お疲れ様 ご苦労様。 「お疲れ様」と「ご苦労様」の使い分けマナーがもやもやする スコぶる疑問のキャトウさん

「お疲れ様」と「ご苦労様」の違い/目上の人に使える敬語はどちら?

お疲れ様 ご苦労様

「お疲れ様」という言葉には、「お疲れ様です」や「お疲れ」などのような類語もあり、日常的によく使われます。 相手をねぎらう意味がありますが、使い方としては大きく分けると2種類です。 1つは、他人が何らかの仕事をしたり、作業にたずさわった場合にねぎらいとしてかける「お疲れ様」。 もう1つは、みんなで一緒に作業をしたあとで帰る時にかける「お疲れ様」。 どちらの「お疲れ様」も相手をねぎらう意味があり、言葉をかけた方とかけられた方の間のコミュニケーションをよくする働きがあります。 帰る時にかける「お疲れ様」には軽い挨拶といった意味合いがあります。 「お疲れ様」という言葉は類語も含めて目上や目下といった上下関係の違いを気にしないで使えるという特徴があり、一般的なビジネスシーンでよく使われます。 「ご苦労様」の意味とは? 「ご苦労様」とは、ねぎらいの意味が込められた言葉で、奉仕のニュアンスが含まれる敬語になります。 「ご苦労様」を使う時には、目上や上司など上下関係の違いを意識するべきで、それを無視して使うと上司への礼を失することになります。 例えば、新入社員などが退勤時に目上の先輩社員や上司に「ご苦労様」と声をかけると、礼儀をわきまえない無礼な新人と思われることでしょう。 敬語を使う場合と同様、基本的な用法を覚えておく必要があります。 特にビジネスシーンなどで相手が目上なのか上司なのかわからなかったり、 地位や立場の違いが不明の場合には、類語も含めて「ご苦労様」は使わない方が無難です。 「お疲れ様」と「ご苦労様」の違いとは? 「お疲れ様」も「ご苦労様」も相手をねぎらうために使いますが、使い方が違います。 敬語を使うような気づかいが必要で、どちらかというと「お疲れ様」は世間一般で使われています。 相手の地位や役職の違いはあまり関係なく、ちょっとした帰る時の挨拶がわりに使えます。 それに対して「ご苦労様」は、ビジネスシーンなどで地位や役職の高い者が自分より低い者に使う言葉です。 例えば管理職が退勤時に、ビジネスを終えた部下たちに向かって「ご苦労様」とねぎらう時に使われます。 「ご苦労様」は丁寧な言い方ですが、もっと気さくに「ご苦労さん」と言う場合や、命令口調で「ご苦労」と言ったり、「ご苦労様でございます」と敬語のような言い方もあります。 このような使い方をするのが「ご苦労様」なので、決して目下が目上に使ってはいけません。 「お疲れ様」と「ご苦労様」の使い方・例文とは 「お疲れ様」の使い方・例文とは みんなで一緒に仕事や作業をするというシチュエーションでは、お互いの努力や苦労を認め合うという意味で「お疲れ様」という言葉を使っています。 相手より先に退勤する場合にも挨拶がわりに使います。 また、 お客様という相手を大切にする立場のシチュエーションにおいては、「お疲れ様でございます」という敬語的な類語を使うことで感謝の意味を込められますよ。 昔の仲間と久しぶりに学生時代に戻ったようにサッカーをするというシチュエーションでは、帰る時などにお互いの親しさを表す言葉として「お疲れ様」を利用します。 取引先に使うのは、避けた方が無難な言葉ですが、社内の上司や同僚には気にせず使えますよ。 Thank you for your hard work. (大変な仕事をやってくれてご苦労様でした)• Cheers to a job well done. (いい仕事をしてくれてありがとう)• Thanks for your trouble. (手間をおかけしました)• I appreciate your hard work. (手間をかけてくれて感謝します)• Good job!(よくやったね!)• Excellent work!(すばらしい仕事ぶりだ!)• It was great!(すばらしいよ!)• You did a great job. (お疲れ様でした)• Good effort!(よく頑張ったね)• That was a great performance. (よくやったよ) 英語で「お疲れ様」や「ご苦労様」という意味でよく使われるのは「Thank you for」という言い回しです。 「~ your hard work」や「~ your troeble」をつければ、それだけで相手をねぎらう感謝の気持ちを伝えられます。 もっと親しい間柄で気軽に使える英語が「Thanks for」という言い回しで、「お疲れ様」のように使えます。 目上の者や上司が目下の者に感謝やねぎらいを込めた場合は、「Cheers to a job well done」が「ご苦労様」に近いでしょう。 英語では日本語のように上司や目上など違いを意識した言い回しはあまりしません。 最も一般的で誰でも使えるのは「Thank you」になりますが、日本語の「お疲れ様」や「ご苦労様」のニュアンスからは離れてしまいますね。 「お疲れ様」と「ご苦労様」を上手に使い分けられるビジネスパーソンに。

次の

「お疲れ様」と「ご苦労様」の使い分け、わかりますか?

お疲れ様 ご苦労様

「お疲れ様です」と「ご苦労様です」の意味と違い• 「お疲れ様でございます」は正しい?• 「お疲れ様です」以外の便利な言い換え表現 「お疲れ様です」「ご苦労様です」どちらも部下が使うとマナー違反? 「お疲れ様です」や「ご苦労様です」は、ビジネスシーンでは頻繫に用いられる言葉です。 上司やクライアントと会ったとき、退社するときなど、さまざまな場面で何気なく使っている方も多いのではないでしょうか。 しかし、「お疲れ様です」「ご苦労様です」をビジネスシーンで使用するときには、いくつか注意すべきポイントがあるのです。 使い方を誤ってしまうと、相手に悪い印象を与えてしまう可能性もあるので気を付けてくださいね。 言葉を正しく使うためにも、まずは「お疲れ様です」「ご苦労様です」の意味からチェックしていきましょう。 「お疲れ様です」「ご苦労様です」はねぎらいの言葉 「お疲れ様です」と「ご苦労様です」は、どちらも 相手へのねぎらいを伝えるときに使われる言葉です。 仕事の疲れや日々の労をねぎらうときに使われるのが一般的で、ビジネスシーンではとくに多く用いられています。 「お疲れ様です」「ご苦労様です」の正しい意味 相手へのねぎらいの気持ちを伝える点では共通していますが、「お疲れ様です」と「ご苦労様です」は厳密に説明すると意味が異なります。 「お疲れ様です」と「ご苦労様です」の言葉の意味について、詳しくチェックしていきましょう。 【「お疲れ様です」の正しい意味】 「お疲れ様です」は、 部下が上司や目上の人間に対してのねぎらいを伝えるときに使われる言葉です。 反対に、上司や目上の人間が部下に使用する場合にも、「お疲れ様」というかたちで使用することもしばしば。 世代を問わず使用できる、使い勝手の良い万能なフレーズなのです。 【「ご苦労様です】の正しい意味】 「ご苦労様です」は、 目上の人間や上司が部下や年下の人間に使用する言葉です。 「お疲れ様です」と同様に、相手の苦労や頑張りをねぎらう意味が込められていますが、使用する際には相手との 関係性を配慮しなければなりません。 どちらもねぎらいを伝える言葉• 「お疲れ様です」は、世代や役職を問わず幅広く使用できる• 「ご苦労様です」は、目上の人間が部下や年下の人間に使用するのが一般的 「お疲れ様でございます」は二重敬語になるの? 「お疲れ様」や「お疲れ様です」といった言い方とは別に、「お疲れ様でございます」という表現があります。 「お疲れ様です」+「ございます」の二重敬語になっているのでは?と感じてしまいますが、名詞の「お疲れ様」+助詞の「で」+丁寧語の「ございます」で構成されている言葉なので 間違いではありません。 声に出してみると少し違和感を覚える方もいるかもしれませんが、文法上は問題なく使用可能なので安心してください。 「お疲れ様です」よりもやや丁寧な言い方として使われる「お疲れ様でございます」は、目上の方へのねぎらいの気持ちを伝えたいときにも便利なフレーズです。 クライアント先の役員や自社の社長への「お疲れ様です」に抵抗を感じる場合は、「お疲れ様でございます。 」使用する際に使ってみてくださいね。 ビジネスマナー的に、部下は「お疲れ様です」を使うのが正しい どちらもねぎらいを伝えるために用いられる「お疲れ様です」と「ご苦労様です」ですが、ビジネスマナーとしての注意点があるのでしょうか。 次は、「お疲れ様です」と「ご苦労様です」の違いや、ビジネスマナーとしての使い分けを解説します。 実際に、秘書検定においても「目下の人間が、目上の人間に対して『お疲れ様です』を使用して良い」と記載されています。 抵抗を感じる場合には、 「お疲れ様でございました」や「お疲れ様でした」と表現すると一層丁寧に聞こえます。 一方、「ご苦労様です」は目上の人間から目下の人間へのねぎらいを伝える言葉として使用するのが一般的です。 誤って目下の人間が上司に使用した場合には、予期せず失礼な印象を与えてしまう可能性があるので注意しましょう。 秘書検定は、社会人として働くならば誰でも備えておくべき基本的な知識を習得するための検定試験。 試験問題や試験勉強を通じて、一般常識からビジネスマナーまで、仕事を円滑に進めるための基本を学べるものです。 「お疲れ様です」と「ご苦労様です」の違い 「ご苦労様です」は「お疲れ様です」と同じねぎらいの意思を伝える言葉ですが、前述したように使用する対象が大きく異なります。 「ご苦労様です」は目上の人間が部下や年下の人間に対して、「よくやったね」「とてもよくできたね」という意味を込めて使用する言葉。 誤用してしまうと、目上の人間に対して上から目線で話している印象を与えてしまう可能性もあるので、迷ったときには「お疲れ様です」を使用するのがベターです。 また、挨拶の代わりとしても使用される「お疲れ様です」に比べて、「ご苦労様です」は挨拶としての使用がありません。 声をかける相手だけでなく、使用シーンにおいても「お疲れ様です」と「ご苦労様です」には明確な違いがあるのです。 「お疲れ様です」は、目下の人間から目上の人間に使用してもOK• 「ご苦労様です」は、目上の人間に使用すると失礼にあたるので注意• 「ご苦労様です」は、「お疲れ様です」のように挨拶代わりには使用できない 「お疲れ様です」の他の言い方・言い換え表現 「お疲れ様です」は、幅広いシーンで使用できる万能なフレーズだと解説しました。 しかし、できるビジネスパーソンとしてのスキルアップのためにも「お疲れ様です」以外のフレーズや言い換え表現を覚えておくのがおすすめです。 次は、ビジネスシーンで活用できる「お疲れ様です」以外の便利フレーズをご紹介します。 同僚や後輩には「お疲れ様」でOK 自分と同等のポジションである同僚や後輩に声をかける場合は、「お疲れ様」とフランクに表現しても問題ありません。 自分が先に帰社する場合や、仕事へのねぎらいを伝える際に使用してみましょう。 先輩・上司には「お疲れ様です」や言い換え表現を使う 先輩や上司など、目上の相手にはねぎらいを伝える場合には使用するシーンに応じた最適な表現があります。 「お疲れ様です」以外の言い換え表現を学んで、ビジネスマナーを身に付けていきましょう。 【シーン1.朝や出社時に会ったとき】 「おはようございます」を使いましょう。 広く使われているフランクな言葉ですが、敬語表現の「ございます」がついているので使用してもOKです。 【シーン2.営業先や出張などから帰ってきたとき】 営業先や出張などから帰ってきたときは、「お帰りなさいませ」を使用するのがおすすめです。 会話を弾ませるためにも、「雨には濡れませんでしたか?」や「長時間お疲れ様でした」と付け加えると良いでしょう。 【シーン3.相手が先に退社するとき】 上司や目上の人間が自分よりも先に退社するときは、「お気をつけてお帰りください」と使いましょう。 【シーン4.自分が先に退社するとき】 上司や目上の人間よりも自分が先に退社するときは、「お先に失礼します」と声をかけましょう。 【シーン5.相手が自分よりも先に部屋に入っているとき】 上司や目上の人がすでに部屋に入っている場合には、「失礼いたします」と声をかけて入室しましょう。 お部屋に失礼してもよろしいでしょうか」と許可を取るとより丁寧です。 朝会ったときは「おはようございます」• 出先から帰ってきたときは「お帰りなさいませ」• 相手が先に帰社するときは「お気を付けてお帰りください」• 部屋に遅れて入室するとき「失礼いたします」 外部の人には「お疲れ様です」は使わない 「お疲れ様です」は、目上の人間に使っても問題ありませんが、あくまで対象は 社内の相手に対してのみ。 社外のクライアントに対しては、ねぎらいの意味を込めたとしても「お疲れ様です」は失礼だと捉えられる可能性があるので注意しましょう。 挨拶や日々のお礼を伝えたい場合には、「いつもありがとうございます」「いつもお世話になっております」と伝えると安心です。 また、クライアントが自社に来訪してくれた場合には「ご足労おかけしました」「ご足労いただきありがとうございます」と使用するのが非常にスマート。 「ご足労」は、相手がわざわざ自分のいる場所まで足を運んでもらったことに対する感謝の意を述べる言葉です。 「お疲れ様です」とメールの冒頭で使うのはOK? 「お疲れ様です」は直接話すときだけでなく、メールの文頭でも使用できます。 ただし、社外のクライアントに使用する場合には、使い方に注意が必要です。 最後に、メール内での「お疲れ様です」の使用方法を解説します。 社内の人の場合は「お疲れ様です」を入れたほうがベター 社内の相手にメールを送る場合には、メールの冒頭に「お疲れ様です」を入れるのがビジネス上のマナーです。 相手を問わずに使用できる万能な言葉なので、上司や目上の相手に送信する場合にも使用できます。 プロジェクトの進捗について・・・ 社外の人には「お世話になっております」がベター 本記事でご紹介したように、社外のクライアントに対しては「お疲れ様です」を使用すると失礼な印象を与えかねません。 社外の内の相手にメールを送る場合には、メールの冒頭は「お世話になっております」「平素よりお世話になっております」と入れるのが一般的です。 先日の打ち合わせでは・・・ シーンにあわせて「お疲れさまです」以外の言い方も使い分けよう• 「お疲れ様です」は目上の人間に使用してもOK• 「ご苦労様です」を目下の人間が、目上の人間に使用するのはNG• 目上の人間には、より丁寧に「お疲れ様でございます」と表現するのも一案• 社外の人間には、「お疲れ様です」は不適切なので、言い換え表現を使おう 本記事でご紹介したように、「お疲れ様です」は目上の人間にも使用できる万能なフレーズです。 上司や目上の人に使用する場合には、「お疲れ様です」のあとに一言添えて、相手への気遣いやねぎらいを丁寧に表現するのもおすすめです。 ただし、社外の相手に使用する場合には「お世話になっております」「いつもありがとうございます」など、言い換えの言葉を使用する方がベター。 正しい言葉や表現をマスターして、ビジネスマナーを体得していきましょう。

次の

「ご苦労様です」と「お疲れ様です」の違い!正しい意味と使い方とは?

お疲れ様 ご苦労様

スポンサードリンク 「ご苦労様です」失礼な挨拶? 上司から「ご苦労様」と労いの声をかけていただいたとき、そのまま自分も「ご苦労様です」とオウム返ししていませんか? 実は、これって目上の方に対してとても失礼な対応になってしまうのです。 正しい言葉を知って、失礼のないコミュニケーションをとりましょう。 どうして「ご苦労様」が失礼な対応になるのでしょうか? まず、「ご苦労様」とは目上が目下に使う言葉だというのを覚えておきましょう。 そのため、自分も 「ご苦労様です」と同じように使うのはNGなのです。 「ご苦労様です」「お疲れ様です」の違い 「ご苦労様」「お疲れ様」は、どこの職場でも一日の仕事が終わった時に飛び交う言葉ですよね。 どちらも労をねぎらう言葉に違いありませんが、この二つは立場によって使い分ける必要があります。 前述したように、「ご苦労様です」は目上が目下に使う言葉です。 では、目下は、目上の人に対してどのように伝えるかというと「お疲れ様です お疲れ様でした 」です。 お疲れ様は、いたわる気持ちが込められています。 また、職場によっては挨拶として使っている会社も多いのです。 3交代のように入れ替わり制の職場だったりすると、すれ違う度に「お疲れ様です」と挨拶に使われている職場も多いですね。 勿論、お客様に対して「お疲れ様です」「ご苦労様でした」は使いません。 スポンサードリンク よく配達の方に対してご苦労様と言う方もいらっしゃいますが、目上から目下に使うことを考えるとどうなんだろうと思います。 間違いではないかもしれませんが、「ありがとうございます」と言うのが無難であり間違いではなく、対等であるので適切だと私は感じます。 「ご苦労様です」の正しい使い方 この2つの言葉が混合している例も少なくありません。 部下が上司に対して「ご苦労様です」と言うのです。 これは、「ご苦労様」の「苦労」という言葉に「ご」がついて、丁寧な「様」が語尾に付くので、敬意を表しているのではという誤解からきているのかもしれません。 しかし、「ご苦労様」は、苦労をかけたという文字通りの言葉です。 そのため、目下のものが目上に使うのは適切ではありません。 ものすごく似ていますが、よく考えると、上司に向けて「苦労」という言葉は失礼になりますので避けなければなりませんね。 「ご苦労様」の使い方としては、目上の方が目下に使う言葉として覚えておきましょう。 「お疲れ様」の使い方は、仕事の帰りや挨拶として上下関係気にせず使えます。 まとめ 日常生活で何気なく使っていても、よく意味を考えると間違った使い方をしている日本語が沢山あります。 敬語を学ぶことは、社会人としてのコミュニケーションを円滑に行うためにとても大切です。 何が正しいかというのは会社によって人によっても違ってきます。 私の経験でもこんなことがありました。 ・役職にはさん付けしなければ失礼 ・お茶くみや3時のおやつを役職者にださなければならない 一般的な常識はありますが、社内での常識というのも存在しますしね。 ですから、最初は一般的な常識で考えて、社内常識を取り入れていくのが理想的です。

次の