今 まで 何 度 も 名前 を 呼ん でも 歌詞。 もう一人の私の歌詞

YOSHIMI

今 まで 何 度 も 名前 を 呼ん でも 歌詞

今日は日勤。 SHOCK終わって当たり前だけど仕事仕事の毎日で。 まあ、今びっくりするほどビンボーなので働かなきゃダメなんだけどね(笑)! あのね、夜勤専門のシフトがあるのよ、今。 ひたすら夜勤ばっかり、昼間は働かなくて、夜勤か休みのシフト。 それがね、なんか夜勤手当があるのかな?夜勤専門だと給料、手取りで5万ぐらい増えるらしいよー。 ちょっとぐらぐらするね!月に5万はでかい。 むむむ。 とか言いつつ、今年度はちょっと請け負った役割の都合上たぶんそれは無理なんだけどねえ、来年こそ(めらめら) さて、月末に出た雑誌のこととか語りたいことはいっぱいあるけど。 とりあえずはこれを語っておかなければ! 今日は名古屋であの子たちのテレビレギュラーが始まって。 滝ちゃんねるで4WAT 夕方には辰巳のあゆことふぉゆことアップ。 夜にはナガオカ生出演。 その後にぴたラジ。 ものすごい気になる。 なんか…すごいね。 ほんとにね。 あたしはあの子たちが高校生の頃、嵐組の頃はあの子たちをメインで見てなかった。 最初はかわりょんで、その後こっしーの「テニスサークル入ってます」のMC(たしか大阪公演だったんだよね、あれ)見てから越岡、で。 06年の翼コンは、こっしー見るために仙台とかまで行ったっけな。 んで、07年08年はわりとがっつりとこっしー見て。 そだね、あの子たちが大学生の頃。 それからあの子たちが大学卒業するっていう三月。 SHOCKに出演してたけど、心の中は結構悲観的な思いでいっぱいだったっけな。 「卒業したらあの子たち見れなくなっちゃうかも!」って(笑) そんなヲタの心とは裏腹に、なんだか社会人になっても結局辞めることなく職業ジュニアとしてあの子たちはココにいてくれたわけですが。 SHOCKに出て。 翼も滝も相変わらずあの子たちを重用してくれるし。 ジュニアの仕事=バックの仕事、って考えると、ちょっと今までのジュニア史上最高級の扱い、というか働きっぷりだったと思うの。 そしてそれが数年。 まさかのユニット名を貰って。 そこからゆっくり凪いでいた空気が変わった。 ラジオが始まって。 クリエ単独。 幻になっちゃったけど、単独ライブ。 あれ、誕生日だったの、あたしの。 そして、今。 もう長いことジュニアを見てきて。 高黒が辞めちゃって。 島田とユキが辞めちゃって。 もうジュニアもジャニもお別れかなあ、とか思ってたのにな(笑) まさかこんなに長いこと楽しませてもらえるなんて。 しかもこんな素敵なことが待ってたなんて、ね。 ゴゴスマ、名古屋に知り合いいないから見れないけれど。 まあ、某所で映像を…って、なんか「わーっ!」ってなって見れない(笑)! オカンの気持ち。 心配っつーか、恥ずかしいっつーか。 こんな気持ち初めて。 でもこっしーと福ちゃんのあまりにもさわやか過ぎるところはちらっと確認したから、心が落ち着いたらゆっくり見よう。 んで、滝ちゃんねるですが。 これがね!もうね!秀逸過ぎたの! かっこいいけど、途中からやっぱりいつものあいつらで(笑) でも拳銃持つのはこっしーが良かったよう(魂の叫び) でも、ぶほって思わず噴き出したのは滝様の司令っぷりでした。 滝様大好き…! んで、ナガオカの生放送。 これもうちではリアルタイムで聴けなかったんだけどね。 もう、ちょっと今年一番の興奮、かもしれない。 あたし、相方に「ねーさん」ってるけど、別に「ねーさん」って呼ばれなくてもそんなに嫌じゃない、と思う。 っつーか誰かに「奈央って呼んで」とか言ったことないわ、たとえ彼氏でも! やっぱり辰巳は思考が女子的なところあるんだよなあ…。 なんでだろ、あんなに本質は男前なのにな(笑)まあ、そんなところが辰巳の魅力ってやつなのか。 っつーわけで、いろんなことが吹っ飛んだ「こっしーは雄大って呼んで」ですが。 ほんと、うとうとしながら聞いてたのに眠気まで吹っ飛んだっつーの!明日もお仕事!.

次の

うたまっぷ 歌詞を無料で検索表示

今 まで 何 度 も 名前 を 呼ん でも 歌詞

年齢は恐らく10代後半から20代前半ってとこですかね? まだ高校生か大学生、若しくはアルバイターかなって感じです。 社会人としてバリバリ働いている感じではなさそうです。 どうして私がそう思うかと言うと、この男の子はどう考えても 恋愛経験が豊富そうではないですし、純粋過ぎるからです。 サビで「人を想うことも大切にするってことも 大袈裟じゃなくて君が教えてくれた」と歌われているので、 本格的なお付き合いはこれが最初!という匂いがしますね。 清水さんが歌詞の主人公に設定する男の子がいつも人気なのは、 草食系で気弱なだけじゃなくて、とにかく心が純粋だからでしょうね。 1番のBメロでは、 「いらない思い出だらけの僕の頭」という言葉が出てきます。 これは、主人公の男の子が過去に恋愛関係で非常に辛い思いを 何度もしたということでしょう。 それを「君は笑って抱きしめてくれた」ということで、 失敗ばかりだった自分を初めて受け入れてもらえて、 本当に本当に嬉しいんだけど…過去の辛い経験が抜けきらずに 頭の中は不安でいっぱいというような心境ですね。 その不安が加速して、2番のAメロでは、 「君を避けたんだ」とか「繋がってしまうのが怖くて」とまで 言っています。 自分に自信が持てなくて本当に苦しいんだけど、 彼女の無邪気な笑顔とぬくもりでどうにか支えられている、 男なのにこんなに寄り掛ってしまっていいんだろうか?と 幸せなんだけど、それをまだ100%信じていいのかわからない… 切なすぎてなんだか泣けてきちゃいますね。 なので、少なくともタメ以上か女の子が年上だと考えられます。 女の子の方が積極的で男の子に対して、かなり心を開いていて、 もう既に何でも話せちゃうというような距離感で、 (距離感と言うよりは、その子の人柄かもしれませんが。 ) 男の子の閉ざされた心を自然に開かせようとしてくれていますね。 それで、 彼女が「僕の名前を」何度も何度も呼んでくれて、 僕はその優しい響きが愛しくて愛しくて仕方がないわけです。 今はまだ、辛い過去のトラウマがブレーキになっていて、 歌詞の最後のまとめが「僕は君の物だ」止まりになってますけど、 そのブレーキが彼女によってだんだん取り外されて、 自信を取り戻していけたら、今度は男の子が、 彼女を幸せにする!って考え方にきっと成長していって、 2人とも幸せになっていくんだろうなぁ…って思います。 back numberの清水依与吏さんが書く心に響く歌詞は、 本当にたくさんの人の共感を呼んでいます。 もちろん清水さんが作るポップなメロディーも最高ですが、 清水さんの歌詞の世界観に惹かれてファンになった言う人も多く、 その深い歌詞がback numberの人気を支える礎になっていると言っても 過言ではないと思います。 私個人的にもback numberは、特に歌詞を大切にしているバンドだなと 曲を聴いていて感じることが非常に多いですね。

次の

YOSHIMI

今 まで 何 度 も 名前 を 呼ん でも 歌詞

ブログランキング頑張っています!ポチっとお願い致します。 yuriさんが私のブログを 読んで下さっていたらしく 【千と千尋の神隠しの主題歌知ってる?】 と聞かれました 「もちろん知ってますよ~。 そうそう。 あれって知ってる人が書いてるよね?」 と聞かれたので ん? そうなの? と思いました。 今まで、映画や歌など あらゆる所で 在るという部分に 気づいている人は それを表現し、 メッセージを出されております。 私は こういったブログで 発信しています。 それは気づかないように なっていますが、 気づくためにヒントが そこらじゅうに 散りばめられています。 「いつも何度でもの歌詞の意味」を 私なりに 笑 翻訳しますね。 この作詞家は 【在る】という部分に 気づかれています。 そうでないと この歌詞は書けません。 完全に知っている方ですね。 私の他の記事でも 何度も書いていますが、 神社やお寺や 自宅の神棚に 神様と呼ばれる存在が いるのではありません。 じゃあ 誰にお願いするの? 「自分です」 つまり、あなたです。 あなたの胸の中に 在る本当のあなたです。 いますよね? うすうす気づいていますよね? 本当の私はって声が・・ 聞こえていますよね? その声を 世間の常識や 友人関係や頭の中の ざわめきや忙しさによって 押し殺していますよね? だから苦しんでいますよね? そこです。 そこに気づいて。 あなたにも在る。 100%在る。 揺るがない存在。 だってあなたはそれだもん。 そこを気づくために 生まれてきた。 苦しかったでしょう。 辛かったでしょう。 自分が嫌になったでしょう。 世間が嫌になったでしょう。 その胸に聞いてみて下さい。 もう苦しくありませんから。 まずは、この歌詞の 私なりの解釈を 入れて書きますので 読んで下さい。 胸の中に在るあなたを 感じながら。 曲をかけながら、 歌詞を読んでみて下さい。 まだ気づいてなかった あなたが気づいていく歌詞です。 作詞/覚 和歌子 作曲/木村 弓 呼んでいる 胸のどこか奥でいつも心躍る 夢を見たい ここは本当のあなたを気づかせるために 存在していていつもは見えないけど、 本当は気づいて欲しくて 「聞いて、この声を聞いて」って本当の あなたが呼んでいます。 気が付いた時のあなたをあなたは夢みています。 気づくのを待っているのです。 かなしみは 数えきれないけれどその向こうできっと あなたに会える この世界は気づくために愛で存在している。 だから、とてつもない辛い事や悲しい事 嫌な事いっぱい起きる。 その奥でその胸の奥で待っている 本当のあなたに会える日が来る。 繰り返すあやまちの そのたび ひとはただ青い空の 青さを知る果てしなく 道は続いて見えるけれどこの両手は 光を抱ける 色々な人生の中で私達は胸の奥の声とは逆の事を ついついしてしまう。 本当は嫌な事なのに、本当はこうじゃないのに 色んな常識や見栄や世間体とかが重なって ついつい逆をしてしまう。 そんな時に見上げる空も幸せな時に見上げる空も いつも同じ青色。 それはあるがままに存在している。 救われたいって苦しみから解放されたいって とても大変で努力が必要と みんな勘違いしているけれど 本当のあなたに気づいてあげれば 誰だって光を感じて幸せな世界に気づく。 さよならのときの 静かな胸ゼロになるからだが 耳をすませる 色んな常識や世間体や私を縛って来た全てを 【手放し】何もかも捨て去り ゼロ状態に入った時。 静寂で落ち着いて既に満ち足りているという 状態をあなたは観じる事が出来る。 生きている不思議 死んでいく不思議花も風も街も みんなおなじ 私達は何故生まれて、何故存在して、そして何故死んでいくのでしょう? それは未知なる存在の全ては1つワンネスの世界での出来事。 それは愛のみで存在している。 愛するとか愛されるとかではなく愛そのもの。 私達人間もあなたが見ているパソコンもテレビも物質も 生物も空気も全て未知なる存在の出来事。 みんな同じ1つである。 だから、全てのものは愛で存在していて、 あなたも愛で存在する。 全てを大切に扱い感謝でしかない。 本当のあなたも今のあなたも同じあなただから。 閉じていく思い出の そのなかにいつも忘れたくない ささやきを聞くこなごなに砕かれた 鏡の上にも新しい景色が 映される 気づき始めているあなたは、少しずつその幸せを感じ始めている。 もう今までの私じゃない。 本当の私に気づいてあげたい。 でも、ついつい昔の私に戻ってしまいそうな弱い部分もある。 それでも、完全に手放しをして。 常識や世間体やざわめきを捨てて 完全に壊してみて。 その今までのあなたを映していた鏡は 跡形も無く粉々になってしまうけど、 その後に待っているのは 全く見た事も感じた事も無い別世界。 その景色が映し出されます。 はじまりの朝の 静かな窓ゼロになるからだ 充たされてゆけ もうあなたはそこに【在る】という事を気が付きました。 もう本当の私を知ってしまった。 静寂で至福で落ち着いている。 全ては無に ゼロになり 完全に満ち足りていきます。 海の彼方には もう探さない輝くものは いつもここにわたしのなかに みつけられたから 今まで追いかけていた この苦しみや悩みを解決するための 途方も無い努力や道のりだと思っていたところに 答えが無いという事を知っています。 神社やお寺なんかに在るんじゃない。 いつもここにあなたの胸の中に。 わたしのなかにみつけられたから。 どれだけ有難いのか。。 感謝が溢れ過ぎて 泣けてくる。。 有難い。 泣けてくるほど。。 有難い。 もう・・・有難い。。 言葉が無いですね。 深すぎる。 私はこの歌を昨日yuriさんに 気づかせて貰った時に 泣くのを必死でこらえました。 一応は男ですからね 笑 でも、この歌詞は 絶対知ってる人が 書いているって 確信しました。 その時に、 「そう。 」 って何度も歌詞を聞き 聞けば聞くほど歓喜の 涙が出てきそうに なったのです。 あなたも気づきます。 あなたに。 あなたにも在る。 もう1つのブランド=イントロデューサー白蛇仁のサイトは•

次の