みそ汁 鍋。 先に炒めるだけ!ひと味違う「炒めみそ汁」でコクがアップする!

正月終了でも、内臓を休めるどころかフル稼働!鍋の中身はみそ汁?雑炊?お粥?

みそ汁 鍋

Q お世話になります。 料理が下手な者です。 味噌鍋が好きで、たまに自分で味噌鍋作りに挑戦しているのですが、どうしてもお店のような味がでなく、結局ただの具沢山の味噌汁になってしまいます。 私の作り方は、カツオとコンブと化学調味料でスープの味を整えて、白菜・シラタキ・ナガネギ・魚のダンゴ・豆腐・鶏肉などを土鍋に入れて煮込みます。 出来上がったこの味噌鍋は、見た目ではちゃんと味噌鍋に見えるのですが食べてみると、味がただの味噌汁なのです。 先日、バターを加えると良いということを聞いたので味噌鍋にバターを入れてみました。 するとたしかに味噌汁の味から脱出することができたのですが味噌鍋の味ではありませんでした。 皆様はどのようにして味噌鍋を作っているのでしょうか?。 いろいろな方法があると思うのですが、さっぱり解らないでいます。 最近では家庭では味噌鍋を作るのは不可能ではないかと思い始めています。 なにか、こうすれば良いというアドバイスをいただけないでしょか?。 よろしくお願いいたします。 A ベストアンサー 作る手順はどうしていますか? 母が名古屋出身で、その影響もあり自分で作るおでんは味噌煮込みおでんが基本です。 おでんを作る時は、出汁と醤油と甘味噌。 鍋の時もおでんとほぼ同じ味だったり。 出汁と醤油と甘味噌。 違いは比率だけかな。 ちなみに赤だしを作る時もごく少量の醤油を足していますので、味噌汁との違いは甘味噌と使うか赤味噌を使うかって部分だけです。 手順としては、すり鉢に砂糖と赤味噌を入れ、すり合わせていきます。 次にみりんと煮きり酒を足し、さらに練っていきます。 甘味が足りなければ砂糖とみりんを足しましょう。 隠し味にゴマ油を少量まぜるとコクがでます。 なべに移し弱火で加熱しながら、もっと練ります。 全体がフツフツしてきたら、火を止め荒熱を取ってください。 密閉容器に入れ、冷蔵庫で保存しておけば日持ちします。 トンカツにかければ、味噌カツの完成。 好みで、豆味噌 さらに味が濃い を足したり、出汁やソースを混ぜたり すりおろしりんごやショウガ、ニンニクを混ぜて作る人もいます。 作る人の数だけレシピがあるようなものですから。 色々試してみて、自分好みの味を見つけてください。 私の場合は、最初から混ぜてしまうのではなく使用目的に合わせて その都度、使う分だけ後入れにしています。 作る手順はどうしていますか? 母が名古屋出身で、その影響もあり自分で作るおでんは味噌煮込みおでんが基本です。 おでんを作る時は、出汁と醤油と甘味噌。 鍋の時もおでんとほぼ同じ味だったり。 出汁と醤油と甘味噌。 違いは比率だけかな。 ちなみに赤だしを作る時もごく少量の醤油を足していますので、味噌汁との違いは甘味噌と使うか赤味噌を使うかって部分だけです。 手順としては、すり鉢に砂糖と赤味噌を入れ、すり合わせていきます。 次にみりんと煮きり酒を足し、さらに練っていきます。 A ベストアンサー 例えば、金井という姓の戦国武将がいます。 今の群馬県に住んでいました。 この武将の子孫は現在もいるでしょうが、もちろん在日韓国人ではありません。 biglobe. htm また、鎌倉幕府の北条氏の一族で、金沢実時という人がいました。 その子孫が現在もいるとして、在日でないのは当然です。 「金*」という名前は在日だという俗説があるのは事実です。 ただし、もし私が在日で、日本名を名乗ったり日本に帰化するとすれば、名前からは韓国との関連が分からないようにするでしょうね。 自分が 元 韓国人であることは、必要がある時に教えれば済みますから。 わざわざ、韓国の匂いがする日本名は使わないでしょう。 ちなみに、奈良時代頃に日本に渡ってきた朝鮮半島系の人は、近江国や武蔵国に集団で住んでいたようです。 武蔵国で朝鮮半島 高句麗=高麗 系の人が住んでいた場所が、「コマ」という音の地名になっているとされます。 nifty. もちろん、在日ではなく完全な日本人です。 例えば、金井という姓の戦国武将がいます。 今の群馬県に住んでいました。 この武将の子孫は現在もいるでしょうが、もちろん在日韓国人ではありません。 biglobe. htm また、鎌倉幕府の北条氏の一族で、金沢実時という人がいました。 その子孫が現在もいるとして、在日でないのは当然です。 「金*」という名前は在日だという俗説があるのは事実です。 ただし、もし私が在日で、日本名を名乗ったり日本に帰化するとすれば、名前からは韓国との関連が分からないようにする...

次の

みそ汁感覚で!プチッと鍋スーププレゼントキャンペーン

みそ汁 鍋

Q お世話になります。 料理が下手な者です。 味噌鍋が好きで、たまに自分で味噌鍋作りに挑戦しているのですが、どうしてもお店のような味がでなく、結局ただの具沢山の味噌汁になってしまいます。 私の作り方は、カツオとコンブと化学調味料でスープの味を整えて、白菜・シラタキ・ナガネギ・魚のダンゴ・豆腐・鶏肉などを土鍋に入れて煮込みます。 出来上がったこの味噌鍋は、見た目ではちゃんと味噌鍋に見えるのですが食べてみると、味がただの味噌汁なのです。 先日、バターを加えると良いということを聞いたので味噌鍋にバターを入れてみました。 するとたしかに味噌汁の味から脱出することができたのですが味噌鍋の味ではありませんでした。 皆様はどのようにして味噌鍋を作っているのでしょうか?。 いろいろな方法があると思うのですが、さっぱり解らないでいます。 最近では家庭では味噌鍋を作るのは不可能ではないかと思い始めています。 なにか、こうすれば良いというアドバイスをいただけないでしょか?。 よろしくお願いいたします。 A ベストアンサー 作る手順はどうしていますか? 母が名古屋出身で、その影響もあり自分で作るおでんは味噌煮込みおでんが基本です。 おでんを作る時は、出汁と醤油と甘味噌。 鍋の時もおでんとほぼ同じ味だったり。 出汁と醤油と甘味噌。 違いは比率だけかな。 ちなみに赤だしを作る時もごく少量の醤油を足していますので、味噌汁との違いは甘味噌と使うか赤味噌を使うかって部分だけです。 手順としては、すり鉢に砂糖と赤味噌を入れ、すり合わせていきます。 次にみりんと煮きり酒を足し、さらに練っていきます。 甘味が足りなければ砂糖とみりんを足しましょう。 隠し味にゴマ油を少量まぜるとコクがでます。 なべに移し弱火で加熱しながら、もっと練ります。 全体がフツフツしてきたら、火を止め荒熱を取ってください。 密閉容器に入れ、冷蔵庫で保存しておけば日持ちします。 トンカツにかければ、味噌カツの完成。 好みで、豆味噌 さらに味が濃い を足したり、出汁やソースを混ぜたり すりおろしりんごやショウガ、ニンニクを混ぜて作る人もいます。 作る人の数だけレシピがあるようなものですから。 色々試してみて、自分好みの味を見つけてください。 私の場合は、最初から混ぜてしまうのではなく使用目的に合わせて その都度、使う分だけ後入れにしています。 作る手順はどうしていますか? 母が名古屋出身で、その影響もあり自分で作るおでんは味噌煮込みおでんが基本です。 おでんを作る時は、出汁と醤油と甘味噌。 鍋の時もおでんとほぼ同じ味だったり。 出汁と醤油と甘味噌。 違いは比率だけかな。 ちなみに赤だしを作る時もごく少量の醤油を足していますので、味噌汁との違いは甘味噌と使うか赤味噌を使うかって部分だけです。 手順としては、すり鉢に砂糖と赤味噌を入れ、すり合わせていきます。 次にみりんと煮きり酒を足し、さらに練っていきます。 A ベストアンサー 例えば、金井という姓の戦国武将がいます。 今の群馬県に住んでいました。 この武将の子孫は現在もいるでしょうが、もちろん在日韓国人ではありません。 biglobe. htm また、鎌倉幕府の北条氏の一族で、金沢実時という人がいました。 その子孫が現在もいるとして、在日でないのは当然です。 「金*」という名前は在日だという俗説があるのは事実です。 ただし、もし私が在日で、日本名を名乗ったり日本に帰化するとすれば、名前からは韓国との関連が分からないようにするでしょうね。 自分が 元 韓国人であることは、必要がある時に教えれば済みますから。 わざわざ、韓国の匂いがする日本名は使わないでしょう。 ちなみに、奈良時代頃に日本に渡ってきた朝鮮半島系の人は、近江国や武蔵国に集団で住んでいたようです。 武蔵国で朝鮮半島 高句麗=高麗 系の人が住んでいた場所が、「コマ」という音の地名になっているとされます。 nifty. もちろん、在日ではなく完全な日本人です。 例えば、金井という姓の戦国武将がいます。 今の群馬県に住んでいました。 この武将の子孫は現在もいるでしょうが、もちろん在日韓国人ではありません。 biglobe. htm また、鎌倉幕府の北条氏の一族で、金沢実時という人がいました。 その子孫が現在もいるとして、在日でないのは当然です。 「金*」という名前は在日だという俗説があるのは事実です。 ただし、もし私が在日で、日本名を名乗ったり日本に帰化するとすれば、名前からは韓国との関連が分からないようにする...

次の

電気圧力鍋の低温調理機能でみそ汁に挑戦している話

みそ汁 鍋

最近、の低温調理機能を使って、おみそ汁を作ることに挑戦しています。 なぜ調理じゃなくて、挑戦かというと、具材によっては火が通りにくいので、いまいちまだ上手に作れないからです。 (自分が作ったみそ汁の写真を撮り忘れたので、画像をお借りしました) 電機圧力鍋でみそ汁作ってみようと思い立ったのは、さんのこの記事がきっかけ。 みそ汁の具を切って、「」の「低温調理モード」を活用します。 具を切って、味噌や塩を計った頃にだしができあがるので、具とだしと塩と味噌を一気にこのに加えて、「85度で20分」のタイマーをセットします。 これでもう、みそ汁はあとはやることないです。 わかめと豆腐のみそ汁だと「85度で20分」でバッチリ美味しかったです。 しめじもその時間でOK。 ただし、他の具材、 例えば大根などの根菜類だと、もう少し調理時間をかけるか、レンジでチンするなどの下準備が要りそうです。 具材を切って、味噌を入れたらスイッチオンでみそ汁が出来上がるのは本当に便利。 みそ汁って味噌を入れるタイミングが難しいですよね。 沸騰させると、味噌の風味が飛んでしまうし。 味の方も、低温調理だと野菜本来の味がするような気がして、なんだか美味しいです。 野菜の味がとっても重要なので、ガス火で作るいつものみそ汁よりも、新鮮さが必要かも。 挑戦する価値ありだと思うので、試行錯誤してみます。 Jac08.

次の