包丁 一生もの。 オールステンレス三徳包丁おすすめ10選 口コミで人気のマックや柳宗理のステンレス包丁 食洗機対応も

オールステンレス三徳包丁おすすめ10選 口コミで人気のマックや柳宗理のステンレス包丁 食洗機対応も

包丁 一生もの

皆さんは、日頃どんな包丁をお使いですか? 家族のために、自分のために、日々料理をされている方にとって 包丁は欠かせないキッチンツール。 できることなら、こだわって選んだモノを大切に長く使いたいですよね。 とはいえ、「何となく選んだものを何となく使っている…」という方も 多いのではないでしょうか。 何を隠そう、主婦の私もその一人です。 そこで、愛用の一本を作るために、まずは包丁を知ろう!ということで、 包丁について調べてみました。 まず第1回は、包丁の種類のご紹介。 さらに、素材・種類の違いまで徹底比較! 包丁は、食材や用途に合わせて実にさまざまな種類が用意されており、 その世界はとっても奥深いんです。 包丁の種類、いろいろ 包丁はとても種類が豊富な道具です。 切る食材や用途に合わせて、さまざまなタイプが用意されていますが、 その構造の違いから、大きく分けて「洋包丁」と「和包丁」の2種類に分かれます。 洋包丁 /「肉を切る」目的で生まれた包丁 主に西洋料理で使われる包丁の総称です。 もともとは、肉を切ることを目的に作られ、欧米を中心に発達してきました。 種類 洋包丁も種類は豊富で、さまざまな用途に用いられています。 肉を主体とした西洋料理に端を発しているだけあって、 「牛刀」や「筋引き」「肉切りナイフ」など、 肉類の切断に適した包丁が多いといえるでしょう。 しかし、その一方で「ペティナイフ」や「パン切り包丁」など、 野菜や果物、パンなどのスライスや皮むきに用いられる包丁も揃っています。 ちなみに、昨今では1本の洋包丁でも使い道は広範囲に使われています。 例えば1本の「牛刀」をとってみても、肉切りだけでなく、 刻んだり剥いたりといった用途に使用できるものがほとんどのよう。 また、食材や用途に関わらず使えるものも。 「三徳包丁」は、日本の家庭でよく使われ、万能包丁とも呼ばれています。 構造/切り方 和包丁の多くは片刃構造を基本としています。 裏が平面で、表側のみ斜めの砥ぎ面となっており、横から刃先をみると、 断面が「レ」の文字のようになっています。 片刃は両刃に比べ、食材を切った際に刃から離れやすく、 刻む、剥くなどの動作が素早くできるようになっています。 切り方は「引き切り」がメイン。 刃全体を使い、すべらせながらスーッと引いて切ります。 刃を滑らせながら切ることで、実際の包丁の刃よりも鋭い角度で切断でき、 切断面をより綺麗に仕上げることができます。 魚など身の柔らかい食材を切る際には、なるべく組織を壊さないよう、 またお刺身など切断面の美しさが際立つよう、「引き切り」で切ります。 中華包丁 中華料理に用いられる身幅の大きい万能包丁。 刃は四角いものが主流。 中華料理ではほとんどの食材を中華包丁のみで処理している。 」と包丁の種類の多さに驚かれた方も多いかと思います。 これだけ豊富に用意されている包丁ですが、 実際はプロの料理人の方が使う特殊なものが多くありました。 では、実際に私たちが家庭で使う際は、どのタイプの包丁を選んだらよいでしょう。 続いては、食材や用途に応じてどの包丁が最適か、シーン別に 見ていきたいと思います。 包丁の選び方 食材・シーンで選ぶ 包丁にはさまざまな種類があり、 切る食材や、調理法によってどの包丁が最適かを選ぶとよいでしょう。 ここでは、どんな包丁を使えばよいか迷った際のご参考に、 シーン別に分けてご紹介します。 本来であれば、使い分けられるのがベストですが、 上記の包丁をすべて揃えるのは難しいかもしれません。 そこで、肉であれば、肉のカット全般に使える「牛刀」、 魚であれば、長さが比較的短く収納する場所に困らない「出刃包丁」、 野菜であれば、野菜全般のカットに適した「菜切り包丁」、 というように、それぞれの食材に一つ用意するとよいでしょう。 さらにさらに、「そんなに何本も用意できない!」 「全ての食材、用途に使えるマルチな包丁が欲しい!」という方には、 万能包丁と呼ばれる「三徳包丁」をおススメします。 包丁の材質で選ぶ 包丁は用途によって選ぶ以外に、その材質も選ぶ際の重要なポイントです。 包丁にどんな素材が使われているかによって、 その性質は大きく異なり、お手入れの方法などもかわってきます。 切れ味で選ぶのか、錆びにくさで選ぶのか、研ぎやすさか、など ご自分の重視する点を踏まえながら、参考になさってください。 鋼(はがね)(炭素鋼) 鉄を主成分とし、炭素やケイ素、マンガンなどが含まれた硬い金属のことです。 包丁に使われるのは、一般的に炭素が多く入っている炭素鋼。 炭素が入っている鋼は、「焼き入れ」といって熱を加えることによって 一気に硬度を上げることができるため、 純度100%の鉄よりも包丁づくりには適しているとされています。 包丁用の鋼は、「安来鋼(ヤスキハガネ)」と呼ばれる素材が有名です。 「安来鋼」は、日立金属の安来工場で製造される鋼で、 青紙鋼、白紙鋼などの種類があります。 青紙鋼 高級包丁に使われます。 白紙鋼にクロムやタングステンなどが加えられています。 クロムは鋼を強く丈夫にし、錆びにくくする成分。 一方タングステンは熱処理時の性質変化を防ぎ、鋼の硬度を上げてくれるため、 結果的に白紙鋼に比べ、強度や錆び、耐摩耗性に優れた素材となっています。 非常に鋭い切れ味が持ち味。 包丁の素材の中では、その切れ味は最高峰といってよいレベル。 そのため、プロの料理人など本職の方々が多く使用しています。 白紙鋼に比べると高価です。 白紙鋼 鋼の性質を劣化させるリンやイオウといった不純物を極力取り除いた鋼です。 青紙鋼と比べると切れ味はやや劣りますが、鋼ならではの切れ味は鋭く、 硬い食材でもしっかり切ることができます。 なお、青紙鋼、白紙鋼ともに、炭素の含有率によって、 炭素が多い方から1号、2号、と区別されます。 炭素含有率の高い方が刃の硬度(切れ味)や耐摩耗性がより良くなります。 さらに、青紙鋼は、最高級の品質として「青紙スーパー」というランクもあります。 ステンレス 実はステンレスは、鋼と同じ金属です。 鉄を主成分としているのは一緒ですが、 炭素やクロムといった成分の含有量に応じて両者は分類されます。 ステンレスは炭素鋼と比べて、炭素の量がとても少なく、 逆にクロムが多く含まれている金属です。 炭素は錆びやすい性質を持ちますが、クロムは反対に錆びにくい成分。 そのため、ステンレスは錆びにくく、 また耐久性に優れているという特長を持ちます。 その錆びにくさはステンレスの最大の武器! 全く錆びないわけではありませんが、鋼とは比べ物になりません。 ただし、ステンレスは錆びない反面、切れ味は鋼に劣ります。 また、研ぎやすさという面でも、炭素鋼には及びません。 そのため、以前は、ステンレス包丁は業務用には向かないと言われてきました。 しかし、近年はステンレスに少量の炭素を加えるなどの工夫が凝らされ、 硬度と靭性(粘り強さ)を持ったステンレス包丁も多く登場しています。 モリブデン鋼 ステンレスにモリブデンを加えたものです。 モリブデンを加えると、鋼が高温でも性質や強度を劣化させずに保てます。 このモリブデンは少量でも効果が大きいのが特長。 一般的に「ステンレス製の包丁」というと、 このモリブデン鋼を使用しているものが多いようです。 また、モリブデンバナジウム鋼の略として呼ばれることもあります。 モリブデンバナジウム鋼はモリブデンに加え、バナジウムという成分を加えたもの。 パナジウムは鋼を強く丈夫にする成分。 耐摩耗性を向上させてくれます。 ステンレスにこの二つの成分を加えることで、 ステンレスの弱点でもある強度が増し、耐摩耗性が高まるというわけです。 ステンレスの包丁 佑成|万能牛刀 21cm 佑成|三徳包丁 佑成|ペティナイフ 三星刃物|三徳包丁 三星刃物|牛刀 三星刃物|ペティ 三星刃物|パン切り 三星刃物|パーラー 三星刃物|スライサー 三星刃物|チーズナイフ 三星刃物|ケーキナイフ ヨシタ手工業デザイン室|牛刀180 ヨシタ手工業デザイン室|牛刀210 ヨシタ手工業デザイン室|ペティナイフ ヨシタ手工業デザイン室|パン切りナイフ 東屋|チーズナイフ 東屋|バターナイフ ロベルトヘアダー|小型万能ナイフK2 ロベルトヘアダー|パン切りナイフ セラミック 非金属のジリコニアセラミックという素材でつくられたもの。 強度が高く、熱に強い、さらに軽量なのが特長です。 硬度があるため、刃が薄くても一定の切れ味を保てます。 また、軽いため長時間持っていても手が疲れにくい。 金属ではないので錆びることがなく、切れ味が長く保てるのも 毎日使う方にとっては嬉しいですね。 しかし、一方で割れやすく、欠けやすいという側面もあります。 硬くしなやかさに欠ける素材のため、 魚や肉の骨などの硬いもの、カボチャ、スイカといった大きなものを切るときに 刃欠けを起こすことがあります。 野菜を細かく刻んだり、皮をむいたり、 葉物を切ったりといったシーンには適した包丁ですが、 大きな魚を捌いたり、肉の解体を行ったりという 大掛かりな調理には不向きです。 また、セラミックの包丁は通常の砥石で研ぐことができません。 ダイヤモンドシャープナーなどの専用のシャープナーで研ぐ必要があり、 家庭でお手入れするにはなかなか難しいのが現状です。 その他、気になる素材、ワード ダマスカス鋼 ダマスカス鋼とは、木目状の模様を持つ鋼のこと。 インドの一部地域に由来する鉄鉱石を原料とします。 刀剣用の素材としてかつて珍重されたものの、 現在ではその製造技術は失われており、再現は難しいとのこと。 現在一般的に流通しているダマスカスの包丁は、 刀芯にモリブデン鋼を用い、そこにダマスカス鋼を何層にも重ね合わせて 作られているものが多いようです。 何層にもダマスカス鋼を重ねて鍛造することによって、木目状の模様ができます。 この独特の模様がダマスカス包丁の最大の特徴です。 ただし、切れ味などには特段の影響はなく、 高級感のあるデザインとしての価値が高いとされています。 玉鋼 玉鋼は、主に日本刀の材料に使われる特殊鋼です。 砂鉄を原料とし、「たたら」と呼ばれる日本古来の製鉄方法で 製造されたもののうち、良質な部分を「玉鋼」と呼びます。 しかし、材料、製造者ともに限られており、さらに生産にかかるコストが高いため 今では非常に希少で手に入りにくいものとされています。 玉鋼は本来刀剣に使われるため、入手できるのは主に 「刀匠」と呼ばれる方々のみとか。 そこから包丁に回る玉鋼はさらに少なく、 本物の玉鋼包丁を手に入れるのはとても難しいのが現状のようです。 割り込み 包丁の工法の一つで、刀身となる素材に、刃芯となる硬い金属を挟み込むこと。 つまり割り込み包丁とは、異なる2つの素材を使用した包丁のことです。 よく見られるのは、青紙鋼や白紙鋼などの炭素鋼を刃芯とし、 両側をステンレスで挟んだもの。 炭素鋼は切れ味鋭いものの、錆びやすいという性質をもちます。 そこで、表層にステンレスを使用することで、刃身全体に錆が出るのを抑え、 「切れ味良く、錆びにくい」という包丁の理想を追求したつくりとなっています。 以上、主に3つの材質に分けてご説明しました。 ざっくりと簡単にまとめてしまえば、 ・切れ味を最も重視するなら……「鋼(炭素鋼)」 ・切れ味+錆びにくいものを……「ステンレス」 ・簡単な作業のみ、軽量で長く切れるものを……「セラミック」 といったところでしょうか。 全てにおいて満点!という素材は難しく、それぞれに長所・短所があります。 そのため、ご自分が包丁に求めるポイントをまず整理していただき、 それに最も合ったものを選んでいただくのがよいかと思います。 お支払い方法 下記のいずれかの方法をお選びいただけます。 クレジットカード 銀行振込 代引引換 Amazon Pay 楽天ペイ ショップポイント 送料 税込9,980円以上お買い上げの場合は、 送料無料とさせていただきます。 お買い上げの総額が9,980円未満の場合は、 全国740円~で配送いたします。 【配送料金表】 税抜表示 ・関東・東北・信越・北陸・中部:740円 ・近畿・中国・四国:850円 ・九州・北海道:990円 ・沖縄:2,700円 送料無料商品をご購入いただきますと、他の商品も送料無料でお届けいたします(沖縄は除く)。 メール便と普通便の商品を同時にご購入いただいた場合は、普通便の送料 お買い上げ総額が9,980円未満の場合は全国740円~)が発生いたします。 配送方法/発送について 商品は『クロネコ宅急便』、メール便対応商品は『クロネコDM便』を利用して発送いたします。 商品に欠品がなければ、原則ご注文いただいた翌日には商品を発送いたします。 商品の注文が殺到している場合などは発送が遅れる場合がございます。 その場合はメールにてご連絡を差し上げます。 年末年始や祝祭日の連休などで発送が遅れる場合は発送のお知らせメールにてお知らせいたします。 銀行振り込みの場合は、ご入金確認後に商品を発送いたします。 配送日時のご指定 商品の配送日と配送時間帯をご指定いただけます。 会員登録について 会員登録をしていただくと、次回からのご注文が簡単になる「マイアカウント」がご利用いただけます。 ・会員の方には200円のお買い物ごとに1ポイント差し上げます。 1ポイント1円として、1ポイント以上1,000ポイント以下のお支払いにご利用いただけます。 ・登録は無料です。 会費や登録料などの金銭は一切発生いたしません。 ・登録いただかなくても商品をご注文いただくことは可能です。 返品・交換について 取扱商品は食品が主のため「不良品」や「欠損品」を除き、商品の返品及び交換はお受け出来ません。 「不良品」「欠損品」及び「商品誤発送」の場合、返品送料は弊社にて負担いたします。 返品をご希望の方は、商品到着後5日以内にメールにてご連絡ください。 ご連絡なきご返品及び上記期限を経過した場合のご返品はお受け出来かねます。 予めご了承ください。 セキュリティー・個人情報の保護 かわしま屋では、通信情報の暗号化と実在性の証明のため、日本ベリサイン株式会社のSSLサーバ証明書を使用しております。 安心してお買物をお楽しみ下さい。 お客様の個人情報を運送会社や決済管理会社など以外の第三者に開示もしくは提供することは一切いたしません。 お問い合わせ・ご連絡 かわしま屋 〒208-0034 東京都武蔵村山市残堀4-17-8 E-mail: オンラインショップ:.

次の

包丁に詳しい方に質問です。一生ものの包丁選択に迷っています。種類は牛...

包丁 一生もの

一生ものの包丁にふさわしいものは? よろしくお願いします。 うまくはないですが、料理をしております。 実家からもらってきた包丁も欠けたりしてきまして、この際 新しい、良い包丁を買おうかと思っております。 せっかくですので一生(は無理にしてもかなり長期間)使えるような包丁を買おうかと思いつきました。 セラミックだとか、タングステン鋼だとか、一体型、ヘンケル、関孫六とか色々あるのを見ましたが、 どういう(メーカー名も含めて)包丁が最高・最強の包丁なのかわからなくなってきました。 皆様の知識を教えて頂けませんか? どういう製品、メーカーの包丁が一生物にふさわしい、トップランクの包丁なのでしょうか? よろしくお願いします。 回答に際して、以下の点を確認させて下さい。 ・質問者さんは男性ですか、女性ですか? (包丁のサイズが変わります) ・欲しい包丁はどの種類ですか (包丁と言っても様々なものがあります) ・砥石はきちんと当てられますか? (必須の技術です) ここでは男性が様々な料理に使う包丁を考えておられる前提で回答します。 男性用には24cmの牛刀がお進めです。 女性の多くは大き過ぎて怖いと言われますが、この大きさでないと使いにくいです。 レストランのシェフや肉屋さんが使っているのもこのサイズです。 牛刀と同じ形で小型のペティナイフは、果物を切ったり皮を剥くなどの細工用に便利です。 それ以外の洋包丁は扶養です。 和包丁は刺身を切るなら、柳刃包丁が欲しいと思います。 素人でも1尺以上のサイズでないと刺身は切れません。 でも極めて高価です。 短いものを買う位なら、牛刀で間に合わせた方が便利です。 形は日本のものより立派です。 持っていると気分がよいのですが、切れ味は日本の方が勝ります。 お進めは杉本でしょうね。 和包丁は杉本も含めて、有名法超メーカー(実は販売店)のものは高価です。 合羽橋で長なくても構わないから、堺の鍜冶師が打った無名の包丁を選ぶのがベストです。 素人はステンレス系を選んで下さい。 炭素鋼は錆びてしまいます。 上記の牛刀ならCM鋼(クロム・モリブデン鋼)が錆びずに良く切れてお勧めです。 わ包丁もプロは白紙1号と言いますが、素人遺髪変えません。 銀紙3号、V金8号、シャガール鋼の錆びにくい鋼材を選ぶのがベストです。 砥石なしに包丁は使えません。 セラミックス製の砥石をお勧めします。 なおプロが使う包丁も、案外と堅くはないのです。 なぜなら堅過ぎると砥石の乗りが悪いからです。 包丁を握った時、適度な重さやバランス、握りやすさなどの感触を確かめ、出来れば店頭でお買い求めになることがいいと思います。 長く使うのであれば、やや大きいと思うくらいのサイズがよいでしょう。 素材は、大きく鋼とステンレスに二分され、鋼は切れ味に勝るが錆びいのが特徴ですが、鋼を軟質のステンレスで挟んだ三層構造のものであれば、手入れさえしっかりとすれば、それほど錆を気にしなくとも大丈夫だと思います。 代表的なものは、日立金属が生産する青紙や白紙(青2、白1などの種類が有る)です。 ステンレスは、武生特殊鋼材のV金10が代表格だと思います。 最近では、セミステンレスのパウダー(粉末)ハイスなどの高硬度で、錆びにくい素材の包丁も出ています。 代表格はスーパーXやR2などです。 硬度が高いため、セラミック製の砥石でないと、研ぐことが難しいです。 量販店で販売されているような包丁は、大量生産品で一流品と呼ばれるようなものは、手打ちで一つ一つ鍛錬されたものだと思います。 価格的には、三徳や短めの牛刀でしたら1~2万円、長めの牛刀でしたら2~3万円のもので、十分だと思います。 有名メーカーの刻印があるものより、無印やOEMで店のオリジナルブランドの方が、割安になってますので、そのような包丁の方がお勧めだと思いますよ。 それとダマスカス(多積層)鋼と呼ばれる模様が付いているものが有りますが切れ味には関係なく割高になります。 こちらは通販サイトですが、見るだけでも参考になると思います 川口金物店 サイトウ刃物店 A ベストアンサー こんにちわー(^^ 個人的な好き嫌いだけど、その三択で私だったらグレステンかなー。 ただ、グレステンは別に硬くないですよ。 ゴリゴリ砥いで整形したことがあるけどふつーでした。 ミソノのUX10だってそんなに硬くないはずです。 割込みじゃない洋包丁はそんなに硬くできません。 全体が同じ硬さなのでロックウェル硬度でHRC60以上なんて硬さにすると割れちゃうリスクがあります。 杉本は手打ちの物ならほしいけど、ステンレスだとCM(たぶんクロモリ)になって、これは、ホームページの説明から推測するに利器材を型抜きして焼入れして刃付けした量産品だと思われます。 グレステンとかミソノとおんなじ。 それだったら杉本にする意味があんまり無いかなーという気がします。 ハガネを推奨するわけではありません。 本職だったらステンレス系という選択は正解だと思います。 ミソノも良いメーカーです。 コストパフォーマンスならミソノの方が優れていると思います。 440シリーズでも全く問題なく良い仕事をしてくれるでしょう。 研ぎやすさは、どれでも大きな違いは無いと思います。 27センチはちょっと長いから刃線を歪ませないように注意して砥いでください。 こんにちわー(^^ 個人的な好き嫌いだけど、その三択で私だったらグレステンかなー。 ただ、グレステンは別に硬くないですよ。 ゴリゴリ砥いで整形したことがあるけどふつーでした。 ミソノのUX10だってそんなに硬くないはずです。 割込みじゃない洋包丁はそんなに硬くできません。 全体が同じ硬さなのでロックウェル硬度でHRC60以上なんて硬さにすると割れちゃうリスクがあります。 杉本は手打ちの物ならほしいけど、ステンレスだとCM(たぶんクロモリ)になって、これは、ホームページの説明から推測するに利器... Q お世話になっています 自宅で使用する三徳包丁を新しく購入使用と思っているのですが、 鋼の材質で最上級レベルの「青紙スーパー」ってありますよね。 「青紙スーパー」で包丁の値段を調べていたら、安いもので5000円位~12000円位 だったのですが、個々の鍛冶屋のページをみてみると、 ほとんど同じような作りになっています。 ehamono. toyokuni. hamono-net. html 「青紙スーパー」じゃなくても手作りと思われるものは、 もっと高い感じがするのですが・・・ 白紙でももっと高いものもあるし、そもそも青紙の原価って白紙の3倍くらいあるのですよね? 包丁を買うなら、鋼にこだわらず鍛冶屋がちゃんと手打ちしたものがほしいのですが、できれば安く購入したいです。 html の「唐津厚広 青鋼割込鍔付 刃渡165ミリ」5900円です この包丁ってどうでしょうか? 最後に包丁は自分で砥石で研ぐ予定です ステンレスは研ぎにくいので購入候補から外しています お世話になっています 自宅で使用する三徳包丁を新しく購入使用と思っているのですが、 鋼の材質で最上級レベルの「青紙スーパー」ってありますよね。 「青紙スーパー」で包丁の値段を調べていたら、安いもので5000円位~12000円位 だったのですが、個々の鍛冶屋のページをみてみると、 ほとんど同じような作りになっています。 ここで疑問なのですが、 「青紙スーパー」包丁を安く売っている鍛冶屋等は、青紙スーパー割込の包丁の形した元となる鉄板を 金属会社(日立金属?)から購入して、電動ヤスリ... >>とても軽くて、かつ薄いため良く切れます。 >は「利機材を鍛造」のことですよね? そうです。 鍛造用の素材は厚さが5~8mm程度あります。 なぜそうなのかというと、基本的に和庖丁タイプの柄をつけるため、それだけの厚みが必要なのです。 >は「鍛造用鋼材を鍛造」のことですよね? いいえ、洋タイプの柄をつけるためには、厚みが一定でないとまずいのです。 したがって少なくとも柄の部分は鍛造できないです。 (不可能ではなく、実際には鍛造された洋庖丁もありますが、工程が複雑になり、わざわざしないということ) すくなくともこの部分は鍛造されていない。 洋庖丁タイプの柄をつけるためには、あの幅では薄くないと重くなりすぎます。 分かりにくいので、ちょっと説明を変えます。 洋タイプの柄をつけるためには、ある程度の幅が必要です。 その幅で鍛造用の素材を均一に打ち伸ばすことは難しい。 逆に言うと、柄の首部分の強度を出すために厚みがないため幅が広いから洋タイプの柄をつけるしかないということです。 >たぶん、その庖丁を手に取られたら驚かれると思いますが、重たいです。 鍛造の庖丁の倍の重量はある。 軽く打ち伸ばしてはありますが、鍛造用のものを打ち伸ばしたのとは身の部分の厚みが異なります。 _____________ \ ___ 身 この部分 \ | \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ >ここは、鍛冶屋じゃないってことなのでしょうか? 申し訳ありませんが、これはお答えできません。 >切断と刃付けは専門業者が行いますが・・・ の専門業者とは、質問欄で挙げた刃物屋等に当るのでしょうか? 違います。 鍛造(鍛冶仕事)は小さな工場でも、機械式か手のハンマーがあればできますが、鋼材のプレス機は、とっても高価ですから、もう工場です。 それを専門にする業者が何軒かありますが、それでもプレス形自体が高価なため、早々自由に形が作れるわけではありません。 どうしても、特定の業者に集中せざるを得ません。 手作業で切ることはできますが、コストが・・・・。 一日数本しかできないようでは、とてもじゃないけど、ん千円で売れるようなものは作れないです。 >>日本で、利機材を使って庖丁を作れるのは・・・ >とありますが、「作れる」と言うのは鍛造できるということですか? プレス加工で作れるところ。 安価に大量に作れるところという意味です。 利器工具を作るために板材まで整形されたもの 鍛造用利機材=上記と同じだが鍛造に耐えられる組織と、厚さを持つ 鍛造=鋼材をハンマーで打って伸ばして作る昔ながらの作り方と ある程度の厚さまで整形された材料を好みの厚さまで打ち伸ばす。 古来、鋼は鍛冶屋は仕入れていたので、それが単なる鉄のブロックから、板材に変わっただけ 鍛造材と利機材からプレスカットはできる。 鍛造された後は厚みが一定でないのと、小さいのでちょっと難しい。 鍛造材から鍛造できる鍛冶屋はいっぱい居る?・・・そうもいないでしょう。 利機材からプレスカットは関市と武生ぐらい。 設備がいる。 今のように一日の日当くらいで庖丁が買えるのは大量生産のおかげ 巌流一刀斎=鍛造用利機材を鍛造?だと思う。 たとえば、和庖丁は、堺ですべて作られるものは、よほどの高級品を除いて、今では少なく、あらかたは高知周辺で作られて堺で刃付けから製品まで完成される。 また、堺には、関のような設備を持つ企業は存在しないため、家庭用のあの形の庖丁はできない。 このように、日本中をまたがった分業が行われているのが実情です。 >>とても軽くて、かつ薄いため良く切れます。 >は「利機材を鍛造」のことですよね? そうです。 鍛造用の素材は厚さが5~8mm程度あります。 なぜそうなのかというと、基本的に和庖丁タイプの柄をつけるため、それだけの厚みが必要なのです。 >は「鍛造用鋼材を鍛造」のことですよね? いいえ、洋タイプの柄... Q 鋼包丁を基本線として、包丁を探しています。 現在使用している包丁は、ステンレス製の三徳包丁です。 8年前は、手入れをする自信が無かったため、そのような選択をしました。 しかし、ある程度手入れをしつつ8年使えたので、そろそろより切れる鋼包丁等を持っても良いかと考えた次第です。 ネットで検索してみると、意外と多くのサイトで購入できて、違いが分からなくなりました。 以下の点を重視して、どのような、あるいはどの製造者の包丁がお勧めでしょうか。 - 切れる。 - 良く分かりませんが、ある程度固いものを切る場合に備えて、ある程度重さがあった方が良いかと思います。 - 手入れはある程度までで済む。 毎回拭いて、時々研いで消毒する程度までです。 - 2-3種類の包丁を使い分けるつもりなので、その程度の汎用性がある。 - 20年くらい使える。 - 予算は1本当たり20,000-30,000円程度までです。 A ベストアンサー 質問者さんは一般の方で、その包丁はご家庭使用ですね。 一日中立て続けに使う料亭の板前さん、魚屋さんの様な方以外は、炭素鋼製の包丁はお勧めしません。 手入れができないので、微細な錆びで刃先が鈍化します。 その様な方々は、毎日研ぎます。 お勧めはステンレス系の合金鋼の包丁です。 切れ味は炭素鋼に比べてさほど落ちるものではありません。 まず基本の1本は牛刀が便利です。 シェフナイフとも呼ばれている洋食のシェフが使っている24cm長さの牛刀です。 有名所の包丁販売店の国産の洋包丁には、炭素鋼製とCM鋼と名付けられたクロムモリブデン鋼の包丁があります。 CM鋼は本来の意味でステンレス鋼ではないと思うのですが、かなり耐食性が高く、しかも硬いので切れ味は抜群です。 きちんと研げば、刺身を切ることもできます。 ドイツのドライザック、ヘンケルなどからも牛刀は売られています。 しっかりと重く切れ易そうに見えますけど、杉本や正本などの国産の方が上です。 ペティナイフは細工には便利ですけど、必ずしもなくてはならないものではありません。 魚を捌くなら出刃は必要でしょう。 特に骨を切る必要があるなら、出刃でないと無理です。 刺身を作るなら、柳刃か蛸引きが必要でしょうけど、私はなくても構わないだろうと思います。 そんなにいつも使うものではなりません。 必要になってから買いましょう。 この様な和包丁の鋼材の最高峰は白紙でその下が青紙と、一般的には言われています。 どちらも日立金属安来工場が作っている刃物専用鋼です。 鋼材的に言えば、白紙は純粋な炭素鋼であり、青紙は焼入れ性を改善した合金鋼なので、本来なら青紙の方が鋼材としては上級です。 刃物の硬さ(焼入れ硬度)に影響するのは炭素量だけです。 白紙1号も青紙1号も同じ炭素量なので、焼入れ硬度に変わりはありません。 なぜ白紙の方が上とされるのか。 それは白紙は焼入れ的性が低く、熟練の鍜冶師でないと焼き割れその他の欠陥を起こしやすいのに対して、青紙は多少腕が低い鍜冶師でもきちんと焼き入れができる違いがあるからでしょう。 腕の立つ人が作ったから高価、そんな理由に思えます。 後は、白紙の方が歯面の色がきれいです。 その違いなのでしょう。 でもどちらも錆びやすいので、御家庭用には適しません。 家庭用には、耐食性を重んじるなら、同じ安来鋼の銀紙3号、あるいは硬さの方を重視なら製鋼所が分りませんが、V金8号、シャガール鋼などがお勧めです。 購入はデパートではなくて、合羽橋商店街が絶対にお勧めです。 価格が安いですから。 牛刀なら1万円いない、出刃包丁でもその程度で手に入ります。 柳刃の1尺2寸だと3万円くらいはすると思います。 研ぐのは分りますけど、消毒とはどの様な事をされるのでしょうか。 熱湯消毒も火炎消毒も、刃物鋼の焼入れに影響するので止めて下さい。 鈍らにするなら別です。 塩素系の殺菌剤は、酸化剤ですから、耐食性があるステンレス鋼も含めて腐食させます。 止めましょう。 使用後はスポンジたわし 本当は大根やニンジンの頭の部分がベスト に洗剤かクレンザーを付けて油落しをした後、きれいに拭いてしまえば済む話です。 ステンレス系なら濡れたままでも大丈夫です。 刃物など金属表面では乾けば微生物は増殖しません。 乾かすことが殺菌だと思って下さい。 質問者さんは一般の方で、その包丁はご家庭使用ですね。 一日中立て続けに使う料亭の板前さん、魚屋さんの様な方以外は、炭素鋼製の包丁はお勧めしません。 手入れができないので、微細な錆びで刃先が鈍化します。 その様な方々は、毎日研ぎます。 お勧めはステンレス系の合金鋼の包丁です。 切れ味は炭素鋼に比べてさほど落ちるものではありません。 まず基本の1本は牛刀が便利です。 シェフナイフとも呼ばれている洋食のシェフが使っている24cm長さの牛刀です。 有名所の包丁販売店の国産の洋包丁には、炭素鋼製と... Q 最近包丁に興味があります。 1 切れ味としたら、きちんと作った三徳包丁で、白紙2号とVGでは どちらが切れ味が出るもんでしょうか?(きちんと研ぐことが前提で) 普通に家庭で使うには、どちらも十分な切れ味とは思いますが 切れ味にはこだわっています。 2 研ぐのは苦にならない。 だが、本当はセラミック砥石は好きではないので VG1だと、やっぱりセラミック砥石が必要でしょうかね? 家庭で料理をするだけで、出刃と刺身包丁、菜切りは持っていますが (出刃と刺身はハガネ、菜切りは割込)今使っている三徳包丁がとっても よく切れて、使い勝手がいいのでこればかり使っています。 是非、よく切れる使い勝手のいい三徳包丁を知りたいのですが VG1が白紙ほど切れるのか?やっぱり劣るのか、研ぐのはどのくらい負担なのか 知りたいのです。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー (1)どっちも普通に満足できるレベルの切れ味になります。 刃物屋さんが設定硬度をどうするかによるので鋼材だけで一概に比較はできません。 焼き戻し温度で調整できます。 白2とVG1だったら、どちらも切れ味を最優先するような鋼材じゃないので、究極に研ぎあげたときの切れ味を比較するのは意味が無いと思います。 どちらも高級刃物鋼なので、よく量販店でパッケージに入れて吊るし売りしてる一般的なステンレス包丁よりは良く切れるはずです。 それから切れ味というものを客観評価するのはすごく難しくて、切れ味試験機という物も存在しますけど、テスト条件と現実の使用状況が少し乖離することもあって、その成績と実際の使用感が必ずしもマッチしないという問題もあります。 硬さは刃先Rを小さくするのに有効ですが、切るものによっては刃角度による抵抗の方が切れ味に対する影響が大きいですし。 (2)VG1は研ぎにくいと思ったことないです。 それでも白2の方が簡単に良い刃がつきますけど。 VG10 V金10号)だったらコバルト含有なのでけっこう難物ですが。 それでも三徳なら研ぐ部分は先端のごく一部だけなのでそれほど問題にならないと思います。 片刃の和包丁だとかなり苦しめられますが。 割り込みの場合は地鉄の削りやすさの方が影響大きい場合があります。 ダマスカスなんかわりと硬い鋼材を使ってるものがあるので。 セラミック砥石かどうかはともかく、何を研ぐにしても中砥までは研削力が強い砥石を使うに越したことはありません。 けっきょく鋼材だけで比較しても包丁の良し悪しはわからないという結論なんだけど、錆びないように管理できるなら白二が無難だと思います。 (1)どっちも普通に満足できるレベルの切れ味になります。 刃物屋さんが設定硬度をどうするかによるので鋼材だけで一概に比較はできません。 焼き戻し温度で調整できます。 白2とVG1だったら、どちらも切れ味を最優先するような鋼材じゃないので、究極に研ぎあげたときの切れ味を比較するのは意味が無いと思います。 どちらも高級刃物鋼なので、よく量販店でパッケージに入れて吊るし売りしてる一般的なステンレス包丁よりは良く切れるはずです。 それから切れ味というものを客観評価するのはすごく難しくて、切... A ベストアンサー はじめまして、包丁と研ぐことが好きな者です 錆びにくくするためのクロムを一定量以上含有しているものを ステンレスと呼びます。 錆びにくいというメリットがある一方で 鋼よりも切れ味が劣ると言われています ただ、ステンレスと言っても、その種類は多くプロの使用に 耐えるものから、包丁の形をしているだけのものまであります から、プロでもステンレスの愛用者は多いですよ。 一方、家庭でも鋼の包丁を使っている人も沢山いますよ ステンレスは、切れ味には劣るが手入れが楽。 rakuten. 錆びにくいというメリットがある一方で 鋼よりも切れ味が劣ると言われています ただ、ステンレスと言っても、その種類は多くプロの使用に 耐えるものから、包丁の形をしているだけのものまであります から、プロでもステンレスの愛用者は多いですよ。 一方、家庭でも鋼の包丁を使っている人も沢山いますよ ステンレスは、切れ味には劣るが手入れが楽。 鋼は、切れ味に... A ベストアンサー >目的はスーパーで買う程度の大きくても30cm程度の魚をさばく事です。 でしたら、そして質問者さんが刃物フェチでも、研ぎマニアでもないとすれば、《アジ切り》と呼ばれる、刃渡り105~120mmの小型の出刃包丁を買われた方が無難です。 (ネットで検索なさるとイメージが掴めます。 ) 私はいろんな包丁を女房に見つからないように何丁か隠し持っていますが、普段は105mmのアジ切り一丁で小型のフグから80cm前後のスズキまで全部捌いています。 なお、刃がね材には《白紙鋼》を使っているものが切れ味、研ぎ易さ、価格(2千円台)の点でお薦めです。 ただし、錆びやすいのは確かですから、使い終わったら、ティッシュ一枚で十分ですから、水分を拭き取った上で仕舞って下さい。 また、どんな高級な包丁であろうと、魚の骨、特に背骨などを切れば、すぐに刃こぼれが起きますので、骨を切るためには、小型の針金やトタン板を切断できるステンレス製のハサミをお使い下さい。 この、工具コーナーで千円以下で買えるハサミ、鋼材の硬度も高く、切れ味抜群で、キッチンバサミとは比較にならない耐久性を備えておりますので、是非お薦めいたします。 私はこの小型の工具バサミで前述のスズキの背骨も頭も切断していますので、包丁の刃を痛めないで済みます。 たとえば、アジのタタキを作るときには、このハサミで周囲の背びれ・尾びれ・尻びれなどをトリミングした後だと、簡単に皮も剥けるし、三枚に卸すのも容易で、しかも身も多めに取れ、仕上がりもきれいですよ。 なお、普通の出刃包丁(150mm以上)というのは、一般家庭で使用するには刃が厚すぎるし、そのメンテナンスの大変さからしても、職人か、魚屋か、よほどの魚料理好き、研ぎ好き以外の人にとっては、ほとんど無用の長物だと言えます。 >目的はスーパーで買う程度の大きくても30cm程度の魚をさばく事です。 でしたら、そして質問者さんが刃物フェチでも、研ぎマニアでもないとすれば、《アジ切り》と呼ばれる、刃渡り105~120mmの小型の出刃包丁を買われた方が無難です。 (ネットで検索なさるとイメージが掴めます。 ) 私はいろんな包丁を女房に見つからないように何丁か隠し持っていますが、普段は105mmのアジ切り一丁で小型のフグから80cm前後のスズキまで全部捌いています。 なお、刃がね材には《白紙鋼》を使っているものが切れ味、研ぎ易さ... Q 20代男性です。 6歳ごろから趣味で料理をしていて、社会人にもなった事もあり、料理器具を集めています。 将来家を建てるときには、プロ並みにキッチンを持ちたいという夢もあります。 今は包丁とまな板を集めようとしています。 現在は境の三徳包丁を使っています。 (1万2千円ぐらいでした。 ) またGlobal Proの廃盤になった牛刀もあります。 (これは母の日に母親にあげました。 ) 自分用に包丁をそろえようと思うのですが、お勧めのメーカー等はありますか? 今はオールステンレスが良いかなと思っていましたが、一押しのものがあれば、回答者様の意見も是非参考にしたいと思っています。 料理は家庭料理を主に作りますが、イタリアン、メキシカンなど幅広く作っています。 アドバイスよろしくお願いします。 A ベストアンサー お礼を拝見しました。 都心にお住まいなのですね。 末長く使える庖丁を得るには、末長くお付き合いできる庖丁店を得ることが第一です。 なぜなら、庖丁にはどのように高価な庖丁でも、定期的なメンテナンスが欠かせないからです。 大切な庖丁を使い続ける上で、適切なアドバイスと高度なメンテナンスをしてくれる信頼できるご自分の庖丁店を得ることを大切にしてください。 では、どんなお店が末長くお付き合いできる庖丁店でしょう? 1.「本刃付け」を高度な技術できちんとしてくれるお店。 庖丁は、売っている状態でもある程度は切れますが、「本刃付け」という最終的な研ぎを入念にしないと、庖丁本来の切れ味を発揮しません。 ところが、この「本刃付け」をしないで、お店に並べている庖丁をそのまま販売していまうお店が大半なのです。 tukijimasamoto. php? 2.ある程度の歴史(実績)があり、後継者がしっかりといて、長く続いていくお店。 途中でお店がなくなってしまう様なお店、名人が一人いるが、他には人材がいないお店は、長くお付き合いすることができません。 3.妙な値引きをしないお店 庖丁は、ほとんどが手作り品です。 産地の工場からお店に届いたものの中には、販売に適さない物も入っていることがあるのです。 妙な値引きをするお店は、危険です。 4.適切な価格設定であるお店 長い使用に耐える、まともな庖丁はそれなりの値段がしますが、他店に比べて高すぎたり、安すぎたりするお店は、何かあると考えるべきです。 避けた方が安全です。 5.研ぎ方をきちんと教えてくれるお店 きちんとした庖丁店は、日常的な研ぎは、自分ですることを期待するものです。 研ぎ方を丁寧に指導してくれるお店、砥石について適切なアドバイスをくれるお店でなければ、大切な庖丁を維持できません。 6.研ぎの技術がしっかりとしており、メンテナンスに信頼ができるお店 「本刃付け」を自店の店員が技術を持っていて、柄の交換などの相談にもきちんと応じてくれるお店です。 日常的な研ぎは自分でするにしても、年に1度は修正のため、研ぎに出して、高度な技術者に研いでもらう必要があります。 研ぎ代、柄の交換代、メンテナンスにかかる日数や時間を確認してください。 高すぎる店、長くかかりすぎる店はお付き合いが長続きしません。 7.接客が親切で丁寧なお店 気持ちよいお付き合いを続けるためにも、大切です。 このあたりの条件を備えた「ご自分の庖丁店」を探してください。 築地はおすすめですよ。 築地でしたら、 「築地正本」 「杉本」 「築地有次」 「東源為久」 の4店を見に行かれるとよろしいです。 時間的には、13時~15時くらい、土曜日がよいですよ。 庖丁店は相性が大事ですから、何度でも見に行って、店員さんと会話してみて、納得したらその店でお付き合いを続けることです。 疑問が残るようでしたら、急いで買わないこと。 個人的におすすめは、「築地正本」さんです。 上記の条件を全て備え、お客に対して敷居がとても低い、親しみやすいお店です。 お店には「築地正本」ブランドの庖丁のみが、素晴らしく揃っていますが、他店で購入した他メーカーの庖丁も大切に扱ってくれます。 私は、このお店で庖丁を買うとき、例えば八寸の牛刀を買うなら、同じ八寸の牛刀を10本も20本も出してもらって、一つ一つ握ってしっくりくるものを長い時間かけて探します。 そういう買い方を歓迎してくれるお店です。 「築地正本」さんは、築地場内と場外にお店が1店ずつありますが、築地場外の本店さんの方がゆっくりと見れます。 icyomanaita-futaba. まな板は買おうと思えば、合羽橋などでヒノキや桐、プラスチックのまな板を購入できます。 しかし、プラスチックのまな板は庖丁を傷めます。 ヒノキや桐も悪くはありませんが、使っているうちに減ってきて、表面に凹凸ができてしまいますので、高価なまな板を買っても使い捨てになってしまいます。 双葉商店さんのイチョウのまな板は、 1.イチョウという材質がまな板として最適である イチョウはまな板の地肌が滑らかで耐水性が高く、殺菌力が強力です。 日常的には、塩かクレンザーで磨いておくだけで十分です。 2.双葉商店さんは、まな板に凹凸ができてきたら、無料で表面を削り直してくれる。 3.都心のデパートの催事によく出店されるので、いつでも親切なサービスを受けることができる。 私は双葉商店さんのまな板を3枚持っていますが、他のまな板を使う気になれません。 それほど良いものです。 また、何かありましたら、ご質問ください。 お礼を拝見しました。 都心にお住まいなのですね。 末長く使える庖丁を得るには、末長くお付き合いできる庖丁店を得ることが第一です。 なぜなら、庖丁にはどのように高価な庖丁でも、定期的なメンテナンスが欠かせないからです。 大切な庖丁を使い続ける上で、適切なアドバイスと高度なメンテナンスをしてくれる信頼できるご自分の庖丁店を得ることを大切にしてください。 では、どんなお店が末長くお付き合いできる庖丁店でしょう? 1.「本刃付け」を高度な技術できちんとしてくれるお店。 庖丁は、売ってい... A ベストアンサー まだ質問が開いているので、切れ味について補足します。 刃物の善し悪しに関与する直接の要素は、切れ味とその切れ味が保てる事で、包丁の形、使う鋼材、焼きれなどの熱処理、そして研ぎがこれに関与します。 どの様な材料であれ、そのくさび性能によって切れ味が決まります。 刃が鋭利 良く研がれている事 である事が前提ですが、簡単に言えばくさびが鋭角なほど刃物は鋭利です。 最も鋭利な刃物はカミソリでしょう。 ですが余りに鋭利過ぎると簡単に刃こぼれしたり鈍ったりで、刃の方が負けます。 ですから用途に応じて適切な角度が選ばれます。 調理包丁の中で最も鋭利な刃付けは、刺身を切る柳刃包丁です。 それでも鋭利さが足りないので、引き切る事によって実質的に刃を鋭利に扱います。 垂直断面より斜め断面の方が角度が鋭利になると言う意味です。 逆に出刃は頑丈さを優先するので、厚手に作り、くさびの角度も大きく作られています。 以前テレビで調理に日本刀を使っている場面が放映されていました。 「さすがに日本刀は良く切れるんですね。 」 アナウンサーはその様に言ってましたが、私はバカな事を言うと思ってました。 あれは単なるこけおどしでしかないでしょう。 日本刀はそんなに切れません。 実践に使った刀の刃は、ボロボロになったそうです。 戦国時代の刀は実践に耐える様に切れ味より頑丈さが優先され、兜も叩き割れる程だったそうです。 ですから焼きを入れて硬くなる炭素鋼か合金鋼が使われます。 しかし硬さと強靱さは反する関係なので、焼戻しでそれが調節されます。 これが鍛治師の腕の見せ所です。 そして材料を切る事による摩耗などで、また刃先の錆びによって刃は次第に鈍らになって行きます。 その切れ味を戻すのが研ぎです。 切れ易さと共に研ぎやすさ 砥石馴染みとも言います が重要です。 余りに硬過ぎる材料では研ぎが掛けられません。 まだ質問が開いているので、切れ味について補足します。 刃物の善し悪しに関与する直接の要素は、切れ味とその切れ味が保てる事で、包丁の形、使う鋼材、焼きれなどの熱処理、そして研ぎがこれに関与します。 どの様な材料であれ、そのくさび性能によって切れ味が決まります。 刃が鋭利 良く研がれている事 である事が前提ですが、簡単に言えばくさびが鋭角なほど刃物は鋭利です。 最も鋭利な刃物はカミソリでしょう。 ですが余りに鋭利過ぎると簡単に刃こぼれしたり鈍った... A ベストアンサー ご家庭で汎用に使われるなら、鋼材は錆びにくいステンレス系で、両刃洋包丁の牛刀や三徳包丁がいいですねー(^^ 正本や有次や杉本は鍛冶屋さんが手打ちした和包丁は良い物を売っていますが、ステンレス系の洋包丁にも強いとはいえません。 無いわけじゃないけど、割高感があります。 私は正本の牛刀を持っていて、切れ味もバランスも良く確りした頑丈な包丁ですけど、錆びやすいハガネを割り込んだ物です。 手入れがめんどくさいからそんなに活躍機会は多くないです。 木屋は洋包丁も多いです。 やっぱりちょっと割高感がありますが。 ステンレス製の18センチほどの牛刀を持っていますが、使用機会はいちばん多いです。 これは買った物じゃなくて、木屋だから特別良いとは思ってるわけじゃありませんが、スーパーや量販店で売ってる3000円ぐらいの包丁より造りはキレイです。 もし私が包丁を持ってなくて、一本買うんだったら。 rakuten. glestain-net. php? shop-pro. 値段表示していませんが、3~5万円ぐらい。 blog75. fc2. html ご家庭で汎用に使われるなら、鋼材は錆びにくいステンレス系で、両刃洋包丁の牛刀や三徳包丁がいいですねー(^^ 正本や有次や杉本は鍛冶屋さんが手打ちした和包丁は良い物を売っていますが、ステンレス系の洋包丁にも強いとはいえません。 無いわけじゃないけど、割高感があります。 私は正本の牛刀を持っていて、切れ味もバランスも良く確りした頑丈な包丁ですけど、錆びやすいハガネを割り込んだ物です。 手入れがめんどくさいからそんなに活躍機会は多くないです。 木屋は洋包丁も多いです。 やっぱりちょっと... A ベストアンサー ダマスカス鋼 もどき ・・・本物のダマスカス鋼の製法は現存していませんので神話の世界ですが、現在販売されているダマスカス鋼はその表面の模様を模倣したものに過ぎません。 >ニッケルダマスカス鋼シリーズでは、ニッケルの配合の違う2種類のステンレス鋼を幾重にも鍛造して現れる優美な波紋が特徴で、この鍛造工程により心材の超硬質合金鋼の緻密さと均一性を向上させ、一層の切れ味の良さに貢献します。 を正確に読んでみましょう。 ニッケルダマスカス鋼シリーズでは、 理 ニッケルの配合の違う2種類のステンレス鋼を幾重にも鍛造して 果 現れる優美な波紋が特徴 果 この鍛造工程により心材の超硬質合金鋼の緻密さと均一性を向上させ、 果 一層の切れ味の良さに貢献します。 ですね。 サプリメントや健康食品、水など・・・。 DHCがちゃんとしたメーカーかと言われると????と同じです。

次の

一生ものの料理道具を選ぶ 京都有次さんの包丁、平常一品 : 暮らしの塩梅

包丁 一生もの

ここでは、贈り物としての包丁という視点でおすすめの包丁について書いています。 正しい家庭用包丁の選び方を前半で、プレゼント用におすすめの包丁を後半で紹介します。 とりあえず、おすすめ包丁を知りたい人は前半は飛ばして、後半だけ読んでみて下さい。 プレゼントでもらうと嬉しいアイテム、包丁! 包丁は贈り物として喜ばれます。 包丁には「新たに切り開く」という意味合いがあり、 とても縁起のいい贈り物になります。 また、包丁は実用的な道具ですのでプレゼントされると確実に嬉しいアイテムです。 特に、料理好きの人や料理を仕事にしている人は「いい包丁がほしい」と常々思っているので、なおさらです。 プレゼントにオススメの包丁を教えます 僕はいちおう料理人として色んな包丁に触れてきましたので、少なからず包丁のことはわかるつもりです。 自分でも本職用の刺身(柳刃)包丁、薄刃包丁の和包丁はもちろん、牛刀やペティナイフも持っています。 また、これまでにも人の包丁を借りたりして、色んな包丁を試してきました。 暇があれば、よくネット上でいろんな包丁を眺めて楽しんでいます。 包丁は色んなメーカーから色んな種類が出ているので、選択肢が多すぎて初心者は選ぶのが難しい商品です。 よくわからない専門用語や小難しい元素記号で溢れていて混乱します。 でも、選ぶ側としては失敗もしたくないですよね。 ここらへんを詳しく説明しながら、贈り物に最適な包丁を紹介していきます。 家庭用包丁はこちらでさらに詳しく書いていますので、興味ある方は覗いてみて下さい。 参考 選ぶべき包丁の種類 プレゼント用の包丁と考えた場合、 「三徳包丁」または「牛刀(ぎゅうとう)」と名のつく包丁でステンレス製を選ぶのが良いです。 基本はステンレスの三徳包丁か牛刀 どちらも分類で言うと「洋包丁」にあたり、一本で魚・野菜・肉の調理すべてをこなすオールマイティーな包丁です。 万能包丁なので家庭向けです。 三徳包丁は家庭でよくある一般的な包丁。 100円ショップで売っているのも、いちおう三徳包丁と呼ぶでしょう。 これのサイズの大きなものを牛刀と呼ぶ、と考えていいです。 牛刀の方が切っ先が尖っていることが多く、180mm以上の大きい洋包丁を牛刀、180mm以下の小さいものを三徳包丁と一般的に呼びます。 高価な牛刀は料理人も愛用しています。 和包丁は包丁好きや料理人に最適 これに対し「和包丁」があります。 プレゼント用としては向きませんが、説明しておきます。 和包丁の代表的なものがこちら。 出刃包丁:魚をおろす• 柳刃包丁:刺身用の切り身をきりだす• 薄刃包丁:野菜を刻む、桂剥きなど それぞれ特定用途向けに作られた包丁です。 例えば、出刃包丁でキャベツは切れません。 また鋼製が多く錆びやすので、日々のメンテナンス(防錆)が大変です。 なので和包丁を贈っても、相手によっては使いみちに困る場合もあります。 ただし、贈る相手が下に該当するような人ならば、これらの和包丁を選択してもOKです。 毎日包丁を研ぐことが苦痛にならない• 大きな魚を捌く• 刺身は 自分で切りつけないと気がすまない 包丁のサイズ 家庭用で最適なのは180mmまでの包丁です。 ネットなどで買う場合はこのサイズをよく確認しましょう。 三徳包丁ならだいたい150mm~180mmのサイズです。 180mm以上の牛刀は、210mm、240mmというように30mmずつ大きくなっていきます。 サイズの大きい包丁は邪魔になる よくネット上では、「おすすめの包丁は210mmの牛刀で決まり!」的な記事を見ますが、なぜそれを家庭用におすすめするのか理由がわかりません。 210mm以上の包丁は大きいので、よく考えてから選ぶ方がいいです。 一般家庭の台所(まな板)は小さいですし、使い手も圧倒的に女性が多く、手も小さい。 大きくて重い包丁は邪魔になります。 そしてなにより危ないです。 まな板から飛び出し包丁の柄が体にあたって、下に落としてしまうこともあります。 こちらの写真の上から2つ目が三徳包丁。 3つ目が牛刀ですが、牛刀はまな板からはみ出してますよね。 台所(まな板)のサイズに合っていないということです。 大きい包丁は家庭用にはオススメじゃない 確かに、「うちは牛刀を使ってるよ!」と言ったほうが、通っぽくてかっこいい気がするのはわかります。 それに、料理人用の240mm以上の牛刀などは切れ味も抜群でしょう。 だけれど、家庭では確実に持て余します。 なので、 180mm以下の包丁をおすすめします。 家庭用の三徳包丁でも、「V金10号」とか書いてあれば、めちゃくちゃ切れるし本当に実用的です。 自分用でもプレゼント用でも、 台所の大きさにあった包丁選びをしましょう。 まぁ「うちはアイランド型の広いキッチンで、大きな牛肉の塊をよく切るんだ」というちょっとリッチな家庭では、大きな包丁でもよいかなと思いますが。 包丁の値段 三徳包丁なら 4,000~5,000円以上がよいです。 包丁の良し悪しの一つの境目が、だいたい4、5,000円にあります。 上限は予算と気持ち次第ですが、基本的には、安い包丁より高い包丁の方が切れ味もよくなります。 (基本的には、です) プレゼント用と考えるなら、1000円、2000円の包丁は貧相ですね。 きちんと選べば、性能面でも長く使えるものもありますが、ハズレに当たる可能性も高くなります。 それに3000円くらいの包丁を買うなら、あと1000円くらい足して4000円代の包丁を買うほうが絶対いいです。 なぜなら、4000円以上の包丁にはまずハズレがないです。 そして、鋼材(包丁の材料)に品質のいいものを使っている包丁も多く混じってくるので、きちんと選べば一生使えるようなコストパーフォーマンスの高い一本を手に入れることができます。 どこで買っても同じ値段(定価)で一切割引がなく、ブランドへの自信がうかがえます。 このグローバル3点セットは、三徳とペティのセットとシャープナー付きです。 またGLOBALの包丁は、速水もこみちが昔使っていた(今はヘンケルス)ことでも有名です。 GLOBALの特徴は、オールステンレスのデザインと「はまぐり刃」。 はまぐり刃というのは料理人がよくやる職人の刃付けで、切れ味をより鋭くしかつ、切ったときの食材の刃離れをよくするための刃の形のことです。 (もちろん研ぎの技術が必要です。 ) これをGLOBALは採用しています。 実際、切れ味するどいです。 ただ家庭でのメンテナンスが難しい。 シャープナーはセットでありますが、きちんと研ぐとなると家庭でハマグリ型に研ぐのは難しいでしょう。 僕も何度も失敗した経験があります。 メーカーも研ぎサービスに出すことを推奨していますね。 GLOBALは人気が高く、誰もが使ってみたい包丁ブランドです。 Amazonで見かけた瞬間に惹かれてしまいました。 「かっこいい!どこの包丁だろ?」と思ってみると、やっぱり恵比寿刃でした。 特長的なのは柄のデザイン。 ホワイトオークを使用し、自然と手にフィットするようわずかに湾曲させ、柄尻には縁起の良い「梅結び」の刻印があり、高級感&おしゃれ感満載です。 さらに化粧箱も手を抜いていません。 刀身は67層ダマスカス模様で芯材はV金10号と切れ味も折り紙つき。 めでたい場の贈答品に最高です。 贈る方も贈られる方も気持ちのいい包丁!メーカーも自信作でしょう。 1年間の商品保証もあります。 もちろん自分用にも。 ツヴィリング J. 正式には「ツヴィリング J. ヘンケルス(Zwilling J. Henckels)」が企業名です。 ドイツの包丁メーカーですが製造の大半は刃物の街、関(岐阜県)で行っています。 昔、ドイツ人シェフにさんざんヘンケルスの自慢をされたので、個人的にはあまりいい印象はないのですが、世界的な知名度も実力も随一の包丁ブランドです。 海外(欧米諸国)のホームセンターに行くと必ずおいてあります。 「ヘンケルス」がローブランド、「ツヴィリング」がハイブランド。 日本ではヘンケルスの方は速水もこみちとタイアップして商品展開しているので、TVの影響からブランド名だけで買う人が多いです。 この包丁はツヴィリングの「ツインフィン」の三徳とペティのセットです。 鋼材はスペシャルフォーミュラスチール(HRC硬度57)を使用。 かなり硬いです。 また刃も1つ1つ本刃付けされていますので、切れ味は本物です。 また欧州メーカーらしくデザイン性もあり、曲線がうまく使われていて優美な雰囲気を漂わせています。 セットなので贈り物にも便利です。 貝印の関孫六(せきのまごろく)です。 ホームセンター包丁と言うと関孫六が安物ブランドのように聞こえますが、関孫六シリーズ内にもランクがあります。 また、貝印は「旬(しゅん)」というプレミアムブランドもあって、こちらは一流料亭の板前が使うような1本数万円の包丁です。 ここで紹介しているダマスカス包丁セットは、関孫六シリーズの中では最高級モデルですので、性能も優秀です。 V金10合の芯材を33層のダマスカス模様で挟んでいるので、実力とデザイン性を兼ね備えた高級包丁です。 ダマスカス模様も主張が強すぎず大人の雰囲気です。 牛刀と三徳包丁のセットですので、用途に応じて使いわけると便利です。 また、同じモデルで三徳とペティのセット「」もあります。 あると便利な包丁 三徳包丁や牛刀以外にも、あると便利なものがいくつかあるので、ついでに紹介しておきます。

次の