バーニング サン 事件。 元BIGBANGのV.Iについても言及…「バーニングサン事件」の元代表が容疑を認める|スポーツソウル日本版

麻薬に溺れたファン・ハナとバーニングサン「VIPの隠密な私生活」とは

バーニング サン 事件

I(スンリ)さんが経営に携わったとされるクラブの暴行事件から見ていきたいと思います。 バーニングサン暴行事件の概要 食い違う主張や実際の動画 概要を簡単に説明すると、この事件は2017年11月24日にV. I(スンリ)さんが理事を務めていたクラブ・バーニングサンで起きたもので、20代後半のキムさんという男性が同クラブの従業員から暴行を受け、さらに警察に逮捕されたというものでした。 その経緯については、キムさんとバーニングサン側で意見が対立していたようで、それぞれ以下のように主張していたようです。 キムさん側の主張• 酔った女性を助ける際に、クラブ・バーニングサンの理事と警備員から暴行を受けた。 現場に出動した警察が同クラブの防犯カメラも確認しないまま、自分に手錠をかけ、加害者として扱った。 バーニングサン側の主張• クラブの従業員が、キムさんからのセクハラ被害を訴える女性客の苦情を受けて、対応する過程で発生した 参照記事 さらに、警察がキムさんに送った逮捕理由に関する書類によると、 キムさんが被疑者で理事が被害者になっていたとのこと。 また、クラブの関係者によると、 キム氏がセクハラ をしたとか、しなかったとかをめぐって、他の客と喧嘩になって、セクハラの加害者と言われたキム氏を連れ出して殴った。 のだそうです。 参照記事 事件後、V. I(スンリ)が理事を辞任 本人や事務所の説明 V. I(スンリ)さんはバーニングサンの理事職を務めていましたが、事件後に辞任。 また、V. I(スンリ)さんの母親も、同様に監査役を辞めていたとのことです。 これについて、V. 参照記事 さらにV. I(スンリ)さん本人は2月3日に謝罪文を発表し、 ~前略~ 暴行事件当時、私は現場におらず、数日後にスタッフを通じてお客様と職員の間で双方向の暴行事件があり、警察で調査中であるという程度で今回の事件を初めて知りました。 ~中略~ 広報を担当したクラブの社内理事を務めるようになり、芸能人であったため、対外的にクラブを知らせる役割を担当しました。 ~中略~ 暴行事件に触発されたイシュー (論争点)が、最近は麻薬や薬物関連のマスコミの報道に繋がっています。 この部分については私がこれを実際に見たり、聞いたこともなかったことなので捜査に積極的に協力し、徹底した調査を通じて真相究明と共に罪があった場合には厳重な処罰があればと思う気持ちです。 当時社内理事を務めていた私に責任を取るべき点があるならば、全ての責任を負います。 ~後略~ などと説明していたようです。 参照記事 その他にも、VIPルーム内で起きた性関係映像を「バーニングサン」の関係者内で盗み見ていたことが伺えるチャット、また、未成年者を入店させていたことが疑われるチャットなども公開されていたそうです。 さらに、VIP客の元に女性客を連れていくことが出来ればVIP客の再来店率が上がるため、 デートプレイドラック (お酒と飲めば、10~15分以内に意識を失ってしまうそうです)を使う従業員もいた、というバーニングサン関係者の証言まであったといいます。 これらの報道に対し、バーニングサン側は、• デートレイプドラッグの使用、セクハラ、性暴行に関する疑惑は確認されていないこと• 麻薬の使用やセクハラ、性暴行を許容、黙認していないこと を強調し、報道内容を否定していました。 参照記事 V. I(スンリ)が2015年12月、自身が設立した会社の投資者に対し性接待をした疑惑も浮上 さらに2月26日には、V. I(スンリ)さんが自身が設立した会社の投資者に対し、性接待をしたとの疑惑について、警察が調査に着手したという報道がありました。 韓国の一部メディアが、V. I(スンリ)さんが投資会社「ユリホールディングス」の設立を準備中だった2015年12月に、V.Iさんと同社の代表、社員がカカオトークで交わしたメッセージの内容を公開。 I(スンリ)さんが外国人投資者を接待するためソウル・江南のクラブを接待場所として用意するよう指示する内容や、投資者への性接待をほのめかす内容のやり取りが含まれていたそうです。 一方でV. I(スンリ)さんの所属事務所YGエンターテインメントは、この件について、 本人に確認した結果、(公開された)メッセージはでっちあげられたもので事実ではない。 と反論しているとのこと。 ユリホールディングスは2016年にV. I(スンリ)さんが知人だった同社代表と設立した会社で、同社は各種疑惑が浮上しているバーニングサンの運営法人の株式を保有しているとされるそうです。 参照記事 バーニングサンの代表取締役に薬物陽性反応 こうした違法薬物や性的接待などの疑惑を否定してきたバーニングサンでしたが、2月26日、同クラブ代表取締役の イ・ムンホ氏が警察が毛髪を検査した結果、 薬物陽性反応が確認されたとの報道がありました。 参照記事 V. I(スンリ)は暴行事件当時、現場にいた? また、V. I(スンリ)さんの所属事務所であるYGエンターテインメントは、 V. Iは事件当日の未明までクラブにいたものの、事件が起こる前にクラブを出たため、暴行事件について知らなかった。 という釈明していたようですが、事件当日にバーニングサンでV. I(スンリ)さんと一緒だったと思われる、「少女時代」のメンバー・ヒョヨンさんとの2ショットが、ヒョヨンさんのSNSで公開されたり、暴力事件の加害男性とV. I(スンリ)さんが一緒に写った写真が出回り、上述の説明が疑問視されていたようです。 参照記事 V. I(スンリ)さんが経営に携わっていたクラブ・バーニングサンについては、まだまだ多くの報道や疑惑があるようですが、当サイトで調べた範囲ではこうした所が大まかな流れかな?と感じました。 I(スンリ)の薬物使用疑惑の概要 過去にベトナムでハッピーバルーンを吸引と報道 この疑惑が報じられたのは2月下旬のようですが、ベトナムメディアによって、V. I(スンリ)さんは2017年2月に事業のためにベトナム・ハノイを訪れた際、知人男性と共にクラブでハッピーバルーンを吸引していたと伝えられています。 実際にV. — ねたろう cQxPGoKcnpEOn4Y この報道に関して、所属事務所YGエンターテインメントは、 V. Iに直接確認した結果、該当写真は巧妙に撮られたもので、V. Iはハッピーバルーンを使用したことはない。 とし、 ベトナム現地報道は明白な誤報で、本人は写真についてとても残念がっており、非常に開放的な場所であるクラブで自身がハッピーバルーンを吸入するはずはないと抗弁している。 とのコメントを発表したそうです。 こちらに関しては、疑惑が浮上したばかりということで信憑性については詳しくは分かっていないようです。 実際のハッピーバルーンの使用シーン V. I(スンリ)の画像と比較検証 ハッピーバルーンについてネットで調べてみたところ、 亜酸化窒素を入れた風船で、吸引すると一瞬強烈な多幸感を感じるそうですが、アルコールや薬物などとの併用、不純物の混入などにより死者も出ており、問題視されているとのことです。 — ねたろう cQxPGoKcnpEOn4Y.

次の

韓国の人権報告書に「タマネギ男」“チョ・グク事件”登場=米国務省│韓国政治・外交│wowKora(ワウコリア)

バーニング サン 事件

女優パク・ハンビョルの夫としても知られ、BIGBANGの元メンバーV. ソウル中央地方法院は、ユ・インソクなど合計6人の業務上横領、売春斡旋、食品衛生法違反、特定経済犯罪加重処罰などに関する法律違反容疑の初めての公判期日を開く予定だ。 この事件は、被告人の一人であるV. Iが現役軍入隊したことによって軍事裁判所に引き渡された。 ユ・インソク前代表はバーニング・サン問題が大きくなって以降、「V. Iの同業者」ということで注目を浴び、パク・ハンビョルの夫という事実も一歩遅れて明らかになった人物。 ユ・インソク前代表は2019年3月、売春斡旋容疑で警察調査を受けた。 彼は当時、チョン・ジュニョン、チェ・ジョンフン、V. 特にこの過程で、警察と癒着関係もありチェ・ジョンフンの飲酒運転報道宥和を助けたという疑惑も生じた。 Iが軍事裁判所に移管され、今回の裁判ではユ・インソク前代表に関して注目が集まるものとみられる。 それに加え、バーニング・サン騒動と関連するV. Iに対する容疑内容も裁判でどのように言及されるかも注目される。 記者:ユン・サングン 写真提供=、キム・フィソン記者 c STARNEWS 関連人物• ユーザーコメント• 南のボス ID:106908.

次の

麻薬に溺れたファン・ハナとバーニングサン「VIPの隠密な私生活」とは

バーニング サン 事件

I以外の日本でも人気のあるアイドルら5人が芸能界引退に追い込まれたほか、警察との癒着も浮上し、国会で問題が追及される事態にまで拡大している。 これほどの韓国社会を揺るがす大問題になった背景には、女性の人権に対する意識の高まりや、権力をかさに着た不正を許さないという社会の変化があると言える。 発端となったのは昨年11月末、ソウル市の繁華街、江南区にあるクラブ「バーニングサン」で起きた暴行事件だった。 セクハラ行為を受けている女性客を助けようと止めに入った男性客が、店員に暴行され、警察に通報したものの、駆け付けた警官に「業務妨害」で逮捕されてしまったという。 当初、店側は暴行を否定していたが、クラブ内で「デートレイプドラッグ」を使った女性への性的暴行や、麻薬販売などの疑惑が次々と発覚した。 そのクラブの理事として浮上したのが、V. Iだった。 Iは事件への関与を否定し、「すでに理事も退任した」と発表。 騒動が拡大している中で、今年1月から香港や東京でのソロコンサートをスタートさせた。 しかし、ある報道により事態は一変する。 韓国放送ネットワーク『SBS』傘下のエンタメ専門チャンネル『SBS funE』が2月、「スンリ(V. I)がソウル・江南のクラブを各種のロビー場所として利用し、投資家らへの性接待までしようとしていた疑惑が生じた」と報道したのだ。 番組では、V. Iとクラブの店員、投資会社の代表が無料通信アプリ「カカオトーク(カトク)」で交わしたやりとりを紹介。 その内容は、V. Iが店員に性接待を指示する衝撃的なものだった。 彼は《江南クラブにメイン席を用意して女性を呼んで》、《女性は? うまくやってくれる子たちで》などと送信していた。 Iと所属事務所の「YGエンターテインメント」はすぐさま「フェイクニュース」と報道を否定。 「法的対応も辞さない」と強硬な姿勢を見せた。 一方で3月9日、10日開催予定だった大阪でのソロコンサートを中止した。 これに対し、韓国国民権益委員会(腐敗、汚職などを調査する行政機関)がカトクのやり取りを入手し、V. I側の説明が虚偽と判明。 これを受け韓国警察が彼の携帯電話を押収し、性売買あっせん容疑で捜査を進めている。 「盗撮」「警察癒着」疑惑も発覚 もっとも、これで事は収まらなかった。 3月11日には、V. Iが複数の盗撮動画を友人らと共有していたことが報道された。 動画を撮影していたのは、韓国の人気歌手チョン・ジュニョン。 彼は女性との性行為を盗撮し、カトクのグループトークルームで別の芸能人たちと共有していた。 被害者は10人以上に上るという。 この報道の直後にV. Iは芸能界からの引退を表明した。 ちなみに、このトークルームには、V. Iのほか、いずれも韓国の人気アイドルグループ「HILIGHT」、「CNBLUE」、「FTISLAND」のメンバーが参加しており、全員が芸能界引退に追い込まれている。 トークルームの内容も明らかにされた。 CNBLUEのメンバーは「すぐに女性を寄越して」「遊べる女がいい」などと発言。 FTISLANDのメンバーは、2016年2月に警察の飲酒取締で摘発を受けたが、外部に漏れないよう処理してもらったことを話していた。 その「揉み消し」に加担したとされるのが、一連のアイドルたちのカトクで「警察総長」と呼ばれていた人物だ。 この警察官は、バーニングサンのある繁華街を管轄する江南警察署の生活安全課に所属。 クラブなどを取り締まっていた。 カトクでは、この人物に不祥事を揉み消してもらったことを示唆する内容が度々、交わされていた。 前代未聞の「癒着疑惑」に国会も動き、連日追及が行われている。 管轄する行政安全相は記者会見で謝罪し、3月18日には文在寅大統領が「社会特権層による不正」とし、徹底捜査を指示したという。 「すべての容疑を認める」 性接待疑惑の報道から1カ月以上が経つが、V. Iに関するスキャンダルはとどまることを知らず、連日新たな疑惑が浮上している状態だ。 これまでに海外投資家への性接待疑惑、性売買あっせん、海外不法賭博、クラブ内の薬物汚染、脱税などの容疑が浮上している。 それに対しV. Iは、韓国の週刊誌『時事ジャーナル』のインタビューに応じ、すべての疑惑を否定。 「友達同士で噓をついて虚勢を張っていた」「真実を話しても誰も信じない」「海外不法賭博や性接待はなかった」などと持論を展開した。 だが、女性との性行為を盗撮、共有していたチョン・ジュニョンは3月21日、性暴力犯罪処罰法違反容疑で逮捕され、「すべての容疑を認める」と話している。 疑惑を報じた女性記者の思い この事件には、先述したように、韓国における女性の人権意識の高まり、権力の乱用や不正を許さないという韓国社会の変化が顕著に表れている。 最初にV. Iの性接待疑惑を報道した「SBS funE」の女性記者、カン・ギョンユン氏は、2016年ごろからV. Iの疑惑を追っていたという。 その中で、カトクの内容を入手。 性接待のあっせんや盗撮映像の流布など、衝撃的な内容が含まれていた。 カン記者はインタビューにこう答えている。 「20代前半のとても若い女子大生たちや新人芸能人を酒の席に招待して、一晩相手として過ごさせる。 しかも、性交の様子を盗撮して流布までしていたという事実を初めて知り、同じ女性としてショックを受けた。 『必ず報道しよう』と決意した」 カン記者は取材の過程で、新人芸能人や芸能人志望の若い女性がそうした性接待の相手になっていることを突き止め、「女性を非常に性道具化するような状況を発見した」とする。 その上でカン記者は、「女性を性道具化し、歪曲された性意識、芸能権力を作り上げた私たちの社会の非常に大きな問題」とした。 女性のモノ化に「NO」 昨年、性被害を訴える世界的なムーブメントとなった「#MeToo」運動は、韓国でも大きな広がりを見せた。 人気俳優や監督、文化人、政治家などが告発を受けて謝罪し、表舞台から姿を消した。 家父長制が根強い韓国は、もともと男性優位の社会だが、とりわけその傾向が顕著なのが芸能界だった。 2009年に人気女優チャン・ジャヨンさんが、所属事務所からの性接待の強要を苦にして自殺したことは、韓国社会に大きな衝撃を与えた。 その際に女性芸能人や芸能人の卵に行った聞き取り調査では、半数以上が性接待を強要されたと告白した。 当時、性接待の加害者として名前が挙がった人のほとんどが嫌疑なしで解放されており、今回の問題に絡み、この事件に関しても真相究明に取り組む方針が表明された。 いま、さまざまな要因から、韓国の女性に対する人権意識が高まっている。 女性を性的なモノとして扱うことに対して明確に「NO」を突き付ける社会に、変わろうとしているのだ。 それが、このスンリゲート事件への「許さない」という国民の態度を作り出しているのだろう。 盗撮被害者のプライバシー保護 実は盗撮映像を流布していたチョン・ジュニョンは、2016年にも同様の容疑で書類送検されていたが、嫌疑不十分で不起訴。 その後も芸能活動を継続していた。 今回、彼が芸能界引退に追い込まれた背景に、決定的な証拠が出てきたことだけでなく、社会的な批判の高まりがあったことは間違いない。 韓国ではアダルトビデオが公に流通しておらず、男性が女性との性行為を盗撮することが以前から社会問題になっており、警鐘を鳴らすCMも放映されてきた。 この事件に絡んだ報道で特筆すべきなのは、報道する側が「我々は誰が被害者なのか知りたくない」と強調していることだ。 いま複数の女性芸能人の名前が盗撮の被害者として浮上しているが、「詮索するのは、やめるべきだ」と、テレビ局が呼び掛けている。 それがSNSで拡散され、被害者のプライバシー保護への意識も広まりつつある。 膿を出し切れるか BIGBANGは言わずと知れた韓国のトップスターだ。 2006年にデビューして以来、次々にヒット曲を生み出し、「東方神起」と人気を二分する国民的アイドルとなった。 日本でも6大ドームでコンサートを開いており、5人のメンバーの中でも日本語が堪能なV. Iは、日本のバラエティ番組にもたびたび出演していた。 現在、彼以外の4人は兵役中で、グループ活動は休止している状態だ。 本来ならばV. Iも兵役に就かなければならなかったが、事業を優先し、入隊を遅らせたという。 彼は芸能活動以外にも、実業家としてクラブやラーメン店などの飲食店を経営していた。 実業家として成功するスンリは、韓国のテレビ番組などで「偉大なるギャッツビー」からもじった「スンツビー」としてもてはやされていた。 今回の事件では、V. Iが店舗の拡大や資金調達の過程で犯罪に手を染めていったことが浮き彫りになった。 Iの不祥事により、これまでのBIGBANGメンバーの不祥事も再び議論の的になっている。 2011年5月に、メンバーの1人であるD-LITEがソウル市内で乗用車を運転中、男性をひき、書類送検された。 最終的には不起訴処分になっている。 また、同年10月には、リーダーのG-DRAGONが同年5月の日本公演中、大麻を吸引していたとして、麻薬管理法違反の疑いでソウル中央地検が摘発。 7月に検察の毛髪検査で陽性となり、任意で事情を聞かれていたが、韓国検察当局は彼が大学生であるうえ初犯で吸引量が少なく、取り調べに素直に応じていたことなどから、起訴猶予処分とした。 最年長のT. Pは兵役中の2017年6月、兵役前の2016年10月に自宅で女性と大麻を使用していた吸引の疑いで在宅起訴。 懲役10カ月執行猶予2年、1万2000ウォン(約1200円)の追徴金(吸引や投薬によって物的証拠がなくなる麻薬などの犯罪では、物品を没収する代わりに金銭を徴収される)を言い渡された。 果たして今回の事件を機に「膿」を出し切ることができるか。 韓国社会の目が注がれている。 山本美織 ジャーナリスト 関連記事•

次の