スーパー マルト。 マルト スーパーに関する企業情報|マイナビ2022

マルト (チェーンストア)

スーパー マルト

4 2. 05 0. 76 北雄ラッキー JQ 2,920 -10 -0. 8 0. 75 1. 1 1. 94 0. 52 神戸物産 東1 6,180 0 0. 0 13. 31 0. 5 1. 45 0. 83 オーシャンシ JQ 1,046 -4 -0. 5 1. 29 1. 8 1. 02 1. 7 2. 82 1. 9 1. 51 2. 6 1. 69 1. 8 0. 71 3. 6 1. 29 1. 4 1. 37 2.

次の

マルトのチラシ掲載店舗・企業|シュフー Shufoo! チラシ検索

スーパー マルト

スポンサードリンク マルトで利用出来る支払方法 マルトでは、現金はもちろん主要なクレジットカードが利用できる他、電子マネーも利用する事ができます。 マルトで可能な支払方法 主な支払方法 現金、クレジットカード、電子マネー 等 クレジットカード VISA、MasterCard、JCB、AMEX、Diners 独自のクレジットカード マルトクレジットカード 電子マネー CoGCa 交通系電子マネー — ギフトカード — 商品券 マルト商品券、CGCグループ共通商品券 他 その他 — ポイントサービス マルトポイント 備考 — マルトは、CGCグループに加盟しており、TS3のマルト独自のデザインのクレジットカードが発行されています。 また、同じくCGCの電子マネーCoGCa(コジカ)が導入されており、チャージしてマルトでの支払いに利用出来ます。 クレジットカードは各種国際ブランドに対応しています。 一方電子マネーはコジカ以外では対応しておらず、iDやQUICPay、、などの主要交通系電子マネーには対応していません。 マルトクレジットカードでの支払でお得にポイントを貯める マルトクレジットカードは、CGCがトヨタファイナンスと提携し、マルトデザインのクレジットカードを発行しています。 マルトでクレジット払いをすると買物ポイントとクレジットポイントの両方が貯まります。 もちろん他のVISA加盟店でもポイントが貯まる普通のクレジットカードでも有ります。 ポイントサービス マルトクレジットカードでマルトで支払をすると、買物ポイントが 100円(税抜)毎に1P、クレジットポイントが 200円(税込)毎に1Pの両方が貯まります。 マルト以外の加盟店での利用は、1,000円(税込)毎に5P貯まる仕組みになっています。 もちろんマルトで、マルトクレジットカードを呈示して現金払いをした場合でも、買物ポイントだけは付与され、ポイントカードとしても利用出来ます。 ポイントの交換は、毎月20日に 1,000Pごとにマルト商品券1,000円分と交換出来たり、日用景品と交換出来たり、お年玉還元プレゼントと言う12月31日までのポイントを全てお年玉として1,000円単位でまると商品券で還元されるサービスもあります。 スポンサードリンク マルトCoGCaカードでもポイントは貯まる CoGCa(コジカ)は、CGCグループの電子マネーでマルトの場合は電子マネーとポイントカードを兼ねています。 電子マネーの利用でポイントが貯まる仕組みになっています。 ポイントサービス マルトでの買物の際に、チャージしておいたCoGCa(コジカ)で支払う事で100円(税抜)毎に1P貯まります。 また、現金払いでCoGCa(コジカ)カード呈示でもポイントが貯まるポイントカードとしての機能もあります。 マルトについて マルトは、株式会社マルトが運営するスーパーマーケットチェーン店で、創業は古く明治時代に雑貨店として創業しています。 1964年からスーパーマーケットチェーンに業態を変えてチェーン展開を開始しています。 1979年には、中堅スーパーでつくるCGCグループに加盟しており、共同仕入れやPB商品の開発・取扱をしています。 会社名 株式会社マルト 本社(本店) 福島県いわき市勿来町窪田十条3番1 設立 1964年10月 -.

次の

マルト スーパーに関する企業情報|マイナビ2022

スーパー マルト

概要 [ ] 食料品を中心に、日用品などを扱うスーパーマーケットで、福島県いわき市(25店舗)、茨城県(12店舗)に合計37店舗(8月現在)を持つ。 グループ会社の「くすりのマルト(・調剤薬局事業)」と共に出店する形態を基本としているが、複合型のとして「ファミリー(衣料品販売事業)」、「ハロー(の店、インストアベーカリーなどの外食事業)」などのグループ会社と出店したり、などと共同で出店する形態もある。 スーパーマーケットの共同仕入れ機構であるに加盟している。 沿革 [ ]• (25年) - 安島松太郎が雑貨店を創業。 (39年) - マルト駅前店を雑貨店からスーパーマーケットに業態転換。 (昭和39年) - 株式会社マルト設立。 チェーン店展開を開始。 (昭和43年) - 株式会社丸光の経営を引き受ける。 (昭和51年) - 株式会社マルト丸光設立。 (昭和52年) - 株式会社マルト商事設立。 (昭和54年) - CGCグループに加盟。 (昭和58年) - 株式会社くすりのマルト設立。 (昭和59年) - 株式会社ファミリー設立。 (3年) - 株式会社ハロー設立。 (平成10年) - 茨城県進出。 に日立東金沢店開店。 (平成12年) - マルトカード()サービス開始。 (平成17年) - 株式会社マルトグループホールディングス設立。 (平成28年) - 株式会社光惣菜センターを吸収合併。 ポイントカード [ ] グループ各店で「マルトカード」と称するサービスを実施している。 ポイントカードは現金専用でクレジット機能は付いていない。 2015年4月からチャージ機能がある電子マネーカード「CoGCa コジカ 」を導入する。 関連会社 [ ]• (株)マルトグループホールディングス• (株)くすりのマルト• (株)ファミリー• (株)ハロー• (株)マルト丸光• (株)マルト商事 脚注 [ ] []• (富士薬品子会社モリキに吸収)• ・(ツルハに吸収)• (富士薬品子会社の後、東北セイムスに統合)• (富士薬品の子会社になった後、関東セイムス(ジャストドラッグの旧ライズ店舗はモリキに移譲)に統合、屋号は継続)• (富士薬品に事業譲渡)• (bigドラッグを経営していたがセイジョーに吸収合併)• (セイジョーに事業譲渡)• (住商ドラッグストアーズと経営統合)• (破産)• (ツルハにドラッグ事業譲渡した後破産)• (住商ドラッグストアーズに事業統合)• (アイロムロハスに店舗譲渡)• (店舗をリバースに譲渡)• ・(ドラッグマックスに吸収、現マツモトキヨシ甲信越販売)• (マツモトキヨシ甲信越販売に吸収、屋号は存続)• (ウエルシア関東に経営統合)• (ウエルシア関東に吸収)• (ウエルシア関東に吸収)• (富士薬品、後にモリキに事業統合)• (ツルハに店舗譲渡)• ・・(合併して。 屋号は存続)• (東海セイムスに経営統合、屋号は継続)• (松ノ木薬品と合併)• ・・(ライフォートに吸収)• (共栄ファーマシーズに店舗譲渡)• (セガミメディクスに吸収合併)• (西日本セイムスに経営統合、屋号は継続)• (レデイ薬局と合併。 屋号は存続)• (破産)• (破産)• (スギ薬局に吸収)• (キリン堂に吸収)• 寺島薬局(ドラッグストア事業をウエルシア関東に事業譲渡、介護事業に特化してとなる)• ・・・(セガミメディクスに吸収、現ココカラファインヘルスケア、各社の屋号は存続)• (ツルハに吸収)• (ドラッグストア事業をモリスリテールに分社化した後、マツモトキヨシHDの子会社を経てマツモトキヨシ中四国販売に吸収)• (ココカラファインヘルスケアに吸収、屋号は存続)• (破産)• (富士薬品に吸収、屋号は存続)• (カワチ薬局に吸収、屋号は存続)• ・(ウエルシア薬局に吸収)• (富士薬品に吸収)• (マツモトキヨシ東日本販売に吸収)• (マツモトキヨシ甲信越販売に吸収)• (マツモトキヨシ中四国販売に吸収)• (ウエルシア薬局に吸収)• (ウエルシア薬局に吸収)• (マツモトキヨシに吸収)• (マツモトキヨシへ会社分割により承継、法人はマツモトキヨシファーマシーズに吸収)• (ツルハに吸収)• (ツルハに事業譲渡した後清算)• (ツルハに吸収)• (東北セイムスに吸収)• (九州セイムスに吸収、屋号は存続)• (スマイルドラッグに吸収)• (クリエイトエス・ディーに吸収• (親会社に事業譲渡の上ザグザグのフランチャイズ化)• (マツモトキヨシに吸収)• サンメディックに吸収• (ドラッグストア事業をサクラドラッグとして分社化しツルハに譲渡)• (モリキに吸収)• (ウエルシア薬局に吸収)• (ウエルシア薬局に事業譲渡)• (マツモトキヨシ甲信越販売に吸収、屋号は存続)• (富士薬品に吸収).

次の