ご 相伴 に あずかる 類語。 「ご相伴にあずかる」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

「ご相伴」の意味は?「お相伴」との違いや「ご相伴にあずかる」、類語や英語も解説

ご 相伴 に あずかる 類語

ご相伴・お相伴の意味とは?読み方も ご相伴・お相伴の意味とは「行動を共にする」「おこぼれをもらう」 ご相伴・お相伴の意味とは「行動を共にする」「おこぼれをもらう」という意味です。 ご相伴・お相伴は「相」と「伴」という言葉で成り立っています。 ご相伴とは室町時代に使われた役割を示す名称のことです。 将軍についていく人のことを御相伴衆と呼んでいたことが、この言葉の由来です。 「相」という言葉は「仲間」「一向」「お互いに」といった意味合いがあり、「伴」という字には「連れ添う」「一緒に」といった意味合いがあります。 これらのことからご相伴・お相伴の意味とは「行動を共にする」という意味になります。 ご相伴・お相伴という言葉は飲み会などで使われるケースが多いと言われています。 ご相伴の読み方とは「ごしょうばん」・お相伴の読み方とは「おしょうばん」 ご相伴の読み方とは「ごしょうばん」・お相伴の読み方とは「おしょうばん」です。 相伴の読み方はいずれの場合であっても「おしょうばん」という読み方になります。 「ごあいはん」という読み方や「おあいはん」という読み方ではないので注意が必要です。 御相伴の読み方はごしょうばん・おしょうばんのどちらの読み方でもいい 御相伴の読み方は「ごしょうばん」「おしょうばん」どちらの読み方でもいいと言われています。 ご相伴・お相伴は「御相伴」と記載されるケースもあるため、読み方で迷う人が少なくありません。 通常ならしょうばんのしょうが音読みなので、ごしょうばんという読み方なのですが、御相伴は例外的な読み方をする言葉であることから「ごしょうばん」「おしょうばん」のどちらの読み方でもいいと言われています。 「御」という字の読み方は、その後の言葉を音読みする場合には「ご」と読み、その後の言葉を訓読みする場合には「お」と読むことが通常です。 しかし御相伴のように「ご」という読み方でも「お」という読み方でもいいという場合があり、その他の例として御返事などが挙げられます。 付き添いとは、ある人と一緒に連れだって行動を共にする人のことです。 そのため付き添いという言葉は、行動を共にするという意味合いを持つご相伴・お相伴の類語であるといわれています。 付き添いという言葉を使った例文としては「私は単なる付き添いですのでお構いなく」といった表現があります。 ご一緒とは、連れだって行動を共にする、ある物を1つにまとめる、区別なく同じものとして扱うといった意味合いがあります。 そのためご一緒という言葉は、行動を共にするという意味合いを持つご相伴・お相伴の類語であるといわれています。 ご一緒という言葉を使った例文としては「帰り道が同じ方向なのでご一緒させていただきます」といった表現があります。 お供とは、ついて行くこと、連れだって歩くことといった意味合いがあります。 お供という表現は主に下の立場の人が上の立場の人について行く際に使われます。 そのためお供という言葉は、行動を共にするという意味合いを持つご相伴・お相伴の類語であるといわれています。 お供という言葉を使った例文としては「旅行先で偶然お会いしたのも何かの縁でしょうから、お供させていただきます」といった表現があります。 随行とは、お供として一緒について行くこと、連れだって歩くことといった意味合いがあります。 随行という表現は主に下の立場の人が上の立場の人について行く際に使われます。 そのため随行という言葉は、行動を共にするという意味合いを持つご相伴・お相伴の類語であるといわれています。 随行という言葉を使った例文としては「今回は長旅になりますから私も随行させていただきます」といった表現があります。 随伴とは、お供として一緒について行くこと、ある事象と関連して発生する出来事といった意味合いがあります。 随伴という表現がお供として一緒についていくことといった意味合いで使われる場合は、主に下の立場の人が上の立場の人について行く際に使われます。 そのため随伴という言葉は、行動を共にするという意味合いを持つご相伴・お相伴の類語であるといわれています。 随伴という言葉を使った例文としては「私は北海道に詳しいので随伴させていただきます」といった表現があります。 単独行動とは、誰に相談することもなく、自分一人勝手気ままな行動をするといった意味合いがあります。 そのため単独行動という言葉は、行動を共にするという意味合いを持つご相伴・お相伴と反対の意味を持つ表現であると考えられます。 個人プレーとは、誰かに認めてもらったり相談することなく、自らの一存で自由気ままな行動をするといった意味合いがあります。 そのため個人プレーという言葉は、行動を共にするという意味合いを持つご相伴・お相伴と反対の意味を持つ表現であると考えられます。 スタンドプレーとは、周囲の人に合わせることなく自分勝手な言動で目立とうとすることです。 そのためスタンドプレーという言葉は、行動を共にするという意味合いを持つご相伴・お相伴と反対の意味を持つ表現であると考えられます。 自分勝手とは、周囲の人に合わせることなく自由気ままな言動をとることです。 そのため自分勝手という言葉は、行動を共にするという意味合いを持つご相伴・お相伴と反対の意味を持つ表現であると考えられます。 自由奔放とは、周囲の人に合わせることなく自分勝手な言動をとることです。 そのため自由気ままという言葉は、行動を共にするという意味合いを持つご相伴・お相伴と反対の意味を持つ表現であると考えられます。 ご相伴させていただきますという表現は「随伴させていただきます」といった意味合いです。 職場や仕事の面においては、別会社との会議などに随伴する場合などに使われます。 ご相伴にあずかるという表現は「食事などをご馳走していただく」といった意味合いです。 職場や仕事の面においては、飲み会などで奢ってもらった際などに使われます。 ぜひともご相伴にあずかりたいですという表現は「ぜひとも一緒につれて行ってください」といった意味合いです。 職場や仕事の面においては、上司などの遊びにつれて行ってもらいたいという際などに使われます。 部長のご相伴でパーティーに行くという表現は「部長の付き添いで宴会に参加する」といった意味合いです。 職場や仕事の面においては、上司などと一緒に取引先の接待などに参加する際などに使われます。 差し入れのご相伴にあずかるという表現は「上司などに対して差し入れられた物を皆に分けてもらった」といった意味合いになります。 ビジネスシーンにおいては、上司などに差し入れやお土産を持ってくることがあるので、そういった物のおこぼれをもらった時などに使われる表現です。 participationは参加する、関わる、招待されるといった意味の英訳です。 例えば、ご相伴にあずかりありがとうございますという表現の英訳は「Thank you for your kaind participation. 」という文章表現が可能です。 join youは誰かに連れ添ったり、一緒に行ったりするといった英訳です。 例えば、ご相伴にあずかりたいですという意味の英訳は「I would like to join you next party. 」という表現ができます。 ご相伴・お相伴の意味や読み方を把握しましょう ご相伴・お相伴という言葉はビジネスシーンなどで使われることがあります。 礼儀をわきまえなければいけないケースで使われる傾向があることから、いざという時のためにご相伴・お相伴の意味や読み方を把握しましょう。 最後にビジネスシーンで使える表現についての記事を紹介します。 掲げるという表現と、精悍という表現についての記事です。 表現力を豊かにすることで仕事がより円滑に進みますので、ぜひお役立てください。

次の

「ご相伴」の意味とは?「お相伴」との違いや茶道との関係を解説

ご 相伴 に あずかる 類語

「ご相伴にあずかる」の使い方と例文 ご相伴にあずかります 「ご相伴にあずかる」のまま目上の人に使うことはありません。 「ご相伴にあずかります」と語尾も敬語にしましょう。 「ご相伴にあずかります」は目上の人から食事や飲み会に誘われたときに「ごちそうになります」といった意味で用いることができます。 例文 ・本日はご相伴にあずかります。 ・社長が主催する宴会に、社員である私もご相伴にあずかることになりました。 ご相伴にあずかりまして、ありがとうございました 目上の人にごちそうしてもらった時やもてなされた時、接待の席に同席させてもらった時のお礼の言葉として「ご相伴にあずかりまして、ありがとうございました」を使うことができます。 「お供させていただきありがとうございました」「おこぼれをいただきありがとうございました」といった意味になります。 例文 ・本日はご相伴にあずかりましてありがとうございます。 ・先日はご相伴にあずかりましてありがとうございました。 ご相伴にあずかりたい 上司など目上の相手に「同席させてほしい」「ご一緒させてください」と伝えるときに「ご相伴にあずかりたい」と言います。 この場合は食事や趣味など、仕事以外の話題のときに使える表現です。 例文 ・美味しそうですね。 ぜひ今度ご相伴にあずかりたいです。 ・ゴルフ大会いかがでしたか?今度私もご相伴にあずかりたいです。 ご相伴する/ご相伴させていただく 「ご(お)相伴させていただく」の「いただく」は謙譲語なので、「ご(お)相伴させていただく」は二重敬語(同じ種類の)ではないかと思う人がいるかと思いますが、正しい表現になります。 「ご(お)〜いただく」は一つの定型文になっていて成立しているので、正しい表現になります。 「いただく」と一緒に使う「ご(お)」は丁寧語と解釈して二重敬語ではない、とすることもできます。 例文 ・本日は、私がご相伴させていただくこととなりました。 ・私でよければ、いつでもご相伴しますよ。 「ご相伴にあずかる」の類語・言い換え お供する 「お供」の意味は「目上の人などに付き添うこと、同行すること」を謙って使います。 また、同行するその人のことを「お供」と呼ぶこともあります。 ビジネスシーンでは、主に目上の人の会食や出張に同行する際に使います。 また「お伴をする」といった形でも使われます。 例文 ・私がお供します。 ・部長のお供をさせていただくのは、もう5回目だ。 ・部長のお伴をすることになった。 ご馳走になる 「ご馳走になる」は、目上の相手に食事などを振る舞ってもらうことです。 振る舞ってもらったあとは、「ご馳走になりました」と使うことができます。 例文 ・今日は課長にご馳走になる。 ・昨日はご馳走になり、ありがとうございました。 「ご相伴」と「お相伴」の違い 接頭語の「御(ご/お)」は和語に「ご」が付き、漢語に「お」が付く 一般的には、和語に「ご」が付き、漢語に「お」が付くというルールがありますが、例外が多いため、絶対このルールでなければ不適切とは言い切れません。 ただ「ご相伴」と「お相伴」はどちらも正しい 結論から言うと、 「ご相伴」と「お相伴」のどちらも正しい表現になります。 漢字にすると「御相伴」となり、「御」は「ご」とも「お」とも読めるためどちらも間違いではありません。 「相伴」は漢語なので、そのルールであると「お」となりますが、「ご相伴」もよく使われています。 「ご相伴」と「お相伴」は敬語 「ご相伴/お相伴」は、「相伴」に敬語の接頭辞「ご」「お」が付いた言葉です。 自分の行為に対して「ご相伴/お相伴」は使っていいのか?自分を敬っていておかしくないか?と勘違いしている方がたまにいますので、敬語の解説を少しします。 敬語には「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」の3種類があります。 「尊敬語」・・・相手を高めて、その人に敬意を表す語 「謙譲語」・・・自分や身内をへりくだることで、相手を高める語 「丁寧語」・・・ものごとを丁寧に表すことで、聞き手に敬意を表す語 「ご相伴/お相伴」は使い方によって、 目上の人の行為を敬う尊敬語の場合と、 目上の人に対する自分の行為をへりくだる謙譲語の場合があります。 自分の行為に対して「ご相伴/お相伴」を使う場合は謙譲語、と覚えておけば問題ないでしょう。 「ご相伴」の語源 茶道が語源 元々「相伴」は茶道用語です。 メインの人、最上位の客を「正客(しょうきゃく)」、その人と共にお茶の席に招かれる人を「相伴」と呼びます。 「相伴」は主ではないものの、正客に連れておもてなしを受ける人を表します。 「ご相伴いたします/ご相伴させていただきます」などと使う お茶の席では、まず正客にお茶をご馳走し、次に隣の席に座っている相伴にお茶を出します。 相伴はお茶をもらう時に、 正客と主人に対して「ご相伴いたします」「ご相伴させていただきます」などと声をかけてから飲みます。 これは「あなたと共に厚遇を受けられて嬉しいです」と感謝の気持ちが込められています。 茶道は礼儀作法に厳しいということもあって、「相伴」という言葉を用いることで正客に対して敬意を示すことができます。

次の

美化語一覧

ご 相伴 に あずかる 類語

「ご相伴にあずかる」の使い方と例文 ご相伴にあずかります 「ご相伴にあずかる」のまま目上の人に使うことはありません。 「ご相伴にあずかります」と語尾も敬語にしましょう。 「ご相伴にあずかります」は目上の人から食事や飲み会に誘われたときに「ごちそうになります」といった意味で用いることができます。 例文 ・本日はご相伴にあずかります。 ・社長が主催する宴会に、社員である私もご相伴にあずかることになりました。 ご相伴にあずかりまして、ありがとうございました 目上の人にごちそうしてもらった時やもてなされた時、接待の席に同席させてもらった時のお礼の言葉として「ご相伴にあずかりまして、ありがとうございました」を使うことができます。 「お供させていただきありがとうございました」「おこぼれをいただきありがとうございました」といった意味になります。 例文 ・本日はご相伴にあずかりましてありがとうございます。 ・先日はご相伴にあずかりましてありがとうございました。 ご相伴にあずかりたい 上司など目上の相手に「同席させてほしい」「ご一緒させてください」と伝えるときに「ご相伴にあずかりたい」と言います。 この場合は食事や趣味など、仕事以外の話題のときに使える表現です。 例文 ・美味しそうですね。 ぜひ今度ご相伴にあずかりたいです。 ・ゴルフ大会いかがでしたか?今度私もご相伴にあずかりたいです。 ご相伴する/ご相伴させていただく 「ご(お)相伴させていただく」の「いただく」は謙譲語なので、「ご(お)相伴させていただく」は二重敬語(同じ種類の)ではないかと思う人がいるかと思いますが、正しい表現になります。 「ご(お)〜いただく」は一つの定型文になっていて成立しているので、正しい表現になります。 「いただく」と一緒に使う「ご(お)」は丁寧語と解釈して二重敬語ではない、とすることもできます。 例文 ・本日は、私がご相伴させていただくこととなりました。 ・私でよければ、いつでもご相伴しますよ。 「ご相伴にあずかる」の類語・言い換え お供する 「お供」の意味は「目上の人などに付き添うこと、同行すること」を謙って使います。 また、同行するその人のことを「お供」と呼ぶこともあります。 ビジネスシーンでは、主に目上の人の会食や出張に同行する際に使います。 また「お伴をする」といった形でも使われます。 例文 ・私がお供します。 ・部長のお供をさせていただくのは、もう5回目だ。 ・部長のお伴をすることになった。 ご馳走になる 「ご馳走になる」は、目上の相手に食事などを振る舞ってもらうことです。 振る舞ってもらったあとは、「ご馳走になりました」と使うことができます。 例文 ・今日は課長にご馳走になる。 ・昨日はご馳走になり、ありがとうございました。 「ご相伴」と「お相伴」の違い 接頭語の「御(ご/お)」は和語に「ご」が付き、漢語に「お」が付く 一般的には、和語に「ご」が付き、漢語に「お」が付くというルールがありますが、例外が多いため、絶対このルールでなければ不適切とは言い切れません。 ただ「ご相伴」と「お相伴」はどちらも正しい 結論から言うと、 「ご相伴」と「お相伴」のどちらも正しい表現になります。 漢字にすると「御相伴」となり、「御」は「ご」とも「お」とも読めるためどちらも間違いではありません。 「相伴」は漢語なので、そのルールであると「お」となりますが、「ご相伴」もよく使われています。 「ご相伴」と「お相伴」は敬語 「ご相伴/お相伴」は、「相伴」に敬語の接頭辞「ご」「お」が付いた言葉です。 自分の行為に対して「ご相伴/お相伴」は使っていいのか?自分を敬っていておかしくないか?と勘違いしている方がたまにいますので、敬語の解説を少しします。 敬語には「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」の3種類があります。 「尊敬語」・・・相手を高めて、その人に敬意を表す語 「謙譲語」・・・自分や身内をへりくだることで、相手を高める語 「丁寧語」・・・ものごとを丁寧に表すことで、聞き手に敬意を表す語 「ご相伴/お相伴」は使い方によって、 目上の人の行為を敬う尊敬語の場合と、 目上の人に対する自分の行為をへりくだる謙譲語の場合があります。 自分の行為に対して「ご相伴/お相伴」を使う場合は謙譲語、と覚えておけば問題ないでしょう。 「ご相伴」の語源 茶道が語源 元々「相伴」は茶道用語です。 メインの人、最上位の客を「正客(しょうきゃく)」、その人と共にお茶の席に招かれる人を「相伴」と呼びます。 「相伴」は主ではないものの、正客に連れておもてなしを受ける人を表します。 「ご相伴いたします/ご相伴させていただきます」などと使う お茶の席では、まず正客にお茶をご馳走し、次に隣の席に座っている相伴にお茶を出します。 相伴はお茶をもらう時に、 正客と主人に対して「ご相伴いたします」「ご相伴させていただきます」などと声をかけてから飲みます。 これは「あなたと共に厚遇を受けられて嬉しいです」と感謝の気持ちが込められています。 茶道は礼儀作法に厳しいということもあって、「相伴」という言葉を用いることで正客に対して敬意を示すことができます。

次の