無印 レトルト カレー。 便利なレトルトは添加物だらけ?おすすめ無添加レトルトカレー3選

【最新】無印良品「人気カレー」ランキング!世界の味が手軽に味わえる♪

無印 レトルト カレー

素材を生かしたカレー「ゲーンパー(森のカレー)」 素材を生かしたカレー「ゲーンパー(森のカレー)」180g 350円(税込) パッケージに赤い唐辛子マークで辛さの目安が(1辛~5辛)表示してあります。 ゲーンパーは4辛です。 【原材料】• 野菜(ヤングコーン、さやいんげん)、蒸し鶏肉(タイ製造)、カレーペースト、たけのこ水煮、きくらげ水煮、なたね油、ぶなしめじ水煮、魚醤(魚介類)、チキンエキス、クラチャイ、こぶみかんの葉ピューレーおろししょうが、でん粉、レモングラス、スイートバジル、赤唐辛子、(一部にえび、鶏肉、魚醤(魚介類)を含む) 【栄養成分】1 袋(180g)あたり• エネルギー 171kcal、たんぱく質 7. 0g、脂質 12. 2g、炭水化物 8. 3g、食塩相当量 3. 0g ゲーンパーとはタイ語で、ゲーン=カレー、パー=森という意味です。 もともとゲーンパーはタイカレーの原型といわれているタイ東北地方(イサーン地方)の料理で、山の幸をふんだんに使って作られているので「森のカレー」とよばれているそうです。 具沢山です! 具材は鶏肉、たけのこ、きくらげ、ぶなしめじ、ヤングコーン、さやいんげん、が入っています。 鶏肉は崩れたものが少しだけで、山の幸がたくさん入っています。 カレーの色が赤茶色で、とても辛そうです。 グリーンカレーの辛味が赤唐辛子に変わった感じに近いかなと思います。 スパイシーな香りでハーブのすっきり感と酸味もあり、赤唐辛子の辛さが効いてます!! ヒィー、ヒィー、フゥー。 ヒィー、ヒィー、フゥー。 前回食べたマレーシアカレー「ビーフルンダン」「マサレマ」「カリアヤム」はココナッツミルクがたくさん使われていましたので、また全然違った味わいで美味しかったです。 「ゲーンパー」は赤唐辛子の辛さとハーブのすっきり感と酸味で、暑い夏にピッタリなカレーだと思いました。

次の

無印良品の「レトルトカレー」早見表を作ったよ! 辛さ、濃厚さなどひと目でわかります【2018年7月バージョン】

無印 レトルト カレー

絶対食べるべき• 買って後悔することはない• あまりおすすめはしない• なお、すべて独断と偏見に基づきます。 ご了承ください。 非常においしく、誰にでもおすすめできる逸品をチョイスしました。 無印良品「ごろり牛肉のスパイシーカレー」 個人的におすすめ度ナンバーワンが、こちらの「ごろり牛肉のスパイシーカレー」です。 欧風カレーのコクの深さと、インドカレーのスパイス感を足し合わせたようなテイストのカレーで、超絶品に仕上がっています。 隠し味に味噌やコーヒーをブレンドしており、これらが味や風味を下支えしてくれている印象。 万人ウケする味で、本当においしいので、ぜひ食べてみてほしいです。 こちらのカレーについては、以下の記事で詳しく書いていますので、気になった方はぜひご覧ください。 無印良品「バターチキンカレー」 無印良品のカレーの中で最も人気なのが、この「バターチキンカレー」。 その人気に違わず、非常にレベルが高いですね。 バターのマイルド感・コクとトマトのフレッシュ感や酸味が絶妙にマッチしています。 インドカレーのお店で食べるバターチキンカレーは、バター感が強くてこってりしていますよね。 しかし一方で、無印のこちらはよりトマト感が強く、酸味が程よく効いているおかげでややあっさりしたテイストなので、より食べやすいかと。 人気なのもうなずける、非常にレベルの高いカレーなのでおすすめです。 以下の記事には、より詳細なレビューを書いておりますので、あわせてご覧ください。 無印良品「プラウンマサラ」 プラウンマサラは、海老を使ったクリーミーなカレーのことです。 南インドのカレーをお手本に作られています。 このプラウンマサラですが、非常にクリーミーで食べやすい! コクがかなりあっておいしいですし、全体的にマイルドに仕上がっています。 とはいえスパイス感もあるので、甘ったるいということもありません。 具材のタケノコも非常に良いアクセントになっていて、本当におすすめのカレーですね。 マッサマンカレーの詳しいレビューは、以下の記事を読んでみてください。 無印良品「マッサマン」 マッサマンカレーは、ローストピーナッツを使ったタイカレーです。 真っ赤な見た目からは想像ができないくらい、コクがあってマイルドな味わいに仕上がっています。 スープカレーのようなサラサラとしたルーなのに、まろやかさで濃厚なカレーに仕上がっていてとても美味しいです。 詳しいレビューについては、以下の記事を読んでみてください。 無印良品「3種の唐辛子とチキン」 唐辛子を使ったこちらのカレーは、口に入れた瞬間はややマイルドで、噛んでいくごとに辛さをジワジワと感じられます。 辛さを示す唐辛子マークはMAXの5つということで、スパイス感が強いのですが、野菜系のうまみや甘みがかなりあるためか、意外にも食べやすい。 この辛さと旨味・コクのバランスが非常に秀逸で、めちゃくちゃおいしいです。 詳しいレビューに関しては、以下の記事を読んでいただけたらと思います。 無印良品「トマトのキーマ」 トマトのフレッシュ感が非常に強く感じられる、「トマトのキーマ」。 全体的にさっぱりとしたテイストのカレーなのですが、ひき肉の旨味もしっかりと感じられるので、とてもおいしいです。 酸味とうまみが良く調和していて、どんな人にでも食べやすく仕上がっていますね! ボリュームも程よくあるので、男女問わずおすすめしたいカレーです。 詳しいレビューについては、以下の記事をご参照ください。 こちらのカレーはおいしく食べられるので、買って後悔することはないでしょう。 無印良品「ダール」 ダールは、豆を使ったインドカレーのことです。 豆がたくさん入っていて、ホクホクした食感がとても良い感じ。 また、ルーもとろみのあるやさしい味のルーに仕上がっているので、どんな方でも召し上がっていただけます。 油っぽさがなく、非常にあっさりとしたテイストのカレーなので、飲んだ次の日に食べても良さそうな感じですね。 ダールの詳細なレビューについては、以下の記事を参照していただけると幸いです。 無印良品「牛ばら肉の大盛りカレー」 牛ばら肉がゴロゴロ入っているこちらのカレー。 通常の無印のカレーは1人前180gなのですが、こちらは300gとなっています。 味は定食屋さんで食べるような、懐かしさも感じられるスパイシーな味わい。 ガッツリ食べたい腹ペコ男子にはもちろん、シェアして食べるのにもおすすめのカレーです。 詳細なレビューについては以下の記事にあるので、ぜひ読んでみてください。 無印良品「スパイシーチキンカレー」 無印良品のカレーの中では、バターチキンカレーと並ぶ知名度を誇る「スパイシーチキンカレー」。 ブラックペッパーやガラムマサラといった、インドカレーによく使われるスパイスが調合された、本格的なカレーです。 見た目はベーシックですが、意外と刺激の強いカレーに仕上がっている印象ですね。 ややビリっとくるスパイシーな味とチキンの旨味のバランスがよく、おいしく食べられます。 以下の記事には、スパイシーチキンカレーに関して詳しく書いていますので、ぜひご覧ください。 無印良品「国産りんごと野菜のカレー」 「国産りんごと野菜のカレー」は油っぽさが全くなく、非常にあっさりとしたテイスト。 かなり食べやすいですし、また野菜もたっぷり入っているので、めちゃくちゃヘルシーです。 りんごのみずみずしさがルー全体に効いており、カレー全体に軽さを出してくれています。 全く辛くないのですが、りんごの自然な甘さなので甘ったるい感じはなく、老若男女問わずおいしく召し上がっていただけると思います! 詳しいレビューは以下の記事をご参照ください。 無印良品「チキンとごろごろ野菜のスープカレー」 「チキンとごろごろ野菜のスープカレー」は野菜と鶏肉のダシが非常に効いた、和のテイストが感じられます。 また、カレー自体はスパイシーに仕上がっているので、辛いものが好きな人にぴったり。 写真で見て分かる通り野菜もごろごろ入っていますし、カロリーも170kcalしかなく、非常にあっさりしたスープカレーなので、女性に特におすすめですね。 こちらのカレーについては以下の記事で詳しくレビューしているので、ぜひご覧ください。 無印良品「マトンドピアザ」 マトンとは、生後1年以上の羊の肉のこと。 ちなみに1年未満だと「ラム」と言います。 そのマトンを使ったこちらのカレーは、玉ねぎの甘みを生かしつつ、マトンで味に奥行きを出している感じです。 マトン自体は割とクセが強いのですが、たっぷりの玉ねぎのおかげで食べやすく仕上がっていますね。 やや複雑な味ではあるのですが、個性的なカレーを味わえるのも無印良品の醍醐味といういとで、星4つにしました。 マトンドピアザの詳細なレビューについては、以下の記事をご参照ください。 無印良品「グリーンカレー」 グリーンカレーはタイカレーの1つ。 青唐辛子を使っているのが特徴です。 具だくさんで食べやすいですし、またエスニック感も抑えめで万人ウケする味に仕上がっています。 ただ非常に辛いので要注意。 辛いものが苦手な人はやめておいた方が無難かと。 とはいえ、その辛さの中にココナッツ系のまろやかさやコクがしっかり感じられるので、かなりクセになります。 グリーンカレーの詳細なレビューについては、以下の記事をご覧になってください。 無印良品「プーパッポン」 「プーパッポン」とは、カニ等のシーフードとカレー、そして卵を使ったタイ料理のこと。 こちらのプーパッポンはカニのほぐし身がたくさん入っており、とにかくカニ感が強いです。 とはいえ、卵が入って全体がまろやかになっていますし、玉ねぎもしっかりと効いているので、結構食べやすかったですね。 僕はカニがあまり得意ではないのですが、カニ特有のクセはかなり抑えられている印象でした。 カニの旨味をギュッと凝縮した感じのカレーだと思います! なお、プーパッポンに関しては以下の記事で詳しく書いているので、あわせてご覧ください。 無印良品「イエロー」 イエローカレーは、「グリーンカレー」と「レッドカレー」に並ぶタイカレーの1種。 こちらのイエローはココナッツの甘みが主張してくる味で、非常にまろやかな印象です。 とはいえ甘ったるいということはなく、スパイスが味を下支えしてくれるので、非常にバランスの良い味に仕上がっています。 全体として、ルーはスープカレーのようにサラサラとした感じなのですが、しっかりとコクがあっておいしいです! また、具もかなりたくさん入っているので満足度が高いですね。 野菜の食感も良い感じでした。 無印良品「サグチキン」 ほうれん草や小松菜、ケールを使った「サグチキン」。 クセが強そうなイメージがあるかもしれません。 しかし、ほうれん草や小松菜のおかげで、全体がトロッとしたやさしいテイストに仕上がっていますし、バターやチキンがしっかり入っているおかげでまろやかさやコクが感じられ、かなり食べやすいですね。 結構万人ウケするのではないかなと思うので、ほうれん草などに苦手意識がある人にもおすすめできます。 サグチキンについては、以下の記事に詳しいレビューをしておりますので、ぜひ読んでみてください。 こちらでご紹介するカレーは、「よくも悪くも普通」または「味にクセがあるために好き嫌いが分かれそうだな」と思うものをチョイスしました。 無印良品「フォン・ド・ボーのビーフカレー」 「フォン・ド・ボー」という、フランス料理に使われるダシを使ったこちらのカレー。 非常にベーシックでバランスの良い欧風カレーという感じで、普通においしいです。 ただ、欧風カレーはスーパーに他のレトルトカレーが売っていますし、具がちょっと残念だったため、星3つにしました。 レベルは高いので満足はすると思いますが、他の個性的なカレーとどちらを買うか迷ったときには、他のものを選ぶのがおすすめ。 このカレーの詳細なレビューについては、以下の記事を読んでみてください。 無印良品「ジンジャードライキーマ」 スパイシードライキーマは、生姜のさわやかさとひき肉の旨味を生かしたキーマカレー。 生姜のおかげでさっぱりといただくことができますし、ひき肉もたっぷり入っているので、満足度も高いカレーです。 ただ、めちゃくちゃ辛い。 辛いものが苦手な人だと、一口食べたときの辛さでギブアップする可能性があるかなと。 辛いものが好きな人はとことんハマりそうですが、そうではない人にとっては厳しいのではないかと思います。 以下の記事にて、ジンジャードライキーマの詳細なレビューを書いていますので、あわせてご覧ください。 無印良品「キーマカレー」 無印良品のキーマカレーは、辛さやうまみ等のバランス感がとてもよく、万人ウケするカレーに仕上がっています。 ただ、バランス重視であるがゆえに、やや特徴に欠けるかなと。 普通においしいのですが、無印良品でカレーを楽しむならば、他の個性的なカレーを買った方が面白いと思います。 ベーシックなキーマカレーが食べたいという方にはおすすめですね。 なお、キーマカレーについては以下の記事で詳しく書いていますので、あわせて読んでみてください。 無印良品「クリーミーバターチキン」 無印の人気カレーである「バターチキンカレー」よりも、生クリームやバターを多く使っているこちら。 段違いのまろやかさ、クリーミーさを感じるのですが、やや重たいかなと。 通常のバターチキンカレーではトマト感が強すぎるという方は満足できると思いますが、かなりこってりしているので、後半は飽きてしまうかもしれません。 クリーミーバターチキンに関する詳細なレビューは以下の記事をご覧ください。 無印良品「キーママタル」 キーママタルは、グリンピースとひき肉を使ったカレーです。 ひき肉もしっかりと入っているので旨味も十分なのですが、グリンピースがかなり主張してくるので、苦手な方も多いかと。 グリンピースは苦味も感じられるので、特にお子さまには不評かもしれません。 全体としてかなりベジ感の強いカレーで、個性的な味わいでした。 なお、以下の記事にてキーママタルの詳しいレビューを書いておりますので、読んでみてください。 無印良品「根菜のスパイシースープカレー」 じゃがいもやレンコンといった根菜類をふんだんに使ったこちらのカレー。 非常にスパイシーで辛いのですが、その中に野菜の旨みや甘みが感じられるので、クセになる味わいです。 ただ、カルダモンという薬草のようなさわやかさのあるスパイスを効かせていたり、かなり辛さが強いことから、好き嫌いを選ぶ味かと思います。 辛ウマな味なので、辛いもの好きの方にはハマると思いますが、万人ウケはしないなと思ったので、おすすめ度は星3つにしました。 僕個人としてはかなりおいしかったです! 無印良品「シチリアレモンのクリーミーチキンカレー」 レモンを使ったカレーであるこちら。 普通はカレーにレモンなんてなかなか使いませんから、どんな味か想像できない方も多いですよね。 でも意外とイケます。 クリーミーさがありつつも、レモンのおかげでさわやか&さっぱりとした印象。 またスパイスは香る程度で、ピリッとした辛さもないので、お子様でも食べやすいかと思います。 ただ、白っぽい見た目や、スパイス感が控えめであるところから、「これはカレーか?」となると微妙なところ。 ちょっと変わったカレーを楽しみたい方にはおすすめですが、他のカレーを食べた方が満足度は高いかもしれません。 なお、以下の記事にて詳細なレビューを書いているので、あわせてご覧ください。 こちらは僕が食べてみて「微妙…あまりおすすめはしないな」と思ったカレーです。 無印良品「パニールマッカニー」 パニールマッカニーとは、カッテージチーズを使ったカレーのことです。 非常に粘度の高いカレーで、チーズ等の乳製品系の味が強い印象でした。 スパイス系の味がほぼ感じられず、とにかくチーズが主張してくるので、後半は飽きてしまう可能性が高いですね。 なお、カッテージチーズは酸味が強いカレーということで、徐々にヨーグルトのような味を強く感じるようになります。 かなりクセが強いので、カッテージチーズが大好きという方以外はあまりおすすめできませんね。 パニールマッカニーの詳細なレビューについては、以下をご覧ください。 僕が実際に食べてみて、「これは買う必要ないな…」と感じたカレーになります。 無印良品「ビーフカレー」 超オーソドックスなビーフカレーです。 他のカレーが1人前350円くらいするところ、こちらは150円とかなりお手頃。 味もふつうにおいしく、具も150円のカレーとしては及第点でした。 にもかかわらず、なぜおすすめ度が星1つなのか。 それは、この類のビーフカレーを無印良品で買う必要性がないからです。 無印良品のカレーの面白さ・楽しさは、専門店に行かないと食べられないような、世界のあらゆるカレーを気軽に味わえるところ。 しかし、このようなベーシックなビーフカレーはその辺のスーパーでも売っていますよね。 その意味で、「無印良品で買う必要はないのでは?」と考えて厳しめに評価しました。 ビーフカレーについては以下の記事にてさらに詳しく書いていますので、気になる方はぜひ読んでみて下さい。 あなたにおすすめの無印良品のカレー 人によって好きな味のテイストってありますよね。 好みのテイストによって、おすすめのカレーを分けると… どんな人にもおすすめしたい無印良品のカレー• クリーミーバターチキン• プラウンマサラ• マッサマン あとがき 無印良品のカレーをおすすめ度順にご紹介しました。 世界のあらゆる地域のカレーを気軽に味わうことができるので、気軽に世界旅行気分を味わえちゃうのが無印良品のカレーの魅力。 個性的なカレーも多く、お店にいかないと味わえないようなカレーを楽しむことができちゃいます。 なお新商品が追加された場合などについては、随時食べて追加していくので、よろしくお願いします。 無印良品の通販はLOHACOで 近くに無印良品の店舗がない方や、なかなか無印良品に行く時間がない方におすすめなのが、無印良品の通販サイト。 公式通販もあるのですが、こちらは送料無料にするためには5,000円以上購入する必要があるので、ハードルがなかなか高めです。 そこで利用したいのがの無印良品の通販。 ならば1,900円以上の購入で送料無料になるのに加え、お買い物でTポイントもお得に貯めることができちゃいます! 無印良品の通販を利用する際には、是非お得なLOHACOを利用しましょう!.

次の

【最新】無印良品「人気カレー」ランキング!世界の味が手軽に味わえる♪

無印 レトルト カレー

03 無印良品には、インドカレーやタイカレーをはじめとする、世界各地から学んだ30種類以上のレトルトカレーが揃っています。 タイカレーならタイへ、インドカレーならインドへと、何度も現地に足を運んで開発された、こだわりの商品です。 辛さは、「辛くない」から「激辛」までの6段階なので、子どもから大人まで、誰でも楽しむことができます。 今回、無印良品に聞いた、レトルトカレーのランキングを紹介します!バーベキューやキャンプに持って行ったら、本場の味を手軽に味わえちゃいますね。 第2位:素材を生かしたカレー グリーン 350円、1人前(180g) 青唐辛子の辛さと、レモングラスの爽やかな風味が特長のタイカレー。 ココナッツのコクが引き出され、辛さの中にも旨みを感じる味わいとなっています。 辛いカレーを食べたい!という方におすすめです。 第3位:素材を生かしたカレー プラウンマサラ(海老のクリーミーカレー) 350円、1人前(180g) 南インドのシーフードカレーを手本にした、まろやかなカレーです。 ココナッツのコクを生かし、スパイスの香りと海老の旨みが引き出されています。 第4位:素材を生かしたカレー キーマ 290円、1人前(180g) にんにくと生姜の風味がきいた挽肉にガラムマサラを加え、香り高く仕上げられています。 北インドのキーマカレーがお手本だそうです。 第5位:素材を生かした 牛ばら肉の大盛りカレー 350円、1人前(300g) 牛肉の旨みと炒め玉ねぎの甘みを生かし、数種類のスパイスで奥行きのある辛さに仕上がっています。 具もたっぷり!満足感がある大盛りカレーです。 第6位:素材を生かした 国産りんごと野菜のカレー 290円、1人前(180g) りんごとかぼちゃの甘みを生かした、マイルドな野菜カレーです。 甘口で野菜も豊富に使用されているので、子どもにもぴったり。 第7位:素材を生かしたカレー スパイシーチキン 350円、1人前(180g) ブラックペッパーと赤唐辛子の辛味が効いていて、スパイシーな味わい。 ガラムマサラの豊かな香りが生きています。 辛み・香り・風味のバランスが整っていて、辛さに奥行きがあるそう。 たっぷり食べたいときなど、大盛りサイズがあるのはうれしいですね。 華麗なるカレーの刺繍 そしてカレー好きには見逃せない情報が!無印良品の「刺繍工房」実施店ではなんと、カレーの刺繍ができちゃうんです。 2019年9月29日(日)までの期間限定なので、興味がある方はホームページをチェック! また、無印良品では2019年6月6日(木)~7月1日(月)までの期間で、レトルトカレー人気投票が行われていました。 まとめ 無印良品には、こだわりを追及した本格的なレトルトカレーが揃っています。 タイやインドなど、本場の味を手軽に楽しめるとあって、人気が高いのもうなずけます。 暑い夏こそカレーを食べて、夏バテを吹き飛ばしましょう!種類が豊富なのもうれしいですね。

次の