タスクビュー ショートカット。 使いこなしてスキルアップ! [Windows]キーを使ったショートカットのまとめ

便利なWindowsのショートカットキー一覧

タスクビュー ショートカット

スポンサーリンク Windows10のタスクビューの活用方法 タスクバーの検索ボックスの横にある 「タスクビュー」を使うと、 起動しているアプリを一覧表示することが出来、 アプリの切り替えも出来て便利ですが、 更に複数の デスクトップを作成することが出来ます。 「複数のデスクトップ?それって必要?」 「デスクトップは1つで十分でしょ。 」 と思われる方もいるかも知れませんが、 これが使いようによっては、すごく便利なものなのです。 私はパソコンで作業する時はだいたいいつも、 いろんなアプリを同時に起動させます。 例えば、Excelで資料を作る時はExcelを起動させますが、 何か分からない事があった時は、すぐに調べられるように インターネットを起動させておくし、 メールもすぐに確認出来るようにメールも起動させたり、 その他ペイントやメモ帳など・・・。 気がつくといろんなアプリを起動させて、 デスクトップがゴチャゴチャしてしまうことがよくあります。 使う時に起動させて、すぐに閉じてしまえば良いのですが、 アプリを一度閉じると起動するのにちょっと時間かかりますよね。 その時間もロスになるので、 出来ればすぐに使えるように起動させておきたい。 でも、ゴチャゴチャしすぎるとかえって使いにくくなったり・・・。 してしまいますよね。 でも、デスクトップが複数あればこんな悩みを解決してくれます。 例えば、ビジネス用、プライベート用、と 作業別でそれぞれデスクトップを分けておくと、 作業に必要なアプリだけを起動しておけば良いので、 ゴチャゴチャしすぎる事も防ぐことが出来ます。 これは、作業の効率アップにとても便利だと思います。 デスクトップを複数作成する方法 では、どのように デスクトップを作成するのか見ていきましょう。 まず、タスクバーの検索ボックスの横にある 「タスクビュー」をクリック。 「タスクビュー」をクリックすると、 画面下にデスクトップの一覧が表示されるので、 任意のデスクトップをクリックすることで、 デスクトップの切り替えが出来ます。 また、右クリック以外にも、ドラッグ&ドロップでも移動させることが出来ます。 タスクビューのショートカットキー デスクトップを切り替えるには、 「タスクビュー」をクリックする必要がありますが、 ショートカットキーを使えば、簡単に切り替えることが出来ますので、 ぜひ覚えておくと便利だと思います。 まとめ いかがでしたか? 「タスクビュー」の活用方法と使い方については、ご理解頂けましたでしょうか? OSが変わると、いろんなものが変わって、 使い方に慣れるまで結構大変なんですよね。 「出来れば、前のままでいたかった・・・。 」 なんて、私はいつもそう思ってしまいます。 ですが、そんなことは不可能なので、サクッと気持ちを切り替えて、 「Windows10」の良いところを、どんどん活用していきましょう!.

次の

タッチ操作&ショートカットキーで仮想デスクトップを切り替える

タスクビュー ショートカット

対象:Windows 10 Windows OSでは、マウスを使って操作する代わりに、特定のキーまたは複数のキーの組み合わせで同じ操作が行える「キーボードショートカット」が提供されている。 例えば、[Ctrl]+[C]キーでコピーして、[Ctrl]+[V]キーで貼り付ける、といったキーボードショートカットによる操作を普段から行っているのではないだろうか。 いちいちアプリケーションのメニューから[コピー]や[貼り付け]を選ぶ必要がなく、素早い操作が行えるはずだ。 このようにキーボードショートカットを覚えておくと、キーボードからマウスに手を移動させることなく作業ができるため、作業効率を大幅に向上させることができる。 キーボードショートカットは、[Ctrl]キーや[Alt]キー、[Windows]キーなどとアルファベットキーなどとの組み合わせ、ファンクションキーなどの特殊なキーに機能を割り当てたものだ。 [Windows]キーを使うキーボードショートカットについては、Windows 10 The Latest「」で取り上げているので、そちらを参照してほしい。 本TIPSでは、Windows 10で覚えておくと便利な主なキーボードショートカットを紹介する。 コピーや貼り付けなどの一般的なキーボードショートカット コピーや貼り付けなど、比較的古くから割り当てられていたキーボードショートカットを紹介しよう。 前述の通り、[Ctrl]+[C]キーでコピーして、[Ctrl]+[V]キーで貼り付ける、といった多くのアプリケーションやWindows 10上で利用できるキーボードショートカットだ。 サブメニューを閉じる [Esc] 現在の作業を停止または終了する 一般的なキーボードショートカット アプリケーションによってはキーボードショートカットを独自に割り当てていることも珍しくない。 そのため上記のショートカットが使えなかったり、別の機能に割り当てられていたりする場合もあるので、注意していただきたい。 エクスプローラーで使えるキーボードショートカット ファイル操作を行うエクスプローラーもキーボードショートカットを使うと素早い操作が行える。 例えば、[Ctrl]+[Shift]+[N]キーで新しいフォルダが作成できたり、[Ctrl]+[N]キーで新しいエクスプローラーウィンドウを開いたりできる。 フォルダツリーが展開されている場合は現在のツリーを折りたたむ [End] 作業中のウィンドウの一番下を表示する [Home] 作業中のウィンドウの一番上を表示する [F3] エクスプローラーでファイルまたはフォルダを検索する [F4] エクスプローラーのアドレスバーリストを表示する [F11] 作業中のウィンドウを最大化または最小化する エクスプローラーで使えるキーボードショートカット コマンドプロンプトで使えるキーボードショートカット コマンドプロンプト上で利用できるキーボードショートカットは下表の通りだ。 コマンドプロンプトを活用している人は覚えておくと、素早い操作が行えるだろう。 それ以外の場合は、コマンドラインのカーソルの左側にある文字を全て削除する [Ctrl]+[End] コマンドラインが空の場合は、ビューポートをコマンドラインに移動する。 それ以外の場合は、コマンドラインのカーソルの右側にある文字を全て削除する [Ctrl]+[F] バッファー内の文字列を検索する コマンドプロンプトで使えるキーボードショートカット コマンドプロンプトの[プロパティ]ダイアログの[オプション]タブで、以下のチェックボックスを「オフ」にしていると、上表の多くのショートカットが使えなくなる。 コマンドプロンプトの[プロパティ]ダイアログ [オプション]タブで「Ctrlキーショートカットを有効にする」などを「オフ」にしていると、多くのキーボードショートカットが使えなくなる。 タスクバーで使えるキーボードショートカット タスクバーのキーボードショートカットは、キーボードショートカットながらマウスのクリックとの組み合わせで機能する。 例えば、コマンドプロンプトを管理者として起動し直したいような場合、わざわざ[スタート]メニューからたどらなくても、タスクバーの[コマンドプロンプト]アイコンを[Ctrl]+[Shift]キーを押しながらクリックすればよい。 ユーザーアカウント制御(UAC)の警告ダイアログが開くので、[はい]ボタンをクリックすれば、コマンドプロンプトが管理者権限で起動する。

次の

Windows10のタスクビューの活用方法と使い方を紹介

タスクビュー ショートカット

仮想デスクトップという機能をご存知でしょうか?仮想デスクトップとは、本来ならPC パソコン のデスクトップ画面は一つしかありませんが、仮想環境によりデスクトップ画面を複数にする機能のことを指します。 Windows10では仮想デスクトップという機能が備えられています。 普段PC パソコン で日常的に使用するアプリはたくさんあるかと思います。 画面がアプリで溢れて見えずらくなってしまうということも、デスクトップ画面が一つではよくあることなのです。 そんなとき、Windows10の仮想デスクトップ機能を利用すると画面内のアプリを見やすく整理することができます。 開いているアプリを閉じることなく、仮想デスクトップ画面に複数移動させるのです。 これにより、アプリ表示も見やすく、さらに開くアプリを増やすこともできます。 今回はそんな便利なWindows10の仮想デスクトップをショートカットキーで操作する方法について解説していきます。 ちなみに、仮想デスクトップの操作には仮想デスクトップを閉じる・アプリを移動させる・アプリを表示させる・仮想デスクトップ一覧 それぞれの画面のアプリも を表示させる・仮想デスクトップを増やすといったことが可能です。 ショートカットとしては以下のようなものがあります。 Windows10では仮想デスクトップを増やす際ショートカットを利用することが可能です。 本来ならデスクトップの画面は1つです。 画面内にアプリがたくさん表示されてしまい整理しずらいときなどに仮想デスクトップを増やすと良いでしょう。 仮想デスクトップに慣れた方は併用して使っていくとよいでしょう。 この切り替えて移るショートカットのイメージとしてはタブの移動に近い操作になります。 仮想デスクトップのほうが移るための大元的な操作、タブの操作はその下位的な位置づけになっています。 慣れてくれば切り替えによって画面を移るというのがとても便利なショートカットであると実感できるでしょう。 また、各仮想デスクトップにて使用しているアプリも同様に一覧表示される仕組みです。 仮想デスクトップの一覧は画面上部、その下にタスクが一覧表示されますので、複数のアプリを使用している場合も整理がとても簡単になります。 まずは 仮想デスクトップ間でアプリを移動する方法についてです。 そして該当のアプリを右クリックしてみてください。 すると、表示されたメニューの中に「移動先」という項目が表示されているはずです。 その「移動先」にマウスを乗せてみてください。 すると、今作成されている仮想デスクトップに対し、移動可能な仮想デスクトップが表示されます。 その中から移動させたい仮想デスクトップ先を選択することで、仮想デスクトップ間でアプリを移動させることができます。 続いては、 アプリを複数のデスクトップに表示する方法についてです。 そして該当のアプリを右クリックしてみてください。 すると、「このウィンドウをすべてのデスクトップに表示する」という項目が表示されますのでマウスで選択してみてください。 すると、別の仮想デスクトップにも該当のアプリが表示されるようになります。 ただし、アプリを複数のデスクトップに表示させるということは、その分整理もしずらくなるということに繋がります。 アプリの表示を増やすのは必要最低限に抑え、不要な仮想デスクトップを閉じることやアプリを閉じることを意識しておくとよいでしょう。 続いては タイムラインで過去のアプリを開く方法についてです。 タイムラインから過去のアプリを開く方法は実はとても簡単です。 続いてタスクを少しスクロールしてみてください。 すると、過去に使用したアプリの一覧が表示されているのが確認できるかと思います。 ここから該当のアプリを選択することで、タイムラインで過去のアプリを開くことができるようになります。 なお、タイムラインに表示する日数をデフォルトよりさらに増やす方法もあります。 また、仮想デスクトップは画面を切り替えて移るだけでなく、閉じるといった操作もショートカットのみで行うことができます。 画面の切り替え 画面を移る に慣れてくると、画面を閉じるという作業も自然とスムーズになってくるはずです。 仮想デスクトップとタスクの一覧表示も使いこなせるようになればこれまでのWindowsの操作方法とはガラッと変わってくるでしょう。 Windows10ではこれらショートカットを使って仮想デスクトップ間でアプリを移動させたり、アプリを複数のデスクトップに表示させたりタイムラインから過去のアプリを開いたりもできます。 ぜひこれらショートカットを参考にWindows10を使いこなしてみてください。

次の