光回線 速度 目安。 快適なインターネットの回線速度とは?

ネット回線の回線速度はどれくらいあれば快適に使えるか|やさしくねっと.

光回線 速度 目安

光回線速度|パソコンの平均速度 全体 下り:84. 06Mbps 上り:90. 82Mbps 1Gbps未満のプラン 下り:53. 03Mbps 上り:58. 52Mbps 1Gbps以上のプラン(光コラボをのぞく) 下り:108. 66Mbps 上り:113. 92Mbps 光コラボ 下り:83. 69Mbps 上り:96. 67Mbps 詳細はこちらの記事で。 06Mbps」ということです。 控えめに考えても「53. 03Mbps(1Gbps未満のプラン)」ですから、光回線を使っているなら 少なくとも「50Mbps」は出ていないとおかしい部類です。 まだ、お使いの回線速度を測っていないという人はこちらからどうぞ。 「10Mbps」もあれば、日常生活にはそれほど支障がありません。 もちろん、 「50Mbps~80Mbps」くらいあるに越したことは無いのですが、普通にインターネットをする分にはそこまでの「速さ」は必要ありません。 通信速度と用途の関係は次の通りだからです。 1Mbps未満• テキスト主体のWebサイトやメールを送受信する程度には使える。 画像の多いサイト、広告の多いサイトは重くて遅い。 閲覧に支障が出る。 動画は見れない。 1Mbps~2Mbps• メールはもちろん、Webサイトの閲覧(テキスト、画像関係なく)も支障はない。 動画も見れる。 ただし、ストリーミング再生が止まったり、うまく読み込めなかったりする。 2Mbps~• 日常生活にはほぼ支障がないレベル。 ただし、高画質な動画の視聴やオンラインゲームには不向き。 5Mbps~• 高画質動画ストリーミング(動画配信)も利用できる。 サクサク止まらずに視聴可能。 10Mbps~• オンラインゲームもラグなく楽しめる。 【レスポンス性を測ろう】ping値で「リアルタイム性」をチェックする 通信速度も大事なのですが、「ping値」も超重要です。 一方で、ping値を測ることで「どれだけの速さでサーバーからレスポンスが返ってくるか」が分かります。 この「ping値」が低ければ低いほど、それだけ速く通信が可能なので「レスポンスが速い」ということになります。 「動画を見る」や「Webサイトを見る」という行為は、データの受信がメインなので「レスポンス」はそれほど重要ではありません。 問題は「オンラインゲーム」の場合です。 こちらの操作を相手に伝え、それに対してさらに相手が反応するるというゲームの特性上、「レスポンス性」がプレイするうえで非常に重要になってきます。 一般的に、「ping値」は「50」を超えるとかなりレスポンス性が悪いと言われます。 「なんか遅いなあ」とか「ラグ(送れ)があるなあ」と言う場合、問題は「通信速度」ではなく「ping値」のほうに問題があるかもしれません。 ping値はだいたい「50未満」を推奨します。 以下簡易的な表です。 1ms~10ms 超速い! 神!• 11ms~14ms かなり速い• 15ms~29ms 速め• 30ms~50ms 普通• 51ms~99ms 遅い• 100ms~ かなり遅い ping値を測りたい人は、こちらからどうぞ。

次の

ネット回線速度の目安はどれくらい?快適な速度を知ろう!

光回線 速度 目安

10Mbpsとは まずは10Mbpsの速度とはいったいどういった意味なのかから紐解いていきましょう。 1bpsでは1秒間に1ビットのデータを伝送できます。 1秒間に送ることのできるデータ量が多いほど「回線速度」が速く、少ないほど遅いということですね。 ビット(bit) データの量を表す最小の単位。 1ビットでは2進数の1桁が1か0か、つまりオンなのかオフなのかを示すことができる。 通常データ量を数えるときは8桁(8ビット)を1セットにした 1バイト(Byte)という単位を用いる。 つまり1Mbpsは1秒間に1メガビット(125キロバイト)のデータを送受信できる速さです。 また、回線の速度には上りと下りの2種類があり、それぞれ分けて計測されます。 回線速度測定方法 スマホやパソコンの回線速度はブラウザやアプリの測定ツールを使って簡単に調べることができます。 今回はを使って測定してみました。 【SpeedCheck測定方法】 サイトを表示したら「テスト開始」を押しましょう。 それだけで、画像のように下りと上りの速度を測定してくれます。 便利なアプリ版もあるので日常的に使用する場合はインストールするのがおすすめです。 測定ではより正確な速度を算出するため、多少通信量がかかってしまいます。 通信制限にかかりそうな人は気を付けましょう。 SPEEDCHECK 測定ツールにはいろいろ種類がありますが、それぞれで使用するサーバや得られる情報が異なっているため、自分に合ったものを探してみてください。 測定ツールについては以下の記事にまとめています。 所要時間計算方法 通信にかかる時間はデータの容量によって異なります。 データが大きくなればダウンロードやアップロードにかかる時間も長くなるのは当然ですよね。 回線の速度がわかれば、データをダウンロードするときにどれくらいの時間がかかるのか大まかに計算することができます。 8秒となるため約1秒程度かかることがわかりますね。 333…分と約15分程度です。 10Mbpsはどれくらい速いのか。 できないことはある? では具体的に10Mbpsとはどれくらいの速さか、できることとできないことに分けて紹介していきましょう。 10Mbpsはちょうど回線の基準になる速さ 4GLTEやWiMAXなどのモバイル回線を使用している場合、 10Mbpsの速度を保てていれば通信環境は問題ないと言えるでしょう。 回線速度は用途によって「これくらいあれば大丈夫」という適正値が異なります。 WEBサイトを見るだけの人と、映画などの長い動画を見る人。 「通信を行う」といった点では同じでも当然必要とする速度は同じではありません。 しかし 10Mbpsの速度があれば特殊な場合を除き一般的に無理のない通信が可能です。 もちろん回線速度は速いに越したことはありませんし、逆に7~8Mbpsだからといって途端にものすごく遅く感じわけでもありません。 10Mbpsはあくまで目安ですが、プロバイダなど契約する回線を考える上での指標にもなるため知っておいて損はないでしょう。 10Mbpsはネットが十分楽しめる速度 一般的に10Mbpsの速度があれば、たいていのネット通信が楽しめます。 たとえば以下のことは10Mbpsどころか1Mbpsの速度でもできることです。 LINEでメッセージを送るなどテキストデータの送受信• Skypeなどアプリでの通話• WEBページやSNSを見る• Youtubeを標準画質で視聴する これだけでも十分だという人も多いのではないでしょうか。 1MbpsはdocomoのスマホやWiMAX、Y! mobileのポケットWiFiが速度制限になったときの最大速度。 この10倍の速度である10Mbpsではさらに大きなデータ量の通信が可能です。 1Mbpsではできなくて10Mbpsあればできること 1Mbpsでネットができるなら10Mbpsも必要ないかと言われればそういうわけでもありません。 1Mbpsにも限界はあります。 10Mbpsあればできることを確認していきましょう。 Youtube、Hulu、Netflixなどの高画質動画の視聴 1Mbpsでは標準画質の動画見られても、高画質の視聴となると速度が足りず再生しても途切れてしまうことがあります。 スマホではそれでも十分だったとしても、タブレットやPCで見るときは画面のサイズが大きくなる分、標準画質では粗さを感じてしまうこともあるでしょう。 一方で 10Mbpsの速度があればYoutubeやHuluなど動画サイトの高画質動画は問題なく視聴できます。 各動画サイトの画質ごとのダウンロード通信所要時間を比較してみましょう。 PS4、ニンテンドースイッチ、アプリなどでのオンラインゲーム ゲームは種類にもよりますが、TCGやRPGであれば1Mbps、FPS、RTSなども10Mbpsで十分プレイが可能です。 アプリゲームでは特にデータの更新が頻繁にあるため、アップデートにかかる通信量をあらかじめ確認し、必要な速度が確保されているかチェックしましょう。 ただしFPSなどのゲームの場合、回線速度とは別にPing値という回線の反応速度も重要になります。 詳しくは10Mbpsでできないことの項目を参照してください。 スポンサーリンク 10Mbpsあってもできないことはある? 10Mbpsの速度があればネットを楽しむ幅が広がることがわかりましたが、一方で速度が足りないと感じてしまうケースもあります。 4K動画を見るには心もとない YoutubeやNetflixでは超高画質の4K動画を見ることができます。 しかし4K動画の通信量は1時間で7GB。 10Mbpsでは読み込みに時間がかかり、途中で動画が途切れてしまいます。 FPSなどのゲームはラグがあることも オンラインゲームはアプリ自体のダウンロードさえできてしまえば通信量自体はそれほど大きくないものが多いです。 たいていのゲームは 10Mbpsで問題なく行うことができます。 ただし、FPSなど 「反応の速さ」が必要なゲームは注意が必要です。 通信における「反応の速さ」は回線速度よりもPing値 レイテンシ と呼ばれる回線のタイムラグの値が大きく関係します。 単位 意味 基準 回線速度 bps 1秒間に伝送できる データ量 数値が大きいほど 通信環境がいい Ping値 (レイテンシ) ms データの要求から 応答までのタイムラグ 数値が小さいほど 通信環境がいい 相手が瞬間移動する、避けたはずの弾が当たるなどの症状はPing値の問題によるところが大きいです。 難しいのは 回線速度が速いからといってPing値も良いとは限らないところ。 現に光回線であっても回線の混雑状況により100を超えるPing値になることがあります。 ゲームを行う際は測定ツールを使って、速度とともにPing値を確認し十分な環境となっているか確認するのがいいでしょう。 Ping値についてはこちらの記事も参考にしてください。 1GBを超えるデータのアップロード、ダウンロード データを送受信する際の回線速度は速ければ速いほど恩恵を受けられます。 裏を返せば重たいデータの送受信にはかなりの速度が必要、ということです。 30MB程度のアプリをダウンロードする場合、10Mbpsもあればサクッと終わりますが、それが1GBのデータになると15分もかかってしまいます。 もちろん時間をかければ伝送することは可能ですが、 送受信に時間がかかりすぎると不具合をおこす可能性も高まります。 10Mbpsであれば500MB程度を目安にするといいでしょう。 もしそれ以上のデータを送受信したいときには、データを小分けにするか、他に接続しているものを切っておくなどできるだけ通信環境を整えておくことをおすすめします。 スポンサーリンク 10Mbps以下のときはどうしたらいい? 計測した結果、どうしても10Mbpsを下回ってしまう場合、通信環境の改善で速度が速くなることがあります。 速度が遅くなってしまう原因や、その対処法についてみていきましょう。 速度が10Mbps以下になる原因 光回線などでよく見かける「1Gbps」のうたい文句ですが、これは回線の最大速度を表しています。 しかし 1Gbpsの速度は「ベストエフォート」という理論上の話で、ほとんどの場合実現不可能です。 実際の速度は通信環境によって大きく左右されます。 速度が遅くなってしまう主な原因は以下の通りです。 端末やルーター、ケーブルなどのスペックが低い• 電波が届きにくい場所にいる• 電波干渉を受けている• 回線が混雑している• 多接続している 速度が遅いなと思ったときは場所を変えたり、接続台数や開いているアプリやサイトの数を減らしたりしてまず様子を見てみましょう。 具体的な対処法については次の項目で解説します。 速度を10Mbps以上にする方法 では具体的にどうすれば10Mbps以上の速度が出るようになるのか、実践しやすいものから順に紹介します。 通信環境に問題がある場合• ルーターやスマホを置く位置を変える• 周波数を切り替える• 有線接続にする• 使用していないアプリやサイトを閉じる モバイル通信や、ルーターが発信するWiFiの電波は、障害物や水に弱い傾向があります。 そのためほんの少し向きや位置を変えるだけで、速度が改善されることもあるため、都度計測しながら最適な位置を探してみましょう。 さらに固定回線やポケットWiFiのルーターであれば、電波が近くにいる人や家電などと電波干渉を起こしていることが考えられます。 その場合、周波数を2. 4GHzから5GHzに切り替えるとスムーズに通信することが可能。 どうしても電波が干渉を受けてしまう場合は有線接続にするのがおすすめです。 また複数人で回線を共有する、バックで重たいデータをダウンロードするといった多接続も回線の速度を落とす原因となります。 不要な端末やアプリは通信を切っておくようにしましょう。 回線に問題がある場合• 回線のプロバイダやSIMの契約先を変える• 回線の契約を見直す 回線を契約する場合、プロバイダが所有する回線の混雑具合によって速度が変わります。 特に顕著なのが格安SIMで、きちんと回線を確保しているMVNO(格安SIMを提供する事業者)でないと、通勤時や昼間、夕方から夜にかけての時間帯に使い物にならないほど遅くなってしまうことがあります。 回線が混雑している場合は、いくら通信環境を整えても速度は上がらないため、手っ取り早く契約先を変更するのがいいでしょう。 通信速度を改善する方法について詳しくはこちらの記事も参照してください。 結論:10Mbpsあれば快適な通信ができる!ただし大容量のデータやラグの気になるオンラインゲームは注意 10Mbpsは一般的な通信を快適に行うことができる速度です。 特に4Kなどの最高画質の動画では1時間で7GBも通信量がかかるため、25Mbps~30Mbps程度確保しておくのが望ましいでしょう。 またオンラインゲームでは、回線速度の他に、Ping値という回線の反応速度も重要になるため一概に10Mbpsあれば十分というわけではないことに注意が必要です。 回線速度は用途によって「これくらいあれば大丈夫」という適正値が異なります。 使っていて遅いな、と感じることがあれば以下の対処法を試してみましょう。

次の

ネット回線速度の目安はどれくらい?快適な速度を知ろう!

光回線 速度 目安

外出先でのメール対応や へのアクセスはもはや日常茶飯事。 現代社会は働く場所を選ばない時代になりつつあります。 ただし、通信環境が整っていることが必須条件。 いつでもどこでも快適に仕事をするには、どのくらいの通信速度が必要なのでしょうか。 今回は、通信速度の測定方法や遅い場合の対処方法について紹介します。 通信速度の単位「Kbps」や「Mbps」とは? まずは通信速度を表す単位について説明します。 インターネットの通信速度は 「bps(ビーピーエス)」という単位で表され、 値が大きいほど通信速度は速くなります。 「bps」は「Bit per second」の略で、 1秒間に何bit(ビット)のデータを転送できるかを表したものです。 「1,000bps」=「1Kbps(キロビーピーエス)」、「1,000Kbps」=「1Mbps(メガビーピーエス)」となります。 また、8bit=1Byte(バイト)なので、例えば「8Mbps」なら1秒間に約1MB(メガバイト)の通信が可能であることを表します。 通信速度の目安とは? 一般的に、 ストレスなく通信できるのは10Mbps(スマホは5Mbps)~30Mbps程度と言われています。 通信速度には「上り(送信/アップロード)」と「下り(受信/ダウンロード)」があり、 メールの受信やWebサイトの閲覧、動画の視聴をする上で重要なのは「下り」です。 PCやスマホをインターネットにつないでいて「速い」と感じるのは「下り」の通信速度が速いためです。 ただし気を付けたいのが、 ネット契約時に表示される最大通信速度。 これは 「ベストエフォート方式」という回線事業者が提示する最大数値です。 あくまで理論上の数値であって、常にこの速度での通信が保証されているわけではありません。 光回線の場合、 実際の通信速度はその3~6割程度と言われます。 【用途別】通信速度の目安 快適に利用できる通信速度は用途によって異なります。 メールやLINEを使う場合 下り128kbps~1Mbpsが目安です。 128kbpsは通信制限がかけられたときの速度です。 テキストだけであれば問題ありませんが、画像や動画などのファイルが添付されている場合、ダウンロードするのに時間がかかります。 Webサイトを閲覧する場合 下り1Mbps~10Mbpsが目安です。 画像や写真が豊富なサイトなら最低3Mbps程度あると良いですが、テキストが中心のサイトなら1Mbps程度でも支障なく閲覧できるでしょう。 動画を視聴する場合 5~20Mbpsが目安ですが、解像度によって異なります。 例えば4Kのような高画質動画を視聴する際は25Mbpsは確保したいところです。 なお、YouTubeは下記の速度を推奨しています。 動画の解像度 推奨される持続的な速度 4K 20Mbps HD 1080p 5 Mbps HD 720p 2. 5 Mbps SD 480p 1. 1 Mbps SD 360p 0. 通信速度を測定する方法 ここでは通信速度が測定できるサイトを紹介します。 利用するサイトや時間帯によって測定結果が変わるため、あくまで目安と考えてください。 簡単に通信速度を測定できるサイト8選 以下で、通信速度を測定できる8つのサイトを紹介します。 「GO」ボタンを押すと測定が開始され、「上り」「下り」の両方が表示されます。 サイトにアクセスすると自動的に測定が開始されます。 そのまま表示されるのは「下り」のみですが、「詳細を表示」を押すと「上り」も表示されます。 測定 を東京か大阪から選んでから測定を行います。 回線状況や所在地の郵便番号に関する入力項目がありますが、入力をスキップすることも可能です。 「上り」「下り」の両方を測定できます。 「プロバイダ」「回線」「地域」を選択してから測定を行います。 「上り」「下り」の両方を測定できます。 「上り」と「下り」を別々に測定します。 「上り」の場合は測定前に「アナログ回線、ISDN回線」や「光回線などのブロードバンド」などから該当するものを選択する必要があります。 「フレッツ光」か「それ以外」を選んでから測定を行います。 測定できるのは「下り」のみです。 また、測定にはAdobe Flashプレイヤーが必要です。 ボタンを押すと測定が開始され、「上り」「下り」の両方の結果が表示されます。 郵便番号と回線の種類(契約プラン、回線事業者、ISP)を選択してから測定します。 「上り」「下り」の両方の結果が表示されます。 Googleの検索窓からも測定できる Googleの検索窓に「スピードテスト」と入れて検索すると、通信速度を測定することができます。 「上り」「下り」の両方の結果が表示されます。 インターネットが遅いときの原因 インターネットの通信速度が遅いときに考えられる原因を、いくつか紹介します。 回線の問題 回線に大量のアクセスが集中すると回線がつながりにくくなります(これを輻輳(ふくそう)と呼びます)。 PPPoE方式による接続回線を利用している場合は、IPoE方式に変更することで改善を図ることができます。 プロバイダの問題 同じ回線でもプロバイダによって速度は異なります。 その他の原因に心当たりがない場合は、契約しているプロバイダに直接問い合わせることをおすすめします。 WiFiの問題 無線の場合は、電波状況やエリアの影響で通信速度が遅くなることがあります。 この場合は有線に切り替えることで改善されるケースもあります。 パソコンの問題 「更新プログラムが溜まっている」「OSが古い」といった原因で速度が落ちることがあります。 前者は更新を完了させることで改善されることがありますが、後者の場合は新しいOSに切り替えることでしか改善できないケースもあります。 接続機器の問題 ルーターが故障していたり、型番が古くてスペックが足りない(高速通信に対応していない)といった場合は速度が落ちます。 また、HUBの規格に合わないLANケーブルを使っていて遅くなることもあります。 この場合は買い替えが必要です。 接続方式の問題 がIPv4の場合はIPv6にすると通信速度が速くなることがありますが、IPv6を用いていても遅いと感じる場合はインターネットの接続方式を確認しましょう。 「」でも触れましたが、PPPoE方式にしている場合はIPoE方式にすることで速度が改善されることがあります。 5Gとは? 第5世代のモバイル通信システムである5G。 「超高速通信」「超低遅延」「多数同時接続」を特徴とし、あらゆる業種・業界での活用が期待されています。 速度は4Gの100倍? 5Gの通信速度は最大で20Gbpsで、4G(LTE)と比較すると約100倍の速度アップとなります。 2時間の映画をダウンロードするのに4Gが5分かかっていたところを、5Gなら3秒で終了する計算です。 日本での提供開始は2020年から 2019年4月、総務省は携帯電話会社4社に5G用の周波数を割り当てました。 2019年秋にも試験サービスが開始され、2020年春以降の本格的なサービス提供開始を目指し、各社が5Gに対応した新商品開発の動きを活発化させています。 5GでIoTが加速する 5Gは社会のIoT化(さまざまなモノがインターネットに接続すること)を促進すると期待されており、あらゆる産業に多大な影響を与えると見られています。 下り10MbpsあればOK、遅いと感じたら測定を 高画質な動画を視聴する場合は別ですが、普段の業務でWebサイトを閲覧したりメールを送受信したりする分には、「下り」が10Mbpsもあれば充分と言えるでしょう。 動作が重く感じる場合は、今回紹介した「」を試してみてください。

次の