新天地 で の ご 活躍 を お祈り し てい ます。 新天地の意味とは?「新天地でのご活躍」の使い方・例文・英語表現も

「ご活躍」の意味と使い方、類語「ご健勝/ご多幸」との違い、言い換え、英語も紹介

新天地 で の ご 活躍 を お祈り し てい ます

「新天地でのご活躍」の正しい意味は 「新天地でのご活躍」の意味 「新天地でご活躍」の「新天地」という部分は、「新しい世界」や「新しい環境」を指す意味です。 天と地が世界を表すことにより「今までに無かった新しい世界・様子」を「新しい天地」すなわち「新天地」という言葉で表しています。 この「新天地」に行って活躍するという意味で、「新天地でのご活躍」という表現になっているのです。 この後に続く文として、「新天地でのご活躍」をどうするのか?という内容を後ろに付けて、挨拶や送る言葉としての意味が完成します。 「新天地でのご活躍」を使う場面 ビジネスシーンにおいて「新天地でのご活躍」を使う場面は、新しい世界で活躍する人、今の場所から離れ行て行く人、つまり転勤や転職、異動などによって現在の職場を離れて行く人に送る言葉として使われます。 見送る側からのお別れの挨拶として使うのが一般的です。 「新天地でのご活躍」を使って良い時と悪い時 「新天地でのご活躍」を使っても良い時 ビジネスシーンにおいて「新天地でのご活躍」は、転勤や転職、異動の際に送る言葉として使われますが、次の異動先や、転職先などはっきりと行き先が決まっている人に対して使う事ができる表現です。 稀に結婚や出産を機に家庭に入るために退職される方がいます。 この場合も新しい生活という意味で「新天地でのご活躍」という表現を使う事ができます。 ポイントとしては 「前向きな理由」で 「行き先が決まっている人」に対して使う表現として覚えておきましょう。 「新天地でのご活躍」を使ってはいけない時 それでは、「新天地でのご活躍」を使ってはいけない場合はどのような時なのでしょうか。 退職後のはっきりとした行き先が決まっていない場合や、ケガや病気による退職の場合などには「新天地でのご活躍」を使うのはタブーです。 また左遷や更迭に伴う異動などが明確に周知されている場合には、「新天地でのご活躍」は避けるべき表現です。 「新天地でのご活躍」を目上(上司)に使う場合の注意点 「新天地でのご活躍」という表現は目上に使える まず「新天地」に関しては「新しい世界」という意味なので問題はありません。 「ご活躍」に関しても敬語表現なので問題はないでしょう。 「新天地でのご活躍」という表現自体は、目上の方や先輩に対して使うのには問題はない事がわかります。 「新天地でのご活躍」の後に付ける表現が重要 目上の方や先輩に対して使う場合に注意が必要なのは「新天地でのご活躍」の後に付ける、自分の気持ちを表現する文章にあります。 例えば「新天地でのご活躍を期待します」という表現では、「活躍を期待する」つまり「成果を出すことを期待する」という意味になります。 目上の方に対して「成果を出すことを期待する」という表現は失礼にあたるので使う事はできません。 「お祈り」や「ご祈念」を使って適切に表現する 目上の人に対して「新天地でのご活躍」の後に付ける適切な表現としては、「お祈り」や「ご祈念」などを使うと失礼に当たらずに気持ちを表す事ができます。 「新天地でのご活躍を心からお祈り申し上げます」という表現にすると、「心から」の部分で気持ちが伝わりやすくなり、更に「申し上げます」という謙譲語を付け加える事で、目上の方や先輩に対して使う適切な表現となります。 「新天地でのご活躍」の例文 同僚や目下の人に使う場合• 新世界でのご活躍を期待します• 新世界でのご活躍をお祈り致します• 新世界でのご活躍をご祈念致します 目上の人に使う場合• 新天地でのご活躍をお祈り申し上げます• 新天地でのご活躍を心よりお祈り申し上げます• 新天地でのご活躍ををご祈念申し上げます• 新天地でのご活躍を心よりご祈念申し上げます 「新天地でのご活躍」の類語 「新天地でのご活躍」の色々な表現の仕方• 新しい環境でも必ず活躍すると期待しています• 新しい職場でも頑張ってください• 新たな勤務地でも活躍されることを願っております• 新任地でも頑張ってください• 新境地での活躍を期待しております 「新天地でのご活躍」目上の人に使う場合の言い回し• 新天地でのご発展をお祈り致します• 新しい環境での益々のご健勝とご発展をお祈り申しげます• 新任地でのご活躍とご発展を祈念致します• 新たな勤務地でのご活躍をお祈り申し上げます 自分が異動する場合に使う応用の仕方 送る側としてではなく、送られる側として挨拶をする場合にも「新天地でご活躍」を応用する事ができます。 お別れの場の挨拶の際や、感謝のお礼状、送られた翌年の年賀状などにも使えるので覚えておくと便利です。 新天地でも頑張ります• 新天地でも活躍できるよう頑張ります• 新天地での活躍の応援をよろしくお願いします• 新天地で頑張っています• お陰様で新天地での活躍の場をいただきました まとめ 「新天地でのご活躍」の正しい使い方や言い回しをみてきました。 使って良い時と悪い時の区別としては、転勤や転職など「前向きな理由で行き先が決まっている人」に対して使うという事がポイントです。 目上の方や先輩に対して使う場合や、同僚や部下などに使う場合には「新天地でのご活躍」の後に続く文章に注意して使い分けをしなければいけません。 一方自分が送られる側としても、挨拶やお礼状、年賀状などに応用できる言葉として使えます。 このように「新天地でのご活躍」を使う場合は、送る人の立場、行き先、異動理由を考えて適切に使わなければいけないという事がわかりました。 社会人にとって挨拶は最も重要な仕事の一つです。 適切な表現を適切な場面で使いこなせるよう、日々知識を広げる努力を続けましょう。

次の

「ご活躍」の意味と使い方、類語「ご健勝/ご多幸」との違い、言い換え、英語も紹介

新天地 で の ご 活躍 を お祈り し てい ます

「新天地」の意味とは? 「新天地」とはさらなる活躍を期待される場所という意味 「新天地」とは、その人のさらなる活躍を期待できる場所という意味です。 会社で新しい部署に移る人や他の土地に転勤・異動になった人に対して使っているのを聞いたことがある人も多いかと思います。 このように新天地は、その人のさらなる活躍の期待や「頑張ってください」という意味を込めて日常でも使われる言葉なのです。 そして文字自体も、新天地という字は「新しい土地」という意味になっていることが見るとわかるかと思います。 そして、この言葉に込められている意味としてはもちろん新しい土地に行くということもあるのですが、それに加えて新しい土地での活躍があるということを示しているのです。 今はまだ「新天地」という言葉を聞いたことがない、意味をよく知らないという人も、大人になれば必ず使う機会が出てくるので意味や使い方、使うときのマナーなどを覚えておくと必ず役に立ちますよ。 この記事でも「新天地」の使い方について、例文も交えながら詳しく説明していくので最後まで読んでみてください。 「新天地」は仕事を変える(転職)人に使うことも多い 「新天地」は、転職や異動以外にも仕事を変える(転職)際に使われることも多いです。 仕事を変える(転職)ということは、新しい土地に行くということと新しい分野・環境に行くという意味合いにもなります。 そのため、新天地は転職するタイミングでも使うことができるのです。 ぜひ、機会があれば使ってみてくださいね。 次の記事は、「懐が深い・広い」の意味についてです。 懐が深い・広いという言葉は日常でもよく使われますよね。 聞いたことがある人も多いでしょう。 「新天地」という言葉自体は、相手が上司や先輩など目上の人でも問題なく使うことができます。 しかし、その時に気をつけなければいけないのが言葉遣いです。 文章の中で使う前後の言葉に注意して使ってみてください。 どの部分の気をつければいいのかは、これから詳しく解説していきます。 新天地という言葉自体ではなく、文章の語尾や新天地と一緒に使ってしまいがちな言葉の使い分けに気をつければ、誰にでも「頑張って」ということを丁寧に伝えることができる便利な言葉なので、是非活用してみてくださいね。 目上の人に対して「新天地でのご活躍を〜」と言う場合、その後に続きがちな「期待する」と言う言葉は入れてはいけません。 「期待する」はどうしても上から目線になってしまう言葉なので、相手が不快に思います。 もちろん、これが部下であったり後輩であったりする場合は「期待する」を使っても問題ありません。 目上の人に使う場合だけに気をつけてくださいね。 目上の人に対して使う「新天地」を使った例文は「新天地でのご活躍お祈り申し上げます」などが最適です。 他の例文の下で紹介しているので、是非参考にしてください。 先ほども例文の中で少し述べたように、目上の人に向かって「新天地」を使うのであれば、文の中に「お祈り」や「申し上げる」を取りれると好印象です。 「期待する」よりもかしこまった感じがするかと思います。 この2つの言葉を使うことで、相手に敬意が表れていることがわかるのでおすすめです。 「新天地」を使った文で「期待する」と使いそうになった時には「お祈り」や「申し上げる」があることを思い出して使ってみてくださいね。 会社を辞めたり退職したりする時に、その人が会社を辞めた後特になにも計画をしていない場合には「新天地」と言う言葉を使うのは控えましょう。 新天地がどこを指すのかもわかりませんし、微妙な空気が流れてしまいますよ。 新天地は、どちらかというと「これからもますます頑張る」と言う意味になるので、会社を退職して老後をゆったり過ごすと言う人や、ただ会社を辞めると言う人に対して言う言葉ではありませんよね。 相手の進路も考えた上で、「新天地」を使うのが適切かどうかを見極めてください。 怪我や病気が原因で会社を辞める人に対して、「怪我(病気)が治ったら新天地でも〜」と言いたくなるかと思いますが、センシティブになっている人にはあまりこのような声かけはしないようにしましょう。 次の記事は、小職という言葉の意味についてです。 「小職」という言葉を聞いたことがありますか?若い人だと知らない人も多いかもしれません。 社会人になって仕事を始めるとビジネスの場でも出てくるワードなので、覚えておいて損はありませんよ。 次の記事でも詳しい説明がたくさんあるので、是非読んでみてくださいね。 これは、目上の人に対して使う「新天地」を取り入れた例文で、典型的な文章だとも言われています。 どのように新天地を使えばいいかわからない時も、この使い方をしておけば間違いありません。 ぜひ覚えておいてください。 少し例文を短くして「新天地でのご活躍をお祈り申し上げます」でも大丈夫です。 成功を入れるとより丁寧な聞こえになるのでおすすめです。 「新天地」の正しい使い方注意点でも述べたように、ここではしっかり「お祈り」と「申し上げます」取り入れてみてくださいね。 これは、文章の中に「心より」という言葉を入れることによって心がこもっている丁寧な表現になります。 また、「更なる」というワードを使うのもおすすめです。 これを使うことで文全体が盛り上がります。 これは、目上の人ではなく後輩や同僚に使う言葉です。 「期待しています」という言葉があるのですぐに気付いた人も多いのではないでしょうか? このように、「期待しています」と「新天地」を掛け合わせると上記のような例文になります。 また、目上の人に対する文と少し違うのは、「活躍される・ご活躍される」が「活躍する」に変わっているということです。 この部分も少しくだけた言い方で「活躍する」にしていいので、是非転職する人などに使ってみてくださいね。 これは、今までの例文とは少し違い言葉で発するというよりも紙に書いたり手紙として書く時に使えます。 言葉で言うと少し変な感じがしますが、文字で書くととても上品で綺麗な文章になりますよね。 礼儀もしっかりしています。 次の記事は「可否」の意味についてです。 参加可否という言葉もよく聞くように「可否」というワードは日常のあらゆるところで使われていますよね。 次の記事では、そんな「可否」の意味についてやメールの参加ができるかできないかの使い方についても紹介しています。 新しい発見があること間違いなしなので読んでみましょう。 新天地は、「新」と「天地」という組み合わせで構成されているので「新」の意味であるnewを使うことでたくさんの新天地という表現を作ることができます。 例えば「new plase」や「new chapter」などです。 ちなみに plaseは場所chapterは章を表します。 他にも、future endeavors(努力)やsuccess and happiness(成功と幸せ)など、英語には新天地につながるような意味合いの言葉が多くあります。 ぜひいくつか覚えておいて使ってみてくださいね。 「新天地でのご活躍を〜」と言いたい場合には文章を作らなければなりませんよね。 その時には、I hope,I wishを使うのがおすすめです。 「I wish you good luck this new chapter of your life」などという英語表現ができると「新天地でも活躍を期待している」といった意味合いになります。 是非、転職する人などに使ってみてくださいね。 次の記事は、「ご報告まで」の意味についてです。 会社でもよく使われる「ご報告まで」という言葉。 あなたは正しく使えていますか?次の記事では、そんな「ご報告まで」というワードの使い方が例文ありで解説されています。 また、取り急ぎご連絡までの使い方も紹介されているので是非最後まで読んでみてくださいね。 「新天地」を正しく使いこなそう! いかがでしたか?今回は、新天地の正しい使い方や使うときの注意点などについて詳しく解説していきました。 わかった気になっても、詳しく意味について知ってみると新しく知識が増えたかと思います。 新天地は使い方を誤るととても失礼になりますが、正しく使えると礼儀のある上品な言葉なので、是非使いこなしてください。 次の記事は、「精進する」に関してです。 精進するという言葉は、主に頑張ると言いたい時によく使われますが、それ以外にも使い方はあるのでしょうか?次の記事では「精進する」についてたくさんの例文や使い方が紹介されているので、参考になること間違いなしですよ。 早速読んで、明日から使ってみてくださいね。

次の

新天地でのご活躍を含む目上に使える例文5選|「新天地での」の意味や類語も

新天地 で の ご 活躍 を お祈り し てい ます

新天地の意味とは 「新天地」とは、物理的な意味で新しい場所や新しい世界を指し示すものとして使われていたこの言葉は意味が転じて、それまでいた環境を変える、別の場所でまた新しいことを始める場合の言葉としても使われる言葉となりました。 「新天地でのご活躍をお祈りいたします」といった形で、転職をする人へ送る決まり言葉の一つとして扱われることが多い言葉です。 新天地の由来 「新天地」という言葉は、古くは明治19年の1886年にジャーナリストである、徳富蘇峰 とくとみそほう という人が書いた「将来之日本 しょうらいのにっぽん 」と冠する本の中で「されば今日の我が清鮮爽快 せいせんそうかい なる日本の新天地に於てすら」という一文が登場し、ここで使われたことが語源であり由来であると考えられています。 新天地の文章・例文 例文1. 新天地へ向かう。 例文2. お世話になった会社を辞めて、新天地で頑張ることにした。 例文3. 新天地。 まだ見える気配はない。 例文4. 彼は新天地でもすぐに面倒なトラブルに巻き込まれてしまったそうだ。 例文5. 新天地は最初大変だったが、どうにか1番大変な時期は乗り越えることができた。 新天地は場所を指す言葉になりますが、対象を人としても味のある響きに変わるかもしれませんね。 新天地の類義語 新天地の類義語としては、「新世界 しんせかい 」や「開拓地 かいたくち 」などの言葉が挙げられます。 新天地まとめ 1つの環境に留まる生き方も、常に新天地を目指す生き方も、どちらも周りに迷惑をかけてさえいなければ悪くはないものです。 ただ、新天地が今いる環境より良くなるかは完全に運次第とも言えます。 どんな環境に行ったとしても、自分は自分。 元々持っているもの、それまで身に付けてきたことがすべてであることを踏まえてみると、結局は今何をどうするかがどんな環境に身を置くにしても大事な心構えとなってくるのかもしれませんね。

次の