少年時代歌詞。 董事長樂團

《我們的少年時代》花絮 TFBOYS歡樂片場

少年時代歌詞

背景 [ ] 制作 [ ] 当初はに提供したシングル「」のB面曲になる予定だったが、B面にしてはとても良い出来だったことと、同時期にの主題歌の話が来たため、この曲は自分で歌うこととし、シングルでリリースすることになった経緯がある。 なお、荻野目のシングルのB面となったのは陽水が代わりに書き下ろした「ON BED」である。 本楽曲の作曲は、飲み仲間であったから直接依頼された。 陽水は「安孫子さん の心をもらった」とコメントしている。 本作を共作した作曲家の平井夏美ことによると、本作はもともと『少年時代』として作ったわけではなく、陽水がハミングした曲をもとに15分ほどで完成していた作品に対し、川原が「あの映画のテーマはこういう曲だよね」と陽水に提案したことで採用されたという。 歌詞 [ ] 本楽曲の歌詞の中の季節は曲の進行によって変化し、夏を過ぎた秋のはじめの歌い出しで始まった後、2番では盛夏に戻り、最後は夏を過ぎた頃に戻る。 曲中に「風あざみ」という言葉が出てくるが、これは陽水による造語で、植物のが直接関係がある訳でもない。 風あざみという品種は存在せず、「アザミ」は元々春の季語でもある(2番の歌詞で同じ箇所に出てくる「宵かがり」も同様に陽水による造語である)。 これについて陽水本人はテレビ番組で「オニアザミという言葉がふと浮かんだ時に、きっとカゼアザミもあるんだろうなと思った。 もしそれが無かったとしてもそれでいい。 実在しない言葉を歌詞に使ったからといって罪に問われることは無いだろうから」と語っている。 陽水の作品にはそのような「造語」が散見されており、のも陽水の歌詞について、「高い音で伸ばすときは、多少詞が変になっても、ウよりもイで終わる言葉の方が、聴いている方は気持ち良い」と指摘している。 パフォーマンス [ ] ピアノは、陽水とは旧知の仲でもあるが演奏している。 依頼した理由として陽水は、この曲の「どこか未完成でまだまだ上達する余地のある少年」というイメージにぴったりだったからと述べ、実際、望み通りのピアノになったと自らコメントしている。 1999年9月24日に行われた陽水のシークレットライヴにおいて、初めて同曲での共演が実現した。 収録曲 [ ]• 少年時代 (作詞:井上陽水 作曲・編曲:井上陽水・ ストリングス・アレンジ:) 1990年映画『』主題歌。 1991年「ハンディカム105」CF曲。 2008年CF曲。 2014年CF曲。 荒ワシの歌 (作詞:井上陽水・ 作曲:井上陽水・平井夏美 編曲:・平井夏美) YAHATA「EAGLES」のテーマ。 収録アルバム [ ]• 『』( 1)• アルバム未収録( 2)…ただし、ボックスセット『NO SELECTION』,『井上陽水 ReMASTER』には収録されている。 タイアップ [ ]• にのCCD-TR105のCM曲に採用された。 また、同年に放送された系列の大型『』内の特集のエンディングでも使用された。 からまで、ので到着および終着時の車内チャイムとして使用されていた。 さらに、には原盤の内容のままジャケットも原盤を元にした、12cmシングルで再発売された。 ライブベスト盤「弾き語りパッション」と同時発売。 のでは、17時にでこの曲のオルゴール音を流している。 糸田町は、陽水が幼少期から上京まで住んでいた町である。 2013年、「 エメラルドマウンテンブレンド」のCFで、CF出演者全員がこの曲を歌っている。 2014年、が出演する会社、のCMソングとして使用されている。 高倉の生涯最後のCM出演であり、高倉が同年11月に亡くなって以降も高倉の所属事務所の意向で当面の間このCMが放映された。 2016年、「」のCMでとが歌っている。 カバー [ ] 収録作品は初出のもののみ記載する。 (1992年、 アルバム『天衣無縫』))• (2002年) - 「」主題歌。 (2003年、カバーアルバム『』)• (2003年、ミニアルバム『Party 3』)• (2003年3月29日、映像作品『』)• (2004年、『』)• (2007年、アルバム『ウタヂカラ~CORNERSTONES 4~』)• (2007年、アルバム『』)• ・(2007年、アルバム『』)• Salon(2008年、アルバム『My Time』)• (2008年、カバーアルバム『STANDARDS 3』)• (2008年、カバーアルバム『ニカセトラ』)• (2008年、アルバム『春夏秋冬』)• (に行われた、声優ユニットのイベント「Shake X Sphere ~夏の夜の夢~」内にて)• (2009年、カバーアルバム『フォークソングス』)• (2009年、カバーアルバム『』)• (2010年、アルバム『』)• (2012年、シングル『』カップリング)• Platinum Voice All Stars (2012年、カバーアルバム『Platinum Voice~届けたい歌がある~』• (2013年、アルバム『』)• 我那覇響()(2013年、 PART1 F賞景品『ミュージックディスクコレクション』収録)• アルバム『ミナミカゼ』 PCCA-04231。 編曲:。 (2016年、カバーアルバム『』• (2017年、アルバム『』)• (2018年、カバーアルバム『ふたつでひとつ 〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』)• (2019年、ミニアルバム『TABACAFE』) など。 ・の姉妹もコンサートなどで歌っている。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 180、中央公論新社、(2012年8月24日)• 『』2007年12月15日付。 2019年7月15日閲覧。 荻野目洋子のアルバム『』のにも記載。 「軽くて深い井上陽水の言葉」 - 1999年8月2日号。 - ZAKZAK、2006年2月18日• 音楽ナタリー. 2016年6月10日. 2016年6月10日閲覧。 関連項目 [ ]• - 井上陽水の 1. - 2. - 3. - 4. - 5. - 6. - 7. - 8. - 9. - 10. - 11. - 12. - 13. - 14. - 15. - 16. - 17. () - 18. - 19. - 20. - 21. - 22. - 23. - 24. - 25. - 26. - 27. - 28. - 29. - 30. - 31. - 32. - 33. - 34. - 35. - 36. - 37. - 38. - 39. - 40. - 41. - 42. - 43. - 44. - 45. - 46. - 47. - 48. (限定販売) - 49. - 50. - 51. - 52. アルバム.

次の

少年時代(井上陽水) / コード譜 / ギター

少年時代歌詞

背景 [ ] 制作 [ ] 当初はに提供したシングル「」のB面曲になる予定だったが、B面にしてはとても良い出来だったことと、同時期にの主題歌の話が来たため、この曲は自分で歌うこととし、シングルでリリースすることになった経緯がある。 なお、荻野目のシングルのB面となったのは陽水が代わりに書き下ろした「ON BED」である。 本楽曲の作曲は、飲み仲間であったから直接依頼された。 陽水は「安孫子さん の心をもらった」とコメントしている。 本作を共作した作曲家の平井夏美ことによると、本作はもともと『少年時代』として作ったわけではなく、陽水がハミングした曲をもとに15分ほどで完成していた作品に対し、川原が「あの映画のテーマはこういう曲だよね」と陽水に提案したことで採用されたという。 歌詞 [ ] 本楽曲の歌詞の中の季節は曲の進行によって変化し、夏を過ぎた秋のはじめの歌い出しで始まった後、2番では盛夏に戻り、最後は夏を過ぎた頃に戻る。 曲中に「風あざみ」という言葉が出てくるが、これは陽水による造語で、植物のが直接関係がある訳でもない。 風あざみという品種は存在せず、「アザミ」は元々春の季語でもある(2番の歌詞で同じ箇所に出てくる「宵かがり」も同様に陽水による造語である)。 これについて陽水本人はテレビ番組で「オニアザミという言葉がふと浮かんだ時に、きっとカゼアザミもあるんだろうなと思った。 もしそれが無かったとしてもそれでいい。 実在しない言葉を歌詞に使ったからといって罪に問われることは無いだろうから」と語っている。 陽水の作品にはそのような「造語」が散見されており、のも陽水の歌詞について、「高い音で伸ばすときは、多少詞が変になっても、ウよりもイで終わる言葉の方が、聴いている方は気持ち良い」と指摘している。 パフォーマンス [ ] ピアノは、陽水とは旧知の仲でもあるが演奏している。 依頼した理由として陽水は、この曲の「どこか未完成でまだまだ上達する余地のある少年」というイメージにぴったりだったからと述べ、実際、望み通りのピアノになったと自らコメントしている。 1999年9月24日に行われた陽水のシークレットライヴにおいて、初めて同曲での共演が実現した。 収録曲 [ ]• 少年時代 (作詞:井上陽水 作曲・編曲:井上陽水・ ストリングス・アレンジ:) 1990年映画『』主題歌。 1991年「ハンディカム105」CF曲。 2008年CF曲。 2014年CF曲。 荒ワシの歌 (作詞:井上陽水・ 作曲:井上陽水・平井夏美 編曲:・平井夏美) YAHATA「EAGLES」のテーマ。 収録アルバム [ ]• 『』( 1)• アルバム未収録( 2)…ただし、ボックスセット『NO SELECTION』,『井上陽水 ReMASTER』には収録されている。 タイアップ [ ]• にのCCD-TR105のCM曲に採用された。 また、同年に放送された系列の大型『』内の特集のエンディングでも使用された。 からまで、ので到着および終着時の車内チャイムとして使用されていた。 さらに、には原盤の内容のままジャケットも原盤を元にした、12cmシングルで再発売された。 ライブベスト盤「弾き語りパッション」と同時発売。 のでは、17時にでこの曲のオルゴール音を流している。 糸田町は、陽水が幼少期から上京まで住んでいた町である。 2013年、「 エメラルドマウンテンブレンド」のCFで、CF出演者全員がこの曲を歌っている。 2014年、が出演する会社、のCMソングとして使用されている。 高倉の生涯最後のCM出演であり、高倉が同年11月に亡くなって以降も高倉の所属事務所の意向で当面の間このCMが放映された。 2016年、「」のCMでとが歌っている。 カバー [ ] 収録作品は初出のもののみ記載する。 (1992年、 アルバム『天衣無縫』))• (2002年) - 「」主題歌。 (2003年、カバーアルバム『』)• (2003年、ミニアルバム『Party 3』)• (2003年3月29日、映像作品『』)• (2004年、『』)• (2007年、アルバム『ウタヂカラ~CORNERSTONES 4~』)• (2007年、アルバム『』)• ・(2007年、アルバム『』)• Salon(2008年、アルバム『My Time』)• (2008年、カバーアルバム『STANDARDS 3』)• (2008年、カバーアルバム『ニカセトラ』)• (2008年、アルバム『春夏秋冬』)• (に行われた、声優ユニットのイベント「Shake X Sphere ~夏の夜の夢~」内にて)• (2009年、カバーアルバム『フォークソングス』)• (2009年、カバーアルバム『』)• (2010年、アルバム『』)• (2012年、シングル『』カップリング)• Platinum Voice All Stars (2012年、カバーアルバム『Platinum Voice~届けたい歌がある~』• (2013年、アルバム『』)• 我那覇響()(2013年、 PART1 F賞景品『ミュージックディスクコレクション』収録)• アルバム『ミナミカゼ』 PCCA-04231。 編曲:。 (2016年、カバーアルバム『』• (2017年、アルバム『』)• (2018年、カバーアルバム『ふたつでひとつ 〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』)• (2019年、ミニアルバム『TABACAFE』) など。 ・の姉妹もコンサートなどで歌っている。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 180、中央公論新社、(2012年8月24日)• 『』2007年12月15日付。 2019年7月15日閲覧。 荻野目洋子のアルバム『』のにも記載。 「軽くて深い井上陽水の言葉」 - 1999年8月2日号。 - ZAKZAK、2006年2月18日• 音楽ナタリー. 2016年6月10日. 2016年6月10日閲覧。 関連項目 [ ]• - 井上陽水の 1. - 2. - 3. - 4. - 5. - 6. - 7. - 8. - 9. - 10. - 11. - 12. - 13. - 14. - 15. - 16. - 17. () - 18. - 19. - 20. - 21. - 22. - 23. - 24. - 25. - 26. - 27. - 28. - 29. - 30. - 31. - 32. - 33. - 34. - 35. - 36. - 37. - 38. - 39. - 40. - 41. - 42. - 43. - 44. - 45. - 46. - 47. - 48. (限定販売) - 49. - 50. - 51. - 52. アルバム.

次の

KinKi Kids

少年時代歌詞

音樂作品 [ ]• 1999年:發行首支單曲【攏袂歹勢】。 角頭音樂• 2000年:發行第01張專輯【你袂了解】。 2001年:發行第02張專輯【chairman. tw2】。 動能音樂• 2002年:發行第03張專輯【11台】。 愛做音樂• 2003年:發行第04張專輯【冠宇單飛】。 角頭音樂• 2005年:發行第05張專輯【找一個新世界】。 典選音樂• 2006年:發行第06張專輯【真的假的】。 典選音樂• 2008年:發行第07張專輯【花光他的錢】。 喜瑪拉雅音樂• 2010年:發行第08張專輯【】。 大吉祥整合行銷• 2013年:發行第09張專輯【One Life/一條命】。 大吉祥整合行銷• 2014年:發行第10張專輯【One World/一個世界】。 大吉祥整合行銷• 2016年:發行第11張專輯【董事長的少年時代】。 好有感覺音樂• 2018年:發行第12張專輯【祭】。 好有感覺音樂• 2019年:發行第13張專輯【風中浮沉的花蕊】。 2018年:以【祭】專輯收錄之《九天玄女音樂錄影帶》入選「英國Feel The Reel國際影展」、「美國國際獨立影片獎-夏季徵選金獎」、「紐約The Cutting Room國際短片影展-放映片」、「台灣金點設計獎-設計標章」、「美國Bare Bones film影展」。 其他 [ ]• 2000年:原主唱—冠宇 過世。 2003年:團員—金剛(於培武) 離團。 2004年:鼓手—Micky&吉他手—小豪 郭人豪 加入。 2007年:• 成立「大吉祥音樂工作室」。 製作蔣進興「My name is Bai lang」 原住民專輯。 2008年:台灣無名小站正式成立。 2013年:「集體記憶」巡演首站,於台北國際會議中心登場,主唱阿吉發表新書-最後一杯酒 社會參與 [ ]• 2013年8月8日父親節,成員林大鈞與前院長、創會會長、導演、、、作家及棋士夫婿、藝人、作家的父親「刀爸」柯毓彬、理事長羅榮光等一群爸爸們組成「爸爸非核陣線」共同參與臺灣。 他說,如果馬英九的核能政策一意孤行,人民也「管定了」。 參考資料 [ ].

次の