ペット脱臭機。 【犬や猫】ペットの匂い消しなら空気清浄機より脱臭機の理由!違いやメリット・デメリット、効果【プラズィオン】

【犬や猫】ペットの匂い消しなら空気清浄機より脱臭機の理由!違いやメリット・デメリット、効果【プラズィオン】

ペット脱臭機

これさえ押さえておけば大丈夫!ペット向け脱臭機と空気清浄機 この部屋臭くない? 室内でペットと暮らす人にとってどうしても気になるのがにおいです。 友達が遊びに来たときに「この部屋臭くない?」ときいてしまった経験をお持ちの方も多いでしょう。 そこで今回は、ペットのにおい対策におすすめの脱臭機を紹介していきます。 ペット向け脱臭機という点で考察するのであれば、 脱臭機と空気清浄機のいいとこ取りをした富士通ゼネラル「 プラズィオン」、 除菌と脱臭に特化したパナソニック「 ジアイーノ」、そして 持ち運びしやすく車内やペットゲージにも置いておける東芝ライフスタイル「 エアリオン」が圧倒的におすすめです。 脱臭機と空気清浄機 脱臭機に似たもので消臭機能つき空気清浄機があります。 どちらも空気をきれいにするという点では共通していますが、アンモニアなどの強烈なにおい対策に特化したのが脱臭機です。 一方、空気中のペットの抜け毛や花粉、ハウスダストなどを集めてくれるのが空気清浄機です。 空気清浄機でもにおいを消せなくはないですが、消臭機能はあくまでもおまけと考えて良いでしょう。 脱臭機 アンモニアなどの強烈なにおい対策に特化した職人。 空気清浄機 抜け毛や花粉、ハウスダストなどに有効なマルチプレイヤー。 消臭機能はおまけ。 今回は脱臭機に焦点をあてています。 脱臭機に求めるもの 脱臭機を次の観点からチェックしていきます。 消臭力とスピード• 手入れのしやすさ• サイズ• ランニングコスト• +アルファな機能 富士通ゼネラル PLAZION(プラズィオン) DAS-303K 脱臭機と空気清浄機のいいとこ取り 最初に見るのは富士通PLAZION(プラズィオン)のDAS-303Kです。 脱臭機と空気清浄機のいいとこ取りをしたまさにハイブリットな脱臭機です。 【消臭力とスピード】 DAS-303Kの特徴は「フィルター」、「オゾン」そして「自ら消臭成分を放出」の3ステップで行う「 トリプル脱臭」です。 まず、金属に酸化触媒をコーティングしたフィルターににおい成分を吸着させ、熱を使って急速に分解します。 においの元を化学的に分解するので、吸着のみの活性炭フィルターと比べて、脱臭の持続力が違います。 このフィルターに加え、抜け毛などの大きなものをからめとるプレフィルター、そして花粉などの小さなものをからめとる集じんフィルターがついています。 次に、フィルターでは取り切れなかったにおいを、オゾンを用いて分解します。 使用されたオゾンは低濃度のオゾンとして外に排出されます。 これが「自ら放出する消臭成分」です。 排出された低濃度のオゾンには、家具や壁紙、ソファなどの布製品に染み付いたにおいを分解する機能があります。 排出される低濃度オゾンの濃度は0. 03ppmであり、人体に影響が出ると言われる0. 1ppmをはるかに下回っています。 【手入れのしやすさ】 この3ステップで、 8畳の部屋のペットにおいを5分間で急速脱臭します。 フィルターの手入れは、コーティングされたフィルターは不要、その他のフィルターはそれぞれ月に一度の掃除(抜け毛など)と、年に一度の水洗いが推奨されます。 消耗品を買う必要がない点はグッドです。 別売りでPM2. 5に対応したフィルターも販売されていますが、こちらは年に一度の交換が必要です。 脱臭機能は20畳の部屋まで対応しているので、 それなりの大きさになります。 10畳もない部屋での使用を想定している場合は、次に説明するDAS-15Kや東芝ライフスタイルの「エアリオン」を検討しても良いでしょう。 【 ランニングコスト 】 最も電力を消費する急速加湿・脱臭モードでの消費電力は40Wです。 【+アルファの機能】 本機種は ecoモードが搭載されており、においが強くないときや人が外出しているときなどは運転を弱め、かしこく節電を行います。 DAS-303Kにはその他に加湿機能やプラズマイオンとオゾンを用いた 除菌機能が付いています。 また、 チャイルドロックにも対応しているため、ペットが脱臭機の上に飛び乗ってもボタンを誤って押す心配がありません。 リンク DAS-15K 脱臭力はそのままでサイズをよりコンパクトに DAS-303KをよりコンパクトにしたものがDAS-15Kです。 主な違いが3点あります。 1つ目はサイズ、2つ目はフィルターの種類、そして3つ目は+アルファの機能です。 フィルターの大きさが異なるため 脱臭速度にこそ差はありますが、 脱臭力という点では変わらないので、ワンルーム暮らしや頻繁に持ち運ぶ、脱臭だけできればよいという人にはこちらをお勧めです。 5対応高機能集じんフィルター プレフィルター(抜け毛やほこり) +アルファ 加湿&除菌機能 ecoモード チャイルドロック対応 チャイルドロック対応 リンク HDS302-G 広い部屋に対応しつつも機能を脱臭に絞った DAS-303Kの適用面積をそのままに、サイズをスリムにしたのがHDS302-Gです。 専用の金具(DAS-T1)を用いて 壁掛けに対応しています。 脱臭力など基本的な性能は同じですが、フィルターと+アルファの2点が異なっています。 広い部屋で使いたいけど加湿機能や除菌機能はいらないという人にはこちらをお勧めです。 5対応高機能集じんフィルター 集じんフィルター (花粉、ハウスダスト) +アルファ 加湿&除菌機能 ecoモード チャイルドロック対応 壁掛けに対応 チャイルドロック非対応 デコレーションシール付き リンク Panasonic ziaino(ジアイーノ) F-MV1100 除菌と脱臭に特化した専門職人 【消臭力とスピード】 次に見るのは、Panasonic ziaino(ジアイーノ)のF-MV1100です。 ジアイーノは空間の除菌・脱臭に特化し、 菌やウイルス、ニオイにすばやく優れた抑制力を発揮する脱臭機です。 つまり空気中の花粉やハウスダスト、ペットの抜け毛をからめとる 空気清浄機としての機能はありません。 しかし、厚生労働省のウイルス対策マニュアルでも紹介されている 次亜塩素酸を用いて除菌・脱臭するため、 脱臭に加えてインフルエンザ対策にも使いたいという人にはお勧めのモデルです。 もともと医療や介護現場で使われていた業務用モデルが家庭向けに小型化されたものというだけあって、その効果には信ぴょう性があります。 脱臭効果は感じられやすく、強いにおいとされる強度4のペットにおいを90分で強度2(何のにおいであるかわかる弱いレベル)まで、強度4の介護環境のにおいを60分で強度1(やっと感知できるレベル)まで脱臭します。 ちなみに喫煙環境での使用は非推奨である点、次亜塩素酸を使用するため、 脱臭後にプールのようなにおいがすることがある点に気をつけてください。 【手入れのしやすさ】 本体内部でタンクに入った水道水と塩タブレットが電気分解し、次亜塩素酸を作ります。 その後空気中の菌やにおい成分を本体に取り込みます。 取り込んだ空気を次亜塩素酸にくぐらせることで除菌・脱臭を行い、きれいになった空気を放出します。 そのため、水道水を入れるタンクの手入れが必要です。 また、塩タブレットは消耗品になるためその都度購入が必要となります。 24時間運転をする場合、給水は2〜3日に1度、塩タブレットの投入は3〜4日に1粒を目安と考えてください。 最新のモデルでは、塩タブレットを自動で投入してくれる機能が搭載されています。 またキャスターがついておらず、本体の重さが9. 1キロであることを考えると、家の中を移動させることはあまり現実的ではありあません。 【ランニングコスト 】 最も電力を消費する強モードでの消費電力は25Wです。 サイズはDAS-303Kよりも大きいですが、 空気清浄機の性能を削ぎ落としている分、消費電力を抑えることができています。 これに加えて塩タブレットを都度購入する必要があります。 1ケースあたり約300粒入りなので、1度購入すると1年〜1年半ほどは買い足す必要がなくなります。 【+アルファの機能】 ジアイーノには、においセンサー、温湿度センサー、照度センサーがすべてのラインナップに搭載されています。 室内のにおいや温度、湿度、証明の明るさなどによって運転をコントロールし、かしこく節電を行います。 エアリオンの最大の特徴は、グラフト重合法を用いた脱臭方法です。 簡単に言うと、 いいニオイは残したまま、悪臭だけを消臭する消臭剤といったところでしょうか。 専用のジェルを用いて悪臭の分子は化学反応によって消臭しますが、花やアロマオイル等の天然芳香成分には反応しないので、良い香りはそのまま残します。 基本的には芳香剤と同じなので、 即効性という点では不十分ですし、空気の流れがあるところでは効果がわかりずらいです。 しかし、トイレや窓を開けない部屋などの 密閉空間では効果が期待できます。 ペット用であれば、 ゲージの中やトイレの入り口近く、ペット専用の締め切った部屋に置いておくという使い方が想定されます。 公式HPではホルムアルデヒドやタバコ臭、ペットのにおいにも効果を発揮と記載がありますが、ジェルを用いて消臭を行うという機能上、 消臭スピードという点では富士通ゼネラルやパナソニックの製品と比べると力不足といっていいでしょう。 【手入れのしやすさ】 エアリオンの手入れで必要なのは2点です。 1つは消臭ジェルの交換、もう1つはフィルターの掃除です。 DAC-2400の場合、消臭ジェルは使用モードによって1〜2ヶ月での交換が目安です。 フィルターは2週間に1度、掃除機でホコリを吸い取ることが推奨されています。 フィルターが何層もあるわけではなく、水を入れるポンプの掃除も必要ないので、 手入れが楽な点はグッドです。 奥行きと高さがジアイーノの半分ほどの大きさです。 本体の重さも2. 0キロと 非常に軽く、持ち運ぶのにも適しています。 しかし同じ場所に長く置いてこそ効果を発揮する製品ですので、この軽さがメリットになるかは使い方次第でしょう。 これとは別に消臭ジェルの購入が必要です。 約1ヶ月半での交換が目安です。 【+アルファの機能】 エアリオンにはにおいセンサーが搭載されており、 においが強くないときや人が外出しているときなどは運転を弱め、かしこく節電を行います。 消臭ジェルは香り付きのものと無香料のものが選べます。 ペットがその香りを気に入ってくれるかは必ず確認をしておく必要がありますが、 気分によって香りを使い分けられる点はいいですね。

次の

【楽天市場】脱臭機

ペット脱臭機

サンコンこと山根と申します。 もともとは車の車内脱臭・除菌が目的でした。 空気清浄機や脱臭機を探して実際に購入し、比較していたところ、「これだ!」というを見つけました。 その過程で製品知識や経験がたまってしまいました... このブログが私と同じ悩みを抱えている人たちのお役に立てば幸いです。 うちの不良犬、カンタローです。 かわいいやつですが、釣りに行ったときのコマセ臭などと中型犬であるカンタローのニオイが混ざり、私の当初の車内は、未知の世界のニオイがしていたそうです。 (私も少しは気づいていましたが、周りの人が指摘するほどではないと思っていました... ) 最近の投稿• アーカイブ• 現在販売されている脱臭機について確認 まず、富士通ゼネラルで現在発売されている脱臭機は、以下の4種類です。 ・DAS-15E 10畳用 ・HDS-302C 20畳用 ・DAS-303E 20畳用 ・HDS-3000V 20畳用 この4種類は、機能的には細かな差異はありますが、脱臭機としての機能はほとんど変わりません。 「10畳用小型」と 「20畳用大型」だと思っていただければOKです。 なお、同じ20畳用が3つありますが、DAS-303Eのみ加湿器機能ありで、他の2つはなしとなります。 価格は、DAS-15Eが15,000円前後、HDS-302Cが20,000円前後、加湿器機能つきのDAS-303Eは25,000円前後で、一番高額なHDS-3000Vが40,000円前後になります。 一番高額なHDS-3000Vですが、他の20畳用製品とあまり機能差がないように見えるのに、妙に高いんですよね。 なんでだろう~。 なお、デザインは、というと、、、 いかにも台形!というのがDAS-15Eです。 そして、、、 見るからに縦長!なのがHDS-302Cになります。 次は、、、 値段があがったので、一番背が高いと思いきや、再び台形にもどったのがDAS-303Eになります。 そして再び背が伸びたのが、一番高額なHDS-3000Vになります。 個人的には一番小型のDAS-15Eの、やや丸っこいデザインが親しみが持てますね! 口コミ・評判を確認 次に、色々な物販サイト、比較サイトでこの4製品の口コミを調べてみましたよ! 何百件も口コミを調べたので、さすがに疲れましたが、サンコン決してあきらめません。 頑張りました。 まずは 良い評価の中で多かったものを2つ見てみましょう。 そして、ペットの臭いが取れた、という声が掲載されています。 次に、 悪い評価で多かったものを3つ見てみましょう。 ペットやたばこの臭いを取って、快適に暮らすための商品を導入したにも関わらず、体調を崩してしまうのでは本末転倒ですね。 ペットの臭いのなかで一番キツいのが、尿のアンモニア臭なので、これが取れないというのはちょっと辛いですね。 2年ごとに1万円、つまり毎月かかる電気料金とは別に、1年で5,000円も払わなければならないということになります。 これを考えると、本体価格だけでコストを計算してはいけないことがよくわかりますね。 また、「交換不要」と書いてあるフィルターも、「使用状況によっては交換が必要になる場合があります。 」という記載が小さく書かれています。 実際には交換しなければならないことがあるのに、「交換不要」というのはおかしいですよね。。。 なぜ悪い口コミ・評判なの?家電メーカー技術者に聞いてみた これだけ悪い口コミが見つかった理由について、家電メーカー勤務の友人(野口くん)に聞いてみました。 製品のカタログスペックと口コミをざっと見た後で、野口くんいわく… 「ん~、何だか色々詰め込みすぎな機械だねこれは」 と一言。 よくわからなかったので、 「僕が3歳児だと思ってやさしく教えてくれ」 と頼んだところ、下記、説明してくれました。 ・現在、家電の研究開発費の約半分は省エネ技術開発に突っ込まれている。 ・つまり、新しい技術開発に充てられているのは、半分しかない。 ・予算が少ないので、新しい技術がなかなか生まれにくい世の中=現在 ・なので、家電メーカーは、既存の技術をアレコレ組み合わせて「新商品です!すごいでしょ」と出している。 ・実際、家電を購入するお客さんも、前の製品と新しい製品の機能差について、何も分かっていないことが多い。 ・しかし、1つの製品にアレコレ詰め込んだ製品は、どの機能をとっても中途半端であることが多い。 ・そして、こうした詰め込み製品は構造が複雑になりがちで壊れやすい。 重要でない機能が搭載されていて、そこが壊れて、本体が動作しなくなるといったことが起こる。 ・逆に、「1つの機能に特化した製品」のほうが、性能が高く、長持ちすることが多い。 とまあ、こんな話でした(3歳児は理解できないかも)。 脱臭機だったら、脱臭に特化したシンプルな構造にしてくれればいいのに、加湿器がついてきたり、空気清浄機のほこり取り機能を売りにしていたり、交換不要のフィルターが交換必要だったり、なんだかよく分からない製品になっています。 ちなみに、富士通ゼネラルの脱臭機にはオゾン脱臭機能が搭載されています HDS-3000V以外の機種。 しかし、オゾンの発生量をオゾンの濃度であるppmで記載されています 0. 03ppm以下。 ここには 2つの問題があります。 1つ目に、 0. 003ppmという数値は自然界にある平均程度のオゾン濃度である、ということです。 オゾンの力で脱臭と言っているわりには、オゾンの力が弱いのです。 2つ目ですが、そもそも室内でオゾンを利用する際には、オゾンの生成量が重要になります。 オゾンの濃度がどの程度になるかは、部屋の広さにより大きく異なるので、 気体のオゾンをppmで表記するのは適切ではないし、オゾン生成性能がよく分からない、ということになります。 単機能で優れた製品は何か? これらの富士通ゼネラル製品と比較して優れていると感じたのが、オゾンマートのです。 弱いオゾンをダラダラと発生させるのではなく、強いオゾンを発生させ、短時間で部屋の脱臭を完了させるのがオースリークリア2の良いところ。 オゾンが強いので、利用中は部屋から出ないといけませんが、買い物に行く前にスイッチオンにしておけば、帰宅する頃には脱臭が完了しています。 機能がシンプルだから、操作も非常に簡単です。 シンプルな製品なので壊れにくく、またフィルター交換などといった定期的な部品交換も発生しません。 本体価格は、富士通ゼネラルの脱臭機より少し高額ですが、交換部品にかかるコストを含めた総額で考えると、むしろ割安と言えると思います。 オゾンはペット臭にも、たばこ臭にも有効で、実際に多くのペットサロン、獣医さんが採用しています。 たばこ対策としては、ホテルの客室の脱臭器として全国のホテルで採用されているほどです。 アレやコレやと機能をやたらと盛り込むのではなく、一つの強い機能で勝負するオースリークリア2、とても好感が持てました。 (この記事を読んだ人におすすめの記事) 投稿日: 作成者.

次の

ペットやタバコの臭い対策に!脱臭機のおすすめ人気ランキング10選|monocow [モノカウ]

ペット脱臭機

シャープの空気清浄機の特徴であるプラズマクラスター。 その中でも最大の効果を発揮する「高濃度プラズマクラスター25000」を搭載した機種なら、ペットのニオイ対策にバッチリ!ニオイが気になるスポットに集中してプラズマクラスターを放出できるパワフルショットで、除菌と消臭が一気におこなえます。 高感度ホコリセンサーが微細なチリまでしっかり捉えるので、部屋のコンディションはいつでも快適になります。 出典: 空気清浄機でペットにも快適な環境を! ペット臭に効果を発揮する空気清浄機は、1家に1台は欲しいアイテムです。 赤ちゃんとペットが同居する家庭には特に必要かもしれませんね。 空気清浄機を使って、家族もペットも快適に生活できる環境を手に入れましょう。 何かとお金のかかるペットとの生活……一番簡単な節約方法を知ってますか? ペットとの生活って何かとお金がかかります。 でもペットは大事だし、ずっと一緒にいたい! そこでオススメしたい節約方法が、電力会社変更です。 自分にあった電力会社・電気料金プランを選ぶことで、電気代を安くすることができますよ! 「エネチェンジ電力比較」では、かんたんな質問に答えるだけで電気料金のシミュレーションを行い、あなたのご家庭にぴったりな電気料金プランをご案内いたします。 もちろん、無料でご利用いただけます。

次の