ボー ちゃん ママ。 ボーちゃんの本名や苗字は?お母さん(親)が出ない理由や障害者の噂って本当?

ボーちゃんの謎…本名は?お母さんは1度だけ登場している?

ボー ちゃん ママ

ボーちゃん以外の本名・家族 しんちゃんは幼稚園の仲良しグループ「かすかべ防衛隊」に所属しております。 ボーちゃんもそのメンバーです。 ボーちゃん以外のかすかべ防衛隊員の本名や家族は判明しているのですが… かすかべ防衛隊 かすかべ防衛隊の基本メンバーは5名です。 臨時メンバーなどを考慮しなければ、すべて5才の幼稚園児で構成されております。 しんちゃん しんちゃんは言わずと知れた『クレヨンしんちゃん』の主人公で、かすかべ防衛隊の「隊長」です。 彼の下品さは、「子供に見せたくないアニメ第1位」に選ばれるほど。 本名は 「 野原 しんのすけ(のはら しんのすけ)」。 しんちゃんの母親は 「 野原 みさえ(のはら みさえ)」。 しんちゃん父親は 「 野原 ひろし(のはら ひろし)」です。 風間くん 風間くんは小学校受験に向けて目下勉強中のお利口な幼稚園児。 頭脳明晰でスポーツ万能。 かすかべ防衛隊の「リーダー」です。 しんちゃんには振り回されることが多いですが、まんざら嫌というわけでもなさそうです。 風間くんの本名は 「 風間 トオル(かざま とおる)」。 風間くんの母親は 「 風間 みね子(かざま みねこ)」。 ちなみに風間くんはかなりのマザコンで、母親も息子に溺愛。 幼稚園児ですので致し方ないですが、しんちゃんにはよくバカにされています。 風間くんの父親は オーストラリアに単身赴任中。 名前については不明ですが、登場していないというわけではありません(アニメ第692話「思い出のパース旅行だゾ」に登場)。 ちなみにこの回は に収録されております(amazonリンク)。 ネネちゃん ネネちゃんは、かすかべ防衛隊の紅一点で、一見まともな女の子です。 しかしその性格はわがままで、しんちゃんですら恐れるほど。 かすかべ防衛隊の「女王様」です。 ネネちゃんの本名は 「 桜田 ネネ(さくらだ ねね)」。 ネネちゃんの母親は 「 桜田 もえ子(さくらだ もえこ)」。 ネネちゃんは怒るとウサギの人形を殴ってストレスを解消しますが、実はその癖はネネちゃんの母親から引き継がれたものなのです。 ネネちゃんの父親の名前は不明ですが、アニメ・マンガには 度々登場しております。 影が薄いというメタ発言をされることも。 ちなみにアニメとマンガで容姿が違います。 マンガ版のパパ、ガラ悪いですね。 マサオくん マサオくんはおにぎりです(雑)。 基本的にいじられキャラのマサオくん、かすかべ防衛隊では「キャプテン」を務めています。 マサオ君の本名は 「 佐藤 マサオ(さとう まさお)」。 マサオ君の母親の本名は不明ですが、よく登場します。 見た目はマサオ君のおばさんバージョン。 マサオ君の父親の本名も不明。 登場も後姿のみですが、会話で登場することはあり、マサオ君曰く「これといって趣味もなく冴えない感じ」の人物。 マサオ君は謙遜しているのでしょう。 きっと。 ボーちゃん さて本題の ボーちゃん。 追加情報としては、呼び名の通り「ボー」っとした雰囲気の男の子。 劇場版『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』では幼稚園バスを運転するなど、並外れた潜在能力を秘めた幼稚園児超人です。 ボーちゃんの本名 さて、 ボーちゃんの本名。 ボーちゃんの本名には諸説ございます。 以下にいくつかご紹介させていただきます。 「ボー・チャン」説 ボーちゃんは中国人で、ボーちゃんの本名というのは実は 「 ボー・チャン」。 つまりボーちゃんというのは本名であるという説がございます。 たしかにボーちゃんのカタコトチックな日本語や、特技の曲芸など、中国人であると言われても不思議ではないような気もします。 中国でも人気の『クレヨンしんちゃん』。 中国ではボーちゃんは噂の本名「ボー・チャン」として扱われているのでしょうか。 ボーちゃんの本名が「ボー・チャン」であるのか確認すべく、中国の『クレヨンしんちゃん』公式サイトでボーちゃんの紹介ページを見てみましょう。 「阿呆」。 日本語で解釈するとただの悪口です。 しかし、中国語で考えると「阿=ちゃん」とのこと。 したがって、 中国でも「ボーちゃん」であり、決して「ボー・チャン」としては扱われていないのです。 これによりボーちゃんの本名「ボー・チャン」説はないと考えてよろしいのではないでしょうか。 「石橋ボー」説 ボーちゃんの本名は 「 石橋 ボー(いしばし ぼー)」なのではないかという説がございます。 Wikipediaでボーちゃんについて調べると… 隊員では唯一本名不明だが、「 石橋ボー」と呼ばれた回が一回だけある。 家族構成についてもほとんど不明で、両親ともにまったく素性が明かされていない(母親たちの井戸端会議にも彼の母親だけは出席したことがないが、『嵐を呼ぶジャングル』によるとボーちゃんの母親とは顔見知りである模様)。 とのこと。 しかし、「ボーちゃんの本名が石橋ボーであること」に関するソースは発見できず。 そもそも他の幼稚園児の本名を踏まえても、日本人の名前として「ボー」は不自然だとは思います。 ただボーちゃんに限って、スタンダードが通用しないので、あるいは… 「井川棒太郎」説 ボーちゃんの本名は 「 井川 棒太郎(いがわ ぼうたろう)」なのではないかという説がございます。 1993年の8月に放送された第63話『相撲大会でガンバるゾ』という話で、トーナメント表が出てきたそうです。 その中に「井川棒太郎」と言う名前があり、これがボーちゃんの本名なのではないかとのこと。 しかし井川棒太郎がボーちゃんを示しているのかどうかは明らかになっておりません。 ちなみにボーちゃんの本名らしき名前が登場したとされる相撲大会の回は以下のDVDに収録されております(amazon)。 「棒井棒太郎」説 ボーちゃんの本名は 「 棒井 棒太郎(ぼうい ぼうたろう)」なのではないかという説がございます。 1994年の1月に放送された第83話『オラはエンピツしんちゃんだゾ』という話で、しんちゃんが小学校に進学するのですが、出席をとるシーンでボーちゃんは「棒井棒太郎」と呼ばれたそうです。 それがボーちゃんの本名ではないかとのこと。 未確認です。 ちなみにそのボーちゃんの本名らしきセリフが登場する『オラはエンピツしんちゃんだゾ』の回は以下のDVDに収録されております(amazon)。 「東構棒太郎」説 ボーちゃんの本名は 「 東溝 棒太郎(ひがしかまえ ぼうたろう)」なのではないかという説がございます。 これは何故か広まっている説でどの話がソースなのかすら確認することができませんでした。 しかしボーちゃんの本名として「東構 棒太郎」説が噂されていることは確かです。 東構(ひがしかまえ)って珍しい苗字ですね。 ボーちゃんの母親 ボーちゃんの本名と同じく、ボーちゃんの母親もアニメでは登場しません。 映画『クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級サバイバル!!』のエンディングでも、他のお友達は家族との再会を泣いて喜んでいるのに、 何故かボーちゃんの家族だけ登場しない始末。 これではボーちゃんが不憫です。 コミックス第10巻にボーちゃんのママが?! 実は コミックス第10巻にボーちゃんの母親が登場したのではないかと言われております。 その話ではボーちゃん以外のかすかべ防衛隊のメンバーが、ボーちゃんのあまりのミステリアスさを気味悪がり、 ボーちゃんを家まで尾行することになります。 この時点で彼らはボーちゃんの住所すら知らないのです。 最後に ボーちゃんが母親らしき人物に声を掛けられます。 しかしその人物は明確には描写されず、影のみしかわかりません。 しんちゃん達もちんどん屋に気をとられ、その人物の確認を失敗しております。 ママにもボーちゃんと呼ばれるボーちゃん。 ここでもボーちゃんの本名はわかりませんね。 ともあれ、ボーちゃんの母親はボーちゃん以上に謎に包まれているのです。 ボーちゃんの他の家族 さてボーちゃんの母親はコミックスで登場したと思われておりますが、ボーちゃんの父親を始め他の家族はどうなのでしょう。 Wikipediaではボーちゃんの家族構成は不明と書かれておりましたが… ボーちゃんの父親 ボーちゃんの父親は影すら登場しません。 どうしてでしょうか。 ボーちゃんの姉 ボーちゃんには姉がいることがボーちゃんの話から明らかに。 ボーっとしているのでしょうか。 しかし、父方なのか母方なのかは不明です。 まとめ もしボーちゃんが友達なら、私は詮索しません。 最後までお読みくださいましてありがとうございます。

次の

ボーダーコリー 人気ブログランキングとブログ検索

ボー ちゃん ママ

クレヨンしんちゃんの ボーちゃんといえば、つかみどころのないマイペースな男の子ですね。 そんなボーちゃんには、彼の 親に関する、さまざまな奇妙なうわさが飛び交っています。 というのは、不思議なことに、ボーちゃんの親は全く素性が明らかになっていないためです。 クレヨンしんちゃんの数あるミステリーのなかでも、ボーちゃんの親に関する話は、いま最も注目されている話題でしょう。 ということで、ここでは クレヨンしんちゃんのボーちゃんの親の奇妙な設定と、本名の噂8つについてご紹介していきます。 クレヨンしんちゃんの、ボーちゃんの親の奇妙な設定 クレヨンしんちゃんの数々いるキャラクターのなかでも、ボーちゃんの家族ほど謎に包まれているキャラクターは他にいないでしょう! そんなボーちゃんの親だからこそ、とっても 奇妙な設定がたくさん見つかります。 ぜひ、ボーちゃんの親の奇妙な設定について、ご一緒にいろいろと考えてみてくださいね。 特に 主要なキャラクターである、しんのすけ、ネネちゃん、マサオくん、風間くんの家族は、しょっちゅう登場しますよね。 スポンサーリンク しかし、同じく主要なキャラクターであるはずの ボーちゃんだけは、まったく家族と過ごしているシーンが無いのです! 理由も不明のままなのですが、運動会や、他の園児の保護者がいるイベントなどでも、決してボーちゃんの親の姿はありません。 そうなると、一瞬、ボーちゃんには何らかの理由で両親が いないのかと疑いますよね。 でも、ボーちゃん本人が言うには、しっかり両親はいて、しかも 近所に暮らしているのだとか! そうなると、ますますボーちゃんの家族が人前に姿を現さないのが、奇妙に思えてきます。 しかしやはり、画像を見ていただくと分かるように、 髪型くらいしか詳細がわからない描き方をされていますよね! このシーンのおかげで、ようやくわかったボーちゃんのお母さんの情報は以下の通りです。 ボーちゃんのことは、ボーちゃんと呼ぶ• ボーちゃんからは、ママとよばれている• 黒髪のミディアムヘアーである たったこれだけの 情報ですが、ボーちゃんのお母さん史上、もっとも情報が明らかになったシーンでした。 たしかに、ご近所さんからいじめられていると、なるべく身を隠そうとしてしまうのも分かりますね。 でも、もし本当にそのような理由だとすると、あまりにも ブラックな設定ではないでしょうか? スポンサーリンク とは言え、こども向けアニメに思われているクレヨンしんちゃんですが、過去にも意外とブラックな 人間関係が描かれていたりするので、ご近所いじめもあり得ない設定ではありません。 せっかく明るい雰囲気のあるクレヨンしんちゃんだというのに、この悲しいうわさが、決して 真実では無いことを祈るばかりですね。 一軒家で、しかも幼稚園の近所でボーちゃんの家族が生活していれば、何らかの情報が周囲にもれてるはずでは?と思えますね。 それでもやっぱり、ボーちゃんの家族は、ボーちゃん以外は全員が 正体不明のままです。 もしお母さんだけが正体不明なら、お母さん 個人が恥ずかしがり屋だとか、人に言えない仕事をしているとか、いろいろな可能性を考えられると思います。 ですが、家族ぐるみで気配を消しているとなると、家族全員が スパイや殺し屋などの特殊な家業なのではないか、とさえ思えますね。 考えてみれば、公式で発表されているボーちゃんの 特技のひとつに、気配を消すというものや、鼻水を自由自在に武器にできるということが挙げられます! もしや、これらの特技は、ボーちゃんが暗殺者や忍者の類だということを示しているのかも知れません。 ネネちゃんたちが、そう思ってしまうのも無理はありませんよね! ボーちゃんは、他の園児たちが絶対にできないような 妙技も、ササッとこなせてしまうからです。 なぜかタップダンスを一瞬で習得できたり、手裏剣を使いこなせたり、そして鼻水を自由自在に操ることができちゃうような児童です! そのうえ、本名や家族についてなんにもわかっていないとなると、もう 宇宙人としか思えなくなっても仕方ないでしょう。 もしも、仮にボーちゃんが宇宙人なのだとすれば、家族があまり人前にでたがらないのも、 フルネームを明かさないのもわかります。 スポンサーリンク ボーちゃんが、地球にはないようなものすごい 言語のフルネームを持っているかも、と思うと、ますます気になりますね。 クレヨンしんちゃんの、ボーちゃんの親の本名の噂 他のキャラクターは、ほとんどが細かく フルネームを設定されているというのに、ボーちゃんだけは今も昔も「ボーちゃん」で通称されていますね。 加えて、先ほどからご紹介していますように、ボーちゃんの 家族も全く登場することがないため、未だにボーちゃんのフルネームは明かされていません。 そこで最も可能性が考えられているのが、ボーちゃんの家族は、本名と顔がバレるとまずい仕事をしているのではないかということです。 たとえば、どんな職業が該当すると思いますでしょうか? おそらく普通の職業ではなくて、スパイ、探偵などの スゴイ職業の可能性もあるかもしれません。 ボーちゃんが、手裏剣を自在に操っていたシーンもありましたから、もしかして忍者なのかもしれませんね! クレヨンしんちゃんが日本で愛され続けて、かれこれ数十年が経ちますが、いまだにボーちゃんの本名の手がかりはありません。 つまり、ボーちゃんは外国籍の男の子で、彼の家族も中国や韓国の人かもしれないと言われているのです。 たしかに、思いがけない発想ではありますが、ボーチャンという響きは 外国語にも聞こえますね。 もちろん、この噂の正しさについての根拠はまったくありませんが、ファンの間でもけっこう支持されている、有力なうわさになっています。 そもそも、他の園児たちがどうして「ボーちゃん」と呼んでいるのかも あやふやにされているんですよね。 はたして、ぼーっとしているからなのか、「ぼぉ」という声をあげるからなのか、理由はいろいろ推測できますが明らかにはされていません。 とある相撲大会のエピソードにて、トーナメント表に、 井川棒太郎という名前が記載されていました。 これまでクレヨンしんちゃんの作中に、井川棒太郎というキャラクターは登場しておらず、しかも 棒という漢字の響きがぴったりあうのはボーちゃんくらいではないでしょうか? こういった理由から、ボーちゃんの名前が井川棒太郎であるという可能性は、かなりあると考えられています! そしてもしも、この説が正解だとするなら、ボーちゃんの両親の名前は 井川ということになりますね。 ただ、いまのところ、このうわさにも何個か 反論が存在しているため、確定とは言えません。 ちなみに、この井川棒太郎という名前が登場したのは、1993年の8月23日に放送された 『相撲大会ガンバるゾ』というエピソードになっています。 なぜかボーちゃんの親は影しか描かれなかったり、 中国人かもしれないと言われていたり、ますます謎が深まるばかりでしたね! 気になるところではありますが、でもなにかとミステリアスな方が、むしろボーちゃんの 魅力が際立つのかもしれません。

次の

ボーちゃんの本名や苗字は?お母さん(親)が出ない理由や障害者の噂って本当?

ボー ちゃん ママ

一回も表に出てこないなんて、何かワケアリだと思っちゃうわよね。 一度だけ原作にぼーちゃんのお母さんが登場したことがある 実は ボーちゃんのお母さんは一度だけ原作に出てきたことがあるのです。 ボーちゃん以外のかすかべ防衛隊のメンバーが、ボーちゃんのあまりのミステリアスさを気味悪がり、ボーちゃんを家まで尾行することになります。 この時点で彼らはボーちゃんの住所すら知らないのです。 最後にボーちゃんが母親らしき人物に声をかけられます。 しかしその人物は明確には描写されず、陰のみしかわかりません。 しんちゃん達もちんどん屋に気を取られ、その人物の確認に失敗してしまいました。 しかし、コマを見ても分かるようにはっきりと顔が書かれているわけではありません。 輪郭と髪型だけ。 他のキャラクターはしっかり顔が書かれているのに、ボーちゃんのお母さんだけ、 あえてのっぺらぼうにされています。 何か意図的なものを感じますよね。 肩につくくらいのミディアムヘアだけど性別は不明• お母さんもボーちゃんと呼んでいる• 「ママ」と呼ばれている 分かることは、これだけです。 謎が深まります。 ボーちゃんに母親が存在することだけは確か 色々な疑問がありますが、お母さんがいることだけは確かです。 コミックスに登場していることもそうですし、ちょこちょこと他のお母さんがボーちゃんのお母さんについて言及しているからです。 「クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶジャングル」でマサオくんのママが、 「ボーちゃんのお母さんからボーちゃんを預かったがボーちゃん自身しっかりしていて全く手間がかからない」とボーちゃんと褒めていた 「ボーちゃんのお母さん来られなくて残念」というような会話 お母さん同士の絡みはあるんですよね。 だから、存在していることは確かなようなのです…。 ボーちゃん一家は、近所からいじめられているのではないか?という噂がある!姉と祖母もいるのに… 外に出てこないし、全然様子もわからない。 身を隠していることから察するに、もしかすると ボーちゃん一家は周囲からいじめられているのではないか?という説があります。 ボーちゃんの話によれば、お母さんの他に 「姉」と「祖母」もいることになっています。 しかし、いずれも姿を現したことはないですよね。 本名と顔がバレると良くない仕事をしている一家なのでは おまけにボーちゃんの特技は 「気配を消すこと」ww こうなってくると、家族ぐるみで何か良からぬことをしているのではないかというふざけた話も出て来てしまいます(笑) ボーちゃん、宇宙人説ww 風間君とねねちゃんの会話中に、 「ボーちゃんって宇宙人なのかも」という話が出てきたことがあります。 普段ぼけーっとしているボーちゃんですが、なんだかんだで 何でもしれっと出来ちゃう子だったりします。 映画の中では 幼稚園バスの運転をしていたこともありますよね。 その技能の習得能力の高さから、宇宙人なのではないかとww そんな話も出てくるくらい、謎なのでした。 ボーちゃんの本名についてもたくさんの噂があります() 謎多き園児なのでした。

次の