携帯からfax。 携帯電話からファックスを送信する方法

iPhoneやipadでfax。スマホ・タブレット・携帯からfaxの送信・受信

携帯からfax

インターネットが大きく普及し、ペーパーレスになった現代。 固定電話を置かずに、携帯電話だけを使用しているご家庭も増えているのでは? とはいえ、まだまだ多くの会社などでFAXは使われています。 「仕事でFAXを送らなければならないけど自宅から送るツールはない…」 と思っている人も多いかもしれません。 そんな方にぜひとも知っていただきたいサービスが、 「インターネットFAX」! このシステムを利用すれば、FAXを送りたい相手にスマホからPDFや画像をファックスすることが可能になります。 このページでは、スマホ・携帯のアプリを利用してインターネットfaxを送る方法や料金を安く抑えられるサービスを検証していきたいと思います! では、どう言った方法でスマホからfaxを送信するのでしょうか? いろいろな方法がありますが、スマホで一番簡単なのは インターネットFAX用のアプリをダウンロードしてそのアプリの機能を利用してFAXを送るという方法です。 インターネットFAXで無料アプリがあるのは? 他のページで紹介しているように、インターネットfaxサービスには様々な会社があります。 手持ちのスマホがネット回線につながっている• メールアドレスを持っている この条件を満たしている方なら、だれでも使用できます。 表を見て頂ければわかるように、 なんと初月は無料でお試しが出来ます! eFaxのアプリダウンロード方法は? eFaxはアプリをダウンロードする前に、まず利用登録が必要となります。 登録は最初のページやeFaxの特集ページで紹介しているように、5分かからずに出来ますよ。 利用登録が完了したら、アプリのダウンロードに進みます。 AppStoreとGoogle playのどちらからもダウンロード可能です。 どちらも「eFax」と検索するとすくに出てくるので、そのままダウンロードに進みます。 アプリを起動したら? アプリが携帯にダウンロードされたら、起動してみてください。 初期画面にログインIDをPINコードを入力する画面が出たら、利用登録時に取得した「ログインID」と「PINコード」を入力して、「ログイン」をタップします。 ログインが完了すると、マイページに入れます。 アプリでfaxを送信するには? FAXを送信したい場合は、• 「ファックスを送信する」をタップする• 電話番号を入力する• 送付状の有無を選択、(送付状有の場合は宛名・会社名・件名・メッセージを入力)• 送りたいファイルを添付• 送信ボタンを押す 上記の手順で送りましょう! アプリでfaxを受信するには? FAXを受信したい場合は、マイページのtop画面の「ファックスを開く」をタップすると、受信トレイを確認することができます。 送信したFAXを確認したい場合は、送信トレイを確認しましょう。 メッセージプラス 初期費用 1,000円 月額料金 950円 送信料 1枚15円 受信料 無料! 使用可能FAX番号 IP050 トライアル なし 次に紹介するのは、 メッセージプラス! メッセージプラスのアプリダウンロード方法は? メッセージプラスもアプリをダウンロードする前に、まずメッセージプラス自体の利用登録が必要となります。 登録は公式ホームページより可能で、こちらもそんなに長い時間をかけずに登録出来ますよ。 利用登録が完了したら、アプリのダウンロードに進みます。 AppStoreとGoogle playのどちらからもダウンロード可能です。 どちらも「メッセージプラス」と検索するとすくに出てくるので、オレンジのアイコンのものをタップすると簡単にダウンロードできます。 アプリを起動したら? ダウンロード後アプリをタップするとログインIDをPINコードを入力する画面が出てきます。 利用登録時に取得した「メッセージプラス番号(FAX番号)」と「パスワード」を入力し、「ログイン」をタップします。 アプリでFAXを送信するには? FAXを送信したい場合は、• 右上メニューバー内にある「FAX送信」アイコンをタップ• 送り先の電話番号を入力する• 右上のメニューアイコンをタップして送信ファイルを指定する• 送付状の有無を選択する(送付状有の場合は送り状の編集)• 送信ボタンを押す! この手順でFAXが送信されます。 アプリでFAXを受信するには? FAXを受信したい場合は、すでにログイン画面のTOPがFAX受信の一覧となっていますので、確認したいメッセージをタップします。 送信したFAXの確認は、右上メニューバー内にある「FAX結果」アイコンをタップすると送ったFAXの一覧が確認できます。 03FAXアプリのダウンロード方法は? 03FAXのアプリは、 「03plusアプリ」と言う名前です。 03plusアプリをダウンロードするには、まず申し込みと決済を行います。 スマホかパソコンからの申し込み• 初期費用の決済 上記が完了したら、eFaxと同じようにAppStoreやGoogle playなどから03plusアプリをダウンロードしましょう。 アプリを起動したら? 03plusアプリをダウンロードしたら、設定画面からアカウントにログインし、申込時に決めたFAX番号で開通の手続きを行っていきます。 開通処理が完了したら03FAXからハガキが届くので、記載されている暗証番号を使い制限を解除します。 制限解除が行われるまで、アプリの使用はある程度制限されているようです。 アプリでfaxを送信するには? 03plusアプリでFaxを送信するには、• アプリにログインする• FAXしたい原稿をスマホで撮影するか、データ(PDF・jpeg・png)で指定する• 送信先をアドレス帳から選ぶか、FAX番号を直接入力する• 送信を実行する 上記の手順で送信しましょう。 FAXが無事送信されたら、メールとアプリへの通知がきます。 アプリでfaxを受信するには? 03plusアプリでFaxを受信すると、FAX送信完了時と同じくメールとアプリへお知らせがきます。 アプリにログインして、FAX内容を確認しましょう。 FAXはデータになっているので、必要であればプリントしたり、ファイル共有でアプリ以外の場所で閲覧・保管しましょう。 続いて、一番気になる 料金について解説しようと思います! アプリ代金は? eFax・03FAX・メッセージプラス、どのサービスもアプリをダウンロードするのにアプリ代金というのはかかりません。 要するに…、アプリ代は無料です! ですが、どちらのサービスもシステムを利用するために月額料金がかかってしまいます。 もちろん、この月額料金を払うとスマホアプリだけでなく、パソコンやタブレットなど、どこでも利用が可能になりますよ。 両社のシステム利用コストは下記の通りとなります。 送信枚数ごとの月額料金は? 1ヶ月に送信する枚数単位の月額料金を一覧にしてみました。 eFax 03FAX メッセージプラス 30枚送信時 1,500円 1,580円〜 1,400円 50枚送信時 1,500円 1,980円〜 1,700円 100枚送信時 1,500円 2,980円〜 2,450円 150枚送信時 1,500円 3,980円〜 3,200円 200枚送信時 2,000円 4,980円〜 3,950円 30枚送信する場合だと、メッセージプラスのほうが月額料金は安いです。 表より更に細かく換算すると、 1ヶ月の送信枚数が37枚を超えるとeFaxとメッセージプラスの月額料金がひっくり返る事がわかります。 03FAXは30秒ごとに20円と言う最低料金で計算しているのですが、送信にかんしてはちょっとお得感は薄いですね…。 1ヶ月に送信する枚数が36枚以下の場合はメッセージプラスの方がお得…? では、1か月に36枚以下ならメッセージプラスがお得なのでしょうか? 実はそうではありません…!! eFaxは 利用登録最初の30日が無料、と言うもう一つのポイントがあります。 それに比べてメッセージプラスは、利用初月から 月額料金950円がかかるんです。 この時点で、最初の1か月ですでに950円の開きがあるんですよ…! もし仮に1か月30枚程度しかfaxを送らなかったとして、eFaxとメッセージプラスの月額料金の開きは年間で1,200円ほど。 ですので、最初の1か月に1,950円余分に払っているメッセージプラスのほうが初年度に関しては割高になってしまうということになります。 ) ですので、スマホアプリでインターネットfaxを利用する際は、料金の面からもメッセージプラスよりeFaxのほうがお得ということになります。 また、機能的な側面から言ってもeFaxのほうが優れた機能がついてきます。 最初のページでも紹介していますが、海外のサービスで「最初の1枚だけ無料で送信出来る」と言うサービスはあります。 ですが、当然公式ページは英語ですし、結果的に最初の1枚しか無料で利用することはできません。 ここまで記事を読んできて、「スマホでFAXの送受信を行うのはアプリをダウンロードしていないとできないの…?」と思う方もいるかもしれません。 ですが、 アプリをダウンロードせずともスマホでインターネットFAXを利用する方法もあります! CromeやSafariなど、インターネットブラウザを利用してeFaxやメッセージプラスのユーザーページにログインする方法です。 これらのインターネットFAXシステムはクラウドを利用しているので、アプリだけでなくブラウザでも確認することができるんです。 アプリなしでインターネットfaxサービスを利用する方法は? 方法としては、 ChromeやSafariなどを開いて「eFax」や「メッセージプラス」などと検索するだけ! eFaxならだいたい一番上に、メッセージプラスでも2番目くらいには表示されているのでクリックしてログイン画面へと進むだけです。 あとは、必要な登録情報を入力してログインすれば、アプリと同様にFAXの送受信を行うことが可能です。

次の

携帯FAX送信&受信方法!

携帯からfax

月払いの場合、1,000円。 月払いの場合、5,000円。 また、年払いの場合は200枚送信相当の3,000ポイントも付与されます。 月払いの場合は950円(初月無料)。 請求書の郵送を希望する場合は1,080円。 また、SNSでのシェア、Gmail から連絡先のインポート、紹介制度などを利用して送信ページ数を増やすことができます。 151ページ以降は1ページ10円。 A4用紙の場合、通常60秒~120秒(40円~80円)程度。 使い放題サービス(1,000円)で月500枚で送信可能な定額送信プランもあります。 以降は1ページ10円。 1,001ページ以降は1ページ8円。 1,001ページ以降は1ページ9円。 月間1,800ページまで。 送信は郵便はがき到着(2~3日程度)後に利用可能。 不特定多数からの受信は不可。 別途消費税がかかります。 PLUSは無料プランについてのみ記載しています。 スマートフォンの普及で個人や企業でのインターネット利用が加速し、連絡のやり取りにはメール、チャットなどが主流となってきました。 その中にあっても FAX はまだまだ利用されており、自宅に FAX が無い場合は、受信ができなかったり、送信する場合はコンビニを利用する必要がありました。 しかし、現在はインターネット上でも FAX の送受信が可能になっています。 有料のサービスが多い中、無料で利用できるサービスもあり、わざわざ外出することなく、自宅で FAX を利用することも可能です。 ただし、無料サービスについては海外製であることもあり、きちんと送信できているという「信頼性」、内容が抜け落ちたりせずに送信されるという「正確性」という点で有料サービスに劣ってしまうことも事実で、状況に応じて利用するサービスを選択することをおすすめします。 無料で Fax 送信できる海外製の Web サービス 日常的に Fax を使うわけではないけれど、1回だけ、または何回かだけ送りたい場合にとても便利な無料 Fax 送信サービスです。 初期設定で1ページの Fax 送信ができ、パスワード設定、Twitter や Facebook でシェア、友人に紹介などして送信可能なページ数を増やしていくことができます。 Fax 送信するデータは、PC 内からアップロードする以外にも、Dropbox、Google ドライブ、Box、Evernote、OneDrive と連携しており、Fax 送信が成功すると、「Fax Sent Successfully」という件名のメールでお知らせしてくれます。 03から始まるナンバーなど全国56都市の番号が選べるインターネット Fax サービス Fax の送受信をメールの送受信のように利用できるサービスです。 具体的には、パソコンやスマートフォンへのメールの添付ファイルという形で Fax を受信でき、メールの添付ファイルで送信することで Fax 送信できるようになっています。 オンラインで情報管理できるため、先日送ってもらった内容やこちらから送った内容をパソコンやスマートフォンから素早く確認できるのも魅力です。 コワーキングスペースやシェアオフィス、移動中であっても自分専用/法人専用の Fax 番号で送受信できるます。 使い始めるともう元の Fax サービスに戻れなくなるかもしれません。 Fax 番号を03を含む全国47都道府県(56都市)、世界46か国(3,500都市)の番号から選べるインターネット Fax は本サービスのみ。 地元の番号を選んでも、取引先の多い地域の番号を選んでもOKです。 PC、スマートフォンでFAX送受信できるインターネットFAXサービス 1,000ページまで無料で受信でき、受信したFAXにコメントや注釈の書き込み、受領印や承認印のスタンプをつけられるため、紙と同じようにメモ書きができるのが特徴です。 送信も1ページ8円の固定料金。 1つの番号を5つのIDで管理できる法人向けのプレミアムプランも用意されています。 1ページ8円。 月間1,000ページまで無料、以降1ページ8円。 受信するとすぐに通知されるメール通知により、受信したFAXのダウンロード、保存が可能です。 最大60日までの受信履歴、APIによるカスタマイズにも対応。 1ページ無料~8円。 受信したFAXはメールで届くので外出先でも内容を確認できるのが魅力です。 月間50ページまで無料、以降1ページ10円。 月間100ページまで無料、以降1ページ10円。 FAX受信時はメールで通知されます。 受信は無制限で無料、送信は30秒20円の通話料で送信できますが定額プラン(1,000円)で500枚まで固定料金で送信可能になります。 ドキュメントスキャナー機能により、スマートフォンで撮影した写真をFAX用に自動変換して送信する機能や、非通知番号や特定の番号を着信拒否してFAXのDMをストップできる「着信拒否」、代表番号と追加IDのオプション、固定FAX機器のオプションなども用意されています。 A4用紙なら通常60~120秒で送信可能。 定額プラン(1,000円)で500枚まで定額送信可能。

次の

スマホでFAXを送受信する方法を紹介!無料アプリがあるのは?料金が安いのは?

携帯からfax

インターネットfaxは、お知らせメールでの受信の確認だけでなく、 送信もできるので近くにFAXがない場合の送信で、 とても便利なサービスです。 最近の携帯やスマホに搭載されている 写真機能はデジカメの一眼レフほど高機能とはいきませんが、 お店で紹介したい商品写真や趣味で書き綴っているブログなどにのせても、 写りが鮮明でないと感じる事はなくなりました。 ですから、スマホや携帯電話の写真機能さえ良ければ、 いつも持ち歩いている携帯やスマホを使用して、 写真で撮って送信すれば簡単に対応できてしまいます。 特に、仕事で外回りの営業をしている方は便利で、 急な案件で仮でも良いから仕様書などを 一度クライアントが確認したいと言われた時の対応や、 上司から見積書などの確認したいと急に電話で言われた時などに有効です。 従来の方法では、どうしても送らなければいけない時には、 同僚に社内のパソコン内からデータを探してもらって送ったり、 手持ちの紙をコンビニを探してまで送ったりと 送るだけでも手間がかかることでした。 しかし、であれば、 パソコンから複合機に送信しても同じですし、 スマホや携帯電話から送っても同じです。 あくまでも受け取り手は、 複合機に送信されてきたと思うからです。 そんなメリットもあるから 会社だけでなく個人でも加入される方が増えているサービスです。 各モバイル端末におけるアプリ対応状況 サービスによって、対応している機能が異なるので、利用を検討されている方は比較表で確認してください。 ただし、『efax』には以下の機能もあります(特に法人なら役立つかもしれません)。 ・Faxに手書きで加筆可能。 ・アプリ上でFAX送付状の記入が可能。 ・スマートフォンカメラで撮影した写真を、そのまま送信することが可能。 ・スマートフォンのアドレス帳を利用しての誤配信防止も可能。 使いやすい人気の5サービスを月払いで検討するなら まめ知識• メリット・デメリット• 各サービスの特徴• あると便利なファックス送付状•

次の