ストロング ゼロ 危ない。 ストロングゼロは悪酔いするのになぜ人気なのか

【断酒811日】ストロングゼロはアルコール依存症になる要素がそろった危険性があると認識すべき!|魂を揺さぶるヨ!

ストロング ゼロ 危ない

もくじ• ストゼロ:モンエナ=1:1が[自主規制] ストロングゼロ500ml缶に対してモンスターエナジー355ml2缶で合わせるのが[自主規制]な気がします。 ストロングゼロが強すぎるとアルコール風味が強すぎて[自主規制]なのですが、モンスターエナジーがしっかりアルコールっぽさを消してくれると非常に[自主規制]です。 甘くて口当たりが良くなり、飲み始めにはあまりアルコールっぽさが感じられないため、クイクイ[自主規制]しまいます。 飲み終えてから30分~1時間ほど経過してじわじわ[自主規制]きますので、連続で飲まないようにしましょう。 また、必ず飲む前に食事を済ませ、胃の中をご飯で満たした状態にしないと[自主規制]が早いです。 ストロングゼロ詳細 SUNTORY(サントリースピリッツ株式会社)から発売されているお酒です。 【500ml当たりの栄養成分表示(換算)】• エネルギー:270kcal• タンパク質:0g• 脂質:0g• 炭水化物:2. 5g~5. 食塩相当量:0. 25g~0. 55g モンスターエナジー詳細 モンスターエナジージャパンから発売されている炭酸飲料です。 エナジードリンクと言われていますが、名称はただの炭酸飲料です。 気休めに漢方と言われる高麗人参が入っていますが、化学的な効果はほぼないと思って良いです。 【 2缶分710mlの栄養成分表示(換算)】• エネルギー:355kcal• タンパク質:0g• 脂質:0g• 炭水化物:92. 食塩相当量:1. 42g• ビタミンB2:4. 97mg• ナイアシン:60. 35mg• ビタミンB6:5. 68mg• ビタミンB12:7. 1~42. L-アルギニン:887. 5mg• D-リボース:887. 5mg• 高麗人参:582. 2mg• カルニチン:205. 9mg• カフェイン:284mg 問題はカフェインの過剰摂取 カナダ保健省(HC)においても、2010年に1日あたりのカフェイン摂取量として、健康な成人で400 mg(コーヒーをマグカップで約3杯)まで、カフェインの影響がより大きい妊婦や授乳中、あるいは妊娠を予定している女性は300mg(コーヒーをマグカップで約2杯)までとされています。 主な内容は以下のとおりです。 ・少量のカフェイン摂取はほとんどのカナダ人にとって懸念はないが、過剰摂取は不眠症、頭痛、イライラ感、脱水症、緊張感を引き起こすため、特に子供や妊婦、授乳中の女性は注意すること。 ・ 13 歳以上の青少年については、データが不十分なため、確定した勧告は作成しなかったが、一日当たり2. (参考)Health Canada Reminds Canadians to Manage Caffeine Consumption 2010 当職、官能試験、コーヒーの焙煎士もしております。 食品衛生・生命系の学部を卒業、学士を取得しております。 カフェインの摂取は、一度に400mgものカフェインを摂取するのが危険だとされていて、3時間から4時間以上の間隔を開けて、ちびちびコーヒーを飲むくらいならば致死量を超えることはほぼありません。 ただし、ストゼロ&モンエナの飲み方をすると、30分から1時間という短時間でストロングゼロ1L規模でクイクイ[自主規制]のでカフェインの過剰摂取が簡単に起こりえます。 販売していてよいのか不安になるくらいにはカフェインが多いです。 アルコールのそれも相まって、非常に肝臓に悪い飲み方で、最高に頭[自主規制]悪い飲み方で、最高に[自主規制]できる飲み方です。 人工甘味料と肝臓の話は??? お砂糖、人工甘味料、肝臓などでの代謝の話がNAVERまとめなどで悪意ある取り上げ方がされていますが、アルコールを摂取したら肝臓にも腎臓にもあちこち負荷がかかるのは当たり前です。 人工甘味料が入っているから、肝臓にものすごく悪い…というのは、またちょっと違う話です。 お砂糖は危険、角砂糖は危険、という論調を科学的根拠なく言いたい方が吹いているだけなので、お砂糖やアルコール分解に必要な栄養が足りないとか、そういう話は関係ないです。 NAVERまとめなどの記事では、わざわざお酒のアルコールをエチルエタノールだとか変な言い方して、専門家のような良い方にしていますが、お酒用の言い方で言うなら「エチルアルコール」とか「酒精」とかいう言い方しないとちょっと違います。 指すものは同じですが。 お砂糖の代謝も肝臓を経由しますので、アルコール、お砂糖、カフェインの「とりすぎ」はそもそも体に悪いです。 適量を各自の自己責任で楽しみましょう。 少しだけ塩を加えると[自主規制] 化学的に作られた、ものすごく体に悪そうな甘い風味がするので、ピンク岩塩なんかを一緒に摂取[自主規制]するとアクセントになって[自主規制]飲めると思います。 ただし、カップ麺やインスタントラーメンをこれに合わせると1日の塩分摂取許容量5gの塩分量を簡単に超えるので、決してカップ麺とストゼロ&モンエナを合わせることのないよう気をつけてください。 酔わないために水を飲むこと アルコール摂取後には、体は水分不足の状態になります。 詳細は割愛しますが、アルコール代謝の過程で水H 2Oが不足するので、ただの水を多めに飲みましょう。 また、酔いがひどくなりにくくなるように、トマトサラダ、ウコン、しょうがなどを合わせると少しマシになる可能性があります。 お酒が弱い人には飲ませるな 当職の場合はワイン750ml・1本クイッと空けれるので大丈夫ですが、缶チューハイでも酔う方は、この飲み方はダメです。 禁止です。 飲んだ直後にアルコールっぽさがないので、時間差で酔いがきます。 酔いに気づくまでに時間がかかるので、[自主規制]、[自主規制]と飲み切る頃にかなりの量を飲んでしまって取り返しがつかなくなります。 お酒が弱い友達や、家族に、いたずらや悪ふざけで飲ませて良いものではありません。 場合によっては犯罪になりますので、絶対にダメです。 自己責任で、自身の意思で、自身の手で飲むようにしましょう。 また、わずかに[自主規制]があるようなので、Amazonで両者箱買いしてしまうなどということがないよう、[自主規制]してください。 OISHIKATTADESU.

次の

ストロングゼロの危険性・悪酔いまとめ!販売中止や規制の可能性 | ニュースらぼ

ストロング ゼロ 危ない

こんにちは。 ワンだふるブログです。 突然ですが皆さん、お酒(アルコール飲料)って日常的に飲まれていますか? 私は日常ではほとんど飲まないのですが、まあたまにある職場の付き合い程度ですかね。 あとは休日にイベントがある時に飲む事もあります。 我ながらけっこう健全。 飲酒の頻度が低いので、当然あまりお酒に詳しくありません。 さらに言うと、お酒の微妙な味の違いなんてのも全く分かりません。 なので家でお酒を飲むときも安価なチューハイとかですね。 ところで、チューハイというと最近とてもよく目にする商品がありますよね。 コレです STRONG ZERO(ストロングゼロ)という商品で、こちらはダブルレモン味ですね。 これを置いていないスーパーやコンビニはもはや存在しないのではないでしょうか。 そのくらいメジャーな商品です。 さて、このヒット商品であるストロングゼロですが、じつはネット上では アルコール依存を引き起こす悪魔のお酒と言われているようです。 詳しく調べてみると、もともと問題視されていたうえ、昨年末にNHKでこの商品の危険性について取り上げたようで、それが火付けになったみたいですね。 このストロングゼロという商品、100~200円程度で買える安価なお酒で、しかもアルコール度数9度というなかなか強いお酒でもあります。 さらに人工甘味料も入っているためお酒が苦手な人でも飲みやすいという側面もあり、人気が出る理由も納得ですよね。 安価で飲みやすく、さらには手軽に酔える……。 一見するとコスパ最強のように思えますが、一体この商品のどこに問題があるのでしょう。 世間で問題視されている点について、3つに分類してみました。 少し考察してみましょう。 ストロングゼロの問題(と言われている)点 1. 手軽に酔えるため抗不安薬のような使い方をされている 日常の不安やストレスを忘れるためにストロングゼロを飲み、まるで抗不安薬のような使い方をされているという指摘です。 お酒は本来楽しむために飲むのに、薬のように使うのは間違っている!…という主張。 たしかにストロングゼロはアルコール度数が高いため、缶一本でもある程度の酩酊状態になる事は出来ます。 しかし、手軽さを除けばこの問題はお酒全般に言える事ではないでしょうか。 昔から不安やストレスから逃避するために飲酒する人というのはたくさんいます。 どちらかというと、飲酒により逃避したいほど強い不安に陥らせる、社会の改革の方が望まれる気がしますけどね。 人工甘味料は依存性が高いという意見 人工甘味料は低カロリーで飲みやすいというメリットもありますが、依存や生活習慣を引き起こしやすいという指摘があります。 しかし、この主張に関する科学的なエビデンス(根拠)は不十分で、この言い分を鵜呑みにする事は出来ません。 こうした主張に関しては、発言者に必ず何らかの意図(研究業績をあげる事や、天然素材商品の売り出しを行う事)が隠されているため、情報を受け取る側も慎重な解釈が要求されますね。 どちらかといえば人工甘味料の「飲みやすい」という性質とアルコールとのミックスが、アルコール依存を引き起こしやすい要因になる可能性があります。 安価なため気軽に飲めてしまう 「安くてお金の無い若者でも気軽に購入できる」という点も善し悪しですね。 アルコール度数が高く、さらに安価で購入できるとなれば、やはりアルコール依存に陥る可能性は高くなってしまいます。 1で述べたような抗不安薬のような使い方をされるケースも増えてしまうでしょう。 しかし商品を販売している企業からすれば、特に法律違反をしている訳ではなく、ビジネスとしてはかなり良好な戦略を取ったと褒めざるを得ないでしょう。 これらの本質的な問題はお酒全般にも言える事 ストロングゼロに関する批判的な意見の中心は、やはり 「不安から逃避するために使用されている」という点にあるようです。 しかし、これはストロングゼロに限った話ではないでしょう。 飲酒に関しては、かなり昔から世界各国であらゆる目的で行われています。 祭りやパーティーなどで高揚感を高めるため 2. 純粋に味を楽しむため 3嫌な事を忘れるため など…。 ストロングゼロの批判者はおそらく1や2以外の使用法に関して批判をしているのだと思いますが、このような使用法は昔から続いていたものです。 ストロングゼロで浮き彫りになったという表現が正しいでしょう。 お酒というのは、やはり仲間と共に過ごす時に摂取したりなど、自らの人生を豊かにするために使用する事が好ましいという意見には賛同できます。 不安や抑うつ気分などの際に使用するのは、やはり間違っていると考えるのが適切です。 しかしこのような飲酒方法や商品を批判する前に、必ず行わなければならない事があります。 それは 代用手段の提供や、 根本的な問題解決をする事です。 代用手段というのは 不安などの精神症状を抑制する手段という事。 要するに、そういった症状が出現している人は本来、精神科や心療内科といった医療機関を受診すべきなのです。 しかしこれらが浸透しない理由としては、「受診するのに抵抗がある」事や「そもそも病院に行っても症状が改善しない。 医療の質が低い」事などがあげられますね。 いずれも改善の余地はありです。 さらに 根本的な問題解決というのは、そもそも飲酒をしたくなる程の強い不安感・抑うつ気分を生じさせている原因を改善するという事。 そのための労働基準法の見直しや違法企業の取り締まり、学校や職場でのハラスメントを抑制する事などがあげられますね。 もう一つ付け加えると、アルコール飲料というのは脳の中枢部の機能障害を引き起こす、本質的には薬と同じ性質の物です。 依存性も高く、また多量摂取により体への害も明確にされている諸刃の剣。 大麻などの薬物使用が禁止されているにも関わらず、お酒は20歳以上であれば合法。 これの根拠というのも曖昧で、論理的に納得できる説明をできる人は存在しないでしょう。 国によってもこれらの物質の扱いは様々です。 いずれにせよ、ストロングゼロが批判された事により、アルコール飲料の問題点が浮き彫りにされました。 まあ今までは見て見ぬふりをしていただけですけどね。 ストロングゼロという商品が大ヒットを記録しているのは必然で、それだけ社会が抗不安薬のような物を欲しているという事。 問題の本質を見極め、今後のお酒との付き合い方を再考する時期が訪れたと解釈すべきでしょう。

次の

衝撃の事実!ストロングゼロは人体に対してこんなにも危険!?

ストロング ゼロ 危ない

ストロングゼロは麻薬?それとも救いの薬? サントリーの缶チューハイ「 ストロングゼロ」。 アルファベット表記にすると「 Strong ZERO」。 これを直訳すると「 強壮な虚無」。 強 壮 な 虚 無 ! 凄まじい名前のお酒が登場したもんだと思いましたが、 一切名前負けしていないお酒だった事が多くの人に認識されてきましたね。 この荒んだ現代社会を生きる多くの人たちにとって、それは安価で入手できる救いの薬と言えるでしょう。 たった2本で全てを忘れさせてくれるそのお酒は、 麻薬か福祉か?と問われるほど。 抗うつ剤や精神安定剤にも勝ると言われるこのお酒。 もはや「 酔う」というよりも「 わからなくなる」という表現が適切かもしれません。 有識者達によると ストロングゼロは酒という嗜好品としての文化も文学も持たない酩酊のためだけに造られたアルコールである事は間違いなく、酔っ払わなきゃ向き合えない現実がある、でも金はないみたいな人から支持されてそれを救っているって意味で福祉なんだろう。 ストロングゼロは体に悪いとよく言われるが、安くて体に悪いものを飲まないと毎日毎日生きていくのがしんどい人が飲む。 「こんなもん好きで飲んでいる訳じゃない」っていう時点で嗜好品というよりも麻薬。 とのこと。 ストロングゼロの危険性を示唆する調査結果 2018年3月29日、科学誌のイニブリエイテドに掲載された米研究チームの調査で、ストロングゼロの摂取や利用により 様々な危険に晒される可能性がある事がわかった。 今回の調査内容を執筆した、ノースダコタにあるデッドドランク健康研究所のユタ・タニェーグチェ所長は、ニュースメディアに対して送付した電子メールの中で「ストロングゼロが多くの苦しむ人たちを救っているのは事実。 危険性を理解した上で、うまく活用してもらえれば」と述べた。 危険性が示唆される調査結果は以下の14項目 1)ラットによる実験では、コップ一杯のストロングゼロにラットを入れた場合87%の確率で死亡する。 3)凶悪な犯罪者がストロングゼロを購入する確率は、同じ犯罪者がアフガニスタン国籍を購入する確率よりはるかに高い。 5)開封したストロングゼロを25年間保存した場合有毒物質を発生させる可能性が高い。 6)ストロングゼロを飲んだ人が交通事故で死亡する確率は35. 8% 7)ストロングゼロを飲んで泥酔した人の85%は、ストロングゼロがなければ泥酔しなかったと述べている。 8)米国ではストロングゼロの入ったコンテナが倒壊し下敷きになって死亡した事例が報告されている。 9)父親がストロングゼロを飲む家庭に育った子供の約半数は、テストの点が平均以下である。 10)ストロングゼロを気管に入れた場合、咳嗽反射が起こり窒息死する場合がある。 12)ストロングゼロを飲みすぎた場合、発汗や排尿に過度に発生させ死に至る場合もある。 13)被験者にストロングゼロを与えたのち、真空状態の実験室に監禁すると数秒後に苦しみ始め死亡する。 14)日本人1000人にストロングゼロ飲ませる実験結果では、その後7人が犯罪に手を染めた。 独自調査で判明したストロングゼロの優れた効果効能 3月29日に発表された「ストロングゼロの危険性」に関する調査結果により、ストロングゼロの不買活動が世界的に広まりつつありますが、それに歯止めをかける 新たな事実が浮上してきました。 今朝(3月30日)に各所報道機関が発表した情報によりますと、日・独の共同研究においてはストロングゼロが 非常に優れたアルコール飲料であるとの調査結果が出たとのこと。 研究機関から共同声明として送付された電子メールの中で「ストロングゼロの効果にはまだ解明されていない部分が残されているが、優れた点にも注目し、利用者が公平に判断できるようにすべきだ」と述べた。 日・独の共同研究で判明した優れた効果は以下の6項目 1)ストロングゼロが存在しなかった1960年代よりも平均寿命が伸びている 2)ストロングゼロには治癒効果がある。 一ヶ月間パンのみを摂取していた被験者にストロングゼロを与えた場合、98%の被験者が「苦痛が緩和された」と答えた。 3)毎日ストロングゼロを飲んでいる人の98%は重大な暴力事件を起こしたことがない。 4)ストロングゼロを日常的に飲んでいる人の半数は、IQが平均以上である。 6)無作為に抽出した1000人に聞いたところ、ストロングゼロを飲んだ事がある人は足が長いという相関関係がみられた。 信じるか信じないかは・・・あなた次第! っていうか、この記事自体もストロングゼロのロング缶が 3本目に突入してから書きはじめまして、今この瞬間は5本目を飲みながら書いてますから、正直言って目が覚めたらこの記事を書いてたことすら忘れてる気がするんですけどね。 そういえば、酩酊状態って英語でなんて言うか知ってます?「 inebriated」って言うんですよ?ちなみに泥酔は「 dead drunk」です。 さて、もう限界なんで、そろそろ寝ようと思います。 ちんちん。

次の