餅 つき 機 使い方。 餅つき機ってどうですか?

もちつき機

餅 つき 機 使い方

餅の丸め方 一口大に、小さくちぎり分ける方法です。 つきたてを、素手でちぎり分けるのが、一番やりやすいです。 ベタベタひっつかないように、餅取り粉または水をつけながら作業します。 熱いので気を付けて! 丸める前に、水か粉を準備 基本的には、水を使うと間違いないです。 この場合は、つき上がった餅を、水で濡らした大皿などに取ってからちぎるとやりやすいです。 臼と杵を使っていた頃は、つき上がった臼から直接ちぎっていた記憶があります。 この場合は水を付けてちぎります フィンガーボウルよろしく水を用意しておきます。 この水で、指先だけでなく手全体を濡らしつつ、ベシャベシャにならないよう水気を切りつつ作業します。 どんな餅でも水で作業できますが、特に水が向いているのはこんなときです。 ・餅がやわらかい(水分が多い) やわらかい餅だと、粉をつけてもつけても餅がどんどん広がって、台や手にくっついて大変です。 ・あんこやきな粉をつけるとき 粉を付けない方が、なじみが良いと思います。 何も付けない場合でも、水でちぎってから餅取り粉をまぶす方法があります。 粉が良いのはこんな場合 ・しっかり固めの餅を、何もつけずに仕上げる 餅の中でも固めなのは、白、ごんだ、豆(実家基準)。 特に豆餅は、塩味が付いていてそのまま食べるので、丸めるなら粉で取った方が、それだけで仕上がりになるので楽です。 ちなみに、粉は『餅取り粉と片栗粉を1:1で混ぜたもの』を、実家では使います。 餅取り粉単独より、滑りが良いのでこうしているそうです。 実際のちぎり方 両手を使い、餅の塊から絞り出す感じで、ちぎる大きさを決めます。 親指と人差し指で輪っかを作っていくイメージで手を動かすと、やりやすいと思います。 決めた大きさの根元で、片手の親指と人差し指で輪っかをすぼめて細くしたら、そのまま絞り切ります。 思い切ってギュッと。 または反対の手で、ねじったり勢い良く引いて、切ります。 水で取ったなら、あんこやきな粉や餅取り粉を全体にまぶし、形を整えます。 餅取り粉を使ったなら、断面にも粉をつけて、形を整えます。 ちなみに、粉や水がきちんと付いていれば、絞り切るときも、そこまで熱くないです。 あまり付いていないと、餅が手にべったりくっついて熱いです。 また、反対の手で切る場合は、ゆっくり引いてしまうと、みよーんと伸びてしまってやりづらいです。 特に柔らかい餅では伸びやすいです。 乾いてしまったり、粉や水が付いた部分は、なかなか再度くっつけることはできないです 引くなら勢いよく。 またはねじり切るようにすると良いです。 餅を塊で分ける方法 のし餅用とあんこ餅用を分ける時や、場所が狭いので二つに分けてのしたい時など、ふたつやみっつの塊に分けたいこともあると思います。 この場合も、一口大にちぎる時と同じように、絞るような手の動かし方で行うとやりやすいです。 白餅を分ける様子。 豆餅を分ける様子。 断面に粉を付けるときは、餅を動かすのは大変ですから、粉の方を掴んで持ってきて撒くとよいです。 鏡餅のきれいな丸め方 白餅を丸めて鏡餅を作る方法です。 広めの作業場を用意し、ちぎる役と丸める役で手分けすると良いです。 また、冷めて固まるまでそーっと置いておくために、おかがみ専用の休め場所を確保しておきましょう。 移動できる台があればベストかもしれません。 まな板とか。 粉をはたいて、滑らかな面が出るように、大きさを決めてちぎります。 手の使い方は、上記の餅の丸め方と同じですが、滑らかな面を出すことを意識していきます。 断面は餅のおしりに回すように。 断面が出ているお尻の部分に粉をつけて、丸め役に渡します。 ちなみにプロがやると、この時点で餅はきれいな丸になっており、置いて頭を撫でるだけで、立派な鏡餅になる・・・という噂です 丸め役は、餅の滑らかな面を上にして台へ置いたら、脇の断面や溝をお尻の下へ押し込むように、表面を張るように、形を整えていきます。 皮が張ってこないうちに、手早くいきましょう! 小指のキワを意識しながら、餅の下部を押し込んでいきます。 一方向に回すように、手を前後に動かしましょう。 こうすると丸く整えやすいです。 写真は手遣いが控えめですが、餅を両手で捧げ持ってるように見えるほど、手を押し込んだりします。 餅取り粉に半分片栗粉を混ぜることで、滑りが良いのを一番実感するのがこの工程です。 形が整ったら、最後に手のひら全体で、平たくなるよう頭をおさえてやります。 きれいに出来たら、崩さないようにそっとすくって、またはスライドさせて、休め場所まで持っていきます。 自重で少し広がるので、間をあけて並べます。 この後、固まらないうちに触ったり移動したりすると、表面に派手にシワが入ります。 直そうとしていじると、さらに悲惨なことになります。 固まるまで、そーっと冷ましてあげてください。 ちなみに、シワになった例がこちら。 広がってほっぺたくっつき合っちゃったのを、外して断面を整えた物だと思います。 そっと作業したつもりでも、こんなもんです。 シワになっても、2段の下側に重ねてあげれば、あんまりバレません。 おかがみが隣とくっついてしまった場合、完全に固まってから包丁で切って外すのが、一番綺麗に外せそうです。 しかし、飾る前のおかがみに包丁を入れるのは、賛否がありそうな気もします。 餅が冷めて固まってきたら、重ねてしまうと、場所が空きます。

次の

もちつき機

餅 つき 機 使い方

もくじ• 餅つき機の使い方 おもむろに もち米を入れて、 蒸すための 水を入れて、 「むす」ボタンを押して、 蒸しあがるまで放置(何分くらい蒸したのか正確に覚えてない) ・・・ 蒸しあがったら ビーッと大きな音が鳴るので次は「 つく」のボタンを押すとぐわんぐわんとミキサーの羽根みたいなものが動き始めます。 ふたは開けっ放し。 途中、 水をちょいちょい足しながら放っとくとだんだんお餅みたいになってきて、 さらにつくとお餅の 表面に艶が出てくるので、 最後はぐわしと掴んで、 のし台に投げ込みます。 (ここでだいたい歓声と拍手が起こる) あとはこねこねとお餅の形にしていくだけ。 (今気づいたけど この動画では蒸す工程がカットされてました。 すいません。 )真ん中の再生ボタンを押すと再生が始まります。 ホッパーを矢印の方向にしっかり固定してください。 羽根を回転軸の切かきに合わせて差し込んでください。 水切りをした もち米をホッパーに入れケースを閉じてください。 蓋をはずしボイラーの目盛まで 水を入れてください。 (もち米1. 8Lのとき目盛の上段、0. 9Lのとき目盛の下段)給水後は静かに蓋を閉めてください。 「 むす」のボタンを押してください。 むし上ったらブザーがなりますのでいったん「切」のボタンを押してください。 しゃもじなどでもち米をホッパーの中央にボール状によせてから「 つく」のボタンを押してください。 8~12分ぐらいでもちがつき上ります。 少量の水をもちの周りに注ぎもちが空回りし始めたら手をよく水でぬらして素早く取り出し、のし台でのしてください。 ブザーは勝手に鳴るし、「つく」工程は餅の表面を見て美味しそうに見えれば出来上がりだし、使い方はそんなに難しくないですね。 餅つき機・餅切り機 写真や動画で使ってる餅つき機はだいぶ昔のもので検索してもなかったけどエムケー電工の「かがみもち」1升タイプらしいことがわかりました。 他にもいろいろあるけど。

次の

餅つき機でのかがみもちの作り方と使い方はこう!パン作りもできる?!

餅 つき 機 使い方

使用前 羽根、臼、パッキンを洗っておきます。 パッキンは、餅つき機本体と臼の間に、クッションのように挟まっています。 機械によって違いがあると思いますから、説明書を見ながら外してみましょう。 本体の足や、臼・羽根の取り付けに、ゆがみやガタツキがないか確認しておきます。 稼働中の餅つき機というのは、全力で回ってる洗濯機に雰囲気が似てまして、足が不安定だとガタゴトいって危ないです。 また、羽根の取り付けが甘くて餅をついている最中に外れると、餅になりかけの熱々の中に紛れ込んで、掘り出すのがものすごい大変です。 ついている最中は、強いパワーで餅が回ってますので、そばで見守っていないと怖い感じです。 つき終わったら、臼を外します。 熱いので、ふきんを使うのが推奨されています。 (私たちは素手でやっちゃってましたが・・) 台へ逆さまに置いて、餅がはがれおちるのを少し待ちます。 はがれたら、餅に埋まった羽根を掘り出します。 羽根、臼、パッキンは一臼ごとに洗います。 テフロン加工の臼は、気持ちいいほど餅がはがれるので(栃餅と草餅はくっつきがちですが)、さらっと洗えばOKです。 間違ってもタワシでゴシゴシとかしないように! 羽根とパッキンには、餅がこびりつくので、指やスポンジでしつこく取ります。 こちらは羽根。 こういう軸に挿す穴の所にも、餅が入り込みます。 つまようじの頭の凹凸を使うと、ちょっと取りやすいです。 パッキンも、本体から外して洗います。 凹凸の所に餅が入り込みます。 誰かが洗ってくれたあとですが、よかったら想像だけでも。 洗えない部分も、一回ごとに掃除します。 特に、羽根を挿す軸の所。 餅がひっついていたら取り除きます。 餅つき終了後 洗って掃除し、乾かしてから片付けます。 洗う・掃除するのは、餅つき最中にやっていたのと同じ要領です。 餅まみれの羽根の相手、もう飽きた! と思ったら、とりあえずお湯につけておけば、ゆるんで取りやすいかも。 乾かすのは、じゅうぶんに行わないと、実家のやつみたいに錆びるかもしれません。 モーターを覆ってる金属の付近がね。。 (母よ、こんな写真上げて済まぬ) カビの恐れもありますので、念入りに乾かしてから片付けましょう。 最後に 餅つき機は便利ですが、非常に力のある機械です。 くれぐれも、手や、服の紐など巻き込まれないように注意して使いましょう。 小規模な餅つきなら、蓋が付いている機種が安心して使えますね。 (途中で味見や様子見ができるかは分かりませんが・・) そんな所でした。

次の