ナルト アニメ オリジナル 飛ばす。 NARUTOナルト疾風伝

【NARUTO】大筒木カグヤはなぜ封印された!?悲しい過去とその強さとは!!

ナルト アニメ オリジナル 飛ばす

プロフィール 誕生日 8月15日 星座 しし座 血液型? 型 身長? cm 体重? と呼ばれたのである及びその弟であるの母親。 かつてに宿っていたチャクラの実を口にして力を得て乱世を治めた。 人々からは「兎の女神」として信仰されていたのと同時に、「鬼」として恐れられてもいた。 三大瞳術を極めており、両目に、額の第3の目はとの力を合わせ持った「輪廻写輪眼」を有していた。 更に骨を媒介・変形させる事で攻撃に応用する 屍骨脈の祖である術と推察される、突き刺した者がボロボロに崩れる「共殺しの灰骨」を使用していた。 の出身である「かぐや一族」の始祖となってもいる。 あまりにも絶大なる力を得た事で、次第にその力に溺れていったカグヤは、歪んだ支配欲と独占欲に取り付かれていく事になり、無限月読の力で人々を家畜同然に扱っていた事から、とにも反抗されてしまう。 彼らとの死闘の末、六道・地爆天星によって封印され、その本体は月となった。 しかし、封印される前に自分の意思であるを残し、復活への布石を打っていた。 カグヤ復活には封印された十尾の抜け殻の外道魔像を口寄せできる『輪廻眼』、そして十尾のチャクラの分散体である『尾獣』を集めて十尾を復活させ、更に無限月読により世界中の人々のチャクラを集める必要があった。 忍宗を開き世を平安に導いたハゴロモが、後に自身の後継者に2人の息子の内の弟を選んだのを見計らい、選ばれなかった兄を唆かしてアシュラと対立させ、ハゴロモが兄弟2人が手を取り合っていけるようにと作った石碑に刻まれた言葉を、無限月読によって世に幸福が訪れるかのように書き換えた。 その結果、1000年に渡りインドラの子孫の、アシュラの子孫のとのいざこざを起こした。 それ以降、黒ゼツは戦乱の時代の裏でインドラとアシュラの転生者に近づきながら、復活の機会を虎視眈々と狙い続け、そして遂にとの代に、その好機が訪れる。 マダラは柱間に敗れた後に、の力に関心の強かったが自身の遺体を処分しないであろうことを読み、自身の左目のにうちはの禁術の1つ「イザナギ」が時間差で発動するように転写封印を起動させて復活した後、戦いの中で食いちぎっていた柱間の体の肉片を自身の体に移植し、を開眼することに成功する。 その際、黒ゼツはイザナギで蘇生する前にマダラの中に入り込み、オビトが拾われるまで潜んでいた。 輪廻眼の開眼者が現れるのをずっと待っていた黒ゼツは、マダラにあたかも自分が彼の意思であるかのように思い込ませ、第四次忍界大戦でマダラの体を奪い、遂にカグヤを復活させた。 最終決戦においては額の輪廻写輪眼による時空間移動や、一撃必殺の「共殺の灰骨」を駆使してナルト達を追い詰める。 さらに封印を逃れるため、六道仙人から封印の鍵を授かった片方であるサスケを別空間に隔離。 しかし、六道仙術を開花したナルトの多重影分身による物量攻撃で時間を稼がれ、その間にサクラの力を借りたオビトによりサスケを連れ戻され合流を許す。 高重力の空間に誘い込み二人を灰骨で抹殺せんとするが、飛び込んできたカカシとオビトが盾となり、さらにオビトが神威でカカシを守ったことで、どの道死ぬ運命だったオビトを葬るにとどまる。 しかもこれが仇となり、六道化したことで瞳力の増大していたオビトが魂となってカカシに憑依、万華鏡写輪眼の力を貸し与えたことで神威が再び使用可能になる。 その間にナルトの攻撃で黒ゼツの寄り添う左腕を失い、続く仙法・超尾獣螺旋手裏剣で暴走しかかるもどうにか尾獣を安定させ、膨張求道玉で空間もろともの抹殺にかかる。 真っ先にカカシを灰骨で葬らんとするも、完成体須佐能乎は粉砕したものの肝心のカカシは右目の神威によるすり抜けで回避し、逆に彼の「神威雷切」で右腕を切断されてしまう。 その間にナルトとサスケが左右から迫って来るが、左手側のサスケは影分身の変化であったことを見抜いていたカグヤはそちらに灰骨を放ち、ついで右手側のナルト本体には地上に縫いとめられた黒ゼツが灰骨を放つが、落下するカカシが間髪入れず左目の神威を発動して妨害する。 さらに待機していたサスケが「天手力」で崩壊する分身ナルトと入れ替わり、左右から迫る2人から逃げようとする。 一瞬「天ノ御中」で氷の世界に移動しようかとも考えたが、サスケが炎遁を使えることから断念。 直上へ飛行し回避を試みるも、まさにその瞬間、待ち構えていたサクラが渾身の鉄拳を叩き込んでその場に押しとどめ阻止。 「またしても……このチャクラの祖であるワラワが……このような分散したチャクラ共に敗れるとは……」 「何故だ……!!!?」 そのまま2人の持つ陰陽の印を打ち込まれ、「六道・地爆天星」により始球空間にて新たな月として封印される。 さらに黒ゼツもナルトによって共に封印され、次なる復活は絶望的となった。 人物 六道仙人曰く、鬼と呼ばれており、ナルトも「心が無いようだった」と語っている。 六道仙人はチャクラの実を口にした時に何かが始まっていたとも推測した。 戦闘中、チャクラを奪いながらもナルトとサスケに我が子の面影を見出し涙を流すなど、ハゴロモとハムラに母としての情は持ち合わせていたが、その愛情は二人を自らの所有物と称するなど酷く歪んだものであった。 使用術• 白眼 両目に開眼している。 大筒木一族の大半はこの瞳術が使用可能。 輪廻写輪眼 チャクラの実を食したことで額に開眼。 天之御中 額の輪廻写輪眼に宿った固有の術。 始球空間・溶岩の空間・酸の海の空間・砂漠の空間・高重力の空間を一瞬で行き来する。 これらの空間の間はとんでもなく遠く離れており、最高峰の時空間忍術である神威を以てしても、サクラの百豪のチャクラを得た上で流血するほどの負担をかけてやっと接続することができるほど。 黄泉平良坂 血継網羅の術の一つ。 空間に穴を開けて自在に行き来する。 カグヤであれば、天之御中による空間をこれで行き来することも可能。 ただし、カグヤが通れるほどに空間の穴を広げるには少し時間がかかる。 共殺の灰骨 メインの攻撃手段。 全身から突き出す、あるいは掌から射出する骨を敵に突き刺す。 この骨は「灰骨」の名の通り非常に脆いが、突き刺した対象もろともボロボロに崩壊するという文字通り必殺の攻撃。 八十神空撃 柔拳のルーツに当たる体術。 チャクラを溜めた掌で空気を弾き、立て続けの衝撃波を叩き込む。 完成体須佐能乎をあっさり破壊するほどの破壊力を持つ。 兎毛針 髪の毛を千本のように飛ばす。 白眼で点穴を見切って打ち込めばチャクラの使用を妨害できる。 ナルティメットストーム4では求道玉らしき黒いチャクラを棘状に形態変化させて伸ばす攻撃をイベントで見せている。 膨張求道玉 巨大な求道玉を生成・膨張させ、全てを烏有に帰して新たな空間を創り出す。 終焉求道玉 ナルティメットストームでの奥義。 膨張求道玉を攻撃に使用した技で、始球空間に敵を引きずり込み、膨張求道玉を爆裂させて空間ごと吹き飛ばす。 疾風伝でのオリジナルエピソード 原作ではカグヤの過去は不明だったが、疾風伝でのオリジナルエピソードとして放送された。 神樹を追うように地球へと漂着し、当時の世界における祖の国の国主テンジに拾われて結ばれて2人の子を身ごもる。 しかし、以前から祖の国と領土問題により敵対し、挑発を繰り返していた華の国が、和平交渉のために華の国に出向いていたテンジや重臣たちが留守の間に祖の国に侵攻、カグヤが匿われた屋敷も攻め込まれるが、彼女は瞳術で敵兵を殺戮した。 しかし華の国は、これを祖の国に攻め入る口実として利用し、和平交渉に出向いていたテンジに対しカグヤの首を差し出すよう命じ、彼女は祖の国の軍勢からも追われる身となる。 付き人の犠牲を払いながらも神樹の元にたどり着き、神樹の実を口にして現在の姿へと変貌する。 黄泉比良坂で異空間を開いて月を召喚し、無限月読を発動させ、人々を神樹に縛り付けたが人間を絶やさないために記憶を改竄した上で一部の人々を解放した。 ちなみにこの件はアニメオリジナルエピソードであるが、制作にあたって岸本氏の監修を受けているため公式設定と考えて差し支えないだろう(設定に矛盾が生じるのは今に始まったことではないが……)。 2年後では… 劇場版 『』では、彼女の子孫であるがの敵として立ちはだかる。 外伝 連載終了後の外伝作品 『』において、サスケの行った調査によれば、彼女が白ゼツの兵団を作っていたのは自身の存在を脅かす者との戦いに備えてのことである可能性があると判明し、第四次忍界大戦後に十数年のあいだ平穏となった世に新たな争乱が起こることを予感させている。 そして 『』にてその脅威とされる存在、とが訪れた。 新世代 しかし、このモモシキとキンシキは何と 一族のしたっぱであり、その後の物語 『』において、遂にとが出現する。 そしてその脅威を打ち倒す鍵は、ナルトの息子・が握っているようである。 神樹とカグヤの関係性 NARUTOの作品の中でも特に不明なのが、神樹と大筒木カグヤの関係性であるがBORUTOにて徐々に謎が解かれ初めている。 疾風伝でハゴロモ・ハムラとの戦いが描かれたが、実はここまで明かされても十尾の帰趨がよくわかっていない。 岸本氏によるオフィシャルデータブック「陣の書」の「忍博聞録・忍術創生秘録」で「十尾はカグヤが神樹と一体化した姿である」と明記されている。 例えば「兎の女神」の異名は、「月には兎がいる」という伝承に由来していると思われる。 「を食べて力を手にした」という点は『』にてを食べた原初の女性に、「」という点はやなど各神話のと共通している。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

人生三度目の転生先はBORUTOの世界でした【アカデミー編】

ナルト アニメ オリジナル 飛ばす

プロフィール 指輪:玉 左手の第一指(親指) サソリの代わりに『暁』へと入った。 右眼を中心に渦巻いたような仮面を着用している。 その正体は、カカシと同期の忍で、既に死んだと思われていた『うちはオビト』である。 陽気で親しみやすい性格をしている。 しかし、これはオビトがトビを演じているだけで、オビト自身はそのような性格ではない。 トビの性格は、オビトに付き添った『グルグル』が元になっていると思われる。 オビトはかつてはナルトのように前向きで、逆境に明るく立ち向かうような性格だったが、後に現実を受け入れられずに全てを否定するようになってしまった。 万華鏡写輪眼を開眼しており、対象を異空間に移動させる『神威』を使用することができる。 敵の攻撃に合わせて自身の体の一部を異空間に移し、攻撃がすり抜けているように見せかけることができる。 左眼の写輪眼はカカシに移植されているために、『須佐能乎』を使用する事はできない。 初代火影の細胞を埋め込まれている為に、『木遁』を使用することができる。 来歴 『暁』に入ったばかりの時は、サソリの代わりにデイダラと行動を共にしていた。 デイダラとサスケが戦った時には、デイダラが作り出した地雷を地中に埋めて援護した。 しかし、サスケとの戦いでデイダラは死亡し、その後は一人で行動するようになる。 その後、サスケとイタチが戦う事になり、サスケが瀕死になりながらも勝利した。 オビトはサスケを回収し、介抱する。 そして目を覚ましたサスケに、イタチがうちは一族を木の葉隠れ上層部の命令により虐殺した事を語った、そしてサスケを守ろうとしていた事、を話した。 その時、オビトは『うちはマダラ』の名を語った。 イタチの真実を話した事により、サスケは木の葉隠れの里に復讐しようと考えるようになる。 その後、傷が癒えたサスケを五影会談が行われている会場へと連れて行き、うちは一族殲滅をイタチに支持したダンゾウと戦わせた。 その時、ナルトの前に姿を現し、イタチの真実と、サスケが木の葉隠れの里に復讐しようとしている事を告げた。 そして、ナルトとサスケがいずれ戦う運命にあると言い残して消えていった。 そして五影会談の場に姿を現し、全ての人間に幻術をかけて世界を支配する『月の眼計画』のことを明かし、『第四次忍界大戦』を宣言した。 アジトに帰ってからは、サスケにイタチの写輪眼を移植し、『永遠の万華鏡写輪眼』を与えた。 その後、大蛇丸の部下であった薬師カブトが訪れ、戦線協定を持ちかけてくる。 オビトはそれを跳ね除けようとしていたが、カブトがうちはマダラの穢土転生体を見せた事により協定を受け入れた。 その後、オビトは小南を殺害し、長門が使用していた輪廻眼を自身に移植した。 『第四次忍界大戦』が始まるとオビトは人柱力たちの穢土転生体を輪廻眼で操り、戦場に出る。 そしてナルト、キラービー、カカシ、ガイと戦闘を繰り広げる。 オビトは人柱力たちを尾獣化させてナルト達を襲わせるが、ナルトは九尾と和解し、尾獣化を成功させる。 そしてオビトは、仮面をナルトによって割られ、その正体を明かす事になった。 そしてオビトは自身が歪んだきっかけを話し出した。 かつてオビトは、ナルトの父親である波風ミナトの班で、はたけカカシ、のはらリンとチームメイトであった。 オビトは落ちこぼれであり、成績優秀で、他里にも名を轟かせた忍『木の葉の白い牙』の息子であるカカシにライバル意識を持っていた。 そしてリンに対して恋心を抱いていた。 そんなオビトは火影になることを目指していた。 その後、『第三次忍界大戦』が起こり、後に『神無毘橋の戦い』と呼ばれる戦場へカカシ、リンと共に赴く。 そこでリンが敵に攫われ、カカシが左眼に傷を負ってしまう。 オビトはその戦いで写輪眼を開眼させ、カカシと共にリンを助け出す事に成功する。 しかし、敵の増援が現れ、オビト達が居た洞窟を爆破する。 左眼を負傷していたカカシは、死角からの落石に当たり、巨石に押しつぶされそうになってしまう。 それに気づいたオビトは、カカシを庇って巨石に潰された。 自分が助からない事を悟ったオビトは、カカシへ上忍になった祝いとして巨石に潰されていない左眼の写輪眼を送った。 そうしてオビトは死んだと思われていた。 しかしオビトは地下で生き延びていたマダラに助けられて生き延びていた。 オビトはマダラから『月の眼計画』に手を貸すように言われるが、それをきっぱりと断り、すぐにでも木の葉隠れの里に戻ろうとした。 しかし、オビトは身体の怪我からすぐに変えることができなかった。 それからオビトは、白ゼツやグルグルのサポートを受けてリハビリを行う。 そんなある日、カカシとリンが霧隠れの忍から襲われ、窮地に陥っているという情報を白ゼツが持ってくる。 それを聞いたオビトは二人を助けに向かう。 しかし、その先で見たのは、カカシがリンを殺害する場面だった(実はリンは、マダラの企みにより霧隠れの忍により三尾の人柱力にされ、里で暴走させられようとしていた。 それ故、リンは自らカカシに殺された)。 その光景を見たオビトは絶望し、その場にいた霧隠れの里の忍を惨殺した(カカシは気絶していた)。 この時オビトは万華鏡写輪眼を開眼した(自身の眼を持つカカシがリンを殺害したため)。 そしてオビトはリンが死亡した世界を受け入れることができずに、マダラの誘いに乗って『無限月読』を発動させようとする。 その後、限界が来ていたマダラは死に、マダラの代わりにオビトが実行犯として動くことになる。 その後、オビトは長門に輪廻眼を与え、長門たちが『暁』を結成するように仕向けた。 また、オビトは当時の九尾の人柱力である『うずまきクシナ(ナルトの母親であり、ミナトの妻)』の出産に合わせて木の葉隠れの里を強襲する。 出産は尾獣の封印が弱まるタイミングであった。 オビトは産まれたばかりのナルトを人質にとり、クシナを攫い九尾を写輪眼で操った。 そして里の真ん中に九尾を口寄せし、大きな被害を与えた。 そして、かつての師であるミナトと戦う事になる。 しかし、ミナトには敵わず、九尾を支配下から解かれてしまった上に、手傷を負わせられ、撤退することになった。 だが、この時、ミナトとクシナはナルトを九尾から守ろうとして死亡した。 それから、うちは一族がクーデターを起こそうとしているタイミングで再び木の葉隠れの里を襲おうとしていたが、イタチにその事を気取られ、実行には移さなかった。 そして『暁』へと加入した。 全てを明かしたオビトは不完全ながら十尾を復活させる。 十尾の攻撃は凄まじく、忍連合は大きな被害を受ける。 木の葉隠れの里の忍であるネジも十尾の攻撃で死亡した。 オビトはその後、カカシと戦闘を繰り広げ、カカシの雷切により胸を貫かれるも、十尾の人柱力になって復活する。 十尾の人柱力になったことにより、オビトは触れたものを消し去る力を持つ求道玉を操り、凄まじい力を発揮する。 そして十尾を最終形態である神樹の姿に変え、ナルト達に降伏するように言う。 しかし、ナルト達は諦めず、団結した忍連合達に尾獣を抜かれて敗北した。 オビトは精神世界でナルトと話し、今でも火影に憧れている自分がいる事を言い当てられる。 そしてかつての自分を取り戻すようにナルトに呼びかけられ、本来の自分を取り戻した。 オビトは、長門と同じように自分の命を犠牲に『輪廻天生の術』を使って償いをしようとするが、突如現れた黒ゼツに身体を操られ、マダラを生き返らせてしまう。 マダラは十尾の人柱力となり、ナルトの中の九尾を引き抜く。 そこでミナトは(『穢土転生』で蘇った)自身に宿る九尾をナルトに渡そうとするが、黒ゼツに阻止されてしまう。 そこでオビトは自力で黒ゼツからの支配から逃れ、黒ゼツが奪った九尾をナルトに渡すことに成功する。 そして、その後は輪廻眼がマダラに渡らないように、サクラに自身の右目にある輪廻眼を潰すように言う。 しかし、サクラが眼を潰す前にマダラに輪廻眼を奪われ、自身の体も完全に黒ゼツに支配されてしまう。 その後、黒ゼツがマダラを裏切り、大筒木カグヤを復活させる。 その時、オビトは瀕死の状態だったが、六道仙人から力を与えられたナルトにより復活させられる。 そしてカグヤによって異空間へ閉じ込められたサスケを『神威』によって救い出すことに成功する。 そして、カグヤの攻撃から自分の身を犠牲にしてナルトとサスケを守った。 その際、カカシも一緒になってカグヤの攻撃を受けようとしていたが、『神威』でカグヤの攻撃を消してカカシを助けた。 そしてオビトはナルトに「お前は火影になれ」と言い残して塵となって消滅した。 死亡したオビトは、精神世界でリンと再会を果たす。 オビトはあの世に行く前にチャクラとなってカカシの元へ現れる。 そして、期限付きで自身の万華鏡写輪眼を貸し与え、ナルトの前に火影になるように伝えた。 ナルト達がカグヤを封印した後には、六道仙人がナルト達を口寄せするのに協力した。 最後にオビトは自身のこれまでの行いを後悔した。 しかし、カカシに「最後は敵ではなく友として別れることが出来る、俺にとってはそれだけでいい」と声を掛けられ、感謝しながら消えていった。 トビ/うちはオビトの術・技 万華鏡写輪眼 神威.

次の

はたけカカシ (はたけかかし)とは【ピクシブ百科事典】

ナルト アニメ オリジナル 飛ばす

自然発生ではなく、無が研究の末に開発したもの。 塵遁(じんとん) 一度に風遁、土遁、火遁の三つの性質を合わせる血継淘汰。 元々は二代目土影・無が開発 ・使用しており、三代目土影・オオノキは無から教わる事で会得している。 なお、分裂の術を使用すると、塵遁を使用できなくなる。 また、空とカコウが塵遁を使用できるのはオオノキの細胞によって生み出された人造人間であるため。 塵遁・原界剥離の術(じんとん・げんかいはくりのじゅつ) 【、三代目土影・オオノキ、空、カコウ】チャクラを変換したエネルギー場を形態変化させ、接触した対象を分子レベルまで分解する。 作中での使い方は以下の通り。 使用すると金属状の音を発するほか、この術同士がぶつかると周辺の物質が広範囲に消滅する。 両手から作り出した巨大な立方体のブロックを対象者に命中させ消滅させる。 円柱(オオノキの場合は円錐)を模したブロックをビーム状に遠くへ飛ばす。 岩山を消滅させる程巨大な立方体のブロックを出現させる。 作中ではブロックを部分的に割り、雷水龍弾を通した。 血継網羅での性質変化 「 全ての忍術を無にする陰陽遁をベースにした術」とされる。 作中では黒ゼツが風・火・土・雷・水・陰・陽全ての性質変化を組み合わせたと語っており、いわば「 8つ目の性質変化」とも言える。 ヒルゼンは「血継淘汰のさらに上」と分析した。 求道玉(ぐどうだま) 【大筒木ハゴロモ、大筒木アシュラ、大筒木トネリ、、六道オビト、六道マダラ】六道仙術を開花させたものが纏う玉。 本体の背中(ハゴロモは足元)に円を描くように浮いている複数個の黒い球状の物体で、正体は五行陰陽の全ての性質変化を含有した膨大なチャクラの塊。 形態変化を利用してその形状を流動的に変化させることが出来る。 攻撃時は細い棒や球体として飛ばす(後者は閃光と共に炸裂させることも可能)。 本体から約70m離れた所まで飛ばせるが、それ以上はコントロールが効かなくなる。 防御時は錫杖・盾・殻・長い布状といった形に変化させる。 さらに、陰陽遁を併用することが出来、その状態では全ての忍術を無効にする。 ミナトは自身のクナイが接触しただけで切れた他、右腕に攻撃を当てられた際には穢土転生の再生能力が無効化された。 しかし、形態変化で形を変えられる時間は限られており、また自然エネルギーを使用する仙法の攻撃は陰陽遁を乗せても無効化できない。 神剣・(しんけん・ぬのぼこのけん) 【大筒木ハゴロモ、六道オビト】世界を創造したとされる六道仙人の神剣。 刀身が黒く、先端が二又に分かれている。 また、見た目がのとよく似ている。 オビト曰く「思いの強さが剣に宿る」武器であると言う。 実際に使用した際は後悔がフラッシュバックしたためか、ナルトとサスケの「疾風迅雷・威装之一太刀」に押し負け粉砕された。 膨張求道玉(ぼうちょうぐどうだま) 【大筒木カグヤ】神樹に囚われた忍達の膨大なチャクラを吸収し作り出した巨大求道玉。 周辺の物質をことごとく消滅させ、何もない新たな空間を作り出す。 神・樹界降誕(シン・じゅかいこうたん) 【大筒木カグヤ、六道マダラ】無限月読に掛かった者達を拘束しチャクラを吸収し続ける。 詳細はを参照。 兎毛針(とげばり) 【大筒木カグヤ】自らの髪を鋭く伸びた棘の如く対象に突き刺し動きを封じる。 白眼で対象の点穴を見切りつつ使用することで、一気に動きを封じることも出来る。 共殺の灰骨(ともごろしのはいこつ) 【大筒木カグヤ】自身の骨を武器とする術。 掌から放出された灰骨を体に受けた対象は、受けた箇所から朽ち果てて行き最後には全身が塵となる。 無限月読(むげんつくよみ) 【大筒木カグヤ、六道マダラ】詳細はを参照。 八十神空撃(やそがみくうげき) 【大筒木カグヤ】掌にチャクラを練り込みそれを放つことで、夥しい数の比類なき拳撃を浴びせる体術。 完成体須佐能乎を破壊するほどの威力を持つ。 (よもつひらさか) 【大筒木一族】空間に穴を開けて自身が支配する6つの空間内を自在に行き来する。 対象を別の空間に引きずり込むこともできる。 発動する際、印等を必要としない。 通常、他の者が6つの空間へ自由に往来することはできないが、両方の万華鏡写輪眼が備わったオビトが莫大なチャクラを利用することでやっとこの術に神威を共鳴させることができた(逆ができるかは不明)。 また、サスケはゴースト事件解決後に木ノ葉で解析された「牛頭天王」の術式を応用し、輪廻眼でこれらの空間への出入りを可能としたが、出入りの度に大量のチャクラを要する。 その他の血継限界 かぐや一族 屍骨脈(しこつみゃく) 【君麻呂、薬師カブト 】かぐや一族に伝わる、体内の骨を自在に操る能力。 ・・濃度など、骨に関係あるものであれば制約無く自由自在に操れるため、骨の生成・分解・硬化なども思いのままである。 状態2の君麻呂は骨と身体の融合が可能。 カグヤが持つ骨を操る能力の名残。 唐松の舞(からまつのまい) 【君麻呂】体中から無数の骨を突き出す。 早蕨の舞(さわらびのまい) 【君麻呂、薬師カブト 】地中でも発動できる舞で、地上に無数の鋭い骨の刃を出す。 骨と一体化して自由に移動できるため、回避されても不意打ちが可能。 その光景は巨大な剣山の様で、太さは自在。 君麻呂は大蛇丸の呪印による状態2の姿で使用可能となる。 椿の舞(つばきのまい) 【君麻呂】骨の刀を形成して肩から抜き取り、連続して敵を突く。 十指穿弾(てしせんだん) 【君麻呂】指の骨飛礫を飛ばす。 回転が加えられており、いかなる硬質な物質でも貫かれてしまう。 鉄線花の舞・蔓(てっせんかのまい・つる) 【君麻呂】背中から脊柱を引きずり出す。 脊柱は非常に長く、鞭のようにしなる。 これによって敵を捕らえることが可能。 君麻呂は状態2の姿で使用可能となる。 鉄線花の舞・花(てっせんかのまい・はな) 【君麻呂】最硬化した骨で巨大な矛を作り、相手を貫く技。 膨大なチャクラを用いる術のため、状態2の姿で使用可能となる。 その分チャクラの消耗も激しく、決して外さぬよう敵を「蔓」で捕える必要がある。 柳の舞(やなぎのまい) 【君麻呂】骨の刀で攻撃するが、状況によって技の形は変化する。 左近・右近 双魔の攻(そうまのこう) 【、薬師カブト】「双魔の術」とも言う。 作中での使い方は次の通り。 左近と右近がそれぞれ体を共有している状態を意味する(普段は左近が表に出ている)。 中に入っている方はどこからでも自分の体のあらゆる箇所を飛び出させることができる。 カブトは自身が取り込んだ人物の細胞を移植し、取り込んだ人物と体を共有した状態になり、その人物が変わると姿や術も変化する(伝異遠影)。 この力で取り込んだ人物の術の使用を可能にした。 寄生鬼壊の術(きせいきかいのじゅつ) 【右近】肉体を分解して相手の体内に入り込み、細胞を自分の細胞で侵食する暗殺専門の術。 相手が自傷すると負傷するが、逆に使用中に無傷で術者を攻撃することは出来ない。 右近は状態2で使用可能となる。 多連脚(たれんきゃく) 【左近、右近】双魔の攻で体を共有している状態で蹴りつけると同時に、右近の両足を伸ばすことで三本分の威力を叩き込む。 多連旋風(たれんせんぷう) 【左近、右近】双魔の攻で体を共有したまま、多連脚と自身の回転を加えることで旋風を発生させる。 アニメ版オリジナルの術。 多連拳(たれんけん) 【左近、右近】双魔の攻で体を共有している時に相手を殴る。 一見1本の腕での高速パンチに見えるが、実際は中に入っている方の手も加わっている。 この時は中の方の手で相手を捕まえるなど応用性が高い。 劇場版オリジナル 鬼芽羅の術(のじゅつ) 【卑留呼、壱】『火の意志を継ぐ者』に登場。 長い年月を経て卑留呼が開発した禁術で、他者の体を融合させることで、血継限界(作中で使用したのは・・・で、さらにカカシを取り込み写輪眼も得る予定だった)を習得する。 中には独自のものも含まれる。 壱が使用したものは自身の口寄せ動物と体を共有した弐と参、及び自らを合成させ、最終的に強化された口寄せ動物のを作り出している。 「者の書」では、その三者が血継限界とされている。 はうちは一族惨殺事件の時に開眼した時は1つ、第三次忍界大戦で開眼したオビトは開眼時から2つ、ハゴロモの場合は開眼時から3つだったりと、個人によって差がある模様• NARUTO ナルト 疾風伝 第338話 イザナギとイザナミ• ぴえろ公式ブログ 2014年6月19日• 術の使用毎に失っていく視力には個人差があるのか、術の使用頻度と視力は単純に比例しておらず、例えばカカシとオビトでは、オビトの方が瞳術を頻繁に使用しているにも関わらず、視力を失っているような描写はない。 その一方でカカシは失明寸前に陥っていたりする。 十尾の人柱力となった状態では使用不能になっていた。 アニメでは更に九喇嘛もダメージを受けた。 六道の術や輪廻眼の固有の瞳術は血継限界に分類される。 名称は陣の書より• 例えば嵐遁はダルイが水遁の術と雷遁の術を使用していることから。 照美メイは水・土・火の3つの性質変化から木(水+土)を除く(土+火)・(火+水)の2つの血継限界を使用できる、など• 当時は原作で氷遁という設定自体が未登場であり、それが血継限界であること、下記の魔鏡氷晶が氷遁であることの双方も公表されておらず、実質映画オリジナル忍術となっていたため血継限界を写輪眼でコピーできない設定が反映されなかった。 単行本 巻ノ七十一 681「カグヤの涙」より。 陣の書より。 『陣の書』236ページ• 陣の書259頁より。 発動直後は不完全であり、陰陽遁が乗っていなかったためか扉間とヒルゼンは再生している。 しかし、その後攻撃を受けたミナトは再生できなくなっている。

次の