お聞かせ願いたいのですが。 「お願いしたく存じます」の正しい使い方は?ビジネス例文で説明

【お聞かせ願い】の例文集・使い方辞典

お聞かせ願いたいのですが

厳密には「お聞かせください」は目上の人に対する正しい敬語とはいえません。 それは「ください」に問題があるからです。 この「ください」には命令のニュアンスが存在しているため、目上の人に使うのは失礼になってしまうかもしれないのです。 「ください」は「くれ」の尊敬語であり、尊敬語というのは目上の人の行動を高めるための表現です。 そのため、「お聞かせください」は相手の行動を高める意味があるのですが、「してください」には命令のニュアンスが含まれてしまうのです。 たとえば、「~してくださって感謝いたします」は敬語としてまったく失礼ではないのですが、相手に行動を要求する「してください」はたとえ尊敬語である「ください」を使っていても失礼に思われるかもしれないです。 基本的に上司や目上の人に対して「お聞かせください」はあまり使わないほうがいいです。 「ください」は要求や命令をするという意味合いがあるため、そんな言葉を上司や目上の人に使うのは、相手を敬っているとは思えない言葉遣いとなります。 ただし、最近は「お聞かせください」という言葉が慣用的になっており、問題なく使われているケースはたくさんあります。 上司や目上の人も「お聞かせください」といわれても怒らないかもしれないです。 しかし、相手が敬語に厳しかったり、言葉遣いに敏感だったりする場合は、「お聞かせください」の命令的なニュアンスに引っかかってしまうこともあります。 相手を不快にさせないためにも「お聞かせください」を使わないほうが無難です。 ビジネスにおける敬語はとても難しいものです。 たとえば、取引先や社外の人に対しては、基本的に正しい敬語を用いるべきです。 ちょっとした言葉の使い方で相手を不快にさせる可能性があるのです。 そのため、細心の注意を払いましょう。 ただし、社内の人間に対しては、敬語を常に使えばいいというわけではないです。 あまりにもかしこまった言葉遣いをするのは、同じ組織の一員に使うのは他人行儀であるという人もいるからです。 また、社内の言葉遣いは実用性を優先させるケースがあります。 細かな言葉遣いを社内で気にするのはナンセンスであるという意見もあります。 そのため、社内の上司や先輩などには「お聞かせください」を使えるケースもあるのです。 「お聞かせください」で問題となるのは「ください」の部分です。 つまり、ここを別に言い換えることによって、より適切な表現になります。 そこで、たとえば「お聞かせ願えませんか」という言い換え方があるのです。 これは「ください」という命令や欲求の形ではなくて、「願えませんか」とあるように願望を伝える表現となっているのです。 願望を伝えるのは上司に対して失礼にはなりません。 むしろとても謙虚な姿勢であり、敬語として正しいと思われるでしょう。 たとえば、上司のご意向をうかがいたいときには「お聞かせ願えませんか」と言ってみましょう。 特にあまり親しくない人のご意向を聞きたいときには、「お聞かせください」を使わないほうがいいのです。 その際には、「お聞かせください」を用いて都合のいい日時を尋ねるのです。 この場合、目上の人以外にも聞くことがあるでしょう。 ご意向を聞くときに、相手が目下の人や同格の人であれば、「お聞かせください」を用いてこの文例のように尋ねるとよいです。 ビジネスはスピード感が大切です。 そのため、あまりにもかしこまった表現で意図が伝わらないよりも、目上に対して多少敬語として間違いがあっても実用性を重視することが許される場合もあります。

次の

[民事・その他]法テラスについての本音をお聞かせ願いたい

お聞かせ願いたいのですが

何かを聞きたい時に「教えてください」「言ってください」というような形で相手に伝えることがあるかもしれませんが、丁寧語ではあるものの不十分な敬語表現であると言えます。 「お聞かせください」という表現は相手に対しての敬意が伝わるだけではありません。 「教えてください」「言ってください」という言葉の主体が相手方であるのに対し、聞き手側が主体の言い方になっているため、その物事について聞きたい、教えて欲しいという気持ちが強く伝わる言い回しにもなっているのです。 「お聞かせください」という表現については教えてほしいという要素以外にも、相手の意見を引き出すような意味合いがあり、そういった目的で使われるシーンも数多い言葉になっています。 相手方の意見を聞くときに「意見を言ってください」と伝えるよりも「お聞かせください」と伝えた方が、相手方の意見を聞き入れるニュアンスが相手方に伝わります。 相手の意見を求める時に聞き方を間違えると、相手にとって挑戦的に思えてしまうシーンも少なくありません。 そのため、このようなシーンでは積極的に「お聞かせください」を使っていくといいでしょう。 また「お聞かせください」という言葉にも、より丁寧に伝わる言い回しもありますので、そういう言い回しも駆使していけたらなおいいでしょう。 相手が何か望む場合に「何かして欲しいことがあれば教えてください」というような伝え方をすると、ビジネスにおける敬語表現としては不十分に映ることでしょう。 他の丁寧な言い回しとしては「ご要望がございましたらお申し付けくださいませ」という表現もありますが、丁寧さは十分であるものの相手方の要望を聞きたいという要素にやや欠ける一面もあります。 「是非ともご要望をお聞かせ願います」と伝えると、丁寧さはそのままで要望を聞きたいというニュアンスを強く打ち出せます。 「ご意見を頂戴する」という言い回しについてはビジネスにおける様々なシーンで使われます。 相手方からの意見が欲しい時に「ご意見を頂戴したく存じます」と伝えることで丁重に相手の意見を聞きたい意向を示すことができます。 また「ご意見を頂戴したい」という言い回しは「貴重なご意見として頂戴いたします」といった表現でも使われます。 この言い回しはコールセンターにおけるクレーム対応マニュアルによく書かれている言い回しです。 お客様のご意見をしっかり尊重したいという意向を最大限に伝える表現になっています。 この表現は「ご質問いただきたく存じます」「ご意見いただきたく存じます」といった形で、相手から引き出したい情報の性質に応じて使い分けることができる表現になっています。 非常に使い勝手のいい敬語表現になります。 「いただきたい」という表現を使うことで、相手方の意見や質問を是非とも聞きたいという強い気持ちを示すことができるので、その意向を相手方に是非とも伝えたいシーンではおすすめの言い回しです。 「ご質問いただきたいです」という言葉も丁寧語で少し敬語のニュアンスには欠けますが、使えるシーンは十分にあるでしょう。 「お申し付けいただきたい」という表現については、特に接客業においてよく使われる表現になります。 「ご要望がありましたら遠慮なくお申し付けくださいませ」というような言い回しで使われます。 この表現に関してもう少し要望を引き出すような言い回しにするのであれば「ご要望がありましたら是非お申しつけいただきたく存じます」という言い方になります。 「いただきたい」は「いただきたく存じます」と言い換えることで、敬語のニュアンスを強めることができますので覚えておきましょう。 例文としては「課長のご意見をお聞かせ願えますでしょうか」という言い回しが挙げられます。 目上の人から何か意見を引き出したい時やアドバイスを引き出したい時に使われる表現になります。 ただしこの表現に関しては厳密には間違った日本語となります。 何故なら「願えます」の「ます」と、「でしょうか」の「です」が2つ同時に使われている二重敬語に該当する表現だからです。 とはいえ、この表現は一般的に使われている敬語で、その使用が慣例化されていて許容されている敬語の部類に入ります。 そのため人がこの表現を使っていても間違いだと指摘することは必須ではないですし、また自分自身はこの言い回しを使わなければいいだけの話です。 もしもこの表現に近い言い回しを使うなら「お聞かせ願えますか」になります。 これでも十分に相手に対して丁寧な言い回しとなります。 「先日行われました新人研修の状況につきましてお聞かせ願います」といった形で使われます。 この表現はビジネスメールなどで使うとやや強制感がある表現になりますが、社内会議等ではその場に合った敬語表現になります。 「状況についてお聞かせ願います」「ご意見についてお聞かせ願います」「方法についてお聞かせ願います」といった表現で、社内会議の議長を務めれば表現において丁寧さを出しつつも、厳粛に会議を切り回していく印象を周囲に与えることでしょう。 こういったシーンでは積極的にこの表現を使っていきましょう。 この表現に関しては「お聞かせ願います」よりも相手から「聞かせて欲しい」という気持ちを強く全面に出している言い回しになります。 「課長のノウハウを是非ともお聞かせ願いたいです」といった使い方ができます。 また「お聞かせ願います」という表現よりも強制感がなく「お聞かせ願えますでしょうか」といった表現と同じくらい相手に敬意が伝わる表現になりますので、目上の人に積極的に使っていきたい表現になります。 目上の人にこの表現を使いながら教えを乞うようにしていくと、目上のモチベーションも上がっていくことでしょう。 この表現は通常ぶっきらぼうに聞こえるので使い方に工夫が必要です。 例えば「こちらにお名前をご記入ください。 それから電話番号もお聞かせください」といった形で会話で他の要望と併せて伝える場合に使う表現になります。 「昨日の状況についてお聞かせください」「営業方法についてお聞かせください」という言い回しも敬語表現にあたるのですが、少し敬語表現の不足を感じる表現になります。 そのためビジネスではこういった言い回しを使うシーンは、失礼にならない状況で失礼にならない相手に限定するようにしましょう。 「願えますでしょうか」「願います」「お聞かせください」という3つの表現を並べても、相手に対する敬意の度合いや、相手に伝わる強制感が変わってきます。 状況に応じて使い分けていく必要があります。 敬語の使い分けというのは「願います」「願えますでしょうか」だけではなく非常に難しく慣れが必要ですが、下記の関連記事はそういった使い分けの仕方が丁寧にまとめられているのでおすすめです。 こちらもこの記事と併せて読んでみると、ビジネスでの敬語の使いまわしに役立つことでしょう。 「お聞かせください」やその派生表現を使う際には丁寧に伝わるが相手から情報等を引き出すニュアンスが弱い表現や、その逆に丁寧さには欠けるものの相手から情報等を引き出すニュアンスが強い表現を使い分けが必要です。 文字に起こした言葉遣いだけではなく、会話においては相手方に対する言い方によって、選択した表現が正しかったとしても相手に対して丁寧さを欠き、不必要な強制感を与えるような状況もあり得ます。 そういった言い方をすると相手方と良好なコミュニケーションが取れなくなりますのでこの点は注意しましょう。 「お聞かせください」という表現は、相手から何かを聞きたい時に使う表現であり、こちらの聞きたい気持ちが相手方に強く伝われば伝わるほど相手方から情報等を聞き出せる可能性が上がってきます。 そのため「お聞かせ願いたい」といった表現をはじめとして、相手方にその気持ちが強く伝わる表現を積極的に使っていくといいでしょう。 ただし会議の切り回しだと逆に粛々と進める言い回しが求められますので、状況に応じてそのニュアンスを使い分けていくようにしましょう。 お聞かせくださいという表現をビジネスで使いこなそう! 「お聞かせください」という言葉は他の敬語と違い、この言葉を使いこなせるかどうかで情報収集の進捗が変わります。 ビジネスにおいて情報は生命線になります。 その点をしっかり意識して、これをきっかけに「お聞かせください」という表現をマスターしていくようにしましょう。 きっと仕事の成果が大きく変わることでしょう!.

次の

大人の方の意見をお聞かせ願いたいです。

お聞かせ願いたいのですが

大人の方の意見をお聞かせ願いたいです。 私は現在大学四年生で就活をしている女です。 そして先日、地元の企業に内定を頂きました。 付き合ってはいないのですが、以前から告白をしてくれている男の子がいて同い年で社会人として働いています。 その男の子からは結婚を考えて真剣に付き合ってほしいということを以前から言ってくれています。 友人として仲良くしていたのですが私が就活がうまくいかない時にも励ましてくれたり一緒になって考えてくれたりして、私自身も彼の人柄などに惹かれていき付き合いたいと思っています。 しかし彼の仕事が特殊な仕事で一度仕事に行くと時期にもよりますが短くても2ヶ月長くて3ヶ月は家には帰ってこれない仕事をしています。 現在は彼は家を私の地元の近くに借りているので帰った時に長期休暇があるのでその時に会っていました。 連絡は今も毎日のように取り合える環境なのでとっているのですが、彼の仕事で帰ってこれず私の事を1人にさせたくないから同じ業界の違う会社に転職すると言ってくれています。 私は毎回2ヶ月待つと言っているのですが、彼は転職するという意思がほぼ固まっているようです。 しかし私自身まだ学生ということもあり、すぐに結婚と中々思うことができず、せっかく彼がこれまで頑張ってきた仕事をそのような形で転職となることに申し訳なく感じています。 またもし新しい会社に転職が出来たとしても、彼は毎日帰って来れる職場になるそうなのですが、私の就職する予定の場所から彼の会社があるところまでが車で3時間ほどかかり、もし将来結婚となっても親がせっかく大学まで行かせてくれてずっと入りたかった会社に内定を頂いたので私的には仕事は辞めずに働いていきたいと考えています。 このような場合、もし今彼と付き合ってもいつかは別れなければならないのか、もし別れるとなった時彼は転職までしてくれたのにという思いでどうしたらいいのか分かりません。 彼の事は好きだけど彼のため将来を思うと付き合わずにこのままの友人関係を継続するべきか迷っています。 アドバイスなどありましたら意見をお聞かせ願いたいです。 よろしくお願いします。

次の