東名 渋滞。 ドライバーズサイト

お盆の高速渋滞予想…ピークは下りが10日、上りが15日

東名 渋滞

渋滞の定義として一般道では走行速度が時速20km以下、高速道路においては走行速度が時速40kmいかの状態を指します。 一般的な渋滞の原因には悪天候、信号や踏み切り、交通事故、故障車、悪天候、連休や行楽シーズンなどの多数の人出によるものなどが有り、 高速道路の渋滞の原因には、料金所、道路工事、路面への落下物、インターチェンジやジャンクションでの分岐、上り坂、トンネル によるものなどが有ります。 高速道路の渋滞の名所は決まっているため、高速道路の改修や車線の増加などにより、年々渋滞は少なくなってきています。 詳細ページ: 高速道路の渋滞の名所・ポイント・場所の一覧 名称 説明 矢板IC 東北自動車道 矢板IC(インターチェンジ) 登り斜線が約1kmに渡って緩やかな上り坂になっていることと、 那須IC・黒磯板室IC・西那須野塩原ICからの行楽客の車が増えること、 国道4号線からの車が増えることが原因で渋滞になるとされています。 大谷PA 東北自動車道 大谷PA(パーキングエリア) 栃木ICから上りが続くことや、以前は川口JCTからの片側三車線区間の終了地点だった為に 渋滞します。 佐野藤岡IC 東北自動車道 佐野藤岡IC(インターチェンジ) 小山市や足利市からの車や、佐野プレミアム・アウトレット利用者の車が多いことから 渋滞します。 寒河江IC 山形自動車道 寒河江IC(インターチェンジ) さくらんぼ狩りシーズンの6月になると、さくらんぼ狩りの車により渋滞します。 猪苗代磐梯高原IC 磐越自動車道 猪苗代磐梯高原IC(インターチェンジ) 冬はアルツ磐梯スキー場、猪苗代スキー場、裏磐梯スキー場など有名なスキー場が多数有る為渋滞します。 また、裏磐梯から一番近いインターチェンジのため、行楽シーズンは行楽客や観光客の車で渋滞します。 藤岡JCT 関越自動車道 藤岡JCT(ジャンクション) 関越自動車道と上信越自動車道の合流地点のため、 行楽シーズン終了時には群馬北部や新潟方面からの車と長野方面からの車で渋滞します。 花園IC 関越自動車道 花園IC(インターチェンジ) 花園IC付近はサグと呼ばれる小さな谷になっているため、上り坂になる際にスピードが落ち渋滞になります。 また秩父や長瀞から最寄のインターチェンジの為、行楽シーズンは行楽客や観光客の車で渋滞します。 新座料金所 関越自動車道 新座料金所 関越自動車道の料金所がある為に渋滞が発生します。 大泉JCT 関越自動車道 大泉JCT(ジャンクション) 関越自動車道と東京外環自動車道の合流地点の為に渋滞します。 また、関越自動車道の先の谷原の交差点からの渋滞が影響していることも有ります。 渋川伊香保IC 関越自動車道 渋川伊香保IC(インターチェンジ) 群馬県北部のスキー場の利用客や、伊香保温泉・草津温泉の利用客の為に 冬や行楽シーズンに渋滞発生します。 月夜野IC 関越自動車道 月夜野IC(インターチェンジ) 国道17号線に接続する群馬最北のインターチェンジの為に渋滞します。 また、関越トンネルは危険物積載車両は通行できない為該当車両は月夜野ICで国道17号を利用するので、 これも渋滞の原因となっています。。 土樽PA 関越自動車道 土樽PA(パーキングエリア)(旧チェーンベース) チェーン規制時には全ての車が土樽PAに誘導され、 チェーンおよびスタッドレスタイヤ装着のチェックが行われる為に渋滞が発生します。 関越トンネル 関越自動車道 関越トンネル 以前は現在の下り線のみで片側通行だった為に渋滞していました。 現在もスキーシーズンなどには渋滞が発生しているようです。 八風山トンネル 上信越自動車道 八風山トンネル 碓氷軽井沢IC~佐久平PA間にあるトンネルで、以前は片側1車線ずつだった為に渋滞が多発しました。 現在は片側2車線になったため渋滞はほぼなくなっています。 五里ヶ峯トンネル 上信越自動車道 五里ヶ峯トンネル 千曲川さかきPA~屋代BS間にあるトンネルで、以前は片側1車線ずつだった為に渋滞が多発しました。 現在は片側2車線になったため渋滞はほぼなくなっています。 碓氷軽井沢IC 上信越自動車道 碓氷軽井沢IC(インターチェンジ) 避暑地や観光地として人気の軽井沢が近いため、行楽シーズンは行楽客や観光客の車により渋滞が発生します。 中郷IC 上信越自動車道 中郷IC(インターチェンジ) 暫定2車線の為、行楽シーズンなどに渋滞が発生します。 三宅坂JCT 首都高速道路 三宅坂JCT(ジャンクション) 首都高速都心環状線と首都高速4号新宿線が合流する為に渋滞が発生します。 特に速都心環状線外回りはトンネル内での合流となる為、事故などによる渋滞も起こりやすくなっています。 箱崎JCT 首都高速道路 箱崎JCT(ジャンクション) 首都高速6号向島線と首都高速9号深川線が合流するために渋滞が発生します。 竹橋JCT 首都高速道路 竹橋JCT(ジャンクション) 首都高速道路都心環状線と首都高速道路5号池袋線が合流する為に渋滞が発生します。 江戸橋JCT 首都高速道路 江戸橋JCT(ジャンクション) 首都高速道路都心環状線と首都高速道路1号上野線、首都高速道路6号向島線が連絡している為に渋滞が発生します。 谷町JCT 首都高速道路 谷町JCT(ジャンクション) 首都高速道路都心環状線と首都高速道路3号渋谷線が合流する為に渋滞が発生します。 浜崎橋JCT 首都高速道路 浜崎橋JCT(ジャンクション) 首都高速道路都心環状線と首都高速道路1号羽田線が合流する為に渋滞が発生します。 向島出入口 首都高速道路 向島出入口 大井本線料金所 首都高速道路 大井本線料金所 首都高速道路湾岸線の東行きに設置されている当料金所で渋滞が発生します。 両国JCT 首都高速道路 両国JCT(ジャンクション) 首都高速道路6号向島線と首都高速道路7号小松川線が合流する為に渋滞が発生します。 入間IC 首都圏中央連絡自動車道(圏央道)入間IC(インターチェンジ) 入間IC近くの三井アウトレットパーク入間の利用者の車のため渋滞します。 港北IC 第三京浜道路 港北IC(インターチェンジ) 港北ICの近くに新横浜駅、IKEA港北、ららぽーと横浜等がある為に渋滞が発生します。 宮野木JCT 東関東自動車道 宮野木JCT(ジャンクション) 京葉道路と東関東自動車道が接続している為渋滞が発生します。 また、宮野木JCTから京葉道路に入るまでの間に千葉西本線料金所があることも渋滞の原因となっています。 穴川IC 京葉道路 穴川IC(インターチェンジ) 宮野木JCTからの渋滞が連なることで、穴川ICも渋滞が発生します。 高井戸IC 中央自動車道 高井戸IC(インターチェンジ) 首都高速道路4号新宿線と中日本中央自動車道を繋ぐインターチェンジです。 中央道上り出口は周囲の道路の混雑による渋滞が連なることで、高速道路内も渋滞が発生します。 相模湖IC 中央自動車道 相模湖IC(インターチェンジ) 相模湖インターチェンジから先が上り坂となるために渋滞が発生します。 小仏トンネル 中央自動車道 小仏トンネル 相模湖インターチェンジからの上り坂が小仏トンネルの中央付近まで続いている為に渋滞が発生します。 元八王子BS(バスストップ・バス停) 中央自動車道 元八王子BS(バスストップ・バス停) 八王子料金所や八王子インターチェンジがある為と、 元八王子バスストップ付近はサグと呼ばれる軽い谷間になっているため、谷間の上り坂部分の影響で渋滞が発生します。 土岐JCT 中央自動車道 土岐JCT(ジャンクション) 中央自動車道と東海環状自動車道の合流の為に渋滞が発生します。 大月JCT 中央自動車道 大月JCT(ジャンクション) 中央自動車道本線と富士吉田線の合流のために渋滞が発生します。 日本坂トンネル 東名高速道路 日本坂トンネル 日本坂トンネル開通時は上下2車線ずつの為に渋滞が発生していました。 現在は新たなトンエンルを掘り上り4車線、下り3車線となった為に渋滞の発生は少なくなっています。 大和トンネル 東名高速道路 大和トンネル 大和トンネル付近は緩やかな上り坂となっているため渋滞が発生します。 厚木IC 東名高速道路 厚木IC(インターチェンジ) 東名高速道路から接続する国道271号(小田原厚木道路)、国道129号は非常に交通量が多いために渋滞が発生します。 御殿場IC 東名高速道路 御殿場IC(インターチェンジ) 御殿場インターチェンジ付近に御殿場プレミアムアウトレットがある為、利用者の車で渋滞が発生します。 綾瀬BS 東名高速道路 綾瀬BS(バスストップ・バス停) 綾瀬バス停先の大和トンネルの渋滞が連なり、バス停付近も渋滞が発生します。 松岡BS 東名高速道路 松岡BS(バスストップ・バス停) 松岡バス停から富士川サービスエリアに向かう途中の富士川橋が上り坂でカーブとなっているために渋滞が発生します。 裾野BS 東名高速道路 裾野BS(バスストップ・バス停) 裾野BSからその先の沼津インターチェンジにかけてカーブが続く為に渋滞が発生します。 富士IC 東名高速道路 富士IC(インターチェンジ) 富士山周辺の観光地の行楽客の車や、大石寺や富士山本宮浅間大社等有名な寺院仏閣があるために参拝者の車で渋滞が発生します。 豊田JCT 東名高速道路 豊田JCT(ジャンクション) 東名高速道路と伊勢湾岸自動車道が合流している為に渋滞が発生します。 岡崎IC 東名高速道路 岡崎IC(インターチェンジ) 山間部で起伏があることなどにより渋滞が発生します。 四日市IC 東名阪自動車道 四日市IC(インターチェンジ) 伊勢湾岸自動車道から多くの車が流入する為渋滞が発生します。 高鷲トンネル 東海北陸自動車道 高鷲トンネル スキー場などの利用客の車で渋滞が発生します。 白鳥IC 東海北陸自動車道 白鳥IC(インターチェンジ) スキー場などの利用客の車で渋滞が発生します。 瀬田東JCT 名神高速道路 瀬田東JCT(ジャンクション) 京滋バイパスと名神高速道路が合流するために渋滞が発生します。 京都南IC 名神高速道路 京都南IC(インターチェンジ) 京都への行楽客や観光客の車で渋滞が発生します。 京都東IC 名神高速道路 京都東IC(インターチェンジ) 京都への行楽客や観光客の車や、西大津バイパスへ直結していることもあり渋滞が発生します。 竜王IC 名神高速道路 竜王IC(インターチェンジ) 竜王インターチェンジ付近に三井アウトレットパーク滋賀竜王がある為に、利用者の車で渋滞が発生します。 天王山トンネル 名神高速道路 天王山トンネル 開通当時は上下線に1本ずつのだった為に渋滞が多発しましたが、現在はさらにトンネル数が2本増えたので渋滞は以前より少なくなっています。 須磨IC 第二神明道路 須磨IC(インターチェンジ) 阪神高速3号神戸線と接続している、山間部であり須磨坂と呼ばれる坂がある、交通量が多いなどの理由から渋滞が発生します。 摂津北IC 近畿自動車道 摂津北IC(インターチェンジ) 出口で接続している大阪府道2号大阪中央環状線との合流の為渋滞が発生します。 宝塚トンネル 中国自動車道 宝塚トンネル 宝塚トンネルは宝塚東・宝塚西トンネルの総称で、トンネル内に勾配がある、 上り線は山陽自動車道・舞鶴若狭自動車道・阪神高速7号北神戸線・六甲北有料道路・神戸淡路鳴門自動車道からの車が多数流入し 下り線は名神高速道路・近畿自動車道からの車が流入する為に渋滞が発生します。 藤白トンネル 阪和自動車道 藤白トンネル 暫定2車線区間の為に渋滞が発生します。 長峰トンネル 阪和自動車道 下津トンネル 暫定2車線区間の為に渋滞が発生します。 下津トンネル 阪和自動車道 下津トンネル 暫定2車線区間の為に渋滞が発生します。 鳥栖JCT 九州自動車道 鳥栖JCT(ジャンクション) 鳥栖JCTで鳥栖IC、九州自動車道、長崎自動車道、大分自動車道が接続している為に渋滞が発生します。 鳥栖JCTは九州で最も通行車両の多いジャンクションとされています。 広川IC 九州自動車道 広川IC(インターチェンジ) 広川ICに広川SA(サービスエリア)が併設している為、広川SA利用者の車で渋滞が発生します。

次の

日本道路交通情報センター:JARTIC

東名 渋滞

NEXCO中日本は2020年3月25日(水)、東名高速の名古屋IC~春日井ICで5月11日(月)0時から70日間、昼夜連続の対面通行規制を実施すると発表しました。 同区間の橋りょうにおいて、コンクリート床版(舗装が載る道路の床板に当たる部分)を取り替える工事にともなう規制です。 1月から3月にかけて下り線の工事で同様の規制が実施されましたが、今度は上り線で工事が実施されます。 期間中は走行車線が片側2車線から1車線に減少するため、通勤時間帯を中心に、工事区間の前後で最大10kmの渋滞(通過時間60分程度)を予想。 このため、東海環状道や名二環(名古屋第二環状道)、名古屋高速または一般道への迂回や、利用時間帯の変更を検討してほしいといいます。 なお、下り線工事期間中と同様に、今回も名二環や名古屋高速に迂回しても料金が割高にならないよう調整するほか、東海環状道などへの迂回に協力した利用者に、迂回走行距離分のガソリン代に相当する500円のQUOカードを進呈するといった「キャンペーン」も実施します。 工事のウェブサイトでETCカード番号などを事前登録することで参加できます。 今回の工事は「高速道路リニューアルプロジェクト」の一環です。 NEXCO中日本は、「ネットワーク機能を長期にわたり健全に保つために必要な工事です。 お客さまへの影響を最小限とするよう取り組んでまいります」としています。 【了】.

次の

300mにも満たない東名の「大和トンネル」 なぜいつも渋滞する?

東名 渋滞

スポンサーリンク 御殿場~厚木を一般道で。 これはまさに御殿場のアウトレットからの帰り道で撮影したもので、アウトレット~秦野中井IC手前までのものとなっています。 厚木まで向かう際の地図はこちら。 補足 動画は御殿場アウトレットからスタートしているので、山中湖・須走方面や、御殿場市街からこの抜け道を使う場合について、少し補足します。 御殿場市街~生土までの約10km、国道246号線は片側2車線のバイパスなのでスムーズなことが多いです。 (生土が、動画で裏道からR246に合流する信号のところです) 須走方面から帰る時は、わざわざアウトレット近くまで行かずに、R246に出てしまいましょう。 ただ、国道138号線は高速に向かう車で渋滞するので、このようなルートがオススメです。 生土からは片側1車線になります。 そのような時は、清水橋~山北駅の先の区間を結ぶ旧道(県道76号線)も活用しましょう。 すれ違う時は少しスピードを落とす必要がありますが、元・国道なのでそれほど走りにくい道ではありません。 大井松田から先の解説 山北~松田庶子の区間はR246をひたすら走ります。 庶子の交差点で、秦野中井・厚木方面に向かう場合は左折し、県道77号線に入ります。 (大井松田IC・小田原方面に向かう場合は直進し、2km先で国道255号線に入ります) 県道77号線に入ると、松田の市街地をしばらく走ることになり、踏切もあるので少し渋滞することもありますが、大渋滞になることは少ないです。 この先、動画では新雑色橋の交差点を左折し、広域農道から県道71号線に向かいます。 県道71号線を左折すると2km先が秦野中井IC、右折すると3km先が小田原厚木道路の二宮IC、さらに進むと西湘バイパス二宮ICがあります。 動画はここでおしまいですが、以下、厚木まで向かう場合のお話。 厚木方面に向かう場合はここで曲がらずに、県道77号線をさらに直進します。 4kmほど進むと土屋橋交差点で県道62号線とのT字路になるので、右折します。 東名が混雑していて、この抜け道を利用している車が多いと、土屋橋交差点の手前から渋滞します。 これを回避する路地はありそうですが、残念ながら自信を持って紹介できる道を知りません。 土屋橋から県道62号線を3kmほど進むと、小田原厚木道路の平塚ICに着きます。 小田原厚木道路の横を走る県道63号線へ ここから小田原厚木道路に乗っても良いですし、高速の側道のような形で県道63号線が走っているので、こちらを走るのもアリです。 東名が混雑している場合、小田原厚木道路も伊勢原ICあたりから渋滞していることが多いので、県道63号線を使って厚木西ICまで行き、そこから高速の渋滞に合流するのが最速ルートだと思います。 御殿場から厚木西ICまで、スムーズに行けば1時間半、混んだら2時間といったところでしょうか。 時間は同じぐらい。 でも流れていて、安い。 時間的には渋滞にハマっているのと劇的には変わりませんが、流れている道を走っている方が気分は良いですし、高速代も740円浮くので、僕は積極的に使う道です。 なお、この抜け道が効果を発揮するのは国道246号線がそれほど混んでいない時だけです。 Uターンラッシュの時期など、R246も大渋滞しているような時は、道志みち(国道413号線)や足柄峠(県道78号線)の利用を考えましょう。 どちらも結構な回り道ですが、R246まで詰まっているような時には便利です。 厚木~横浜町田の渋滞は回避不能…。 なお、今回の抜け道より先、大和トンネルを先頭にした厚木~横浜町田の渋滞については、渋滞にハマっていた方が早いと思います。 R246も海老名周辺で渋滞しますし、市街地なので裏道もノロノロで、横浜町田ICに辿り着いても、高速入口が渋滞していることがほとんどだからです。 高速の渋滞にハマっても、よほどの事故渋滞でも無い限りは1時間程度で抜けられるので、一般道で行くよりも早いです。 強いて言えば、海老名サービスエリアの出口からは合流車線が3kmほどあり、実質片側4車線となります。 この合流車線は本線より流れていることが多いので、多少は時間の短縮になるかもしれません。 また、Uターンラッシュの時のように、御殿場より手前から渋滞が始まるパターンの場合、御殿場で下りようとする車が当然多くなります。 その場合、御殿場ICの出口渋滞も激しいので、さらに手前の裾野ICで下りましょう。

次の