は る あん パン レシピ。 あん食のホームベーカリーでのレシピと作り方 食パンコースで焼ける

「●あんマーブル食パン」sayaka

は る あん パン レシピ

関連記事: アレンジパンは2時間15分 レシピがあるので、その通りに焼けばいいわけなのですが、ところが、このアレンジパンのレシピだと、普通の食パンが4時間かかるのに対して、このアレンジパンは2時間15分しかかかりません。 短くていいといえばそれはそれでいいのですが、発酵時間が短いので、通常の工程の方がパン生地自体がおいしいのではないと思い、食パンコースで焼いてみることにしました。 普通の食パンのメニューで焼くことに そこで、全工程が3時間50分の、「ハーフ食パン」を選択。 「ハーフ食パン」は、普通の食パンとおなじ工程で、普通の食パンの半分の量で焼くためのコースです。 よってここでは、普通の食パンコースであんパンを焼く時の方法をお伝えします。 パナソニック以外の他のメーカーでも、同じように焼けると思います。 パン生地の粉の分量は180g 粉の分量や水分量などの材料は、普通のパンと変わりませんが、通常の250gではなくて、 180gです。 今回は、パナソニックの「アレンジパン」のあんパンの生地分量をそのまま使いました。 ゴールデンヨットを30g 30gはゴールデンヨットを使用しています。 ゴールデンヨットは強力粉と同じですが、少量混ぜるだけでも、パン全体のふくらみが格段に良くなるというものです。 元々のレシピは「強力粉」ですので、もちろん、全部普通の強力粉でも同じように焼けます。 あん食のあんの量 あん食として焼く場合、あんの量は、強力粉が180gであるのに対して、 100gでした。 150gまで使えるそうですが、多ければ多いほどふくらみが悪くなります。 ただし、100gだと、普通のアンパンの量よりは、かなり少なめという感じです。 あくまで、アンパンではなくて、あんの入っているパンという感じですね。 食パン生地にあんを入れるタイミングは パナソニックのアレジパンのコースなら、あんを入れるところで、ブザーが鳴りますが、普通の食パンのコースで、あん食パンを焼く場合のポイントは、あんを入れるタイミングはいつになるかということです。 生地のこねが全部終わった時点で、パン生地を一度取り出して、あんを巻き込みします。 「ねり-ねかし-ねりーねかし」の後 パナソニックのホームベーカリーだと、 「ねり-ねかし-ねり-ねかし」の後です。 このHBだと、1次発酵と2次発酵の区別がないので、ここであんを巻きます。 この間はスイッチは切りません。 あんを巻き込んだら、生地を再びケースに戻してそのまま続けます。 HBを使わない場合であれば、1次発酵を終えて、ベンチタイム、その後にあんを巻いて2次発酵となります。 ホームベーカリーを使う場合でも、そのタイミングで撒けばいいわけです。 あんを巻き込む際のポイント あんを巻き込む時に大事なことは、パン生地を伸ばした際の大きさです。 パナソニックのアレンジパンのレシピの説明には、 ・あんを薄く全体に載せ、脇からはみ出さないように 周囲を1センチ残す ・空気を入れないようにくるくるとパン生地をまき、 とじ目をしっかりとじる ・ とじ目が下になるように、パンケースに生地を戻す その3点です。 あん食パンの出来上がり そして今回出来上がったのが、こちら。 外側は普通のパンです。 切ってみたら、あんがかなり偏ってしまいました。 というのは、上に書いた通り、パン生地を伸ばして、あんを巻くときに、 約8センチX30センチ がいいのですが、そこで、幅が広がり過ぎてしまったんですね。 そこで、余った部分の生地が膨らんでしまったので、あんが寄ってしまったのです。 パン生地が温かいので、どうしても伸びすぎてしまうのですが、横に伸ばさずに、縦にだけ伸ばすとうまくいくと思います。 あん食パンを作った感想 このパンは、今まで作った中で、一番おいしいかなと思えるくらい、生地がおいしかった! 餡は「あんぱん」の感覚からはかなり少なめですが、朝食に食べるので、これで十分です。 一つ一つ成型をして焼くより手軽にできるので、皆様もどうぞお試しくださいね。

次の

「●あんマーブル食パン」sayaka

は る あん パン レシピ

1 バターとこしあん以外をHBでこねる。 捏ね上げ27度を目安に。 夏場は牛乳を冷やして。 冬場は温めて。 2 こねあがった生地を、きれいに張らせるように丸め、薄くサラダオイルを塗ったボウルに入れて、ラップをする。 2.5倍まで発酵したら一次発酵終了。 パンチは台に出し、優しく手のひらでたたいてガス抜きし、上下左右を折ります。 パンチ後はボウルに戻し発酵。 4 台に取り出し、やさしくガスを抜き、きれいに丸めなおし15分〜20分ベンチタイム。 麺棒で伸ばしてみて、生地が戻ったりするようならベンチ不足です。 5 麺棒で25cmくらいの四角になるように伸ばす。 6 伸ばした四角のパン生地に対し、ひし形になるように、こしあんを均等に塗り広げる。 パン生地の四隅をあんを包むようにふさぐ。 とじめはあんが出てこないようにしっかりと閉じる。 7 麺棒で生地の厚さを均等に伸ばす。 ここでぬれふきんをかけて、10分休ませる。 8 ぬれぶきんをとり、麺棒で20cm四方に伸ばす。 上下に三つ折にしたら、折込をおわる。 これで3回の折込をしたことになる。 9 生地を90度回転させて、スケッパーで上3センチを残して、縦に3分割する。 それぞれ分割した生地をねじりながら三つ編みにする。 (生地が短いのできれいな三つ編みにはなりません)編みはじめと終わりをぐっと寄せて丸状にする。 10 型に詰め、35度で50分、二次発酵。 発酵の具合を見てオーブンを170度に予熱する。 11 200度に設定しなおしたオーブンで27分焼く。

次の

あん食のホームベーカリーでのレシピと作り方 食パンコースで焼ける

は る あん パン レシピ

1 バターとこしあん以外をHBでこねる。 捏ね上げ27度を目安に。 夏場は牛乳を冷やして。 冬場は温めて。 2 こねあがった生地を、きれいに張らせるように丸め、薄くサラダオイルを塗ったボウルに入れて、ラップをする。 2.5倍まで発酵したら一次発酵終了。 パンチは台に出し、優しく手のひらでたたいてガス抜きし、上下左右を折ります。 パンチ後はボウルに戻し発酵。 4 台に取り出し、やさしくガスを抜き、きれいに丸めなおし15分〜20分ベンチタイム。 麺棒で伸ばしてみて、生地が戻ったりするようならベンチ不足です。 5 麺棒で25cmくらいの四角になるように伸ばす。 6 伸ばした四角のパン生地に対し、ひし形になるように、こしあんを均等に塗り広げる。 パン生地の四隅をあんを包むようにふさぐ。 とじめはあんが出てこないようにしっかりと閉じる。 7 麺棒で生地の厚さを均等に伸ばす。 ここでぬれふきんをかけて、10分休ませる。 8 ぬれぶきんをとり、麺棒で20cm四方に伸ばす。 上下に三つ折にしたら、折込をおわる。 これで3回の折込をしたことになる。 9 生地を90度回転させて、スケッパーで上3センチを残して、縦に3分割する。 それぞれ分割した生地をねじりながら三つ編みにする。 (生地が短いのできれいな三つ編みにはなりません)編みはじめと終わりをぐっと寄せて丸状にする。 10 型に詰め、35度で50分、二次発酵。 発酵の具合を見てオーブンを170度に予熱する。 11 200度に設定しなおしたオーブンで27分焼く。

次の