ありふれた職業で世界最強 アニメ 感想。 ありふれた職業で世界最強のアニメがいろいろヒドすぎる件

【ネタバレ有】ありふれた職業で世界最強2話を見た感想・レビューまとめ

ありふれた職業で世界最強 アニメ 感想

つぎつぎに戦闘向きのチート能力を発現するクラスメイトとは裏腹に、錬成師という地味な能力のハジメ。 「俺がユエを、ユエが俺を守る。 それで最強だ。 異世界に召喚された南雲ハジメだが、強力なチート能力を手に入れた他のクラスメイトと違い、戦闘能力の低い錬成師という職業しか得られませんでした。 それでも少しでも役に立とうと、異世界の訓練や勉強に必死に励むのですがあまりいい結果は出ず。 そんなある日、共に転生してきたクラスメイトとオルクス大迷宮というダンジョンに挑戦します。 どんなときでも助け合い、協力し合うことを約束してダンジョンの中に入っていくのですが…… 罠、裏切り、そして奈落の底への転落 順調に20階層まで足を進めたクラスメイトたち。 そんな中、たまたま貴重な鉱石を見つけたクラスメイトの檜山大介が、鉱石に触れようとした瞬間、不用意にもダンジョンの転移トラップを起動させてしまいます。 一気に65階層まで転移させられたクラスメイトたち。 そこには大量のスケルトンとボスのような巨大モンスター・ベヒモスが待ち構えていました。 攻撃はもちろん、防御魔法も効かない敵を前にした仲間の絶体絶命のピンチに、ハジメは壁を錬成することで足止めを図ります。 ハジメが時間稼ぎに成功したことで、仲間は全員退避できたのですが、ハジメは一人敵の前に置いてけぼりに。 そんなハジメを救うため、仲間全員で攻撃魔法を唱えることで、敵の足止めを図りその間にハジメが皆のもとまで逃げるという作戦を皆は取ります。 必死に敵を攻撃する仲間と逃げるハジメ。 しかし、敵を狙っているはずの攻撃魔法の1つが、なぜかハジメを襲います。 仲間の裏切りでした。 足場が崩壊した橋の上で、魔法によって大きく吹き飛ばされたハジメは、ベヒモスとともに一人ダンジョンの奈落の底に突き落とされていきました。 魔物を喰らい成長する主人公 奈落の底で目覚めた主人公のハジメ。 幸いにも怪我はありませんでした。 しかし、そこは人類が未だ誰も到達したことがないと言われる、大迷宮の地下深く。 出てくるモンスターはどれもがあまりにも強力であり、錬成師のハジメには太刀打ちするどころか、逃げることすらままなりません。 遠距離攻撃を繰り出す巨大なモンスター・爪熊の攻撃により、左腕を失ったハジメ。 逃げるために必死に鉱山の山を錬成で掘り進めていきます。 巨体ゆえにハジメが掘った穴には入れない爪熊でしたが、山ごと力任せに崩して追って来ます。 そして、失った左腕からの出血で力尽き倒れるハジメ。 そのまま眠りについてしまったのですが、運良く爪熊は途中で追うのを諦めていました。 またさらにラッキーなことに、ハジメが眠りについて場所には「神結晶」と「神水」と呼ばれる貴重な回復薬がある場所であり、それらの力によってなんとか一命はとりとめます。 大迷宮で連日続いた戦闘、落下したショック、大量に失った血液などなど度重なる緊張と疲労、怪我などでハジメは極度の空腹状態でした。 何か食べなければこのままでは野垂れ死ぬ。 そう確信したハジメは落とし穴を作り、そこに敵を誘い込んで狩りを始めます。 そして、通常なら食べると死ぬモンスターを生のまま食らうハジメ。 猛烈な勢いで全身に苦痛が走り、ハジメの体はモンスターの肉の毒性による破壊と、神水による回復を繰り返しDNAレベルでの超常的な進化を遂げるのでした。 愛銃・ドンナーの誕生 モンスターの肉により大幅に能力が上がったハジメでしたが、まだ武器がありませんでした。 周囲には貴重な鉱物資源が豊富にあり、ハジメは錬成師。 地球での記憶を元に魔銃・ドンナーを創り出します。 可燃性の鉱物・燃焼石を弾薬に、非常に硬度の高いタウル鉱石を弾丸に使い、二尾狼を食べたことで得た固有魔法・纏雷で加速させ放たれる弾丸は強力な威力を持ち、硬い皮膚を持つモンスターでも一撃で打ち抜きます。 この愛銃で敵を左腕の仇、爪熊にリベンジを挑み無事倒すことに成功したハジメでした。 けれども原作者が、どうしても以前のクオリティが許せず、なんと再度作り直しをさせたとのこと。 実際にアニメ1話を見た印象としては、なろう系にしてはやたら作画が良い。 そして、グダグダとした馴れ合いシーンで時間・コンテ稼ぎをせずに、戦闘シーンをガッツリ入れていること。 この点に関しては本当に高く評価させてもらいます。 脚本については、まだ1話なのでなんともいえませんが、無駄な箇所は上手く省いて、要所だけを上手くアニメ向けに最適化したストーリーだったのではないでしょうか。 声優については、正直イマイチでした。 特に主人公役の深町寿成さんはまだ無名の新人さんのようで、声に迫力がなく怒っているときも悲しんでいるときも笑っているときも、なんか同じ様なトーンで話しているような印象を受けました。 声質は良いので、もっと緩急つけて感情込めて話せるようになって欲しいです。 ありふれたを全く知らない方向けに感想を言いますと、話の流れは「盾の勇者」に近いです。 突然転生させられ、戦闘に不利な職業を押し付けられ、さらには身近な人間に裏切られて文字通りどん底に落ち、世界のことや同じ他の転生者のことなどどうでもいい、とりあえず俺は元の世界に帰りたいんだと主張する主人公など、まさに盾の勇者そっくりです。 今後増えていく仲間も呪われ封印されていた可愛そうな女の子や、奴隷にされかけていた獣耳美少女、敵を吸収して次々能力を増やすところなど、盾の勇者との共通点が多々あります。 ただこれはどちらがどちらをパクっているのかという話ではなく、異世界転生ものではよくある展開なので、両者とも王道ストーリーなだけにすぎません。 しかし、中二病的なビジュアルやセリフが盛り沢山で、東京喰種のカネキのような雰囲気の主人公が登場するのには、オリジナリティーを感じますので非常に楽しめます。 「ありふれた職業で世界最強」1話、仲間の悪意から迷宮の奈落に突き落とされた南雲ハジメは地の底で魔物に襲われ左腕を食われてしまう。 だが逃げ込んだ洞窟で口にした魔物の肉 くそまずい の作用か、思いがけずレベルが上がり、自分を襲った魔物を倒すほどの能力を獲得する• 当面はダンジョンから脱出、その後は見捨てたクラスメイトへの復讐とかかな。 この疾走感!!!最高のアニメだ。。。。 最初から最後までハジメ劇場だったな 声優さんスゲぇ• こっからだから、ユエ解放して、迷宮攻略して、シアと出会って、ミレディでイラッとしてって、面白いのはこっからだから• 最初からやってたら時間足りないのは分かるけど原作未読の人にはまだこの世界のこととか全くわからないよな。 まぁ、これから面白くなるとは思うけど。 色々構成が凝っててそこは良かったんだけど、後半はもうどうしようもなかった• 1話切りせず、あと2. 3話は見てほしい まだヒロイン2秒しかでてないから! 内容がよく分からなかった人は、なろうで宿敵討伐まで読もう!• まあ、原作は好きなんでこれからに期待します• いかにも実況民向けって感じのアニメで伝説を見届けられそうな予感がもりもりしている 何• おおー!なかなかにハイスピード こういう感じなのかー!• まぁ、思ったより作画良かったけどこれは飛ばしすぎや• 小説投稿サイト「小説家になろう」にて2013年11月7日から連載されている(本編完結済)。 2015年からオーバーラップ文庫より既刊13巻(2019年6月現在)が刊行されている。 文庫版のイラストはたかやKiが担当している。 2019年6月の時点でシリーズ累計発行部数は250万部を突破した。 2017年からは、本編の前史として書き下ろされた外伝『ありふれた職業で世界最強 零』(ありふれたしょくぎょうでせかいさいきょう ぜろ)も並行して刊行されている。 公式略称は『ありふれた』だが、『あり職』、『ありふれ』とも呼称される。 2019年2月の時点で4億PVを突破。 オーバーラップのWebコミックサイト「コミックガルド」の中でコミカライズされており、本編(作画:RoGa)、零(作画:神地あたる)に加え、スピンオフ作品『ありふれた日常で世界最強』(作画:森みさき)が連載されている。 深町寿成 現代日本から異世界へ召喚された高校生。 非戦闘系の職業である【錬成師】。 ある悪意により、強大な敵に満ちるオルクス大迷宮の奈落に落ちてしまう。 凄絶な状況のなか、生き延びるため、そして故郷に帰るために、立ちふさがる敵は全て殺すことを心に誓う。 ユエCV. 桑原由気 オルクス大迷宮の奈落でハジメが封印を解いた美少女。 吸血鬼であり、見た目よりも遥かに長い年月を生きている。 魔法陣を必要としないなど、類いまれなる魔法の才能を持つ。 以後、ハジメと行動を共にする。 com シア・ハウリアCV. 高橋未奈美 兎人族の一部族であるハウリアの少女。 ティオ・クラルスCV. 日笠陽子 竜人族最強の黒竜。 誇り高きクラルスの末裔。 天職は【守護者】。 com 白崎香織CV. 大西沙織 男女問わず絶大な人気を誇る、ハジメのクラスメイト。 ある過去の出来事をきっかけにハジメを気にかけるように。 奈落に落ちたハジメが生きていると信じ、再会を果たすために行動を始める。 天職は【治癒師】。 八重樫雫CV. 花守ゆみり 香織の親友。 「八重樫流道場」という剣術道場の娘でもあり、剣術に長けている。 香織のことを常に気にかけ、光輝のブレーキ役として苦労することもしばしば。 天職は【剣士】。 com.

次の

ありふれた職業で世界最強: 感想(評価/レビュー)[アニメ]

ありふれた職業で世界最強 アニメ 感想

ありふれた職業で世界最強の2期の放送日はいつ? では、ありふれた職業で世界最強の2期はいつ頃の放送になるのかを考えていきます。 これは、 基本1年ほどはかかると見ておいた方が良いかと思います。 というのも、ラノベアニメは放送終了後、すぐに続編が発表されても 放送は1年以上後ということがほとんどなんです。 最近だと転スラが最終回のあと、すぐに2期が制作決定しました。 ですが、 実際に放送されるのは2020年予定となっています。 すぐに制作が決定したとしても、作って、放送するまでには時間がかかっちゃうんですね。 なので、 ありふれた職業で世界最強の2期も2020年以降になるでしょう。 次に、ありふれた職業で世界最強のアニメのその後、2期のストーリーについてご紹介します。 ありふれた職業で世界最強のアニメの続き・2期のストーリーは原作の何巻から? ありふれた職業で世界最強のアニメの後、2期でアニメ化されるストーリーについてご紹介します。 1期では1クールで、WEB版で言う三章まで。 書籍版のまでがアニメ化されました。 それを考えて2期の範囲を予想すると、このあたりがアニメ化されそうです。 今回は、 ありふれた職業で世界最強の2期について! アニメの後、 ハジメがどこまで強くなっていくのか、ヒロインたちとどんなイチャイチャを繰り広げるのか、気になっている方が多いと思います。 なので、ありふれた職業で世界最強の2期について、放送日はいつ頃か、アニメの続きのストーリーは原作の何巻からか?ということをまとめていきます! 一部ネタバレを含みますのでご注意ください。 ありふれた職業で世界最強の2期はある? まず、ありふれた職業で世界最強の2期は制作されるのか?ということについて。 大前提、 公式からの発表はありません。 DVDなどの売上もまだ出ていないので、判断が難しいです。 ですが、 可能性としては十分考えられるかなと。 というのも、ありふれた職業で世界最強は シリーズ累計で250万部を突破(プロフィールより)。 これはなろう系でも トップクラス。 なろうサイト内のも転スラ、無職転生に次ぐ第3位です。 アニメ人気で書籍や漫画の売上もまだ伸びていくでしょうし、この人気から考えると、 2期の可能性はけっこうあるんじゃないかなと思っています。 ありふれた職業で世界最強の2期の放送日はいつ? では、ありふれた職業で世界最強の2期はいつ頃の放送になるのかを考えていきます。 これは、 基本1~2年はかかると見ておいた方が良いかと思います。 というのも、ラノベアニメは放送終了後、すぐに続編が発表されても 放送は1年以上後ということがほとんどなんです。 最近だと転スラが最終回のあと、すぐに2期が制作決定しました。 ですが、 実際に放送されるのは2020年予定となっています。 すぐに制作が決定したとしても、作って、放送するまでには時間がかかっちゃうんですね。 なので、 ありふれた職業で世界最強の2期も2020年以降になるでしょう。 次に、ありふれた職業で世界最強のアニメのその後、2期のストーリーについてご紹介します。 ありふれた職業で世界最強のアニメの続き・2期のストーリーは原作の何巻から? ありふれた職業で世界最強のアニメの後、2期でアニメ化されるストーリーについてご紹介します。 1期では1クールで、WEB版で言う三章まで。 書籍版のまでがアニメ化されました。 2期の範囲を予想すると、このあたりがアニメ化されそうです。 書籍版:~ WEB版:~ 1クールだとだいたい4巻分がアニメ化されることや、書籍版の最新刊で七章がまだ続いているので、 ほぼ確実にこのあたりがアニメ化されると予想しています。 2期ではハジメたちがどんどん強くなっていきますし、ヒロインたちとの仲もより深まっていきます。 ここからが本番と言っても過言ではないので、 2期のストーリー、ハジメたちの無双について詳しく紹介していきます! ありふれた職業で世界最強の2期のストーリー:第四章 書籍版:~ WEB版:~ 白崎香織とミュウをパーティメンバーに加えたハジメたち。 ユエと香織は恋敵としてバチバチとお互いに対抗心を燃やしていた。 ユエの知らない、学生時代のハジメの話を自慢げに話す香織。 助け出したその人物は、アンカジ公国の領主の息子。 今アンカジ公国は、飲水に毒素が混ざっていて報告の危機が訪れているという。 患者を助けるためには、グリューエン大火山に眠る、 「静因石」が必要になる。 大火山を包む砂嵐は、並大抵の冒険者では突破することができない。 ハジメたちは助け出した領主の息子、ビィズに静因石を取ってくるように依頼される。 当然、断ろうとするハジメ。 しかし、ミュウの 「パパー。 たすけてあげないの?」という言葉には勝てないのだった……。 アジカン公国の治療を香織に任せ、ハジメとユエ、シア、ティオはグリューエン大火山の迷宮を攻略する。 熱気や炎の魔物との戦いを経て、ついに最終試練を迎える。 襲いくるマグマ蛇を簡単に葬る一行だったが、そこへ襲い来る魔人族・フリード・バグアー。 彼はハジメの実力を恐れ、火山を噴火させ迷宮ごと破壊し、ハジメを埋めることを目論む。 しかし、ハジメはマグマでも溶けることのない潜水艦を宝物庫から取り出して脱出! が、望んだ方向とは別の方向に流れてしまう……。 ハジメたちが流れ着いたのは、海人族の住まう街、エリセンだった。 彼らの無事を信じていた香織やミュウたちがエリセンを訪れ、合流する。 「パパぁー!」と抱きつくミュウと、 「よかった……。 本当によかったよぉ~、ぐすっ」と泣きつく香織。 ミュウは母親・レミアと再会する。 「ママー!!」 レミアは、ミュウを保護してくれていたハジメたちに感謝していた。 そして。 「あらあら、おモテになるのですね。 ですが、私も夫を亡くしてそろそろ五年ですし……ミュウもパパ欲しいわよね?」 彼のことを誘惑するのであった。 エリセンまでやってきたハジメたちは、近くにある迷宮・メルジーネ海底遺跡にも挑む。 そこは、これまでの迷宮とは少し異なっていた。 過去にトータスで起きた戦争。 その惨状を追体験させられる空間だったのだ。 凄惨な光景に精神をやられ、迷宮に巣食う亡霊に取り憑かれた香織。 しかし、ハジメによって助けられ、改めて彼女は告白する。 「好きだよ、ハジメくん。 大好き。 だから、これからも傍にいたい」 ハジメはその思いには答えられないと言うが、その程度では香織の心は折れないのだった。 ファーストキスを、彼に捧げた。 そして、迷宮の最終試練、巨大クリオネ・悪食を討伐。 ハジメは神代魔法・再生の力を手に入れ、迷宮の主・メルジーネからメッセージを受け取る。 自らの意志で進み、決めて、進んで欲しい。 エリセンに戻ったハジメは、ミュウに別れを告げる。 絶対に再会すると、約束するのだ。 「全部終わらせたら、必ず、ミュウのところに戻ってくる。 みんな連れて、ミュウに会いに来る」 「戻ってきたら、今度は、ミュウも連れて行ってやる。 それで、俺の故郷、生まれたところを見せてやるよ。 きっと、びっくりするぞ。 俺の故郷はびっくり箱みたいな場所だからな」と。 「愛子が攫われた」。 愛子は、変わってしまったハジメを見てなお、彼のことを信じぬいた。 彼の生き方を否定せず、でも彼のことを気遣った。 そんな愛子のことを、ハジメは見捨てられなかった。 愛子を救い、魔人族も倒したハジメたち。 しかし、王都では操られた兵士が侵攻を続けていた。 ハジメたちが駆けつけた頃には、 香織は剣で胸を貫かれて死んでいた。 ティオの神代魔法によって蘇生する香織。 みんなチートだからね、余裕だよね。 ミュウとの別れや香織とのフラグ建設がかなり大きなところでしょうか。 特に、香織はキスしたり、ハジメへの強い思いが分かる描写がかなり多いので、彼女のことが好きな方はぜひこの辺を読んでみてください! 書籍版:~ WEB版:~ ありふれた職業で世界最強の2期のストーリー:第五章 書籍版: WEB版:~ 帝都へ向かったハジメたち一行。 道中、帝国兵に襲われるハウリア族を見つけますが、彼らは豹変していた。 ハジメのように凶暴な性格となり、そして厨二病な二つ名を名乗る。 ハジメたちの指導により、立派な戦闘民族となっていた。 しかし、魔人族がフェアベルゲンを襲ってきた。 そしてシアの父であるカムが帝国から戻ってこないという。 ハジメたちは、リリアーナとともに帝国へと殴り込みへ。 ハウリア族を解放するのだった。 そして、リリアーナは王国を守るために帝国のバイアス皇太子と結婚するつもりだった。 (C)白米良・たかやKi しかし、殴り込みの際にバイアス皇太子は死亡。 不本意な結婚は、ハジメの手によって防がれた。 彼女は彼に好意を寄せるようになっていくのだった……。 裏切ったクラスメイトとの対話を求める光輝たちも、彼に同行していた。 ハルツィナ大迷宮は、 「仲間との絆・友情」を試す迷宮。 仲間の姿が変化したり、 媚薬を浴びてみんなが発情したり、お互いへの感情が反転し、ハジメとユエが憎しみあったり、というトラップが仕掛けられていた。 なんとか迷宮をクリアするハジメたち。 しかし、雫を除く光輝たちパーティは足を引っ張ってばかりだったがゆえに、クリアとは認められなかった。 その迷宮の仕掛けは、1人の少女の感情を揺らしていた。 「好き」と「嫌い」が反転してしまうトラップ。 そこで彼女のことは、 「ハジメのことを酷く嫌ってしまった」。 彼女はハジメのことが好き。 自分でも気づいていなかった感情に気付かされ、彼女は酷く動揺する。 自分の友だちの想い人を好きになってしまったという罪悪感。 そして、恋愛なんて今まで意識してこなかったからこその、照れ。 そんな彼女に、ハジメは声をかける。 このときの リアクションが大変可愛いので、これだけで原作を読む価値ありです。 そして、ハウリアの乱や、今回の迷宮でハジメは一つの感情を自覚する。 シアに対する、独占欲。 恋愛感情かは分からないが、シアに対する愛おしさを彼は自覚していた。 いつかシアの告白を断ったとき、彼女は言った。 「未来は絶対じゃない」と。 「シアが愛おしい。 誰にも渡したくない」 「逃がすつもりはないから覚悟してくれ。 シアは、俺の女だ」 ハジメは、彼女のことを手放さないことを誓うのだった。 と言った感じで、はラブコメ的に激熱です! シアが正ヒロインに昇格!ハジメの告白を聞いたシアがめちゃくちゃかわいい! そして、自分の気持ちを自覚し始めた雫の葛藤も素晴らしい。 恋愛が不慣れな感じで、いつもの凛々しい感じがふにゃふにゃになるのが大変かわいらしいです。 ぜひとも原作で読んでみてください! ありふれた職業で世界最強を楽しむなら ちなみに、ありふれた職業で世界最強を楽しむ方法がいくつかあるのでご紹介しますね。 書籍版を揃えるなら 書籍版でハジメの圧倒的な強さや、ヒロインたちとのイチャイチャを読みたければ、ebookjapanというサイトがおすすめです。 WEB版にはない描写が追加されていたり、挿絵で臨場感が上がっているのでファンなら絶対読んどいた方がいいですよ。 今なら会員登録で一冊半額クーポンがついているので、50%OFFで読むことが出来ます。 買えば買うほどポイントがつくので、ありふれた職業で世界最強を全巻揃えるならここがオススメです。 2週間無料で、ありふれた職業で世界最強を全話見ることができます。 すると、会員登録メールが届く、という流れです。 ほかは特に設定することありません。 お支払いにamazon payを利用するにチェックして購入確定をクリック お支払い方法などを設定する必要がありますが、これは無料期間を過ぎたときのためです。 2週間の無料期間中にやめれば、お金はかかりません。 まとめ ありふれた職業で世界最強の2期についてでした。 2020年の可能性が高いです。 2期のストーリーは、 書籍版:~ WEB版:~ このあたり。 どんどん大迷宮を攻略し、元の世界に近づいていきます。 同時に、数々のヒロインがハジメに惚れていきます。 王女のリリアーナ、ミュウとその母親のレミア、香織やシア、そして雫にまでフラグが……! みんなマジで可愛いので、ぜひ原作で読んでみてください! 書籍版を揃えるならこちら。

次の

ありふれた職業で世界最強のアニメがいろいろヒドすぎる件

ありふれた職業で世界最強 アニメ 感想

有名作家でもアニメを作り直させたなんて話聞いたこと無いぞ。 原作者の一声で作り直しになるなんて、アニメスタッフにしてみればたまったもんじゃないと思います。 アニメの現場はただでさえ過酷な環境なのに。 でもそんな無理(ワガママ)が通るくらいだから、この作品は相当金になるってことですよね。 怨念渦巻く内容から「なろうの闇」と呼ぶ人までいる本作が、特定層向けのマニアックな作品として扱われるのではなく、メジャーな娯楽作品として何百万部も売れている現状が恐ろしい。 そこらの一般ラノベの十倍以上の部数が出ているようです。 病的な小説に救いを求めなければならないほど病んだ時代なのでしょうか?それとも他の魅力があるのでしょうか? 原作を読むのは怖いので、アニメ版を最終回まで視聴して色々考えてみようと思います。 もくじ 第1話「奈落の底の化け物」感想 映像のこと 作り直させただけあって絵の雰囲気は良好。 安っぽい絵柄ではない。 キャラデザもいい感じ。 女の子が可愛らしい。 キャラクターの質感はちょっと独特。 輪郭線が細いのかな?それと色の塗り方が特殊なのかも。 若干のっぺりで平面的な印象。 手描きの絵はあんまり動かない。 顔のアップで口だけ動くカットが多い。 モンスターなど3DCGの部分だけよく動く(当たり前ですね)。 作り直しだからその分予算が減ってるのかもしれないです。 話数が進むと、作画崩壊はしないまでも紙芝居になるんじゃないかと予想。 ストーリーのこと ナヨナヨいじめられっ子 南雲ハジメが奈落に落ちて、魔物に襲われ、生命の危険を感じ、性格豹変して、なぜか髪の色も変わって、体格も良くなってチョー強くなりました。 口調もイキった感じになってるぜ。 いきなり別人になりましたね。 そして出ました!「ステータスプレート」。 なろう系ってステータスオープンするのがノルマなの?ゲーム世界なの? そしてブツブツと講釈を垂れながら銃を作る。 イキっててもオタクっぽい!それってイキリオタクだ! しかし異世界行ったらなぜか銃を作りますよね。 これもノルマなの?スマホ太郎もやってたわ。 しかし、魔法がある世界とは言え、素人がそう簡単に作れるものなのでしょうか? ファンタジーなんだから魔法の弾撃つとかじゃダメなのん?なんで普通の銃なの?カコイイから? 銃には ドンナーと命名。 なんだそれ?? 1話総括 BGMや演出がオサレなので騙されそうだけど、やってることはいつものなろう系。 やっぱりパターン化されてんのかね? 敵を食って強くなる。 『転スラ』の序盤と似た感じでした。 でも1話はまあまあ見れました。 眠くはならない。 この先どんなイキリをやらかすのか期待。 そうそう、このアニメも異世界へ送られた経緯を本編で描かず、OP映像だけで済ます『百錬の覇王』方式でしたね。 関連記事: 第2話「パンドラの箱」感想 主人公ハジメくんの独り言風説明から始まりました。 まるで実況者。 状況から思いまで全部口に出して言うね。 ハジメは相変わらず洞窟探検をしてる。 まだ出られんようだ。 出てきたモンスターをやっつけつつ移動。 厨二病的な観点ではカッコイイキャラをやってる。 すべての言動がキザったらしい。 異世界に来た経緯 回想がありました。 主人公たちを召喚したのは、 魔人との戦いで窮地に追い込まれた異世界人だと判明。 でも、ひ弱な現代人を呼んで力になるのか疑問。 何故か力を持ってることになってるし不思議です。 スマホの力で戦う(知識チートをする)わけでもなく、異世界仕様の魔法とか勇者的装備で戦ってるし、どういう設定なんだろ? アニメを見ただけではよく分からないです。 あと、香織っていうクラスメートらしき女の子はやたらと主人公の事を気にかけてますね。 助けられなかったことをすっごい悔やんでるみたい。 過剰なまでに。 元の世界での関係性とかが分からないので、賢者の孫の水色みたいに、主人公を好きになるよう設定されたキャラに見えてしまう。 どうしてそこまでナヨナヨ主人公に思い入れがあるのか分からない。 ハジメくんは奈落の底で別人みたいになっちゃってるけど、再会した時、彼だと分かるんでしょうかね。 作り直したからなのか知らないけどキャラデザはすごくいい。 女の子の見た目はとても可愛らしい。 そこは本当に素晴らしいと思う。 封印を解く ハジメは地下で謎の扉を発見。 開けようとしたらモンスター登場。 倒したら魔石が出てきて扉にはめたらオープン。 こんな簡単に開けられちゃって大丈夫なんか?危ないものが入ってるんでしょ? ご丁寧に門番に鍵を持たせておく必要あります?鍵は他の場所に隠しとけよ。 扉の奥には金髪の美少女がいました~。 しかも吸血鬼だって。 忍を思い起こさせる。 しかし、どいつもこいつもペラペラ喋るね。 喋ってるシーンが長い印象。 吸血鬼ちゃんは封印されてた理由を事細かに教えてくれた。 女の子には甘いのか、裏切られた境遇に同情したのか知らんけど、吸血鬼の封印を解いてあげるハジメ。 ユエという名前まで付けてあげてめっちゃ懐かれる。 2話まとめ 2話まで来たけど、過剰な報復やマウンティング、謎の主人公ageが無く、単独でイキってるだけだからまだ見れる。 不快感はあまりないです。 女の子の外見は可愛いし、今回は絵もちゃんと動いてる。 「なろうの闇」とまで言われる『ありふれ』の本性が現れるのはいつ頃なんでしょうか。 アニメスタッフの修正が入らず原作準拠でやったらすごいのが見れそう。 ハジメはド外道で、気に入らん奴本人に復讐するだけでは飽き足らず、その家族まで手に掛けるって聞きました。 それが本当ならどこの暴君だって感じですよ。 第3話「黄金の吸血姫」感想 ハジメくんに串が刺さってるところから始まりました。 でも抜けばOK。 血が出てるけどなんてことなし。 体丈夫だね。 カニみたいな巨大モンスターと戦うけどイマイチ盛り上がらない。 ご自慢の鉄砲ドンナーも全然効かず苦戦しているとユエがハジメの血をチューチュー吸う。 そして強い魔法攻撃をしてやっつける。 素材が手に入ったとかでまた銃を作るハジメ。 今度はライフルの「シュラーゲン」だってさ。 まーた厨二臭いネーミングですこと。 それからユエに異世界に来た経緯などを説明。 やっぱり説明セリフばっかじゃんこのアニメ。 あと、こっちへ来た経緯は前回他のやつが言ってたから視聴者は知ってるぞ。 ハジメの境遇を知り自分も辛いと泣いてくれるユエ。 マジで主人公に都合のいい女だな。 出会ってすぐなのに懐きすぎ。 秒速で好感度MAX。 やっぱりこの子もなろうによくいる主人公肯定装置でしかないのかな…。 でもまぁ、内面はともかく見た目はとても可愛いらしいよ。 次は植物モンスターとの戦い。 ユエは寄生され操られてしまいました~。 寄生されると頭に花が生える。 でもハジメはモンスター食って耐性が付いてるから寄生されませ~ん。 やけに都合のいい耐性だな。 なんかずるい。 チート。 それからウイリアム・テルごっこをやって花だけ打ち抜きユエを救出。 モンスターも倒してめでたしめでたし。 それにしても、いつまで洞窟探検が続くんだろ。 1人が2人になっただけでやってることはほとんど変わらない。 ワンパターンでいい加減飽きてきた。 ドン引きするほどのイキりやクラスメートへの過剰な復讐はまだなんですかね? 今の所ハジメくんはただの厨二野郎でしかない。 不快感が少ないから良いっちゃ良いのだが。 第4話「最奥のガーディアン」感想 4話は大部分が戦闘シーンでした。 ハジメとユエは、CGで描かれたヤマタノオロチみたいな化物と戦います。 4話あらすじ 化物強い 鉄砲パンパン撃っても効かないぜ 苦戦するぜ おっきいほうの銃とユエの魔法で倒したかと思ったけど生きてたぜ 化物の攻撃からユエを庇ったハジメがピンチ!しんじゃいそう! 口移しで薬を注入 ハジメふっかつ~ 何故かパワーアップしてま~す 敵の動きが遅く見えるぜ 爆発物で天井落として下敷きにしてやっつけました~ その後ちょっとだけ先生とクラスメートの場面があって終わり 感想 ……うーん、相変わらず洞窟でモンスターと戦うだけの内容ですね。 ちょっと単調。 いつになったら地上に出るのん? あとやっぱユエはハジメに懐きすぎじゃないですか?精神的に依存&全力で奉仕。 過程が描かれてないから不自然に見えますねぇ。 速攻で昔からの相棒みたいになってるじゃん。 ユエは人間じゃないからセーフ? 鳥の雛みたいなものなのでしょうか?初めて見た人を信頼しついて行く本能を持ってる? 4話まとめ ほぼバトルだけで終わってしまいました。 全然話が進んでいる感じがしないです。 あまりコメントすることがありません。 まだ「なろうの闇」の部分が見えてこないです。 ハジメの外道行為はいつ頃見られるんでしょうかね。 まずは洞窟から出ないとな。

次の