寝ろ吉村 起きろ井戸。 <吉村寝ろ><井戸起きろ><大村寝てろ>知事3人への声がSNSを席捲! 「大阪府知事の目の下にクマ」「兵庫県知事はどこ

<吉村寝ろ><井戸起きろ><大村寝てろ> 知事3人への声がSNSを席捲! 「大阪府知事の目の下にクマ」「兵庫県知事はどこ?」「愛知県知事は…」 (1/3ページ)

寝ろ吉村 起きろ井戸

新型コロナウイルスの感染拡大への対応は各都道府県知事の評価を決定的なものにしたようだ。 SNS上ではハッシュタグをつけて、これまでの対応を採点する動きがみられる。 迅速な動きで評価を高めたのが大阪府の吉村洋文知事だ。 不要不急の外出自粛を呼びかけ、陣頭指揮で対応にあたるほか、テレビ番組やツイッターでの積極的な情報発信など、昼夜問わず、働き続ける姿がネットユーザーの支持を集めた。 11日に「 吉村寝ろ」がトレンド入りした。 同様の評価は東京都の小池百合子知事も獲得。 東京五輪が延期されるまではくすぶり続けていたものの、休業要請を巡り国と真っ向対立。 経済より人命を優先させる方針を一貫し、押し切った。 1事業者に50万円の協力金を支払うことも歓迎され、存在感は上昇。 「社長かと思ったら中間管理職」の名言も秀逸で、「 百合子ありがとう」とたたえる声が相次いでいる。 一方で、迷走したのが兵庫県の井戸敏三知事だ。 大阪-兵庫の往来自粛要請の際には、「大阪はいつも大げさ」と露骨な不快感を示した。 学校再開についても方針が二転三転し、危機感のなさを露呈。 評価は「 井戸起きろ」となっている。 そして、これを上回るさんざんな評価なのが愛知県の大村秀章知事。 新型コロナに対する妙な自信を示し、学校問題では休校延長をなかなか決断せず、県民から抗議が殺到した。 さらに、政府の専門家会議から愛知の医療体制がひっ迫していると指摘されると「何を言ってるんだ」「大変迷惑だ」と逆ギレ。 しかし、結局、感染者が急増し県独自の緊急事態宣言を発令することになった。 ネット上では「 大村寝てろ」のほか「愛知のテドロス」のニックネームも……。 (ENCOUNT編集部).

次の

吉村寝ろ!井戸起きろ!大村寝てろ!百合⼦ありがとう!コロナ対応

寝ろ吉村 起きろ井戸

その対象に、、、、、、の一都六県が入りました。 被害が多く出ている地域が中心ですが、そのまま数上位の7地域ではありませんでした。 そんななか、では若き・知事の名前がでトレンド入りしました。 関連記事: <吉村寝ろ> 「いつ見ても率先して指揮を執り、対策に奮闘している」と、民からの評判は上々でした。 しかし、頑張りすぎているのか、吉村知事の目の下にはクマがあり、相当疲れているのが、誰の目からもです。 そんな吉村府知事の姿を見た人たちから、上で一斉に<吉村寝ろ>と声が上がったのです。 そんな折、もうひとつのがにトレンド入りします。 <井戸起きろ> のお隣で同じくの対象となっているの井戸敏三知事です。 騒動で各の知事がに露出しているなか、「知事って誰だっけ?」と揶揄されるほど、井戸知事の姿はあまり見られません。 「本当に仕事してるのか?」「頼むから仕事してくれ」「というか寝てるのでは?」と県民には不安がられて、ついには<井戸起きろ>のがトレンド入りしてしまいます。 <吉村寝ろ><井戸起きろ>…とくれば最後のオチはやはりこの知事でした。 参考記事: 「県民の一段と厳しいで、自粛をお願いしたい」 、対象から外れていたの大村知事が県独自にを出しました。 つい最近までにも消極的だったことから、県民からは「これ以上かき回さないでくれ!」と怒りと困惑の声が上がっています。 そして、県民の大村知事への想いは、この言葉に集約されるのです。 <大村寝てろ> 知事の<吉村寝ろ>の声は、かつての時に不眠不休で会見していた(当時)に対する<>を彷彿とさせます。 その裏を突いたの<井戸起きろ>もかなりのでしょう。 しかし、そのすべてをひっくり返す<大村寝てろ>は、かつての総理(当時)の<菅寝てろ>を凌駕するオチです。 しかし、の時は<>や<菅寝てろ>が笑い事ではなくなりました。 <吉村寝ろ><井戸起きろ><大村寝てろ>の3点をまだ少しはいじれるうちに、を終息に向かわせたいものです。

次の

<吉村寝ろ><井戸起きろ><大村寝てろ>知事3人への声がSNSを席捲! 「大阪府知事の目の下にクマ」「兵庫県知事はどこ

寝ろ吉村 起きろ井戸

新型コロナウイルスの感染拡大への対応は各都道府県知事の評価を決定的なものにしたようだ。 SNS上ではハッシュタグをつけて、これまでの対応を採点する動きがみられる。 迅速な動きで評価を高めたのが大阪府の吉村洋文知事だ。 不要不急の外出自粛を呼びかけ、陣頭指揮で対応にあたるほか、テレビ番組やツイッターでの積極的な情報発信など、昼夜問わず、働き続ける姿がネットユーザーの支持を集めた。 11日に「 吉村寝ろ」がトレンド入りした。 同様の評価は東京都の小池百合子知事も獲得。 東京五輪が延期されるまではくすぶり続けていたものの、休業要請を巡り国と真っ向対立。 経済より人命を優先させる方針を一貫し、押し切った。 1事業者に50万円の協力金を支払うことも歓迎され、存在感は上昇。 「社長かと思ったら中間管理職」の名言も秀逸で、「 百合子ありがとう」とたたえる声が相次いでいる。 一方で、迷走したのが兵庫県の井戸敏三知事だ。 大阪-兵庫の往来自粛要請の際には、「大阪はいつも大げさ」と露骨な不快感を示した。 学校再開についても方針が二転三転し、危機感のなさを露呈。 評価は「 井戸起きろ」となっている。 そして、これを上回るさんざんな評価なのが愛知県の大村秀章知事。 新型コロナに対する妙な自信を示し、学校問題では休校延長をなかなか決断せず、県民から抗議が殺到した。 さらに、政府の専門家会議から愛知の医療体制がひっ迫していると指摘されると「何を言ってるんだ」「大変迷惑だ」と逆ギレ。 しかし、結局、感染者が急増し県独自の緊急事態宣言を発令することになった。 ネット上では「 大村寝てろ」のほか「愛知のテドロス」のニックネームも……。 ENCOUNT編集部.

次の