ゴルフ スイング 切り返し。 ゴルフスイング!ダウンスイングの自然落下や右肘の使い方のコツは左肘にあり⁉|ゴルニュー

もう下ろし方で悩まない!切り返しの支点ずらしでインサイド軌道のダウンスイングは簡単に作れる

ゴルフ スイング 切り返し

ゴルフで重要なトップからの切り返しです! 体重移動のやり方ってなれないと難しいですよね。 体重を移しすぎても体が左右にズレてしまう のでいけません。 まずは、正しいトップからの切り返しのやり方を書いてきます。 スポンサードリンク 正しい切り返しのやり方 切り返しの始動は左足から! これが基本です。 バックスイングで右足に乗せた体重を、切り返しで左足に乗せ換えます。 切り返しは、ただそれだけ。 本当にそれだけなのです。 左足をグッと踏み込んで下さい 気をつけるべき点は、体重を左足に乗せた時に、体が左に傾いてしまうこと。 切り返しでは、ただ左足に体重を乗せるだけなので、適当にやりがちですが、慎重に行う必要があります。 上手く切り返すコツ 慣れないうちは、体がブレないように切り返すために、 左ヒザをアドレスに戻すだけでもOK! です。 慣れてないと、思い切り踏み込んだ時に体の軸がブレてしまうので、バックスイングで少し折れた左ヒザをアドレスの状態に戻すだけでも大丈夫です。 曲げたヒザをアドレスの位置に戻すだけで体重は左足に乗ります ゴルフスイングは、中心軸から体を左右にズラさないように振る必要があります。 なので野球のスイングのように振ってはいけません。 何度も言いますが、はじめは、 ヒザを戻すだけ でOKです。 これでしっかり左に体重が移りますので。 それと、もう一つ重要なポイントがあります。 スポンサードリンク 切り返しで大事なのは上半身から打ちにいかないこと! それは、切り返しからの始動は曲げた左ヒザをアドレスの状態に戻した時に、 手元はまだトップの位置でキープする こと。 手と腕だけでボールを打ちに行かない! ダウンで下半身が左に回転すると、自動的に上半身も回りはじめます。 勝手に回り始めるというのがミソですね。 とにかく切り返しでは、腕は動かさないように意識してください。 下半身で始動すると、我慢しきれなくなって勝手に上半身がクルン!と回ります。 この感覚をつかめばショットが安定してきます ゴルフを始めて訪れる最初の壁です。 まずはこの切り返しの感覚がつかめるまで徹底的に練習してください。 スライスがなくなり、芯でボールを捉えられるようになるので、ゴルフが楽しくなってきますよ。 スポンサードリンク.

次の

解説!腰の切り返しのベストタイミング

ゴルフ スイング 切り返し

切り返しがゴルフの上達を決める どんな状況からでもクラブフェースの芯でボールを捉えることができる技術を磨くことがゴルフの上達の一番の近道です。 そのためには、 ミート率の高いスイングを作る必要があります。 ミート率を上げるためのスイングの絶対条件は、 クラブヘッドがインサイドの軌道で下りてくるダウンスイングの動きです。 そのクラブヘッドがインサイドの軌道になるダウンスイングを作るためには、 切り返しでクラブを倒すことが一番簡単な方法です。 しかし、多くの方がこの切り返しでクラブを後ろに倒す動きができません。 これは 「クラブを倒すと当たらない」という本能的な意識から無意識に力を入れてクラブを立たせてしまうことが一番の原因だと考えられます。 アマチュアゴルファーの方にとって切り返しでクラブを倒すのは難しい動きです。 支点ずらしの技を使えば 簡単にクラブが倒せる 支点ずらしは古武術の技に似ている 私が考案したセヴンスイングメソッドには、 切り返しでクラブを簡単に倒す方法があります。 それは グリップの支点ずらしという技術です。 グリップの支点ずらしとは、切り返しで グリップエンドの支点を前に動かしながらクラブを倒す技術のことです。 下の写真のように、クラブヘッドはトップ位置にキープしたままで、グリップの支点を少し前にスライドさせることで無理なく自然にクラブを倒すことができます。 切り返しでグリップエンドの支点を僅かにズラすことで簡単にクラブが倒すことができます。 この技術は倒れないと頑張っている人のバランスを簡単に崩して倒してしまうという古武術や合気道の技によく似ています。 グリップエンドだけを動かすことが支点ずらしのコツ この支点ずらしの技を使うと、力を使うことなく簡単にクラブを倒すことができます。 ポイントは クラブ全体を動かすのではなく、クラブヘッドはトップの位置に残したままグリップエンドを僅かに前にスライドさせることです。 このグリップだけをスライドする動きは最初は難しい動きに感じますが、慣れてくると誰でも簡単にクラブを倒せるようになってきます。 支点ずらしなら自然な インサイドダウンが作れる 切り返しで無意識の力に勝つことが 当たるダウンスイングを作るコツ 切り返しでクラブが倒れた動きになると、その後の ダウンスイングでのクラブヘッドの動きも自然にインサイド軌道でインパクトへ向かっていきます。 支点ずらしの切り返しによって自然とインサイド軌道のダウンスイングが作られます。 そのインサイド軌道のダウンスイングは手元が浮かないインパクトに繋がります。 その結果、ミート率の高いスイングが可能になります。 支点ずらしを使って切り返しでクラブを倒す動きの最終的な目的は手元が浮かないインパクトを作ることです。 まとめ 支点ずらしの技術を使うことで、無意識に切り返しでクラブを立てる動きを防ぐことができます。

次の

解説!腰の切り返しのベストタイミング

ゴルフ スイング 切り返し

ゴルフの切り返しのタイミングが確実にわかる動きを紹介させていただきます! ゴルフで最重要ポイントともいえるのが、 切り返し です。 この切り返しさえできれば、あとは少々雑になっても、ある程度つかまりの良い球が打てて、真っ直ぐ飛ばすことができます。 また、トップと切り返しの間にタメを作ることも重要です。 手だけでクラブを振り下ろそうとすると、右足に体重が残りすぎてしまいます。 かといって、左足に体重を乗せようと意識しすぎると、上体が左に流れすぎて軸がブレるので、クラブが正しい位置に戻りません。 切り返しでは左ヒザが始点となります! ダウンスイングの切り返しのタイミングでは、 左ヒザをアドレスの位置に戻すと同時に、右ヒジを右ワキ腹に付けるようする! この動きが最強の切り返しです。 そのような動きをした結果、インパクト以降で左足に体重が乗ります。 腰を切ったり、腰を回す動きは必要ナッシング! 手元でボールに当てに行くのもNGです。 本当に、左ヒザを元に戻すだけでOK! もし、トップからのタイミングがつかめないならば、一度トップで止まってもよいです。 実際に、 僕はトップで一度止まって、一呼吸置いてから切り返しに入ります。 それでもよくわからないならば、 野球のボールを手で投げる時のタイミングで振り下ろせば、それがベストタイミングです。 ダウンスイングへの切り返しで、野球のボールを投げるように左足をステップさせてからクラブを下ろす感覚ですね。 切り返しで、どうしても手元から振り下ろしてしまう人は、まずは左ヒザをアドレスの位置に戻すことだけを考えて切り返してみましょう。 腕の力でスイングしないコツ トップからダウンへの切り返しは、できるだけ腕に力を入れないことが、ゴルフで上手に打つ秘訣です。 腕の力で打とうとすると、右肩が前に突っ込んでしまい、クラブがアウトサイドインの軌道で下りてくるからです。 こうなると、ボールをカット打ちしてしまうので、スライスになります。 なので、トップスイングからクラブが地面と平行になる所までは、 クラブの重さにまかせて、そのまま真下に落とす というのが、理想のダウンスイングです。 切り返しの始動で、どうしても力が入ってしまうという人は、最低、トップから胸の位置ぐらいまでは、全く力を入れずにクラブの重みでストンと落とす感じで下ろしてみましょう。 コツは、腕とヒジの間隔を変えずに、 クラブが自然に落下するのに身を任せるイメージで行うこと です。 これは、引力を利用するので、クラブが落ちた時のスピードのままダウンスイングすれば、正しい軌道に乗って、クラブヘッドがオートマチックに加速していきます。 最高の切り返しをマスターする練習方法 インパクトを意識すると、腕に力が入ってしまい、スイング軌道が不安定になります。 これを防ぐための練習として最適なのが、 ハーフスイング練習 です。 まず、アドレスに入る前に、両手でクラブの重さを感じながら、腕の力を抜きます。 この時に、 両ヒジとクラブの間隔を崩さないようにスイングするのがポイント です。 このハーフスイングのコツは、 グリップエンドがヘソを指すように振ること です。 バックスイングでもフォロースルーでも、グリップエンドがヘソを指すように振るだけなので、簡単に出来ます。 引力に逆らわず、ハーフスイングを反復素振りすると、気付けばショットが安定しています。

次の