ドラゴン スレイヤー nt。 ドラゴンスレイヤーの勲章の効果検証

「パンダ・ハガー」と「ドラゴン・スレイヤー」

ドラゴン スレイヤー nt

この記事のほとんどまたは全てがにのみ基づいています。 も行い、記事の正確性・中立性・信頼性の向上にご協力ください。 日本での劇場公開はされていないが、1986年3月25日にポニー(現:)から字幕版のビデオが発売されている。 ちなみに、バンダイ メディア事業部(現:)における字幕版のLDには、ノートリミングシアターとしてステレオ音源で収録されているが、ビデオ・LD(一部)およびVHDのパッケージには、モノラル音源で収録されている。 DVDは字幕のない海外版のみで、日本国内向けは発売されていない。 このため、日本では劇場未公開であるためか、『ドラゴンスレイヤー』による音楽協力は、、ポニーキャニオン、には関わっておらず、が関わっている。 「の竜退治」をモチーフとしている。 ストーリー [ ] 中世のイングランド。 若者 ゲイレンは、偉大な魔術師 ウルリクのもとで、修行に励んでいた。 そんなある日、若者 ヴァレリアン(最初は男装しており、旅の途中でゲイレンに女性であることを知られることになる)を始めとする辺境ウルランドからの巡礼がウルリクの元を訪れる。 毎年2人の処女を生贄に要求する悪竜 ヴァーミスラックス・ペジョラティヴを退治して欲しいというのだ。 だが、ウルリクは カシオドラス王の使者 ティリアンの手で殺される。 遺言に従い、ウルリクの遺体を火葬したゲイレンは遺されたアミュレット(護符)を頼りに、代わりに竜退治を遂行しようとウルランドの巡礼たちに同行する。 ヴァーミスラックス・ペジョラティヴの巣穴に着いたゲイレンは、魔法で岩を崩しヴァーミスラックス・ペジョラティヴを封じ込めることに成功する。 村では祝いの祭が開かれ、ヴァレリアンもドレスを着て、これまでヴァーミスラックス・ペジョラティヴの生贄のくじ引きで選ばれないよう男として育てられたことを明かす。 そこに王の使いとしてティリアンが現れ、ゲイレンをカシオドラス王の元へと連れて行く。 カシオドラス王は、これまで上手くやっていたのに余計な事をしたとゲイレンを牢に入れてしまう。 牢のゲイレンを訪れた エルスペス姫はクジ引きに細工がされており、王家の娘や金持ちの娘は絶対に生贄に当たらないようになっていたことを知るとゲイレンを牢から逃がした。 その時、王国を揺るがす地響きが起き、ヴァーミスラックス・ペジョラティヴが健在であることが知れ渡った。 カシオドラス王の元では、次回の生贄を選ぶためクジ引きが行われた。 イカサマを知ったエルスペス姫はクジに細工を行い、自らを選ばれた生贄としてヴァーミスラックス・ペジョラティヴの元へとおもむく。 カシオドラス王は態度を変え、ゲイレンにドラゴン退治を改めて依頼した。 ゲイレンとヴァレリアンの父は、魔法を込めて最強の槍 ドラゴンスレイヤーを鍛える。 すら切断する切れ味のドラゴンスレイヤーを手にゲイレンは生贄の儀式へと向かう。 儀式の邪魔をさせまいとティリアンが立ちふさがりゲイレンと戦う。 その戦いの間にエルスペス姫は地中へと降りていった。 ティリアンを倒したゲイレンも後を追い、地中に向かうが、エルスペス姫はヴァーミスラックス・ペジョラティヴの子供の竜の餌食になった後だった。 子供の竜を殺し奥へと進むゲイレンの前に、子供の死を知って怒り狂うヴァーミスラックス・ペジョラティヴが現れる。 ヴァーミスラックス・ペジョラティヴにはドラゴンスレイヤーでも歯が立たなかった。 ゲイレンは遺言を思いだし、ウルリクの遺灰を湖にまくと、ウルリクが蘇えった。 ウルリクはヴァーミスラックス・ペジョラティヴと魔法で戦う。 嵐を呼んで雷でヴァーミスラックス・ペジョラティヴを撃つが、それでもヴァーミスラックス・ペジョラティヴは倒せない。 ヴァーミスラックス・ペジョラティヴがウルリクをつかみ空中へと舞い上がった時、ゲイレンはウルリクの指示に従ってアミュレットを打ち砕いた。 すると、ウルリクの身体が大爆発を起こした。 ヴァーミスラックス・ペジョラティヴも大爆発で焼けただれ地面に墜ち、ついに息途絶えた。 焼けただれたヴァーミスラックス・ペジョラティヴの死骸の傍らに佇むゲイレンとヴァレリアンの元へ、カシオドラス王の一行が現れる。 カシオドラス王はヴァーミスラックス・ペジョラティヴの死骸に剣を突きて、王の従者が浪々と宣誓した。 「ここに、偉大なるカシオドラス王、悪竜ヴァーミスラックス・ペジョラティヴを退治する」 ゲイレンとヴァレリアンは白馬にまたがりいずこかへと旅立つのであった。 解説 [ ] 特撮の面からは世界で初めてが本格的に使われたことが特筆される。 ピーター・マクニコル、ケイトリン・クラークは共に本作がデビュー作になる。 本作でドラゴンを倒したドラゴンスレイヤーとなったのは、上述の通りにカシオドラス王である。 このことから、他のドラゴン退治物と異なり、「英雄とはなにか」「伝説に隠された真実とはなにか」、単なる怪物退治の留まらない何かがあるのではないかと、観た者に考えさせる内容となっている。 キャスト [ ]• ゲイレン -• ヴァレリアン - ()• 魔術師ウルリク -• 剣士ティリアン - ()• エルスペス姫 - クロエ・サラマン• カシオドラス王 - ()• ヴァレリアンの父 - エムリス・ジェームズ• ホッジ -• 神父 - スタッフ [ ]• 監督:• 製作総指揮:• 脚本:マシュー・ロビンス、• 製作:ハル・バーウッド• 撮影:• 編集:• 特殊効果:、、• 音楽: ヴァーミスラックス・ペジョラティヴ [ ] ヴァーミスラックス・ペジョラティヴ(: Vermithrax Pejorative)は、本作に登場するドラゴンの固有名。 「ヴァーミス」はで英語では: Wormとなり、やを意味する。 ではやの意味あいもあり、転じて飛行しないドラゴン全般を指す言葉でもある。 その姿はに近く、前脚はのような皮の被膜の翼になっている。 また、ヴァーミスラックス・ペジョラティヴはこの翼で自由に飛行することができる。 その一方で、地上を歩くのは苦手で、後ろ脚だけで歩くことはできず、前脚の先についている小さな爪を使って這うように歩くことしかできない。 口からは炎を吐くことができ、この炎は人間を一瞬で焼き尽くす。 前脚の爪も切れ味が鋭い。 その出自は不明であるが、ヴァレリアンらがドラゴンの証拠として持ってきた鱗を一目見ただけでウルリクはヴァーミスラックス・ペジョラティヴの名前を言い当てたことから、は「ウルリクとは別の魔法使いがヴァーミスラックス・ペジョラティヴを作ったのではないか」と推測している。 出典 [ ].

次の

ドラゴンスレイヤーの勲章の効果検証

ドラゴン スレイヤー nt

「パンダ・ハガー」と「ドラゴン・スレイヤー」とうい単語があるのをご存知でしょうか。 どちらも英語起源の外来語で、それぞれ「Panda Hugger」「Dragon Slayer」と綴ります。 これらの2つの語は、中国に対する態度を表す単語です。 ニュースサイトなどでは見かけませんが、専門家の記事の中では見かける語です。 覚えておいて損は無いでしょう。 パンダ・ハガーとは パンダ・ハガー(Panda Hugger)というのは、すごく簡単に言ってしまうと、親中的な人の事です。 中国をパンダに例え、そのパンダにハグする人という事で親中派を表現しているわけです。 有名なところでは、キッシンジャーなどの名前があがるでしょうか。 まあ、パンダを中国の象徴として扱うのには抵抗がある人もいるでしょうけどね。 パンダが生息する四川省は、もともと中国というよりはチベットの土地でしたから。 とりあえず、中国で愛嬌が感じられるものと言えば、まず真っ先に挙がるのがパンダでしょう。 その意味では、親中派をパンダ・ハガーというのは、命名としては理解できなくはありません。 ドラゴン・スレイヤーとは 次にドラゴン・スレイヤー(Dragon Slayer)ですが、これはパンダ・ハガーとは反対の意味です。 対中国強硬派くらいの意味でとらえるといいでしょうか。 ちなみに、「Slayer」の「Slay」という単語は、殺すというような意味です。 つまり、ドラゴン・スレイヤーは、もともとは竜殺しというような意味なのです。 中国を竜に例えて、それに厳しい立場の人なので竜殺しという名前がつけられています。 とは言え、中国を竜に例えるのも、またちょっと変な感じがしますけどね。 1990年代までは香港、シンガポール、韓国、台湾をアジア四小龍などと呼んでいました。 そしてこのころは、日本が大龍だったはずですから。 ゲームだし神話だしマンガだし ドラゴン・スレイヤーという名称がもう一つややこしいのが、この単語はゲームや神話、マンガなどでつかわれている語なんですよね。 「ドラゴン・スレイヤー」で検索してみると、検索結果の一番上に来るのは「ドラゴン・スレイヤー」というゲームのウィキペディアによる解説ページです。 その他も、上位は、ゲーム関連が多いですね。 それ以外では、神話でもよく使われている語のようです。 また、最近の作品では、マンガのフェアリー・テイルの主人公がドラゴン・スレイヤーでしたね。 たしか。 とても強いイメージがあるのは良いのですが、対中強硬派の意味でこの語を拾おうとすると、ちょっと苦労しそうです。 違う使い方をしているページが多すぎてね。 アメリカの対中外交はパンダ・ハガーの手からドラゴン・スレイヤーに ちなみにオバマ政権では、対中外交を仕切っていたのはパンダ・ハガーであると言われていました。 しかしトランプ政権になると、ドラゴン・スレイヤーが対中外交を担うという観測があるようです。 つまり、アメリカは中国に対して厳しい態度を取るようになる可能性が大きいわけですね。 実際トランプは、台湾の蔡英文総統と電話会談をしたそうです。 これは、歴代の米大統領では全くなかった話です。 これだけを見ても、対中政策の変化の兆しが感じられます。 ということで、これから活躍するのはドラゴン・スレイヤーかもしれません。 覚えておきましょう。

次の

リーパー、スレイヤー系の継承と倍率

ドラゴン スレイヤー nt

この記事のほとんどまたは全てがにのみ基づいています。 も行い、記事の正確性・中立性・信頼性の向上にご協力ください。 日本での劇場公開はされていないが、1986年3月25日にポニー(現:)から字幕版のビデオが発売されている。 ちなみに、バンダイ メディア事業部(現:)における字幕版のLDには、ノートリミングシアターとしてステレオ音源で収録されているが、ビデオ・LD(一部)およびVHDのパッケージには、モノラル音源で収録されている。 DVDは字幕のない海外版のみで、日本国内向けは発売されていない。 このため、日本では劇場未公開であるためか、『ドラゴンスレイヤー』による音楽協力は、、ポニーキャニオン、には関わっておらず、が関わっている。 「の竜退治」をモチーフとしている。 ストーリー [ ] 中世のイングランド。 若者 ゲイレンは、偉大な魔術師 ウルリクのもとで、修行に励んでいた。 そんなある日、若者 ヴァレリアン(最初は男装しており、旅の途中でゲイレンに女性であることを知られることになる)を始めとする辺境ウルランドからの巡礼がウルリクの元を訪れる。 毎年2人の処女を生贄に要求する悪竜 ヴァーミスラックス・ペジョラティヴを退治して欲しいというのだ。 だが、ウルリクは カシオドラス王の使者 ティリアンの手で殺される。 遺言に従い、ウルリクの遺体を火葬したゲイレンは遺されたアミュレット(護符)を頼りに、代わりに竜退治を遂行しようとウルランドの巡礼たちに同行する。 ヴァーミスラックス・ペジョラティヴの巣穴に着いたゲイレンは、魔法で岩を崩しヴァーミスラックス・ペジョラティヴを封じ込めることに成功する。 村では祝いの祭が開かれ、ヴァレリアンもドレスを着て、これまでヴァーミスラックス・ペジョラティヴの生贄のくじ引きで選ばれないよう男として育てられたことを明かす。 そこに王の使いとしてティリアンが現れ、ゲイレンをカシオドラス王の元へと連れて行く。 カシオドラス王は、これまで上手くやっていたのに余計な事をしたとゲイレンを牢に入れてしまう。 牢のゲイレンを訪れた エルスペス姫はクジ引きに細工がされており、王家の娘や金持ちの娘は絶対に生贄に当たらないようになっていたことを知るとゲイレンを牢から逃がした。 その時、王国を揺るがす地響きが起き、ヴァーミスラックス・ペジョラティヴが健在であることが知れ渡った。 カシオドラス王の元では、次回の生贄を選ぶためクジ引きが行われた。 イカサマを知ったエルスペス姫はクジに細工を行い、自らを選ばれた生贄としてヴァーミスラックス・ペジョラティヴの元へとおもむく。 カシオドラス王は態度を変え、ゲイレンにドラゴン退治を改めて依頼した。 ゲイレンとヴァレリアンの父は、魔法を込めて最強の槍 ドラゴンスレイヤーを鍛える。 すら切断する切れ味のドラゴンスレイヤーを手にゲイレンは生贄の儀式へと向かう。 儀式の邪魔をさせまいとティリアンが立ちふさがりゲイレンと戦う。 その戦いの間にエルスペス姫は地中へと降りていった。 ティリアンを倒したゲイレンも後を追い、地中に向かうが、エルスペス姫はヴァーミスラックス・ペジョラティヴの子供の竜の餌食になった後だった。 子供の竜を殺し奥へと進むゲイレンの前に、子供の死を知って怒り狂うヴァーミスラックス・ペジョラティヴが現れる。 ヴァーミスラックス・ペジョラティヴにはドラゴンスレイヤーでも歯が立たなかった。 ゲイレンは遺言を思いだし、ウルリクの遺灰を湖にまくと、ウルリクが蘇えった。 ウルリクはヴァーミスラックス・ペジョラティヴと魔法で戦う。 嵐を呼んで雷でヴァーミスラックス・ペジョラティヴを撃つが、それでもヴァーミスラックス・ペジョラティヴは倒せない。 ヴァーミスラックス・ペジョラティヴがウルリクをつかみ空中へと舞い上がった時、ゲイレンはウルリクの指示に従ってアミュレットを打ち砕いた。 すると、ウルリクの身体が大爆発を起こした。 ヴァーミスラックス・ペジョラティヴも大爆発で焼けただれ地面に墜ち、ついに息途絶えた。 焼けただれたヴァーミスラックス・ペジョラティヴの死骸の傍らに佇むゲイレンとヴァレリアンの元へ、カシオドラス王の一行が現れる。 カシオドラス王はヴァーミスラックス・ペジョラティヴの死骸に剣を突きて、王の従者が浪々と宣誓した。 「ここに、偉大なるカシオドラス王、悪竜ヴァーミスラックス・ペジョラティヴを退治する」 ゲイレンとヴァレリアンは白馬にまたがりいずこかへと旅立つのであった。 解説 [ ] 特撮の面からは世界で初めてが本格的に使われたことが特筆される。 ピーター・マクニコル、ケイトリン・クラークは共に本作がデビュー作になる。 本作でドラゴンを倒したドラゴンスレイヤーとなったのは、上述の通りにカシオドラス王である。 このことから、他のドラゴン退治物と異なり、「英雄とはなにか」「伝説に隠された真実とはなにか」、単なる怪物退治の留まらない何かがあるのではないかと、観た者に考えさせる内容となっている。 キャスト [ ]• ゲイレン -• ヴァレリアン - ()• 魔術師ウルリク -• 剣士ティリアン - ()• エルスペス姫 - クロエ・サラマン• カシオドラス王 - ()• ヴァレリアンの父 - エムリス・ジェームズ• ホッジ -• 神父 - スタッフ [ ]• 監督:• 製作総指揮:• 脚本:マシュー・ロビンス、• 製作:ハル・バーウッド• 撮影:• 編集:• 特殊効果:、、• 音楽: ヴァーミスラックス・ペジョラティヴ [ ] ヴァーミスラックス・ペジョラティヴ(: Vermithrax Pejorative)は、本作に登場するドラゴンの固有名。 「ヴァーミス」はで英語では: Wormとなり、やを意味する。 ではやの意味あいもあり、転じて飛行しないドラゴン全般を指す言葉でもある。 その姿はに近く、前脚はのような皮の被膜の翼になっている。 また、ヴァーミスラックス・ペジョラティヴはこの翼で自由に飛行することができる。 その一方で、地上を歩くのは苦手で、後ろ脚だけで歩くことはできず、前脚の先についている小さな爪を使って這うように歩くことしかできない。 口からは炎を吐くことができ、この炎は人間を一瞬で焼き尽くす。 前脚の爪も切れ味が鋭い。 その出自は不明であるが、ヴァレリアンらがドラゴンの証拠として持ってきた鱗を一目見ただけでウルリクはヴァーミスラックス・ペジョラティヴの名前を言い当てたことから、は「ウルリクとは別の魔法使いがヴァーミスラックス・ペジョラティヴを作ったのではないか」と推測している。 出典 [ ].

次の