探偵 チーム kz 事件 ノート 夢 小説 アーヤ モテモテ。 #探偵チームKZ事件ノート #探偵チームkz事件ノート小説100users入り アーヤの盾

モテモテアーヤ

探偵 チーム kz 事件 ノート 夢 小説 アーヤ モテモテ

『…そう言う黒木の方が変態だろ。 普通にせ、せ、ーーー…とか言ってたし…』 『おやおや、照れまくりだね。 無理して言わなくても良いよ?チェリーボーイの上杉?』 『…んなっ…!お、俺だってそれくらい言えるし!』 『へーえ。 じゃあ言ってみなよ』 『え、えっと…だから!俺だってせ、せ、SEXくらい言えるわぁぁ!!!』 「…ブッ!!!!」 今日はKZの集合がある為、若武の家にアーヤと2人で来た。 そして、玄関に入りドアを開けようとした瞬間、聞こえて来たのが今さっきの会話だった。 (ちょっと上杉…?何言っちゃってんの?) あの上杉からあんな言葉が聞こえるなんて思いもしなかった。 しかも、黒木も前に言った事があるらしいし。 (てか、アーヤも一緒にいるんだけど…) どうしようか。 アーヤと気まずい雰囲気になってしまうではないか、あのアホ杉め。 しかし、アーヤから照れたような雰囲気は感じられない。 「翼?いきなり吹き出してどうしたの?」 「…え、アーヤ、さっきの言葉聞いてないの?」 「さっきの言葉?えっと、『せ』なんとかってやつ?」 あぁぁぁあ!やっぱり聞いてた! しかしアーヤは照れたりしていない。 もしかして。 「…アーヤ、さっきの言葉の意味解ってない?」 「意味?うーん…わかんないかな」 ですよねー。 良かった!気まずい雰囲気にならなくて、と一安心。 しかし、これはちょっと面白いかもしれない。 「上杉くん達、何を話してたんだろう。 意味が全くわからないよ」 「…アーヤ、知りたい?あの言葉の意味」 「教えてくれるの?知りたい!」 あぁもう。 簡単に引っかかっちゃって。 アーヤの将来が心配になってくる。 まぁ、アーヤを騙してる俺が言えた立場ではないのだけれど。 「じゃあ、他の奴らは放って置いて別の部屋に行こうか」 そうしてアーヤの手を取る。 「え、わざわざ別の部屋に行くの?」 「うん。 聞かれたらやばいしね」 わかった、とアーヤは返事をしてくれた。 気付かれる前に急がねばと、この場を離れようとした時だった。 ガチャッと音がして。 「…ねぇ、流石にそれは」 「…許せねぇ」 勢いよくドアが開いたと思えば、言い合っていた黒木と上杉がこちらを睨みながらそう言った その2人の後ろでは小塚と若武が顔を赤くしたままでオロオロしている。 「…アーヤにその言葉教えるなよ」 「保身の為?アーヤに意味が知られたら黒木達、嫌われちゃうかもしれないもんねー」 黒木が口止めしようとして来たが、俺は承諾しない。 「意味を知って、アーヤがあの言葉をもし他の所で聞いたら、照れちゃったら困るでしょ」 「意味知らないままの方が駄目だと思うよ?知らないから人前で普通に言っちゃうかも。 それに、黒木だって上杉の前で普通に言ってたんだろ。 人の事言えんの?」 「…おい美門、マジでやめろ」 今度は上杉が止めて来た。 多分、上杉もバレたらアーヤに軽蔑されると思ってるんだろう。 「そ、そうだよ!アーヤには教えない方が良いと思うよ…」 「お、俺もそう思う!」 小塚も若武も止めに来る。 ふと、アーヤを見ると何故か不満げに頬を膨らませていた。 「…私以外、皆意味知ってるの?」 「…えっ…」 「知ってるんだね。 翼、教えて。 皆だけ知ってるの、なんか嫌」 アーヤは時々頑固になる所がある。 それが今発揮されているようだ。 「ななななな!あ、アーヤ駄目だよ!」 「そ、そうだ!お前にはまだ早い!」 「ほんと、マジで知らなくて良い」 「アーヤが汚れちゃうよ」 皆が一斉に反対した。 「私が汚れるって…意味を知ってる皆も汚れてるってこと?」 確かにそういう事になる。 けど、俺は汚れてるつもり無いんだけど。 「え!いや、俺は違うぞ!」 話がまとまらない。 元をと言えば上杉達がいけないのに、何故こんな面倒くさい事になるのだ。 「…もういい。 翼、行こ」 アーヤは突然そう言って、俺の手を引き、空いている部屋に入って鍵を閉めた。 その間も若武や上杉の怒鳴り声を撒き散らし俺らを追いかけていたが、こちらの方が一足速かった。 こんな行動が出来ちゃうなんて、頑固なのか、天然なのか。 「これで邪魔入らないね。 翼、教えて?」 アーヤは俺の腕を両腕でグッと掴み、離すまいとしている。 俺の顔を覗き込むような姿勢になっているため、自然とアーヤは上目遣いだ。 うん、可愛い… 「…翼?どうしたの?」 俺がアーヤにしばらく見惚れていて言葉を返さなかった為か、不安げにそう聞いてくる。 「…なんでもないよ。 じゃあ、教えてあげようか」 そう言うとアーヤは嬉しそうに笑う。 今からイケないことを教えるのに、そんなに嬉しそうだと少し罪悪感が湧く。 「アーヤ、子供がどうやって出来るかわかる?」 まず始めにそこから聞いておこう。 「子供…?えっと、卵子と精子で、受精すれば出来るんでしょ?」 「じゃあ、どうやって受精するかわかる?」 ここからが本番だ。 少し自分の手が震える。 アーヤにこんな事を教える日が来るとは思わなかった。 「…それ、学校で習った時も疑問に思ったんだよね。 性行為だっけ?どうやるのかわかんない」 やはりアーヤはこの先がわからないらしい。 しかし、アーヤに続けて『性行為』と言うのも少し躊躇われる。 正直恥ずかしい。 「…えっとね…性行為っていうのは…」 …上手く説明出来ない。 なんて言えばわかるのだろうか。 しばらく考えた末に、俺は自分のスマホを出しネットでAVを検索した。 本当はこの歳で観てはいけないのだが、今時の男子中学生はそんなこと関係なく観ているので、自分も大丈夫だろうと思い目当ての動画を探す。 「…あ、これで良いかな」 そこまで上級者向けではない物を探し、スマホに挿してあるイヤホンの片方をアーヤに差し出す。 「今から、その性行為っていうのを流すから、イヤホン付けて」 「わかった」 イヤホンを付けたのを確認し、動画を再生する。 動画では繋がり始めている所だった。 女性のソコと、男性のソレを見たアーヤは更に顔を赤くしている。 「…いい?この男性のソレを女性のソコに挿れるの。 それで女性の子宮に精子を流すんだよ。 でもね、そんな簡単には精子が出ないんだ」 説明する自分も死ぬほど恥ずかしい。 「ほら、今男性が腰を振ってるでしょ?それを繰り返していると、男性も女性も気持ちよくなるの。 この行為が上杉達が言ってたSEXってやつ」 ようやくあの言葉を意味を知ったらしいアーヤは少し涙目で顔が赤い。 多分、俺も赤いと思う。 「…これの事言ってたんだ…ね」 アーヤが小さく零す。 「…うん。 上杉達の事、嫌いになった?」 「……多分、今時の男の子達はこういうことが気になる歳なんだよね」 「そうだね」 「だったら、嫌いにはならないよ。 変わらず、皆が好き」 さりげなく好きと言うアーヤはとても可愛いもので、俺も男なんだよ、と言って押し倒してしまいたかった。 正直、AVを観たせいで少し興奮気味の俺の身体はアーヤの一つ一つの行動に欲求を覚えてしまう。 「…翼もこういうこと興味あるの?」 アーヤがまたまた上目遣いで聞いてきた。 痛い所を突かれたが、今はそれどころじゃない。 うるうるとした瞳で、頰を赤く染めて、そんな可愛らしい声で上目遣いをされたら俺の理性がヤバイ。 「…う、うん。 まぁね…」 なんとか答えたが、その答えの所為でアーヤは完熟トマトみたいにカァッと頰を染める。 あ、しまった。 なんで正直に答えてんの俺は。 「…そっか…」 聞こえるか聞こえないかの声でアーヤはそう言った。 「…あ、あのね、翼。 私、さっきの動画観てる時からなんか、身体が変っていうか、えっと、なんか…」 頑張って伝えようとする姿がまた愛おしくて、それと同時にアーヤのその言葉を聞いて、俺だけじゃなくアーヤも少し興奮気味になっていたんだと安心する。 「大丈夫だよ。 あれを観た人は大体アーヤの身体と同じ様になるから」 「…じゃあ、翼もお腹の下らへんがジンジンするの?」 「…………」 まさか、そう言うとは思わなかった。 俺は自分でもわかるくらい興奮している。 アーヤのその言葉をきっかけに俺のソレは確実に大きくなっていた。 「……アーヤ、その言葉を他の皆に言ったらダメだよ」 「…なんで?」 「皆が興奮しちゃうから」 「…へっ?」 驚いたその顔がまた可愛いくて、俺はもう我慢出来なかった。 ガタッ!と音を立てて俺はアーヤを押し倒した。 「…え?え?」 「…お腹の下がジンジンするんでしょ?俺も下が熱いんだ。 一緒に治そ?」 「…たす…」 言い終わらない内にアーヤのお腹をそっと触る。 「…まっ!た、翼!待って!」 アーヤの言葉は無視。 そろり、とアーヤの胸を触る。 服越しで感触が良くわからないかと思ったが、そんな事はなく、かなり柔らかく心地良い感触だった。 「…やっ…」 ふにふにとアーヤの細やかな膨らみを触る。 「…んっ……ね、待って…」 相変わらず無視を決め込む。 「…あっ……ん……っ……た、翼…なんか変だよ…」 アーヤのその声が可愛いくて、更に俺の欲求を掻き立てる。 「…何が変なの?」 ようやく口を開いた。 「なんか……ひゃっ!」 アーヤが喋っている間も胸を弄る。 「た、翼!待って…!」 「…ほら、何が変なの?」 「だ、だから…!……んっ……」 「答えないと手、止まらないよ?」 「……翼が胸、触ってると……あっ……な、なんか……」 アーヤの反応が面白くてついつい苛めてしまう。 今も涙目で、必死に俺に伝えようとする姿が本当に可愛い。 「…なんか、何?」 「……はっ……はぁ……なんか、変な…んっ……感じが、する……」 「……別に、それで問題はないよ」 アーヤが少し感じているのか、と思うと嬉しくて楽しくて俺の気持ちが高鳴る。 「…ねぇアーヤ。 俺のこと好き?」 自分の腕を止めてアーヤに問う。 流石にこれ以上、好きでもない人にやられるのは嫌だろう。 何故か不意にそう思って確かめたくなった。 ここでアーヤが好きじゃないって答えたら俺はどうすればいいんだろう。 だってここまでやってるのに今更止めるとか至難の技だし。 それに死ぬほど悲しい。 「………いきなりこんな事してきて、怖い」 「…っ」 アーヤから出たのは好きなんかじゃなかった。 そりゃそうだ。 襲ってるんだもの。 「…ごめん。 俺のこと嫌いになったよね…」 そう言ってすっとアーヤから身体を離す。 その時、扉がガタガタ音を立てた。 若武と上杉、小塚、黒木が一斉に開けろと怒鳴る。 「…はぁ…ごめんねアーヤ。 これからなるべく近づかないから」 そう言って俺は扉を開けるために歩く。 だけど、グイッと腕が引かれた。 「えっ」 「好きだよ」 アーヤは俺に言うだけ言って、扉を開けた。 その瞬間若武達が飛び込んで来た。 アーヤ達は色々話しているが、自分は今それどころじゃない。 『好きだよ』 あの言葉。 自分の聞き間違いだろうか。 先程までは下半身が熱かったが、今は自分の心臓と頰が熱く、ドクドクしている。 「…美門?アーヤと何かあった?」 黒木がそっと尋ねてくるが、本当のことなんて言えるわけない。 アーヤにあんな事したんだ。 「……答えないつもり?アーヤは別に普通な感じがするけど、お前は全然違う。 明らかに戸惑ってる」 流石黒木だ。 この少しの時間でちゃんと見ている。 「……嫌われたかと思ったけど、そんな事なかったってだけ」 そう言ってニヤっと笑う。 黒木は俺の顔をじっと見つめ、正直に答えないとわかって諦めたらしく、そのままアーヤ達の元へ戻って行った。 (アーヤは本当に俺の事を嫌っていないのかな) 不安になる。 だけど、今更話す事なんて出来ない。 「翼!」 「えっ」 アーヤが不意に俺の名を呼んだ。 「ほら、KZの集合でしょ。 部屋に戻ろう?」 そう言って、いつも通りの、可愛らしい笑顔を見せてくれる。 「…あ、うん……アーヤ…さっきの事だけど…」 「…あんな事して来たのは本当にびっくりしたし、怖かった。 だけど…」 紡いでいた言葉を少し止めて、アーヤは俺の顔を改めて見つめる。 「…翼を嫌いになる事なんて絶対にないよ。 だって好きだもん。 私達は心友、なんでしょ?」 そう言ってまた愛らしい微笑みを俺に向けてくれる 「…うん。 俺も好きだよ、アーヤ」 アーヤは心友としての好きなんだと思う。 れが少し残念だけど。 今はそれでも良い。 好きでいてくれる、それだけで。

次の

#探偵チームKZ事件ノート #立花彩 年頃の男女のお話

探偵 チーム kz 事件 ノート 夢 小説 アーヤ モテモテ

初めは個性的なメンバーに戸惑っていたが、とある事件に遭遇し、その解決に乗り出す中で次第に絆を深めていき、「 探偵チームKZ」を結成する。 時にぶつかり合い、時に励まし合いながらも、それぞれの長所を活かし、様々な事件の解決に取り組んでいく。 登場人物 「探偵チームKZ」メンバー 立花 彩(たちばな あや) - 誕生日︰11月3日 星座︰蠍座 身長:150cm 血液型︰A型 好きな色︰菜の花色 性格︰一見おとなしく見えるが、怒らせると恐い。 本作の主人公。 非常に周りの目を気にしている引っ込み思案。 さらに、優秀な兄と可愛い妹に挟まれている事にを抱いており、学校でも家庭でも孤立している。 国語が得意だが、反面その他の科目が苦手で、特に数学は赤点を取ることも。 秀明塾ではその成績を見込まれて特殊クラスに入り「KZ」メンバーと知り合う。 そこで若武に探偵チームに引っ張りこまれた事から変わっていく。 メンバーのみんなと対等になりたいという思いから女の子扱いされる事に憤ったり、時おりらしくない程に大胆な行動を起こす様になる。 心配症気味で「KZ」の間で揉め事が起こるとおろおろしている事が多い。 当初は苗字で呼ばれていたが、チーム結成以降は黒木から名前をもじった「 アーヤ 」というを付けてもらう。 「KZ」では主に情報整理と事件の記録係を担当。 会計係もしている。 中学は浜田高校付属中学校に入学した。 若武 和臣(わかたけ かずおみ) 声 - 誕生日:8月8日 星座:獅子座 血液型:A型 好きな色:緋色 ひいろ 性格:目立ちたがり屋だが、強い責任感を持ち、リーダーシップを発揮する。 黒木、上杉、小塚とは同じ塾のクラスメートであり、黒木、上杉とはサッカーチームKZのチームメイト。 「卵ハンバーグは知っている」では豚持ちであることで事件は始まるが、最近はほぼ完治している様子。 感情と成績の良し悪しが激しい事から「 ウェーブの若武」と呼ばれ、このせいで中学受験をKZメンバー唯一失敗してしまっている。 サッカーチームKZではエースストライカーを務め、自分のポジションには強い誇りとプライドを持っており、美門の介入によりポジション変更を余儀なくされた時は監督と揉めた末にチーム脱退を宣言した程。 によりやむを得ず補欠チームへ降格になった時もチームと塾の脱退と「KZ」解散を宣言するほど荒れた。 危険な箇所にも平気で飛び込む破天荒な性格で目立ちたがり屋のため、いつも黒木達をヒヤヒヤさせている。「KZ」の活動も道徳概念というよりは、世間から注目を浴びたいからやっているという節がある。 しかし、正義感の強さは本物で、罪を反省しない卑劣な人間は何であろうと許さない。 人を励まそうとしてつい一言多くなったり心もとない言いかたをしてしまい、上杉やアーヤとはそれで喧嘩になる事もしばしば。 アーヤが若武のみ呼び捨てなのはこれが原因である。 だが、仲間の才能を見抜く事には長けており、それと持ち前の行動力と周りが「放っておけない」性格がメンバーを結束させる事にも繋がっている。 父親がで自宅はかなりの豪邸。 そのため法律にはそれなりに詳しく「KZ」メンバーからは時々皮肉を込めて「若武先生」と呼ばれる。 また、口八丁で相手を言いくるめたり失態を誤魔化したりすることから、裏では「詐欺師」とも言われている。 現在父は母と弟とに転勤しておりお手伝いさんの島崎さんが通っている。 彼の自転車が何者かに盗まれた事が「探偵チームKZ」結成のきっかけとなる。 黒木 貴和(くろき たかかず) 声 - 誕生日: 8月15日 星座:獅子座 血液型:O型 好きな色:蠟色 ろいろ 性格︰洞察力を持つ大人。 自分の内面は人に見せないミステリアスな一面も。 若武、上杉、小塚とは同じ塾のクラスメートであり,サッカーチームKZのチームメイト。 メンバーの中では一番背が高く、大人びた雰囲気がある。 好きな食べ物は生クリームとカスタードが入ったシュークリーム。 を心がけている紳士的な性格。 だが、若武やチームメイト達からは女性なら誰それと構わず声を掛けている事から「チャラい」と思われている。 メンバー間の揉め事をいさめる仲裁役であり、実質「探偵チームKZ」のサブリーダーポジション。 幼少期フランスに住んでいたという経験もあり、綺麗な発音でフランス語を話すことができる。 国内外問わず多くの「友人」がおり、「KZ」ではその幅広い人脈を生かして情報収集を担当する。 常に周りを見ているので、相手のちょっとした心情や感情の変化を見抜くことが出来る。 人との付き合い方に長けているマダムキラー。 彩の母親のお気に入り。 上杉とは特に旧知の仲らしく、彼が不調に陥った時は塾や「KZ」を投げうってまで側に付いていった。 初対面からアーヤに気さくに接し、良き相談相手となる。 時おり見せる冷たい表情や「大事なものをたくさん失った」という発言から、かなり薄暗い過去を背負っている様子。 その後、「桜坂は罪をかかえる」「いつの日か伝説になる」より、アメリカの病院で精子と卵子、代理母から生まれたである事が判明する。 会話に時おり出てくる両親は養子縁組をした養父母である。 また、「キーホルダーは知っている」にて妹の存在が明らかになるが、血の繋がりはない。 「学校の影ボスは知っている」の中でアーヤにシャーレの中で生まれたことを告白。 だがそれ以上踏み込んだ話はせずアーヤもよく分かっていない様子であった。 ちなみに上杉はこのことをまだ知らない設定であったことから時系列は「桜坂は罪をかかえる」「いつの日か伝説になる」より前であることがわかる。 上杉 和典(うえすぎ かずのり) 声 - 誕生日︰2月1日 星座︰水瓶座 血液型︰AB型 好きな色︰プルシャンブルー 性格︰クールな理論派。 信頼出来る相手は大切にする。 若武、黒木、小塚とは同じ塾のクラスメートであり、若武、黒木とはサッカーチームKZのチームメイト。 薄茶色の短髪に眼鏡をかけている。 算数、数学が得意で「 数の上杉」と呼ばれる。 その優れた計算能力を生かし状況分析や判断力に長けた「KZ」の頭脳担当。 常に冷静沈着な理論派だが、どこか客観視してぶっきらぼうな言動が多く、頭に血が上りやすくてすぐカッとなるタイプである。 そのため、若武の突拍子もない言動にイライラしてはキレて大喧嘩になる。 その反面なかなか素直になれない性格で、無意識に周りを巻き込まないようにする行動をとる事がある。 若年性症による視力低下により成績が落ちてしまい、手術の成功率が低いことから諦めかけていたが、黒木「俺だったらやる」という強い後押しで角膜治療の権威がいるスイスに渡り、無事に帰国。 その直後のテストで無事「数の上杉」に返り咲いた。 またこの時、原作では同時に手術も行ったため、視力回復によりレンズのない伊達眼鏡をかけるようになっている。 両親が開業医のため、日常会話で医療関係の話が飛び交うらしく医薬品や身体関連、心理学にも詳しい。 その為、付き合いが長い黒木からは「上杉教授」と呼ばれている。 小塚 和彦(こづか かずひこ) 声 - 誕生日︰10月22日 星座︰天秤座 血液型︰A型 好きな色︰マラカイトグリーン 性格︰おっとりしていて優しい。 自分の特技・趣味にはとことん没頭する。 若武、黒木、上杉とは同じ塾のクラスメート。 運動が苦手でありサッカーチームKZには属してはいないが、塾内では彼らに匹敵するほどの有名人。 赤茶色の髪と顔にうっすら浮かんだが特徴。 社会と理科の知識で右に出る者はおらず、「 社理(しゃり) の小塚」と呼ばれる。 父親 名︰小塚 和人 がDNAや遺伝子配列などを調べる研究所を所有しており、「KZ」ではそこを借りて現場で採取した証拠品の分析や特定を担当。 動植物や地理関係に詳しく、かなりの博識を誇る。 おっとりとした性格でいつも明るく笑っているムードメーカー。 その反面、かなりの心配性で「KZ」の間で揉め事が起こるとおろおろしている事が多い。 一言多い若武や素っ気ない上杉に変わって言いたい事を代弁する事もしばしば。 主に若武から伝えられた集合連絡をアーヤに回す役目。 父親が海外出張で家を空けがちな上に父方の叔母(妹)3人と同居している女系家族のため、家では少しばかり肩身の狭い思いをしている。 またこのせいで女性が苦手気味になっていたが、アーヤと出会ってからは克服しつつある模様。 美門 翼(みかど たすく) 第13巻『ハート虫は知っている』事件からアーヤのクラスにやってきた美貌のパーフェクトな転校生で、アーヤのクラスメート。 バスケ部所属。 転勤族の為、転校が多く前の学校ではバレー部に所属していた。 成績に至っては全国模試でトップ10に入る程で、全教科で満遍なく稼ぐタイプ。 嗅覚がとても鋭く、普段はマスクをかけている。 また、一度覚えたことは忘れないという驚異的な記憶力を持つ。 アーヤとは境遇が似ているため、心の友。 人とのつながりを育ててみたいと思い、第16巻でKZチームに入団。 嗅覚と歴史のエキスパート。 何か特出した特技を見つけたいとして第20巻でハイスペック精鋭ゼミナールに移り、サッカーチームKZを抜ける。 しかし、代わりにハイスペックのサッカーチームHSに入団しいつかは若武をコテンパンにやっつけてみたいと思っている。 このように、若武とはいいライバル関係とも言える。 祖父がアメリカ人で祖母がフランス人という、クオーターでもない不思議な血筋で、アーヤたちからは「グローバルな血筋」といわれている。 七鬼 忍(ななき しのぶ) 第20巻『妖怪パソコンは知っている』で登場。 アーヤのクラスメートで、元は不登校生だったが、父親の会社が倒産し、自由な時間が増えた事から学校に来るようになる。 妖怪の血を引く一族の末裔。 紫色の髪と菫色の目からは怪しげな雰囲気を漂わせている。 妖術使い。 髪を延ばしているのは霊感を高めるためらしい。 結構天然なところがある。 ITの天才で、人工知能の開発を手がけている。 その繋がりで上杉とは気が合い、親しい関係を持つ。 「KZ」メンバーの親族・同級生 立花 奈子(たちばな なこ) 声 - アーヤの妹。 可愛らしく、姉とは反面的に社交的で天真爛漫な為母親から気に入られている。 だが、一度言ったことは曲げないというかなりの頑固体質。 智くんという幼稚園からのボーイフレンドがいるが、後に転校してしまったため自然消滅。 『妖精チームG』シリーズでは主人公で小学5年生。 若武から「ミニ立花」と呼ばれている事から姉と容姿は似ている点があるらしい。 また、頑固な性格にも拍車がかかり、そこも姉に似てきた。 立花 裕樹(たちばな ゆうき) 声 - アーヤの兄。 身長183cm。 ラグビーと短距離走をやっている。 有名な公立高校に通っており、文武両道な上に容姿端麗でかなりモテる。 絶賛反抗期中なのか家族とは滅多に口をきかない。 奈子によると、女性そのものを嫌悪している気質がある。 『妖精チームG』では東大生。 卒業後の進路として、ハーバード大学大学院への進学を視野に入れている。 また、アイドルのバックダンサーをしていたことが、『アイドル王子は知っている』で発覚する。 彩のママ 声 - アーヤの母親。 専業主婦。 成績優秀な裕樹と可愛いらしい奈子ばかり目を掛けており、アーヤの事を少々ないがしろにしている節がある。「女性の幸せは結婚」かつ「いい社会人になるにはいい学校でいい成績を取る事が必須」という成績主義な教育概念の持ち主であり、これがアーヤを家庭で孤立させている要因に繋がっている。 砂原 翔(すなはら かける 声 - 誕生日︰9月18日 星座︰乙女座 血液型︰O型 好きな色︰ミッドナイトブルー 性格︰とっつきにくいが、心を開いた人には甘い。 アーヤの同級生で、座席は隣同士。 不良じみた言動が目立ち、アーヤを除いた他のクラスメートからは敬遠されている。 元秀明塾出身でサッカーチームKZにも所属していたが、上級生と揉め事を起こして補導された為に辞めている。 その際秀明塾もチームもかなりの痛手を被ったためメンバーだった若武や上杉からは恨まれており、アーヤにも「あいつは危ないから近づくな」と忠告を与えている。 実際は正義感の強い友達思いの性格で、揉め事を起こした上級生は当時のクラスメートをいじめていたグループメンバーだった事が明かされる(原作では会社の不正をネタに砂原を脅迫しようとしていた社員の家族)。 アーヤが菜穂に馬鹿にされていた所を助けた事がきっかけで仲良くなっていく。 「卵ハンバーグは知っている」事件で父親の経営する「砂原ミート」が不正を冒している事をアーヤから教えてもらい、自分にも少なからず影響が降りかかると知りながらも「自分から父親を説得する」と宣言。 アーヤにも感謝の言葉と「友達の中に自分も入れて欲しい」と言い残し立ち去る。 その後「砂原ミート」は倒産し、自身も転校という形で姿を消す。 その後「バレンタインは知っている」事件で再登場。 不良グループと一緒にいる所を若武達が目撃する。 それを聞いて心配になったアーヤが話をする為にのチョコを持ってやって来るが、彼女を巻き込みたくない為にわざと冷たい態度をとる。 不良グループに居たのは世話になっている親戚が騙し取られたお金を取り返す事と、小野塚達の悪事の証拠をつかむ為のだった。 それを知った小野塚に脅され証拠の入った携帯を壊されそうになるが、間一髪駆けつけた若武達の機転により救われる。 その後警察に証拠を提出し不良グループは全員逮捕。 砂原自身は事件介入が無かったため釈放され、アーヤに改めて事件とバレンタインのお礼を言い再び行方をくらます。 「クリスマスは知っている」、「赤い仮面は知っている」、「七夕姫は知っている」、「本格ハロウィンは知っている」、「コンビニ仮面は知っている」、「学校の影ボスは知っている」でも登場している。 武田 菜穂(たけだ なほ) 声 - アーヤの同級生で、クラスを取り仕切っているグループリーダーの一人。 アーヤが「KZ」メンバーと仲が良い事を妬み、取り巻きと一緒に馬鹿にしたりしていじめている。 いわゆる威勢が良いのは見かけだけの人物のようで、砂原に凄まれたりアーヤに軽くあしらわれた時は罰の悪そうな表情をしていた。 「初恋は知っている」で、事件に関わり助けてもらった事で、アーヤに「仲良くしよう」と言っている。 美坂 薫(みさか かおる) 声 - アーヤの担任の先生。 「ブラック教室は知っている」でアーヤ達が在籍するA組からB組の担任になる。 砂原の父 声 - 砂原の父親で大手食品加工会社「砂原ミート」の社長。 何らかの形で働き口を失った人を自社に引き入れ、親族から家族に至るまで支援を行うなど非常に社員思い。 「卵ハンバーグは知っている」事件で息子から社員の不正を聞き、他方に影響が及ぶと知りながらも不正を暴露し謝罪、結果「砂原ミート」は倒産した。 TAKANE 声 - 「裏庭は知っている」事件の犯人。 眼鏡を掛けた中年の男性。 集めた庭のゴミを若武が通う中学校の裏庭に捨てたり、公園などのゴミ箱から空き缶を集めては廃品回収に勝手に売ったりするなど近所でも有名な迷惑人。 挙げ句の果てに裏庭にゴミを捨てた事を若武から指摘されると、証拠写真を撮った携帯を目の前で叩き壊した上に「ガキが舐めたマネをするな」と食ってかかるなどKZシリーズ内でもかなりの外道で卑劣者。 元は派遣の警備員の仕事をしており、仕事先の美術館で猛毒の蝶の標本を盗んだ強盗犯の一味。 仲間の一人が毒に当てられて救急車で運ばれ、その事で警官に詰問されていた時に若武からゴミの事を暴露され逮捕された。 なお、「TAKANE」という名は自宅の表札表記であり漢字表記は不明。 小野塚(おのつか) 声 - 「バレンタインは知っている」事件の犯人。 小太りの男で不良グループの一人。 秀明塾出身で元サッカーチームKZのOBだがかなり素行が悪く、何度も試合で卑怯な手を使って相手に怪我を負わせ退団させられた。 裏で「ファントムX」と名乗って不良達に情報を流し、自分は一切手を汚さず他のメンバーに恐喝や暴行、果ては振り込め詐欺などを行わせ、さらには銀行強盗まで企んでいた。 潜伏していた砂原を脅し携帯を水没させて証拠の揉み消しを図ろうとしたが、間一髪で駆けつけた「KZ」に阻まれ、追いかけていた矢先に警察に捕まり、砂原の証拠も合わさってメンバー共々逮捕された。 探偵チームKZ事件ノート 消えた自転車は知っている(原題:友愛クエスト、2011年3月10日発売)• 探偵チームKZ事件ノート 切られたページは知っている(原題:親友アイテム、2011年4月11日発売)• 探偵チームKZ事件ノート キーホルダーは知っている(原題:初恋プロセス、2011年5月26日発売)• 探偵チームKZ事件ノート 卵ハンバーグは知っている(2011年11月10日発売)• 探偵チームKZ事件ノート 緑の桜は知っている(2012年3月15日発売)• 探偵チームKZ事件ノート シンデレラ特急は知っている(2012年7月12日発売)• 探偵チームKZ事件ノート シンデレラの城は知っている(2012年8月9日発売)• 探偵チームKZ事件ノート クリスマスは知っている(2012年11月9日発売)• 探偵チームKZ事件ノート 裏庭は知っている(2013年3月14日発売)• 探偵チームKZ事件ノート 初恋は知っている 若武編(2013年7月11日発売)• 探偵チームKZ事件ノート 天使が知っている(2013年11月14日発売)• 探偵チームKZ事件ノート バレンタインは知っている(2013年12月12日発売)• 探偵チームKZ事件ノート ハート虫は知っている(2014年3月13日発売)• 探偵チームKZ事件ノート お姫さまドレスは知っている(2014年7月10日発売)• 探偵チームKZ事件ノート 青いダイヤが知っている(2014年10月9日発売)• 探偵チームKZ事件ノート 赤い仮面は知っている(2014年12月11日発売)• 探偵チームKZ事件ノート 黄金の雨は知っている(2015年3月14日発売)• 探偵チームKZ事件ノート 七夕姫は知っている(2015年7月11日発売)• 探偵チームKZ事件ノート 消えた美少女は知っている(2015年10月10日発売)• 探偵チームKZ事件ノート 妖怪パソコンは知っている(2016年3月10日発売)• 探偵チームKZ事件ノート 本格ハロウィンは知っている(2016年7月8日発売)• 探偵チームKZ事件ノート アイドル王子は知っている(2016年12月8日発売)• 探偵チームKZ事件ノート 学校の都市伝説は知っている(2017年3月10日発売)• 探偵チームKZ事件ノート 危ない誕生日ブルーは知っている(2017年7月6日発売)• 探偵チームKZ事件ノート コンビニ仮面は知っている(2017年12月7日発売)• 探偵チームKZ事件ノート ブラック教室は知っている(2018年3月8日発売)• 探偵チーム KZ事件ノート 恋する図書館は知っている(2018年7月14日発売)• 探偵チームKZ事件ノート 消えた黒猫は知っている 2018年12月16日発売• 探偵チームKZ事件ノート 学校の影ボスは知っている 2019年3月14日発売• 探偵チームKZ事件ノート 校門の白魔女は知っている(2019年8月10日発売)• 探偵チームKZ事件ノート 呪われた恋話は知っている(2019年12月11日発売)• 妖精チームG事件ノート クリスマスケーキは知っている(2014年11月13日発売)• 妖精チームG事件ノート 星形クッキーは知っている(2015年5月14日発売)• 妖精チームG事件ノート 五月ドーナツは知っている(2016年5月13日発売) KZ'Dシリーズ KZシリーズ初の文芸書出版。 時空系列は『探偵チームKZ事件ノート』と同じ。 本作は若武たち4人にスポットを当てているため(現時点で)アーヤや美門、七鬼たちは登場していない。 藤本ひとみ(作)、講談社〈〉、既刊4巻• 時空系列は KZメンバーが高校生になっている。 KZ'Dシリーズと同じく男子メンバーがメインなので彩や美門は登場しない。 藤本ひとみ(作)、講談社〈〉、既刊2巻• 「KZ Upper File」失楽園のイヴ(2018年6月21日発売)• 「KZ Upper File]」密室を開ける手(2019年7月11日発売) ノベライズ アニメで放送されたストーリーを再小説化したもの。 山田由香、ふでやすかずゆき、市川量也(著)、講談社〈単行本〉、全1巻• 探偵チームKZ事件ノート アニメ全4作16話完全ノベライズ版(2016年2月16日発売) KZ少年少女ゼミナール 本作のオリジナル版。 からにかけて刊行された。 KZ少年少女ゼミナール 友愛クエスト(1992年4月発売)• KZ少年少女ゼミナール 親友アイテム (1992年10月発売)• KZ少年少女ゼミナール〈中学編〉 初恋プロセス (1993年4月発売).

次の

#探偵チームKZ事件ノート #探偵チームkz事件ノート小説100users入り アーヤの盾

探偵 チーム kz 事件 ノート 夢 小説 アーヤ モテモテ

【1位】上杉和典 知的でクールな、「数の上杉」。 ダントツで1位でした! ---------------- 知的でクールなのに、じつは照れ屋でやさしいところが好きです。 一見冷たそうで、わたしもはじめのころは「こわっ。 」と思っていました。 でも、巻を重ねるごとに、仲間へのやさしさが伝わってきて、いまでは「あたたかいな。 」と感じるようになりました。 わたしも上杉くんのように、仲間のためを思える人間になろうと思います! (東京都 中1女子 粉雪さん) いつも冷静で、さりげなくまわりに気をつかっているところや、自分の失敗をかくそうとせず、きちんと表に出しているところ、たまに見せる笑顔がかっこよくてすてきなところ……などです。 いつもKZメンバーには元気をもらっていますが、ちょっとイライラしてしまっているときに、上杉くんの出てくるお話を読むと、落ち着いて考えることができます。 わたしを変えてくれた上杉くんなので、好きなんです。 (東京都 小6女子 ちとせさん) 最初、上杉くんへの印象は、「冷たそう。 」とか「こわい。 」などといった、あんまりいいものではありませんでした。 しかし、物語が進むにつれて、本来の上杉くんの姿が見えてきて、いまではすっかりほれこんでしまっています。 また、さまざまなキャラのなかでも、物語が進むにつれて、心情や行動に変化が見られ、読んでいる側としても、ドキドキしっぱなしです。 (千葉県 中2女子 ゆらちさん) 自分の意思をしっかり持ってるところ! だれにも左右されないところが好き! あこがれる! 自分の意思だけでなく、仲間のこともしっかり考えているところも好き! わたしもこうなりたいっていう、あこがれです。 (東京都 中3女子 クララさん) 冷静で、少しとがっていながら、ときおりかいま見えるやさしさがグッときます。 上杉くんの考えは共感できるものばかりで、言葉も深みがあって、心にしみます。 本当はだれよりもまっすぐで、不器用で、やさしいんだと思います。 (北海道 小6女子 舞香さん) いつでも凜としていて、難関な道を選び、ほかの人に苦労を見せずがんばるところが、すごく好きです。 たまに見せる照れも、キュンと来る! いつでも気を配っていて、ふだんツンツンしているように見えるけれど、上杉くんにはやさしさがあふれている! (東京都 中2女子 らなさん) 時としてきびしく、時として冷たく、それでいて仲間や相手のことをいちばんに考えることができる、人間としてすてきな人だからです。 また、言葉で気持ちを表現せず、行動で表したり、自分の犠牲をもいとわないところが好きです。 現実にこんな人がいてほしいです。 いつも、一人でキュンキュンしながら読んでます。 (東京都 中1女子 FRESH PEACHさん) クールだなぁ……と思っていたけれど、ヒーローみたいにいばらの道を進む上杉くんをみて、意外とかわいいんだなーと思ったから。 それに、彩に心配をかけないようにがんばっている姿が、かっこいい! たくさんなやんで、自分なりに答えを出そうとしている上杉くんに、あこがれる。 (熊本県 中2女子 合唱と小説家さん)• 【2位】美門 翼 彩の「心の友」、翼。 「わたしもこんな友だちがほしい!」 という声がたくさんとどきました! ---------------- 彩とは、心の友としてささえあったりはげましあったりする翼の姿が、わたしは大好きです! 彩にだけ見せる翼の新しい一面や行動を見るたびに、いつもドキドキしてしまいます。 翼と心の友の彩が、うらやましいです。 (京都府 小6女子 りあんさん) 見た目とは裏腹に、強い意志を持ち、なによりもKZをだいじにしていて、すごいです。 また、つねにまわりの人への気づかいが絶えず、たいへんそうなのにそれを顔に出さない努力家だなと思います。 たまに見せるいたずら好きな面も、おもしろいです。 あと、アーヤとの関係が好きです。 「心の友」という、たがいに本音を言い合える人がいて、うらやましいです。 (神奈川県 中1女子 美空さん) アーヤとの心の友っていう関係が、とてもうらやましいし、いいなと思う。 いつもアーヤのささえになっていて、大切な存在。 アーヤの相談を聞いて、いいアドバイスを出して、いい方向にみちびいていると思う。 (京都府 中2女子 ぷりんさん) だってもう、とにかくカッコイイ! 心の友とか、アーヤうらやましすぎる! まわりへの気配りを忘れなくて、自分の意志は堂々とつらぬいていて、KZのために一生懸命努力する翼が、もう本当に大好きです! ちょっといたずらっ子なところも、すごくかわいい! (千葉県 小4女子 リラック魔さん) めちゃくちゃ努力家なとこ、自分をしっかり持っているとこ、いつもまわりを気にかけているとこ、本当はだれより熱いとこ……。 ほかにもたくさんあるけど、翼のこういうところが大好きだし、あこがれます! (広島県 中2女子 みのりさん) とにかくかっこいい! 失敗しても、自分が生きる道を見つけようとしていて、すごくかっこいい! 自分には才能はなく、努力の結果だと言っているところが、たのもしいです。 自分のまわりにも、翼みたいな男子がいたらいいなと思います。 (兵庫県 小6女子 小倉 爽歌さん) やさしすぎる! もう、すべて好きです! 翼が言うことは、心にひびいたりするものが多くて、なんでそんなこと言えんのって思いながら、いつでも読み返せるように、ふせんはってます!(笑) ほんまに、翼だいすきです! (大阪府 中3女子 いりゅーじょんさん) いちばん近くでアーヤを見守りつつも、自分の気持ちをアーヤにおしつけず、アーヤにとってベストなものを応援しているからです!! どんなときも自分をつらぬく姿勢もカッコよくて、とてもあこがれます! 翼のような人が友だちだったら、たがいに切磋琢磨(せっさたくま)しながら成長していける気がして、どこかにいないかなと思ってしまいます(笑)。 これからもKZの一員として、たくさん活躍してくれると信じてます! (茨城県 高校生女子 さーちゃんさん)• 【3位】立花 彩 KZメンバーの紅一点。 「アーヤにあこがれる!」という声で、 3位にランクインです! ---------------- かわいいくて、すなおで、努力家、たまに人間関係に戸惑う彩ちゃんが好きです。 わたしも人間関係に悩むことが、あるので共感します。 わたしもがんばろうと思わせてくれます。 (静岡県 小6女子 山本志織さん) わたしは、アーヤの、まちがったことに対して正面からぶつかるところに、すごくあこがれます! きらわれるのがこわくて、はっきり言うことって、できませんよね。 自分をさらけ出して、前の自分のような人を救おうとする、前進させようとしている、そんなところも好きです。 物語だときれいに見えすぎるのに、いろいろな感情を抱いて、なやんで、ときにはぶつかって、それでも進む、人間らしい彩ちゃんが大好きです。 (福岡県 中2女子 梨の華さん) アーヤを見ていると、わたしもがんばらなきゃって思うんです。 どんなことにも真剣なところ、KZのみんなが大好きなところ、かなり天然なところ 笑 、どんなアーヤもかわいくて大好きです。 アーヤはわたしの目標の女の子です! (福岡県 中1女子 西子さん) アーヤは、いつもほかのメンバーのことを気にかけていて、一生懸命だからです。 KZのなかでただ1人の女子なのに、6人の男子相手にもきっぱりと自分の意見をいうところや、だれよりもKZのことを考えていて、勉強も熱心なのにKZの活動でもすごく努力しているところは、本当にすごいと思います。 わたしは、なんでもすぐにあきらめてしまうので、アーヤを見習って、最後まであきらめずに、いろいろなことに挑戦してみようと思います。 (香川県 小5女子 渡辺沙來さん) アーヤで好きなところの一つめは、自分をしっかり持っているところです。 わたしだったら、うわべだけの関係でもいいから、一人になるのはいやだと思っていました。 でもアーヤは、小学校にも塾にも友だちがいなくても、めげたりせず、一生懸命勉強をがんばっていて、本当にすごいと思いました。 男女差別もなくしたい。 一人の人間としてあつかってほしい。 そういう考えを持ち、発言できる人は、尊敬します! 二つめは、アーヤの正義感あふれるところです。 アーヤが勇気をふりしぼっている場面、「カッコいい……!」と思います。 三つめは、純粋なところです。 曲がったことは大きらい。 『正義』にふさわしい人間だと思います。 四つめは、なにごとにも一生懸命なところです。 勉強もがんばっているし、浜田は第3志望だったけど、そこで砂原や美門や七鬼に出会えたんだし、結果よかったと思います。 事件に立ち向かう姿も真剣だし、砂原との交際も最後の最後までなやんでいたし、見習いたいと思いました! (石川県 小5女子 宮森結子さん)• 【3位】砂原 翔 KZメンバーでないながらも、 上位にランクイン! 生き方のかっこよさに たくさんの声が集まりました! ---------------- つらいことがあっても、がんばるところ。 いつも彩やほかのだれかのために動いていて、そういうところに砂原のやさしさを感じます! 彩のことを一途に思うところ、苦しくても立ちむかう強さ、あまりにもかっこよくて、胸がキュンキュンします。 見習いたいところもたくさんあります! 砂原が登場するたびに見せる、強さ、やさしさ、彩への思い、決意、本当に感動的です。 (奈良県 小5女子 みかさん) 自分のことより、アーヤのことや家族のことを優先している、その心がまえがとってもカッコいいから! アーヤや家族のためなら、自分の身も惜しまないという決意を知ったときは、とっても感動しました。 あと単純に、顔やしぐさ、性格も大好き! 自分の気持ちに正直な砂原。 男同士ではえんりょなしの砂原。 どの砂原も、大、大、大好きです! (栃木県 小6女子 七夕姫さん) 何度困難な状況に置かれても、自分を失わず、まっすぐなところ。 アーヤへの思いだって、いつだってまっすぐ。 彼のように、わたしも強くなりたい! (大阪府 小5女子 水綺さん) どんなにつらいことがあっても、ずっと物事を前むきにとらえていて、たくましいから。 どこに行っても、大切な人を失っても、努力し続けている。 「七夕姫」でアーヤに告白するときも、ちゃんとアーヤの気持ちを考えていた。 なんだかんだで、じつはすごくやさしいところが大好きです! (北海道 中1女子 ともさん) 人生でいろいろとたいへんな目にあっているのに、それに負けない強さがすごいと思う! アーヤのことを思い続けていて、一つのセリフごとにキュンキュンしちゃいます! アーヤのためならなんでもしちゃう的な、とてもやさしくて正義感のある砂原が大好きです! (千葉県 中3女子 ユーナさん) 自分のつらい境遇にも負けず、立ちむかうところです。 砂原くんが出てくるお話を読むと、自分のなやみがちっぽけなものだと感じます。 わたしも砂原くんのように、苦しみを乗り越えられる人間になりたい!と思っています。 (東京都 高校生女子 アーリさん) 毎回出てくるたびに、とっても悲しいことを経験してるのに、めげずに前を向いて進む姿が、かっこいいです。 わたしは、砂原が経験したこととそのとき感じた感情は経験したことがないので、同情も共感もできないけど、でも、想像したらすごく悲しいです。 自分だったらって思うと、つらいです。 でも、砂原が前を向いているっていう文章を見つけると、わたしはこんなことでなんでなやんでるんだろうと、勇気づけられます。 自分も前を向かなくちゃって気に、なってくるんです。 そして、彩に対しての甘い言葉も、大っっっ好きです。 (千葉県 中3女子 Airaさん)• 空気も読めるし、たよりになる! また、いつもキラキラした目をして、新たな発見を求めている姿が、かっこいいと思った。 相手のことを第一に考え、あぶないところには自分が率先していくたくましさもあるし、アーヤを思いやる心は、人一倍強いと思う。 また、心が常に前を向いていて、自分の考えをゆるがさないところや、思ったことを必ずやりとげるところがいい。 (東京都 中1女子 海月さん) キザで短気で自信家で、ときには甘えんぼうだけど、いざというときには、しっかりとリーダーシップを発揮して、みんなを引っぱっていく姿が、大好きです。 人との約束は、『切られたページは知っている』のときのようにしっかり守るし、『黄金の雨は知っている』でのひざのけがも乗り越えて、カッコいいなと思います。 若武を、これからも応援してます! (愛知県 小6女子 安井千春さん) とにかくカッコいい! 墓穴をほったり、失言が多かったりと、ほかのメンバーより欠点が多いかもしれないけど、そのぶんカッコいいときのギャップが好きです。 前向きで強いメンタル、根拠のない自信もふくめて、わたしが持っていないものをたくさん持ちあわせたキャラクターだと思います。 ある意味、わたしのあこがれです! でも、若武病にはなりたくないかも。 (笑) (福岡県 中2女子 海風さん) 若武は、目立ちたがり屋で気取り屋だけど、わたしはそんなところが大好きです! 夢に向かってがんばっているところや、リーダーとしてみんなを引っぱっていくところも好きです! (鹿児島県 小5女子 なっちんさん) いつもリーダーとしてKZを引っぱってくれていて、そしてけがをしても努力をおしまずに、夢に向かってがんばっているところが、カッコイイからです! (東京都 中1女子 マイマイさん) 若武は、ダメなところもあるけど、自分のことより人のことを大切にするところが、ステキだと思います! たくさんなやみもあるけど、がんばっている姿を見ると、「わたしもがんばろう!」と勇気をもらえます。 そんな若武が、大好きです。 (島根県 中3女子 てぃめさん) 常に一生懸命で、無鉄砲(むてっぽう)だけど、だれよりも他人のことを考えられるから! 「KZ」を初めて読んだときから、若武がいちばん好きです! (東京都 中2女子 みんみんさん)• 【6位】黒木貴和 大人っぽい黒木くん。 本当に大好きなキャラです!! (愛媛県 中1女子 濱本菜々子さん) 大人っぽいからです。 ぼくも将来、黒木くんみたいな人になりたいです。 (山梨県 小5男子 ユウさん) わたしは、黒木くんの大人なところとかが、好きです。 なんでも知っていて、内面はミステリアスなのに、自分の意見やすることがちゃんとはっきりしていて……。 わたしも黒木くんみたいに、ちゃんとした人になりたい!って思います。 KZメンバーはみんな、なくてはならない存在だけど、黒木くんがいることで、いっそう華やかになってると思います。 (大阪府 中1女子 伶奈さん) アーヤやKZのみんななどへの態度や考え方が、すばらしいと思います。 ひとりの人間として尊敬でき、見習っていきたいと思ってます。 (千葉県 中2女子 季時さん) なんといっても、大人!! もし黒木くんがアーヤと付き合うことになったら、いちばんアーヤをだいじにしてくれそう(笑)。 スマートで冷静で、ときたま見せる熱い部分がすんごくいい! さりげなくKZメンバーをフォローしたり、一挙一動がカッコよくて、いちばんドキドキさせられます!! 『ハート虫は知っている』で、倒れかけたアーヤをとっさにささえたシーンは、もうドキドキが止まりませんでした。 もちろんリーダーは若武だけど、影のリーダーとしてKZをささえてるって感じがしますよね。 大人な点では翼も好きだけれど、やっぱり黒木くん! (兵庫県 中1女子 ハナさん) いつもまわりを考えられるところがかっこいいです。 こんな人が現実にいたらなあと思います。 『本格ハロウィンは知っている』や『桜坂は罪を抱える』を読んで、ますます好きになりました。 自分の運命に立ちむかう姿、他人を気づかう姿、かっこいいです! いちど全巻読んでみて、好きな言葉を見ていたら、やっぱり黒木くんの言葉が多かったです。 彼は見返りを求めず、他人のために一生懸命になるのだなあと思いました。 平和をつくろうと努力する姿は、あこがれます。 KZをよりよくしていこうとしているのは、いちばんは黒木くんなんじゃないかなと思っています。 これからの活躍にも期待します! (新潟県 高校生女子 lover of kzさん)• 【7位】小塚和彦 「社理の小塚」くん。 ふだん強い主張をしない 小塚くんだけど、 ファンのメッセージは熱い! ---------------- 自分に与えられた役割をやりきろうといつも一生懸命だし、アーヤがとまどっているときにも教えてあげたり、気づかってあげていて、とってもやさしい! 証拠の分析を行うときに、わくわくしている小塚くんがとってもかわいい! 社会と理科のことならいつ聞かれてもすぐに答えることができて、「シャリの小塚」としての威厳をしっかりと守っていて、すごいと思う (岐阜県 中1女子 なつねさん) ゆるくて、いやしキャラの小塚くん。 だけど、好きなことには没頭し、事件となると責任を持ち、最後までやりとげる。 そこのギャップがたまりません! (北海道 小6女子 ひよこ豆さん) シャリがとっても得意なところ! それにやさしくて、アーヤの次くらいにいやし系で、アーヤといっしょにおどおどしてるけど、自分の出番になるとキリッ!と自分の役割を果たすところがとってもかっこいい! そのギャップがいい!! (埼玉県 中1女子 佳奈歩さん) いつもほんわかしていて、かわいいなと思うけど、たまに見せる男の子らしさがとてもかっこいいです。 どのメンバーのことも考えて行動するやさしさ、自分の役割をしっかりこなす責任感、どんな小塚くんも大好きです。 少し謙虚(けんきょ)すぎるところもあるけど、そこも小塚くんのいいところだと思います。 どんな困難にも立ちむかい、少しずつ強くなっていく小塚くんを、ずっと応援しています。 これからもがんばってください! (宮城県 中2女子 工藤千桐さん) KZのなかでも、裏でいちばん役立っているのに、謙虚でやさしいところが好きです! また、コンプレックスがあるところや、中学生らしいところも、共感できるので、好きです。 (静岡県 中2女子 さるぼぼさん) 「KZ」を読みはじめてから5年間、ずっと小塚くんがいちばん好きです。 おっとりしていてやさしくて、ひかえめなところ。 だけど芯が強くて、目立たなくてもがんばるところ。 能力は高いのに、けっして自慢しないところ。 ほかの人やほかの生き物のことを、広い視野で見ているところ。 きりがないですが、いつも小塚くんにいやされています。 応援しています! (大阪府 中3女子 芽映さん)• 【8位】七鬼 忍 新メンバーの忍。 ふしぎな魅力で、 ファンになる人、続出中! ---------------- 『妖怪パソコンは知っている』で登場してから、すごく好きです。 頭がいいけど、ずっと引きこもっていたせいで、少しみんなとはずれている、そのギャップがすごく好きです。 つかれているときでも、七鬼を見ると、元気になれます。 (青森県 小6女子 工藤凜菜さん) 彩、翼とならぶ天然なところがかわいいなあ、と思います。 KZメンバーとも仲よしで、ときどき空気を読まなかったり、彩の体重を「重い。 」と言ったりと、困ったところがあるけど、やっぱり天才!!! (佐賀県 中1女子 山本小雪さん) インターネットの知識がすごくて、なのに空気が読めないとこが好きです!! (高知県 小6女子 キュートなメガネさん) しっかり者で気がきくけど、天然で子供っぽいところがかわいい! ガッチリした体と健気な心のギャップに萌える! (福岡県 小6女子 ニューヨークさん) アーヤをからかったり、ド天然なところを出したりするけど、いざというときは、KZのために自分の役割を理解して行動できるところにひかれました! (埼玉県 中1女子 加藤 凜さん) 新しくKZのメンバーになった七鬼くんですが、 ・空気読めない ・引きこもり というキャラが、とてもかわいいです。 七鬼くんのこれからの活躍を期待してまーす!! (神奈川県 中2女子 都築 果鈴さん)•

次の