ワルプルギス。 ワルプルギスの夜とは (ワルプルギスノヨルとは) [単語記事]

ワルプルギス (わるぷるぎす)とは【ピクシブ百科事典】

ワルプルギス

台風19号2019が「台風ワルプルギス」?ワルプルギスって何? 台風19号は今年最大というか過去最大級じゃないかというくらい強い勢力を保ったまま日本列島に上陸予定です。 NASAの評価では「最大レベル5のスーパータイフーン」だという最悪の評価がされました。 AP通信では「存在しないレベル6に相当する」とまで言っています。 そんな台風19号がツイッター上で「台風ワルプルギス」だと話題になっていて、みんな恐れおののいています。 台風ワルプルギスとはアニメのキャラクター ワルプルギスってなんでしょうか? これは人気アニメ「魔法少女まどかマギカ」に登場するキャラクターです。 魔法少女まどかマギカ 通称まどマギ に登場する魔女「ワルプルギスの夜」のことです。 別名「舞台装置の魔女」。 最強最悪の巨大魔女。 いわゆるボスキャラですね。 無力を性質とし、回り続ける愚者の象徴、この世の全てを戯曲へ変えてしまうまで無軌道に世界中を回り続ける 引用:魔法少女まどかマギカ公式HP 画像にある通り、普段は頭が下にある逆さま状態で浮遊していますが、不気味な笑い声を発しながら地上のあらゆるものを破壊しつくします。 これがひっくり返って頭部が上に来たときには、爆風の如き速さで飛行して一瞬にして地表の文明をひっくり返すという最強の敵キャラです。 ツイッター上では、ワルプルギスの夜と戦うほむらちゃんを始めとする魔法少女と契約させるインキュベータ キュウべえ と契約したいなんて声も。 可愛い見た目だけど腹黒いんだぞ。 今回の台風 ワルプルギスの夜とか言われてますけど…… 助けてインキュベーター!契約でもなんでもするよ!助けてインキュベーター!具体的には俺の車を守って!仕事場が海抜2mしかないのよ!水没してパーになって借金しか残らないとかになったらほんとにワルプルギス ワルプルギス以上に悪夢だわ — 謙太 rinbefree1 まどかさん出番ですよ!っと。 正確には「ヴァルプルギスの夜」。 4月30日か5月1日に中欧や北欧で広く行われる行事のことを言います。 古代ケルトで5月1日に行われる春のまつりがあって、その前夜に魔女たちによって行われると伝えられている宴 うたげ のことを「ワルプルギスの夜」と呼びます。 ワルプルギスという名前の由来は、実在したとされる聖ワルプルガという尼僧の名前から来ていて、5月1日は彼女の遺骨や遺品などがドイツのアイヒシュテットに移された日で「ワルプルガの聖なる日」とされています。 ワルプルギスの夜には死者と生者の境が弱くなるとされていて、生者の間を歩き回るといわれる死者や魂を追い払うためにかがり火を焚いたりする風習があります。 ワルプルギスの夜でかがり火を焚くドイツのお祭り 現在でもスウェーデンやドイツなどのヨーロッパの国々では「ワルプルギスの夜」を祝うお祭りとして残っています。 今回の台風19号での被害が最小限であることを願いたいですね。 特に前回の台風15号で大きな被害を受けた地域の人たちが無事であることを祈ります。 最後まで読んで頂きありがとうございました。

次の

【まどマギ】謎多き魔女『ワルプルギスの夜』の正体は?“美樹さやか説・暁美ほむら説”を徹底考察

ワルプルギス

の一部地域で行われる伝統的な。 「 ヴァルプルギスの夜」()とも。 にからにかけてのをす。 『』に登場する。 この項では 1. にも触れつつ、2. について重点的に記述する。 1の概要 かの(特になどではからにかけての)に、ンジナビアからにかけての地域を中心にの広い範囲で行われている。 古くはを迎えるためのなの一つであったが、にが広まってからはこれらは異教の習であるとされ、次第にによるとして変容していった。 では、のにたちが山に集い催される宴として言い伝えられている。 「」のの一つと思われているゲーテの戯曲「」にもワルプルギスの夜がの集会として登場する。 などの異教や異文化を取り扱った作品には、ワルプルギスの夜の習を取り入れたりを受けたものが多い。 現代では、通しでを飲んだり騒ぎしたりパレードをしたり最ただののと化していたりする。 特にではを挙げた大規模な祝宴としていることが多く、この様子はとしても。 関連動画• 「」の第5楽章には「ワルプルギスの夜の夢」とのが付いており、そこでは前章においてで切り落とされたの首を掲げ、踊り狂うたちの姿が描写されている。 2の概要 ここから先は、『』までの成分を多く含んでいます。 続きをたい方はをしてください。 単独のでは対処しきれない大の。 本作の的な位置づけとなっている。 「ワルプルギスの夜」という名前は通称であり、本名はで「不明」という設定。 『装置の』で性質は。 この世の全てを「戯曲」に変えるまでを回り続けるという。 (の、及びより) のの時間軸では第11話と第12話に登場した他、第1話(冒頭の)と第10話(話回)にも登場している。 他のとは違い強大すぎる事から結界内に身をひそめる必要がなく(第11話でののより)、にも多大なるをもたらす。 雑誌記事の紹介に寄れば、「に及ぶその膨大な破壊のもあって、魔のないにはとして認識される」という。 実際に、第11話においては一般の気観測ではワルプルギスの夜の出現以前に発生が観測されており、共の手での住民に避難が呼びかけられている。 その存在は、の間では広く知れ渡っているようで、第6話で「2週間後にやってくる」と予言したは当然だが、や別時間軸のもこのの存在と名前を知っていた。 更にの「二人がかりなら倒せるかも」という発言から、の強さに関してもある程度のことはしているもいるようだ。 これらのことから以前より至る所に出現しては悪さをしていたものと考えられる。 ちなみにあののを勤めたのは、・と同じである。 (ド e. より) また、「ワルプルギスの夜が登場する回が放映されると何らかのが実際に起こる」という『ワルプルギスの夜の』と呼ばれるモノ(一例:)が存在するが、むしろという年がそれ程までに中で大規模が頻繁に起こった年だったからともいえる。 外観 ワルプルギスの夜の威厳溢れる御姿 【 3 】 全長は200m~0m( E v. 6より)。 とののを身にまとった細身ののような姿をしている。 からはと回転する巨大なが顔を覗かせ、そちら側を上にして逆さまに宙に浮いていることが多い。 下半身と呼べるものは確認できず、から細長い軸が胴体に直結している。 ただし、の図鑑の説明や「装置の」という設定、に写っている箇所などから、人の部分ではなくの部分がこのの本体だと考えられる。 ドに掲載されているには、本体はであるとの記述があり、人の部分は後付けのとされており、においても実際に最後まで部分が残っている描写がある。 逆さまになっているためわかりづらいが、の内側つまりの上がになっており、そこでがを上演できたらしいが、では使われなかったそうだ。 移動するだけで町を破壊する極めて強なであるが、本人に破壊の自覚はなく、演が大事であり、観客をめて人の集まっている場所をしているだけらしい。 またには、つかまえた相手の体を石のように重くするがあったらしいが、同じくで発揮されることはなかった(以上、ドより) の背後にはにく「輪」のようなものが映し出されている。 「現(において『ワルプルギスの夜』にたちが集まるとされる『山』で起こりやすい学現)」を表しているのかもしれない。 登場のの中で最初にの手でされたで、に際しての脚本の説明は「の1つ2つ軽く吹き飛ばす」というものであったそうだ。 戦闘 では、暗くどんよりとしたがを覆い、破壊された建造物の残骸が宙に浮いている。 第11話においては、予兆としてがで観測された後、まるで的に飾られた数のに万のようなモノでされ、そのパレードと共に出現、に合わせてワルプルギスの夜の、い口しかないい貌が、笑いと共に映しだされた。 第1話および第10話における部分的描写からが予測していたのをかに上回る強大さを見せつけており、持てるの全てをに投入し、とでも呼ぶべき三面六臂の活躍を見せるとのその戦いは、本作を代表する名であると言って問題ないであろう。 第11話での戦いのとも言うべき、大量のを用いた一斉爆破による打撃を与えられながらも爆炎を背に傷で健在な姿をに見せつけるワルプルギスの夜の姿は畏怖をももたらす程。 その直前のでは、のような姿をしたたちが確認でき、ワルプルギスの夜と交戦するに執拗に干渉し惑わせていた。 尚、番組中 屈の大スペクとなった第11話のとワルプルギスの夜の死闘であったが、後日されたの図鑑から「本気になると普段逆さまの人部分がひっくり返り、 暴のようなで飛び回って地表の文明をひっくり返す」といったことがになった。 第11話では終始逆さまに浮いていたことから、あの戦いですら 全然本気ではなく遊び気分であったというが明かされ、めて達を戦慄させたのであった。 尚による版では、、、の姿をした三人の(全て)が登場し、また途中から逆さまの状態から正位置に変化して、本気を出している。 正位置になると部分のも変化し、姿がより禍々しいものになっていた。 伝承の通り、凄まじいの突進を繰り出していたが、さすがに地表をひっくり返すほどの威はなかった。 ワルプルギスの夜が本気を出した描写があるのはなどを含めて、おそらくはこの版のみであると思われる。 「」では、あろうことかにより故意的にに召喚され、エンオ・及び・の連合軍と三つの戦いを繰り広げることとなる。 呼称 前述のように「ワルプルギスの夜」は仮の名前に過ぎず、本名は設定で「不明」である。 特殊で表記された人名が与えられているものの作中ではその名で登場人物達に呼ばれることのない他のとは異なり、このだけが固有の名称を与えられ、作中のたち、及びからその名で呼ばれている。 その名前が「ワルプルギスの夜」という人名とは思えないもので、しかもでそれがどのようなものか説明がされなかったので、初めて名前の出た第6話の時点ではそれがなのか現なのかすら不明瞭であった。 のちに、第8話のの室内にあるワルプルギスの夜の資料に第1話のに登場したに似た絵が描かれていたことで、ようやく第1話のとワルプルギスの夜が関連していることが明確になった。 見逃しがちだが、第11話の直前のントをよく見ると、 Walpurgisnacht と表記されているのが確認できる。 初めて他ののように特殊で表記されていた。 正体 ワルプルギスの夜の正体についてはが多く、放映終了後にされたの『図鑑』において「もともと一人のかなのか多くの魂の体なのかわからない」と記載された以外にがなく、正体に関しては長らく物議を醸していた。 しかし、放映終了一ヶ以上がたった末に雑誌によってようやく、「 もともと一人ので、のちに他のの波動を集めることでの姿となった物」だとになった。 なお、によると中核となった最初のの名前は「の」という設定らしい。 以下に、ワルプルギスの夜にの正体についてこれまで考えられた説のうち、有なものを挙げる。 『魔女の集合体』説 的にとしての格を満たる事や、での「ワルプルギスの夜」がの集会とされている(記事冒頭の『』参照)ことから考えられた説。 尚、これらの()の体の中核(=)となる人物が、下記の「の子」や「での隣の」や「」であるという考え方も支持されている。 『緑の子』説&『緑の子中核』説 第12話において、が自分の役を果たすために最初に救済に行った、の・のであるという説。 上記の「の体」の中核だとする考え方も支持されている。 が倒れた地の周囲にして掲げられていた色とりどりの旗から、第11話のワルプルギスの夜の出現時のの旗が連想できることなどから提示された。 尚、呼称は「の子」「」「の子」「ッ子」「っぽい子」「ちゃん」などとぶれているが、「の子」という呼称が最も直感的でわかりやすいからか、今のところこの呼称が最もよく用いられている。 当初はかのの子ではないかと周囲のやそのから推測されていた。 「の子」などというように呼ばれるようになった所以は、の死に際(化際)にのが外れた際の私姿が、、、、北部などの文化圏で見られる系のに見えることや、周囲の旗も同地域で見られる『チョ(別名:ルンタ)』と呼ばれる伝統の五色幕に見える為。 に『チョルテン』と呼ばれる圏に見られるらしき物(のテントとも考えられる)も在ることやと反対の手に持っているのが数珠にも見える事から、の施設ではないかと推測されている。 『単なる強大な敵(その他の魔法少女)』説 ワルプルギスの夜自体は、においては「が運命をえられない徴」と取れることから。 第12話ののたちが横に並んだの中に、第8話のワルプルギスの夜の資料の中にあった絵(明るい色のの、ひ立つ絵)に似た姿をしたがいることから、これがワルプルギスの夜の元の姿だとする説が存在し、これも多くの人に支持されている。 の右隣がそれに当たる。 ここまで強大なになってしまったのは、の言うように時代は一のやのような強な立場の人物だった為と考えられる。 また、と同様に、が時間遡行を繰り返したでの因果の糸が集中してしまった為だという説も存在する。 (第10話の1周の時点で既に十分強い敵として描かれているが、を重ねるごとに更に強くなっているようにも見える) 結局は、どうしようもないくらいに強くて、その強さからに名前まで付けられてしまったの一人として考えれば、正体はそこまで重要ではないのかもしれない。 『現象』説 「 of 」でのワルプルギスの夜に対するの発言を根拠として出た説。 つまり単体のではなく、ある種の現として変におけるの様にの体が出現する現ではないかという物。 『美樹さやか』説 の時のの辺りのの形と ワルプルギスの夜の背後のようなの模様が、 色、の形状以外の類似点として挙げられる。 のが提唱した説だが、第1話終了直後から既に、 色 (画像処理をするとく塗られていることが分かる)や 時のの形状 (もそうだが、左右非対称でにされている)などの類似点から、第1話のでが戦っていたと思われる敵 (この頃はまだ名前が判明していなかった)の正体がではないか、という説が存在した。 の終盤に、がのないしはに立ち回り第1話のに繋がる展開が一時期予想されていたが、第8話、第9話の話の展開からこの可性は否定された。 左腕に装着しているの内部構造や自室のに「」があることなどの共通点や、第1話や第10話のでの時間操作が一部効いていないように見えることなどから考えられた説。 とワルプルギスの夜が同一の時間軸上に同時に存在できるのは、の時間操作のが化しても持ち越され時間遡行している為だと考えれば、一応の説明がつく。 第11話、第12話の話の展開からこの可性もほぼ否定されたが、一方で放映終了後にされたの図鑑内の「 (1周の時点の・何回やってもを救えない)」「 回り続ける愚か者 (運命を変えることが出来ず駄なを繰り返す)」「 地表の文明をひっくり返す (第10話の化しかけた際の『こんな何もかも滅苦にしうか』という)」というからを連想できるとして、なお支持されていたようだ。 また、上記の体説における『ワルプルギスの夜の中核となる=最後に残った部分の』という仮説から、再度上記の共通点に基づいて、『ワルプルギスの夜の中核=となった』という説が生まれた。 後に、版ではの化した姿「Homu」が登場したため、この仮説も否定されたのだが、その後 「」及び、その来場者特典である「図鑑」における化したが、版と外見や性質などが大きく異なることや、図鑑内のの1枚に、ワルプルギスの夜の物と同様のであるのような物が描かれている事、そしての説明における「お芝居」「並みの強さ」「級」などの単から、『割り版全体=ワルプルギスの夜』説が生まれたが、まだが導かれていないにも関わらず、ワルプルギスの夜の()が側にいたため、そもそも成り立たない説だった。 ファンからの扱い 第10話でかませのが付いてしまったが、 続く第11話で見せたその格はを魅了した。 では「 ワルプルギスの夜」とで呼ばれることがほとんどで、稀に「 ワルプルギス」とややされる程度だが、からは「 ワルプル」「 ワル」と更にして呼ばれることが多い。 「ワル」から転じて「 悪」という意図的な誤変換表記にされたり「 ワルプルさん」と付きで呼ばれることもしばしば。 『 装置の』というのが明かされる以前は『 大災厄の』という仮ので呼ばれることもあった。 その強大さや的位置づけから、歴代総出演のでは役や総まとめ役を受け持ったり、全の代表格とされることが多い。 しかし一ケの放映中断期間を挟んで放映された編の11話のでの圧倒的な強さや威圧感、恐怖を煽る笑い、演出の過さから、としての格を取り戻し、めての心を魅了したのであった。 あとなぜかとされる事が多く、両者を組み合わせたやも存在している。 関連動画 公式配信 ハイライト 11話戦闘BGM 耳コピ・アレンジ その他 関連商品 関連項目• 前回 今回 次回 ワルプルギスの夜 登場人物 - - - - - - - - - - - - - - - - - - その他 - - 楽曲 () 関連人物 関連団体.

次の

ワルプルギスの夜を体験してきたら、あまりにも○○○だった!(1/2)

ワルプルギス

ワルプルギスの夜 まどかマギカ2の ワルプルギスの夜の法則・継続率・上乗せ性能・システム・特徴などについて詳しく紹介していきます。 セットが継続する毎に上乗せが発生。 また、4の倍数セットは上乗せG数優遇。 ワルプルギスの夜の突入契機• ART消化中のレア小役• 継続率の振り分け ループ率 振り分け 75. セット数ストック当選率 12. 継続+50G以上の上乗せが確定! ボーナス ワルプルギスの夜中に引いたボーナスはほむらエピソードボーナスとなる。 ARTのセット数をストックしボーナス終了後は再度、ワルプルギスの夜からスタート。 ほむらの攻撃 珍しい攻撃なら上乗せG数と継続率に期待!? 時間逆行フリーズ 発生すれば激アツ!大量上乗せに期待。 継続・上乗せG数の詳細 継続演出振り分け 継続時は「時間遡行発生」を抽選。 4の倍数セットは発生率が優遇されている。 継続時のパターン振り分け 4の倍数セット 演出 ストック あり ストック なし 通常継続 75. 4の倍数セットは時間遡行が発生しなくても20G以上の上乗せが濃厚だ。 継続時はその分の上乗せが追加され、非継続時は継続に書き換えられる。

次の