住友 生命。 住友生命保険の企業研究

住友生命の評判・口コミとランキング《生保40社比較》

住友 生命

「このお客さん、まだ健康診断書提出していないね」「はい。 今週中にはコンタクトを取りたいと思っています」 2月のある日、住友生命保険の営業職員である高橋美香さんは、上司と顧客リストを眺めながら、今後の営業予定を話し合った。 1000人以上の顧客を抱える高橋さんは、社内でも指折りの成績をあげる営業職員だが、最近さらにやる気が高まっているという。 秘密は住友生命が2018年7月に発売した「Vitality(バイタリティー)」という商品にある。 医療保険や死亡保険など、住友生命の保険商品に付帯できる特約サービスで、毎年の健康診断受診や日々の運動など、継続的な健康増進活動に応じて保険料が変わるという、従来にはなかったものだ。 この商品が登場したおかげで、「健康の会話が弾むようになった」と高橋さんは言う。 特約1件あたりの料金は月額880円。 万円単位の保険料に比べればさほどでもないが、その持つ意味は数字以上に大きい。 「販売するとき」と「保険金を支払うとき」くらいしか顧客と接点がなかったといわれる保険の世界で、定期的に顧客にアプローチできるきっかけ作りになるからだ。 「最近ウオーキングしていますか?」「そろそろ健康診断の結果が出る頃ですね」。 高橋さんをはじめとする営業職員は、顧客に声がけがしやすくなったという。 顧客接点を作り出す「強力ツール」として機能しているバイタリティーだが、従来にはない新商品の開発には、社内の反対派の説得や経験の乏しかった社外との連携というハードルがあった。 同社がどう乗り越えたかを説明する前に、まずバイタリティーとはどんな商品なのか整理しておこう。 バイタリティーは、現在生保各社が注力する「健康増進型保険」の一つだ。 低金利や人口減、若年層の保険離れなどで、厳しい経営環境に置かれている生保にとって、新しい保険の魅力を打ち出す商品として位置付けられている。 加入者の健康状態に応じて保険料を割り引き、健康増進に向けた動機付けとするのが特徴だ。 健康寿命を延ばすことができれば保険会社は保険金支払いを抑えられ、国や自治体は医療費の削減につながる。 加入者は自身の生活の質が向上する。 まさに「三方よし」の保険なのである。 バイタリティーはその中でも「大本命」といわれた商品だった。 南アフリカの金融サービス会社、ディスカバリー社が1997年に開発、世界21カ国・地域で1000万人以上が利用している実績があるからだ。 人気の秘密はIoT技術を活用して健康増進の取り組み度合いを把握し、保険料を変動させる最先端テクノロジーにある。 加入者の歩数や心拍数を腕に着けたウエアラブル端末で計測し、データを健康診断の受診状況や運動の取り組みなどと合わせてポイント化。 加入者は獲得したポイントに応じて4つのランクに分けられる。

次の

住友生命健康財団

住友 生命

メディケア生命の評判は面白い 最近はネット型、通販型生命保険が非常に増えました。 今回ご紹介するメディケア生命も少し特殊な生命保険会社の評判を調べてみました。 きっと『えっ?そうなの』と思うことが出てくると思います、最後までぜひお読みください。 メディケア生命とは?住友生命との違い メディケア生命は9年前にできた生命保険会社です。 住友生命と三井生命が共同で出資した生命保険会社でしたが、設立約3年で住友生命保険相互会社(スミセイ)の完全子会社化となります。 元々、住友生命と三井生命は住友財閥系列で関係があります。 今でも住友生命の社員は三井住友海上の損害保険商品を販売することができるため、親同士がくっついているので、住友生命の完全子会社になってもあまり変化はないということです。 名前にCareが入っているにも関わらず・・・・な『意外』な部分 メディケア生命の社名は医療という『Medical』と介護を意味する『Care』が合わさってできた造語なので、辞書などには出てこない単語なのです。 しかし、ここでメディケア生命の「えっ?そうなの」が出てきます。 メディケア生命の保険を検討している方々が口を揃えていうのが、『医療保険』と『介護保険』に強い会社かと思いきや、介護保険がないのです。 なので、保険商品の話の前に、介護保険にも加入しようと思ってサイトなどを訪ねた方や保険の代理店に行った方は『困惑』と『迷い』が出てくるそうです。 メディケア生命はプロからの評判は住友生命あってのメディケア メディケア生命はそんな介護系の保険のラインナップがない状態で運営をしていますが、逆に住友生命では介護商品に力を入れています。 3年前の平成27年に発売された住友生命の1UPという商品や終身保険のバリューケアなども介護系に手厚い保険として評判が非常に高いのです。 そのため、保険会社に勤務している社員や保険代理店の経営者など保険のプロから見れば、住友生命に結果としてお客さんを誘導する一つの集客ポイントにすぎないのではないか。 という評判が圧倒的に多いのです。 メディケア生命の評判はズバリ住友生命の盛り上げ役 メディケア生命の評判は総評するとコンセプト通りの商品ラインナップではないという部分で、一般の加入検討者からは『えっ?そうなの』という声が上がっています。 そして、保障内容のカバーに住友生命の保険商品を使うという部分で、結果としてネットで完結した手厚い保険設計をしようと思うと少々物足りなさがあるため、複数の保険会社で保険を別々に加入しなければならないという煩わしさがネックという評判が一番に上がる保険会社だと言えます。 しかし、住友生命の血が混ざるメディケア生命の医療保険 メディフィットAやメディフィットプラス は住友生命の医療保険をシンプルにしたものなので、安くて出どころのはっきりした通販型保険に入りたいという方にはお勧めだと言えます。 もちろん、メディフィット定期などの掛け捨て死亡保険としても業界最安水準を自負しているだけのこともあり、保険料の安さには定評があります。 ただ通販型ということもあって、告知書の書き方を教えてもらえないことから「メディケア生命の審査は厳しい」という口コミもあるようですね。 結局、自分にあった保険と出会うにはどうしたら良い? 商品を全て見ることは難しいため、プロにオススメをベースに様々な商品を見るのが一番早いと思います。 保険相談窓口を今、最も注目している1社を筆頭に有名どころ4社の独自アンケートによる口コミや客観的レビュー、店舗数などのデータ、個人の評価を元に、比較してみました。 3 店舗数が多い事で信頼度が高く相談がしやすい環境がありますが、直接来店する形は、拘束時間が長すぎるという口コミが多かったり、自宅に直接、来てもらうのはセキュリティー上、不安があることや仕切りが少ない店舗だと他人に話が聞かれるのでは?といった個人情報に対する不安は実際に口コミでありました。 2 以上はなかなかないと思いますので、まずはアプリで保険を見直しをどのようにされているか口コミ・体験談を見てみるのもアリかもしれません。 そして、保険の勉強をしている方に是非おすすめしたい保険相談窓口の比較記事を作りました。 独自アンケートによる口コミや客観的レビュー、店舗数などのデータ、個人の評価をまとめたページの「」を是非、ご覧ください。 ほけんケアは池山による保険や税金など家計を預かる方には必見のサイトです。 呼び名はほけんケア池山と呼んでください! このブログは主婦が保険相談のため自分の力で徹底的に調査した記事と保険を調べることで出会った保険代理店の方に色々お話を伺ってまとめた記事で成り立っています。 過去に日商簿記3級を取得、現在3級FP技能検定取得に向けて勉強中! かれこれ保険について学び初めてから15年近く前、話せば長くなりますが、長男の誕生が保険の勉強のきっかけでした。 大恋愛の末に結婚した夫は企業関係で大手国内生保の保障額が高すぎる保険に加入しており、20代でも5万近い保険を払っていて保険貧乏になっていました。 結婚してから少しずつ保険の見直しをしていこうとしたと矢先に長男を迎えることになり、家計の見直しとともに本気で保険の見直しを検討し始めることになりましたね。 きちんとしたライフプランを考える上でも保険は切っても切れない存在であると同時に、保険貧乏になれば保険で不幸になる可能性もあります。 私や夫のように不適切な保険加入者をこれ以上増やしたくないという一心でこのブログを書き続けていきたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。

次の

メディケア生命の評判が面白い!住友生命の引き立て役なのか?

住友 生命

メディケア生命の評判は面白い 最近はネット型、通販型生命保険が非常に増えました。 今回ご紹介するメディケア生命も少し特殊な生命保険会社の評判を調べてみました。 きっと『えっ?そうなの』と思うことが出てくると思います、最後までぜひお読みください。 メディケア生命とは?住友生命との違い メディケア生命は9年前にできた生命保険会社です。 住友生命と三井生命が共同で出資した生命保険会社でしたが、設立約3年で住友生命保険相互会社(スミセイ)の完全子会社化となります。 元々、住友生命と三井生命は住友財閥系列で関係があります。 今でも住友生命の社員は三井住友海上の損害保険商品を販売することができるため、親同士がくっついているので、住友生命の完全子会社になってもあまり変化はないということです。 名前にCareが入っているにも関わらず・・・・な『意外』な部分 メディケア生命の社名は医療という『Medical』と介護を意味する『Care』が合わさってできた造語なので、辞書などには出てこない単語なのです。 しかし、ここでメディケア生命の「えっ?そうなの」が出てきます。 メディケア生命の保険を検討している方々が口を揃えていうのが、『医療保険』と『介護保険』に強い会社かと思いきや、介護保険がないのです。 なので、保険商品の話の前に、介護保険にも加入しようと思ってサイトなどを訪ねた方や保険の代理店に行った方は『困惑』と『迷い』が出てくるそうです。 メディケア生命はプロからの評判は住友生命あってのメディケア メディケア生命はそんな介護系の保険のラインナップがない状態で運営をしていますが、逆に住友生命では介護商品に力を入れています。 3年前の平成27年に発売された住友生命の1UPという商品や終身保険のバリューケアなども介護系に手厚い保険として評判が非常に高いのです。 そのため、保険会社に勤務している社員や保険代理店の経営者など保険のプロから見れば、住友生命に結果としてお客さんを誘導する一つの集客ポイントにすぎないのではないか。 という評判が圧倒的に多いのです。 メディケア生命の評判はズバリ住友生命の盛り上げ役 メディケア生命の評判は総評するとコンセプト通りの商品ラインナップではないという部分で、一般の加入検討者からは『えっ?そうなの』という声が上がっています。 そして、保障内容のカバーに住友生命の保険商品を使うという部分で、結果としてネットで完結した手厚い保険設計をしようと思うと少々物足りなさがあるため、複数の保険会社で保険を別々に加入しなければならないという煩わしさがネックという評判が一番に上がる保険会社だと言えます。 しかし、住友生命の血が混ざるメディケア生命の医療保険 メディフィットAやメディフィットプラス は住友生命の医療保険をシンプルにしたものなので、安くて出どころのはっきりした通販型保険に入りたいという方にはお勧めだと言えます。 もちろん、メディフィット定期などの掛け捨て死亡保険としても業界最安水準を自負しているだけのこともあり、保険料の安さには定評があります。 ただ通販型ということもあって、告知書の書き方を教えてもらえないことから「メディケア生命の審査は厳しい」という口コミもあるようですね。 結局、自分にあった保険と出会うにはどうしたら良い? 商品を全て見ることは難しいため、プロにオススメをベースに様々な商品を見るのが一番早いと思います。 保険相談窓口を今、最も注目している1社を筆頭に有名どころ4社の独自アンケートによる口コミや客観的レビュー、店舗数などのデータ、個人の評価を元に、比較してみました。 3 店舗数が多い事で信頼度が高く相談がしやすい環境がありますが、直接来店する形は、拘束時間が長すぎるという口コミが多かったり、自宅に直接、来てもらうのはセキュリティー上、不安があることや仕切りが少ない店舗だと他人に話が聞かれるのでは?といった個人情報に対する不安は実際に口コミでありました。 2 以上はなかなかないと思いますので、まずはアプリで保険を見直しをどのようにされているか口コミ・体験談を見てみるのもアリかもしれません。 そして、保険の勉強をしている方に是非おすすめしたい保険相談窓口の比較記事を作りました。 独自アンケートによる口コミや客観的レビュー、店舗数などのデータ、個人の評価をまとめたページの「」を是非、ご覧ください。 ほけんケアは池山による保険や税金など家計を預かる方には必見のサイトです。 呼び名はほけんケア池山と呼んでください! このブログは主婦が保険相談のため自分の力で徹底的に調査した記事と保険を調べることで出会った保険代理店の方に色々お話を伺ってまとめた記事で成り立っています。 過去に日商簿記3級を取得、現在3級FP技能検定取得に向けて勉強中! かれこれ保険について学び初めてから15年近く前、話せば長くなりますが、長男の誕生が保険の勉強のきっかけでした。 大恋愛の末に結婚した夫は企業関係で大手国内生保の保障額が高すぎる保険に加入しており、20代でも5万近い保険を払っていて保険貧乏になっていました。 結婚してから少しずつ保険の見直しをしていこうとしたと矢先に長男を迎えることになり、家計の見直しとともに本気で保険の見直しを検討し始めることになりましたね。 きちんとしたライフプランを考える上でも保険は切っても切れない存在であると同時に、保険貧乏になれば保険で不幸になる可能性もあります。 私や夫のように不適切な保険加入者をこれ以上増やしたくないという一心でこのブログを書き続けていきたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。

次の