別れ が 去っ た 相関 図。 秘密と嘘 キャスト・相関図 視聴率 感想 あらすじ

韓国ドラマ

別れ が 去っ た 相関 図

2020. しかし、ヨンヒは決して離婚しないと宣言する。 サンジンの浮気が発覚したのは三年前。 すでにサンジンと浮気相手セヨンの間には三歳の子供までいた。 その事実を知っても、表情一つ変えないヨンヒ。 冷めきった夫婦関係に、既に準備できていたとサンジンに打ち明ける。 一方、妊娠が発覚してしまったヒョ。 妊娠事実をミンスに伝えるが、子どもをおろすよう説得されてしまう。 そんな中、ヨンヒの元を訪れたヒョは、ヨンヒに対し、一緒に住まわせてほしいとお願いするのだが…。 出典: 相関図 画像出典: キャスト 主要人物 チェ・シラ ソ・ヨンヒ役 51歳 無職の引きこもり専業主婦。 工科大学を出て、男性社会の会社で能力を認められたヨンヒ。 しかし、数十年後に、ただ安全が保障され、自分自身を隠すことができる家の中で一日一日を過ごし住んでいる。 チョ・ボア チョン・ヒョ役 21歳 大学生、ハン・ミンスのガールフレンド、ヨンヒの同居人、美大生、ハン・ミンスとの間の子を妊娠する。 イ・ソンジェ ハン・サンジン 55歳 ヨンヒの夫、パイロット 大手航空会社のパイロットに誇りを感じている。 ジュン ハン・ミンス 21歳 大学生 ヨンヒとサンジンの息子、ヒョの恋人。 チョン・ヒョとの間で生じた赤ちゃんを拒否する。 チョン・ヘヨン キム・セヨン 45歳 サンジンの不倫相手、元客室乗務員 チョン・ウンイン チョン・スチョル(52歳) ヒョの父、大企業の下請け工場経営。 娘バカ。 大企業の下請け工場が、いつも負債の人生。 その他の人物 ヤン・ヒギョン キム・オクジャ 67歳 セヨンの母、高利貸し キム・サノ ムン・ジョンウォン (38歳)サンジンの職場の後輩、副機長 ハ・シウン ハン・ヒジン (36歳)サンジンの妹、お粥屋ジュクジプ運営、元客室乗務員 オ・ハヌィ イ・アイン 21歳 ヒョの友人、大学生 ナムシクにひそかに片想いしている。 ユ・スビン ウ・ナムシク (21歳)ミンスの友人、大学生 ジョエル ビギラ 29歳 スチョルの工場の工員、タンザニア出身 移住労働者。 どのような視点で人間を見るかで人というものを計る尺度は異なってくる。 例えば、人と人とのつながりによってもその個人のパーソナリティに対する見方は異なってくる。 より簡単に言えば、母親と父親の子供に対する愛情表現などは、子供に対する愛情という点では同じであっても男女の違いによる性差がでてくる。 そういった「視点の異なり」からくる「パーソナリティの多重性」をこのドラマは示唆している。 主演のチェ・シラは夫の浮気で引きこもりになってしまうが、チョ・ボア演じるヒョとの出会いで自分らしさを取り戻していくというのが大まかな筋であるが、この点だけでも「夫との関係」と「新しい大切な人との関係」の2つの視点から彼女のパーソナリティの多重性が伺われる。 もちろんこういったテーマを読み解くという見方以外にも、単純なドラマとしてみても非常にクオリティが高く、わたしも何回も泣きそうになった。 例えばヒョが望まない妊娠をしてしまい、腐っていたけれども、それにより人間的に成長を遂げ、そして病気と闘いながらの出産は本当に涙なしでは見れないシーンだった。 そしてヒョを妊娠させたU-KISSのジュンもはじめは彼女の中絶を願ったり、徴兵によって現実から逃げようとしていたけれども、徐々に大人に成長していく姿は往年の日本の学園ドラマを見ているようだった。 それら以外にも、脇を固める演者も魅力的で、優柔不断でダメ夫役のイ・ソンジェの演技はユーモラスで、こういったドラマにありがちなお涙頂戴の単純なストーリー展開に花をそえ、逆に言えば彼の演技があったからこそこのドラマの哀切さが引き立ったともいえる。 はっきりいってワンパターンなドラマが多い中、本作品は王道のストーリーでありながら新鮮さを失っていないという稀有な一品であるといえる。 ヨン・ウジン、gugudanのキム・セジョン、ソン・ジェリム、T-ARAのジヨン まずは30日間お試し.

次の

相関図|ブラックスキャンダル|読売テレビ

別れ が 去っ た 相関 図

警護対象者は、数々の投資詐欺で甘い汁を吸い尽くしてきた実業家・道岡三郎(豊原功補)。 その直後、恨みを持つ男に襲われてアキレス腱断裂の重傷を負い、多佳子の勤務する病院に極秘入院していた。 ところが、入院中にまた襲われでもしたら病院のイメージに傷がつく…と、急に上層部が尻込み。 執刀医の多佳子が手術放棄を拒んだため、「退院までしっかりと警護をつけること」を交換条件に、渋々承諾したというのだ。 だが、道岡は襲われてもなお、相手を挑発するような男…。 警護の脅威レベルが明らかに最高であることから、章と高梨雅也(斎藤工)が辞めた「KICKSガード」を含め、大手警備会社には軒並み断られる有様だった。 実際、道岡は章と高梨に対しても不遜な態度を取るばかりか、自らの悪事も何食わぬ顔で認め、「いつ殺されてもおかしくない」と豪語。 根っからの悪党ぶりを目の当たりにした高梨は、彼を警護することに疑問を感じる。 しかし、章は「クライアントを選びたくない」と断言し…! そんな中、病院に「道岡を助ける医者は許さない。 処刑する」との脅迫状が届く。 しかも予告通りに手術直前、病院内で多佳子が何者かに襲撃されてしまったのだ…! 絶体絶命の窮地に立たされる多佳子。 章と高梨、さらには病院関係者や防犯カメラの目までもかいくぐり、彼女を襲ったのは一体誰なのか!? より キャスト 島崎章(しまざき・あきら) 木村拓哉 卓越したスキルを持つ私設ボディーガード。 「日ノ出警備保障」がIT系総合企業「KICKS CORP. (キックスコーポレーション)」に買収され、「KICKS(キックス)ガード」となった後も身辺警護課で働き、利益優先で依頼主を政財界のVIPに限定する経営方針に甘んじていたが、もう一度「弱き者の盾になる」という使命を貫くため「KICKSガード」を退社。 フリーとして再出発する。 私生活では離婚し、さらなる反抗期を迎えた一人息子・瞬と二人暮らし。 接し方に四苦八苦している。 高梨雅也(たかなし・まさや) 斎藤工 元自衛隊員のボディーガード。 「日ノ出警備保障」に続き、「KICKS(キックス)ガード」の身辺警護課でも章と共に働いていた。 章が「KICKSガード」を辞めた本当の理由を知るために、章を訪ねたことがきっかけで、ある依頼人を一緒に警護することに。 相変わらずぶっきらぼうで融通の利かない性格だが、ボディーガードという職には熱い使命感を持っている。 「KICKSガード」の菅沼まゆとは現在、恋人関係だが…!? 菅沼まゆ(すがぬま・まゆ) 菜々緒 「KICKS(キックス)ガード」身辺警護課のボディーガード。 「日ノ出警備保障」でも章と共に働いていた。 かつては将来を有望視される柔道選手として活躍し、運動神経は抜群。 ボディーガードの仕事はお金のため、と割り切っている。 「KICKSガード」の方針にも心から同意しているわけではないが、気持ちを切り替えて従っている。 やがてその働きぶりが社長・劉光明の目に留まり…!? 沢口正太郎(さわぐち・せいたろう) 間宮祥太朗 「KICKS(キックス)ガード」身辺警護課のボディーガード。 「日ノ出警備保障」でも章と共に働いていた。 物事をあまり深く考えず、ノリが軽い。 かつてはド新人だったが、今は一人前のボディーガードに成長。 章が「KICKSガード」を辞めたことには衝撃を受けるが、最終的には「KICKSガード」に残ることを選択する。 仕事を紹介したり、依頼主の情報を伝えたりするなど、会社に内緒で協力する。 笠松多佳子(かさまつ・たかこ) 市川実日子 「菊理会 白山総合病院」の整形外科医。 「日ノ出警備保障」が「KICKS CORP. (キックスコーポレーション)」に買収される前から、ずっと身辺警護課の契約担当医をしている。 身体のケアだけでなく、ボディーガードの愚痴を聞くなど、章たちにとっては癒しの存在。 小俣健三(おまた・けんぞう) 勝村政信 「KICKS(キックス)ガード」の身辺警護課長。 警視庁・警護課出身。 亡くなった村田五郎の後任として、身辺警護課長に就任した。 身辺警護に対する姿勢は村田と180度違い、ハートで護るよりも、組織の強さで護るという考えの持ち主。 社長・劉光明の経営方針に追従し、独立した章たちのことも徹底的に敵視する。 劉光明(りゅう・こうめい) 仲村トオル IT系総合企業「KICKS CORP. (キックスコーポレーション)」の社長。 ある理由から警備業界に目をつけ、「日ノ出警備保障」を買収した。 中国人と日本人の両親のもとに生まれ、ずば抜けた経営手腕を誇る。 ビジネス面での成功を重視する男で、ボディーガードの地位と利益を上げるためにはクライアントも政財界のVIPに限定すべきだと考えている。 一見、紳士的な好人物だが、人の命を金銭で量るところがある。 組織を去った章たちに対して、内心ではよく思っておらず、何か企んでいるようで…!?

次の

BG~身辺警護人~ ネタバレあらすじ第3話とキャストや相関図

別れ が 去っ た 相関 図

芸能プロダクション「フローライト」の敏腕マネージャー。 所属タレントへの的確なアドバイスと、目的の為なら手段を選ばない姿勢に、周囲からの人望も厚い。 亜梨沙は元々、『藤崎紗羅』という名前の「フローライト」に所属する女優だった。 18歳でデビューし、そこからコツコツと地道に力をつけ、30歳を前に、人気、実力ともにピークを迎えようとしていた。 しかし5年前。 突然何の心当たりも無い不倫スキャンダルが原因で、地獄の底へと叩き落とされ、全てを失い、芸能界から抹殺される…。 『実はあのスキャンダルは仕組まれたものだった』という衝撃の真実を知り、復讐の炎が燃え上がった紗羅は、スキャンダルねつ造に関与していた人間に復讐するため、顔を整形して、名前も『矢神亜梨沙』と名乗り、マネージャーとしてフローライトに潜入する。 全ては、自分を嵌めたゲス達をねじ伏せ、完膚なきまでに謝罪させるために…。 「フローライト」に所属する元女優。 5年前に心当たりの無い不倫スキャンダルを写真週刊誌に報じられてしまう。 紗羅は釈明会見を開こうとした矢先、不倫相手とされる俳優が謝罪会見を開き不倫を認めてしまう。 世間の容赦ないバッシングと炎上で一気に地獄の底へと叩き落とされた紗羅は芸能界から抹殺される。 紗羅には、フローライト社長・勅使河原友和の息子、勅使河原純矢という大切な婚約者がいたが、その騒動で別れを切り出され去ってしまう。 母親も娘のスキャンダルを苦に自殺。 スキャンダルが仕組まれていたという衝撃の真実を聞かされ復讐の炎が燃え上がった紗羅は、スキャンダルねつ造に関与した人物に復讐をする為、顔を整形して、『矢神亜梨沙』と名乗り、マネージャーとしてフローライトに潜入する覚悟を決める。

次の