることが条件となりますので、進学等で別居する場合は、扶養から外れることになります。 まとめると、次のようになります。 ) ただ、アルバイト等で収入のあるお子さんの場合は「年収130万円未満」という条件が加わりますので、注意してくださいね。 では、再婚相手の扶養に入る手続きについて、確認していきましょう。 扶養に入るときの手続き 手続きをするところ 夫(再婚相手)の会社と会社の所在地を管轄する年金事務所で手続きを行いますので、ご本人が手続きをすることはありません。 ただし、夫の勤務先に提出する書類がありますので、会社の指示に従って用意するようにしてください。 一般的には、次の書類が必要です。 スポンサーリンク 提出する書類 再婚前に仕事をしていなかった方• 世帯全員の住民票(発行から3ヶ月以内のもの) ・続柄が記載されているもの ・マイナンバーが記載されているもの 再婚後も仕事をする方• 世帯全員の住民票(発行から3ヶ月以内のもの) ・続柄が記載されているもの ・マイナンバーが記載されているもの• 収入証明書(源泉徴収票など) 再婚前は仕事をしていたが、再婚を機に仕事を辞めた方• 世帯全員の住民票(発行から3ヶ月以内のもの) ・続柄が記載されているもの ・マイナンバーが記載されているもの• その他 その他については、こちらの記事で確認することができます。 (確認後はマイナンバー情報が漏れないように、マスキング等で対応するそうです。 ) <お子さんの名字を変えない(再婚相手の名字にしない)場合> 住民票で「続柄」が確認できない場合は、母と子の親子関係を確認するため、「戸籍謄本(発行から3ヶ月以内のもの)」が必要になります。 保険証が届くまでの期間 保険証が届くまでの期間は、会社が手続きをしてから 約10日~2週間です。 保険証が届くまでの間に医療機関で診察等を受ける場合は、一旦、全額自己負担で医療費を支払うことになりますが、後日、保険負担分を返金してもらうことができます。 また、年金事務所では保険証が発行されるまでの間、保険証の代わりとして使える「健康保険被保険者資格証明書」を発行してもらうことができますので、病院等に行く予定がある方は、こちらの記事を参考にしてみてください。 再婚前に国民健康保険・国民年金に加入していた方は、次の手続きが必要になりますので、よろしければ参考にしてみてください。 <国民健康保険> 保険証が届き次第、国民健康保険の脱退手続きが必要です。

次の