ダウン症 ブログ りこ。 東尾理子、ダウン症かも。なぜ告白するのか?

石田星空(子役)がダウン症?母親&父親の画像は!演技上手いが性格生意気?

ダウン症 ブログ りこ

プロゴルファー、東尾理子さんがブログで、出産予定の第1子にダウン症の可能性があると書いたことに、元マラソンランナーの松野明美さんが物申した。 ブログ上での公表に、ダウン症の子を持つ母親として納得できない様子だ。 松野さんは、妊娠中に赤ちゃんがダウン症であるかを調べる検査について否定的なようだが、デリケートな問題であり人によって考え方はさまざまだ。 82分の1の確率で赤ちゃんがダウン症の可能性 東尾さんは2012年6月3日のブログで、「クアトロテスト」を受けた結果、82分の1の確率で赤ちゃんがダウン症の可能性があると言われたと明かした。 クアトロテストとは、母体から血液を採取して検査するもので、赤ちゃんがダウン症や開放性神経管奇形になる確率を調べられる。 必ずそうなると分かる検査ではないので、確実に知るには羊水検査を受ける必要が出てくる。 東尾さんの場合は、羊水検査は受けないとブログでつづっている。 ブログへのコメント数は6月8日時点で4700件を超え、東尾さんを激励する内容が並ぶ。 妊娠中と思われる女性からの投稿も多く、「私も羊水検査しません」「なにがあってもこの子を生んで大切に育てたいと思っています」と、東尾さんに共感を寄せている。 しかし、東尾さんがブログで公表したという事実に異を唱えた人物が現れた。 松野明美さんが「女性セブン」の取材に「公表するようなものではないと、私は思いました」とこたえたのだ。 松野さんの二男はダウン症。 メディアでの「明るく元気」なイメージを守ろうとするあまり、当初はその事実を隠そうとしていたという。 「発育が遅い」といらだつこともしばしばだったと、自身のウェブサイトで認めている。 それでも徐々に成長する二男を見るうちに考えを改め、今は同じ境遇の人を励まそうと積極的に二男の話を表に出している。 では、東尾さんの行動の何が不満だったのか。 松野さんは「いろんな意見があると思う」と前置きしたうえで、生まれる前にダウン症の「可能性がある」とわざわざ言うことではない、という主張のようだ。 自身がダウン症の子を育てているだけに、「怒りがこみあげてきました」と少々手厳しい。 インターネット上では、松野さんに賛同する意見も見られた。 実際に生まれたらダウン症でなかった場合、東尾さんには「よかったですね」との祝福が寄せられるだろう、そうなれば結果的にダウン症の人やその親を傷つけることになりはしないか、との指摘だ。 そのうえで、「82分の1の確率」をあえて明らかにする意図が分からないという。 羊水検査の実施に賛否分かれる 松野さんの場合、二男がダウン症だと知ったのは生後10日目で、羊水検査は受けていない。 個人的にはこういった出生前診断は「余計なお節介」と考え、その理由を「生まれる際に障害の有無にこだわってほしくない」と説明する。 妊娠中に「こうなるかもしれない」と仮定の話をしても仕方がない、「あるがまま」を受け止め、生まれてきたわが子に精いっぱいの愛情を注げばよいというのが松野さんの主張とも考えられる。 慶應義塾大学病院の医療情報サイトを見ると、東尾さんや松野さんが回避した羊水検査とは出生前診断の代表的な方法で、主に胎児の染色体を調べるのが目的だ。 妊娠15~18週に、羊水を吸引して調べる。 検査の実施により0. 2~0. 3%の確率で前期破水や流産、早産のリスクが伴うが診断精度は高い。 羊水検査をめぐっては、賛否が分かれる。 「反対派」の言い分は、胎児の健康状態に関係なく出産を決意しているので受ける必要がない、という内容が多く見られる。 検査自体も100%安全というわけではなく、費用も安いとはいえない。 だが一方で、胎児の状態を確実に知りたいと考える妊婦がいるのも事実で、ネットの質問投稿サイトには「検査を受けようと考えているが、経験者の意見を聞きたい」との書き込みが多い。 さらに踏み込んで、検査で「陽性」の結果が出た場合にどうしようとの悩みも聞こえてくる。 ダウン症で生まれてくる赤ちゃんを育てる自信がない、というわけだ。 ある女性はブログで、羊水検査を受ける意図をつづった。 結果内容にかかわらず出産を前提としているが、検査を受けることで出産後の準備に万全を期す時間が得られる、夫婦でいろいろな話ができるので、仮に赤ちゃんが障害を抱えて生まれてきたとしても子育てについて共通の価値観を事前に養っておける、といったメリットを強調している。

次の

東尾理子がダウン症とブログで告白した理由

ダウン症 ブログ りこ

プロゴルファー、東尾理子さんがブログで、出産予定の第1子にダウン症の可能性があると書いたことに、元マラソンランナーの松野明美さんが物申した。 ブログ上での公表に、ダウン症の子を持つ母親として納得できない様子だ。 松野さんは、妊娠中に赤ちゃんがダウン症であるかを調べる検査について否定的なようだが、デリケートな問題であり人によって考え方はさまざまだ。 82分の1の確率で赤ちゃんがダウン症の可能性 東尾さんは2012年6月3日のブログで、「クアトロテスト」を受けた結果、82分の1の確率で赤ちゃんがダウン症の可能性があると言われたと明かした。 クアトロテストとは、母体から血液を採取して検査するもので、赤ちゃんがダウン症や開放性神経管奇形になる確率を調べられる。 必ずそうなると分かる検査ではないので、確実に知るには羊水検査を受ける必要が出てくる。 東尾さんの場合は、羊水検査は受けないとブログでつづっている。 ブログへのコメント数は6月8日時点で4700件を超え、東尾さんを激励する内容が並ぶ。 妊娠中と思われる女性からの投稿も多く、「私も羊水検査しません」「なにがあってもこの子を生んで大切に育てたいと思っています」と、東尾さんに共感を寄せている。 しかし、東尾さんがブログで公表したという事実に異を唱えた人物が現れた。 松野明美さんが「女性セブン」の取材に「公表するようなものではないと、私は思いました」とこたえたのだ。 松野さんの二男はダウン症。 メディアでの「明るく元気」なイメージを守ろうとするあまり、当初はその事実を隠そうとしていたという。 「発育が遅い」といらだつこともしばしばだったと、自身のウェブサイトで認めている。 それでも徐々に成長する二男を見るうちに考えを改め、今は同じ境遇の人を励まそうと積極的に二男の話を表に出している。 では、東尾さんの行動の何が不満だったのか。 松野さんは「いろんな意見があると思う」と前置きしたうえで、生まれる前にダウン症の「可能性がある」とわざわざ言うことではない、という主張のようだ。 自身がダウン症の子を育てているだけに、「怒りがこみあげてきました」と少々手厳しい。 インターネット上では、松野さんに賛同する意見も見られた。 実際に生まれたらダウン症でなかった場合、東尾さんには「よかったですね」との祝福が寄せられるだろう、そうなれば結果的にダウン症の人やその親を傷つけることになりはしないか、との指摘だ。 そのうえで、「82分の1の確率」をあえて明らかにする意図が分からないという。 羊水検査の実施に賛否分かれる 松野さんの場合、二男がダウン症だと知ったのは生後10日目で、羊水検査は受けていない。 個人的にはこういった出生前診断は「余計なお節介」と考え、その理由を「生まれる際に障害の有無にこだわってほしくない」と説明する。 妊娠中に「こうなるかもしれない」と仮定の話をしても仕方がない、「あるがまま」を受け止め、生まれてきたわが子に精いっぱいの愛情を注げばよいというのが松野さんの主張とも考えられる。 慶應義塾大学病院の医療情報サイトを見ると、東尾さんや松野さんが回避した羊水検査とは出生前診断の代表的な方法で、主に胎児の染色体を調べるのが目的だ。 妊娠15~18週に、羊水を吸引して調べる。 検査の実施により0. 2~0. 3%の確率で前期破水や流産、早産のリスクが伴うが診断精度は高い。 羊水検査をめぐっては、賛否が分かれる。 「反対派」の言い分は、胎児の健康状態に関係なく出産を決意しているので受ける必要がない、という内容が多く見られる。 検査自体も100%安全というわけではなく、費用も安いとはいえない。 だが一方で、胎児の状態を確実に知りたいと考える妊婦がいるのも事実で、ネットの質問投稿サイトには「検査を受けようと考えているが、経験者の意見を聞きたい」との書き込みが多い。 さらに踏み込んで、検査で「陽性」の結果が出た場合にどうしようとの悩みも聞こえてくる。 ダウン症で生まれてくる赤ちゃんを育てる自信がない、というわけだ。 ある女性はブログで、羊水検査を受ける意図をつづった。 結果内容にかかわらず出産を前提としているが、検査を受けることで出産後の準備に万全を期す時間が得られる、夫婦でいろいろな話ができるので、仮に赤ちゃんが障害を抱えて生まれてきたとしても子育てについて共通の価値観を事前に養っておける、といったメリットを強調している。

次の

東尾理子アンチが嫌いな理由は子供のダウン症をブログで否定?不妊治療と第二子出産の真相をチャネる!

ダウン症 ブログ りこ

日本でも高齢出産が増える中でダウン症についてはたびたび話題に上がることが増えてきました。 一方で目に見える症状や検査方法などばかりが伝えられており、実際にはダウン症を正しく理解し、認識している人は少ないのではないでしょうか? 今回は、ダウン症について大阪医科大学小児科教授の玉井浩先生にお話をお伺いしました。 ダウン症とはどのような病気か ダウン症とは21番目の染色体が正常では2本のところが3本存在する標準型がもっとも多いです。 これは21というのひとつになります。 出生児の染色体異常においては、この21トリソミーが最も多くみられます。 そして、染色体の構造の違いによって、転座型、モザイク型が存在します。 標準型 標準型は全体の90〜95%を占めています。 標準型では母親由来の染色体と父親由来の染色体が配偶子を形成する際に不均等に分離するために(これを染色体不分離といいます)、子どもの21番染色体が3本になってしまっています。 この場合、両親の染色体はほとんどのケースで正常です。 転座型 転座型は全体の5%を占めるパターンになります。 転座型ではどちらかの親の21番染色体のうち、1本が他の染色体にくっつくことで、一部だけトリソミーになってしまっている状態です。 このように一部が他の染色体とくっついてしまう状態を転座といいます。 この場合、どちらかの親が転座染色体を保因していることになります。 モザイク型 モザイク型は全体の数パーセントととても珍しいパターンです。 私たちの体はたくさんの細胞から成り立っていますが、モザイク型では、正常な21番染色体をもつ細胞と、21トリソミーの細胞の両方が混ざっています。 モザイク型の場合も、通常親の染色体は正常です。 ときどき、「ダウン症は遺伝する」といった情報がありますが、このような分類を見ていただけるとわかるとおり、実際に遺伝が関係しているのは転座型だけであり、ダウン症全体の5%程度にしかすぎません。 標準型やモザイク型は遺伝子とは関係なく、親から受け継いだものではないということも知っておくべき情報といえるでしょう。 ダウン症の発症確率はどれくらい? 現在日本でのダウン症者数は約8万人、推定平均寿命は60歳前後と考えられています。 また、ダウン症の発症率は約700人に1人と推測されます。 実際は受精した時点での21の発生率はこの約2倍といわれているのですが、や、お腹の中で赤ちゃんが亡くなってしまう(胎児死亡)ことも生じやすくなるため、統計的にはこの数値にとどまっています。 高齢出産だとダウン症確率が高くなる、ということを聞いたことがある方も多いかもしれません。 確かに、母体の年齢が高齢になると、ダウン症の発症率は高くなるという統計があります。 実際、母親が20代前半では発症率が約1000人に1人という確率に対して、40歳以上になると約100人に1人の確率となり、リスクが高くなることは事実です。 しかし、この数字からもわかるように、母親が若いからといってダウン症の子が絶対生まれないというわけでもありません。 また、前述の転座型の染色体を保因している場合のダウン症発症率は、親の染色体にもともと異常があるために、一般的な発症率に比べて高くなります。 そのため高齢という要因とはまた別に考慮しなければいけません。 ダウン症ではどんな症状になるのか? 21では、様々な症状が生じる可能性があります。 ここでは、ダウン症で生じる症状についてお伝えしたいと思います。 見た目の特徴 ダウン症の子どもはとても特徴のある顔立ちをしています。 頭がやや小さめで、後頭部が絶壁になっています。 両目は少し離れていて、ややつり上がっています。 鼻は小さめ、舌は大きめで前に出ていることが多く、そのため口を開いたままの表情になります。 耳の位置は少し低めになります。 発達 外の世界に興味を持ち始める幼少期に外的な刺激が不十分なため、筋力の発達の遅れや言葉の発達の遅れが見られます。 筋力が弱いために、親から見ていると積極性に欠けるように見えたり、おっとりした性格のように感じられることもあります。 言葉も不明瞭で語尾だけを声にだしたり、抑揚のない話し方をします。 一方、ダウン症の障害のひとつとして、もあげられるのですが、知的障害の幅はとても広く、ダウン症の症状として知的障害を定義するのは難しいとされています。 自分で日常生活を行うことができる方や、普通に車を運転できる方、大学を卒業されている方もいらっしゃいます。 中には書道家、ダンサーといったアーティストとして活躍されている方もいらっしゃるほどです。 合併症 ダウン症には循環器、消化器、耳鼻咽喉科、整形外科、血液内科、と多くの科にまたがった合併症が生じる可能性があります。 まず、先天性の心疾患として、心臓内を4つに仕切っている壁が完全に形成されていない心内膜欠損症・・といった病態が挙げられます。 は、ダウン症の約50%にみられるといわれています。 以前は肺などといった続発的な負担もあり、重症化することがあったのですが、近年では胎児の時点で心臓の正確なエコー診断が可能となり、心臓手術も積極的に行われることによって重症化する前に治療ができるようになりました。 また、ダウン症は血液のがんであるにもなりやすく、非ダウン症に比べて10~20倍発症率が高いとされています。 白血病は、幼児期の血液検査で白血球の増加、、血小板減少といった結果が出ることで診断されます。 一方でダウン症は、塊になって発生する固形腫瘍(がん)の頻度は少ないこともわかっています。 その他にも消化管が正常に形成されない、十二指腸閉鎖、(肛門が閉じてしまっている)といった症状や、、、といった感覚の障害、、といった内分泌の障害も時間の経過とともに現れることがあります。 このため、以前は平均寿命が短く、ダウン症は小児だけの病気であると捉えられていました。 しかし近年では治療も進み、平均寿命は約60歳とも報告されています。 成人後のケアやサポートも必要とされるようになってきているのです。 ダウン症の検査・診断 ダウン症の検査は大きくわけると母体の血液を採血する検査と、羊水から調べる検査の2種類があります。 これをクワトロテストといい、早期に受けることができます。 ただ、このテストではダウン症の約80%しか検出できません。 また陽性と出た人のうち5%は偽陽性(実際は21ではなかった)です。 この方法は、海外では妊婦さんに提案している国もありますが、日本では現状に即しておらず、あまり普及していません。 もうひとつは羊水検査です。 お腹に注射器を刺して子宮から羊水を採取し、検査を行います。 羊水中には胎児の細胞が浮いているので、その細胞からを調べることで診断が可能です。 妊娠15週から検査を受けることができ、検査の確率は99%といわれています。 しかし、子宮に注射器を入れることになるので、赤ちゃんにとっても負担の大きい検査となります。 や胎児を傷つけてしまうリスクもあるということも理解しておかなければいけません。 また2011年10月より、アメリカでは、妊婦の血中にわずかに含まれる胎児のDNAから、妊娠10週前後でダウン症を診断できる()が開始されました。 この検査は検査率が99. 9%以上で胎児へのリスクも少ないと考えられています。 日本でもその検査の是非が問われていましたが、2013年には限られた施設で、遺伝カウンセリングなど正確な情報を伝えた上での実施が開始されています。 ただ、こういった検査を受けられる方はきちんとその検査の意義を理解する必要があります。 日本ダウン症協会においても、「NIPT検査を受けるかどうかは最終的に親の意向で決定すべきだが、スクリーニングとしては使ってほしくない」といった姿勢を示しています。 検査率が99. 9%というと、とても精度の高い検査だと思われるかもしれません。 しかし、そもそもダウン症の発症率は約1000人に1人、確率にして0. 1%です。 また特異度99. 9%の検査というのは、ダウン症と診断した胎児のうち、1000人に1人は実はダウン症ではないということと同義です。 もし中絶という選択をしてしまったとしたならば、1000人に1人はなにかしらの異常もない子だったのに、この世に生まれることができなかったことになります。

次の