公認会計士 難易度 勉強時間。 公認会計士試験の難易度と合格率を徹底解説|資格の学校TAC[タック]

USCPA(米国公認会計士)の難易度(1):必要学習時間

公認会計士 難易度 勉強時間

難易度を定量的に分析する 合格率・合格者数 まずは、概要でもお伝えしましたが、もう一度公認会計士試験の合格率と合格者についてを見てみましょう。 合格率は一番低い2011年で6. 一番高い2007年で19. これは、2006年の新試験移行後に多くの合格者を輩出させた結果として合格率も高くなったことが原因です。 その後、 2015年を境に合格率・合格者ともに上昇傾向にあり、最近3年は合格者数が100人ずつのペースで増加しています。 これは近年の会計士不足を背景に合格者数を増加させたいという金融庁の意図があります。 公認会計士が一番多く所属する監査法人は上場企業を主な監査先(クライアント)にしているので、日本経済の影響をもろに受けます。 つまり、日本経済が低迷している際には、合格者数は少なくなる傾向になり、逆に近年のように株価も上がりIPO数も増加している場合は、会計士に対する需要が高まるため、合格者数は高くなる傾向になります。 今は日本経済が比較的安定していることもあり、合格者数も安定して増え続けていますが、今後の見通しは不透明で、また、合格率・合格者数が低下することも予想されます。 とはいえ、現在人手不足の監査法人の状況がすぐに変わるとは考えにくく、今後2年程度は現在の合格者数・合格率から大きく変わることはないと考えられます。 したがって、 今から会計士を目指す方は、合格率10%を前提に考えればいいでしょう。 公認会計士試験の受験者層 次に見るのは受験者層です。 下表は、2018年公認会計士試験の受験者の職業別分類です。 合格者のうち最も多いのは、大学在学者の56. この場合の無職とは受験に専念している人たちのことを指し、大学受験でいうところの浪人生です。 これが意味するのは合格者の大半はフルタイムで受験勉強に取り組める時間がある人ということになります。 また、学生のレベルとして、正確なデータはないものの、受験生時代と監査法人での経験から言って、 ボリューム層は早慶・March、関関同立あたりです。 特に多いのは早慶で、監査法人で仕事をしていると大体10人に3、4人は早慶出身の方という感覚です。 このあたりの大学の偏差値は60~70前後ですので、日本の上位15%程度のレベルの人が合格者のボリュームゾーンであると考えられます。 (正規分布を前提として場合) 私には絶対に無理と思ったら ここまで見て、「自分が公認会計士試験に合格するなんて絶対に無理」と思われている方もいるかと思います。 なにせ、 March以上のレベルの人たちが2年間4000時間以上勉強したにもかかわらず、10人に1人しか受からないことがデータで示されているわけですから。 多くのほかのサイトでも同じようなデータや公認会計士試験の難しさ、難易度の高さが指摘されていると思います。 というわけでここからはこれらのデータについてぶっちゃけながら語って行きたいと思います。 結論から言えば、そこまで会計士試験のハードルは高くないということです。 合格率のからくり 詳しくはまたしても別記事で解説しましたが、合格率の低さと難易度の高さとは関係はありません。 短答式試験と論文式試験ではいろいろと条件が異なるのに別々に考えることにします。 まず短答式試験の合格率は約15%ですが、これは受験を申し込んだ人に対して、の合格者割合です。 実際に受験を受けたではどうでしょうか。 お分かりかと思いますが、欠席者が1905人もいます。 これは例年よりも少し多い人数ですが毎回1000近くは欠席者が出ます。 次に考えるべきは記念受験者です。 大学受験を経験した人ならわかると思いますが、受験には絶対に受かる見込みがないにも関わらず、とりあえず申し込んだのだから試験ぐらいは受けるという層の人たちがいます。 会計士試験にもこういった層の人たちは存在しています。 例えば、「本命は12月試験だけど、練習として5月試験を受けてみる」みたいな人です。 もう一つのデータは上の試験時の受験者の得点を分布で表したものです。 得点比率50%以下の人が約4000人います。 さらにいえば、短答式試験は年に2回あるため、単純にこの合格率は倍になります。 (確率論的には倍ではありませんが、イメージとして)また、短答式試験は司法試験とは異なり、人生における受験回数の制限がありませんので、何回でも受けられます。 つまり勝負できる層にいるのであれば、短答式試験を受け続けることによって、確率的にはほぼ合格することは間違いない試験だと考えられます。 さらに同じ話が論文式試験にも言えます。 論文式試験は8月に行われるため、5月短答合格者よりも12月短答合格者の方が合格率は高くなります。 したがって、12月合格者の実質的な合格率は50%弱だと考えられます。 とはいえ、論文を3年間受け続けるのはモチベーションを保つのもまた経済的にも難しいので、実際はこれよりもさがって、40%程度に落ち着くのでしょうか。 いくつかの仮定は置いているものの、合格率30%の試験と分かれば、なんとなくいけそうな気もしてきませんか? 勉強時間に面食らうな 試験に合格するまでの勉強時間は上で4000時間とお伝えしました。 私も合格までに大体これくらいの時間勉強をしていると思います(記録が残っているのは約3000時間分)。 また、合格体験記などを見ていると一日12時間毎日勉強していたとか、14時間とかはては16時間とか勉強している人がいて面喰ってしまうかもしれません。 そんな長時間自分は勉強できないと思うかもしれませんが、心配しなくてもそこまで勉強しなくても合格はできます。 前述したとおり、2年間で4000時間勉強すればいいので、一日約6時間でいいわけです。 そう考えれば、あなたも実はいままでそれくらいの時間勉強していませんでしたか? 例えば、高校だと50分授業が6時間あるとすれば、一日5時間です。 週に5日で、年に約半分の28週授業があるとすれば、年間700時間です。 三年間で2100時間勉強していることになります。 もちろん授業だけでなく、課題の時間と塾の時間を入れると、年間1200時間、三年間で3600時間は勉強していたのではないでしょうか。 また、社会人の方なら、少なくとも一日8時間多い人では12、3時間は働いているでしょうから、年間休日が120日だとすれば、一年で2450時間(一日10時間計算)働いていることになります。 4000時間という時間はもちろん長時間ですが、多くの人が今まで小中高、社会人とこれくらいの時間を一つのことに費やしているわけですから、全く不可能とは思わないと思います。 上記の通り、会計士試験受験生の大半は一日中受験勉強に専念できる人が中心なわけですから今まで、高校に行っていたのと同じように専門学校に行く。 今まで職場にいっていたのと同じように専門学校に行く。 ただそれだけのことです。 でもみんなただそれだけのことができません。 実際問題4000時間をしっかり試験勉強に費やせた人はほぼ間違いなく受かっています。 会計士試験の本当の難しさは、勉強しても試験に受からないことではなく、長期間の勉強を続けられない事なのです。 逆に続けられさえすれば、どんな人でも確実に受かるとまでは言えませんが、全く勝負にならないなんてことはあり得ません。 というか多分受かります。 まとめ 定量的にみると、公認会計士試験の難易度はとんでもないです。 かなりレベルの高い人たちが必死にやっても10%しか受からない試験に見えます。 でも数値はよくよく見る必要があります。 それこそが会計士に必要な力とも言えますが。 というより、受験制限が大学受験や司法試験と違ってないわけですから、受かるまで受け続ければいいわけです。 勉強時間も総時間数でみると面喰いますが、実際は一日6時間程度でいいわけです。 高校生は毎日3年間同じくらい授業を受けているわけですから、あなたにできない理由はありません。 この試験を一番の難しさは2年間にわたって勉強をやり続けることにあります。 その一点さえクリアできれば、というか、そこだけに注意して勉強をやり続ければ、周りは勝手はリタイアしていってくれます。

次の

公認会計士試験の勉強時間・期間は?大学生・社会人・科目別の目安を解説

公認会計士 難易度 勉強時間

米国公認会計士とは名前の通りアメリカの公認会計士で、一般的にはUSCPAと呼ばれています。 アメリカの公認会計士と言っても、州毎に管理されているので、州毎に資格要件やライセンスの種類が異なります。 ちなみに私が保有しているのはグアム州のInactiveというライセンスです。 難易度は? 日本の公認会計士試験に比べると、米国公認会計士試験の方が難易度は低いと思いますが、決して簡単な試験ではありません。 ただ、日本の公認会計士試験に出てくるような奇問はほとんどなく、基本的なことが問われることが多いです。 もちろん英語での試験なので、英語の読み書きがネイティブ並みであることが大前提です。 米国公認会計士の収入目安 米国公認会計士の収入目安どういう仕事をするかによって全然違いますが、監査法人に入れば未経験でも、最低年収400万円以上はあると思います。 ただ資格を取ったからすぐに年収が上がるというわけではありません。 米国公認会計士の受験資格 米国公認会計士の受験資格受験資格は州毎に異なるので、個別に確認する必要があります。 ただほとんどの州が大学での会計系単位やビジネス系単位を受験資格にあげています。 私もそうでしたが、大学で必要な単位を取れていない方は、別途取得する必要があります。 米国公認会計士になるために必要な勉強時間 予備校では1年〜2年と言っている所が多いですが、英語も会計も初めてという方であれば、もっと時間がかかるかと思います。 合格するためには毎日継続してコツコツ勉強することが大切です。 合格するまで空き時間は遊ばず常に勉強するという覚悟が必要だと思います。 独学で資格取得するためのコツ 独学は正直かなり難しいと思います。 まず、各州のウェブサイトから受験要件等を調べて、どの教材を使うのかも考えなければなりません。 海外の教材は全て英語なのでネイティブでなければ、インプットがかなり大変だと思います。 また単位も自分でアメリカの大学で取る必要があります。 お金は節約できますが、勉強以外でやることが多く、時間もかかるということを留意しておいて下さい。 コツではありませんが、英語がネイティブレベルで、しっかり自分で管理してできる方であれば、独学も可能でしょう。 まとめ(by ヘイショー).

次の

中小企業診断士と公認会計士のダブルライセンスはどう? ~仕事内容や試験の難易度・勉強時間から検討します|中小企業診断士の通信講座 おすすめオンライン講座の比較・ランキング【コスパ最高・独学に最適】2021年向け最新版

公認会計士 難易度 勉強時間

公認会計士試験と税理士試験の違いを一言でいうなら、質の難易度が高いのが公認会計士、量の難易度が高いのが税理士です。 公認会計士試験は短答式試験と論文式試験の2段階に分かれており、その両方に合格する必要があります。 短答式試験は年に2回、5月の下旬と12月の上旬に行われ、試験科目は財務会計論、管理会計論、監査論、企業法の4科目です。 マークシートによる択一式で行われます。 合否判定は科目ごとではなく一括で行われ、総点数のおよそ70%が合格の基準です。 ただし、40%に満たない科目がある場合は不合格とされることがあります。 なお、短答式試験は一度合格したらずっと有効というわけではなく、その後2年間のみ有効です。 論文式試験は毎年1回、8月中旬に3日間かけて行われます。 試験科目は必須科目と選択科目があり、いずれも記述式です。 必須科目は会計学(財務会計論、管理会計論)、監査論、企業法、租税法で、選択科目は経営学、民法、統計学の中から1科目を選んで受験します。 合否判定は短答式試験と同様に一括で行われ、総点数のおよそ52%が合格の基準です。 40%に満たない科目がある場合、不合格とされることがある点は短答式試験と同様です。 公認会計士試験の合格に必要といわれている勉強時間はおよそ5,000時間、合格までにかかる期間は平均で2~3年程度といわれています。 金融庁が公表したデータによれば、2019年における公認会計士試験の最終合格率は10. 7%、2018年が11. 1%、2017年が11. 2%なので、10%程度とみておけば良いでしょう。 試験は必須科目(簿記論、財務諸表論)、選択必須科目(所得税法、法人税法)、選択科目(相続税法、消費税法、事業税、国税徴収法、酒税法、住民税、固定資産税)の3種類です。 この中から5科目に合格すると、最終合格となります。 なお、簿記論と財務諸表論は必ず合格する必要がありますが、所得税法と法人税法はいずれか1科目(両方の受験も可)、残りは選択科目から自由に選ぶことが可能です。 興味のあるものや負担の少ないものを選ぶなど、基準はさまざまですので、自分に合ったものを選びましょう。 税理士試験は公認会計士試験と違い、1科目ずつ受験することが可能です。 また、一度合格すれば一生有効です。 そのため、1年に1科目ずつコツコツと受験する社会人も多くいます。 税理士試験に合格するために必要な勉強時間は、公認会計士試験と同様でおよそ5,00時間といわれており、合格するまでに要する期間は3~5年程度といわれています。 税理士試験が公認会計士の試験と違うのは、科目ごとの勉強量です。 税理士試験は非常にボリュームが多いため、1年に1~2科目ずつ受験する人が多い傾向です。 税理士試験のボリュームを物語るエピソードの1つとして、1回の受験で5科目すべてに合格する人がほとんどいないということがあります。 受験のしやすさでいえば税理士試験のほうが有利ですが、トータルでは税理士試験のほうが難しいといって良いでしょう。 社会人受験生も多く、科目合格率は10%前後です。 そのため、受験するにあたり必要な勉強量が必然的に多くなります。 税理士試験であれば1科目ずつ受験することができるので、1回の受験における勉強量をおさえることができます。 そのため、公認会計士試験を受験する人は、受験に専念できる環境のある人が多い傾向です。 たとえば、大学生が在学中の合格を目指したり、卒業しても就職せずに実家で暮らし、短期間での合格を目指したりするようなケースです。 正社員として働く社会人が公認会計士試験の受験を志すのであれば、受験環境はこうした人よりも不利になりますので、相応の決意が必要です。 社会人合格者は例年、10%に満たないといわれていますが、こうしたデータが働きながら受験する社会人にとって不利であるという事実を物語っているといえるでしょう。 短答式試験は合格しても2年という有効期限があります。 2年以内に論文式試験に合格できなければ、再び短答式試験からやり直すことが必要です。 そのため、公認会計士試験は受験に専念できる環境のある人に向いているといえるでしょう。 受験者としては学生やフリーターが多い傾向です。 一般の会社員だけでなく、会計事務所で補助者として働きながら合格を目指す人も多くいます。 税理士試験は公認会計士試験と違い、科目合格制を採用しています。 そのため、毎年1科目ずつ受験することが可能です。 ただし、毎年1回で合格できるとは限らないので、合格できない科目があることを見越し、毎年2科目ずつ受験するようなやり方をする人が多いといえます。 公認会計士試験や税理士試験は独学での合格が非常に難しく、専門学校の講座を受講して勉強をする人が大半です。 社会人として働きながら専門学校の授業を受ける場合、平日の夜間や休日を使って受講することになります。 その結果、仕事以外の時間の大半を試験勉強に費やすことになり、負担が大きく続けることが困難です。 そのため、1回の受験における勉強量をコントロールできる税理士試験のほうが向いているといえます。 そのかわり、最終合格までの期間は長くなりますので、合格したときの年齢も考慮して計画を立てる必要があります。 いずれにせよ、社会人が働きながら受験するのは大変な試験なので、計画をしっかり立てて受験に臨むことが必要です。 そのため、受験をするにあたっては情報収集をしっかり行って、合格までの計画を立てることが大事です。 受験対策講座を行っている専門学校では無料相談を受け付けているところが多くあるので、話を聞いてみるのもおすすめです。 会計事務所や税理士事務所での求人情報が豊富な「会計求人プラス」は、あなたとあなたを必要としている企業様を繋ぐ求人マッチングサイトです。 会計業界に特化しており、会計事務所、税理士事務所をはじめとして、公認会計士事務所、コンサルティング会社、一般企業の財務・経理などの求人情報を中心に公開しています。 異業種から会計業界へ転職を希望している方をはじめ、これから税理士や公認会計士を目指す方や、今までの税務・会計の知識・経験を活かしてスキルアップしたい方を応援します。 総合転職サイトとは違い、独立開業を支援している企業や資格学校への通学を考慮してもらえる企業など、会計業界ならではの視点で求人を探すことも可能です。

次の