府中 いちご 狩り 園。 「黒いちご」があるイチゴ園も!東京近郊のいちご狩りスポット5選【Lets】レッツエンジョイ東京

【府中いちご狩り園】予約・アクセス・割引クーポン

府中 いちご 狩り 園

東京都のイチゴ狩り 都内では、食べ放題のイチゴ狩りはありませんが、"区画売り"や"量り売り"によるイチゴ狩りができます。 食べ放題のいちご狩りを求めるのなら、神奈川県、千葉県、埼玉県に多数の農園があります。 23区内でも、世田谷区にいちご狩りができるがありますが、木村ぶどう園は土曜日のみ、海老沢ぶどう園は区画売りとなっています。 東京都内では、いちご狩りができる期間は、短いことが多いのですが、多摩市の新倉農園や日野市の柴崎農園では、摘み取りができる期間が長くなっています。 なお、練馬区では、平成17年度より"練馬イチゴ"のブランド化を推進するため、施設整備費を補助しており、将来的にはイチゴの観光農園も計画されているようです。 東京都内のイチゴ狩り観光農園 一覧 いちご狩りの期間は、気候状況によって前後することもあります。 また、料金や栽培品種等は変更されることがありますので、各農園にご確認ください。 多摩市(たまし) ・(にいくらのうえん) 摘み取り販売は2月中旬から。 量り売りで食べ放題ではありません。 入園料無料、イチゴは100グラム300円(2013年3月現在)。 高設栽培。 品種は、章姫、紅ほっぺ、アスカルビー アクセス:京王線聖蹟桜ヶ丘駅からバスで約10分 日野市(ひのし) ・ 摘み取りは11月中旬〜5月中旬、 量り売り、入園料無料、100グラム200円(2013年3月現在)。 品種は、とちおとめ。 場所は、多摩モノレール万願寺駅から徒歩3分。 板橋区(いたばしく) ・ レストランに併設された農園。 立体水耕栽培。 品種は「あきひめ」。 イチゴ狩りの営業日は、土曜日・日曜日(摘み取り可能なイチゴがある場合は、祝日も営業)で、基本的に予約制。 営業期間は、5月中下旬頃まで。 食べ放題ではなく、イチゴは300g位のカップに入るだけ摘むことができ、1カップは税込み1,100円です。 最寄り駅は都営三田線「西台駅」で、徒歩15分。 世田谷区(せたがやく) ・(寶醴苑) 1月〜4月の土曜日の午後のみ開園。 量り売り、入場無料、100グラム420円(2013年3月現在)。 予約は受け付けていない。 品種は、とちおとめ。 最寄り駅は、東急大井町線の等々力、上野毛、二子玉川 ・ 区画売り。 つみとり期間は、5月上旬〜5月下旬で、1区画5,600円で20株(2012年現在)。 露地栽培です。 三鷹市(みたかし) ・いちごのもぎ取り(収穫体験) 都市農業の理解を深め、消費者と生産者がふれあうことを目的に、イチゴ収穫体験を実施しています。 5月1日〜31日 1区画(28株程度 で5千円。 受付は先着順。 申し込みは、4月15日からの午後1時〜5時に、農家に直接連絡します(2014年の場合)。 なお、詳細は例年だと市報の4月15日号に掲載されます。 () 問合せ先:JAむさし小金井経済センター 042-385-3281 府中市(ふちゅうし) ・イチゴの摘み取り(株売り) 2010年の場合は、5月1日〜5月30日 1区画約20株で4千円、市内3軒の農家で合計75区画、申し込みは4月29日午前9時より費用を持参して直接農家へ。 (なお、2012年は、天候の影響による不作のため、実施されませんでした)。 詳細は市報の4月号に、例年、掲載されます。 問合せ先:府中市経済観光課農政係 042-335-4143 国分寺市(こくぶんじし) ・ 露地栽培、いちご摘みの期間は、5月連休明け〜5月末(2007年現在) 八王子市 ・恩方観光いちご組合 組合では、2007年より、いちご狩りを中止しています。

次の

幕別いちご園

府中 いちご 狩り 園

東京都のイチゴ狩り 都内では、食べ放題のイチゴ狩りはありませんが、"区画売り"や"量り売り"によるイチゴ狩りができます。 食べ放題のいちご狩りを求めるのなら、神奈川県、千葉県、埼玉県に多数の農園があります。 23区内でも、世田谷区にいちご狩りができるがありますが、木村ぶどう園は土曜日のみ、海老沢ぶどう園は区画売りとなっています。 東京都内では、いちご狩りができる期間は、短いことが多いのですが、多摩市の新倉農園や日野市の柴崎農園では、摘み取りができる期間が長くなっています。 なお、練馬区では、平成17年度より"練馬イチゴ"のブランド化を推進するため、施設整備費を補助しており、将来的にはイチゴの観光農園も計画されているようです。 東京都内のイチゴ狩り観光農園 一覧 いちご狩りの期間は、気候状況によって前後することもあります。 また、料金や栽培品種等は変更されることがありますので、各農園にご確認ください。 多摩市(たまし) ・(にいくらのうえん) 摘み取り販売は2月中旬から。 量り売りで食べ放題ではありません。 入園料無料、イチゴは100グラム300円(2013年3月現在)。 高設栽培。 品種は、章姫、紅ほっぺ、アスカルビー アクセス:京王線聖蹟桜ヶ丘駅からバスで約10分 日野市(ひのし) ・ 摘み取りは11月中旬〜5月中旬、 量り売り、入園料無料、100グラム200円(2013年3月現在)。 品種は、とちおとめ。 場所は、多摩モノレール万願寺駅から徒歩3分。 板橋区(いたばしく) ・ レストランに併設された農園。 立体水耕栽培。 品種は「あきひめ」。 イチゴ狩りの営業日は、土曜日・日曜日(摘み取り可能なイチゴがある場合は、祝日も営業)で、基本的に予約制。 営業期間は、5月中下旬頃まで。 食べ放題ではなく、イチゴは300g位のカップに入るだけ摘むことができ、1カップは税込み1,100円です。 最寄り駅は都営三田線「西台駅」で、徒歩15分。 世田谷区(せたがやく) ・(寶醴苑) 1月〜4月の土曜日の午後のみ開園。 量り売り、入場無料、100グラム420円(2013年3月現在)。 予約は受け付けていない。 品種は、とちおとめ。 最寄り駅は、東急大井町線の等々力、上野毛、二子玉川 ・ 区画売り。 つみとり期間は、5月上旬〜5月下旬で、1区画5,600円で20株(2012年現在)。 露地栽培です。 三鷹市(みたかし) ・いちごのもぎ取り(収穫体験) 都市農業の理解を深め、消費者と生産者がふれあうことを目的に、イチゴ収穫体験を実施しています。 5月1日〜31日 1区画(28株程度 で5千円。 受付は先着順。 申し込みは、4月15日からの午後1時〜5時に、農家に直接連絡します(2014年の場合)。 なお、詳細は例年だと市報の4月15日号に掲載されます。 () 問合せ先:JAむさし小金井経済センター 042-385-3281 府中市(ふちゅうし) ・イチゴの摘み取り(株売り) 2010年の場合は、5月1日〜5月30日 1区画約20株で4千円、市内3軒の農家で合計75区画、申し込みは4月29日午前9時より費用を持参して直接農家へ。 (なお、2012年は、天候の影響による不作のため、実施されませんでした)。 詳細は市報の4月号に、例年、掲載されます。 問合せ先:府中市経済観光課農政係 042-335-4143 国分寺市(こくぶんじし) ・ 露地栽培、いちご摘みの期間は、5月連休明け〜5月末(2007年現在) 八王子市 ・恩方観光いちご組合 組合では、2007年より、いちご狩りを中止しています。

次の

東京のいちご狩り

府中 いちご 狩り 園

katch. tv-tokyo. 当日予約のみになりますのでご了承下さい。 リポーターはZIP-FMのDJコンテストでグランプリを穫った行天さん 来園取材4回目 でした。 苦渋の選択でしたが、何卒ご理解とご了承いただきますようお願い申し上げます。 ご迷惑をおかけしますが、皆様のご理解をよろしくお願いします。 4月1日発売だそうです。 ご理解いただき大変感謝しております。 3月30日発売だそうです。 ご理解いただき大変感謝しております。 ご理解いただき大変感謝しております。 5月11日からワンコイン営業と称して延長営業します。 walkerplus. 西尾観光協会さんの取材がありました。

次の