我慢汁 妊娠率。 我慢汁で妊娠する確率って?女性の排卵日との関係は?正しい知識と対処法を教えます。

外出しの妊娠確率は!?コンドームしてもダメ!?排卵日・生理中での可能性は!?

我慢汁 妊娠率

あなたはこんな話を聞いたことがありますか?俗に言う我慢汁で妊娠してしまった!それって本当なのでしょうか? セックスのときに膣内で射精していないのに、妊娠の可能性があるの?避妊具を使用しないまま性行為をしてしまった場合、どれくらいの確率で妊娠してしまうのか。 気になる人は多いでしょう。 女性には妊娠しやすい時期と妊娠しにくい時期がありますので女性の生理のタイミングでも妊娠してしまう確率は変わってきますが、実際に膣内射精しなくとも我慢汁(先走り汁)で妊娠してしまう可能性は十分にあります。 我慢汁と妊娠、避妊についてまとめてみました。 あなたの避妊の知識は間違っていませんか? 記事の最後にはコンドームやピルやそれ以外を使用した避妊方法についても紹介していますのであわせて参考にしてみてください。 望まない妊娠をしてしまわない様にしっかり妊娠に対する知識と危機感を頭の片隅に起きながら性行為を行いましょう。 この記事の目次• 我慢汁って? 俗に言う、先走り汁や我慢汁といわれているものは、どんなものなのでしょう?男性の性器から出てくる我慢汁は精液とは違うものなのでしょうか? 基本的な知識について紹介していきます。 我慢汁とはどんなもの 先走り汁や我慢汁とは、 男性が性的に興奮すると尿道の根元にある尿道球腺(カウパー腺)と言われるところから分泌される体液のことを言います。 この カウパー腺液の役割としては、尿で弱酸性になっている尿道をアルカリ性であるカウパー腺液で中和し、精子が通りやすい状態にすることと言われています。 またそのカウパー腺液が性行為の際に、膣内の潤滑油の役割をしてさらに膣内も中和させることによって、より妊娠しやすい状態に整えるとも言われています。 精液とは違うの? 我慢汁自体は精液とは異なる液体になります。 基本的には尿が原材料になって生成されている液体で、成分にも精子は含まれていません。 しかし精液は性行為中に微量に漏れ出ていることがありますので、その精液が若干我慢汁に含まれている場合もあります。 この微量な精液により妊娠する確率は非常に低くなっていますが、実際に妊娠しないといい切れるわけではありません。 我慢汁に含まれる精子は運動量が低く、それも関係して妊娠が発生しづらくなっています。 色や味や臭いについても精液とは決定的な違いがあります。 臭いは無臭で精液のような独特な臭いは発しません。 色は透明、味については汗や尿の成分が若干含まれていますので、しょっぱくなっています。 精液は色が白く、臭いは排出された瞬間は無臭に近いですが時間経過とともに酸化して臭いを増し、栗の花に似ている臭いとよく言われます。 味については基本的には無味に近いですが、個人差があり、甘い、苦い、しょっぱいの3つの味覚を感じ、生活習慣などによって味が変化します。 我慢汁はどんな時に出て来るの? 女性の場合は性的興奮が高まった場合に、滑りを良くするためのバルトリン腺液という液体が膣の下側の両横から排出されます。 しかし男性の性器にはバルトリン腺は存在せず、女性のようにわかりやすく濡れる事はありません。 しかしこの尿道球腺(カウパー腺)が女性のバルトリン腺と似た働きを行います。 女性同様に、性的な興奮が高まった時に分泌されて、その液の分泌はコントロールできるものではありません。 男性の性器が勃起していている場合でその勃起が性的な興奮が高まった事により発生している場合に分泌されやすい傾向があります。 サラサラしていますが糸状によく伸びる粘り気のある液体で精液を保護する働きも持っています。 我慢汁で妊娠? ではこの カウパー腺液が出ている状態で挿入している場合、妊娠する可能性はあるのでしょうか? 我慢汁による妊娠の有無について紹介したいと思います。 我慢汁で妊娠はするのか カウパー腺液は、性的に興奮すると出るものですが、実は分泌直後である純粋なカウパー腺液には精液、いわゆる精子は入っていません。 だから 本来は純粋な我慢汁で妊娠する可能性はないのです。 ではなぜ多くの人が我慢汁で妊娠したという錯覚が起きるのでしょう?それは精子がもれている可能性があるからです。 精子は通常、精巣部分から分泌されて精管膨大部という部分に徐々に溜まっていきます。 その精子は射精という現象で尿道から外に出されるわけですが、カウパー腺液で妊娠する場合は、 挿入中に無意識のうちに尿道へ漏れてしまった精子とカウパー腺液が混じってしまった可能性があります。 なので理論的にも医学的にも確実に妊娠しないという決断を下せないのです。 実際に我慢汁によってどれだけの人が妊娠しているかどうかはデータが無いのでなんとも言えないですが、そこに精子が含まれている以上妊娠しないという事は言えません。 基本的には我慢汁程度の精液では妊娠は望めないと言われています。 カウパー腺液と射精の仕組み では、カウパー腺液に精子が混じって入ってしまうのはどうしてなのか?射精の仕組みを見てみましょう。 射精が行われる仕組み 射精は脊髄反射ということを知っていますか? 脊髄反射とは、ひざを叩くと足が無意識のうちに伸びる。 というような刺激を受けたことに対して、 脳に伝わることなく脊髄に反射してすぐに筋肉などに反応が起こることを言います。 脳に伝わらないことで無意識のうちに身体が反応してしまっているように感じます。 射精までの脊髄反射は2つの段階をふみます。 男性の性器は性的な興奮が高まると、血液が性器の陰茎に溜まっていき海綿体が膨張し大きく、固くなります。 更に睾丸内のぜん動運動が活発になり精液が前立腺に運ばれて射精の準備をします。 この働きにあわせて尿道から膀胱に繋がる器官は逆流防止の為に閉じられます。 亀頭や海綿体(男性器の竿の部分)への刺激により骨髄反射が起こって、精子が準備されていた前立腺の内圧が上昇し、カウパー腺に僅かに漏れ出します。 更に刺激を強めることや脳内興奮が高まることで反射的に射精に繋がります。 妊娠する可能性は? 上記のようにカウパー腺液が出るときと射精の時は、脊髄反射であるとどういうことが起きるのでしょう? 脊髄反射によって、 自分が思っているよりも早く無意識のうちにカウパー腺液から射精の段階へと進んでいる場合もあるということです。 つまり 挿入中にカウパー腺液に精子が混じってしまうということが起こるのです。 この反応には個人差がありますので、すべての人のカウパー腺液に精子が入っているというわけではありません。 しかし、このような状態になる可能性が誰にでも起こりえるということです。 つまり 精子の混じっている可能性のあるカウパー腺液では妊娠する確立はゼロではないのです! 実際の妊娠確率 実際に我慢汁で妊娠している女性の調べて集めたデータが無いので、実際にどのくらいの確率で妊娠してしまうかどうかは紹介することは出来ませんが、通常の膣内射精による妊娠確率から、どれくらいの確率で妊娠が発生してしまうのかを予想していきたいと思います。 妊娠確率は女性の年齢や、男性の精液の状態によっても変わってきますが全体的な通常の性行為での妊娠確率は10%〜30%となっています。 18歳〜20代前半までの女性との性行為で最も妊娠が発生しやすく30%前後となっています。 女性の年齢が40歳を超えてくると確率は1桁にまで減少します。 なので、単純にカウパー腺と若干混ざっている精液だけでの妊娠はかなり低くなる事がわかります。 しかし、性的興奮が高まっている状態での性行為は着地点がどこに落ち着くかはわかりません。 我慢できなかったり、すでに射精していて中に出してしまう可能性もあります。 妊娠を望んでいない場合は避妊しない状態での性行為は避けたほうがいいでうしょう。 女性が特に妊娠しやすい時期は? 女性の生理後何日目であるかの時期によっても妊娠しやすさは変わってきます。 具体的にいつの時期が妊娠しやすいのでしょうか? 女性の生理周期は大体28日〜38日ほどの周期で回っています。 これが中学生頃から40〜50代の閉経を迎えるまで、卵子を常に新しい物に作り変えて受精できる状態を整えています。 生理の周期は出血が確認された日から1日目とカウントし、最も妊娠が起きやすいのは生理周期1週間目〜16日目程までの期間になります。 この期間は増殖期や排卵日と呼ばれるもので、卵巣が卵胞から排卵され受精が可能になります。 この期間に当たる女性の子宮内に精子が生きた状態で存在していると精子と卵巣が受精し、この受精卵が卵管を移動し着床することで妊娠が確定します。 精子は女性の子宮内で1週間前後生きた状態で存在できるので生理周期1日目に性行為に及んだ場合でも妊娠する可能性はあるということになります。 女性の卵子の寿命は短く、排卵されてから約24時間ほどで機能しなくなってしまいます。 それ以降は新しい卵子が排卵されるまでは妊娠しなくなります。 しかし、この生理周期は生活習慣やストレスなどによって生理周期が長くなったり短くなったり、排卵日がずれることがあるので妊娠しないということを確実に特定することは出来ません。 特に生理周期1週間〜20日程の期間が妊娠しやすいというのが一般的です。 望まない妊娠を避けるためには? 我慢汁での妊娠であろうと、そのほかの方法による妊娠であろうと、それが望まない妊娠であるなら女性の身体にとっては辛く悲しいことになります。 そのような事態を防ぐためにも出来るだけ確立の高い避妊方法をとりたいものです。 確実な避妊方法って? 今のところ、100%確実であるという避妊方法はありません。 いくつかの避妊方法を同時に複数試していても妊娠したという例はたくさんあります。 膣内射精でないにも関わらず、我慢汁で妊娠してしまうというのも、カウパー腺液の中に精子が混じってしまった可能性があるからです。 またコンドームなどを装着後でも、精子の混じったカウパー腺液が指についた状態で膣内に挿入された場合などで妊娠する可能性はゼロではありません。 では確実な避妊方法はあるのでしょうか?避妊方法はコンドーム以外にもいくつかあるのを知っていますか? 避妊方法の色々 コンドームの使用など避妊方法を紹介します。 経口避妊薬(ピル) きちんと服用することでほぼ100%の避妊率といわれているピルですが、その副作用や毎日一定時間の服用ということ、また医療機関での処方ということでなかなか十分な普及ではないといわれている経口避妊薬です。 方法は、 月経の1日目から毎日1錠づつ、できるだけ同じ時間帯に服用するのが決まりです。 服用初日から避妊効果が期待できます。 ピルの役割は、主に排卵を抑えることです。 ピルには卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類が入っています。 そのホルモンが卵胞を成熟させるホルモン分泌を抑えます。 成熟しない卵胞は排卵することが出来ません。 そのため妊娠もしないということです。 また子宮頚管の粘液を減少させ、精子が入りにくくする役割もします。 しかし、この ピルでも妊娠の確立はゼロではないので、性感染症などの対策としてもコンドームとあわせた避妊方法が良いとされています。 またピルを服用時に気をつけたいことは、飲み忘れです。 1日の場合はすぐに服用して次からもきちんと予定通りに服用すれば効果は変わりません。 しかし、2日以上の飲み忘れには効果は期待できません。 他の避妊方法をとったほうがよいでしょう。 ピルの飲み忘れについては、の記事を読んでおきましょう。 ピルのさまざまな効果 ピルには女性特有の辛さを軽減する効果もあります。 月経痛を和らげる• 月経不順の改善• 月経時の量を少なくする• にきびを和らげる• 子宮内膜症を和らげる• PMS(月経前症候群)などの症状を改善させる また反対に 副作用の面もあります。 吐き気や頭痛などの症状がでる• 乳房の張りがひどくなる• 稀に性器からの不正出血• 血栓症など、血液の粘度を高くする。 これらの副作用は時に大きく取られがちですが、 メリット・デメリット両方の面を良く見て自分に合った避妊法を選ぶと良いでしょう。 また、乳がんや子宮頸がんなどホルモン依存の疾患にかかっている人や血栓症や心筋梗塞などの疾患がある人、タバコのヘビーユーザーなどはピルの処方が出来ないことがあります。 医療機関で相談してみましょう。 コンドーム コンドームは特性ゴムによって作られている避妊具です。 世界各国で使用されているもっとも有名な避妊具でしょう。 避妊のほかにも性感染症の予防にも効果があるとされ、日本では薬事法上の管理医療機器に分類される医療機器です。 使用方法は 勃起状態になったペニスに装着することです。 気をつけたいのが、女性の膣内に挿入する前に装着することです。 避妊目的でも性感染症予防の面でも、いわゆる我慢汁、カウパー腺液のついた我慢汁で挿入してしまった後からの装着では意味がありません。 コンドームの装着は勃起後、性器接触前に装着することが大切です。 リング(IUD) 聞きなれない言葉かもしれませんが、経産婦には出産後産婦人科などで説明を受けることがよくある避妊方法です。 リングといわれる合成樹脂で作られた小さな器具を子宮の中に装着させて避妊をする方法です。 この方法は出産経験の無い人には装着できません。 リングの特徴として一番なのは、副作用無く、 一度装着すると特にメンテナンスなどの必要が無く2年ほど効果が望めるということです。 しかし実はピルほどの避妊効果はないといわれています。 なのでより確実な避妊ということであれば、このリングのほかに複数の避妊法を併用するのがよいといわれています。 ペッサリー ペッサリーとは、 精子が子宮内に入らないように子宮の入り口に自分で装着する天然ゴムで出来た蓋のようなものです。 医療機関での処方となり、自分のサイズに合ったペッサリーを処方してもらい、装着方法を教えてもらいます。 その方法は ペッサリーに殺精子剤をぬり、行為の前に自分で装着し、射精後8時間後に自分で取り出すというものです。 正しい装着や取り出しが面倒であったりするのであまり普及していませんが、このような方法もあります。 避妊手術 手術で避妊をする方法もあります。 避妊手術は、男性側であれば、精子が通る管を縛って切ること、精管切除手術が一般的です。 俗に言うパイプカットです。 女性側であれば、卵子が通る卵管の一部を結んで通りを妨げる手術、卵管結さつ手術というのが一般的です。 この避妊法は、手術後に妊娠を望んでも確立が低いため、すでに出産を終えた方や生涯にわたって子供の必要を感じていない方向きです。 この手術を希望する場合は、双方できちんと話し合い、慎重に決断することをオススメします。 まとめ いかがでしたか? 純粋な我慢汁で妊娠はしません。 しかし、我慢汁だと思っていたものが実は精子が入っている可能性もあることがわかりました。 本来はお互いを思いやる行為である性行為の後に悲しい後悔の無いように、男性側、女性側の両方から避妊について正しい理解をして話せる環境であることが一番です。 関連記事として、 ・ ・ ・ ・ これらの記事も合わせてお読みください!.

次の

外出しの妊娠確率は!?コンドームしてもダメ!?排卵日・生理中での可能性は!?

我慢汁 妊娠率

真面目にお答えします。 我慢汁に精子が含まれている・いないという医学的な報告書や論文はありません。 と、いうのは、「我慢汁」と言う言葉が医学の用語に無いからです。 我慢汁って、なんですか? 性的興奮すると男性器から粘度のある透明の液体が出てきます。 この分泌液はカウパー腺液、カウパー氏腺分泌液、カウパー氏腺液などとよばれ、日本語では「尿道球腺液」と言い、性的興奮を感じた際に尿道内に分泌される尿道球腺からの分泌液です。 カウパー腺液には精子が含まれていないことは、WHOでは5か国での健康な男性各100人づつに対する調査でも「精子が混入している被検者はいなかった」と報告されていますし、 日本では2005年に「尿道球腺に関する総説論文」で発表され、その後の2006年の産科婦人科学会でも「重篤な疾患の無い、健康な男子の尿道球腺液には精子は混入していないと報告しています。 泌尿器科学会ではもっと早くから「人のカウパーには精子は混入していない」と発表しています。 しかし、それ以前に医大を出た医師や、その発表を知らない医師たちは、今でも「カウパーに精子が含まれていて、妊娠する可能性がある」と思っていおり、言っています。 産科婦人科学会の「重篤な疾患の無い、・・・」に続いて但し書きがありますが、 重度の糖尿病、脊髄損傷で神経系統に損傷があって体がマヒしている状態や、泌尿器系にガンなどがあって切除もできない状態や前立腺炎では、カウパーに関係なく尿道から精子が漏れ出すこともありますし、起きていても自覚のないまま夢精のように射精してしまう「遺精」と言う障害があって、カウパーの分泌時に精液が出てしまうことがあります。 ちなみに射精後の尿道に精液が多少は残っていますので、未排尿であればそのあとに尿道口から出てくるカウパーには残留精子が混入しています。 しかし、精子が活動できるだけの精液がありませんし、1ccあたり数千個未満で絶対数が少なすぎますので、妊娠はできません。 射精のメカニズムを考えると、精子は性行為のピストン運動などの刺激によって精管膨大部に移動し、そこで精嚢腺液と前立腺液とが分泌されて交じり合い、精液が作られます。 運動刺激によって精液の圧力が高くなった時に、脳からの指令が出て射精となります。 ところが、射精を我慢している段階で休止したりすると、括約筋が緩んだ拍子に圧力の高くなった精液が漏れだしてしまうことが良くあります。 精液の漏れは、自覚のある時も、自覚のない時もありますが、この射精前の精液の漏れを早漏と言います。 射精がなくとも精液は射精前に漏れるのです。 よく言われる「我慢汁」は、いわゆる俗語であり、何をもって我慢汁と言うのかが定義されていません。 我慢汁=透明な尿道球腺液とする人もいれば、 2. 我慢汁=射精前の精液の早漏とする人、 3. 我慢汁=尿道球腺液+射精前の精液の早漏とする人もいます。 我慢汁が1. であれば精子はいませんので妊娠はしませんし、 2. であればそれは精液ですから精子はいますので妊娠します。 よく外出しで妊娠した・・・と言いますが、 外出しは「抜去法」と言う避妊方法です。 先進諸外国ではコンドームやピルと同等の避妊効果がありますが、 日本では約3倍の妊娠率となっています。 と言うのは、諸外国では抜去してから十分な時間をかけて射精に導くのに対し、 日本ではアダルトビデオの影響なのか、射精を我慢したり、感前に慌てて抜いて射精するため、すでに早漏しているケースが多いのです。

次の

年齢別妊娠確率まとめ 妊娠率・受精率・着床率・流産率

我慢汁 妊娠率

>射精後の我慢汁で妊娠ってありますか? 我慢汁とは尿道球腺液の事です。 射精後ならば、それは精液そのものです。 >我慢汁で妊娠するのはほんとなのですか? 真っ赤なウソです。 その様な事実が多数あるなら、必然的にレポートなり報告書があるはずです。 私は長年探していますが、見たことも聞いたこともありません。 その様な回答をする人には、具体的な文献なり研究報告の提示を求めましょう。 卵子が精子を迎え入れる数は確かに1匹の精子ですが、1匹の精子だけでは卵子は精子を迎え入れられません。 この様な回答をする人は、受精の仕組みを全く理解していません。 参考URL(受精現象のメカニズムおよびその異常 日産婦誌52巻11号) A ベストアンサー カウパー腺液単体では100%妊娠は有りません、 製造箇所も成分も根本的に違いますから、 ただね、排出箇所が男の場合は一箇所に集約されてますからね、 本人が意識しないで漏れ出す精液が混入する事は有りますが含有する精子の数は極微量です、自然妊娠は出来ない量です、 女性の排卵日前後で複数回以上の膣内射精が行われても(精液には1億以上の頗る元気な精子が含まれてる必要が)妊娠に至る確率は20%を大きく下回ります、 ネットの記事などで所謂我慢汁でも妊娠すると言われる根拠は、妊娠は一個の卵子と一匹の精子が有れば成立すると言う考えから来てるようです、 なので、有りうる、可能性はゼロでは無いなどとの回答が付くようです、 しかし、此れは人工授精を行う医師が顕微鏡下で行う事です、 自然界で妊娠するためには夥しい精子が必要な仕組みに成ってます、 此処のところを勘違いしないようにして下さい、 それで有っても避妊の事は常に頭にね。 Q こんにちは。 とても恥ずかしい質問の内容なのですが、恥を忍んでどうぞよろしくお願いします。 私たち夫婦は妊娠を希望していますが、主人の仕事が忙しく私の妊娠可能期間となかなか合わないため、なかなか妊娠にいたりません。 先日、排卵日というとてもタイミングの良い日に仲良くできるチャンスがあり頑張っていたのですが、あともう少しというところで電話が入り途中で中断せざるを得なくなりました いつもなら行為のあとは膣内から精液が溢れたりしますが今回はそれもなく、旦那に聞いてみても旦那自身、膣内に射精したかどうかわからないと言っていました。 因みに外に出たかどうかも分からないとも言っています。 これはやはり射精はされなかったということなのでしょうか? よく、ゴムありでも外だしでも妊娠の可能性はあるといわれますが、途中で行為を止めてしまった場合はどうなのでしょう? 排卵日に仲良くしたからと言って必ず妊娠するとは限らないと頭では分かっているのですが、ここ半年全く訪れなかったチャンスの日だったので夫婦とも本当に本当に悔しい思いでいっぱいです。 やはり途中で止めてしまうと射精はされないのでしょうか?また途中でも妊娠をされた方はいらっしゃいますか? 生理予定日まであと一週間。 どうしてももやもやした日々が続いています・・・・ はしたない質問内容で本当に申し訳ありませんが、どうか教えてください。 よろしくお願いいします。 こんにちは。 とても恥ずかしい質問の内容なのですが、恥を忍んでどうぞよろしくお願いします。 私たち夫婦は妊娠を希望していますが、主人の仕事が忙しく私の妊娠可能期間となかなか合わないため、なかなか妊娠にいたりません。 先日、排卵日というとてもタイミングの良い日に仲良くできるチャンスがあり頑張っていたのですが、あともう少しというところで電話が入り途中で中断せざるを得なくなりました いつもなら行為のあとは膣内から精液が溢れたりしますが今回はそれもなく、旦那に聞いてみても旦那自身、... A ベストアンサー 射精に至る前に性行為をやめた場合、妊娠の可能性はゼロではありませんが、ゼロに限りなく近いです。 >よく、ゴムありでも外だしでも妊娠の可能性はあるといわれますが ゴムありで妊娠してしまうのは、射精後にすぐに抜かず挿入したままで精液がゴムから膣内に漏れるなど、ゴムの取り扱いを誤った場合ですが「男性が射精した」と言う条件が必要です。 外出しで妊娠してしまうのは、短い間隔で2度目の行為に及び、射精前に分泌されるカウパー腺液に、前回の射精時に残っていた精子が混じってしまったり、男性が射精すると感じる前に既に射精している場合があるからです。 どちらの場合も「男性が射精している」のが前提で、射精に及んでいない場合は、妊娠の可能性はかなり低いです。 もし、射精無しで妊娠するとしたら、旦那さんが前の日に自慰行為をして射精していて、その後、小用を1度もせず尿道内に精子が残っていて、その残存精子が、勃起後の挿入中にカウパー腺液と一緒に分泌され、膣内に放出された場合、のみです。 しかも、上記の場合では、カウパー腺液に精子が居るとしても、妊娠に至るまでの個数に満たないので、可能性はゼロではないですが、ゼロに限りなく近いです。 男性不妊の基準は、精液1mlに含まれる精子数が「1300万個未満」と言われています。 どう考えても、前日の自慰の残存精子数は1300万個もありませんので「妊娠に至るまでの個数に満たないのは明らか」です。 次回に期待して下さい。 射精に至る前に性行為をやめた場合、妊娠の可能性はゼロではありませんが、ゼロに限りなく近いです。 >よく、ゴムありでも外だしでも妊娠の可能性はあるといわれますが ゴムありで妊娠してしまうのは、射精後にすぐに抜かず挿入したままで精液がゴムから膣内に漏れるなど、ゴムの取り扱いを誤った場合ですが「男性が射精した」と言う条件が必要です。 外出しで妊娠してしまうのは、短い間隔で2度目の行為に及び、射精前に分泌されるカウパー腺液に、前回の射精時に残っていた精子が混じってしまったり、... Q 24歳妊娠希望です。 婚約中の彼は48歳で今すぐにでも赤ちゃんを授かりたいと思っています。 彼が40代後半ってこともあってか、なかなか膣内射精できません。 前にセックスの回数を減らすという提案をもらってやってみたけど全然変わりはなかったので、今はいければラッキーなので1週間に5回くらいセックスしています。 勃起するまで口でやって、それから膣内に入れます。 5分、10分なかなかいけません。 また口でやっても1週間に1回いけるかどうかというところです。 最近二人で思いついたのが、口でやったほうがいける確率が高いから口でやっています。 射精した瞬間に、まだペニスが元気がある間に私が上に乗って彼のペニスを私の膣の中に入れます。 最初の射精で多くの精子が出てしまうのですが、残りの少しの精子は私の膣の中に入ります。 そこで質問なんですが、妊娠できるほどにはどのくらいの精子が必要ですか?たぶん私たちの今のセックスの状態ではほんの少ししか膣には行っていないと思います。 たぶん小さじ半分くらいじゃないかと思います。 やっぱりこんなに少なかったら妊娠は無理ですかね? 変な質問ですが回答お願いします。 24歳妊娠希望です。 婚約中の彼は48歳で今すぐにでも赤ちゃんを授かりたいと思っています。 彼が40代後半ってこともあってか、なかなか膣内射精できません。 前にセックスの回数を減らすという提案をもらってやってみたけど全然変わりはなかったので、今はいければラッキーなので1週間に5回くらいセックスしています。 勃起するまで口でやって、それから膣内に入れます。 5分、10分なかなかいけません。 また口でやっても1週間に1回いけるかどうかというところです。 最近二人で思いついたのが、口でやった... A ベストアンサー 健康な男性が射精して、健康な女性の卵子の待つ卵管にまで到達できる精子の数は数十匹から数百匹です。 妊娠のメカニズムから言って単純に精子の数だけでしたら、その程度の数で妊娠する事が可能です。 WHOが男性側の不妊原因(精子の数、運動率)として上げている数値は、 正常精液所見 (WHO 1999) 精液量 2ml以上 pH 7. 2-8. ちなみに、勘違いされているようですが、 精液(精子ではない)の成分量は、30%が前立腺の分泌液(前立腺液;無色透明)で、残りの70%が精嚢からの分泌液(精嚢分泌液;白濁している液)で、この混合液の中に精子が0.数%いるのです。 質問者さんが、小さじ半分(約1ml)と言っているのは精液の量のことで、その中に精子が何千万匹居るのかは検査をしてみないとわかりません。 また、精子は無酸素生物であり、温度や空気、酸に触れるだけで死滅してしまいます。 女性の膣内は雑菌(といっても汚いわけではありません)が多く、弱酸性に保たれています。 したがって、精子は膣内では生存できません。 そのために精嚢液(白濁している精液)は弱アルカリ性になっており精子を守っています。 また、元気な精子が泳ぐスピードは、時速2~3cmと言われており卵子の待つ卵管膨大部にたどり着くまで約2~4時間かかります。 だからと言って、その間じっとしている必要はありませんが! 問題は、中高年男性の精子は、若い男性の精子に比較してDNAの損傷が激しく、子供を持つ可能性が低下することが最近の研究で明らかになっています。 45歳を超える男性の精子DNAの損傷は、それ以下の年齢グループに比較して高く、30歳未満の男性との比較では2倍だそうです。 しかし、可能性がゼロな訳ではなく70歳にして子供を授かっている男性も居ます。 諦めず、二人が望んでいれば必ず子供を授かる事ができると私は思っています。 アドバイスとしては、基礎体温をきちんと測り、排卵日をある程度把握して、集中的に仲良しされる事です。 不妊治療では上記の基礎体温+タイミング法で70%の方が3年以内に子供を授かっています。 根気良く焦らずに、頑張ってみて下さい。 健康な男性が射精して、健康な女性の卵子の待つ卵管にまで到達できる精子の数は数十匹から数百匹です。 妊娠のメカニズムから言って単純に精子の数だけでしたら、その程度の数で妊娠する事が可能です。 WHOが男性側の不妊原因(精子の数、運動率)として上げている数値は、 正常精液所見 (WHO 1999) 精液量 2ml以上 pH 7. 2-8. A ベストアンサー >排卵日を把握した上で、排卵日前後に生で数十秒挿入しただけではどうでしょうか? 1秒だって、射精しなければ妊娠出来ません! 女性の妊娠率が20%と言う数字が言われていますが、この数字の根拠になっている実証実験があります。 ドイツのハイデルベルグ大学の先生達が1985年から、今現在も継続して行っている実証実験です。 2007年に中間報告的に346組のカップルが妊娠するまでの期間を調査したものをイギリスの学会誌にレポートしました。 条件は、基礎体温を測り自身の排卵時期を把握させ、伸びるオリモノ(子宮頸管粘液)の変化を合図にセックスした結果が報告されています。 この調査では、最初の月経周期目で38%、3周期目で68%、6周期目で81%、そして、12周期目にあたる1年後には92%のカップルが妊娠しています。 oxfordjournals. full 要するに、この頃に排卵すると判っていてセックス(シッカリと膣内に射精しても。 )しても、6割以上のカップルは妊娠出来ないという事です。 同じ事を1年間続けて、漸く、9割以上のカップルが妊娠出来るのです。 また、世界的な精子研究の第一人者であるアラン・ペイシー博士が、ディスカバリーチャンネル「生殖レース 受精までの闘い」の中で妊娠(受精)の仕組みにつて説明しています。 1回の射精で2億5000万匹の精子が射精されるそうです。 しかし、妊娠させられる健康で元気な精子の数は、その1/5(5,000万匹程)しかいません。 精子をまるで化け物のように捉えている人がいますが、実際にはとても弱い生き物で、精子は酸性の環境に弱く直ぐに死んでしまいます。 女性の膣内はその自浄作用により、1年365日、弱酸性の環境に保たれています。 健康な男性の精子でも、膣内に射精された精子は80%が数分で死んでしまい、99%の精子は30分以内に死ぬか、受精できないような致命傷を負ってしまいます。 かろうじて生き延びれた精子、約6万匹が子宮頚管の入り口(子宮頸管)まで辿り着く事ができますが、子宮の中まで侵入できるのはたった3,000匹ほどしかいません。 そして、卵子と出会う卵管膨大部まで泳ぎ着けるのは、多くても数百匹ていどしかいないと説明されています。 1秒だろうが数10秒だろうが、排卵時期にしっかり射精されても上述の結果が事実なのです。 射精しなくて、どうやって精子は卵管膨大部まで行けるのですか?? ダメ押しで説明するなら! 不妊治療の発展で、排卵時期にセックスすれば70%以上の確率で、精子と卵子は受精できるそうです。 しかし精子や卵子、そして受精卵の染色体異常などの原因で2回に1回以上は妊娠できずに科学的流産をしてしまう事が判っています。 また、妊娠する上でも最も難しいのは着床するタイミングです。 妊娠は受精卵が子宮に着床出来て、初めて成立するのです。 これを着床窓(implantation window)と言います。 受精卵と子宮内膜は酵素やたんぱく質を出し合い、綿密な連携を保って着床するそうです。 受精卵が早く子宮に到着しても、また、遅く到着しても妊娠は成立しない事が判っています。 jsog. pdf 一体、膣内にシッカリと精液を射精しなかったら、どうやって妊娠出来るのか!? 反対に、教えてほしいほどですよ! >排卵日を把握した上で、排卵日前後に生で数十秒挿入しただけではどうでしょうか? 1秒だって、射精しなければ妊娠出来ません! 女性の妊娠率が20%と言う数字が言われていますが、この数字の根拠になっている実証実験があります。 ドイツのハイデルベルグ大学の先生達が1985年から、今現在も継続して行っている実証実験です。 2007年に中間報告的に346組のカップルが妊娠するまでの期間を調査したものをイギリスの学会誌にレポートしました。 条件は、基礎体温を測り自身の排卵時期を把握させ、伸び... A ベストアンサー 自分が生理予定日だと勝手に思い込んでいた日の1週間前が、実は生理予定日の2週間前=排卵日だったら、妊娠につながる可能性は高いです。 で、妊娠したら生理はぜぇったいに来ないので、「1週間後の生理は来なくなる」で正解です。 しかし、自分が思っていた生理予定日から本当に生理が開始するとしたら、つまりその日から生理が始まるよう体の準備が整っている状態だったら、その1週間前に行為があっても妊娠できないので=妊娠につながらないので、生理は来ます。 つまり、生理予定日の1週間前かどうかよりも、行為が妊娠につながったかどうかで、生理が来るか来ないか決まります。 予定日は、あくまでも予定日。 結果論として「生理が本当に始まった日」の1週間前は、排卵はもう過ぎてるので、妊娠しないけど、「生理予定日」の1週間前は、排卵が遅れてたら妊娠する可能性があります。 排卵が遅れていたら、連動して生理も遅れます。 生理予定日の1週間前に、行為があったとして、それで妊娠した場合。 1週間後に生理を始める準備をしてたから、それは初めてしまうんじゃないか?と思ってしまうかもしれませんが、排卵し妊娠した段階で、次の生理を始める準備はストップしますので、「とりあえず、その生理だけは来る」っていう事はありません。 自分が生理予定日だと勝手に思い込んでいた日の1週間前が、実は生理予定日の2週間前=排卵日だったら、妊娠につながる可能性は高いです。 で、妊娠したら生理はぜぇったいに来ないので、「1週間後の生理は来なくなる」で正解です。 しかし、自分が思っていた生理予定日から本当に生理が開始するとしたら、つまりその日から生理が始まるよう体の準備が整っている状態だったら、その1週間前に行為があっても妊娠できないので=妊娠につながらないので、生理は来ます。 つまり、生理予定日の1週間前かど... A ベストアンサー 通常の中だしよりも、確立は下がりますが、外だしでも、妊娠の確立はありますよ。 私が18歳 高3 の時と19歳の時外だしで妊娠経験済です 苦笑 ん~だいたい生理予定日から1週間後ぐらいで妊娠検査薬は使用出来ると思います。 そして、更に1週間後ぐらいで、産科に受診すると赤ちゃんの袋 タイノウ と言うのが見えると思うのですが・・・ 月経前と妊娠症状は似ているので、こんな症状があるから妊娠してるとも言い切れないので注意して下さいね! 生理と妊娠を見極めるには、基礎体温を毎日つける・生理予定日以降に検査薬を使用する・産科で検診 未成年と言う事なので、出産するにしろ、中絶するにしろ、彼だけの同意書だけでは産科は受付してくれないので、 もし、妊娠をしていたら、話しづらいでしょうけど、、両親に話して下さいね! 自分の身体ですから、大切に 私は・・・18歳 高3 の時、両親に話す時・・・初めて・・・正座して会話をしたのを覚えてます^^; A ベストアンサー 先ず、一つの質問をしたらお礼をしてから締め切るのがマナーです。 次に、前の質問を締め切ってから、次の質問をするのがルールです。 最低限、それぐらいのことは守りましょう。 >正しい方を教えてください 正しい妊娠のメカニズムを教えます。 (長文です。 ) それをしっかり読んでみて、自分で判断してください。 世界的な精子研究者のアラン・ペイシー(Allan Pacey)博士がディスカバリーチャンネルの「生殖レース 受精までの闘い」で説明している内容です。 shef. その内の精子で女性を妊娠させられる健康で元気な精子は1/5しかいません。 しかも、それらの精子は受精する能力を1匹も持っていないのです。 女性を妊娠させるには排卵時期(約4日間中、卵子が生存している9時間程度のチャンスしかありません。 )にセックスしなければなりません。 排卵時期以外は子宮の入り口は閉じていて、分泌される子宮頚管粘液はドロドロしており、特性は酸性で精子や細菌、ウィルスの侵入を防ぐ役割をしています。 この女性の持っている自然な機能は、ピルに拠る避妊でも利用されている機能です。 しかし、排卵時期になると、この子宮警官粘液は水っぽくサラサラに変化し、特性も弱アルカリ性の体液に変ります。 排卵時期に生で中出しされた精子(最大で3億匹とします。 )のうち、妊娠させられる能力を持った約6000万匹(1/5)の精子も、子宮の入り口に到達できるのは1/1000の6万匹しか居ません。 精子は酸に弱く、女性の膣内は365日弱酸性の環境です。 膣内に射精された精子の99%が30分以内に死んでしまうか、受精できないような致命傷を負ってしまいます。 この二つの条件が、排卵時期以外では妊娠できない主な理由になります。 話を戻しますが、子宮の入り口の構造はスポンジのような構造をしています。 沢山の小さな穴が空いており、その殆どは出口がなく、そこに迷い込んだ精子は子宮内に侵入できず寿命を迎えてしまいます。 幸運にも正しい子宮の入り口に入り込める精子は3,000匹ほどしかいません。 最初に射精された精子数の1/10万匹の確率なのです。 子宮内に侵入した精子は、次は卵子の待つ卵管膨大部に繋がる、卵管の入り口まで泳いで行かなければなりません。 しかし、精子は女性の身体にとって異物になります。 子宮内に侵入した精子は、女性の免疫能力により攻撃され殆どは殺されてしまいます。 運よく卵管の入り口まで泳ぎ着ける精子の数は更に減り、ゼロから多くても数百匹程度しかいません。 それでも膣内に射精されてから卵子の待つ卵管膨大部まで泳ぎ着く精子は、15分から30分程度しかかからず泳ぎ着いてしまいます。 そして、ここまで泳ぎ着けた精子だけが、始めて受精能力を獲得する事ができます。 また、卵管膨大部は精子にとって過ごし易い弱アルカリ性の体液に満ちており、精子はここで2~3日程度生き延びる事ができます。 これが正しい女性の身体の中での精子の寿命になります。 1週間も10日も生き延びるような生命力も環境もありません。 奇跡的なタイミングで卵子と出会った精子は猛然と受精活動を行いますが、卵子の殻はとても固く、この殻を溶かすために精子は酵素を分泌します。 但し、1匹程度の量では卵子の固い殻を溶かすことができず、何匹もの協力が必要なのです。 要するに、妊娠させるにはたった1匹の精子がいれば良いのですが、実際には、1匹では妊娠させることは出来ません。 ここで奇跡的に受精できた受精卵は、約3日ほど掛けて卵管内を移動し子宮内に戻って来ます。 そして子宮内で着床できる条件が整う(子宮内膜が十分に厚くなるまで)まで4日間ほど漂っています。 子宮内に無事に着床できて、始めて妊娠が成立します。 受精から子宮内に戻って来るタイミングもとても重要で、子宮内膜が十分に厚くなっていないと着床する事が出来ません。 無事に着床できる確率より外に流れでてしまう確率の方が高いのです。 大雑把な妊娠の仕組みは書いた通りです。 前の回答でも書きましたが、残り汁の中に何匹の精子がいるのかは判りませんが・・・? 人間は、最大で6000万匹の健康で元気な精子が射精されても、またベストタイミングでセックスしても!38%しか妊娠することができません。 排卵時期に集中的にセックスしても6割以上の人は妊娠できないのです。 akanbou. html ティッシュで何回拭いたとかの条件が、如何に馬鹿らしい条件か理解していただけましたか・・・!? 後は、ご勝手に判断して下さい。 PS;具体的なデータや資料を提示できない回答は信じない事です。 先ず、一つの質問をしたらお礼をしてから締め切るのがマナーです。 次に、前の質問を締め切ってから、次の質問をするのがルールです。 最低限、それぐらいのことは守りましょう。 >正しい方を教えてください 正しい妊娠のメカニズムを教えます。 (長文です。 ) それをしっかり読んでみて、自分で判断してください。 世界的な精子研究者のアラン・ペイシー(Allan Pacey)博士がディスカバリーチャンネルの「生殖レース 受精までの闘い」で説明している内容です。 shef. Q 2歳児の母です。 来年、子供が三歳になって少し言葉など落ち着いてきたあたりから二人目を考えたいと思っています。 いつもコンドームで避妊していますが、たまに最初はコンドームを着けてくれない場合があります。 (少ししてから必ずつけますが) 今月生理が5日ほど遅れております。 風邪薬を飲んでしまった為周期がずれた可能性もありますが、もしや妊娠?と思うと薬の事もありますが色々不安になり・・・。 まだ病院には行っていません。 こういう状況では避妊率は下がるとは認識しているのですが、 コンドームでキチンと避妊している、または途中からコンドームを使用していらっしゃる方で妊娠された方いらっしゃいますでしょうか? このような質問もどうかと思うのですが、差し支えない程度でご回答頂けますとありがたいです。 Q そんなに妊娠するものなのでしょうか。 22歳の女です。 私の周囲は結婚ブームの第一波なのか… 今年に入って、結婚すると報告してきた知人は7人。 その内の5人はデキ婚です。 デキ婚、授かり婚。 今では当たり前のように溢れている言葉ですが、まだまだデキ婚というものに抵抗があるのが現実です。 その5人は子どもは欲しかったし。 と口を揃えて言っていますが… その5人とも、膣内射精、所謂中出しはしていない。 とのことでした。 5人とも、コンドームなしの生挿入、膣外射精で妊娠したらしいのです。 それって、我慢汁?カウパー?で妊娠したということなのでしょうか。 気になったのでネットで調べてみましたが、妊娠するには最低限の精子が必要だ、と大体どのページにも書いてありました。 我慢汁のなかにはある程度の精子が混ざっているけれど、妊娠に至るほどの量ではない、という意見が多数でしたが それでも妊娠は絶対ない、とは言い切れないとも書いてありました 、一方で、射精後直後の生での挿入、強い射精感を我慢しているとき、などは例外だという意見も。 ・射精を我慢すると、生殖器が痙攣して微量の精液が漏れている。 ・男性は稀に射精感を伴わずに微量の精子を射精している場合がある。 ・射精直後は排尿しない限り、尿道に精液が大量に残ってしまっている。 しかし、上記の条件も妊娠の可能性が高い、低い、と意見が分かれていてどれが正しいのか… コンドームをしっかりして、避妊を意識していれば良い話なのですが、5人も膣外射精での妊娠。 という事実に驚かされて質問させていただいた次第です。 専門の方や、知識に富んだ方がいらっしゃいましたら、是非ご意見聞かせて頂きたく思います。 そんなに妊娠するものなのでしょうか。 22歳の女です。 私の周囲は結婚ブームの第一波なのか… 今年に入って、結婚すると報告してきた知人は7人。 その内の5人はデキ婚です。 デキ婚、授かり婚。 今では当たり前のように溢れている言葉ですが、まだまだデキ婚というものに抵抗があるのが現実です。 その5人は子どもは欲しかったし。 と口を揃えて言っていますが… その5人とも、膣内射精、所謂中出しはしていない。 とのことでした。 5人とも、コンドームなしの生挿入、膣外射精で妊娠したらしいのです。 それって... A ベストアンサー 先ず感想ですが、最近は全うな回答が出て来るようになりましたね。 >コンドームをしっかりして、避妊を意識していれば良い話なのですが、5人も膣外射精での妊娠。 という事実に驚かされて質問させていただいた次第です。 貴女の廻りの人が、たまたまと言うだけでしょう。 何度も同じような質問が出る度に、信憑性の高いデータを提示して回答しています。 どの様な方法であれ、避妊していれば其れなりの効果があります。 日本では外出し(抜去法)は避妊方法の中にすら入れてもらえませんが、世界では当たり前の避妊方法です。 国連が2007年に世界の避妊方法の調査を行っています。 同時に、女性1000人当たりの人工妊娠中絶手術者数の調査も行っています。 ttcn. ttcn. html 世界で最も抜去法で避妊しているのはイタリアです。 セックスの度に62. 7%のカップルが避妊をしていると回答していますが、その内の22. 1%が抜去法で避妊をしています。 日本では確実性が無いと言われる基礎体温法やカレンダー法を合わせると、半数近くが古くからある方法で避妊をしています。 それを踏まえた上で、女性1,000人当たりの人口妊娠中絶者数は9人です。 対して、日本は避妊すると回答しているカップルが54. 3%で、その内の40. 7%がコンドームで避妊をしています。 人工妊娠中絶者数は9.9人です。 ちなみに、最も確実な避妊方法と言われているピルですが、世界で2番目に多くピルで避妊している国がフランスです。 フランスは81. 8%ものカップルが避妊をしていると回答し、ピルやIUDで避妊していると回答しているのは合わせると65. 7%にもなります。 しかし、女性1,000人当たりの人工妊娠中絶者数は14.7人と、日本はおろかイタリアよりも多いと言う結果です。 全うな機関が正しく調べれば、外出しは確実な避妊方法であると証明されています。 貴女の廻りの友達?は、その外出しで確実なやり方をしていないだけでの話です。 要するに!しっかり中に出していて、それをひた隠しにしているだけの話でしょう。 先ず感想ですが、最近は全うな回答が出て来るようになりましたね。 >コンドームをしっかりして、避妊を意識していれば良い話なのですが、5人も膣外射精での妊娠。 という事実に驚かされて質問させていただいた次第です。 貴女の廻りの人が、たまたまと言うだけでしょう。 何度も同じような質問が出る度に、信憑性の高いデータを提示して回答しています。 どの様な方法であれ、避妊していれば其れなりの効果があります。 日本では外出し(抜去法)は避妊方法の中にすら入れてもらえませんが、世界では当たり前の...

次の