ご連絡いただけると幸いです。 「いただければ幸いです」の意味は?ご連絡いただければ幸いですの使い方と英語も

「いただければ幸いです」の意味は?ご連絡いただければ幸いですの使い方と英語も

ご連絡いただけると幸いです

「幸いです」の意味と類語 「幸いです」とは「そうしてくれると嬉しいです」という意味 ビジネスにて「幸いです」は「そうしてくれると嬉しいです」や「ありがたいです」という意味で使われます。 語尾に「です」が付いた丁寧語であるため目上の相手へ使える表現と言えます。 「幸い」の読み方は「さいわい」 「幸いです」の「幸い」は「さいわい」と読みます。 ビジネスメールなどの書き言葉だけでなく、対話シーンでも使われる言葉であるため読み間違いには注意してください。 また、手紙などの書き言葉として使用する際は送り仮名の付け間違いにも気を付けましょう。 類語「助かります」や「幸甚です」に言い換える 「幸いです」の類語には「助かります」や「幸甚です」があります。 「幸甚」とは「非常に幸いなこと」を意味する言葉で、「幸いです」よりも改まった表現であるため、かしこまったシーンやビジネスメールなどの書き言葉として使えます。 例えば、目上の相手に「教えてもらえれば嬉しいです」と伝える際、「幸甚」を使うと「お忙しいとは存じますが、ご教示いただければ幸甚です」となります。 目下の部下や対等な立場の同僚へは「助かります」が使えます。 「です」が付いた敬語表現ではありますが、砕けた表現となるため目上の人へ使う際は注意してください。 目上への「幸いです」の使い方 「幸いです」よりも丁寧な「幸いに存じます」 「幸いです」の言い回し方の1つが「幸いに存じます」です。 「幸い」に「思う」の謙譲語である「存じます」を付けた言葉で、「嬉しく思います」という意味があります。 「幸いです」よりも丁寧な言い回しとなるため、かしこまったシーンや相手によって使ってください。 「幸い」とは相手に依頼をする際に多く使われるため、目上へお願いをする言葉使いとして「幸いです」には敬意が足りないという考えがあります。 相手の捉え方によるため目上に「幸いです」を使わないように、とは言い切れませんが、「敬意が足りない」「失礼」と思われない為にも「存じます」を使うなど、状況によっては言い回しを変えた方が良いでしょう。 丁寧な依頼をする際に使える「いただけますと幸いです」 「幸いです」を使って依頼をする際に「いただけますと幸いです」が使えます。 例えば「ご覧いただけますと幸いです」という文章だと、「ご覧」は「見る」の尊敬語であるため「見てもらえると嬉しいです」という意味になります。 補助動詞として使う際は平仮名表記の「いただく」、食べる・飲む・もらうの謙譲語として使う際は漢字表記の「頂く」というふうに、使い方が違ってくるため注意して使用してください。 物を贈る際にも「幸いです」が使える 依頼をする際以外にも、贈り物を渡す際に「幸いです」が使えます。 例えばいつもお世話になっている上司へ贈り物をする際、「気に入ってもらえると嬉しいです」という意味の「お気に召していただけますと幸いです」を一言添えることで、相手への気遣いを表します。 必ずやってほしいことに「幸いです」は使わない 「幸いです」は「そうしてくれると嬉しいです」という意味の言葉であるため、依頼した内容を行うかどうかの選択権は相手にあります。 必ず行ってもらいたい依頼や、相手に選択権の無い場合は「幸いです」を使わないようにしましょう。 例えば連絡が欲しいということを相手に伝える際、強制でない場合は「ご連絡いただけますと幸いです」となります。 必ず連絡をもらいたい場合は「幸いです」を使わずに、「恐縮ではございますがご連絡の程お待ちしております」と言い換えができます。 状況に応じて「幸いです」を使い分けてください。 ビジネスメールで「幸いです」を使った例文 「していただけると幸いです」を使った例文 「幸いです」を使った言い回しの1つが「していただけると幸いです」です。 自分がしてほしいことを相手に丁寧に依頼する際の言い回し方で、目上の人へ使えます。 例えば、「間違いがございましたら、訂正していただけると幸いです」という文章だと、「間違いがあったら、訂正してもらえると嬉しいです」という意味となります。 「幸いに存じます」を使った例文 「幸いです」を更に丁寧に表したのが「幸いに存じます」だと説明しました。 表情や声色が伝わらない分、話し言葉よりも丁寧に表現する必要のあるメールでは「幸いに存じます」を使った方が良いと言えます。 例えば、「お伺いしたいことがございますので、お時間いただけますと幸いに存じます」という文章だと「聞きたいことがあるので、時間を取ってくれると嬉しいです」という意味となります。 「存じます」を付けることで堅苦しくなると判断した際は「幸いです」に言い換えるなどしてください。 まとめ 「幸いです」は「そうしてくれると嬉しい」や「ありがたい」という意味で、相手に依頼する際や贈り物をする際に多く使われる言葉です。 目上の人へ使える敬語表現ではありますが、状況や相手によっては失礼と捉えられる場合があります。 言い回し方や類語を使って失礼にならないよう注意して使ってください。

次の

「ご連絡いただけますと幸いです」意味と使い方・メール例文

ご連絡いただけると幸いです

「ご連絡」の意味と敬語 「ご連絡」の読み方は「ごれんらく」 「ご連絡」は、「 ごれんらく」と読みます。 「連」は、 音読みで「レン」訓読みで「つらなる・つらねる・つれる」と読みます。 「連」には、「つらなる・つながり」「引き続いて」「つれる・ひきつれる」という意味があります。 「絡」は、 音読みで「ラク」訓読み「からむ・からまる・からめる」と読みます。 「絡」には「からむ・まとう・まといつく」「つながる・つなぐ・つづく」「すじ・すじみち」という意味があります。 「ご連絡」の意味は「情報などを知らせること」 「ご連絡」の意味は「 情報などを知らせること」です。 「ご連絡」は、「連絡」という言葉に接頭語の「ご」をつけた言葉です。 「連絡」には「 つながり・関連をつけること」「 関係の人に情報などを知らせること」という意味があります。 接頭語をつけた言葉なので、 自分から目上の人に連絡する場合や、 目上の相手に連絡してもらうという場合に使用することができる言葉です。 「ご連絡」は自分が連絡する場合は謙譲語 「ご連絡」は、上記でも説明したように自分が連絡する場合と相手に連絡してもらう場合の両方に使用することができます。 敬語の接頭語「ご」は、尊敬語、謙譲語、丁寧語のどれにもなりえるため、「ご連絡」についている接頭語も後につづく文章によって意味合いが異なります。 「ご連絡」を自分の動作に対して使う場合は、「ご連絡」は謙譲語になります。 例えば、「ご連絡いたします」や「ご連絡申し上げます」などの言い回しは、自分の行動をへりくだって表現することで敬意示しているので謙譲語です。 目上の人や取引先の人に自分から連絡をとる場合は、この表現方法を使用することがほとんどです。 「ご連絡」が他人からの連絡を指す場合は尊敬語 「ご連絡」が 他人からの連絡を指す場合は尊敬語となります。 「尊敬語」は、相手の動作を高めて待遇する表現のことをいいます。 例えば、「ご連絡なさる」「ご連絡くださる」という場合の「ご連絡」は、 「相手が連絡をする」という行為に対して「する」の尊敬語、「くれ」の尊敬語で、相手が連絡をすることを高めて表現しています。 その為、この場合の接頭語の「ご」は尊敬語であることがわかります。 「ご連絡」の正しい使い方と例文 ご連絡ありがとうございます 「ご連絡ありがとうございます」は、 連絡をもらったことに対してお礼を述べる表現です。 上記でも説明したように、この場合のご連絡は相手が連絡をしてくれるという行為に対して使用している「ご連絡」なので、尊敬語になります。 「ご連絡ありがとうございます」にはさまざま言い回しがあります。 例えば、「 早速のご連絡、誠にありがとうございます」は相手からの連絡が早くもらいたい状況で、すぐに連絡がきたときに使用できる言い回しです。 「早速」は、「対応が素早いことを意味している言葉で「早々」という言葉に言い換えることもできます。 この他にも様々な言い回しで使用することができますので、代表的なものを例文で紹介します。 例文 「お忙しい中、早速のご連絡ありがとうございます」 「ご多用中わざわざご連絡ありがとうございます」 「お忙しにもかかわらずご連絡ありがとうございます」 ご連絡してもよろしいでしょうか 「ご連絡してもよろしいでしょうか」は、相手にこちらから連絡してもいいか 許可を求める言い回しです。 「よろしい」は、 「よい」を丁寧にしたもので、「でしょうか」は、「だろうか」を丁寧にした言葉です。 相手に「 連絡しても問題ないですか?」と相手の事情を確認するときに使用できます。 例えば、「後ほど改めてご連絡してもよろしいですか?」は、「改めて連絡し直してもいいですか?」と問いかけてい文章であるということになります。 例文 「詳しくご案内したいので改めて担当からご連絡してもよろしいでしょうか?」 「後日確認のためにご連絡してもよろしいでしょうか」 「明日の同じ時刻に再度ご連絡してもよろしいでしょうか」 ご連絡申し上げます 「ご連絡申しあげます」は、 「連絡」に、「言う」という意味の「申し上げる」に「丁寧語」の「ます」を使用した言葉で、「 連絡します」という意味になります。 「ご連絡申し上げます」は、 取引先の会社やお客様に対してなど目上の相手へ使い、主にお礼や謝罪をするときに使うことが多い表現です。 「ご連絡申し上げます」の「申し上げる」は、「言う」の謙譲語としては使いません。 「ご〜申し上げる」という形では、「ご説明申し上げます」や「ご報告申し上げます」といったように、謙譲表現として使用します。 よって、「ご連絡申し上げます」は、謙譲表現「ご〜申し上げる」+丁寧語「ます」になり、二重敬語ではないため、目上の人に対して使うことのできる表現になります。 例えば、すぐに相手に連絡をとることができない場合などに「あとで連絡します」という意味合いで使用することができる「後ほどご連絡申しあげます」といった言い回しがあります。 例文 「発送日に関しましては、在庫の確認がとれ次第ご連絡申しあげます」 「只今担当の者が席をはずしておりますので、後ほどご連絡申しあげます」 「詳しい当日のスケジュールについては、改めてご連絡申しあげます」 ご連絡いただけると幸いです 「ご連絡いただければ幸いです」は、 「連絡」に、尊敬を表す接頭語の「ご」と「もらう」の謙譲語である「いただく」で成り立っています。 「幸いです」はビジネスメールなどで、相手に何かを依頼するときに用いることが多いです。 「幸いです」を依頼をするときに使う場合は、「〜してくれるとありがたい」という意味になります。 「ご連絡いただければ幸いです」は、「連絡してもらえるとありがたいです」という意味になります。 「〜してください」と頼むよりも「〜していただけると幸いです」といった方が、柔らかい印象を与えます。 例えば、「時間がある時に連絡してもらえれば嬉しいです」というような意味合いで、「お手すきの際にご連絡いただけると幸いです」よいうように使用します。 「幸いです」は軽いお願いのときに使用する言葉であるため、何かを強くお願いするときは「お願い申し上げる」「していただけますでしょうか」と言い換える必要があるので注意しましょう。 例文 「お手数ですが、進捗状況を改めてご連絡いただけると幸いです」 「大変恐縮ですが、担当の方が戻り次第ご連絡いただけると幸いです」 「確認がとれ次第、お手すきの際にご連絡いただけると幸いです」 ご連絡お待ちしております 「ご連絡をお待ちしております」は、 相手からの連絡がほしいという時に使用する言い回しです。 「連絡を待っている」自分の好意を相手へ敬意を示し表現している「お待ちする」という謙譲語と、「いる」の謙譲語である「おる」を使用した表現方法です。 例えば、「大変恐縮ですが、ご連絡お待ちしております」と使用すると「申し訳ないのですが、連絡を待っています」といったように相手に柔らかく連絡を待っているという旨を伝えることができます。 相手によっては、「ご連絡をお待ちいたしております」や「ご連絡をお願いいたします」というような更に丁寧な言い回しもあります。 ご連絡承りました 「ご連絡承りました」は、「ご連絡いただきました」という意味で使用される言い回しです。 「承りました」は、「 しっかり聞いた・理解した・対応した」という意味で使用される言葉で、 主に社外の取引先や顧客など電話やメールで使用することが多いです。 例えば、「時間変更のご連絡承りました」は「時間変更という連絡をもらいました」というようなニュアンスになります。 例文 「先程、〇〇様よりご連絡承りました」 「私〇〇が、ご連絡承りました。 「連絡差し上げます」は正しい表現ですが、 「差し上げる」が「与える」「やる」という意味のため、上から目線な印象を与えてしまう可能性があります。 例えば、「今日は都合が悪いので、明日にまた連絡差し上げます」といったように自分の都合に合わせて使用してしまうと上から目線に感じてしまいます。 「連絡差し上げます」は、相手の都合に配慮して連絡をする場合に使う表現です。 明らかに自分の都合で連絡をする場合に使うのは不適切となるため、 特に目上の人には使わないほうが無難です。 「連絡差し上げます」は、相手にとってメリットがある場合にのみ使用するようにしましょう。 「ご連絡ください」「ご連絡願います」なども少し強引な印象あり 「連絡すること」をお願いする場面で使用される 「ご連絡ください」「ご連絡願います」は少し強引な印象がある言い回しなので注意が必要です。 それぞれ強引な印象になってしまう理由としては、 「ご連絡ください」は、 「ください」が「くれ」の尊敬語である為に強引な印象になってしまう言い回しであること。 「ご連絡願います」は、 「願います」が「願う」という言葉の丁寧語であり敬語ではないという点で、あまり印象がよくない言い回しとなるという点があげられます。 したがって、「ご連絡ください」「ご連絡願います」よりおも丁寧な言い回しをしたほうが好ましいといえます。 「ご連絡させていただく」は相手の許可が必要な言い回し 「ご連絡させていただく」は、 相手の許可が必要な言い回しです。 「させていただく」は、「 相手に許可を得て、ある行為を遠慮しながらすること」を意味します。 要するに「させていただく」は、 ・相手や第三者の許可を受けて行う場合 ・それを行うことで恩恵を受けるという事実がある場合 の2つの条件を満たすときに使用するのが正しい使い方になります。 相手に自分が連絡することに対して許可を得ていない場合は「ご連絡させていただく」は使えません。 もし、相手に許可を得ていたとしても「ご連絡させていただきます」は 二重敬語のため、不適切です。 「突然のご連絡失礼いたします」は初めてメールを送る場合の定型句 「突然のご連絡失礼いたします」は、初めてメールを送る場合の定型句です。 メールの冒頭に、「突然のご連絡失礼いたします」と入れることで 相手はひと目で「初めて連絡をとる相手である」ということがわかります。 この一言がないと、「誰だろう?」と相手に考える時間をとらせてしまいます。 「初めて連絡いたします」だけよりも、「失礼いたします」と入れることで相手がメールに目を通してくれることに対する気遣いを表現できるので印象がいいです。 例えば、「突然にご連絡失礼いたします。 〇〇の件でご連絡させていただきました」というように、初めて連絡をすることに加えて、何のことで連絡をしてのかをわかりやすくすると更にいいです。 例文 「突然のご連絡失礼いたします。 私〇〇社の〇〇と申します」 「突然のご連絡失礼いたします。 貴社のサイトを拝見し連絡いたしました」 「ご連絡」と「御連絡」の違いは特にないが、ひらがなの方が柔らかい印象に 「ご連絡」は、漢字で表記すると「 御連絡」となります。 「ご連絡」と「御連絡」の違いは特にありませんが、「御連絡」と表記すると堅苦しい印象になり、ひらがなのを使用するほうがう柔らかい印象になります。 どちらを使用しても問題ありませんが、 文章内では統一しましょう。 敬語の接頭語「ご」と「お」の使い分けかたとしては、 「ご」は漢語(音読みする熟語)の頭に付け、 「お」は和語(訓読みする熟語)の頭に付けます。 例えば、「名前」は訓読みで「なまえ」と読む和語なので「お名前」が適切です。 「連絡」は、音読みする漢語で、「ご連絡」となるため「お連絡」は誤用となりますので注意しましょう。 「ご連絡」の類語 「ご報告」は「遂行の経過・結果について述べること」 「ご報告」は、「 ごほうこく」と読みます。 「ご報告」は、「報告」という言葉に接頭語の「ご」をつけた言葉です。 「報告」とは、「 ある任務を与えられたものが、その遂行の経過・結果について述べること。 また、その内容」を意味しています。 「ご報告」は、上司や先輩など目上の相手に対して使用する言葉で、 今現在も進行している事項を伝えるときに使い、「ご報告」は完了した事項を伝えるときに使います。 「ご連絡」はあくまでも物事の内容を簡単に伝えることを意味していて、「ご報告」は、物事の展開や結果などを伝えることを意味しています。 例文 「ここで、今月の売る上げ目標を達成したことをご報告させていただきます」 「私事で大変恐縮ですが、兼ねてよりお付き合していた方と入籍したことをご報告いたします」 「今年度の業績について、ご報告いたします。 」 「ご案内」は「事情や様子などを知らせること」 「ご案内」は、「 ごあんない」と読みます。 「ご案内」は、「案内」という「ご」をつけて丁寧に言い表した言葉です。 「案内」には「 道や場所を人に教えること」「 事情や様子などを知らせること」というような意味がある言葉です。 自分が案内する場合は、謙譲語として「ご案内いたします」というような使い方をし、 案内される側の場合は尊敬語として「ご案内いただく」というような使い方をします。 例文 「本日は、新しくできたプランをご案内させていただきます」 「初めてなので利用方法をご案内いただけますか?」 「よろしければ車で近隣観光地をご案内いたします」 「ご一報」は「簡単に知らせること」 「ご一報」は、「 ごいっぽう」と読みます。 「ご一報」は、「一報」という言葉に接頭語の「ご」をつけた言葉です。 「一報」とは、「 最初の知らせ」「 簡単に知らせること」を意味しています。 「ご一報」は、 取引先に資料を提出したときや、メールを出したときに、反応を知りたかったり、読んだか確認したい場合に「ご一報ください」と使います。 「ご一報」の前に、「大変恐れ入りますが」「大変恐縮ですが」といった言葉をつけると、より丁寧な表現になります。 例文 「メールをご覧になられたら、ご一報いただけますでしょうか」 「今週中までにご一報いただけると幸いです」 「資料を送付させていただきましたので、到着次第ご一報いただきたく存じます」 「お知らせ」は「知らせること、またその内容・通知」 「お知らせ」は、「 おしらせ」と読みます。 「お知らせ」は、「知らせ」に接頭語の「お」をつけた言葉です。 「知らせ」は、「 知らせること、またその内容・通知」また、「 教えてください」という意味になります。 「お知らせ」と「ご連絡」はほぼ同じ意味ですが使い方に違いがあります。 「ご連絡」は口語でも書き言葉としても使える表現ですが、「お知らせ」は書き言葉として使われることがほとんどです。 例文 「今春公開する映画の最新情報をお知らせします!」 「春には良いお知らせができると思いますのでお楽しみに」 「何か不都合なことがございましたら私にお知らせください」.

次の

ご連絡いただけますと幸いです。ご連絡いただけると幸いです。お得意先への使い...

ご連絡いただけると幸いです

「幸いです」の意味は? 「幸いです」という言い回しは、ビジネスシーンでよく使われます。 メールの文面で見かけた事がある普段何気なく使っている「幸いです」の意味とはどのようなものなのでしょうか。 「幸いです」は 相手への依頼、つまりこちらからのお願いの念を込めて使われます。 相手が実行してくれたらこちらが嬉しい、助かる、といった意味合いです。 自分本位ではなく、相手ありきの喜びの表現です。 また、「幸せです」は、相手に贈り物をする場合にも使われます。 喜んでいただければこちらも嬉しいです、といった意味で使います。 相手が喜んでくれる事、相手の役に立てることを期待する気持ちを伝える事が目的です。 自分の都合で勝手ながら喜んでくれればありがたい、といった気持ちを込める事ができます。 「幸いです」は上の立場の人や目上の人へのメールで使う 「幸いです」は 立場が上の人や職場の先輩、親しい間柄の会社関係の人にあてて使われます。 また、より一層相手に敬意を払い、確実に尊敬の意を示したい場合は、「思います」の敬語である「存じます」を用いて、「幸いと存じます」や「幸いに存じます」という言い回しを使った方が良いとされています。 相手との距離が近く、親しい同僚や会社関係の人には「助かります」を使う事もできますが、上司にあてて使うのは失礼なのでやめておきましょう。 「幸いです」を形式だけのものだと捉えて好ましくないと考える人もいますが、ビジネスにおけるメールなどの文面で多用されているので、その点に関してはそれほど気にかける必要はないでしょう。 「幸いです」を使用する際に気を付けておきたいのは、あくまでも 相手への期待よりも自分の希望を伝えるに留まる言い方であるという事です。 この言い方は、お願いの優先順位が低くなってしまいます。 そのため、相手には「しなくてもいいのか」「後回しにしてもいいのか」といったように受け取られてしまいがちです。 よって、「してほしい」という強い気持ちよりも、「してくれれば良い」というくらいの気持ちしか伝わらないため 本当に急ぎの用事や、どうしてもやってもらわなくては困るという場合は使わない方が良いでしょう。 「幸いです」を他の言葉で言い換えたい場合は? 「幸いです」を言い換える言い回しはいくつかあります。 「 ~して頂ければ幸いです」「 ~して頂けますでしょうか」「 ~して頂きたくお願い申し上げます」などが挙げられ、形を変えて自分の希望や要望を伝える事ができます。 「~して頂ければ助かります」「都合が良いです」などといった言い回しも可能ですが、これは目上の人に対して使うと失礼にあたる事もあるので、注意が必要です。 なお、「幸いに存じます」という言い回しを使いたい時は、相手の立場に気を付けましょう。 「存じます」は謙譲語です。 謙譲語は動作の対象となる人に対して自分がへりくだり、相手に直接敬意を表すためのものです。 そのため「存じます」を使う時は、謙譲語を使うべき相手かどうかを見極める必要があります。 「幸いです」の類語は? 類語としては「不幸中の幸い」や「幸いにも~できる」など、運の良さや都合の良さ、幸福を表す言葉があります。 「感謝感激です」「何よりの朗報です」「ありがたく存じます」など、「幸いです」以外にも、こちらから相手に喜びの念を伝えるための言い方がある事を覚えておくと、ビジネスにおけるメールのやり取りに役立つでしょう。 「幸いです」と「幸甚です」の使い方の違いは? 「幸いです」という言葉の代わりに、 「幸甚(こうじん)です」という言い方が使われる場合も少なくありません。 では、「幸甚です」とは、どのような時に使うべきなのでしょうか。 「幸いです」よりも丁寧に伝えたい時に使う 通常「幸甚です」は、目上の人に対して 「幸いです」よりも更に丁寧な言い方として使われます。 相手が上司や役員、大事なクライアントなどである場合は「幸いです」よりも「幸甚です」を使うべきだと考えて問題ないでしょう。 「幸甚に存じます」という言い方でメールなどの文面では硬さを加える事ができ、主にこちらを使う事が多いです。 「幸甚です」は、それよりも少し硬さをやわらげた言い方と言えます。 「幸甚」の由来は「甚だ(はなはだ)幸せ」 「幸甚」という言葉は、「甚だ(はなはだ)幸せ」という言葉に由来するものです。 「甚だ」とは、程度が激しく大きい事を指し、非常に、酷く、などというように状態や物事を強調することを意味します。 ですので、「幸甚」は非常にありがたく、この上なく幸せであるといった最大限、最上の幸福の表現の仕方であると言えます。 「幸甚」を使った文例 実際に「幸甚」という言葉を使った例文としては、「ご連絡頂ければ幸甚です」や「当方までご一報頂ければ幸甚に存じます」、「お会いできまして幸甚の至りでございます」といったものが挙げられます。 どれも重要な取引先などを相手にした時に、間違いなく使えるようにしておきたいところです。 「幸いです」は口語でも使える? メールを送ったり、書面に記したりする場合、「幸いです」という言い方はとても重宝されますが、口頭では使われる事はありません。 「幸いです」はあくまでも書面の上でのやり取りにのみ使われる言い回しで、会話の中では使われません。 「幸いに存じます」など、文に起こす事で相手に気持ちを伝える事ができる言い方でも、口に出すと違和感を与えてしまいます。 では、「幸いです」という気持ちを口頭で伝えるには、どのような言い方をすれば良いのでしょうか。 例はいくつか挙げられます。 基本的には口語としても使う事ができる「です」や「ます」、「ございます」といった、従来よく使う語尾をつけても失礼にあたる事はありません。 他にも「 ありがたいのですが」といったように、語尾を曖昧にしてぼやかすような言い回しもできます。 また、「 ありがとうございます」や「 本当に助かります」、「 恐縮です」なども口語として使っても問題ありません。 普段口にしている何気ない言葉が相手にとって失礼にならないかどうか考えてみると、意外と「幸いです」という言葉を使って気持ちを伝える事に支障がないという事がわかります。 無理に難しい言葉を使おうとしたり、改まった言い回しを考えると会話がぎこちなくなり、かえって自分の気持ちを相手にわかってもらう事が難しくなってしまいます。 あくまでも失礼のない程度に敬語を使えれば問題ないという事を忘れないでください。 「幸いです」を英語変換すると? 「幸いです」という気持ちを英語で表すには、どのような言い回しをすれば良いのでしょうか。 一般的には、以下のような文を使います。 「I would appreciate if you could 動詞. 」 動詞の部分に相手にお願いしたい行為を当てはめて、「(動詞)して頂ければ幸いです。 」という文を作ります。 また、 「could」を使うという事に注意してください。 「もし~してくれたら」という仮定を表すために必要な分詞として使用する事を忘れないようにしましょう。 文末に「as soon as」を加えて、「できるだけ早く」「早急に」という意味を付け足す事もできます。 ただし、英文であっても日本語と意味は変わりありませんので、この場合も優先度が高いお願いではない表現であると捉えられる可能性が高いという事を充分考慮してください。 「幸いです」はメールで使いすぎないようにしよう 「幸いです」という言い回しを正しく使うためには 使いすぎてはいけないという事も頭に入れておきたいところです。 いくら丁寧で相手に敬意を払っているからといって、敬語を乱発しては逆効果です。 また、「~いたします」や「~してもらう」といった言葉を使う時は、ひらがなを使う方が良いでしょう。 これらの言葉は謙譲語ではなく補助動詞なので、漢字に変換する必要はありません。 「幸いです」という言葉を使う時に一緒に使う事が多い言葉なので、覚えておくと役に立ちます。 「幸いです」という言葉は敬語を使う事があまりない英文にも言い換えることができるように、相手にこのようにしてくれたら自分も幸せであるという気持ちを伝える事ができる数少ないものです。 用法を間違えずに使うようにしましょう。

次の