朝日ネット 障害。 manaba メンテナンス・障害情報

免責事項|株主・投資家情報|朝日ネット

朝日ネット 障害

(2018. 05 17:05) 平素は大変お世話になっております。 朝日ネット manaba サポートデスクでございます。 LDAP認証トラブルにつきまして、続報がございますのでご案内申し上げます。 詳細は下記の通りでございます(発生期間も訂正しておりますのでご確認ください)。 ・発生期間:2018年03月05日14時55分 ~ 2018年03月05日15時55分 ・影響範囲:弊社LDAP GWからお客様のサーバへ認証している場合 ・事象 :ログインできない状態となりました ご迷惑をお掛けしておりまして、誠に申し訳ございません。 何卒よろしくお願い申し上げます。 ===== (2018. 05 16:00) 平素は大変お世話になっております。 朝日ネット manaba サポートデスクでございます。 先ほど発生したLDAP認証トラブルでございますが復旧いたしました。 ・発生期間:2018年03月05日15時15分 ~ 2018年03月05日15時55分 対象環境につきましては、別途メールにて詳細をご連絡いたします。 ご迷惑をお掛けしましたこと、重ねてお詫び申し上げます。 何卒よろしくお願い申し上げます。 ===== (2018. 05 15:50) 平素は大変お世話になっております。 朝日ネット manaba サポートデスクでございます。 只今、LDAP認証トラブルが発生しておりますので、ご報告致します。 ご迷惑をお掛けしておりまして、誠に申し訳ございません。 現在、調査中でございます。 詳細が判明し次第、追ってご報告いたします。 平素より manaba のご利用誠にありがとうございます。 この度、認証連携で使用しているShibboleth SPにセキュリティ脆弱性が見つかりました。 それに伴い、Shibbolethを利用して認証連携を行っている環境につきましては、 下記日程にサーバのメンテナンスを実施いたします。 本メンテナンスは数分程度のサービス停止を伴います。 また画面遷移のタイミングでエラーが発生する場合がございます。 対象環境のご担当者様には別途メールにてご連絡いたしますが、 メンテナンス完了後のご連絡は予定しておりませんのでご了承ください。 皆様にはご迷惑をおかけすることとなりますが、何卒よろしくお願い申し上げます。 平素より manaba のご利用誠にありがとうございます。 この度、認証連携で使用しているShibboleth SPにセキュリティ脆弱性が見つかりました。 Shibbolethを利用して認証連携を行っている環境につきましては、 下記日程にサーバのメンテナンスを実施いたしたく存じます。 メンテナンスに伴い数十秒程度のサービス停止が必要となりますので、 お手数をおかけいたしますが、ご利用者様に対して事前の告知を お願いできますと幸いです。 また画面遷移のタイミングでエラーが発生する場合がございます。 なおメンテナンス完了後のご連絡は予定しておりませんのでご了承ください。 ご迷惑をおかけし誠に申し訳ございませんが何卒よろしくお願い申し上げます。

次の

manaba メンテナンス・障害情報

朝日ネット 障害

目的から選ぶ• 接続サービスから選ぶ ご契約されている接続サービス毎にご案内します。 なお、ご契約コースがご不明な場合は、「」にログインしてご確認ください。 光接続• モバイル接続• ADSL接続、他• 各種お手続き サービスのお申し込みや変更、パスワードの変更、お引越しなど、各種お手続きについて、ご案内しています。 サポートデスクからのお知らせ• サポートデスク 2020年07月16日• サポートデスク 2020年07月08日• サポートデスク 2020年07月07日 最近多く寄せられるご質問• ご不明な点や、トラブルが発生した場合は該当する項目をお調べください。 お問い合わせ 困ったこと、知りたいことがありましたら、ASAHIネットまでお問い合わせください。

次の

最新のニュース|朝日ネット

朝日ネット 障害

私たちの行動は脳の前頭前野と大脳辺縁系によってコントロールされています。 前頭前野は主に「理性」をつかさどり、大脳辺縁系は「本能」「感情」をつかさどっています。 通常は前頭前野の働きのほうが優勢ですが、ゲーム障害が起きると、前頭前野の働きが悪くなり、大脳辺縁系による「本能」「感情」に支配され、依存状態から抜け出すのが難しくなってしまいます。 ゲーム障害の患者さんの脳では、ゲームを見ると脳に異常な反応が見られます。 これは、アルコール依存やギャンブル障害の患者さんでも確認できる同様の異常反応です。 脳に異常な反応が起こると、「ゲームをしたい」「遊びたい」などの衝動的な欲求に襲われ、ますます依存状態から抜け出せなくなります。 このような依存状態が続くと、「理性」をつかさどっている前頭前野の機能が低下し、ゲームに対しての欲求がさらにエスカレートしていきます。 とくに未成年者では、前頭前野の働きが十分に発達していないため、ゲーム障害が起こりやすく、将来にわたって影響が続く可能性があると考えられています。 デイケアでは、集団で運動したり、食事したり、ディスカッションなどを行ったりしていきます。 卓球やバドミントンなどのスポーツをすることで、体力が低下していること感じたり、ゲーム以外にも楽しいことがあることが実感できます。 ディスカッションでは、「どのようにしてゲームの時間をへらすのか」「ゲーム以外の活動を充実させる方法」というようなテーマで話し合っていきます。 その際、ゲーム障害から回復した方にも参加していただき、体験談を語ってもらうこともあります。 ゲーム障害のある患者さんは、人とのコミュニケーションに対して苦手意識を持っている場合が多く、ゲームに没頭してしまう傾向があります。 デイケアでは集団で行動していきますので、コミュニケーション能力をアップすることも期待できます。 医療機関によっては、家族が参加する家族会を実施したり、一週間程度の治療キャンプをおこなっているところもあります。

次の